富の移転と人口抑制をCHDテレビが伝える 「世界保健債務の罠」
Wealth Transfer and Population Control on CHD TV

RFK Jr.、子どもの健康防衛(CHD)、JFKジェームズ・コルベットマルサス主義、人口管理世界保健機関(WHO)・パンデミック条約生物兵器ワクチン

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

live.childrenshealthdefense.org/chd-tv/shows/good-morning-chd/global-health-death-trap-with-james-corbett–james-roguski-2/

メリル・ナス 0:22

おはようございます。CHD、7月15日の土曜日です。今回も、国連とは何者なのか、世界的な権力の掌握についてお話いただける、素晴らしいゲストをお二人お招きしました。ジェームズ・コルベットとジェームズ・ロゴウスキーです。お二人ともようこそ。またお会いできて光栄です。またお会いできてとてもうれしいです。では、ジェームス・ロゴウスキーさん、最近国連、WHOで何があったのでしょう?

ジェームズ・ロゴスキー 0:56

さて、2週間前の6月、私たちアメリカ国民は代表団と直接話す機会を得ました。国際保健規則の改正案についてです。国際保健規則を1月に提出するための作業部会の副部会長の一人であるMclffが出席し、数十人の意見に耳を傾けたのですが、米国の多くの人々が非常に明瞭で、何が起こっているのかをよく理解しており、私たちの代表団に直接自分の考えを語ってくれたことを非常に嬉しく思います。

それから1週間あまり後の28日。私たちはまた公聴会を開きました。私たちは、パメラ・ハマモト大使に、いわゆる「WHO CA+」(ほとんどの人はこれをパンデミック条約と呼んでいます)について直接話を聞きました。この条約は6月2日に公表されました。

この条約は6月2日に公表されました。今回も数十人の方が、非常に理知的に、あるいは非常に情熱的に意見を述べられました。私はそれを録音しました。政府のウェブサイトではまだ見ていません。要は、みんな声を上げようということです。

来週はWHOの会議があり、政府間交渉機関の会議があります。私はこの条約を「枠組み条約」と呼んでいます。それは重要なことです。しかし、その会議は来週行われます。ほとんどの会議は秘密裏に行われています。月曜日には会合が開かれ、その後は姿を消します。

しかし、来週の金曜日には、条約に関する政府間交渉機関と、改正案に関する国際保健規制作業部会との合同会議が開かれることになっています。そして残りの1週間は修正案について話し合うことになります。

みんな混乱しています。条約にあるのか?修正案にあるのか?一体何が起こっているのでしょうか?なぜ2つのことをやっているのか?ですから、彼らはおそらく9つの異なる事柄について話すことになるでしょう。私たちの将来を決めることになるのですから。以上です。

メリル・ナス 5:32

さて、会議は続くのですね。そして1月には、おそらく修正案と条約、最終版307、修正案はすでに提出され、期限内に提出されたと言われるかもしれません。そして5月まで最終版を見せる必要はありません。そして、国民は最終版を見ることはありません、

ジェームズ・ロゴスキー 5:57

昨年はバイデン政権によって1月に提出されましたが、実際に公表されたのは4月12日でした。そのため、公聴会での不満の1つは、改訂版を見たことがない、バージョン2.0もない、修正案の第2草案第3草案もない、ということでした。

私たちはまだ2022年9月のオリジナルのものを見ているのです。条約と称するものにはさまざまな名称があります。しかし、編集テキストと呼ばれる隠された文書があります。190ページという噂もありますし、208ページという話も聞いたことがあります。

しかし、多くの国々が、4月に多くの文書を提出し、それが隠されたコンピレーション・テキストになり、大量の文書が事務局や官僚局によって編集されてしまったことに、公的にも私的にも不快感を表明しています。加盟国主導の交渉プロセスだと言い続けています。

事務局の文章が加盟国主導のプロセスの結果でないことは明らかです。なぜなら、編集された官僚機構の文書は、秘密にされている元の編集文書の真の意図を隠しているからです。官僚機構の文書が本当はベンチャーキャピタルの投資目論見書であり、株式という名目で毎年数百億ドルを製薬会社の病院救急産業複合体に注ぎ込むように設計されていることを、私たちは見ることが許されないのに、コメントを求められているのです。

そのため、多くの国々、そして率直に言って、多くの発展途上国は、基本的に作業草案の内容に対して先進国がより大きな影響力を持っていると感じていることに不満を抱いています。ですから、これはソープオペラであり、すべてがハッピーで素晴らしいというわけではありません。

彼らは自分たちの中で議論しているのかもしれません。しかし、なぜ彼らはそれを秘密裏にやっているのでしょうか?それが疑問です。私たちは皆、見ることが許されないことについてコメントする機会を与えられました。それは十分じゃありません。

メリル・ナス 8:34

まあ、つまり、彼らはいつも秘密裏に物事を進めているんでしょう?つまり、彼らにはそれが理にかなっているんです。もし第三国がやってきて、500億と約束したのに200億しかくれない。それが、こういうことの常套手段なんです。

だから、ソーセージがどのように作られているのか、私たちに見せたくないのです。そして、私たちが人々に伝えることを正確にしてほしくもないのです。私たちが言えるのは、2月に出た修正案の中身を伝えている、あるいは2,3カ月前に出た条約の中身を伝えている、ということだけで、最終版がどうなるかはまったくわかりません。

彼らは私たちを空回りさせ、新しいバージョンが出るたびにそれを学び、自分たちに有利に働くと勘違いさせたいのです。重要なのは、そんなことでしょうか?結局のところ、アメリカ政府はお金を刷ることができるのです。

他の多くの国も同様で、多くのシフトを呼び寄せて、資金調達の87%を自主的に行うことができます。ですから、おそらく最終的には、アメリカ政府と、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、イギリス政府、ドイツ政府、GAVI、セピといった他の強力な団体、つまり3つの政府とビル&メリンダ・ゲイツはWHOの4大資金提供者ですから、最終的には彼らが望むものを手に入れることになるでしょう。そして私たちは、それが私たちの望むものではないことを知っています。

では、仮にすべての外交官と代表団が修正案と条約に賛成票を投じたとして、何をのぞき見するのでしょうか?それに対して人々は何ができるのでしょうか?つまり、ジュネーブの外交官が文書に署名したからといって、軍隊があり、警察があり、省庁があり、国家があるからといって、それに従う必要があるのでしょうか?

ジェームズ・コーベット 10:52

私たちが直面している他の問題の多くと同様に、存在するあらゆるボタンを押すべきだと思います。もし他に理由がないのであれば、一般の人々に、問題が起きている、緊急事態だ、これらのボタンを押す必要がある、という事実を知らせるためです。

もちろん、私の仕事を知っている市長が言うように、私は政治的なプロセス全般が好きなわけではありません。私の出身地であるアメリカやカナダでは、医療制度のボタンは、理論上、市や州に委任されています。

しかし、もちろん、彼らは単にこれを強引に進めようとしているのです。少なくとも、一部の州知事や州首相などが、より地方レベルでこの問題に反発してくれることを願っています。しかし、それだけではありません。つまり、政治的な側面だけでなく、大衆の意識向上運動が必要なのです。

政治を本当にリードするのは、いつものように大衆の文化的な意識であり、政治家に働きかけることです。ですから、そのような要素はすでに起こっていると思います。また後日、このような動きについてお話しできればと思いますが、例えば欧州議会で何が起きているかなどについてもお話ししたいと思います。いずれにせよ、私は、人々が自由に使えるすべてのボタンを押すことを望んでいます。

最終的に私が思うに、改正を止めるとか条約を止めるという意味での政治的な解決策はないでしょう。彼らは密室ですべてを行い、それを既成事実として公表し、小さな密室会議でそれを通過させ、世界中がそれに従うと期待しているのです。私たちはこのシステムの中では、勝てないでしょう。勝つためには、少なくともこのプロセスが起こっていることに人々が気づく必要があります。

メリル・ナス 13:20

それでは、アメリカの3人の異なる保健福祉省長官の考察の映像をご覧ください。ちょっと再生して、彼らの発言を見てみましょう、


スピーカー4 13:32

国民が保健福祉省について理解していればいいと思うことで、実際には知られていないと思うことは何ですか?

ザビエル・ベセラ 13:40

今おっしゃったことをすべて踏まえて、憲法が医療を州に委ねていることを理解してほしいと思います。そして、メディケア、メディケイド、CHIP Bhama careを行うのと同じくらい、私たちは大きな存在であり、私たちはまだ医療をコントロールすることも、推進することもできません。

私たちがこのゲームに参加する唯一の方法は、お金を投入することです。だからメディケアがあるのです。私たち遺産相続人がメディケイドを行うのも、私たちがそこにお金を入れるからです。

COVIDで明らかになったのは、連邦政府は医療を管理していないということです。連邦政府には保健や公衆衛生の国家システムはありません。全国的な公衆衛生のシステムがあり、50の異なる州がその内容を決定しています。

そのため、ある州は他の州よりうまくいくかもしれません。私たちは、アメリカのすべての人のために公平に機能するように努力していますが、公衆衛生の全国的なシステムがないため、とても難しいことなのです。


メリル・ナス 14:37

この発言で興味深いのは、連邦政府がCOVIDにどう対処したかという災難に対する責任から逃れようともしていなければ、彼は決してこのことを認めることもなかったということです。

では、州の責任になるわけですね。トランプも同じようなことを言ったと思います。しかし、連邦政府はほとんどの資金を持っています。しかし重要なのは、彼が実際に正しいということを人々が認識する必要があるということです。州は憲法上、医療を管理する権限を持っています。連邦政府にはありません。つまり、バイデン政権がパンデミック条約とその修正案に署名した場合、連邦政府にその権利があるのかどうかという点で、連邦政府に大きな問題が生じるのです。医療管理の権限は州にあるのですから。

では、連邦政府はそもそもその権限を持っていないのに、ヘルスケアの管理をWHOに委ねることができるのでしょうか?

ジェームズ・ロゴスキー 15:38

彼がそう言ったのを見たとき、私はあごが開いたままでした。つまり、憲法がそうなっているということです。問題は1948年までさかのぼりますが、私たちはWHOに加盟し、その憲法を受け入れました。その憲法でさえ、規制を行うために使用している第21条では、全面的に保健を担当すると書かれていますが、その権限は5つに限定されています。

WHOが注射剤の使用に関する規制を作成し、実際に基準を実施したら、本当に素晴らしいことだと思います。また、憲法によれば、命名法や病名、死因に関する基準を定める権利もあります。そして、彼らは自分たちがやるべきことに関して、ひどい仕事をしてきました。それなのに、彼らは自分たちの権限をはるかに超えた300もの改正案を加えようとしているのです。

ここがみんな混乱しているところです。WHOが規則を書いたからといって、その規則に書かれていることをしなければならないという権限を憲法が持っているわけではありません。

結局のところ、人々が理解しなければならないのは、ご存知のように、CHDが5月に、確か5月10日か11日だったと思いますが、健康の自由に関する権利の法案を提出したことです。

政府機関、連邦政府、州政府、政府、市、郡、地方公共団体、どこまでが彼らの権限で、どこからが私たちの権利なのかを理解しなければなりません。

彼らが話したいのはそのことではありません。彼らはお金の話をしたいのです。公平性を装って、世界中の何千人もの人々を毒物で傷つけ、率直に言って殺してきたシステムに、さらにお金を送りたいのです。彼らは、皆さんの代弁をするつもりはありませんが、私にとっては逆行するような製品を製造する能力を高めようとしているのです。彼らは健康について話しているのではなく、富の移転について話しているのです。

メリル・ナス 18:22

ええ、それについては疑問の余地はないと思います。それこそが、この問題の本質なのです。特に持続可能な開発目標は、より良い富の移転なのです。私の友人のジョシュが、今日、国連で見つけた文書によると、20-30年の持続可能な開発目標を達成するためには、年間5兆ドルから7兆ドルの費用がかかるそうです。一体、彼らはこの費用をどこから捻出すると考えているのでしょうか?おーい、聞こえるか、とでも言いたくなるような。(笑)

まあ、彼らは革新的な資金調達メカニズムという詳細不明のものを作ることで、何もないところから資金を調達できると思っているのでしょう。借りるんですよ。でも、誰が貸すんですか?

私たちはリスクプロファイルを変えなければなりません。銀行がこれまでと同じ方法で投資のリスクを判断しないようにしなければならないのです。そのかわり、株式やそういったものをすべて投入しなければなりません。

さて、誰か賛成してくれる人はいるのでしょうか?それとも、銀行が刷るだけの、実態のないお遊びのお金になるのでしょうか?この交渉はすべて、外交官官僚たちによって行われたのですが、彼らは実際に長い間、専門職として働いたことがないため、何を交渉しているのか分かっていません。それが彼らの仕事であり、交渉し、自分たちのグループや国のためにできるだけ多くのお金を得ようとすることです。

ジェームズ・コーベット 18:46

私は少し違う考えを持っていると主張を差し挟みたいと思います。というのも、私はここでの根本的な結論が富の移転だとは思っていないからです。この富の移転、つまり金銭的な側面は、このアジェンダに参加するすべてのプレーヤーを獲得する方法だと思います。例えば、発展途上国が、私たちはあなたが言ったほど多くのパイを手に入れることができない、などと言うのです。

私は根本的に、これは地球上のすべての資源を完全に支配し、コントロールしようとするものだと考えています。公衆衛生の分野では、人事資源(Human Resources)、本質的には人的資本(Human Capital)の管理です。持続可能な開発目標の側面では、天然資源の管理です。そのため、例えば持続可能な開発の側面では、GEファンドやグラスゴー金融同盟のようなものが開発され、地球の自然の富を収益化し、基本的にそれを商品化し、独占しようとする天然資産企業の台頭があるのです。

もちろん、お金でみんなをそのアジェンダに引き込むことはできますが、そのアジェンダは最終的には支配することなのです。この地球上の人間として譲れない権利があり、それをあなたが裏でどんな法的手段を使っても破棄することはできません。そして、それが本当に共通項なのだと思います。

政治の世界でも、連邦政府に立ち向かって、これは私たちの管轄だ、出て行けと言えるような知事や州司法長官がいれば、少なくともこの問題は白日の下にさらされることになるでしょう。しかしもちろん、財布のひもを握っているのは誰なのか。もちろん、連邦政府は、もしあなた方が波風を立て始めたら、あなた方を切り捨てる、と言うことができるでしょう。だからこそ、これは国民が主導するボトムアップの運動でなければならないのです。

ジェームズ・ロゴスキー 20:58

もし私が神経質になったのであれば、別のイベントの資料を持ってきたいと思います。9月20日に予定されていると思います。国連内の会議です。これは政治的な宣言で、北米の宣言のようなものです。そして金曜日には結核について話し、何か重要なことをするかもしれません。

というのも、この文書を読みながら、私はずっとあなたとあなたの状況、あなたがこの数年間経験してきたことを考え続けていたからです。それで、ノートにMを書きました。ページには、医師を含む熟練した医療従事者を確保する必要性を認識していると書かれています。

プライマリ・ヘルスケアの実践者は、神話や偽情報に対処するのに役立つと彼らは感じています。どのような伝染病に対しても、最も早く適切な対応をするためには、経験とベストプラクティスを共有することが非常に重要である、と。

そして、彼らは、人間の動物と植物の健康の間の協力を促進する、統合された、統合されたワンヘルスアプローチを持ちたいと言いました。また、気候変動による自然災害や異常気象、その他の環境問題による悪影響の結果も認識し、気候変動への適応努力の中で健康を育むことを望んでいます。

さて、それについて何か言いたいことがあるだろうと思って、あなたのことを思いつきました。彼らは、国、地域、そして世界規模で、年間300億ドル規模の、効果的な保健上の緊急事態への準備に資金を提供したいと考えています。ほかにもいろいろありますが、最後にこれだけ。

医療従事者、特にパンデミックの最前線で、患者の急増や無給のケアなど重労働をこなす女性の健康と幸福を確保したいのです。それで、彼らはクレイジーに聞こえると同時に良い言葉も使っているのですね?ある視点からこの言葉を読むと、「そうだ、これは私の友人メリルが経験した虐待を、まったく別の意味でこの言葉を使うシステムによって説明しているんだ」と思うのです。

そして、気候変動や動物の健康について話を続けます。そして、気候変動や動物の健康について話し始めます。キャサリン、オースティン、フィッツ、キャロリンとこの話をしたんですが、彼らはこう言ったんです。キャサリン、オースティン、フィッツ、キャロリンにこのことを話したら、『私は何年も何年も勉強して、たくさんの法律書を読んだわ。キャサリンは文字通り、この女の子に「そんなのちんぷんかんぷんよ」と言ったんです。

メリル・ナス 24:39

それは私の言葉よ。ええ。でもあなたの言う通りです。彼らは物事を本当に良く聞こえます。私たちは女性や女の子、子供たちを助けます。貧困をなくします。不健康をなくすんだ、みんなすべてが素晴らしくなるんだ、と。しかし、彼らはそれをどうするつもりなのかを決して言いません。

そして、私たちが実際に後戻りしつつあることを認めたがらないのです。このような愚かな規制のせいで、規制や勧告がなかったのに、誰が作ったのか、各国がそれに従ったのか、それが本当にどこから来たのか、グローバリストから来たのか、私たちにはわかりません。

しかし、その結果、さらに1億5千万人が深刻な貧困に陥り、多くの死者が出ました。何人かはわかりませんが、おそらく数百万人が餓死しました。仕事を失ったのです。そして、手探りで生活しています。まるであなたたちに世界を与えるかのようなことを言うんです。

先進国では事実上、何の価値も与えられていません。発展途上国では、マラリアや結核、エイズに少しは援助してくれるかもしれませんが、それももちろん世界基金がやっています。では、WHOは何のために必要なのでしょうか?結核、マラリア、エイズのための世界基金がすでにやっているのであれば、私たちのほとんどにとって、WHOの役割はないように思えます。

つまり、これはWHOだけの問題ではないのです。前にもお話ししたように、米国では昨年、国防授権法が制定され、基本的にこれらの勧告や修正案、WHOの条約、ワンヘルス、パンデミック対策、サーベイランスなど、すべてが米国法に成文化されました。

さて、前回の番組以来、今月発見したのは、欧州連合(EU)がグローバルヘルスに関する報告書を発表したことです。EUのグローバルヘルス戦略と呼ばれています。突然、グローバルヘルスがグローバルアジェンダに変わってしまったと。それはもう健康についてではありません。

実際、彼らはこう言っています。「昔の保健の見方は、あなたの病気を見て、あなたがどんな病気にかかっているかということだけに対処していた。でも今は、あなたの病気は実はあなたの社会経済的な状況に起因している。食生活や気候、周りの動物やその他もろもろが原因なんだ。だから、マラリアのことは忘れて、他のこと、つまり社会的地位やその他のことを治療しなければならないのだ」

もし誰かが病気なら、その人が病気であることを治療しなければなりません。もちろんです。しかし、彼らは社会問題と医者に行くことをごちゃ混ぜにして、基本的に医者に行くことをやめさせようとしています。

クラウド化し、すべての人がデジタルIDとデジタルカルテを持ち、それがクラウド化されることを望んでいるのです。そうすれば、どこにいても、どこかのコンピューターが治療してくれるでしょう?医者に行かなくてもいいんです。実際、お医者さんに行く必要はないのです。

ということです。EUのグローバルヘルス戦略という冊子の写真をお見せしましょう。次に、すべての病原性の脅威に対して、ワンヘルスアプローチを適用し、統合サーベイランスと呼ばれるものを実施しなければならないと書かれています。統合サーベイランスの意味はよくわかりません。

それは、誤情報を排除し、検閲を適用するための電子通信の監視と、もうひとつは、動物や人間に自由に綿棒を入れられるようにすることです。ワクチンは極めて重要です。この文書によると、彼らは感染症のワクチン開発だけに興味があるわけではなく、非感染性疾患、つまり、がん、ワクチン、糖尿病、高血圧、ワクチン、にきびワクチンなど、あらゆる病気のワクチン開発を望んでいるのです。

もうひとつ、彼らは抗生物質耐性が大きな問題だと言い続けたいのです。そのような大きな問題であるため、抗生物質を使用することはできないのです。ですから、すでに抗生物質がある感染症にはワクチンを打たなければならないのです。抗生物質に対する耐性菌が発生する可能性があるため、ワクチンを接種すれば問題は解決するのです。

実際には、細菌がワクチン株に対しても耐性を獲得する可能性があるため、問題は解決しません。しかし、彼らはそれを教えてくれません。もう1つの問題は、私が何度も何度も目にしてきたこのミーム、つまり欧州連合の文書でも繰り返されているこの話です。その答えは?

何兆ドルも節約するためには、パンデミック対策に何十億ドルも費やさなければなりません。そして、持続可能な資金を調達する方法を考えなければなりません。この場合、文脈によって意味が異なります。

しかし、この文脈では、持続可能というのは、すべての国が「WHO」に毎年多額の資金を提供せざるを得ないような仕組みを作りたいということです。というのも、先にも述べたように、現在、各国はWHOの予算の13%しか査定額として拠出していないからです。

残りの87%は、国や企業、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団、GAVI、セピといった非営利のワクチン会社などからの自発的な拠出金です。資金提供者はWHOに自分たちの望むことをさせることができるのです。つまり、WHOと資金提供者の利害を一致させるために、WHOが拠出する額はごく少額で、しかもそのほとんどが自発的なものだったのです。

今後、各国がWHOに莫大な資金を拠出するようになるかは興味深いところです。しかし、それを回避する方法を見つけるでしょう。彼らはグローバル・ガバナンスを重視しています。彼らはグローバル・ヘルス・ガバナンスを望んでおり、一つの世界秩序とは言いませんが、グローバル・ヘルス・ガバナンスはこれらの文書に記載され始めています。そして、その強化には強制力の強化も含まれます。では、なぜ米国よりも先に欧州でこのようなことが起きているのでしょうか?

それにはいくつかの理由があります。ひとつは、EUがすでに国家主権を侵害しているからです。西ヨーロッパの大半は、アメリカのように国民が銃を持つことを認めていませんし、西ヨーロッパの人々は、パンデミックの間、アメリカ人よりもずっと政府を信頼していました。

実際、ヨーロッパ、特に西ヨーロッパでは、ワクチン接種率、特に予防接種率がアメリカよりもはるかに高かったのです。つまり、アメリカ人の34%しか、一度でもブースターを打っていないのです。一方ヨーロッパでは、ほとんどすべての国で50%をはるかに超えていました。

ジェームス・ロゴスキー 34:25

というのも、彼らのすべての文書において、たった一言の欠如がすべての違いを生むということに気づいたからです。パンデミックがこれを引き起こし、パンデミックがあれを引き起こしたと何度も言っています。

しかし、彼らが区別していないのは、どのような種類の病気によって引き起こされたのか、どのような被害があったのか、どのような死や病気、金銭的、精神的な犠牲があったのか、パンデミックのリスクによって引き起こされたのか、ということです。

自分たちが選んだ選択、自分たちが選んだ対応が、今、自分たちがやったことをさらにやることで解決しようとしている事態の多くを引き起こしたという事実に対して、彼らは責任を負おうとしません。

金銭的な損失、世界中の人々の健康状態の変化、社会開発、失礼、持続可能な開発目標を達成不可能にしたすべての原因は、彼らが犯した過ち、選択、早期治療の差し控え、先ほどおっしゃった雇用の喪失、これらすべてのことが、持続可能な開発目標の達成を難しくしている原因なのです。しかし、彼らからそのような話を聞くことはありません。

メリル・ナス 35:58

彼らは自分たちが間違ったことをしたと認めることができないのです。

ジェームズ・コーベット 36:15

ええ、それは、基本的に、どんな失敗も、より多くの権力、より多くの支配力、より多くのお金などを手に入れるための口実であるという、古い、古い手口です。そして私たちは、様々な出来事を通して、何度も何度もこのことを目にしてきました。というのも、9月に開催される国連総会やEUの文書についてはすでに触れました。

では、もう1つ国連のプロセスについてお話ししましょう。それは、数年前にグティエレス現国連事務局長によって正式に開始された共通のアジェンダです。2024年9月に開催される未来のサミットで、このアジェンダとそのさまざまな側面が発表されることになっています。

特に2つ目のワーキングペーパーは、複雑なグローバルショックへの国際的対応の強化に関する政策概要です。バッシュ、緊急プラットフォームは特にここに関連しています。というのも、国連は緊急プラットフォームと呼ばれるものを創設しようとしているからです。

具体的には、どのような事態が発生した場合に発動される可能性があるのでしょうか?もちろん、大規模な気候変動や環境変動、生物学的病原体を伴うインパクトの大きい出来事、世界的な物資の流れの混乱につながるような出来事、そしてもちろん、連鎖的な二次的影響を伴う将来のパンデミックなどです。

ビル・ゲイツは、次のパンデミックは必ずやってくると言っています。繰り返しますが、このテーマは、さまざまな文書、さまざまな組織、さまざまな協定、プロトコル、行動の呼びかけなどを経て、また新たな繰り返しに過ぎません。そして、このような重複や冗長な性質は、ある程度、ゲームの一部であると思います。

その一方で、異なる組織を通じて同じことを17の異なる方法で行っているのです。もうひとつは、一般市民がさまざまな角度やベクトルから、それを十分に耳にするかどうかということです。どのような公共の場でも、次のパンデミック(世界的大流行)に備えなければならないと話しています。そして、これが私たちのやり方だと。

そして、それが何十億、何百兆のコストになるのか、やがて人々はそれが現実だと受け入れるようになるでしょう。それが、今私たちが受けている条件付けのプロセスの一部だと思います。

ジェームス・ロゴスキー 39:20

ブラックスワン現象や宇宙からの出来事から私たちを守るためのプロトコルがあるのでしょう。ですから、彼らが計画を立てていることを知るのは良いことです。

メリル・ナス 39:36

はい、その通りです。国連が言っているのは、地球上や上空には、どの国も管轄権を持たない共通の空間があるということです。ですから、例えば人工衛星を規制したいのでしょう。つまり、誰かが規制すべきなのです。今、衛星を押し上げようと思えば、誰でも押し上げることができます。関心があるとは思えません。

ジェームズ・コルベット 40:19

親しみを込めて付け加えますが、NATOは数年前、実際に宇宙空間をその作戦領域の一部とすることを宣言しました。彼らはすでにそこにいます。ご心配なく。

メリル・ナス 40:27

ええ、それは月に旗を立てるようなものです。もしかしたら、私たちがそこにたどり着いたら。皮肉で言ってるのよ。でも、タイムカプセルは設置できたかもしれません。でも、タイムカプセルに旗を立てたかもしれません。

というわけで、実際に国連は、国連事務総長が9月の総会で、この緊急プラットフォームを創設する権限を与えてくれるよう、加盟国に要請すると言っています。そしておそらく来年2024年9月の総会で採決されるでしょう。

その間、WHOが国連と交渉するのですか?ちょっと待ってください、なぜ国連はパンデミック緊急事態を管轄したいと言っているのですか?生物兵器による緊急事態もそうですが、ちょっと待ってください。調和させましょうよ。

そうすれば、お互いに同意できるし、争う必要もないでしょう?ドミニオンは?まあ、こういうことが起きたら?

ジェームズ・ロゴスキー 41:29

そうですね、ジェームズが言ったように、支配権についてです。

メリル・ナス 41:33

支配のためです。彼らは国や人々を借金の罠にはめたいのですから。何兆ドルもの資金を用意するから、それを借りて、この世界的なバイオ防衛アジェンダに取りかかりなさいと。そして、私たちは監視を続け、このバイオ防衛アジェンダに大金をつぎ込み、世界的なパンデミックに備え、その間に、WHOがどんどん借金を増やしていくのです。そして、誰も払えなくなるのです。よし、空港も港も採掘場も、すべて手に入れよう。そして彼らはすべてを手に入れるのです、

James Roguski 42:18

私が見つけたちょっといいニュース。NDAA(国防授権法)の中で、パズルのピースの1つとして、世界銀行のパンデミック基金が創設されました。そして最近、世界銀行のパンデミック基金が不足していることが報告されました。

今年の初めには、医療システムの回復力を向上させるための申請や提出を受け付けていました。多くの組織が資金を求めていたのです。しかし、結局のところ、必要なだけの資金が集まりませんでした。彼らは表立っては言いませんが、率直に言って、今のところ惨めな失敗です。

グローバル・ヘルス・セキュリティのアジェンダを実施するために必要な資金を、彼らは調達できていないのです。グローバル・ヘルス・セキュリティは国防総省のアジェンダです。ハビエル・ベセラとのビデオクリップの中で、アレックス・アザール前保健福祉長官は、ワープ・スピード・プロジェクトは国防活動であるとはっきり言いました。

彼は、すべてを実現するために必要な部品を空輸したのだと、その一部始終を語りました。また、オバマ政権下で保健省長官を務めたキャスリーン・セベリウスは、保健省がいかに長靴を履いた医師を擁しているかについて語りました。しかし、白衣を着て聴診器をつけた人々が現れると、私はある映画を見ました。実に面白い。軍隊が政治的な領域で少し反発を受けるのとは対照的に。保健省は世界的な保健安全保障のアジェンダの一翼を担っており、彼らはそれを誇りに思っています。

私たちはお金をかけてメリルは私を助けてくれました、手術の時などに履く靴のことを何と言いますか?ほら、地面に置いてあるブーティ?知らないわ。彼らはそれを持ちたくないんです。軍隊は何でもやるからね。あなたのために、あなたの健康を改善するために、そこにいるように見える人がいると、説得力が増します。

ジェームズ・コーベット 45:12

とても重要なポイントですね。ありがとうございます。そうですね。そう、兵士たちは背中を押され、人々はそれを見抜くでしょう。でも、もし彼らが迷彩服ではなくスクラブを着ているなら、両手を広げて歓迎しましょう。それはとても重要なことです。医療戒厳令がある意味で戒厳令よりも陰湿であるのは、人々が軍事当局よりも医療当局を喜んで受け入れるからです。

メリル・ナス 45:38

そうですね、私たちには準軍事組織である公衆衛生局があります。少なくとも公衆衛生局には6000人いると思いますが、彼らは制服を着ています。HHS、CDC、FDAの多くの人が公衆衛生局に所属しています。ですから、彼らは軍人、軍人のように振る舞い、必要に応じて言われたことをしなければなりません。そうですね。レイチェル・レヴィーンは提督です。だから彼女は、とにかく、そういうものなんです。

James Roguski 46:21

それで、追加の朗報を少し。パンデミック条約や国際保健規則の改正交渉に参加しないよう、すべての国に提唱しています。そのような専門家が注目し始めているのは喜ばしいことです。ジャスティナ・ウォーカー、フィリップ・クルーズ、クリスティーン・アンダーソン、その他大勢の名前を忘れてしまいました。

私は名前がとても苦手なのです。しかし、EUにはユニークなプロセスがあります。請願とは別のものです。EUには市民イニシアチブと呼ばれるものがあります。そのため、欧州議会の多くの議員が、まさに私たちが話しているようなことをやろうとしているEUの試みに対して、強く反対を表明しました。

ですから、欧州連合議会にこの問題を提起した彼らには賞賛を送りたいと思います。そして最後に、何が起きているのかというニュースです。イギリスでは、修正案についての討論を求める請願書が提出されようとしています。

私がチェックした時点では、92,000人の署名が集まっています。誰でもUK dot, stop the amendments.comにアクセスできます。英国にお住まいの方、あるいは英国に市民権をお持ちの方は、この請願書に署名することができます。

そうでない方も、ぜひ広めてください。というのも、4月には条約案についての議論が行われましたが、昨年の世界保健総会で国際保健規則の改正案が採択されたという現実には、まだ触れていないからです。そして、そのようなことが実際に起こったということを、選挙で選ばれたわけでもない、説明責任のある代表団が国際法を変えることに合意したということを認めず、理解せず、誰もが昏睡状態に陥っているのだと思います。

そして、2023年の12月1日まで18カ月の期間があり、そこで5つの小さな修正案が否決される可能性があります。しかし、彼らはそれについて議論することさえ拒否し、投票することも、国民がそれを望むかどうかについて意見を述べることもしません。

願わくば、人々がイギリス全土にこの言葉を広め、友人たちにこの請願書に署名するよう伝え、10万人以上の署名が集まることを願っています。彼らは、75年前、自分たちが加盟したときにその権限を失ったことを理解していないようです。

第4条に対するロシアの修正案は、修正案を採択した国々に対し、その義務を履行するための法律を制定するよう求めるものです。つまり、世界中の国会や議会は、「行政府が決めたことだから、それを実施しろ」と言われることになるのです。

そしてそれは、国家内の各個人の自由に対する攻撃であり、国家内の人々によって攻撃されることになるのです。なぜなら、昨年から私が言おうとしていることを人々が理解し、電球が光るのを見たとき、彼らはぞっとするのです。このような仕組みになっていることが信じられないのです。しかし、自国民に対する自国政府の暴政は、過去4年間と同じように、私たちが再び直面することになりそうです。

メリル・ナス 51:08

しかし、ロシアが修正案を提出したのは、各国が自国民に対してこの修正案を施行する義務があるということで、国連平和維持軍や他の多国間組織が外からやってきて、自国に条約の修正案を押し付けるのを避けるための非常に巧妙な方法だったのかもしれませんね。この条約が採択されれば、ロシアは自国民にこの条約を適用しないという選択をすることができます。つまり、これはある意味、国家に主権の一部を返すということなのです。

ジェームズ・ロゴスキー 51:56

というのは、言語的な作戦を与えるということです。連邦政府、州政府、地方政府、市町村、郡など、彼らは極端なことをすると、憲法上の権限にそぐわない権力を自分たちに与えてしまうのです。あからさまに違憲で、個人の権利を侵害するような規制や法律を制定するのです。

以前は、WHOが勧告を出したのだと言うことができました。条約があったとか、こういう改正があったとか、何らかの法律があったとか。市、県、州、連邦レベル、どのレベルであれ、権力を握っている人たちはグローバリストの言うことを聞き、実際に自分たちのために働き、責任を負い、代表するはずの人たちを無視しているのです。そして、それは明らかになるでしょう。英国の請願が10万件を超えたら。そして英国議会が民意を無視すれば、何が起こるか見ものです。

メリル・ナス 53:42

私は、ロシアが修正案を提出したのは、「WHOがこのような指令を出すことができるのか。しかし、もし私たちがそれを望まないのであれば、気に入らないのであれば、私たちはそれを実施するつもりはない」というものです。

ジェームズ・ロゴスキー

そして、その改正案が存在することを認識させることが重要なのです。なるほど。おそらく、このことが話題になるのは、どのような、実質的な報道機関でも、307の改正案があり、人々はあれやこれやと話をします。

第3条第2節に、「国家は主権を有するが、自国の規則や憲法に従って、規制を実施しなければならない」とあります。ですから、ジュネーブやロンドン、ワシントン、その他の首都で何が起きているのか、しばらくは心配が尽きません。結局、戦いは局地戦の繰り返しになるでしょう。というのも、このような非常識なことが施行されるのは、あなたが日常的に接している人々によるものだからです。彼らの権限はどこで終わり、あなたの権利はどこにとどまらなければならないのか、理解できないのですか?

ジェームズ・コーベット 55:05

いや、これはそうでしょう、正鵠を射ていると思います。ここ数年のことではありません。いや、これは75年の歴史にさかのぼることなのです。この基本的主権が放棄され、侵害され、引き渡されてから75年が経ちました。

それを認識するまでは、いったいどうやって「ノー」と言えばいいのでしょう。そして、世界保健機関(WHO)からの完全かつ全面的な脱退が必要なのです。今の時点では、それ以外には何もないと思います。しかし、おそらく、人々が、ああ、待てよ、ああ、この件に関して何らかの投票が行われることはなかったんだ、などと気づく学習曲線を経なければならないでしょう。

そして、私は、5つの魅力、オーケー、私たちはそれを文書化し、私たちはそれを得ることなく無視することができるようにする、というチェスの動きは理解しますが、私は、最終的にこれがどのように展開することを意図しているのか、または展開しようとしているのか、あまり期待していません。

それぞれの国の人々にとっては、これは外から強制されることではなく、WHOが選んだことによって行われることだから心配するなと、なだめることができるかもしれません。私たちはまだ国家主権を保持しているのです。どうなるかわかりますよね。

しかし、それは国民と国民のこの問題に対する意識に帰着します。先ほどの欧州議会のプレゼンテーションに戻りますが、「信頼と自由」市民イニシアティブのプレゼンテーションのいくつかを見ていました。政治家や欧州議会の議員たちが、私が以前述べたような、例えば、あらゆる意味での人口抑制というようなことを、ほとんど一字一句同じように使っているのを見たのは、驚くべきことでした。

デジタル・ヘルスIDやワクチン・パスポートは人口抑制の一形態であり、文字通りの人口抑制でもあります。政治家がこの件について話しているのをご存知ですか?政治プロセスや政治的性質がどうなるかということではなく、このことが意味するのは、政治的性質がどうなるかということです。

しかし、このような問題に対する認識が国民のレベルにまで浸透してきたという点で、私は政治家たちが無駄な努力を強いられていると思います。私が言うように、彼らは祈りのパレードを先導しているふりをするのが大好きです。このパレードが成長し、より多くの人々が認識するようになり、この会話を見ている誰もが、少なくとも大まかな形では今頃これらの問題を認識しているに違いありません。

だからこそ、私たちはこれまでと同じように、この問題を知っているすべての人に知ってもらう必要があるのです。この75年間、私たちは自分たちが戦っていることすら知らなかった、戦後秩序の構築と国民主権の放棄という意味での戦い。それが今、頭をもたげようとしているのです。

そして、人々はこの問題を認識する必要があると思います。そうすれば、おっしゃるように、戦いは局地的なものになるでしょう。そしてそれは、最終的には政治的な現象というよりも、社会的な現象になっていくでしょう。

メリル・ナス 58:00

なるほど。良いニュースは、政治家が目を覚まし、このことについてオープンに語ろうとしていることでしょう。みんなにクレイジーだと言われるからと、小声で話すようなことではありません。それはいいことです。しかし、たった7人の国会議員です。

増えるわけではありません。数カ月前に私が出席した国際ソビエト、すみません、COVIDサミットに関わったのと同じ7人です。アンドリュー・ブリッゲンです。イギリスでは、アンドリュー・ブリッゲンの他に誰もいませんでした。

しかし、彼はこのことについて話してくれます。しかし、アメリカではその数が増えています。ですから、ここでは本当にちょっとしたムーブメントが起きているのです。いろいろなレベルでいろいろなことが起こっています。

フロリダのコリアー郡では、非常にローカルなレベルで決議がなされました。ワクチンパスポートにもマスクにも反対です。そして、私たちはWHOから離れたいのです。これは重要なことです。法律レベルでは何もしなくても、この郡がこのことを考え、懸念していることを人々に伝えることができるからです。

わかりました。サウスカロライナ州では、共和党が上院と下院の議員に対し、Whoを脱退させ、Whoを脱退させるための2つの法案に署名するよう指示する決議を行いました。これは非常に素晴らしいことです。州レベルでは大きなスタートで、下院の法案79号はWHOから脱退し、WHOを脱退させるもので、50人の共同スポンサーがいます。

上院の法案と下院の法案では、パンデミック条約が上院に提出された場合、上院は助言と同意のプロセスを経る必要があるとしています。つまり、国務省の人間が署名することは認めないということです。しかし、彼らはこの条約を正式な本格的な条約として扱い、上院に質問させることなどを要求するつもりです。

下院の法案では、47人の共同スポンサーが必要ですが、残念ながら、この人たちは全員共和党員です。上院にも同様の法案があります。上院にも同様の法案があります。チップ・ロイの法案です。パンデミック協定の上院承認を求める下院法案はHR1425 上院法案も同じで上院の承認なしにパンデミック対策条約は結べない。上院法案はS444です。上院歳出委員会は12日、来年度の米国政府の支出に関する法案の採決を行います。

共和党は、最初のマークアップを行ったとき、ほとんど驚くべきことに同意しました。共和党は数週間前、世界経済フォーラムへのアメリカの関与や、武漢ウイルス学研究所への資金提供、ピーター・ダルザレックス・エコ・ヘルス・アライアンスへの資金提供など、共和党版の法案に盛り込まれていたすべての資金を取り上げました。

現在、共和党と民主党の歳入委員会が法案を審議中で、今日、そしておそらく明日、そしておそらく今週中にも、WHOやその他の団体への資金提供が再開されるかどうかが注目されます。これは下院の歳出法案です。下院の歳出法案ですから。

法案はおそらく2,3カ月は通らないでしょう。WHOの脱退、それが私たちの望みです。WHOを脱退させること、それが私たちが望むことです。その後、国連に対しても同じことをする必要があるかもしれません。しかし、まだわかりません。まだわかりません。他にコメントは?

ジェームズ・ロゴスキー 1:02:59

私は世界中の人々と仕事をしてきました。アメリカで何が起こっているかを知るには、who.comの出口に行けばいいんです。who.orgの出口は世界中にあります。なぜなら、私たちは皆一緒だからです。

米国がwho.orgを脱退するだけでは十分ではありません。世界的なデジタルヘルス認証ネットワークを構築するのであれば、米国は悪い場所ではないでしょう。しかし、それだけでは十分ではありません。私たちには自由が必要です。それを侵害することは、地球上の誰にとっても許されないことなのです。

ジェームズ・コルベット 1:03:40

その通りだと思います。世界保健機関WHOが推し進めていることはその一面であり、私たちはその方向に向かって筋肉を鍛え始めているのです。それを征服すれば、同じことをしようとしているさまざまな組織の網の目全体について考え始めることができます。WHOに始まり、WHOに終わるとは思いませんが、少なくともそのプロセスを発見することから始めるのは良いことです。

メリル・ナス 1:04:14

ええ、お二人のおっしゃることにすべて同意します。結論として、私はdoortofreedomという新しい組織の誕生を手伝っています。その目的は、この権力掌握や、私たちの前に現れる他のグローバリストの権力掌握と戦うために必要なツールを、WHOが簡単に手に入れられるようにすることです。

今週末にはウェブサイトを立ち上げる予定です。このウェブサイトが自由への扉となることを願っています。私たちは、あなたがこれと闘うために必要なすべての情報を提供したいと思います。もし私たちが見逃している情報があれば、ウェブサイトを訪れて、私たちがしていることを見てください。ですから、ぜひウェブサイトをご覧ください。ありがとうございました。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました