『世界無秩序』 米国の覇権主義、代理戦争、テロリズムと人道的大惨事(2019)
The World Disorder US Hegemony, Proxy Wars, Terrorism and Humanitarian Catastrophes

パレスチナ・イスラエルロシア・ウクライナ戦争戦争・国際政治

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

コンテンツ

The World Disorder US Hegemony, Proxy Wars, Terrorism and Humanitarian Catastrophes

ルイス・アルベルト・モニーツ・バンデイラ

世界の混乱米国の覇権主義、代理戦争、テロリズムと人道的大惨事

世界の無秩序

ルイス・アルベルト・モニーツ・バンデイラ ブラジリア大学歴史学部名誉教授

ザンクト・レオン・ロート(ドイツ) 訳者アメリコ・ルセナ・ラーゲ

オリジナル版 Luiz Alberto Moniz Bandeira: A desordem mundial. O spectro da total dominação: guerras por procuração, terror, caos e catástrofes humanitárias. Civilização Brasileira 2017年発行。© Luiz Alberto Moniz Bandeira. 無断転載を禁ずる。Américo Lucena Lageによるブラジル版からの翻訳。

本書における一般的記述名、登録名、商標、サービスマーク等の使用は、具体的な記述がない場合でも、そのような名称が関連する保護法および規制から免除され、したがって一般的な使用が自由であることを意味するものではない。

出版社、著者および編集者は、本書における助言および情報が、出版日現在において真実かつ正確であると信じられていると考えて差し支えない。出版社、著者、編集者のいずれも、本書に含まれる資料に関して、あるいは誤りや脱落があったとしても、明示的か黙示的かを問わず、保証を与えるものではない。出版社は、出版された地図および所属機関の管轄権の主張に関して中立を保つ。

このシュプリンガー・インプリントは、シュプリンガー・ネイチャー・スイス社(Springer Nature Switzerland AG)により発行されている: 住所:Gewerbestrasse 11, 6330 Cham, Switzerland

戦争においても、行政府の裁量権は拡大され、官職、名誉、報酬を与える際の影響力は増大する。共和主義における同じ悪質な側面は、戦争状態から生じる財産の不平等や詐欺の機会、そして両者によってもたらされる風俗や道徳の退廃にも見出すことができる。いかなる国家も、絶え間ない戦乱の中で自由を維持することはできない

-ジェームズ・マディソン、第4代アメリカ合衆国大統領(1809-1817)1

破壊と崩壊の共通の特徴である軍国主義は、その社会が他の生きている社会に対しても、自然の無生物の力に対しても、その支配力を強めるのに効果的であることが多い。

-アーノルド・J・トインビー2

戦争は騒動である。いつの時代もそうだった。最も古く、最も儲かりやすく、最も悪質であることは間違いない。戦争は唯一国際的なものである。利益はドルで、損失は生命で計算される唯一のものである。

-スメドリー・ダーリントン・バトラー将軍3」

殿下へ

ポルトガル王家の当主、ブラガンツァ公ドム・ドゥアルテ、わが友よ。

そして、いつも通り、私をこの世にとどめてくれている愛妻マーゴットと、私たちの誇りである息子エガスに捧ぐ。

序文:米国の民主主義の侵食と国際的混乱

ルイス・アルベルト・モニーツ・バンデイラが本書で書いている大きな混乱とは、国際関係の混乱であり、米国が陥っている内部の混乱である。それは主に東ヨーロッパ、特にウクライナと中東における混乱である。その主な原因は、アメリカ自身とその国の民主主義の衰退にある。この超大国は、たとえ戦争を通じてでも、世界の他の地域に民主主義を輸出し続けているが、その一方で、第二次世界大戦後は世界で最も進んでいた自国の民主主義は、内部的には衰退している。

そしてこの著名な近代史家は、アメリカでは民主主義が実際に蝕まれ始めていると語る。もはや個人の基本的権利を保障することはなく、テロリストや敵と見なされれば、恣意的に拘束し、拷問し、あるいは単に暗殺する。その根拠は「テロとの戦い」である。本当の理由は、大国が資金調達と直接投資によって他国の国内市場を占有しようとする決意と、影響圏にない他国の台頭を受け入れようとしない姿勢にある。

しかし、モニーツ・バンデイラ氏は理論的な平面にとどまってはいない。それどころか、彼は『グローバル・ディスオーダー』を書くために集めた文書やインタビューを次々に引用し、実践に飛び込んでいく。彼にとって、米国で起こったことは、民主主義から寡頭政治、金融資本の独裁へと「国家が変異する」プロセスであった。これは、1980年代以降の国内格差の拡大や、中国やインドを中心とする発展途上国による製造品やサービスの輸出国としての競争の激化と関連している。米国が長期にわたって主役となる多極化した世界を受け入れる代わりに、彼らは世界をより不安定で混沌とさせる政策を採用した。

ブラジル、サンパウロルイス・カルロス・ブレッサー=ペレイラ 2016年3月

まえがき 現代史から学ぶ

モニーツ・バンデイラ教授は、またしても偉大な著作を生み出した。その学問的謙虚さゆえ、私に序文を書くよう依頼したのは理解できる。私はその思想と方法論の連鎖の一部である。

方法論は問題の核心であり、私の見解では必然的に以下を含むことになる:

  • 1. 関連する歴史について深い知識を持つこと。
  • 2. そこから構造的かつ永続的な教訓を学ぶ
  • 3. すべての原因の経済的な根源を探す
  • 4. 帝国主義、依存、戦争の理論を発展させる。
  • 5. 純粋な地政学と 「利害の地政学」を理解する。
  • 6. 矛盾の分析を実践する。
  • 7. 自由であること、自由に考えること、どんな代償を払っても、さらに先に進みたいと思うこと。

この作品は、現代のグローバルな無秩序の根源を探している。アンバランスの原因の発見は、遺伝子の解読に相当するプロセスをたどるため、ある程度、系譜学的な研究でもある。その特徴は因果関係の中で失われるのではなく、影響のDNAの中に残るのである。この方法によってアメリカの「ファシズム」を発掘するという素晴らしく不遜なアイデアは、従来では考えられなかったような効果を生み出す。中立的な利害関係者は存在しないし、存在したこともない。数十億ドルを動かす利害関係者にとっては、このことはさらに明白だ。国境を越えた資本主義の弁証法が、NATOだけでなく冷戦をも生み出したのだ。何のために?それはこの立派な著作に書かれている。こうしたマクロプロセスが個人や社会階層にどのような影響を与えたのか。これもまた説明されている。それにもとづいて、国内的に、とりわけ国際的に、プルトクラシーはどのように構造化されたのか。書かれていることを読む必要があるだろう。このシステムは、循環的な因果関係のシステムであり、自立的で、継続的で、圧倒的である。多くの人が予見していた2007/2008年の危機につながった。9月11日の後、「ファシスト」アメリカのDNAはどのように生き延びたのだろうか?イラク侵攻はどうなったのか?グアンタナモはどうなったのか?ファシズムを可能にする事実が、「建国の父」たちのセーフガードやリベラルな理想をどのように打ち破ったのか?

弁証法の論理では、矛盾するもの、つまり反テーゼ、つまりこの体制に対する脅威を理解する必要がある。それゆえ、NATOの拡大と西側帝国主義の新たな姿に直面して、ロシア、イラン、北朝鮮、中国への協調的言及が避けられないのである。これが、ソ連、ウクライナ、グルジア、アフガニスタン、中東、アフリカの混乱がつながっている理由である。

私が強調したいことのひとつは、アメリカの敵対者に対する無知である。他者(敵も味方も)を人類学的、社会学的に理解することができないという歴史的、反復的な無能は、西側諸国全般、特にアメリカの主なアキレス腱の一つであり、今もそうである。この無能さが、次々と過ちを犯させるのだが、その解決策は、自らが作り出した問題に(無益な)資金を投入することである。今日、議会が管理できないところで、民間部門に戦費の支払いを求めている。外交官は政治家であり、かろうじて守られる合意を引き受けている。

本書の終盤にある歴史への回帰は、この方法においてすべての意味をなす。この方法は、批判的歴史学、地政学、政治理論への永遠の回帰を提案している。困難は、これを本当に実行することにある。モニーツ・バンデイラ教授はそれを見事に成し遂げている。

本書は、私たちに降りかかっている悪の説明における新たな一里塚となる。そして、私たちを待ち受けているものを見るための根源を作り出している。

この崇高な教訓と、抵抗の教訓、自由の教訓、強さの教訓、闘争の教訓、勇敢さの教訓、精神の気高さの教訓、あらゆるもの、あらゆる人に対する抵抗の教訓、「ça ira」を与えてくれた友人モニーツ・バンデイラに感謝したい。

この不滅の学者の業績に対して、ブラジルを祝福したい。このような子供を持つ国は祝福されている。

ポルトガル、リスボンアントニオ・C・A・デ・ソウザ・ララ 2016年2月

序文

『世界無秩序』は、私の他の著作『第二次冷戦』と『アメリカ帝国の形成』の分冊である。これらを合わせて一つのコーパスを構成している。私は常に、政治学、経済学、歴史学が交差し、一方が他方に依存し、相互に影響しあい、融合しあっていることを理解してきた。

私は若い頃、新聞社で働き、リオデジャネイロ・カトリック大学で政治学者として政治コミュニケーションを教えていたので、最も多様な情報と向き合い、注意深く照合し、出来事の信憑性を評価し、大衆の認識を管理・操作するためにしばしばニュースを覆っているイデオロギー的なニスを削ぎ落とすことを自らに課してきた。このため私は、他の著作と同様、この著作のための調査においても、最も厳しい厳密さを適用し、最も多様な国の報道機関に掲載された出来事のすべての詳細を検証し、政治家の声明や演説、複数の政府機関および/または国際機関の公式文書を読み、イデオロギー的な操作、偽りの良心(falsches Bewusstsein)4を削ぎ落とし、トゥキディデスの教え(アテネ、紀元前460年-トラキア、紀元前398)に従った。 トラキア、紀元前398年?)、神話的な装いを取り去り、最も明確で、現実的で、真実であるものを取り上げるのである5。

この仕事を進めるにあたり、多くの人々の協力に頼ってきたことは言うまでもない。とはいえ、友人であるブラガンサ公爵ドム・ドゥアルテ殿下、サミュエル・ピニェイロ・ギマランイス大使、フレデリコ・メイヤー大使、セザリオ・メラントニオ大使には感謝しなければならない; リスボン大学社会政治科学高等研究所(ISCSP)のアントニオ・デ・ソウザ・ララ教授、バーミンガム大学アフリカ研究・人類学科のパウロ・フェルナンド・デ・モラエス・ファリアス教授、パリ国立科学研究センター(CNRS)のミヒャエル・ローウィ教授、パウリスタ大学名誉教授のトゥリオ・ヴィジェヴァーニ教授、 アルベルト・フスト・ソーサ(ブエノスアイレスのアメルスールONG理事会の創設者でありメンバー)、テオトーニオ・ドス・サントス(リオデジャネイロのユネスコ・チェアとグローバル経済に関する国連大学ネットワークのコーディネーター)、ジルベルト・カルカニョット(社会学者、ハンブルクのGIGA-後期アメリカ研究所の元研究員であり、ドイツでの私の右腕でもある)。

彼らの惜しみない協力-情報提供、提案、文章の校正など-は、私のコメントや結論に対する彼らの絶対的な同意や受け入れを意味するものではない。それらの責任は私一人にある。

謝辞

著者 「Luiz Alberto Moniz Bandeira」は長い慢性疾患の後、2017年11月10日に81歳で死去した。M.A.ジルベルト・カルカニョットが対応管財人であり、彼の連絡先はcalcagnottogilb@aol.com。

サン・レオン・ロット(ドイツ) ルイス・アルベルト・モニーツ・バンデイラ 2016年2月

目次

  • 1 はじめに アメリカ、中東、シリア、ウクライナ-近現代史における弁証法的アプローチ
  • 2 アメリカ共和国と寡頭制専制政治への変貌
    • 2.1 ナチス・ファシズムと「国家の変異」現象 2.2 1933年、フランクリン・D・ルーズベルト政権に対するウォール街の陰謀
    • 2.3 スメドリー・D・バトラー将軍の告発とマコーマック=ディックシュタイン委員会
    • 2.4 大企業: プレスコット・ブッシュ家とヒトラーへの資源移転
  • 3 西側の軍産複合体と東側の対抗勢力圏
    • 3.1 第二次世界大戦後の勢力圏:自由世界対鉄のカーテン
    • 3.2 NATOの “アメリカ人を中に、ロシア人を外に、ドイツ人を下に”
    • 3.3 アイゼンハワーによるマッカーシズムと軍産複合体の糾弾
    • 3.4 軍事民主主義とアメリカにおける社会的不平等の拡大
  • 4 9.11と加速するアメリカ共和国の異変
    • 4.1 9.11:アメリカにおける民主主義の崩壊と国家の突然変異
    • 4.2 テロとの戦い、愛国者法、軍事委員会法
    • 4.3 黒シャツも茶シャツもない「白いファシズム」の実行
    • 4.4 拷問: グアンタナモの強制収容所と東欧のCIA秘密刑務所(ブラックサイト)
  • 5 驚くべき連続性: ジョージ・W・ブッシュからバラク・オバマまで
    • 5.1 右翼カトリック・福音派組織への支援
    • 5.2 アメリカにおける人種差別と警察による弾圧
    • 5.3 ジョージ・W・ブッシュ政権の弱体化
    • 5.4 アメリカの大統領を選ぶ銀行
    • 5.5 ノーベル平和賞受賞者の「永続的な戦時下の足元」
    • 5.6 海外有事作戦としての対テロ戦争
    • 5.7 ドローンによる選択的暗殺
  • 6 軍事力を増大させる中国とロシアに対抗するアメリカの新戦略
    • 6.1 米国に対する主要な脅威としてのロシア、イラン、北朝鮮、中国
    • 6.2 核紛争がもたらす破滅的な結果
    • 6.3 ロシアの核戦力
    • 6.4 NATOのロシア国境への拡大
    • 6.5 ジョージ・ケナンらの拡張に対する警告
    • 6.6 ジョージ・HW・ブッシュとミハイル・S・ゴルバチョフの約束破り
  • 7 ソ連からロシアの寡頭権力体制、そしてプーチンへ
    • 7.1 NATOの異なる目的、ソ連の崩壊、そしてグローバル・コップとしてのアメリカ
    • 7.2 ボリス・エリツィンのロシア: 民営化、汚職、そして国際的ブッカニア資本主義
    • 7.3 新しいブルジョワジーとしてのオリガルヒの出現
    • 7.4 トロツキーの予言の確認
    • 7.5 プーチンの台頭とロシアの回復
  • 8 ソ連崩壊後のアメリカ/NATOの東方進出
    • 8.1 “20世紀最大の地政学的大惨事 “となったソ連の破綻
    • 8.2 NATOを通じたアメリカの支配と基軸通貨としてのドル印刷特権
    • 8.3 ウクライナ、グルジア問題、南オセチア防衛へのロシアの介入に関するセルゲイ・ラブロフ大臣の警告
    • 8.4 アフガニスタン、中東、アフリカでは殺戮、混乱、人道的災害が続いている
  • 9 ワシントンがリビアに介入した本当の理由
    • 9.1 侵略しようとした国々についてのワシントンの無知
    • 9.2 リビアの国家崩壊とNATOが供給した武器によるテロリズムの蔓延
    • 9.3 カダフィから没収した資金で銀行が儲ける
    • 9.4 ベンガジにおけるJ・クリストファー・スティーブンス大使の死と、シリアにおけるジハード主義者(テロリスト)への国防総省の支援
    • 9.5 難民の人道的悲劇
  • 10 地政学的に学んだこと、学ばなかったこと: シリアの事例
    • 10.1 シリアへの介入計画
    • 10.2 バッシャール・アル=アサドとの戦争における外国人ジハード主義者たち
    • 10.3 ジョー・バイデンの告発: イスラム国を支援するトルコと湾岸諸国
    • 10.4 バンダル・アル・スルタン皇太子のモスクワ訪問とプーチン大統領の拒否
    • 10.5 シリア介入の口実としてのグータでのガス攻撃
  • 11 アメリカ介入の口実としてのグータでの化学兵器攻撃
    • 11.1 企業メディア、NGOによるニュース、そしてグータにおける化学兵器攻撃の茶番劇
    • 11.2 オバマの「レッドライン」とリビアからシリアに武器弾薬を持ち込む「ラットライン」
    • 11.3 ブラックウォーター、CIA、ネイビーシールズによるジハーディストの訓練
    • 11.4 シリアとウクライナにおけるプーチンの外交的勝利
  • 12 地政学的ゲームの新たなピース: ウクライナの発明
    • 12.1 キエフ・ルス: ドニエプル川沿いのヴァランギウス(ヴァイキング)の征服と東スラヴ人との混血
    • 12.2 諸公国への分解
    • 12.3 イワン雷帝とロシースカヤ・インペリヤの成立
    • 12.4 ミハイル・F・ロマノフの全ロシア皇帝就任とピョートル大帝による帝国黒海艦隊の創設
    • 12.5 イワン・マゼッパの物語
    • 12.6 エカテリーナ大帝とドンバス(ノヴォロシヤ)征服
    • 12.7 ウクライナの発明
  • 13 レーニンの自決扇動とウクライナ・ナショナリズム
    • 13.1 ローザ・ルクセンブルクのレーニン民族政策批判:レーニンの「ペット・プロジェクト」としての独立ウクライナ
    • 13.2 ポグロムと農民蜂起
    • 13.3 赤軍の勝利
    • 13.4 ドイツ国防軍のソ連侵攻
    • 13.5 デクラーク化と1931-1932年の飢饉
    • 13.6 ステパン・バンデラ、ナチス第五列隊、そしてウクライナのユダヤ人虐殺
  • 14 ソビエト共和国としてのウクライナとその後: ドンバスを中心に
    • 14.1 ドンバスの経済的・地政学的関連性:ノヴォロシースク地方の石炭と鉄鉱山
    • 14.2 スターリングラードにおけるドイツ国防軍の敗北
    • 14.3 フルシチョフによるクリミアのウクライナへの譲渡
    • 14.4 ソ連の崩壊とウクライナの経済的衰退
    • 14.5 マネーロンダリングと脱税によるオリガルヒの資産収奪とユリア・ティモシェンコの登場
  • 15 ウクライナとロシアの間にくさびを打ち込もうとするアメリカの努力
    • 15.1 ウクライナの経済的衰退、2008年の危機、そしてウクライナ崩壊の危機
    • 15.2 地政学的枢軸国としてのウクライナとズビグネフ・ブレジンスキー理論
    • 15.3 クリミア、石油・ガス、核兵器という絡み合った問題
    • 15.4 ウクライナとロシアの戦略的相互依存関係
  • 16 ロシアはウクライナの新たなオレンジ革命に反対する
    • 16.1 ワシントンのユーラシアにおける拡張主義的政策とロシアの復活を阻止しようとする試み
    • 16.2 ロシアにとってウクライナが「外国」になることはないというキッシンジャーの警告
    • 16.3 ハリコフ・ガス条約とセヴァストポリ租借
    • 16.4 EUになびくウクライナと避けられないロシアとの対立
    • 16.5 政権交代へのワシントンの50億ドルの投資とジョージ・ソロスと破壊的NGO
  • 17 ウクライナのロシア離れとプーチンの反応
    • 17.1 EUやNATOとの交渉の背後にある米国のウクライナにおける地政学的利益拡大
    • 17.2 ウクライナとシリア: ロシアの地中海への鍵
    • 17.3 キエフの扇動者としてのジョン・マケイン上院議員とクリストファー・マーフィー上院議員、そしてヴィクトリア・ヌランドの “Fuck the E.U.”
    • 17.4 ヤヌコビッチ大統領の失脚とアルセニー・ヤツェニュクと右派セクターの台頭
  • 18 クリミアのロシアへの返還と対ロシア経済制裁
    • 18.1 プーチン大統領の反クーデター 民衆の支持を得たクリミアのロシア復帰
    • 18.2 第二次冷戦の激化と黒海におけるロシアの影響力回復
    • 18.3 失われたキエフの資産
    • 18.4 近視眼的な対ロ制裁、ルーブル切り下げ、原油価格の下落
  • 19 ウクライナの政権交代、内戦、米露代理戦争
    • 19.1 対ロ制裁とウクライナ紛争激化への警告
    • 19.2 政権交代政策の大失敗
    • 19.3 ウクライナの産業中心部、南部、南東部、東部における蜂起: ノヴォロシヤ人民共和国
    • 19.4 内戦の始まりとロシアの反乱軍支援
    • 19.5 NATOの動員、IMFの資金提供、キエフ軍に混じる米軍企業の傭兵たち
    • 19.6 ペトロ・ポロシェンコがウクライナ大統領に選出される
  • 20 ウクライナの分離主義者とドンバスの戦争
    • 20.1 ネオナチに支配されたペトロ・ポロシェンコ政権とウクライナ国家警備隊
    • 20.2 ドネツク・ルハンスク人民共和国宣言とプーチンの穏健な立場
    • 20.3 人道的災害: オデッサの大虐殺、ルハンスクとドンバスの荒廃、難民の流入、ドンバスの都市封鎖
    • 20.4 MH17便の悲劇とさらなる対ロ制裁
    • 20.5 ロシアからの人道支援
  • 21 ウクライナ政府、極右勢力の台頭、ミンスク合意、紛争の持続
    • 21.1 ウクライナ和平計画と停戦違反
    • 21.2 NATOによるキエフへの軍事援助
    • 21.3 デバルツェヴェの戦闘
    • 21.4 ミンスクII合意
    • 21.5 ナチズム復興におけるアメリカの影響力: ステパン・バンデラと第二次世界大戦のナチス協力者の社会復帰
    • 21.6 財政破綻に近づくウクライナへの殺傷兵器とアメリカ人教官の派遣
  • 22 ウクライナ: 中東・北アフリカと同じ政治環境
    • 22.1 高まる国際的矛盾: 2006年以来のワシントンの中心目標としてのアサド政権打倒とリビアの国家破壊
    • 22.2 ヘンリー・キッシンジャーとランド・ポール上院議員の警告とイスラム・テロの拡大
    • 22.3 エジプトにおけるエルシシ将軍のクーデター: シナイにおけるムスリム同胞団とテロリストの鎮圧
    • 22.4 イエメンにおける「アラブの春」、カオス、そしてテロリズム
    • 22.5 ワシントンの支援を受けたサウジアラビアによる無差別爆撃
    • 22.6 アメリカの外交政策の予測可能な結果としてのカオス
    • 22.7 イスラム国の台頭
  • 23 右派政権下のイスラエル
    • 23.1 ガザのガス備蓄、Ḥamāsの勝利、イスラエル国防軍によるガザ地区の虐殺と破壊
    • 23.2 拡大を続ける入植地
    • 23.3 アリエル・シャロンとジョージ・W・ブッシュが計画したヤセル・アラファト抹殺
    • 23.4 エレツ・イスラエルの夢
    • 23.5 イツハク・ラビンの暗殺とベンヤミン・ネタニヤフ政権下の入植推進
  • 24 ネタニヤフの占領政策とイスラエル・パレスチナ戦争
    • 24.1 マフムード・アッバース、シャロンの終焉とḤamāsの台頭
    • 24.2 ネタニヤフ、ユダヤ人入植地、パレスチナ国家の弱体化
    • 24.3 ハマスとPLOの和解とガザの「防護のエッジ」作戦
    • 24.4 ジミー・カーターとネタニヤフ首相の対立とアル・アクサ・モスクの紛争
    • 24.5 オバマとネタニヤフの不一致と2016年のペンタゴンの軍事援助
  • 25 新たな冷戦、新たなモスクワ・北京枢軸、そしてアメリカの覇権の衰退
    • 25.1 ジョン・Q・アダムスの警告
    • 25.2 心理・経済戦争、プーチンの悪魔化、ウクライナのナチズム
    • 25.3 カスピ海の石油と中央アジアにおけるアメリカの影響力低下
    • 25.4 ロシアの軍事近代化、防衛条約、ユーラシア経済連合
    • 25.5 ロシアと中国の協力、ノルド・ストリーム・パイプライン、対ロ制裁
    • 25.6 中国とロシア、そして新たな国際決済システムの構築
    • 25.7 アメリカの覇権とペトロダラー基準
    • 25.8 モスクワ・北京枢軸と世界貿易における新たな支配通貨
  • 26 エピローグ アメリカの軍事・金融寡頭制と戦争とテロを通じた「民主主義」の輸出
    • 26.1 国家の変異 26.2 ビッグ・ブラザー
    • 26.3 混沌の民主主義
    • 26.4 代理戦争
    • 26.5 ロシアの介入
    • 26.6 テロルの財源
    • 26.7 トルコ
    • 26.8 グレート・ゲーム
    • 26.9 テロルの民主化
  • 参考文献
  • 索引

著者について

ルイス・アルベルト・ヴィアンナ・ド・モニーツ・バンデイラ、サンマルコス男爵(ポルトガル)は、サンパウロ大学で法学を専攻し、政治学の博士号を取得した。サンパウロ社会学・政治学院の教授を務めた。1976年、フォード財団などから助成金を受け、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイでリオ・デ・ラ・プラタ盆地におけるブラジルの歴史的役割について研究を行った。1977年から1979年にかけては、社会科学研究評議会とニューヨークのアメリカ学士会ラテンアメリカ研究合同委員会から授与された博士研究員奨励金により、この研究プロジェクトを米国とヨーロッパに拡大した。ブラジリア大学歴史学部でブラジル外交政策史の講座を受け持つ。Formação do Império Americano (Da Guerra contra a Espanha à Guerra no Iraque)』でジュカ・パト賞を受賞し 2005年のブラジル知識人に選ばれた。その後、クリチバのブラジル大学とバイーア連邦大学から名誉博士号を授与された。モニーツ・バンデイラ氏は世界各国で講演に招かれている。1991年から1994年までリオデジャネイロ州政府の事務次官を務め、首都ブラジリアに駐在、1996年から2002年まで在フランクフルト・アム・マイン・ブラジル総領事館の文化アタッシェを務めた。ルイス・アルベルト・デ・ヴィアナ・モニーツ・バンデイラ氏は、ドイツから功労十字章、ブラジルからリオ・ブランコ男爵大十字章などを授与されている。彼は長い慢性疾患の後、2017年11月10日に81歳でサン・レオン・ロット(ドイツ)で死去し、妻と息子だけでなく、科学界全体が悲しみに包まれた。とはいえ、弁証法的かつ歴史的なアプローチで現在の世界的な政治情勢を分析した20冊以上の著書の中で、彼は生き続けている。

第1章 はじめにアメリカ、中東、シリア、ウクライナ-最近の歴史に関する弁証法的アプローチ

一人はウルド、もう一人はヴェルダンディ(彼らは木に刻んだ)、そして三人目はスクルドと名づけられた。彼らは掟を定め、人の子らの命、人々の運命を選んだ。

「Völuspá(聖者の予言)」(”Davon kommen Frauen, vielwissende, / Drei aus dem See dort unterm Wipfel./ Urdh heißt die eine, die andre Verdhandi:/ Sie schnitten Stäbe; Skuld hieß die dritte./ Sie legten Lose, das Leben bestimmten sie/ Den Geschlechtern der Menschen, das Schicksal verkündend.”)。

「Völuspá (The Prophecy of the Seeress)」は、10世紀から11世紀に書かれたスカンジナビアの詩を集めたエッダ・マヨールの一部である。「Der Seherin Gesicht.」(女神の予言)である。Die Edda-Götterdichtung Spruchweisheit Heldensängen der Germanen. Munique: Dietrich Gelbe Reihe, 2004, p. 35. 「Valans Spådom.」 Eddan-De Nordiska Guda-Och Hjältesångerna. ストックホルム: Norstedrs Förlag, 1998, p. 8. 乙女たちは、運命の女神(die Schicksalgottheiten)であるDie Nornenである。ゲルマン神話(Westund Nordgermanisch)では3つの擬人化で登場する。ウルズル(Urður)またはウドゥル(Udhr)またはウィルド(Wyrd)は、過去に起こったこと、現在起こっていることすべてを司り、これから起こること、運命を形作るノルンである。VerðandiまたはVerdhandi(なること)は、「あること」のノルンで、変化の現在を表す。これら3つのノルンは、時に解釈されるように、図式的に過去、現在、未来を表しているのではない。それらは一体となって作用するのである)。

オーギュスト・コント(1798-1857)の弟子であり、ブラジルに実証主義を持ち込んだ最初の人物の一人である私の先祖、哲学者のアントニオ・フェラン・モニーツ・デ・アラガン(1813-1887)は、「歴史を深く知るためには、事実を年代順に分類して満足するのではなく、異なる国々における出来事の順序と、あらゆる時代における文明の進歩を比較しなければならない」と書いている1。 彼の教えによれば、「このように分析され、理解された歴史的事実は、それらがあらゆる関係を通じて互いに結びついている広大な体系の中に位置づけることができ、その結果、われわれはさらに重要な研究、すなわち、それらの原因の究明を通じてこれらの事実を説明することに取り組むことができる」2。

資本主義は、その世界的な蓄積と膨張の過程で、世界のすべての工業化地域、農業地域、前資本主義地域、非資本主義地域に網を張り巡らし、経済的、政治的にグローバルな全体として、連絡器のシステムの中に絡め取った。それは、社会の進歩や文明の程度がさまざまであるにもかかわらず、あるいはその結果として、社会を相互依存的なものにした。したがって、世界経済は、国家経済の集合体でも、総和でも、網の目のようなものでもない、高次の現実なのである。そして政治学は、資本主義権力の抑圧的蓄積過程における国家の先天性を研究する必要がある。この国家は、量的・質的変異を通じて自己を否定するだけでなく、歴史の過程と世界経済の進化において、この否定を無効化する。この歴史的かつ弁証法的なアプローチこそが、社会的・政治的現象(現象)の本質的かつ構造的な決定であり、単なる偶然性、状況の現象(Begleiterscheinungen)ではない。

偶然は存在しない。しかし、因果関係は存在する。事実は、しばしば知られていない何らかの原因によって生じる。それらは進化の過程でつながっている。そして自然界と同じように、いくつかのリンクは絡み合っているが、必然の連鎖を断ち切り、歴史の無限の連鎖の決定を妨げるような、別の動きを生み出すことはない。この教訓は、ティトゥス・ルクレティウス・カルス(紀元前99年頃~紀元前55年頃)の著作『De Rerum Natura』に由来している3。ヘーゲルが雄弁に言うように、出来事の流れと未来への展開を理解するには、現在の実質的実体としての過去を知ることが必要であり、そこでは、歴史的過程に内在する矛盾を抑制(アウフヘーベン)し、維持(アウフヘーベン/アウフベーハーレン)するために、可能性と偶発性が出現している4。ゲルマン神話や北欧神話では、時間は不可分である。過去は生き続け、強大な現実として絶え間なく流れる現在に展開する。フェルナン・ブローデルは、「歴史は時間の弁証法であり、そのために、歴史は社会の研究であり、したがって過去の研究であり、したがって現在の研究でもある。

経済的、社会的、政治的現象は、たとえそれが自然発生的に見える場合でも、量的・質的変異から生じるものであり、複数の、複雑な、果てしない、結びついた、絡み合った原因から生じるものである。事象の間には作用と反作用の相互関係があり、だからこそ私たちは、事象をその存在論的次元のすべてにおいて、新たなさまざまな角度から研究しなければならないのである。歴史は無限に発展し、一直線ではなく、螺旋状に、時には湾曲し、折り重なって、別の線へとジャンプする。資本主義経済がますますグローバル化し、あらゆる地域や国が絡み合い、グループ化され、非対称で不規則で複雑で、しかも相互依存的な全体として絡み合うようになると、社会的・政治的な出来事はほとんど常に、直接的または間接的に相互に結びついてきた。そしてその浸透圧は国際政治においてはさらに顕著であり、国内の状況や、生産力の進化とともに変化した制度や国家のさまざまな構造に従っている。

2014年2月22日、キエフのヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領をアメリカ国務省の公然の支持のもとに崩壊させた暴動は、シリア紛争が激化している最中に起こった。バラク・オバマ大統領は、バッシャール・アル・アサド大統領を 「退陣させなければならない」、「退場させなければならない」と言って、万能の独裁者のマントルを身にまとった。2011年にリビアが空爆され破壊される前、ムアンマル・カダフィ大統領に言ったのと同じことだ。ワシントンがウクライナのクーデターとアサド政権に対する武装闘争の反対派を支援したのは、この2カ国のいずれにも民主主義を確立するためではなかった。ビクトル・ヤヌコビッチ大統領は合法的かつ正当に選挙で選ばれたのであり、彼の政権は独裁政権ではなかった。バッシャール・アル=アサド大統領は独裁的であったにもかかわらず、世俗的であり、宗教的自由と女性の権利を憲法で保障していた。しかし、この2つの出来事は、それぞれ別個のものであり、互いに遠く離れていたにもかかわらず、融合した。背景は同じだった。

ソビエト連邦の大失敗の後、アメリカは自らを、神から与えられた例外主義という勝利至上主義の傲慢さをもって、唯一無二の世界権力の中心であると示した。ヘンリー・キッシンジャー教授は、『ナショナル・インタレスト』誌のインタビューで、「ロシアを大国としてまともに扱わなかった」と述べ6、共和党に「新しい外交政策観」が生まれたと強調した。

力によって押しつけられる民主主義は、決して本物の民主主義ではなく、金融資本や大企業が振り回す偽物の民主主義である。全体主義を構成する要素は、ほとんどの場合ウォール街に行き着くが、それゆえ、1930年代のアドルフ・ヒトラー率いるドイツのナチズムと膨張主義を育んだ要素に似ている。そしてキッシンジャーが強調したように、1945年のドイツと日本の敗戦以来、アメリカは5つの戦争に参戦し、「意気揚々と始めた」のだが、「タカ派」は「最後には勝てなかった」8。キッシンジャーが指摘したように、問題はアメリカが経験から学ぼうとしないことに起因している。学校ではもはや歴史を一連の出来事として教えるのではなく、「まったく新しい文脈」の中に置かれた「脈絡のないテーマ」という観点から教えているからだ9。

ウクライナでイスラム教徒の大隊が戦っているのを読むと、「すべての割合の感覚が失われている」と発言し、ジャーナリストのヤコブ・ハイルブランが「それは明らかに大惨事だ」と指摘すると、ヘンリー・キッシンジャー教授はこう答えた: 「私にとってはそうだ。確かに、保守派や民主党の「タカ派」(鳩のドレスを着て当選したオバマ大統領を含む)の目的は、イスラム圏を手始めにロシアを実際に解体することだった。これは、ジミー・カーター大統領の元顧問であった地政学者ズビグネフ・ブレジンスキーの古くからの戦略であった。彼は、イスラム原理主義が、中東、アフリカ、インド洋に共産主義の影響が広がるのを防ぐだけでなく、ソ連邦のアジア諸共和国がモスクワの政府に反乱を起こすのを扇動するための重要なイデオロギー兵器であると考えていた11。しかし、オバマ大統領は、ユーラシア大陸の「極めて重要な国」である、地理的に巨大な面積を持ち、天然資源、特にエネルギーを大量に埋蔵するロシアを孤立させることさえできなかった。

ジャーナリストのジェイコブ・ハイルブランは、「少なくともワシントンD.C.では、ロシア政府の背中を折ろうと決意した新保守主義者とリベラル派の『タカ派』が戻ってきている」と指摘し、2015年7月にインタビューしたヘンリー・キッシンジャーはこう答えた: 「1945年以来アメリカが行ってきた戦争の問題点は、戦略を国内シナリオで可能なこととリンクさせることができなかったことだ」と彼は主張した。「タカ派は最後には勝てなかった」とキッシンジャーは言った。それゆえ、大失敗が起こったのだ。

2014年、プーチン大統領は、ウクライナにイスラム部隊が関与しており、アメリカ合衆国やその他の国々の特殊部隊が、テロリストのオマール・アル・シシャーニ、サイフラ・アル・シシャーニ、アミール・ムスリムを頭に、チュニジアとトルコの野原で400〜1000のチェチェンを訓練していることを十分に理解していた。そして、彼らが帰国したら、ロシア内の自国の領土で彼らと戦うことになる前に、シリアでテロリストと戦うことを宣言した。そして、シリアでの戦争はその始まりから、一方ではシリア、ロシア、そして地上部隊を持つイラン、そして他方ではカタール、サウジアラビア、そしてトルコが、最も多様なスンニ派グループと国籍のテロリストを資金提供し、武装させていたハイブリッド代理戦争であった。ダーイシュ(アル=ダウラ・アル=イスラミーヤ・フィル・イラク・ワ・アル=シャームの略称)またはISIS/ISIL(イスラム国イラクおよびアル=シャームの英語略称)とアル=カーイダの分派である。そして、アメリカ合衆国とそのNATOの従属国からのすべての支援(物流および情報を含む)を受けていた。すべては、ワシントンに巣食う新保守主義者とリベラルホークス、戦争産業のロビー – ジョン・マケインのような上院議員によって表され – および金融資本が、ロシアのイスラム周辺への越境戦争を拡大しようとしているという事実を指していた。

モスクワは以前からその脅威を認識していた。2015年11月26日の新任大使の受け入れにおいて、プーチン大統領は、2000年代を通じて世界中で10万件以上のテロ行為が行われ、その犠牲者はさまざまな国籍や宗教の人々であり、2014年だけでも67カ国で32,000人以上の犠牲者が出たと述べた。 彼はその後、「一部の政府の受動的な立場」に言及し、それらの政府はしばしばテロリストと直接共謀しており、イスラム国として知られるこの「恐ろしい現象」の高まりに貢献していると述べた。 彼は、そのような政府は「テロリスト、彼らの不法な石油、人、薬物、美術品、武器の取引を隠蔽するだけでなく、それから利益を得ており、数億、場合によっては数十億ドルを稼いでいる」と付け加えた。彼は国際連合総会の第70回会議中に行った非難を繰り返し、政治目的を達成するために過激派グループを操ることは、「後で彼らを排除しようと期待することと同様に無責任である」と警告した。

数ヶ月後、ロシア政府の背骨を折ろうと熱心だったワシントンの新保守主義者とリベラルホークスは、「結果に直面する」必要があった、とキッシンジャー教授が予見していた。ロシアの軍事介入はシリアで、そして中東全体で力のバランスを変え、アメリカ合衆国および欧州連合に対して、そして中国との密接な政治的および経済的同盟において、国際シナリオでロシアを再び超大国として現れさせた。米海軍研究所が発表した海軍情報局(ONI)の報告書は、より先進的で近代的なロシア軍の海軍力と空軍力に対する米軍内部の衝撃と警戒感を反映している、 カスピ海のコルベットや駆逐艦から、また地中海の潜水艦からシリアの標的に向けて発射された超音速の3発のM-14 TカリブルNK(クルブN)VLS巡航ミサイルは、900マイル(1448km)以上飛行し、スホーイSu-34やその他のジェット機による壊滅的な空爆とともに実証された。 19 また、欧州外交問題評議会のグスタフ・グレッセルは、プーチン大統領はクリミア再統合とシリア介入の両方でロシア軍に急速な変革を促し、より専門的で機敏になり、戦闘、反応、攻撃、海外展開に対応できるようになったと指摘した21。

ロシアの戦闘機や海軍部隊がダーイシュやイスラム国の要塞や施設に対して行った攻撃によって、シリア・アラブ軍とイランは陸上攻勢を強化し、シリアの領土の大部分を奪還することができた。2015年12月25日から29日までのわずか4日間で、ロシア空軍は164回の出撃で、アレッポ、イドリブ、ラタキア、ハマ、ホムス、ダマスカス、デイル=エズ=ゾル、ラッカの各州にある約556のテロリストの要塞を粉砕した。そしてロシアは、より強力な対空・対ミサイル防衛システムS-400の配備を進め、クメイミムに設置し、アンカラからの待ち伏せを防ぐために、シリアとトルコの国境をますます侵食している。

私は今、空に浮かぶ雲のように姿を変えながら、まだ具体化しつつある政治的出来事の中で、この序文を書いている。2016年1月2日、リヤドのワッハーブ専制政権によって、シーア派聖職者であるシェイク・ニムル・アル・ニムルが47人のテロ容疑者とともに斬首されたのは、ダーイシュがシリアとイラクで勢力を失い、フーシ派(シーア派)を鎮圧することも、首都サヌアとイエメン西部を占領することもできない時期に、中東、特にイランとの緊張を予期せぬ次元にエスカレートさせるためだったのだろう。国連人権高等弁務官ゼイド・ラアド・アル・フセインは、サウジアラビアにおける2015年の死刑判決総数(157件)のほぼ3分の1に当たる47人の囚人、特にシェイク・ニムル・アル・ニムルや犯罪を犯していない個人を1日で処刑したことは、国際人権法上「最も深刻なもの」とみなされるべきだと宣言した24。

サウジアラビアは中東で最も腐敗し、専制的な国であり、表現、集会、結社の自由が最も徹底的に抑圧され、ワッハーブ派に反するいかなる意見も迫害され、批評家や平和的な反体制派は投獄され、処刑されている25。そしてこの国は米国と同盟を結び、この地域のすべての世俗的な、時には独裁的な政権を破壊する悪質な政策を40年以上にわたって支持してきた。米国議会調査局によると、2010年10月から2014年10月までの間に、ワシントンはリヤドの専制政治と航空機や最も多様な兵器システムの供給に関して900億米ドル以上の契約を結んだ26。[そしてワシントンにとって、黒いゴールド、つまり武器用の石油は、中東で最も専制的な政権を、人権が厳格に守られた、最も公正で活気に満ちた民主主義国家に変えたのである。オバマ大統領は、カダフィ大佐やバッシャール・アル=アサドにしたように、国王に「出て行け」「出ていかなければならない」とは決して言わなかった。それどころか、アメリカで生産された最も近代的な戦争物資で国王を武装させた。イギリス、フランス、ドイツも同様だった。しかし、ドイツの情報機関であるドイツ連邦情報局(BND)の評価によれば、サウジアラビアは中東で最大の不安定化勢力になる危険性があるという。

ニムル・アル・ニムル師の斬首は、米国による制裁解除でイランが燃料市場に組み込まれつつあり、また、石油収入に予算の75%を依存するサウジアラビアが深刻な経済・財政危機に陥っていた時期に起こった。 原油価格の急落により、2016年にはGDPの5%という驚くべき赤字が予想され、サルマーン・イブン・アブド・アジーズ・アル・サウード国王は、電気、水道、道路、建物、その他のインフラ工事に対する補助金をすべて削減することを余儀なくされた。

特に、怒った暴徒がイランのサウジアラビア大使館を焼き討ちした後、おそらく政府が介入しようとすることなく、リヤドのワッハーブ派暴政がテヘランのシーア派政府との関係を断ち、他のスンニ派諸国と同盟を結ぶ正当な理由となった。したがって、ニムル・アル・ニムル師の処刑は、経済的・地政学的対立を修正し、世俗的な宗派対立(スンニ派対シーア派)を強調することで、イランと他のイスラム諸国との間にくさびを打ち込み、シリアやイエメンに関する和平交渉への参加を妨げることも意図されていた可能性がある。サウジアラビアによる挑発は、サウジアラビアの戦闘機がイエメンの民間人を攻撃し、サヌアのイラン大使館に到達したときに始まった28。

戦略的なコミュニケーション攻勢を用い、サイ・オプ(心理作戦)、誤情報、カウンター・インフォメーションの発信源となり、諜報機関や出自が不明瞭であいまいな政府機関(活動家、NGO)から発信されたサブリミナル的な嘘や隠蔽工作を意図的または半意図的に広める。この現象の核心は、世論を操作し戦略的効果を生み出すために、事実の歪曲、捏造、改ざん、民主主義などの言葉の堕落、ニュースの省略を行うことにある29。したがって、今日の通信社は、ほとんどの場合、広告主や政府の企業的、経済的、政治的利益、主要産業大国の支配的立場、そのサービスを購入する他国の報道機関に影響を与えるという心理を反映し、運営している。

アレッポのメイキ派のジャン=クレマン・ジャンバルト大司教は、「必要な教会への援助」が毎年開催している「目撃者の夜」の中で、「ヨーロッパのメディアは、シリアで苦しんでいる人々の日々のニュースを抑圧することをやめず、わざわざ検証することなく情報を利用することで、私たちの国で起きていることを正当化さえしている」と述べた。さらに彼は記者団に対し、西側諸国はシリア政府とその大統領を誹謗中傷する一方で、武装反体制派による残虐行為については沈黙を続けていると述べた。バッシャール・アル・アサドには多くの欠点があるが、良いところもたくさんあることを理解してほしい。「学校は無料、病院も無料、モスクや教会は税金を払っていない。正直になってほしい!」そして、教皇フランシスコによって任命されたアレッポの使徒総主教、フランシスコ会士ジョルジュ・アブー・カゼンによれば、アレッポの人々はロシアによる軍事作戦を自分たちの救い、「テロと戦い、平和を促進するための真の努力」だと考えている31。

第2章 アメリカ共和国と寡頭制専制政治への変貌

2.1 ナチス・ファシズムとムタツィオーネ・デッロ・スタート現象

現象として、ナチス・ファシズムはイタリアとドイツに特有なものではない。これらの国々で起こったことは、ニッコロ・マキャッヴェッリ(1469-1527)が、mutazione dello stato(mutatio rerum, commutatio rei publicae)と呼んだ、国家という公的なものが暴力の有無にかかわらず、自由の名のもとに専制政治へと変貌するときの現象に似ていた2。ナチス・ファシズムと呼ばれる20世紀の政治現象は、寡頭政治と金融資本が、民主的合法性の古典的な形式を装った通常の抑圧手段によって社会の均衡を保つことができなくなったとき、またそのような状況に陥ったとき、現代国家において起こりうる。時代と場所の特定の条件によって、ナチス・ファシズムはさまざまな特徴や色彩を帯びるが、その本質は変わらない。自らを社会の上位に置く特異なタイプの体制であり、武力行為のシステムによって維持され、市民的自由の萎縮と、永続的な国内および国際戦争による反革命の制度化である。その目標は、自国の原則と利益に従属し、自国の安全と国家繁栄に有利な世界秩序を確立し、維持することである。

2.2 1933年のフランクリン・D・ルーズベルト政権に対するウォール街の陰謀

世界大恐慌の最中、1929年10月のブラックフライデーにウォール街の株式市場が暴落した後、特定の金融・産業グループが共謀して、アメリカンレジオン(在郷軍人会)の名の下に、陸軍退役軍人に資金を提供し武装させた。彼らの任務は、ホワイトハウスに進軍し、フランクリン・D・ルーズベルト(1933-1945)を逮捕し、彼のニューディール政策に終止符を打つことだった3。この陰謀には、モーガン家、ロバート・スターリング・クラーク家、デュポン家、ロックフェラー家、メロン家、サン石油のJ・ハワード・ピューとジョセフ・ニュートン・ピュー、レミントン、アナコンダ、ベツレヘム、グッドイヤー、バーズ・アイ、マックスウェル・ハウス、ハインツ・ショール、プレスコット・ブッシュなど、アメリカで最も裕福で権力を持つ24の一族が関与していた。その目的は、イタリアとドイツにおけるヒトラーの初期計画に触発されたファシスト独裁政権を樹立することであった4。

2.3 スメドリー・D・バトラー将軍の告発とマコーマック・ディックスタイン委員会

しかし、ウォール街の陰謀は頓挫した。大物実業家たちが共謀しようとしたスメドリー・ダーリントン・バトラー少将(1881-1940)は、『フィラデルフィア・レコード』紙と『ニューヨーク・イブニング・ポスト』紙のポール・フレンチ記者に陰謀を告発した。そして1934年3月20日、下院は、民主党のジョン・W・マコーマック下院議員(マサチューセッツ州)とサミュエル・ディックスタイン下院議員(ニューヨーク州)が提出した決議198号を採択し、下院非米活動委員会(HUAC)を設置した。

マコーマック・ディックスタイン委員会での証言の中で、例外的な英雄的行為に対して名誉勲章を2度授与されたスメドリー・D・バトラー少将は、ファシストのクーデターは50万人の退役軍人とその他の人々からなる私兵に頼るものであり、その概要は、証券会社グレイソン・M・P・マーフィー社の弁護士である実業家ジェラルド・C・マクガイア(1897年-1935)とウィリアム・C・マクガイア(1897年-1935)によって説明されたと述べた。彼らは当初、ルーズベルト大統領に対する蜂起を指揮するために彼に10万米ドルを提供したが、彼はこれを拒否した6。

退役軍人会(VFW)の指揮官ジェームズ・E・ヴァン・ザント中佐は、メリーランド州エルクリッジのCCCキャンプのサミュエル・グレイジャー大尉と同様に、彼がこの計画に参加することを拒否したことを確認した。後者は、マコーマック・ディックスタイン委員会に対し、宣誓の上で、投資銀行とつながりのある金融業者ジャクソン・マーティンデルが、50万人の民間人兵士を訓練するよう招いたと語った7。

マコーマック・ディックスタイン委員会の調査文書は機密指定解除されたが8、スメドリー・D・バトラー将軍の証言など、いくつかの部分は大幅に修正された、 彼はファシスト・イタリアに多額の投資をしており、フランクリン・ルーズベルト大統領政権とニューディール政策に反対して、1934年に組織されたクラックス・クランの一種であるブラック・レギオンとアメリカ自由連盟を創設していた9。

いずれも起訴されなかった。マコーマック・ディックスタイン委員会は、ジェラルド・マクガイアが関与し、スメドリー・D・バトラー将軍が確認した、より厄介な名前の多くを報告書から除外した。後に明らかになったように、これらの名前の中には、1928年の民主党大統領候補であったアルフレッド・E・スミス(1873~1944)、国家復興局の責任者であったヒュー・S・ジョンソン将軍(1882~1942)、陸軍参謀総長でホワイトハウス襲撃の指揮官であった可能性の高いダグラス・マッカーサー将軍(1880~1964)11のほか、陰謀を認識していた数名の軍人が含まれていた12。ルーズベルト大統領はまた、先に挙げたイレネー・デュポンやランモット・デュポン2世、ゼネラル・モーターズCEOのウィリアム・クヌッセンといった実業家の逮捕を命じなかった。彼は、ウォール街の新たな暴落を誘発し、1929年以来アメリカが陥っている恐慌を悪化させることを恐れたのである13。

米国の企業メディアもこのエピソードにはほとんど関心を示さなかった。ジャーナリストのジョージ・セルデスは、「アメリカン・ジャーナリズムの偽善の中で最大のものは、報道の自由を主張することである」と指摘した14。1893年の大暴落による恐慌のさなか、アメリカの歴史家ヘンリー・B・アダムスはすでに次のように指摘している。 報道機関は金権体制の雇われ代理人であり、その利害が絡むところでは嘘を言う以外の目的のために設置されたものではない。誰も何も信用できない。私の観察によれば、今日の社会は、私の個人的な知る限り、いつにも増して腐っている。全体が負債と詐欺の巨大な構造である15。

マコーマック=ディックシュタイン委員会の文書は、アメリカの国立公文書館に保管されたまま秘密にされ 2001年になってようやく完全に機密扱いから外された。ホロコーストの生存者である2人の老ドイツ系ユダヤ人、クルト・ユリウス・ゴールドシュタイン(1914~2007年、当時87歳)とピーター・ギンゴールド(1916~2006)が、アメリカでブッシュ家を相手取って訴訟を起こしたのである。彼らは、ティッセングループの企業のためにアウシュヴィッツ強制収容所で奴隷労働をさせられたとして、400億米ドルを要求した16。ローズマリー・メイヤーズ・コリアー判事は、「国家主権」の原則、つまり、フリッツ・ティッセンのパートナーであったプレスコット・ブッシュの孫であるジョージ・W・ブッシュがアメリカ大統領であり、免責特権を享受しているため、この訴訟を継続することはできないというまやかしの主張で、この訴訟を却下した。その後、彼女は報酬を受けることになる。ジョージ・W・ブッシュ大統領は彼女をコロンビア特別区裁判所と米国外国情報監視裁判所に任命した。

2.4 ビッグビジネスプレスコット・ブッシュ家とヒトラーへの資源譲渡

ブッシュ一族がドイツのナチスへの資金洗浄と送金に関与していたことは、ニュースではなかった。1941年 7月 31日、『ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン』紙17 は、プレスコット・ブッシュがアメリカで取締役を務めていたユニオン・バンキング・コーポレーション (UBC)が、1933年にアドルフ・ヒトラー率いる民族主義ドイツ労働者党(NSDAP)に 300 万米ドルを送金していたと報じた18。シドニー・ウォーバーグは『ヒトラーの秘密の後援者』の中で、またアントニー・C・サットンは『ウォール街とヒトラーの台頭』の中で、1933年までUBCは総額32,000,000米ドルをドイツの「ナチスの大物」に送金していたと推定している19。また、ナショナル・アーカイブの文書が機密指定解除された後、イギリスの新聞『ガーディアン』 は、プレスコット・ブッシュが、ニューヨークにおけるフリッツ・ティッセンの利益を代表する。UBCの取締役兼株主という立場で、ナチズムの立役者と金銭的な関わりを持っていたことを確認した20。

実際、ハーバート・ウォーカー・ブッシュ大統領(1989-1993)の父であり、ジョージ・W・ブッシュ大統領の祖父でもあるプレスコット・ブッシュ(1895-1972)は、ユナイテッド・スチール・ワークス複合企業体(Vereinigte Stahlwerke[ユナイテッド・スチール・ワークス・コーポレーションまたはジャーマン・スチール・トラスト])とつながりのあるBank voor Handel en Scheepvaart NVの子会社、ユニオン・バンキング・コーポレーション(UBC)の取締役を務めていた。1942年10月5日付の外国人財産管理官事務所の報告書によれば、銀行も鉄鋼業も、フリッツ・ティッセン(1873-1951)とその弟のハインリッヒ・ティッセン=ボルネミッサ(1875-1947)が所有する複合企業の一部であった21。しかし、公開されている文書では、1941年12月11日の日独間の宣戦布告後、米国にあったティッセンの公文書館が押収された1942年になっても、プレスコット・ブッシュとUBCがCSSCと関係を保っていたかどうかは明らかでない22。

ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の伝記の著者であるウェブスター・グリフィン・タープリーとアントン・チェイトキンによると、彼の父プレスコット・ブッシュは、一族企業の責任者としてヒトラーの資金調達と軍備に中心的な役割を果たした23。この資本によって、息子のジョージ・H・W・ブッシュは、ブッシュ・オーバーベイ・オイル・デベロプメント社とサパタ・ペトロリアム社(後にハービンジャー・グループ社と呼ばれる)を設立し、メキシコ湾とキューバで石油探鉱を行うために複数の企業を集めた。1975年11月29日のCIA内部メモによると、ジョージ・H・W・ブッシュは、個人事業に従事するためにCIAの上級職を退いたトーマス・J・デバインの協力を得て、サパタ石油を設立した。彼は山師として、さまざまな地域に埋蔵されている大規模な石油の場所について膨大な知識を持っていた25。

ナチス・ファシズムへの同情は、フランクリン・D・ルーズベルト大統領政権に対する陰謀が失敗した後も薄れることはなかった。特に1930年代初頭から、ウォール街では共産主義が恐れられていた。しかし、ファシズムは前衛的なものとして賞賛されていた26。長い間、カトリック、福音派、さらにはユダヤ系の銀行家がナチス政権と取引し、この10年間で約70億米ドルの信用を供与していた27。ユダヤ系の銀行家は、ナチス政権下では反ユダヤ主義が貧困層、難民、労働者を対象としていたため、自分たちには問題ないように思えたと言って、これを合理化していた28。ハーバード大学のガエターノ・サルヴェルミニ教授(1873-1957)は、ジョセフ・フィリップ記者に、「アメリカの大企業のほぼ100%」がヒトラーとムッソリーニを動かしている哲学に共感していると語った。

銀行家のウィンスロップ・アルドリッチ(チェース・ナショナル銀行のCEO)とヘンリー・マン(ナショナル・シティ銀行のCEO)は、1933年8月と9月にドイツでヒトラーに接見した。そして、ヒトラーの思想や反ユダヤ主義にもかかわらず、彼らは在ベルリン・アメリカ大使(1933-1938)のウィリアム・E・ドッド(1869-1940)に「彼と一緒に仕事をする」意志を表明した31。ジョン・F・ケネディ大統領(1961-1963)の元顧問で歴史家のアーサー・M・シュレシンジャー・ジュニアによれば、アメリカにおけるファシズムは単に中流階級の下層階級の病ではなかった32。1934年、『サンフランシスコ・エグザミナー』紙、『ニューヨーク・ジャーナル』紙、その他多くの新聞(約28紙)、雑誌、ラジオ局を経営するメディア界の大物、ウィリアム・ランドルフ・ハースト(1863-1951)34はベルリンを訪れ、ヒトラーの歓待を受け、帰国後、総統は 「確かに並外れた人物だ」と書いた。そして、ナチス政権の宣伝に乗り出し、ドイツを共産主義から救うという「偉大な政策、偉大な業績」について書いた35。

1935年11月28日、在ベルリン・アメリカ大使のウィリアム・E・ドッドは、日当1000ドルの実業家トーマス・J・ワトソン(1874~1956年、インターナショナル・ビジネス・マシーンズ(IBM)社長兼CEO)がベルリンを訪れ、ナチス政権を宣伝したことを日記に記している。

しかし、IBMはドイツではドイツ・ホレリス・マシネン・ゲゼルシャフト(Dehomag)として知られ、ヒトラー政権にも協力した。トーマス・J・ワトソンは1940年に返上したものの、ドイツ鷲勲章大十字章を受章した38。

1935年 12月 30日、在ベルリン米軍アタッシェ(1935~1939)のトルーマン・スミス少佐 (1913~2007)は、ウィリアム・E・ドッド大使に、ドイツは「ひとつの軍事キャンプ」である。と報告している39。同時に、ヒトラーは巨大な軍隊を維持し、巨大な潜水艦艦隊を建造し、ロケット開発計画を継続し、多数の繊維工場と合成ガソリン工場を設置していた40。1935年、商務官代理のダグラス・ミラーは、「2年後には、ドイツは軟石炭から長期戦に十分な石油とガスを製造しており、ニューヨークのスタンダード・オイル社が数百万ドルを援助している」と予測していた41。実際、ロックフェラー家のスタンダード・オイルは、I.G.ファルベンと協力して、1933年以来、水素化プロセスを通じて瀝青炭から石油、ガソリン、合成ゴムをナチス・ドイツのために生産していた。同年、キューバとカリブ海地域で石油を精製するために設立された子会社の西インド石油会社は、ブエノスアイレスを拠点とするチア・アルゼンチナ・コメルシアル・デ・ペスケリア社を通じてドイツに石油を出荷した。

1936年8月29日、ウィリアム・E・ドッド大使は、ドイツではヒトラーが6,000万人の「絶対的支配者」であり、イタリアではベニート・ムッソリーニが4,200万人の「支配者」として他の国々を独裁の道へと導いており、アメリカでは「資本家たちがイギリスの資本家たちに支えられて、同じファシストの方向へと突き進んでいる」と発言した44。

ルーズベルト大統領に宛てた手紙の中で、ドッド大使はこう書いている:

現在、100社以上のアメリカ企業がこの地に子会社を持ち、あるいは協力関係を結んでいる。デュポン家はドイツに3つの同盟国を持ち、軍備事業を援助している。彼らの最大の盟友はI.G.ファルベン社で、政府の一部であり、アメリカの世論を操作するプロパガンダ組織に年間20万マルクを供与している。スタンダード・オイル社(ニュージャージー州の子会社)は1933年12月に200万米ドルをここに送り、ドイツ人が戦争目的でエルサッツ・ガスを製造するのを支援して年間50万米ドルを稼いでいる。しかし、スタンダード・オイルは、商品以外の収益を国外に持ち出すことはできない。彼らはこれをほとんど行わず、本国で収益を報告しているが、事実を説明することはない。インターナショナル・ハーベスター社の社長によると、ここドイツでのビジネスは年間33%増加した(確か武器製造)。私たちの航空機メーカーでさえ、クルップスと秘密協定を結んでいる。ゼネラルモーターとフォードは、子会社を通じてここで莫大なビジネス[中略]を展開しているが、利益を持ち出すことはできない。私がこれらの事実を述べたのは、事態を複雑にし、戦争の危険を増大させるからである45。

その後、彼は報道陣にこう語った:

米国の実業家の一団は、ファシスト国家をわが国の民主的政府に取って代わろうと躍起になっており、ドイツとイタリアのファシスト政権と緊密に協力している。私はベルリンに赴任して以来、アメリカの支配者一族がいかにナチス政権に近いかを目の当たりにする機会が多かった。ある種のアメリカの実業家たちは、ドイツとイタリアの両国でファシスト政権を誕生させるのに大いに貢献した。彼らはファシズムが権力の座を占めるのを助けるために援助を提供し、それを維持するのを助けている46。

アメリカの大企業は、ルーズベルト大統領政権に反対しただけでなく、以前ベニート・ムッソリーニにしたように、アドルフ・ヒトラーの専制政治の台頭と強化に決定的な協力をした。バンク・オブ・アメリカ(フォーブス)、ディロン、リード&カンパニー、ハリス銀行、モルガン銀行、ギャランティ・トラスト、チェース・マンハッタン銀行など、ウォール街のいくつかの銀行がドイツに投資し、ナチス政権から利益を得た。『国際ユダヤ人: 世界の問題』(1920)の著者であるヘンリー・フォード(1863-1947)は、1920年代からナチ党NSDAPに資金を提供していた。また、個人的な資金、約1万マルクか2万マルク(ライヒマルク)をアドルフ・ヒトラーに送金し、1944年4月20日まで、誕生日プレゼントとしてスイスかスウェーデンの銀行を通じて毎年送り続けていた47。1938年7月30日に75歳の誕生日を迎えたヘンリー・フォードは、クリーブランドで在米ドイツ大使のカール・カップから、ベニート・ムッソリーニとスペインの独裁者フランシスコ・フランコにも贈られたGroßkreuz des Deutschen Adlerordensを授与された。

その6日後、ルーズベルト大統領は1917年10月6日に制定された「敵国との取引に関する法律」(TWEA)を再稼働させ、1942年、ワシントンはユナイテッド・スチール・ワークス複合企業体(Vereinigte Stahlwerke[ユナイテッド・スチール・ワークス・コーポレーション])とつながりのあったBank voor Handel en Scheepvaart NVの子会社であるUnion Banking Corp.の閉鎖と資産の差し押さえを決定した。しかし、第二次世界大戦中(1939-1945)も、マック・トラック、フィリップス・ペトロリアム、スタンダード・オイル・オブ・カリフォルニア、ファイアストン・タイヤなど、多くのアメリカ企業がスイスやスウェーデンの子会社を通じてナチス政権と秘密裏に取引を続けていた。その他にも、ケルンのフォード・ウェルケ社に 52%の株式を保有するフォードや、 トラック、地雷、魚雷雷管、弾道ロケット製造会社アダム・オペル社のオーナーである。ゼネラルモーターズは、リュッセルスハイム(ヘッセン州)とブランデンブルクに施設を持つ子会社を保有していた49。50 1944年になっても、ゼネラルモーターズはスウェーデンでドイツから製品を輸入していた。

一方、ナショナル・シティ銀行とチェース・ナショナル銀行は、国際決済銀行(BIZ)との関係を維持した。BIZは中立法の下、スイスのバーゼルで業務を継続し、枢軸国との取引を仲介した。1940年から1946年の間、この銀行の会長はアメリカ国籍のトーマス・H・マッキトリック(1889~1970)が務めていたが、経済担当大臣ヴァルター・フンク(1938~1945)やドイツ帝国銀行の取締役副頭取エミール・ヨハン・ルドルフ・プールなど、ナチス政権の高官たちが牛耳っていた。1944年、BIZは、ナチスがアウシュヴィッツ、マジャダネク、トレブリンカ、ベルゼク、チェルムノ、ソビボルのガス室で、化学工業I.G.ファルベンの強力なコングロマリットから供給された、青酸、塩素、窒素からなる有毒なツィクロンBで絶滅させられた各国のユダヤ人から略奪したゴールドの移送を引き受けた51。ゴールドは溶かされ、第二次世界大戦争前の日付が記された。これは出所を偽り、敗戦に直面していたナチスの指導者が使用するためであった。

第3章 西側の軍産複合体と東側の対抗勢力圏

3.1 第二次世界大戦後の勢力圏:自由世界対鉄のカーテン

第二次世界大戦中、ドイツとイタリアはヨーロッパの戦場で敗北し、42万人の米兵の命を奪った。ソ連は1,800万人から2,400万人(民間人と軍人)を失い、これは1940年代前半に約1億6,850万人と推定される人口の13.6~14.2%に相当する。しかし、西側民主主義諸国は、特にソ連の超大国としての台頭とともに勃発した冷戦の中で、ナチス・ファシズムの多くの要素を自分たちのイデオロギー兵器、すなわち全体主義国家の要素に取り入れた。こうして、ポルトガルとスペインのファシスト風の、しかし特異な独裁政権はアンタッチャブルなまま、冷戦勃発時にイギリスのウィンストン・チャーチル首相が作った造語「鉄のカーテン」に対抗して、いわゆる自由世界の一部として、アメリカ、フランス、イギリスからの支援を受けるようになった。ソ連はこの鉄のカーテンをバルト海のステッチンからアドリア海のトリエステまで広げ、中欧と東欧の旧大陸を分断した1。

しかし1947年、ラテンアメリカ諸国を誘導して米州相互援助条約(リオデジャネイロ条約)に調印させ、1948年には米州機構の創設を主導した。ソ連が東欧の「人民民主主義国家」での反共政権の選出を受け入れないのと同様に、アメリカはラテンアメリカでの軍事クーデターを奨励し、「右派最悪の独裁政権」との友好関係を認め、育成し始めた。この分析は、ロベルト・カンポス大使が率いる在ワシントン・ブラジル大使館のものである3。「ワシントンの軍事部門から見れば、このような政府は、立憲制よりも大陸安全保障の利益にはるかに役立つ」と彼は強調した4。国家安全保障ドクトリンに触発されたこれらの軍事独裁政権は、恒常的な反革命状態にある特別なタイプの政権に似ており、絶対的な国家権力の原則に基づき、個人の上に置かれ、自由世界の安全を脅かす、労働組合やストライキなどに代表される共産主義者の破壊活動という内なる敵との絶え間ない戦争状態にあった5。これが、共和党であれ民主党であれ、ラテンアメリカに対するすべてのアメリカ政権の政策の礎石であった6。

3.2 NATOの 「アメリカ人を引き入れ、ロシア人を締め出し、ドイツ人を抑える」

ドワイト・アイゼンハワー将軍曰く、「必要なメカニズム」である集団防衛システムとして、1949年4月4日に北大西洋条約機構(NATO)を創設した。そのわずか6年後の1955年5月4日、ソ連は中・東欧諸国とワルシャワ条約(友好協力相互援助条約)を締結し、自国の支配下にある国々を軍事的に関与させた7。しかし、NATOは「アメリカは中に、ロシアは外に、そしてドイツは下に」という複数の目的を包含していた8。すなわち、アメリカの覇権を維持し、ソ連を封じ込め、ドイツを服従させるということである。

西ヨーロッパ諸国は、欧州経済共同体(EEC)を設立する際に、一見防衛的だが軍事的な組織であるNATOにも加盟した。これは必然的に主権の喪失を意味した。こうしてアメリカは、西ヨーロッパ諸国を軍事的に従属させ、世界を対立する陣営に分けた。アメリカは金融資本の拡大を推進し、ナショナル・シティ銀行をはじめとするアメリカの銀行は好景気に沸いた。国際矛盾をソ連と結びつけ、自由と民主主義の理想を自由企業、自由貿易、通商の多国間化と同一視し、ドルが国際的に優位に立つことを可能にした。とりわけ、冷戦が本当に勃発したのは、アメリカの経済的ニーズと政策が原因だった。消費社会を拡大する必要性、資本主義システムの基盤、その「生き方」、そして繁栄と支配の根幹となった戦争産業と安全保障複合体を養う必要性である。それゆえ、ソ連との対立は、軍拡競争、介入や軍事クーデター、第三国間の内戦や代理戦争、貿易戦争、秘密工作、テロ行為や暗殺行為を通じて戦われた。グラディオ作戦や、NATO、CIA、ファシスト、ナチス幹部、ゲシュタポ工作員を含むペンタゴンの中央指揮下にあるイタリアやその他の国々の諜報機関によって西ヨーロッパ(1951)で形成された秘密準軍事組織-ステイ・ビハインド構造のネットワークが主導した。共和党がドワイト・アイゼンハワー将軍をアメリカ大統領に当選させたとき、当時ワシントンのブラジル大使だったオズワルド・アラーニャ(1894-1960)は、ゲトゥーリオ・ヴァルガス大統領(1894-1954)に手紙を書き、こう警告した:

これは共和制と軍事政権になるだろう。どちらが悪いのか、私の心は揺れている。ウォール街が参謀長になるだろう。世界は、国民によって築かれた史上最大の権力と、すべての人々の生活にとって最も不確実で安全でない時代に、この2つの力が組み合わさった反動を感じるだろう。権力における資本主義は、特に国際的な性質のものについては、境界を知らない。世界秩序を取り戻すための努力は、我々が見なければならない光景となるだろう。植民地支配下の人々の解放とともに始まった新しい秩序は、さらなる衝撃に見舞われるだろう。しかし、この国民は、この国を他のほとんどすべての国民との戦争へと必然的に導くことになる、国際的な過去への暴力的な回帰を支持することで団結しているわけではないと思われるからである10。

3.3 マッカーシズムとアイゼンハワーによる軍産複合体の糾弾

当時、アメリカは原始ファシストの全体主義になびこうとしていた。共和党のジョセフ・「ジョー」・マッカーシー上院議員(1908-1957)は、反共主義の隠れ蓑の下で、証拠もなしに破壊主義、不忠誠実、反逆罪の告発を行い、芸術家や作家を含む何人かの人物に対する捜査を通じて、国内での暴力的な弾圧キャンペーンを引き起こし、批判や反対意見の権利を抑制・制限した。そして1953年以降、アメリカは政権交代政策を拡大し、CIAは秘密作戦を推進し、イラン(エイジャックス作戦-1953)、グアテマラ(PBSUCCESS作戦-1954)、パラグアイ(1954)、タイ(1957)、ラオス(1958年-1960)、コンゴ(1960)、トルコ(1960)で起きたように、直接的または間接的にクーデターを奨励し、キューバ侵攻(1959年-1960)の準備を進めた。しかし、政権を民主党のジョン・F・ケネディ大統領(1961-1963)に譲ったとき、アイゼンハワー大統領自身が、アメリカが目覚ましい技術革新によって築き上げた巨大な軍事施設と大規模な兵器産業について警告した。アイゼンハワー大統領の後継者たちは、「軍産複合体による不当な影響力の獲得に、求めているか求めていないかにかかわらず注意すべきである。見当違いの権力による悲惨な台頭の可能性は存在し、今後も続くだろう」12。

アイゼンハワー大統領はまた、「この組み合わせの重圧によって、われわれの自由や民主的プロセスが危険にさらされることがあってはならない」と強調し、公共政策が「科学技術エリート」の虜になる危険性を指摘した13。

3.4 軍事民主主義と米国における社会的不平等の拡大

アメリカの民主主義は、すでに 「支払不能な明日の幻影」へと変貌を始めていた。それは事実上、エドマンド・バーク(1729-1797)が予見していたもの、すなわち「軍事民主主義」へと堕落していた、 革命的なアメリカ人が人間の権利を主張する一方で、アフリカ系アメリカ人(奴隷)が立ち向かえば、彼らは「また軍隊を使い、虐殺、拷問、絞首刑を行った」15。そして19世紀前半、アレクシス・ド・トクヴィル(1805-1859)は、アメリカ共和国の政府が「ヨーロッパの君主国の政府よりも中央集権的で精力的」であることに気づいた。 「16実際、独立からイラクとリビアへの介入までの213年間の戦争で、アメリカ大統領は憲法が要求する5回しか議会の承認を求めていない17。ほとんど常に議会や世論を無視しているのだ。

絶対君主以上の権限を持つ共和国大統領によって統治される「軍事民主主義」というこの特徴は、資本主義の構造的変異とともに時代とともに顕著になり、国民所得の充当における不平等が拡大し、1970年代と1980年代には空前の水準に達した18。1982年以降、格差はさらに拡大した。この年、最も所得の高い1%の世帯が税引前所得全体の10.8%を受け取ったのに対し、下位90%の世帯は64.7%を受け取った。経済協力開発機構(OECD)の調査によると、「市場所得」に基づく税引前所得の不平等度において、米国は同機構に加盟する31カ国の中で10位、税引後ではチリに次いで2位となっている20: この1645人の億万長者のうち492人が米国に住んでおり、そのGDPは16兆7,200億ドル(2013)であった。

必然的に、聖なる自由企業宣言は富の蓄積と権力の構造的非対称性をもたらした。協定や条約は、常にアメリカの大企業の利益になるものだった。大企業は、労働力を含むより安い生産要素を求めて、他国に工業工場を設立した。資本は莫大な報酬を得たが、その代償はアメリカの労働者にのしかかり、市や州が徴収する税金となった、と経済学者ポール・クレイグ・ロバーツは指摘する25。

英国に本部を置く国際貧困調査機関オックスファム・インターナショナルは2015年1月19日、世界で最も裕福な1%の富裕層が世界の富に占める割合が2009年の44%から2014年には48%に増加し、世界人口の50%(35億人)を上回る資源を保有する富裕層はわずか80億人に過ぎないことを明らかにした。2016年には、最も裕福な1%の富裕層が50%以上を支配する傾向にあった26。これら最も裕福な80人の億万長者の富は、流動性の面で2009年から2014年の間に倍増し、彼らの利益を優先するロビー活動に利用される可能性がある。オックスファム・インターナショナルのディレクターであり、世界経済フォーラム(WEF)の6人のコーディネーターの1人であるウィニー・ビャニマは 2008年から2009年の深刻な不況以降、富の集中が進んでいることは、貧困層が声なきものとなっているため、開発とガバナンスにとって危険であると警告した27。金融や製薬/ヘルスケアなど様々な分野に投資しているこれらの億万長者たちは、自分たちの富と将来の利益を守る環境を作るために、毎年数百万ドルをロビー活動に費やしている。アメリカでは、予算と税制に関する活動が最も盛んだった28。

さらに、ニューヨーク大学スターン・スクール・オブ・ビジネスのヌリエル・ルビーニ教授は、2015年1月にダボス会議(スイス)で開催された際、ブルームバーグ・ニュースのジャーナリスト、トム・リーネとのインタビューで、米国の政治システムが、「合法化された腐敗」に基づいているため、米国が巨大な社会的不平等を克服するのは非常に困難であると発言した。ルビーニによれば、ワシントンのKストリートに集中するロビーイング企業は、政治家に渡す資金で常に法案に影響を与えることができ、そのため、財力のある者はそうでない者よりも政治システムに大きな影響を与えることができる。「つまり、真の民主主義ではなく、プルトクラシーなのだ」とヌリエル・ルビーニ教授は結論づけた30。

『Le Capital aux XXIe』の著者である経済学者トマ・ピケティは、「すべての市民の権利が平等であると公言されていることは、生活条件の極めて現実的な不平等とは対照的である」と指摘している31。アメリカ労働総同盟(AFL-CIO)が発表したデータによると、350社の最高経営責任者の2013年の平均年収は1,170万米ドルで、平均的な労働者の年収は3万5,293米ドルに過ぎなかった34、 すなわち、年間15,000米ドルである35。実際、1980年代から、アメリカの中産階級を一掃した新保守主義者ロナルド・レーガン大統領の政策(レーガノミクス)37や、マーガレット・サッチャーの政策の結果として、欧米諸国36では賃金と財産の不平等が拡大し始めた、 『ガーディアン』紙によれば、英国政府首班(1979~1990)として長期的に残した最も重要な遺産は、1980年代、特に1985年以降、貧富の差が史上最速で拡大し、社会的・経済的不平等が拡大したことである。 38

この現象はアメリカとイギリスだけのものではない。直接的・間接的な手段、税金、アウトソーシングなどによる労働者階級の搾取を反映して、すべての国で起こった。労働の生産性を高め、経済の国際化・グローバル化をさらに推し進めることによって、科学技術の発展、メディアやデジタルツールの進歩は、グローバル資本主義システム、産業大国の社会構造、労働者階級そのものの性質に、もはや19世紀や20世紀初頭のそれとは似ても似つかない、深い変異を決定づけた。

第二次世界大戦(1939-1945)後、アメリカやヨーロッパの工業大国の資本は、労働力や原材料など、より安価な生産要素を求めて、アジアやラテンアメリカの国々に一斉に移住した。ソビエト連邦と社会主義圏の崩壊後、この資本移動は東欧や中国、インドにも起こり、そこではより安全で安定した、収益性の高い投資条件が見出された。そこでは、大企業が工業工場を設立し、彼らが去った経済大国の市場に輸出を始めた。ほとんどすべての先進国で、雇用創出における工業の割合の低下が、アウトソーシングや、賃金水準が低く社会的・政治的条件の異なる体制周縁国への製造品生産の移転(オフショアリング)によって加速された。これは労働市場に深刻な影響を及ぼし、不平等の拡大に大きく寄与した。これらのプロセスは、労働者階級の力を削ぎ、その結果、労働組合や政党(社会党、社会民主党、労働党、共産党など)の交渉力や影響力を低下させた。同時に、資本主義的生産のグローバルなプロセスが国際的規模で富を蓄積・集中させ、不平等が拡大した。

ドイツ、フランス、イギリスといった西側の大国の政党間の政治的・イデオロギー的矛盾は事実上消滅し、いったん政権をとれば、その施策はほとんど変わらなかった。偉大な歴史家エリック・ホブズボームがアルゼンチンの通信社『Télam』のインタビューで、社会民主主義者であれ共産主義者であれ、「かつてのような左翼はもはや存在しない」と主張したのは正しかった。左翼は分断されているか、消滅しているかのどちらかである。違いは政党のカラーにのみ残った。こうして民主主義は行き詰まった。実際、民主主義は萎縮し、いくつかの国で全体主義体制に収斂し始めた。法の支配は、社会的・経済的不平等が拡大する中で、警察や軍を含む国家の機能を利益のみを追求する大企業に委譲し、外部化が進む国家の例外となった。

OECD(経済協力開発機構)は2008年、「Croissance et inégalités(経済成長と不平等)」というタイトルのもと、ほとんどの国で貧富の差が拡大していることを明らかにした。その3年後の2011年、OECDは別の調査『Toujours plus d’inégalité:Pourquoi les écarts de revenus se creusent』を発表し、ほとんどの国で経済的・社会的格差がさらに拡大していることを明らかにした。1980年代半ばから2000年末までの間に、ジニ係数は0.29から0.32に上昇した。同時に、マイクロチップ(産業用ロボット)の使用拡大による産業の自動化によって悪化した失業は、世界中で2億人に達した40。彼らは強力な産業予備軍を形成し、国内国家に限定された政治組織では資本主義システムの国境を越えた広がりに追いつけない労働組合の交渉力をさらに消耗させた。ドイツ、スウェーデン、デンマークなど、伝統的に平等主義的な経済・社会状況にあった国でさえ、1980年代以降、貧富の格差は5対1の範囲から6対1に拡大した41。

『ニューヨーク・タイムズ』紙が発表した調査によると、アメリカの上位100社の重役の平均所得は2013年に1,300万米ドル以上であった42。ウォール街の重役はさらに多くの所得を得ているが、金融会社の重役が常に高給取りであるとは限らない。2008年の金融危機の際、投資銀行ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファイン社長は、約5億米ドルの株式保有に加え、約2,000万米ドル 2007年には総額6,800万米ドルのボーナスを得た43。彼らは19世紀末、アメリカの教授でジャーナリストのヘンリー・デマレスト・ロイドが呼んだ「企業シーザー」であり、アメリカにおける鉄道建設に伴う投機が引き起こした銀行破綻と金融恐慌の中で、他産業を食い物にし、横取りすることで財を成した44。「自由は富を生み、富は自由を破壊する」とヘンリー・D・ロイドは記し、自由競争は一部の者による他者の財産の横領と中産階級の収奪を伴う独占を生むと指摘した45。1897年の恐慌の終わりに、J.P.モルガン、ジョン・D・ロックフェラー、アンドリュー・カーネギーの大資本家は、銀行、石油、鉄鋼部門を統合し、集中的に支配するために、より衰弱し、破たんした企業を買収した。

最も多様な手段を使った金融投機は、銀行がますます富を蓄積するための新たな道を提供した。金融市場と経済はアメリカにとって最大の脅威となり、オバマ大統領は不況を避けるために、非対称的な代理戦争以上に、自国の経済的・地政学的利益を守るために第三者や国に金融資源や軍備を供給する戦争に直接関与しなければならなくなった。

20世紀後半、金融投機は再び拡大し始めた。アラン・グリーンスパン米連邦準備制度理事会(FRB)議長(1987-2006)が商業銀行による金融証券の発行を許可した1990年代以降、金融投機は本格化した。さらに1996年以降、商業銀行の子会社に、資本金の25%を上限として投資銀行への参加が許可され、拡大が続いた。これらの措置は、トラベラーズグループとシティコープが合併し、巨大な銀行・金融サービスコングロマリットであるシティグループが誕生するのを阻む規制上の障壁をすべて取り除こうとする企業の利益に資するものであった。そして1999年11月12日、ビル・クリントン大統領は、バブルを膨張させ1929年の大暴落をもたらした銀行の不正や詐欺を防止するため、大恐慌時の1933年に議会で承認されたグラス・スティーガル法(銀行法)を廃止する、グラム・リーチ・ブライリー法としても知られる金融サービス近代化法に署名した。このグラス・スティーガル法は、アラン・グリーンスパンによって「時代遅れの旧法」とされ、70年間にわたり商業銀行と投資銀行の合併を妨げてきた。グラム・リーチ・ブライリー法の目的は、規制緩和を通じて産業と銀行に対する政府の権力を制限または排除し、市場における民間企業の競争を高めることにあった。この法律は、保険や債務(証券)の引受・販売権を持ち、同時に商業銀行や投資銀行にも参加できる、ホールディングスという金融法人の新しい分類を設けた。

2001年12月、テキサス州のエネルギー取引大手エンロンの倒産に端を発したスキャンダルの後、ジョージ・W・ブッシュ大統領は新たな規制法、サーベンス・オクスリー法(企業・監査説明責任法)に署名した。このエネルギー商社は、エンロン大統領の大統領選挙運動への主要な資金提供者の一人であり、常に選挙運動に関与し、ホワイトハウスや議会に多大な影響力を持っていた。

少なくとも1989年以降、エンロンはワシントンで並外れた政治的影響力を行使し、下院議員、上院議員、そして大統領自身を巻き込み、1990年から2002年の間に約590万米ドルという数千ドルの多額の献金を共和党に73%、民主党に27%割り当てていた(Center for Responsive Politicsによる)46。ジョージ・W・ブッシュ大統領は、1993年のテキサス州知事選挙に始まり、大統領選挙に出馬した2000年まで、最大の献金先だった47。エンロンのCEOケネス・L・レイとは親しい友人だった48。エンロンの株主には、ドナルド・ラムズフェルド国防長官、ジョージ・W・ブッシュの上級顧問カール・ローブ、ピーター・フィッシャー財務副長官、ロバート・ゼーリック通商代表など、ホワイトハウスの著名人が名を連ねている49。

このスキャンダルとサーベンス・オクスリー法の施行にもかかわらず、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、石油会社の利益と絡み合った大手金融会社の利益によって政権が導かれていたため、ビル・クリントンのイニシアチブを引き継ぎ、規制緩和を経済の他のセクターに拡大し、連邦政府機関による監視を打ち切った。こうして規制緩和によって促進された不動産ブローカーの投機活動は 2002年から2007年にかけて活発化した。サブプライムローンに基づく住宅ローン、保険デリバティブ、ABS(資産担保証券)、MBS(住宅ローン担保証券)、CDO(債務担保証券)、SIV(ストラクチャード・インベストメント・ビークル)、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)などの腐った証券を使った投機は 2008年第4四半期にはGDPの約80%、約14兆5,800億米ドルに達した50。

自由市場におけるマネーの奔流の門が開かれ、スーパーバンクや金融持株会社の設立が可能になり、先物、オプション、スワップ、デリバティブに基づく最も多様で新しい形の資金調達が創出され、米国経済全体の金融化が進んだ。これらの金融機関は、互いに、また中央銀行から、毎日何兆ドルもの融資を受け、債権、担保付住宅ローン債務、腐った証券を買い直し、社内でジャンクとわかっているものを渡し、別の金融機関がその取引を安全保障化、つまり債務不履行(デフォルト)に備えて一定の保証を提供できるようにした。

金融バブルの爆発は以前から予測されていた。原油高とユーロ高は、アメリカ経済を苦しめている深刻な危機を露呈した。そして2007年前半、ついにバブルが崩壊すると、メリルリンチやリーマン・ブラザーズなどの大手証券会社は担保の販売を停止した。同年7月には、欧州の銀行がサブプライム住宅ローンに基づく契約で損失を計上した。この住宅ローンの債務不履行は金融大混乱を引き起こし、企業向け融資やクレジットカードなどに影響を及ぼした。そして2007年10月以降、米国に流入した資金のかなりの部分は、アジアや中東の政府系ファンドからの援助としてもたらされた。彼らは、シティグループのような米国の銀行の株式に転換可能な証券を購入し、その普通株式はアブダビの政府系ファンドによって75億ドルで購入された。中央銀行による救済活動も、銀行が腐敗した資産を売りに出すのを防ぐために強化された。

2007年から2008年にかけて、2大投資銀行であるリーマン・ブラザーズとベアー・スターンズをはじめ、メリルリンチやAIGフィナンシャル・プロダクツなどが破綻し、ゴールドマン・サックス、シティグループ、ワコビアも脅かされた51。2008年、金融持ち株会社であるウォール街の銀行が深刻な問題に陥ったため、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、アメリカ国民の税金を使って救済し、国が深刻な不況に陥るのを防がなければならなかった。ブッシュ大統領は、場合によっては議会に報告することなく、何十億ドルもの資金を使った。2008年12月5日の一日で、特定の銀行が合計1兆2,000億米ドルの救済を要請したが、米国連邦準備銀行はその受益者が誰であるかを公表しなかった52。知っているのは、ゴールドマン・サックスの元CEOであるヘンリー・ポールソン財務長官によると、財務省は緊急基金であるTARP(Troubled Asset Relief Program)を通じて7000億米ドルの救済措置を講じたということだけである53。

しかし、金融調査会社CreditSightsは、金融システムの崩壊を防ぐために米国政府はもっと多くの資源、約5兆米ドルを投入したと述べている54。FEDはいくつかの銀行を救済するために約2,360億米ドル(当時は1,170億ポンド、ポンドの暴落を受けて現在は1,520億ポンド)を注入し55、保証と信用枠を拡大し 2009年3月までに7兆7,000億米ドルを危うくした。

危機の間、米国内外の数十の銀行が、より強力な銀行に吸収される形で姿を消した。JPモルガン・チェースはジョージ・W・ブッシュ政権の仲介でベアー・スターンズを買収し、バンク・オブ・アメリカはメリルリンチを500億米ドルで買収することで合意した。19世紀の1837年、1857年、1873年、1893年、1907年、1933年と同様 2007年から2008年にかけての暴落で資本の集中が進んだ。2009年には、J.P.モルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、ウェルズ・ファーゴといった金融持株会社が、すでにさらに大きく強力になっていた。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーは、FEDの救済を受けるために危機の間に金融持株会社に転じたが、合計88兆米ドルのデリバティブを保有していた58。これら2つの投資銀行(ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレー)は、最も収益性の高い産業事業、コンサルティング会社、政府によるM&Aなどを常に支配していた59。これら6大銀行(JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、ウェルズ・ファーゴ、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー)は、アメリカ経済のほぼ半分を支配し、ウォール街に本社を置く巨大なカジノとして機能していた。しかしIMFによれば、シャドーバンキング(規制の枠外で活動する銀行)が従来型の銀行業務をはるかに上回る国は、昔も今も米国だけである60。

銀行や産業の合併による資本の集中は、企業、すなわちウォール街の政治権力の集中以外の結果をもたらすことはなかった。ウォール街は、1929年のブラックフライデー(暴落)以来、常にアメリカの外交政策の形成に貢献し、経済的・軍事的拡大を推進してきた。そして、1989年から1991年にかけてのソ連と社会主義圏全体の大失敗は、「必要な国家」、「世界の安全保障の錨」、「孤独な大国」、つまり「アメリカは他とは違う」という外交政策で、常に人類に有利な役割を果たしてきたという神話としての「アメリカ例外主義」のイデオロギーを強く膨らませた。2013年にシリアに侵攻したバラク・オバマ大統領をはじめ、多くの指導者たちがこのマントラを繰り返していた61。

第4章

4.1 9月11日:アメリカにおける民主主義の崩壊と国家の変異

2007年から2008年にかけての金融崩壊は、国際資本主義秩序全体を不安定化させた。国際法違反、サダム・フセイン政権への軍事介入を正当化するための大量破壊兵器の存在に関する嘘、アメリカ兵による虐待や人権侵害のために、イラク戦争以来、単一の世界大国としての影響力を低下させていたアメリカへの信頼は、さらに損なわれた1。

2001年9月11日のツインタワーに対するテロ攻撃の後、アメリカの民主主義は衰退した。アメリカの科学者フランシス・フクヤマは、ソビエト連邦が崩壊したとき、自ら「歴史の終わり」2を宣言したが、その著作『政治秩序と政治的衰退』の中で、アメリカにおける民主主義の衰退が他の裕福な西側諸国よりも進んでいることを認めている。アメリカは状況の変化に適応することができず、民主的な統治の伝統は「次第に封建的な領主支配の方法に取って代わられつつあった」フクヤマによれば、その弱体化、非効率化、腐敗はアメリカ国家をますます腐食させ、その原因のひとつは、不平等と富の集中が進み、エリートが巨大な政治権力を買い、自分たちの利益に合わせてシステムを操作できるようになったことである。フクヤマはまた、豊かで安定したリベラル・デモクラシーであるからといって、その体制がいつまでもそうであるとは限らないと警告した。そしてさらに、フクヤマは、最初の、そして最も進んだリベラル・デモクラシーが確立されたアメリカが、「他の民主主義政治システムよりも深刻な形で政治的腐敗の問題に苦しんでいる」という診断に達した4。

アメリカ国家は20世紀後半に「再三主義化」され、利益団体であるロビーが政府を腐敗させることに成功した。1971年にワシントンに登録されたロビーの数は、171から10年後には2500に増え、2013年には1万2000を超え、当局や議員に影響を与えるために、つまり自分たちの利益に有利になるように彼らを腐敗させるために、約320万米ドルを費やした5。例えば、ジョージ・W・ブッシュの副大統領であったディック・チェイニー(ペンタゴンの顧客である請負業者ハリバートンのCEO)は、その地位を離れた後、大企業の幹部となり、影響力と戦略的情報を持つようになった。こうしてペンタゴンの戦争産業コンソーシアムが構築され、広報や広告の専門家を雇い、ソ連や共産主義に対抗するために米国にはもっともっと兵器が必要だと国民に信じ込ませたのである6。

フランシス・フクヤマが認めているように、アメリカでは国家改造が進行中だったが、ドイツで起こったこととは異なっていた。そこでは、1933年2月27日の帝国議会火災の後、ヒトラーはオランダの共産主義者とされるマリヌス・ファン・デル・ルッベの挑発に乗り、ハインリヒ・ヒムラー、ラインハルト・ハイドリヒ、その他のナチス高官たちによって利用された。アメリカの作家ナオミ・ウルフが観察したように、ベニート・ムッソリーニによるローマ進軍後のイタリアや、アドルフ・ヒトラーがエルメヒティヒュングスゲゼッツに基づいて反対派全員の投獄を命じたドイツで起こったような、暴力的で「システムの完全閉鎖」に対して、アメリカは確かに脆弱ではなかったし、今も脆弱ではない。アメリカにおける民主的価値観は回復力があり、ソ連の全体主義体制に対抗する自由の文化は、共産主義、ひいては公然たる全体主義体制を政治的・道徳的に非難する比率の和として機能した。しかし、ナオミ・ウルフは「民主主義の実験は、侵食のプロセスによって閉鎖される可能性がある」とも述べている8。

工場の閉鎖と雇用の輸出により、労働組合と中産階級の力は、米国の民主主義を支える現実の力関係(realen tatsächlichen Machtverhältnisse)9において、事実上消滅した。民主党の選挙運動の財源は減少し、共和党と同じ資金源に頼らざるを得なくなった。こうして民主主義体制は事実上、一党独裁体制となった。2つの政党は実質的に同じ利害、すなわち、金融部門、すなわちウォール街、軍産安全保障複合体、イスラエル・ロビー、石油その他の鉱業会社、アグリビジネスといった、この国で最も強力な経済的・政治的勢力の利害を代表していたのである10。ジャン=ジャック・ルソー(1712-1778)は、1762年に出版した古典的著作『社会契約、政治法の原則』(Du Contrat Social ou Principes du Droit Politique)の中で、すでにこう警告している。「公的問題における私的利害の影響ほど危険なものはなく、政府による法の乱用は、特定の立場から必然的に起こる立法者の腐敗よりも小さな悪である」そして、「このような場合、国家は実質的に変質し、すべての改革は不可能となる」、このような状況では「真の民主主義は存在しなかった」と付け加えた11。

この現象はアメリカ国家の実体を変えた。アメリカにおける選挙運動の資金調達システムは、必然的に政治家を大企業、金融企業、そして彼らに最も多くの資金を提供する業界に従わせ、従わせることになった。そして、大統領制の共和国に潜在していた民主主義の侵食は、資本の集中の過程に続き、1991年の社会主義圏とソビエト連邦の崩壊後、さらに顕著になった。自由の意味はますます自由市場イデオロギーや私企業と同一視され、公共の自由や市民の権利という概念から切り離されるようになった12。そして、9月11日のアメリカ同時多発テロは、キケロがcommutatio rei publicae(De re publica, 2-63)と呼んだ現象を悪化させ、加速させた13。「我々は戦争状態にある」と彼は宣言した。そして、「アメリカを攻撃しようとする者に対処するだけでなく、彼らをかくまい、養い、住まわせる者にも対処する」と指摘した14。これは「恒久的な戦争」である15。しかし、第4代大統領ジェームズ・マディソンはすでに、「いかなる国家も、継続的な戦争の中で自由を維持することはできない」と警告していた16。

4.2 テロとの戦い、愛国者法、軍事委員会法

2001年10月7日、アメリカはイギリスの支援を受けてアフガニスタンへの空爆を開始し、9月11日のツインタワーとペンタゴンへの攻撃よりずっと前から計画されていた戦争を始めた。そして2001年10月25日、議会の多数決で愛国者法がほぼそのまま採択された17。その後、ジョージ・W・ブッシュ大統領がこれに署名し、公然と合衆国憲法を蹂躙することで、国内の法体系に打撃を与えた。愛国者法は、国家安全保障局(NSA)による市民の電子監視のための連邦政府の権限を拡大しただけでなく、政治的動機が何であれ、市民的不服従のあらゆる行為に対して使用されうるような広範な用語で、「国内テロリズム」という新たな犯罪を制定した。市民権、個人の保障、公共の自由の縮小と人権の侵害を通じて、アメリカ愛国者法は、ファシスト・イタリアやナチス・ドイツと似たような痕跡を持つ警察国家の樹立(la mutazione dello stato)の条件を早めた。そして国防総省は「民間人二極状態」(CIDICON)と呼ばれる内部政治活動に手を染め、議会の承認なしに軍隊が内部政治活動に従事することを禁じた1878年の私有制圧法に違反した。

その約1年後の2002年9月17日、ジョージ・W・ブッシュ大統領は「米国の国家安全保障戦略」19を発表し、テロとの戦いは守勢では勝てず、米国は非核保有国に対する核兵器の使用も含め、一方的に予防戦争を行う権利を留保すると宣言した。彼の意図は、「テロリストや専制君主と戦い」、「すべての大陸で自由で開かれた社会を奨励することによって平和」を拡大することであり、それはアフリカからラテンアメリカ、そしてイスラム世界に至るまで、「自由、民主主義、自由企業」20を確立することを意味すると述べた。これは明らかに戦争によってしか達成できない。そして2003年3月19日、アメリカはその新戦略を一方的に実行に移し始めた。サダム・フセインとその息子ウダイ、クサイに48時間以内の降伏とイラクからの退去を要求した後、イギリスの単独支援を得てバグダッド空爆を開始した。米国は、国連安全保障理事会の承認も、NATOの同盟国であるドイツやフランスを含む多くの国々の支持も得ずに、このようなことを行った。

ドイツの社会民主党(SPD)のヘルタ・ダウバー・グメリン法務大臣は、ブッシュ大統領のイラク侵攻戦略を、第二次世界大戦開戦争前のヒトラーの手法と比較したが、これには理由がある21。アメリカでは、9.11によって正当化されたファシスト型の特殊な体制への進化が、21世紀の最初の10年間に起こり、「新アメリカの世紀」と全面的支配、すなわちウォール街の大企業を代表する世界的独裁体制へと向かっていった。このような観点から、ジョージ・W・ブッシュ大統領は2006年10月17日、3つの法律に署名した。この法律は、弁護士アルベルト・ダ・ローシャ・バロスが「一見民主的な形態を装いながら、特別な治安維持法と警察法で武装した、権力の中の白人ファシズム」と呼んだものに類似したもので、共和制国家を瞬時に警察パラ国家へと変貌させた22。

2006年9月29日、下院の承認後、上院は対テロ戦争の一環として軍事委員会法(MCA)を65票(民主党から12票)対35票で批准し、ジョージ・W・ブッシュ大統領に米国史上例外的で前例のない権限を与えた:

  • 1. 人身保護権は、「不法な敵性戦闘員」(どの法律にも存在しない資格)として拘束されたアメリカ市民に対して停止された。
  • 2. アフガニスタンで収監され、グアンタナモ(キューバ)の強制収容所に連行された「不法な敵性戦闘員」として告発された人々は、ジュネーブ条約に基づき、米国内の司法裁判所に上訴することができなかった。
  • 3. 大統領は、反米敵対行為を支援する資料を所持するアメリカ人または外国人を、米国内外で無期限に拘束する権限を与えられ、秘密刑務所での拷問の使用まで許可された。
  • 4. 敵性戦闘員として逮捕された者が、拘束中に被った損害や虐待のために行うことができるすべての法的措置が封じられた。
  • 5. アメリカ軍人とCIAの諜報員は拷問に従事することが許され、軍事委員会が実施する裁判において強制によって得られた証言を使用することが認められた。
  • 6. 2005年末までに捕らえられた囚人に対する拷問について、米軍関係者とCIA工作員は訴訟免責を認められた。

4.3 黒シャツも茶シャツもない「白いファシズム」の実行

ジョージ・W・ブッシュ大統領は2006年10月17日、軍事委員会法に署名した。憲法権利センターは、これを「人身保護権(拘束を法廷で争う権利)を含む基本的権利に対する大規模な立法攻撃」とみなした23。そして 2006年9月30日に議会が国防権限法(NDAA)を承認したことで、黒シャツも茶シャツもない、この「偽善と卑怯の白のファシズム」24の確立は、星条旗の下で継続された。この法律はジョン・ワーナー上院議員(共和党=バージニア州)25によって起草され、ジョージ・W・ブッシュ大統領によって2006年10月17日に制定された。同法は、米国民に向けた軍事行動を禁止する1878年の治安維持法26を事実上空洞化させ、国内暴力が政府当局が治安維持や反乱・陰謀の鎮圧を行えない、あるいは拒否する、あるいは行えないような事態に至った場合、大統領が治安を回復し、合衆国法の遵守を強制するために軍隊を使用することを認めるものである27。

さらにNDAAは、ジョージ・W・ブッシュ大統領に対し、戒厳令を敷き、州兵部隊を全国どこにでも派遣し、民間人に対して特殊武器戦術チームを使用する権限を与えた。このSWATはフィラデルフィア警察(1964)で初めて使用され、レーガン政権時代(1981~1989)にロサンゼルス警察(1978~1992)のトップ、ダリル・フランシス・ゲーツ(1926~2010)が始めた警察の軍国主義化をさらに推し進め、麻薬戦争を口実に拡大・強化した。

4.4 拷問グアンタナモの強制収容所と東欧のCIA秘密刑務所(ブラックサイト)

2006年に承認・成立した軍事委員会法と国防授権法の目的は 2001年10月7日にアフガニスタンに対して不朽の自由作戦が発動されて以来、ブッシュ政権の明確な同意のもとに軍隊、CIA、その他の弾圧・諜報機関が行ってきた戦争犯罪と人権侵害を合法化することにあった。

秘密刑務所に完全に隔離された囚人をアメリカ国内で拘束することは法律で認められていなかったため、侵攻後に捕らえられた100人以上のテロリスト容疑者は、CIAによってイギリス軍がアフガニスタンで制圧したバグラム空軍基地に連行された28。アフガニスタンで捕らえられたタリバンやテロリスト容疑者を無期限に収監するために特別に建設されたグアンタナモ湾海軍基地(GベイまたはGTMO)の強制収容所に、最初の20人の不法戦闘員が到着したのは2002年1月11日のことだった29。

捕虜は正式に起訴されておらず、何の権利も享受していない。ホワイトハウスの言い訳は、グアンタナモは米国の主権下にある領土ではなく、したがって米国の司法裁判所や国際法の管轄権の対象ではないという事実から成っていた。アメリカ自由人権協会(ACLU)は、グアンタナモの強制収容所には2002年から2004年の間に18歳未満の囚人が何十人も収容され 2008年にはまだ21人が収容されていると報告している33。2002年に12歳で逮捕されたパキスタン人のモハメド・ジャワドは 2009年半ばに、拷問と殺害予告によって得た自白を覆した連邦判事エレン・S・ユベルによる人身保護によって釈放されたばかりである34。「それでも私は、ギトモのような場所に幼い子供を閉じ込めておくことの賢明さを疑わざるを得なかった」と、グアンタナモ湾で勤務したエリック・R・サー軍曹は書いている35。

グアンタナモの強制収容所に加えて、CIAはポーランド、ルーマニア、リトアニア、その他の東欧諸国、中東、アジアに秘密刑務所、拘留ブラックサイトネットワークを構築した36。CIAはまた、連行プログラムを通じて、捕らえたイスラム教徒をテロリストとしてタイ、パキスタン、モロッコなどの国々に送還し、現地の治安サービスが彼らを尋問し、拷問することができた(代理拷問)。グアンタナモ(キューバ)の海軍基地に強制収容所を設置し、「非合法敵性戦闘員」という人物を作り出したのは、アメリカの法律と国際法、ジュネーブ条約、国連の拷問等禁止条約を回避するためだった。偽善的に「抑留者」と認定された捕虜たちは、CIAや治安・情報機関の兵士や審問官のなすがままにされ、ジョージ・W・ブッシュ大統領とその政権によって承認された、強化尋問技術(EIT)としてリストアップされたあらゆる種類の拷問、恣意的な行為や虐待を行うことが許された。これらの行為の中には、(1) 性的暴行/屈辱、(2) 数日間の睡眠遮断、(3) 感覚遮断、(4) 独房/隔離、(5) 差し迫った処刑/銃殺隊のシミュレーション37の脅迫、(6) 強制投薬、(7) 犬を使った囚人の威嚇、などが含まれる;

  • (8) 囚人を裸にして手錠をかけたまま、59~80◦F(10~26◦C)の連続的で極端な温度変化にさらすこと、(9)感覚爆撃(騒音)、(10)他の囚人が拷問されているのを見ること、(11)氷の入ったトレイに囚人を沈めること、(12)心理テクニック38。

「ムラト・クルナズは、ギトモ(グアンタナモ湾海軍基地)で過ごした5年間の苦しみを、この家族にこう語った39。米国議会での証言では、電気ショック、水責め、独房監禁に加え、格納庫の屋根から両腕を吊るされた状態で何日も過ごすなど、彼が受けた拷問のいくつかを描写している40。110デシベル以上の同じ音楽を8時間以上繰り返し聴かされる感覚遮断(ホワイトノイズ)や、絶え間ない光の下での睡眠遮断を受けた囚人の多くは、幻覚を見たり、自分の身元がわからなくなったりしている41」

アメリカ自由人権協会(ACLU)の要請により、情報公開法(FOIA)に基づいて機密解除された検死と報告書によって、グアンタナモとイラクの少なくとも44人の囚人が、CIA、FBI、ネイビーシールズ、その他のアメリカ政府機関によって行われた残忍な尋問の間に死亡したことが明らかになった。そのうち21人は意図的に暗殺されたことが判明した。そして、拷問中に死亡した44人全員が、頭巾をかけられ、猿ぐつわをされ、首を絞められ、窒息させられ、鈍器で殴られ、睡眠不足と極度の暑さと寒さにさらされた。2005年10月まで、グアンタナモとイラクで100人以上の囚人が死んだ。これらのいわゆる自然死のほとんどは「動脈硬化性心血管系疾患」、心臓発作によるもので、おそらく拷問の結果であろう42。

2014年12月9日、ダイアン・ファインスタイン上院議員(民主党、カリフォルニア州)が委員長を務める上院情報委員会は、グアンタナモや、「拘禁・尋問プログラム」のもと、拘禁地コバルト、拘禁地ブルー、拘禁地グリーン、拘禁地ブラック(暗黒監獄、塩の穴とも呼ばれる)などの監獄で、CIA諜報員や傭兵(請負業者)が捕虜の尋問に用いた手法に関する調査報告書を公表した。これらの報告書は、拷問が「直腸給餌」や「直腸水分補給」など、はるかに残忍なものであったこと43を明らかにし、テロ計画の阻止やオサマ・ビンラディンの逮捕につながらなかったため、報告されているよりもはるかに効果が低かったことを明らかにした44。

ダイアン・ファインスタイン上院議員は、CIAの「無期限の秘密拘束と残忍な尋問技術の使用プログラム」は「われわれの価値観と歴史の汚点」であり、「歴史は、法に支配された公正な社会へのわれわれのコミットメントと、醜い真実を直視して『二度と繰り返さない』と言う意志によってわれわれを判断するだろう」と述べた45。

グアンタナモ湾やアブグレイブ(イラク)46で囚人に適用された拷問技術-「醜い真実」-は目新しいものではなかった。それらは、CIAがベトナムのために起草した尋問マニュアル『クバーク-防諜尋問-』(1963年7月)や、いわゆる破壊活動家から情報を引き出すために、中米、ホンジュラス、ニカラグア、エルサルバドルの治安機関に技術を教えることを目的とした『人的資源搾取訓練マニュアル-1983年』に記載されているものと同様であった47。

第23章 右派政権下のイスラエル

シリアの内戦を推進するサウジアラビア、カタール、トルコの利害は、米国や一部の欧州連合(EU)諸国の利害と絡み合っていた。これらの利害は経済的、宗教的、地政学的、戦略的な性格を持ち、複雑で、しばしば矛盾し両立しないものだった。湾岸諸国は米国と経済的、金融的に緊密な関係にあり、石油と兵器のスワップという腐敗の上に成り立っているにもかかわらず、彼らはまた、地域の支配や、シャリーアと預言者のハディースによって支配される大カリフの樹立といった政治的、宗教的目的も大切にしていた。トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領もムスリム同胞団と同様の野望を抱いていた。そしてこれらの目標は、アメリカやその傀儡政権であるフランスやイギリスの目標とは一致しなかった。とりわけこれらの西側諸国は、地中海全域を掌握し、そこでロシアが運営するタルトゥスとラタキアの海軍基地を閉鎖し、ペルシャ湾にあるイラン南部(パース・サウス)とカタールの推定14兆立方メートルの天然ガスと180億バレルの凝縮ガスを地中海東部とシリア沿岸に結ぶパイプラインの完成を阻止しようとしていた1。

2000年には、パレスチナ自治政府と開発契約を結んだブリティッシュ・ガス(BGグループ)により、ガザ地区沿岸で1兆4,000億立方メートル、約40億米ドルと見積もられる大規模なガス埋蔵量も発見された。2007年、イスラエル国防軍のモシェ・ヤアロン前参謀長は、オルメルト首相の安全保障理事会を公に非難した。ヤアロンは、ガザで採掘されるガスの購入に関するブリティッシュ・ガスとの交渉を台無しにしないために、ガザでの軍事行動を命じなかったと述べた2。彼の主張は、モサドのトップであるミール・ダガンと同様、ガザのガス資源がイスラエルに対するテロ攻撃の資金源になるというものだった。翌2008年12月27日、テルアビブは「キャスト・リード」作戦を実施し、ガザに侵攻した。ガザでは、マフムード・アッバス率いるパレスチナ自治政府との短期間の武力衝突の後、Ḥarakat al-Mu-qāwamah al-ˡIslāmiyyah(イスラムレジスタンス運動)の頭文字をとったḤamāsが選挙に勝利し、政権を握っていた。イスラエル国防軍はわずか17人の死傷者を出しただけだったが、1000人以上の民間人(主に女性と子供)を含む1385~1417人のパレスチナ人を虐殺し、約5000~7000人の負傷者を出した。また、4000棟以上の家屋や建物、ガザのインフラの多くが破壊され、避難を余儀なくされた1万2000人に甚大な被害を与えた。その損失は約20億米ドルと見積もられている3。

パレスチナ、特にガザでは紛争が絶えることはなかった。イスラエル国防軍は、「キャスト・リード」作戦から4年後の2012年11月14日から21日にかけて、「雲の柱/防衛の柱」作戦を開始した4。その結果、ḤamāsのIzz ad-Din al-Qassam旅団の司令官Ahmed al-Jabariが死亡し5、パレスチナ人約1168人(うち101人は民間人と推定され、うち33人は子ども、13人は女性)が死亡した。家屋、保健センター、銀行、モスクが破壊され、数百人が負傷し、ガザの農業部門は2千万米ドルの損害を被った6。約2300人のパレスチナ人が避難し、ガザの全住民が住居、食料、医療の不足に苦しんだ7。イスラエルの報復は残忍かつ非対称的であり、暴力のエスカレートはテロと虐殺の悪循環を助長するものでしかなかった。

23.2 継続する入植地の拡大

パレスチナにおける紛争は、イスラエル建国以前から慢性的かつ不可避的なものであり、第一次世界大戦終結後、さらに激化した。1917年11月2日、有力な銀行家ライオネル・W・ロスチャイルド卿がイギリスの外務大臣ジェームズ・A・バルフォア卿をそそのかし、イギリスが「パレスチナにユダヤ民族のための民族の故郷(エレツ・イスラエル)を建設することに賛成する」と宣言したことで、永久戦争の見通しが立った。第一次世界大戦でオスマン帝国支配に対するアラブの反乱軍を指揮したトーマス・E・ロレンス大佐は、この先何が起こるかをはっきりと見抜いていた。彼はイギリスの軍事情報部(MI6)長官ギルバート・クレイトン卿に、74,000人のキリスト教徒と568,000人の圧倒的多数を占めるイスラム教徒に対して、58,000人しか住んでいないと推定されるパレスチナへのユダヤ人の大量移住は、この地域に恒久的な紛争を引き起こすだろうと警告した。アラブの農民はユダヤ人入植者に自分たちの土地を譲ろうとはしないだろうし、「ヨーロッパ金融におけるユダヤ人の影響力は、アラブ人が入植を拒否するのを抑止するには十分ではないかもしれない! 「9 しかし、ヴォルテールが何年も前にすでに強調していたように、神がアブラハムに告げた「あなたの子孫に、エジプトの川から大河ユーフラテスに至るまで、この地を与える」(創世記15:18)という信念が広まっていた。いずれにせよ、ダビデ、ソロモン、イザヤ、エレミヤが住んでいたユダヤ、サマリア、ガリラヤだけでなく、パレスチナ全土を占領し、ユダヤ民族発祥の地エレツ・イスラエル(イスラエルの地)を復活させるつもりであることは明らかだった。2012年11月14日から21日にかけてイスラエルとガザの事実上の当局、ガザのパレスチナ人武装集団の間で起こった、1948年の人道的惨事、ハイファ、ヤッファ、アクレ、ナザレの人口削減を伴う70万人のアラブ人の国外脱出、アル・ナクバ以来、イスラエルの国境は拡大し続けている。” アバンス版Distr: 1947年から1948年にかけての戦争終結後、テルアビブはアラブ諸国(エジプト、イラク、レバノン、サウジアラビア、シリア、トランスヨルダン、イエメン)との和平交渉の中で、ガザ地区を自国の管轄に組み入れようとした12。しかし、相次ぐ武力衝突(1967年の6日間戦争、1973年のヨム・キプール戦争、その他の紛争)に勝利したイスラエルは、パレスチナの領土の大半を編入し、土地の没収とユダヤ人入植者の入植によってヨルダン川西岸地区を占領した。ホロコーストを生き延びた100万人以上のイスラエル人が、1949年から1960年の間にイスラエルに移住した。この流れは止まらなかった。1993年から1998年の間に、イスラエルはアラブ難民から、あるいは戦争賠償金として、約28,000エーカーに相当する117,000ドゥナム14以上を没収した15。2014年、ユダヤ人は人口の2.2%にも満たなかったが、その莫大な資金力と、選挙に数百万ドルを注ぎ込み、ワシントンの外交政策に大きな影響を与える強力なユダヤ人ロビー(イスラエル広報委員会、AIPAC)によって、議会とホワイトハウスにおけるユダヤ人の影響力は最高レベルに達していた。そしてテルアビブは、1993年から1998年の間に、ヨルダン川西岸に15,000戸の住宅を建設し、55,000人以上の入植者を受け入れることを許可した。

  • 1996年にユダヤ原理主義者によってイツハク・ラビンが暗殺された後、政権を引き継いだベンヤミン・ネタニヤフ首相(1996-1999)のもとで、ヨルダン川西岸とガザでの建築制限が解除された後、入植地の拡大はさらに進んだ。入植者の数は1999年には38万人にまで急増し、ヨルダン川西岸はパレスチナ人居住区に分割され、北部、中部、南部に位置し、それぞれの居住区は何のつながりもない17。キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障上級代表は、「入植地は違法であり、和平の障害となり、2国家による解決を不可能にする恐れがある」と述べている。

23.3 アリエル・シャロンとジョージ・W・ブッシュが計画したヤセル・アラファト抹殺

テルアビブにはパレスチナの紛争を解決しようという意欲がなかったし、ワシントンも少なくともジミー・カーター政権時代からそうだった。2002年、ヨルダンのアブドラ2世が大統領執務室に迎えられたとき、彼はジョージ・W・ブッシュ大統領がパレスチナの和平プロセスに微塵も関心を持っていないことを悟った18。アブドラ国王との記念撮影の際、ブッシュ大統領は「シャロン首相は昨日、レバノンでアラファト大統領を抹殺できなかった悲しみについて、まるで今からでも修正したい過ちであるかのように語った」という質問を受けた。ジョージ・W・ブッシュ大統領は、和平への最善の道は、和平を妨げているものを脱線させることであり、「和平を脱線させるものはテロである」20と答え、「テロをより迅速に排除すればするほど、地域の平和的解決の可能性が高まる」と強調した。 「21 イスラエルのアリエル・シャロン首相は 2002年2月8日、大統領執務室でブッシュに接見され、アラファトを「和平の障害」とみなし、アラファトは「テロ戦略」を選んだと述べた22。シャロンとブッシュの方程式では、アラファトはテロを意味した。つまり、テロを排除することは、パレスチナ解放機構の指導者であり、オスロ合意によって創設されたパレスチナ自治政府(As-Sulṭah Al-Waṭaniyyah Al-Filasṭīniyyah)の大統領であるヤーセル・アラファト(1929-2004)の暗殺を意味した。アラファトはオスロ合意によって、ヨルダン川西岸とガザからの軍撤退と引き換えにイスラエルの生存権を承認した。

同じ2002年、CIA国家情報評議会の元副会長グラハム・E・フラーは『ロサンゼルス・タイムズ』紙に、「シャロンはアラファトの排除が望ましいと考えており、イスラエル内閣の大半はアラファトを暗殺する準備ができている」と書いている23。「イスラエルがアラファトを排除しようとしているのであれば、シャロンとブッシュがアラファトの後任がより良い、より柔和なものになると確信している限り、それは構わない」とグラハム・E・フラーは指摘した24。ジョージ・W・ブッシュ大統領はすでに報道陣に対し、パレスチナ人には新しい指導者が必要であり、変革、すなわちアラファトの交代を通じてのみ、米国はパレスチナ国家の樹立を支持する、その国境線は入植地の解決まで暫定的なものにとどまる、と語っていた25。実際、ヤセル・アラファトの超法規的殺害は 2001年8月以降、ホワイトハウスで議論され、ディック・チェイニー副大統領によって悪意を持って擁護されていた26。というのも、国際的な批判に直面したとき、「アラファトがパレスチナ過激派による爆弾テロを止めなかったために必要だった自衛のため」と主張することができるからだ29。1989年以来、シャロンはインティファーダを終わらせる方法は「テロ組織の首脳を排除することであり、まずはアラファトを排除することだ」と宣言していた30。

しかし実際のところ、アラファトにはインティファーダを抑制する手段がなかった。テロに拍車をかけたのは、イスラエル国家の抑圧と弾圧、イスラエル国防軍のテロだった。世論調査によると、パレスチナ人の80%が、土地を没収され、経済を荒廃させ、移動を妨げてきたイスラエルによる占領と暴力31に対する自衛手段として、Ḥamāsの爆弾テロやロケット攻撃を支持していた。彼らは、1994年にノーベル平和賞を受賞したイスラエルのラビン首相やペレス外相と合意に達しようとするアラファトの努力に幻滅していた。インティファーダは 2001年にイスラエル国防軍が超法規的殺害と数百人の拘束という過酷で血なまぐさい弾圧を行ったことに対するパレスチナ人の絶望、フラストレーション、無力感を反映したものだった32。

アラファト排除の最初の試みは、アリエル・シャロン首相がワシントンから帰国した後の2002年6月6日に行われた。夜明け前、イスラエル国防軍のヘリコプターが、戦車に囲まれたラマラのパレスチナ自治政府本部を爆撃した。口実は、13人の兵士を含む17人のイスラエル人を殺害した攻撃だった。33 イスラエルの歩兵は前進し、数人のパレスチナ人を殺害した後、ブルドーザーでアラファトの住居とその周辺の建物全体を隆起させた。ジョージ・W・ブッシュ大統領は報道陣に対し、「シャロン首相からアラファト氏の殺害や危害を加えないという誓約を何度も受け取っている」と述べた34。それどころか、ブッシュはアリエル・シャロンとの会談で、ヤーセル・アラファトを排除し、より従順で柔和な人物に置き換える必要性に合意していた。そうすれば、米国はパレスチナ国家の建設に協力できる。そして彼はクネセト(イスラエル議会)に対し、イスラエル・パレスチナ紛争の解決は、「自由で公正な選挙、自由、寛容、妥協、透明性、法の支配」にコミットする「よりまともで責任ある」パレスチナ主体の出現によってのみ見出されると主張した35。イスラエル国防軍のヘリコプターによるパレスチナ自治政府本部の破壊の前夜、ホワイトハウスのアリ・フライシャー報道官は、ジョージ・W・ブッシュ大統領はアラファトを無関係な人物とみなし、「信頼できる人物、効果的な人物の役割を果たしたことはない」と明言した36。 「36 約2週間後の2002年6月25日、ホワイトハウスのローズガーデンでの演説で、ジョージ・W・ブッシュ大統領はアラファトを無関係だと考えていることを事実上繰り返し、「和平には、パレスチナ国家を誕生させることができるような、新しく異なるパレスチナの指導者が必要だ」と述べた37。ジョージ・W・ブッシュ大統領、アリエル・シャロン、そして彼の全内閣は、アラファトを無関係だと考えていた38。

突然、そして謎めいたことに、ヤーセル・アラファトは監禁されていたラマッラで倒れた。彼は航空救急車でフランスのクラマルにあるペルシー病院(Hôpital d’Instruction des Armées Percy)に運ばれ39,2004年11月11日に75歳で亡くなった。最も有力な仮説は、モサドがポロニウム210で彼を毒殺した、というものだった。ポロニウム210は高放射能のアルファ粒子を放出する同位元素で、ローザンヌ/ジュネーブの法医学大学の専門家が彼の骨から発見した40。そして事実、この排除、すなわちヤセル・アラファトの暗殺は、彼が亡くなる約2年前から、ジョージ・W・ブッシュ大統領の同意を得て、アリエル・シャロン首相が明らかに計画していたことだった。シャロンはこの出来事をパレスチナの「歴史的変化」の可能性として祝った41。しかし、そのような変化は起こらなかった。アリエル・シャロンはパレスチナの和平交渉にはまったく関心がなかった42。また、イスラエルと国境を接するパレスチナ国家の樹立を望んでおらず、ましてや後継者のベンヤミン・ネタニヤフ首相はそうではなかった。

23.4 エレツ・イスラエルの夢

テルアビブの目標は常に、ヤハウェ(יהוה-神)がアブラハム、ヤコブ、そして彼らの子孫に約束したイスラエルの地(エレツ・イスラエル)を再建することであった。 「44これは、北アフリカのナイル川流域からシリアとトルコの国境にあるメソポタミアまで、1560km(972マイル)を超える中東全域に広がる広大な領土である。19世紀以降、シオニズムの先駆者であり理論家であったテオドール・ヘルツル(1860-1904)とイシドール・ボーデンハイマー(1865-1940)は、ヘブライ人が古代に住んでいたパレスチナとシリアにユダヤ人の入植地を建設するという考えを提唱した45。

ダヴィド・ベン・グリオン(1886~1973)は、1906年にヤッファに到着した後、ダヴィド・グリュンというヘブライ語の名前を名乗った46が、1948年5月14日、「われわれの自然かつ歴史的権利によって、また国連総会決議47 […]に基づいて」と宣言したとき、約束の地全体を占領するという野心をほのめかした。 シオニストにとってイスラエルは、アブラハムとの厳粛な契約(b’rit)においてヤハウェから約束された土地であるイスラエルの地(Eretz Yisrael)のごく一部に過ぎなかった。ダヴィド・ベン・グリオンのこの言葉は、シオニストたちが別の国家(アラブ国家)の創設によるパレスチナの分割を拒否していたことを明らかにしている。彼らは、イスラエル建国者がヘブライ人の民族的子孫ではないにもかかわらず、領土全体が「自然かつ歴史的権利」としてユダヤ民族に属すると信じていた。しかし、アラブ諸国はユダヤ人国家の創設に公然と反対し、1947年11月29日から1948年5月15日にかけて第一次アラブ・イスラエル戦争、いわゆる「イスラエル独立戦争」を起こした。

その後、イスラエル国家の初代政府首班であったダヴィド・ベン・グリオンの下でパレスチナ人の追放が始まった(1948年~1954)。70万人から90万人が家や事業からの退去を余儀なくされた。あるいは、デイル・ヤシン(1948年4月9日)のように、英国委任統治時代にテロ行為を行った準軍事民兵Hā-áIrgun Ha-Tzvaˡ Ha-Leūmī b-Ē Yiśāmī YiśāmīとLohamei Herut Israel-Lehiが殺害された、 は、1977年から1983年にかけてはメナケム・ベギン、1986年から1992年にかけてはイツハク・シャミールの指揮の下、数千人のパレスチナ人を壊滅させた。 49 イツハク・サデが指揮するパルマハ民兵もまた、バラド・アル・シェイク、ハワサ、アイン・アル・ツァイトゥンのアラブ人村で最も不名誉な虐殺を行った(1948年5月1日)。これらのハガナ民兵(後にイスラエル国防軍(IDF)として正式化)は、パレスチナ人の国外脱出の少なくとも55%を引き起こした彼らは1947年12月1日から1948年6月1日の間に約39万1000人を避難させ、7万3000軒の廃屋、7800軒の店舗、作業場、倉庫、500万ポンドの銀行口座、30万ヘクタール以上の土地などの資産を収用した50。ベエルシェバ(イスラエル)にあるネゲヴ大学ベングリオン学部の教授で、『パレスチナ難民問題の誕生』の著者であるイスラエルの歴史家ベニー・モリスによれば、移住総数の73パーセントは、イスラエル国家の支配者によってさまざまな形で強制されたものである51。

1947年11月29日に国連総会で承認された分割計画(決議181)によって決定された、パレスチナ人の権利や領土の一部に対する主権を実際に認めたシオニストの指導者はいなかった。1969年、当時イスラエル首相(1969-1974)を務めていたシオニストの重要な指導者ゴルダ・メア(1898-1978)は、『サンデー・タイムズ』紙にこう語っている: 「パレスチナ人など存在しなかった。彼女の概念によれば、イスラエルの国境は地図に描かれた線によって限定されるものではなかった。別の機会に彼女は言った: 「この国は神ご自身による約束の成就として存在している。その正当性を説明するよう求めるのは馬鹿げている」53。

  • 1974年、ゴルダ・メイルがリンパ腫のため離党した後、リクード党のメナケム・ベギンが首相に就任した(1977年~1983)。ジミー・カーター米大統領の仲介による秘密交渉の末、ベギン首相は、アラブ諸国として初めてイスラエル国家を承認したエジプトのアンワル・エル・サダト大統領とキャンプ・デービッド合意(中東和平の枠組み)に調印した54。しかし、ゴルダ・メアールと同様、ベギン首相も1978年12月12日、オスロで「この土地はわれわれに約束されたものであり、われわれにはその権利がある」と宣言し55、ユダヤ人入植地をユダヤとサマリア(ヨルダン川西岸)に建設してイスラエルの国境拡大を推進した。そして、中東におけるイスラエルの優位性を維持することに尽力し、1982年のレバノン侵攻に加えて、1981年にイラクの核工場オシラクへの爆撃のコードネームであるオペラ作戦/バビロン作戦を命じた。ロナルド・レーガン大統領(1981~1989)に加担したアリエル・シャロン国防相(当時)は、PLOの収容所の破壊を命じ、同地で激化していた内戦を再燃・深化させた(1975~1990)。イスラエル軍はサブラとシャティーラを包囲し、キリスト教のファランジュ派とともに、難民(ほとんどがパレスチナ人とレバノンのシーア派)、それも民間人を虐殺した。虐殺の規模は正確にはわかっていない。ある資料によると、762人から3550人(うちパレスチナ人は約2000人)が殺された56。

23.5 ラビン暗殺とベンヤミン・ネタニヤフ政権下の入植推進

和平プロセスが事実上再開されたのは、労働党のイツハク・ラビンがイスラエル政府を引き継いでからである(1992~1995)。彼は、アラブ・イスラエル紛争は軍事的には解決しないと考えていた。そしてパレスチナ解放機構(PLO)の指導者ヤセル・アラファトもまた、1988年のインティファーダの失敗を受け、ヨルダン川西岸とガザの占領と戦う戦略を変えた。両者は合意に達し、ビル・クリントン大統領(1993〜2001)の祝福のもと、1993年と1995年にオスロ第1次および第2次合意に調印した。これらの合意は、国連安全保障理事会決議242号(1967年11月22日)と338号(1973年10月22日)に基づくもので、国家としてではなく、1967年の戦争以来イスラエルが占領してきた孤立した地域A地区とB地区、すなわちヨルダン川西岸地区とガザ地区に主権を限定した暫定政府として、パレスチナ自治政府の設立を可能にした。イスラエルとPLOは正式に互いを承認し、1967年の戦争以来残された領土問題と紛争について交渉することを約束した。その意味するところは、明確ではないが、パレスチナのごく一部に限定された、しかしその管轄権の限界を正確に定義することのないパレスチナ国家の漸進的な創設と、パレスチナの歴史的領土のほぼ全体に対するPLOによるイスラエル国家の主権の承認である。しかし、バルーク・ド・スピノザ(1632-1677)が1674年6月2日付の手紙で友人ジャリグ・ジェレスに書いたように、「図とは決定以外の何ものでもなく、決定とは否定である」(quia ergo figura non aliud, quam determinatio, et determinatio negatio est)。そしてオスロ合意に基づき、イスラエル国家はそれ自体無期限かつ不可分であり、未決定である一方、パレスチナ自治政府は決定された。当事者間の権力と権利の均衡はなかった57。最高の事例であり、経済力、外交力、軍事力を持ち、社会の政治的・行政的司令塔であるイスラエル国家と、ガザ地区とヨルダン川西岸地区に分断され、ユダヤ人入植地が圧倒的かつほとんど途切れることなく増え続ける、国家ですらないパレスチナ自治政府との間の非対称性は非常に大きかった。

アラブ人の間では、1987年のインティファーダで結成されたḤamāsがオスロ合意に反対し、イスラエルの保守政党リクードも反対した。そしてイツハク・ラビンは、ヤーセル・アラファトと合意に達し、パレスチナ和平プロセスを再開させたことで、自らの命を犠牲にした。1995年11月4日、テルアビブでの和平プロセスを支持する政治集会中に、急進的な正統派ユダヤ人イガル・アミールが彼を射殺した58。そして1996年、保守党リクードの選挙勝利により、ビンヤミン(ビビ)・ネタニヤフが首相に就任し、イスラエルのヨルダン川西岸からの撤退に反対した。オスロ合意はイスラエル国家の歴史的権利と相容れないと考えたからだ。そして、就任後3年間(1996-1999)、ヨルダン川西岸地区におけるユダヤ人入植地の拡大に取り組んだ。

2001年、『ガーディアン』紙と『ハアレッツ』紙に掲載されたビデオによると、ネタニヤフ首相は、自分が録画されているとも知らずに、テロの犠牲者のグループにこう語ったという: 「私はアメリカが何であるか知っている。[アメリカというのは簡単に動かすことができ、正しい方向に動かすことができる。傲慢にも、彼はイスラエル首相になったとき、いかにオスロ・プロセスを騙し、妨害したかを自慢した。当選前、クリントン政権は彼にオスロ合意を尊重するかどうか尋ねた。「私はそうすると答えた。ネタニヤフ首相によれば、その国境線がどこにあるかは誰も言っておらず、彼の知る限り、ヨルダン渓谷全体が軍事境界線と定義されていた60。イスラエルのジャーナリスト、ギデオン・レヴィは、その独立性から称賛されているが、『ハアレツ』紙の記事の中で、イスラエルには多くの右翼指導者がいたが、「アメリカをあざむき、パレスチナ人を騙し、我々を迷わせるために、欺瞞によってそれを実行しようとするネタニヤフのような指導者はいなかった」と指摘している62。

第24章 ネタニヤフの占領政策とイスラエル・パレスチナ戦争

ネタニヤフ首相は、ジミー・カーターやシモン・ペレスのような人々から、永続的な戦争とパレスチナ人の不幸と絶望をもたらすだけのこの政策を激しく批判された。しかし、彼の政権はほとんど気にしていないようだった。オバマの報道官は、ケリー国務長官を12歳の精神年齢と呼び、オバマを反ユダヤ主義者として非難した。オバマは口汚く反撃したが、その一方で数十億ドルの軍事援助を承認し、イスラエル国防軍を中東で最も洗練された軍事力として維持した。

ヤーセル・アラファトが排除された後、マフムード・アッバース(「ABŪ Māzin」としても知られる)がPLOとパレスチナ自治政府の議長に選出された。ジョージ・W・ブッシュ大統領は、ローズガーデンでの演説で、「平和的で民主的な」パレスチナ国家を建設し、暴力を拒否できる指導者として彼をホワイトハウスで歓迎した1。さらにブッシュ大統領は、イスラエルは「無許可の前哨基地を撤去し、入植地の拡大を止めなければならない」と述べ、実行可能な2国家解決策は「ヨルダン川西岸の連続性を確保しなければならず、領土が散在する国家はうまくいかない」と述べた2。イスラエル国民は「テロリストの犠牲となり」続け、イスラエルは自国を守らなければならないが、「パレスチナ国民はますます惨めになっていく」のだから。唯一の解決策は、「平和と安全の中で共存する2つの国家」の創設だった3。

しかし、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、この方程式を覆そうとしていた。確かに、イスラエルの民間人に対するḤamāsとイスラム聖戦による爆弾テロやロケット弾攻撃は正当化できないが、イスラエルによるパレスチナ領土の占領を引き起こしているのはḤamāsの暴力ではない。しかし、イスラエルによるパレスチナ領土の占領を引き起こしたのは、Ḥamāsの暴力ではなく、まさにこの領土の継続的な占領であり、それゆえにパレスチナ人の「ますます悲惨な」状況が、Ḥamāsとイスラム聖戦の暴力を引き起こし、恐怖を助長したのである。和平プロセスを救済するために、国連、欧州連合(EU)、米国、ロシアの代表で構成される、いわゆる中東カルテットによって提出されたロードマップは、当初、パレスチナ自治政府のマフムード・アッバース首相とイスラエルのアリエル・シャロン首相によって受け入れられ、その内閣はこの協定を承認したが、実現不可能な多くの注意事項が付されていた。イスラエル政府は2005年にガザ地区から21の入植地の撤去を開始したが、その際、何千人ものイスラエル人入植者の大規模な抵抗があり、その多くはイスラエル国防軍によって、彼らが立てこもっていた地下室やシナゴーグから立ち退かなければならなかった4。

しかし 2006年1月4日、アリエル・シャロンは脳卒中で大量脳出血を起こし、植物状態のままシェバ医療センターに収容された。そこで彼は8年後の2014年1月11日に85歳で亡くなった。イスラエルは協定のいかなる部分も守らなかった。一方、マフムード・アッバースは、PLO(アル=ファタハ)の創設者の一人であり、パレスチナ自治政府の議長に選出されたにもかかわらず、アラファトのカリスマ性、指導力、力強さに欠けていた。彼は、主にムスリム同胞団に支えられている組織であるḤamāsとイスラム聖戦に代表される急進的な傾向を封じ込めることができなかった。

こうしてPLO(ファタハ)は2006年の選挙でḤamāsに敗れた。緊張が高まり 2007年6月には両派の間で武力衝突が勃発した。マフムード・アッバースが主宰するパレスチナ民族自治政府は、かつてイスラエルに占領された地域(ガザ、東エルサレム、ヨルダン川西岸/ガザ)を管轄していたが、現在はヨルダン川西岸に限定されている。

24.2 ネタニヤフ首相、ユダヤ人入植地、パレスチナ国家の弱体化

アリエル・シャロンの病に伴い、カディマのエフード・オルメルトが首相に就任した(2006年~2009)。ジョージ・W・ブッシュ大統領はパレスチナに2つの国家を創設することを擁護していたが、実際のところ、米国はイスラエルが国境を拡大することを阻止しないし、阻止することもできなかった。国際的な非難も、国連総会の決議も、国際司法裁判所の決定も、ユダヤ人入植地の抑えがたい拡大を止めることはできなかった。中東カルテットは和平プロセスの再開に失敗した。

ベンヤミン・ネタニヤフが超正統派ユダヤ教徒とロシア系ユダヤ人移民からの幅広い支持を得て初めて政権に就いた1996年以降、ビル・クリントン大統領主導の下、米国でヤセル・アラファトとヘブロン議定書(1997)とワイ・リバー覚書(1998)に署名したにもかかわらず、ヨルダン川西岸と東エルサレムの両方で違法入植地が急速に拡大していた。ネタニヤフ首相の全政策は、イスラエル国家に隣接する主権を持つパレスチナ国家の誕生を阻止することに向けられていた。

ネタニヤフ首相は、パレスチナ国家の創設に反対していることを隠したことはなかった。彼は心に傷を負い、パレスチナ人に個人的な恨みを抱いていたのは確かだ。彼の兄でイスラエル国防軍の分遣隊長だったヨナタン(ヨニ)・ネタニヤフ中佐は、1976年7月4日、彼が30歳のときにサンダーボルト作戦で戦死した。この作戦の目的は、パレスチナ解放人民戦線とドイツのバーダー・マインホフという組織のテロリストに捕らえられた105人のユダヤ人を救出することだった。そのような国家はすでに存在し、それはヨルダンと呼ばれていたという。そして、「私の目の前に、私の存在を脅かすような第二の国家を樹立する権利はない、いかなる権利もない」と付け加えた6。

  • 1996年に首相に就任した直後、ネタニヤフはヨルダン川西岸(ヨルダン川西岸地区)の大規模入植地アリエルを訪れた。「しかし 2009年の選挙戦では、非武装化が保証され、パレスチナ人がイスラエルをユダヤ国家として認めるなら、「ユダヤ国家と並ぶ非武装パレスチナ国家」という真の和平条約に合意すると宣言した8。非武装化とは、主権の欠如を意味する。それは、イスラエルがヨルダン川西岸地区全域を占領するために侵攻を続け、5640平方キロメートルの面積を徐々に縮小し、すでに約460万人のアラブ人9が選挙権すら持たずに孤立した小集団に分散していることを意味する。
  • 2009年に当選する前、ベンヤミン・ネタニヤフ首相は外務大臣として、移民問題(アリヤー)と移民の吸収が政府の優先事項の上位にあり、あらゆる国のユダヤ人がイスラエルに住むように精力的に取り組むと宣言していた10。それゆえ、人口統計学的な圧力によって国家の国境拡大は止められなくなり、ネタニヤフ首相はヨルダン川西岸地区と東エルサレムでの新たな入植地の違法な認可を通じて、かつてないペースでこの拡大を推進した。1948年から2014年までに、315万2146人以上のユダヤ人がイスラエルに移住した。その中には、旧ソ連からの122万3723人をはじめ、エチオピアやフランスなどからの移住者も多い。また 2009年にネタニヤフ首相が政権に復帰してから2014年の初めまでに、ヨルダン川西岸地区におけるユダヤ人入植者の数は23%増の355,993人に急増した。800万人と推定されるイスラエルの総人口は9%しか増加していない12。ヨルダン川西岸での植樹式で、ネタニヤフ首相はこう宣言した: 「我々はここに植樹し、ここに留まり、ここに建設する。この場所は、永遠にイスラエルと切り離すことのできない一部となるだろう」13。

そしてアリヤーは続いた。イスラエルが占領した地域、特にヨルダン川西岸地区と東エルサレムに入植地を建設するために、さらに多くのユダヤ人がやってきた。2015年1月から3月までのわずか3カ月間で、約6499人のユダヤ人がイスラエルに到着したが、その大半はウクライナからの1971人を含むヨーロッパからのもので、2014年の同時期に移住した625人に比べて215%増加し、ロシア人の数は1515人に達し、50%増加した。 14 同時に、ベンヤミン・ネタニヤフ首相はユダヤ人にイスラエルへの集団移住を呼びかけ、「両手を広げて」受け入れると述べた15。フランスにはまだ約31万~50万人のユダヤ人が住んでおり16,2010年にヨーロッパに住んでいた100万人の3分の1か半分である一方、消滅したソビエト圏の東側諸国では、その数はその後劇的に減少した17。

アリヤーによる人口圧力の増大は、ヨルダン川西岸と東エルサレムにおける入植地の拡大に直結し、パレスチナに別の国家が誕生するのを妨げた。1949年には80万6000人だったイスラエルのユダヤ人人口は、2015年には630万人(74.9%)にまで増え、アラブ人は人口の20.7%(170万人)、その他の民族や国籍は4.4%(36万6000人)だった。 18 ただし、パレスチナ中央統計局の推計では、パレスチナ人総人口1210万人のうち、ヨルダン川西岸に290万人、ガザに185万人、イスラエル国に147万人、さらにアラブ諸国に難民として549万人、その他の地域に67万5000人が居住している19。2016年、ヨルダン川西岸地区とガザのパレスチナ人の数は、ユダヤ人の総数と同じ640万人になると予測された。エルサレム大学のセルジオ・デラ・ペルゴラ教授によれば、イスラエルにとって、総人口におけるユダヤ人のマジョリティを明確かつ明白に維持することが極めて重要である21。ネタニヤフ首相がイスラエルの占領地を併合しなかったのはこのためだ。彼は確かにパレスチナ国家の創設を受け入れなかったが、パレスチナ人にユダヤ人と同じ権利を与えようともしなかった。ネタニヤフ首相には民主主義的な傾向もなく、パレスチナ人の生活を大切にすることもなかった。

2009年3月、アメリカのジョー・バイデン副大統領がイスラエルを訪問した際、ネタニヤフ首相はバラク・オバマ大統領の政策に挑戦し、将来のパレスチナ国家の首都となるエルサレム東部に1600戸の住宅を建設する計画を発表した23。これは、安全保障理事会と国連総会の決議によれば、国際人道法(特にジュネーブ第4条約)に違反する。バイデンはネタニヤフ首相に対し、「これは我々にとって危険な事態になり始めている」と述べ、「あなたがここでやっていることは、イラク、アフガニスタン、パキスタンで戦っている我々の軍隊の安全を損なうものだ。しかし、ネタニヤフ首相は屈服せず、ジョー・バイデン首相は、数十億ドル規模のユダヤ人ロビーを通じたイスラエルの支援のために何もできなかった。アメリカ・イスラエル公共問題委員会(AIPAC)は、アメリカにおける真の権力者のひとつであり、AIPACなくして選出される議員はいなかった。

2011年2月、安全保障理事会は国連の3分の2が提出した決議案を採択した。14カ国中15カ国が、ヨルダン川西岸地区におけるイスラエルの入植地は違法であり、和平の障害であると非難したが、米国は例によって拒否権を行使した。当時、安保理の持ち回り議長を務めていたブラジルのマリア・ルイーザ・ヴィオッティ国連大使は、報道陣に対し、「イスラエルが現在も続けている入植活動が、包括的解決にとって最も重要な障害となっている」と再確認した。彼女は、決議文がすべての入植地を「違法であり、和平の障害である」と宣言していることを強調し、両当事者は「2国家解決策を支持する」決議を求めるべきだと付け加えた25。

しかし、イスラエルによるヨルダン川西岸地区の占領を止めることはできなかった。イスラエルの中央統計局(CBS)によると、2013年には東エルサレムを除くヨルダン川西岸の入植地に35万010人が住んでいた。2013年当時、国連人権理事会(HRC)はパレスチナに事実調査団を派遣した。その調査結果に基づき、HRCはイスラエルが推進する入植地の拡大が「パレスチナ被占領地の人々の自決権を侵害する忍び寄る併合」を構成しているとみなし、「国際法に著しく違反しているすべての入植地」を解体するようイスラエルに圧力をかけるよう国際社会に求めた27。しかし2014年1月、ネタニヤフ首相は、すでに50万人のイスラエル人が住んでいるヨルダン川西岸地区と東エルサレムの将来のパレスチナ国家に属する地域に、さらに1400戸の住宅とアパートを建設すると発表した28。そして2015年上半期には、入植者の数は54万7000人に急増し、280万人のパレスチナ人に混じって暮らしている29。こうした違法入植地が増え続け、町や都市が形成され、撤去がますます困難に、あるいは不可能になりつつあることは、まさに和平と、連続した領土に主権を持つパレスチナ国家を創設するための最大の障害となっている。

同様に、国連決議181号(1947)がエルサレムを分離国家と定めていたにもかかわらず、イスラエルは6日間戦争(1967)の間にエルサレムの東部を併合した。計画では、都市全体がユダヤ民族の永遠かつ不可分の首都として残ることになっていた。

クネセトは1980年、エルサレムをイスラエル国家の「永遠かつ不可分の首都」と宣言することで、この計画を合法化した30。そして、この目標は長年にわたって実際に追求され、パレスチナ人から住居と権利を奪った。1967年から2006年にかけて、東エルサレムのパレスチナ人住民は合計8269人が家を失い 2006年だけで1363人のパレスチナ人がこの街に住む権利を奪われ 2007年から2009年にかけて、東エルサレムの5585人のパレスチナ人がイスラエル政府によってすべてを奪われた31。

24.3 ハマス/PLOの和解とガザにおける「プロテクティブ・エッジ」作戦

アリエル・シャロンが21の入植地を解体し、イスラエル国防軍を撤退させ、ガザをパレスチナ自治政府に明け渡した2005年以降、イスラエルとエジプト、地中海に挟まれた22万5,000平方マイル(58万2,747平方キロメートル)のこの小さな飛び地は、エジプトに支援されながら、厳しい海上・陸上封鎖下に置かれ続けた。これにより、ガザの産業は事実上麻痺し、原材料と輸出市場を奪われた。その口実は、Ḥamāsへの武器の密輸を防ぐためだったが、ネタニヤフ首相は常に 2005年にイスラエル国防軍がガザから撤退したことで、ヨルダン川西岸地区でのパレスチナ人撲滅を正当化し、同地区の議会選挙でḤamāsが勝利したことを主張した。

この認識は間違っていた。Ḥamāsの候補者イスマイル・ハニヤが2006年のガザの選挙でほぼ確実に勝利したのは、ヤセル・アラファトが排除されたからである。イスラエルは経済的、社会的、政治的、軍事的な現実であり、国際法によって法的な存在として認められている。そして、多くの闘いの中で築き上げたカリスマ性で、PLO(アル=ファタハ)を率いて国連安保理決議242号(1967年11月)と338号(1973年10月)を受け入れ、イスラエル国家を承認し、何の成果も生まなかったテロ戦略を放棄することを示唆した。アラファトの目的は、紛争を終結させ、交渉を進展させることであった。そうすれば、オスロ合意の枠組みの中で、歴史的パレスチナの22%において、すでに残りの78%を占領しているイスラエル国家と並行して、独立したパレスチナ国家の樹立が可能となる。しかし、シャロンとの交渉ではより強硬で、高貴な聖域、すなわちアル・アクサ・モスクと岩のドームの支配権をイスラエルに認めることを拒否した。アラファト排除後、Ḥamāsは力をつけ、選挙に勝利しただけでなく 2007年には武力衝突でPLOを破り、ガザでの権力を強化した。アッバースはMI6の支援を得てパレスチナ自治政府を強化したが、その管轄区域はヨルダン川西岸地区に限定され、ユダヤ人入植地の建設が進んでいた。

2014年にḤamāsとPLOが和解して連立政権を樹立したとき、両組織間の合意条件は、1967年の国境線に基づくイスラエル国家の承認に暗黙のうちにつながるものだった32。しかし、ネタニヤフ首相はパレスチナ自治政府との交渉を中断し、実際には幻想でしかなかった和平プロセスから足を洗った。緊張が高まり、Ḥamāsはユダヤ人国家としてのイスラエルの存在を拒否し続けた。イスラエルの都市に向けてカッサム・ロケット弾を撃ち続けた。テロ行為への報復は口実だった。

イスラエルとの交渉が難航したため、マフムード・アッバースとファタハはḤamāsと和解した。両派は統一政府を樹立し、ヨルダン川西岸地区とガザ地区の政治力を結集した。しかしネタニヤフ首相は、イスラエルとの和平かḤamāsか、どちらかを選ばなければならないとMaḥmūd ‘Abbāsに警告した33。ガザとラマッラの政府の和解は重要かつ歴史的な出来事だったが、ネタニヤフ首相の利害とは一致しなかった。ネタニヤフ首相には不都合だったのだ。そのため、遅かれ早かれ敵対関係が勃発するだろう。それは避けられないことだった。そして2014年6月10日、16歳から19歳の3人のイスラエル人青年、ナフタリ・フレンケル、ギラッド・シャール、エリアル・イフラッハが、イスラエルが占領しているヨルダン川西岸のグーシュ・エツィオンにある入植地アロン・シュヴットの自宅にヒッチハイクで戻る途中に拉致された34。

何の証拠もないまま、ネタニヤフ首相は直ちにḤamāsを誘拐犯として非難した。ḥamāsの主要指導者であるKhālid Mash’alとパレスチナ自治政府は、Izz ad-Din al-Qassam旅団のメンバーが、彼らの知らないところで単独で行動し、3人の若者を誘拐・殺害した可能性があるにもかかわらず、事件の責任を否定した35。Ḥamāsは紛争をエスカレートさせる気はなかったが、イスラエルの目的は若い入植者の暗殺の復讐だけでなく、キャスト・リード作戦(2008)と雲の柱/防衛作戦(2012)によってもたらされた流血の破壊の後、ガザのインフラに残されたものをすべて取り壊すことだった。ネタニヤフ首相は、あたかもḤamāsに責任があるかのように反応した。イスラエル国防軍は3人の若者を探すという口実で、「兄弟の番人」作戦を展開した。この作戦は11日間続き、Ḥamāsの指導者全員を含む419人のパレスチナ人をヨルダン川西岸で逮捕した36。同じ7月1日、イスラエル空軍は、ガザ地区の拠点から発射された18発のロケット弾に対応するため、Ḥamāsとイスラム聖戦の建造物に対して3回の精密攻撃を行った。報復として、彼らの一部は16歳のパレスチナ人ティーンエイジャー、モハメド・アブクデイルを誘拐し、殴打し、生きたまま焼き殺した。その後、アラブ人の子供たちが次々と襲われた。

1991年にイズ・アッディン・アル・カッサム旅団を組織したサラー・アル・アロウリリ39は、亡命先のトルコで、過激派が3人の若いイスラエル人を誘拐して殺したと聖職者に語っていた。しかし、Ḥamāsの指導者であるKhālid Mash’alは、自らの組織がイスラエル人青年に対する残虐行為を行ったことを否定し続けていたからである40。イスラエル政府も国際メディアも、ガザで配布されたパンフレットをほとんど重要視しなかった。しかし、Ḥamāsは、PLOと連立政権を樹立してわずか数カ月後に、政治的目的のない単なるテロ行為という、これほど凶悪な犯罪でイスラエルに挑むことに関心がなかったことは確かだ。これは明らかな盗賊行為であり、残酷な挑発行為だった。

Ḥamāsはイスラエルに終止符を打つことができないことを知っていた。イスラエルを打ち負かす軍事的条件を欠いていたのだ。非対称性は計り知れない。非国家主体で武器も限られていた。イスラエルのミサイル防衛システム「アイアンドーム」は、射程わずか3~4.5キロのカッサムロケットの約90%を迎撃した。これらのロケットは、誘導システムを持たない、現地で製造された粗悪な自走式ロケットで、軍事目標を貫通することはできなかった。カッサム・ロケットが人口密集地に到達し、イスラエル市民を傷つけることがあったとしても、恐怖は物理的なものよりも心理的なものだった。いずれにせよ、Ḥamāsが現実的な脅威ではなかったとしても42、ネタニヤフ首相はパレスチナ人への憎悪に執着していたため、イスラエル国家の拡大という政府の戦略目標に対する抵抗の焦点に耐えることができなかった。したがって、ガザへの攻撃は、タイミング、気候、戦場の状況の問題だった。

ネタニヤフ政権は、自衛のための口実、つまり紛争をエスカレートさせる理由を待っていた。そして1週間のうちに、カッサム旅団やイスラム聖戦の過激派は、イスラエルのヘイファ、エルサレム、アスドッドに対して約29発のロケット弾や迫撃砲を発射した。ḥamāsの指導者であるKhālid Mash’alの要請で、エジプトの外務大臣であるSameh Shoukryは、ネタニヤフ首相との関係を落ち着かせようとした。彼は失敗した。そして2014年7月7日と8日、イスラエル国防軍の歩兵部隊、戦車、大砲、軍事工兵がガザに侵攻し、空軍と艦艇の参加を得て「防護のエッジ」作戦を展開した。また、イスラエルの3つの諜報機関の1つで、ヘブライ語ではシャバク(Sherut ha’Bitachon ha’Klali、一般治安局)の頭文字で知られ、「Magen Velo Yera’e」(見てはならない擁護者)をモットーとするシン・ベトの支援も受けた。

この作戦は2014年7月8日から8月26日までの50日間続き、539人の子どもを含む2251人のパレスチナ人(ほとんどが民間人)を殺害した。一方、イスラエル国防軍は66人の死傷者を出し、Ḥamāsのロケット弾によって7人のイスラエル市民が死亡した45。人口密集地に対して無差別に大砲やその他の爆発物、空爆を行ったこの陸上攻撃によって、何千もの家屋が破壊された。2万人近くが家を失い、360km2の地域で10万棟以上の建物が全面的または部分的に破壊され46,148の学校、15の病院、45の医療センター、247の工場、ラファの近代的なものを含む300の商業センター、燃料タンク、発電所や給水所が破壊された47。イスラエル国防軍は、ガザの民間インフラ全体を破壊し、その農業に損害を与えた48。2014年7月末の時点で、国連はガザの住民1700人のほぼ4分の1が攻撃によって避難し、全員が基本的な物資の不足に直面していると推定した49。事実、約30万人のパレスチナ人がホームレスとなり、その多くがUNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)のユニットに避難を求めた50。

アムネスティ・インターナショナルは、50日間の作戦期間中にイスラエル国防軍が「戦争犯罪」を犯したと非難した。人口密集地に対する不均衡で無差別な攻撃は、ロケット弾の隠し場所に使われたという疑惑のもと、民間人が避難していた学校やその他の建物を破壊したのだ51。その後、国連人権理事会(HRC)は決議を採択し、イスラエルによる「戦争犯罪の可能性」に深刻な懸念を表明しただけでなく、国際法に違反するすべての人権侵害を非難した。HRCは、ガザで引き起こされた「広範かつ前例のないレベルの破壊、死、人間的苦痛に驚愕した」と述べた52。

実際、「防護のエッジ」作戦の間、イスラエルに占領されたパレスチナ地域では、何百人もの人々が告訴も裁判もされることなく、秘密情報のみに基づいて逮捕され、弁護士を利用することもできなかった。その方法は、グアンタナモ湾やアブグレイブ(イラク)でCIAが使用したものと似ており、家族に対する脅迫に加え、いくつかの身体的攻撃、殴打や絞殺、手かせ足かせ、長時間のストレス状況などが含まれていた54。

世界銀行によると、封鎖、戦争、貧弱な統治がガザの経済を締め付け、失業率は世界で最も高くなり、2014年末には人口の43%、若者の60%以上に達した55。住民は、電気や水の不足など非常に不安定な公共サービスに苦しみ、約80%が国連パレスチナ難民救済事業機関の援助に生存を依存し、40%以上が貧困ライン以下で生活していた。2008年と2012年の戦争後、イスラエルがそれを許さなかったため、ガザの街は再建されていなかった。世界銀行によれば、「衝撃的ではあるが、この数字は、ほぼすべてのガザ住民が経験してきた困難な生活状況を十分に伝えていない」56。

さらに衝撃的なのは、世界でも有数の人口密集地域である160km2の範囲に180万人以上の住民が閉じ込められ、許可なくその範囲を超えることができないという事実である、と世銀の報告書は強調している57。2007年にガザ封鎖が設定されて以来、イスラエルの目的は、住民を悲惨な状態に保ち、経済を崩壊寸前に追い込むことだった。

イスラエルのバラク国防相は、ガザに流入する産物に対して最も厳格で厳しい統制を維持した。彼は、スパゲッティなどのパスタ、コリアンダー、ハーブ、スパイス、ケチャップなど、最も多様な食品を、不要なものとみなして禁止した58。ワシントンに本部を置く心身医学センターによると、ガザの子どもたちの3分の1以上に「心的外傷後ストレス障害」の兆候が見られ、2014年の武力紛争以前から、そして紛争後はさらにその傾向が強まった59。「ガザの現状は維持できない」60 現状は、封鎖と2008年、2012年、2014年の3度にわたるイスラエルの残忍な軍事作戦によって、さらに強固なものとなった。紀元前2世紀、マルクス・ポルシウス・カトーがカルタゴに対して主張したように、ガザは破壊されなければならない。ガザは廃墟と化した。2015年11月、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によれば、難民の数は世界各国で710万人に達し、約42万7000人が家を破壊され、国内避難民となっている61。

24.4 ネタニヤフ首相とアル・アクサ・モスクの紛争に反対するジミー・カーター

2015年5月にヨルダン川西岸を訪れたジミー・カーター元アメリカ大統領は、報道陣のインタビューでガザの状況は 「耐え難い」と述べた。彼はラマラでマフムード・アッバースと会談したが、ネタニヤフ首相とは「時間の無駄」と考えて会談しなかった62。また、彼はḤamāsによる犯罪行為を非難したが、その指導者であるカーリッド・マシュアルはテロリストではないと述べ、パレスチナ国民自治政府の新たな選挙が実施されるようにファタハとの和解を擁護した63。Ḥamāsは実際にはパレスチナ国家の樹立にコミットする民族主義的で過激な政治派閥であり、イスラエル国家の正当性を認めず、民間人を傷つけるテロ行為を行っていたが、指導者のKhālid Mash’alは、ネタニヤフ首相がガザに対する戦争を正当化するために行ったISISとの比較64を公に拒否した。ジミー・カーターは2015年8月、「現時点では、2国家間解決の可能性はゼロだ」65と述べ、和平の見込みが最悪であることを強調し66、ネタニヤフ首相にはこの方向、すなわち和平の実現に向けて前進する「意思がない」67と強調し、2国家間解決を心から望んだことはなく、パレスチナ人に平等な権利を与えない「1国家間解決」をとっくに決めていた68と述べた。

たとえイスラエルが10年間で約1200億ドルの利益を得ることができたとしても、これはネタニヤフの意図したことである。

2015年10月のクネセットの外交・防衛委員会で、ネタニヤフ首相は他の委員に、和平プロセスの一環としてヨルダン川西岸地区の支配権をパレスチナ人に渡すつもりはないと明かした。そして彼は言った: 「現時点では、当面の間、全領土を支配する必要がある」70 彼は、「パレスチナ人の半分は、われわれを滅ぼそうとする極端なイスラムに支配されている。明日選挙があれば、Ḥamāsが勝つだろう」71と考えていた。そして、そのような状況では、Ḥamāsは確かに勝つと予想されていた。イスラエルとの実りのない交渉には関与せず、さらに、パレスチナ自治政府にはないアラブ系住民への支援サービスを運営していたからだ。しかし、悲惨な状況はガザだけではなかった。東エルサレムとヨルダン川西岸でも、トラブルが勃発していた。預言者ムハンマドがアッラーから直接クルアーンを授かるために天に昇った場所として崇められている高貴な聖域(ハラーム・アル・シャリフ)である岩のドームの隣にアル・アクサ・モスクが建っている神殿山では、9月13日から15日にかけて、ユダヤ教の新年であるロシュ・ハシャナの前夜に紛争が勃発した。

イスラエル人とパレスチナ人の間の根底にある緊張は、イスラエルが占領しているすべての地域で高まっていた。そして、イスラエル警察がアル・アクサ・モスクに侵入し、催涙ガスとスタングレネードを使用して、パレスチナ人がモスク内に築いたバリケードを取り壊した後、衝突はさらにエスカレートした72。パレスチナ人は、紀元前48年、ヘロデ大王の治世からエルサレム陥落(紀元70)、マサダ陥落(紀元73)まで、ローマ帝国の支配に対する反乱に火をつけるためにテロ作戦を展開した民族主義的ユダヤ狂信者73が用いたのと同じ方法に訴えた。シカリイは都市に侵入し、マントの下に隠していたシカ(曲がった短剣)でローマ軍兵士やユダヤ人協力者を刺した。それから約2000年後、アル・アクサ・モスクに侵入したパレスチナ人もそうだった。エルサレムでは何人かのイスラエル人がこの方法で殺された。反乱は拡大し、パレスチナ人はイスラエル兵に石で立ち向かい、ダビデがエラの谷(エメク・ハエラ)でゴリアテに立ち向かったように、多くは投石器を使った。

刺傷、銃撃、投石、発火は日常茶飯事となり、イスラエル国防軍はテロ容疑者に対する攻撃的で致命的な弾圧で対応した。10月だけでも、150人の子どもを含む数百人のパレスチナ人が逮捕された。また、イスラエル国防軍は、ナブルス近郊の収穫を阻止するため、パレスチナ人のオリーブ畑への立ち入りを封鎖し、家屋や土地を取り壊した。そして11月初旬、イスラエル国防軍は真夜中にヘブロン(ヨルダン川西岸)にあるパレスチナのラジオ局「アル・フリア」に侵入し、イスラエル人への攻撃を扇動するために使用されているという疑惑のもと、機材を破壊し送信機を破壊した75。

ネタニヤフ首相は、パレスチナ人による暴力の波を扇動しているとしてアッバース首相を非難し、イスラエル人は和平の可能性がないことを受け入れているため、「剣によって生きる」ことを続けると警告した。しかし、イスラエル軍事情報総局(Agaf HaModi’in-AMAN)の総局長である正統派ユダヤ人のヘルツル・ハレヴィ将軍自身は、2015年11月1日の閣議で、特に若者の怒りとフラストレーションの感情が「エルサレムとヨルダン川西岸でのテロ攻撃の波の理由の一部」であると述べた76。 「ネタニヤフ首相の主張とは逆に、ヘルツル・ハレヴィ将軍は、マフムード・アッバースはヨルダン川西岸の平静を保とうとし、イスラエルに対する攻撃を阻止するよう軍に指示したが、若者の一部はパレスチナ自治政府の支配から逃れていたようだと述べた78。

9月に始まったインティファーダは、11月になっても止むことなく、半世紀以上にわたるイスラエルによるパレスチナ領土の抑圧、差別、占領の間に出芽た反乱の感情を反映していた。ジミー・カーター元大統領や労働党のシモン・ペレス元イスラエル首相がAP通信のインタビューで、ネタニヤフ首相は決して和平に誠実に取り組んできたわけではなく、イスラエルと並ぶもうひとつの国家を創設することになれば、和平の打診は「口約束の域を脱しない」と主張したように。しかし、パレスチナに2つの国家を存在させるという選択肢は、「戦争を続けることであり、誰も永遠に戦争を続けることはできない」79 ネタニヤフ首相は、2国国家には反対だと言うが、永遠に剣によって生きなければならないことは認めている。

24.5 オバマとネタニヤフの不一致と2016年の国防総省の軍事援助

ネタニヤフ政権の不寛容の程度は、彼の報道官であるラン・バラッツがジョン・ケリー米国務長官を「精神年齢は12歳を超えない」と嘲笑し、2国家間解決を提唱するオバマ大統領を反ユダヤ主義だと非難したほどだった82。ネタニヤフ首相は彼を解雇せず、公式謝罪も傷を癒すことはなかった83。オバマ大統領は、任期終了までにパレスチナの和平を実現することは不可能であるという「現実的な評価」を下しただけであり、国家安全保障顧問のベンジャミン・ローデスによれば、ネタニヤフ首相から、どのように一国家解決を回避し、情勢を安定させ、和平交渉なしの二国家解決にコミットしていることを示すのか聞きたいとのことであった84。ネタニヤフ首相がパレスチナにもう1つ国家を創設することを受け入れたのは、空虚なレトリックに過ぎなかった。

しかし、ネタニヤフ首相とオバマ大統領の関係には、主にイランとの核合意による意見の相違や困難があったにもかかわらず、アメリカ大統領は2016年の予算でイスラエルへの軍事支援に31億米ドルを計上した。AIPACによれば、これはイスラエルに対するアメリカの「最も具体的な支援表明」であり、合計33機のF-35中隊やその他いくつかの戦争玩具の購入が可能になるほか、それに伴う軍需産業の利益も確保されることになる85。

そしてイスラエルは、二国間援助、すなわち軍事援助に加えて、アメリカの納税者から1,243億ドル(インフレではない現在のドル換算)を受け取っており、イスラエル国防軍を、近隣のどの国よりも優れた、世界で最も洗練された軍隊のひとつへと変貌させたのである86。

第25章 新たな冷戦、新たなモスクワ・北京枢軸、そしてアメリカの覇権の衰退

ウクライナ、シリア、イラク、イエメン、リビア、アフガニスタンなどでの戦争の背景には、米国、ロシア、中国、欧州連合(EU)、中東や東欧諸国などの大国の利害が深く対立していることの反映であり、いくつかの深刻で極めて複雑な矛盾があった。これらの戦争は、大国が直接関与することなく、第三者を利用して他国で行われる大国間の代理戦争であった。ヘンリー・キッシンジャー教授に言わせれば、オバマ大統領は共和党の新保守主義者たちの「より宣教的な」外交政策を採用しており、この政策では「アメリカは民主主義を実現する使命を担っている-必要であれば、武力の行使によって」、いかなる反対にもある程度、あるいは全面的に不寛容であることを示したと強調した1。

  • 1821年7月4日、下院での独立記念日の演説で、当時国務長官であった後の第6代大統領ジョン・クインシー・アダムズは、「彼女(アメリカ)は、ほぼ半世紀の経過の中で、一人の例外もなく、他国の独立を尊重する一方で、自国の独立を主張し維持してきた」と誇らしげに宣言した2。民主主義や政権交代の輸出政策に見られるように、力ずくでも民主主義を押し付けようとする「より宣教的な」強迫観念5 は、ウォール街の利害が軍産複合体と絡み合うにつれて強まり、ついには異常事態を形成するに至った。建国の父たちによって提唱された自由の象徴としての米国の国際的地位は損なわれた。真実は、アメリカは外国の「破壊すべき怪物」、つまり自国の経済的・地政学的利益にそぐわない政権を求めただけでなく、自らも怪物を生み出したということだ。CIAやNATOのような組織は、アフガニスタン戦争、イラク攻撃、リビア空爆、シリアでの流血の中でのダーイッシュの出現、ウクライナの分割とドンバスの内戦を引き起こした強行策などが証明しているように、ユーラシア、中東、アフリカにおける最も血なまぐさい大失敗と人道的災害のいくつかに責任があった。

25.2 心理・経済戦争、プーチンの悪魔化、ウクライナのナチズム

以前のジョージ・W・ブッシュ大統領と同様、オバマ大統領もNATOの戦争マシーンをウクライナに拡大することに固執した。この国は、ペルシャ湾に次いで世界で2番目に豊富な石油とガスを埋蔵する地球上で最大の湖であるカスピ海まで、ユーラシア大陸の他の地域に侵入する橋頭堡の役割を果たすだろう。そして、プーチン大統領の下でロシアが復活した後、米国は、経済的、軍事的、地政学的に重要なこの地域での影響力をますます失いつつあった。

レーガン政権の元財務次官補(1981~1989)である経済学者のポール・クレイグ・ロバーツは、「オバマ政権とそのネオコンの怪物や欧州の臣下は、ナチス政権を復活させ、ウクライナにそれを配置した」と非難した。ロバーツは、ウクライナでのクーデターは、ワシントンが「ロシアの心臓に短剣を突き刺す」ための努力であると説明した8。「このような犯罪行為の無謀さは、腐敗した圧政政府に対する人民革命という虚偽の現実を構築することによって隠蔽されている」と彼は発言し、「民主主義をもたらすことが、ナチス国家を復活させるためのワシントンの隠れ蓑になっている」ことに世界は唖然とすべきであると述べた。西側メディアは、クーデターがオバマ政権によって仕組まれ、民主的に選ばれた政府を転覆させたことを省き、民兵が持っていた「ナチスのシンボル」を無視し、「ウクライナでの出来事について虚構の説明を作り上げた」とロバーツは述べた9。

ロシアが反応するのは当然だ。米国が主導したヤヌコビッチ大統領打倒の暴挙の後、クリミアの再統合は不可避となった。ウクライナを横断するカスピ海からの石油・ガス輸送路に加え、ロシアが1783年に建設し、黒海へのアクセスに不可欠なセヴァストポリの戦略的海軍基地を守らなければならなかった。モスクワがこの攻勢を無視すると考えるのは愚かだった。

25.3 カスピ海からの石油と中央アジアにおけるアメリカの影響力低下

アメリカ情報局によると、2012年から2013年にかけて、カスピ海とその周辺には480億バレルの石油と292兆立方フィート(Tcf)の天然ガスが確認埋蔵されていた。米国地質調査所(USGS)は、さらに多くの未発見埋蔵量が存在し、石油が200億バレル、天然ガスが243Tcfあると推定している11。2012年、カスピ海の盆地は1日当たり平均260万バレルの原油を生産し、これは世界の消費量の約3.4%に相当するが、そのほとんど(35%)は沿岸部の油田から採掘されている12。そして2015年には、アゼルバイジャンだけで2億9,100万バレルの原油と1.07Tcfの天然ガスを生産していた13。以前(1999)、カスピ海の総埋蔵量は1,000億バレル以上と見積もられており、これはアラスカの埋蔵量の10倍であった14。カスピ海からの総石油生産量は北海のそれを上回ると見積もられていた15が、アバディーン沖とシェトランド諸島の西側にはまだ160億バレルの回収可能な油田が残っていたにもかかわらず、開発された油田は2008年の44から2015年にはわずか12に減少した16。

2014年9月29日にアストラハン(ロシア)で開催された第4回カスピ海サミットでは、ロシア、イラン、アゼルバイジャン、トルクメニスタン、カザフスタンのカスピ海に面する5カ国が、この地域の安全を維持し、外国軍の干渉を認めないことを全会一致で決定した17。この合意は、NATO軍の侵入から中央アジアを守ろうとするもので、アフガニスタンでの国際治安支援部隊(ISAF)の活動のために2001年に設立されたキルギスタンのマナス通過センターにある第376航空遠征航空団は、2014年6月4日に閉鎖を余儀なくされた。この閉鎖の理由として、賃貸料の低さや不十分さ、石油契約における汚職、環境破壊への懸念などが挙げられているが18、キルギスタンがロシアに対して、米国との契約を更新しないという保証を与えたことも確かに含まれている19。同時にオバマ大統領は、ウクライナ危機とロシアによるクリミア再包囲を口実に、NATOを東欧諸国にさらに拡大させようとした。しかし、アストラハンで開催された第4回カスピ海サミットの合意によって、カスピ海はオバマの目論見から閉ざされた。2001年にタリバンに対する不朽の自由作戦が展開されて以来、アゼルバイジャン、トルクメニスタン、カザフスタンと軍事的に緊密な関係を維持してきたこの地域で、アメリカが前進することは難しくなった。しかしオバマ大統領は、カザフスタンのヌルスルタン・ナザルバエフ大統領と協定を結ぶことに成功し、米国(北極上空)からアフガニスタンのカブールにある国際空港の北25マイルにあるバグラム軍事基地まで、12時間以内に兵員や非致死的装備をカザフスタンの空域を経由して迅速に輸送することを可能にした。

ウズベキスタンのカルシ・カナバドにあった米空軍基地は2005年に閉鎖されていたが、ドイツは南東部のテルメズに小さな空軍基地を維持し続けた。アフガニスタンでの戦争でもNATO諸国によって使用され、2015年半ばには、北東部のクンドゥズ州で活動を続ける反乱軍と戦うため、「自由の歩哨作戦」のドイツ軍850人とアメリカ軍1万人を含む1万2500人の兵士が駐留し、ウズベキスタン・イスラム運動の過激派であるタジク人やウズベク人も多数参加していた。ウズベキスタン政府は2005年以降、ドイツから1,240万ユーロ 2008年以降は1,520万ユーロの基地の賃貸料を受け取っていたが、2015年4月には3,500万ユーロ、2016年までの契約更新には7,250万ユーロを要求していた21。カリモフ大統領はまた、テルメズ基地への軍隊の駐留を禁じ、カザフスタン、ロシア南東部、中国西部、さらにはイラン、パキスタン、インドといった中央アジアでの電子監視と情報収集のための兵站センターとしてのみ使用するようにした。また、国際治安支援部隊(ISAF)が2014年12月28日に戦闘活動を正式に終了したため、アフガニスタンのヒンドゥークシュに駐留するレゾリュート支援ミッションのドイツ軍への補給にも使われた22。ウズベキスタン空軍とともに、ドイツはテルメズに3機のC-160トランソール機と160人のオペレーターを駐留させただけだったが、アフガニスタンにはさまざまな国から17,000~18,000人の部隊が依然として駐留していた。

25.4 ロシアの軍事近代化、防衛条約、ユーラシア経済連合

米国はNATOの役割を歪めていた。当初、同盟は防衛的で、西ヨーロッパのパートナーに限定されていた。今やアメリカは、国連安保理決議1.970(2011)を曲解して、アフガニスタン戦争やムアンマル・カダフィ政権打倒のためのリビア砲撃のような域外攻撃任務をNATOに帰属させた23。アメリカの目的は、世界で最も標高の高い地域のひとつであるヒンドゥークシュ山脈とパミール山脈、および中央アジアの草原における恒久的なプレゼンスを確保することであった。

二国間協力の枠組みの中で、アメリカはブルガリアやポーランドなどNATOに加盟した東欧諸国に近代的な装備を提供していた。これには、AGM-158 JASSM(統合空対地スタンドオフ・ミサイル)が含まれる。このミサイルは視認性の低い巡航ミサイルで、遠くから発射することができ、戦術航空機がミサイル防衛システムの対象地域に入ることなくロシアの標的を攻撃することを可能にする。

ウラジーミル・プーチン大統領は、NATOがロシア周辺に拡大し、ユーラシア大陸への侵入を強化し、自国を追い詰めていることに直面し24、コーカサスにおける集団防衛・安全保障システムの強化に以前から取り組んでいた。ロシア航空宇宙軍司令官パヴェル・クラチェンコ中将によれば、アルメニアとは、キルギス、タジキスタン、カザフスタン、ベラルーシと行ったのと同様の協定の概要がすでに確立されており、これらの戦闘・防衛部隊はロシアと連携して行動することになっていた25。ロシアはまた、ベラルーシやおそらくアルメニア、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、その他の中央アジア諸国を含むいくつかの加盟国に、集団安全保障条約機構(ODKB)の枠組みで航空基地を設置するつもりだった26。ロシアは2015年9月、ベラルーシと空軍基地と共同防衛システムの開設を交渉しており、モスクワは2250ユニットの最新装備、Su-35およびSu-35S戦闘機、MI-8MTV51ヘリコプター、レーダー、新型空挺部隊装備、歩兵戦闘車両、複合型無人機(UAV)を送る計画だった27。「平和を望むなら、戦争に備えよ」27。これまで最もタカ派的だったバルト諸国とポーランドは驚いた。彼らの領土にNATO軍が駐留するのは余計なことだったのだ。

ビル・クリントン大統領がNATOの東欧諸国への拡大を計画していた1997年、ユージン・J・キャロル・ジュニア少将は『ロサンゼルス・タイムズ』紙に論説を発表した。その中で彼は、封じ込めドクトリンの著者である外交官ジョージ・F・ケナンの警告を繰り返し、「NATOを拡大することは、冷戦後のアメリカの政策において最も運命的な過ちとなるだろう」と述べた。そのような決定は、ロシアの外交政策を決定的に好ましくない方向に向かわせることが予想される」28ロシアが反応せざるを得なかったのは明らかで、1783年から1784年にかけて創設されたアクティアル(白石)湾の海軍基地を維持するために、ウクライナとセヴァストポリが再び自国の管轄下に入ることになった。アメリカ国務省をはじめとするアメリカの官民機関(NED、USAID、NGO)がヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領に対する蜂起を推進したとき、その暗黙の目標のひとつは、新体制を樹立し、NATOの戦争マシーンをモスクワから約490km離れたウクライナにまで拡大することだった。

オバマ大統領によって統合参謀本部議長に任命された米海兵隊のジョセフ・ダンフォード・ジュニア大将は、ワシントンの上院軍事委員会で、「ロシアはわが国の安全保障にとって最大の脅威である。[しかし、プーチン大統領は、ロシア国内の戦略目標を攻撃可能な高精度の新型長距離ミサイル(パトリオット、イージス/スタンダード、SLAMRAAM(地対空ミサイル)、AIM-120 AMRAAM(先進中距離空対空ミサイル)など)が米国で製造されていることにも脅威を感じていた。また、数年前からロシアは軍備の近代化を始め、潜水艦や軍艦から発射できる巡航ミサイルを製造し、ワルシャワからカブール、ローマからバグダッドに至る広大な地域のアメリカの軍事力を低下させることができるようになった30。一方アメリカは、JLENSと呼ばれる、広範囲かつ高精度のレーダーを搭載した繋留式空中巡航ミサイル防衛システムを開発し、劇場防空ミサイル防衛(JTAMD)に統合した31。国際法も国連も顧みず、無謀にも先制攻撃のドクトリンを採用し、シリアを含むいくつかの国を攻撃する最初の国としてイラクに侵攻したジョージ・W・ブッシュ政権以来、米露間の軍縮条約は侵食され続けていた。

プーチン大統領は、重要な時期にロシアを崩壊から救ったのだ。元共産党書記(1985~1991)でソ連大統領だったミハイル・ゴルバチョフがクリミアの再統合を支持する発言をしたとき、ロシア国民に思い起こさせたように、「歴史的な行為」である32。プーチンのすべての努力は、統合参謀本部を率いるユーラシア経済ノミニーの名の下で、部分的にせよ、資本主義のルールにのっとって、ソ連の経済的・政治的影響力を回復しようとするものだった。” MailOnline、2015年7月9日。2015年7月22日にアクセス。

連合(EurAsEc-EEU)である。EEUは、ボリス・エリツィン大統領時代の1991年に創設された独立国家共同体(CIS)の国々を再編成するもので、約1億8000万人の市場を有するものの、実質的な有機性、関税同盟、貿易関係、相互援助はない。しかし、ロシアが消滅したソ連の経済的、地政学的、戦略的次元を回復することは、アメリカにとって受け入れがたいことであり、クリミアの再統合とウクライナ東部での内戦を口実に制裁を発動し、妨害しようとした。これは基本的に、ウクライナがユーラシア経済連合に加盟すれば、競争によって自分たちの支配する産業部門の独占が終わることを恐れた米国と富裕なオリガルヒによって資金提供された、超国家主義者とネオナチの民兵によって実行された、ヤヌコビッチ大統領政権に対する反乱の正当化であった。

25.5 ロシアと中国の協力、ノルド・ストリーム・パイプライン、対ロシア制裁

国際金融システムにおける米国の一極集中は、自国の経済的・地政学的利益に従って制裁を課すことを可能にした要因であり、他国が貿易や金融取引を行うためにドルの圏外に別の手段を求めることに拍車をかけた33。また、自国通貨(ロシア・ルーブル、ベラルーシ・ルーブル、ドラム、テンゲ)の使用を拡大するため、プーチン大統領は、EEU諸国(ロシア、ベラルーシ、アルメニア、カザフスタン)内の国際商取引、そしておそらくはキルギス、タジキスタン、ウズベキスタンなどの他の国での国際商取引において、ドルとユーロを廃止することを計画した34。さらに、ロシアのドミトリー・メドヴェージェフ首相は、グエン・タン・ズン首相とベトナムのEEU加盟について交渉していた35。そして2014年、ロシアと中国の中央銀行は、両国間の金融協力を強化するため、1500億元(235億米ドル)のスワップ協定に調印した。2015年8月、中国中央銀行は東北部の黒竜江省綏芬河市で、ドルをルーブルに置き換える試験的なプログラムを開始した36。

米国とEUがロシアに対して繰り広げている金融経済戦争の中で、ガスプロムと中国石油天然気集団公司(CNPC)は、クラスノヤルスクとイルクーツクにあるシベリアの油田2500カ所を通るパワー・オブ・シベリア(Сила Сибири)パイプラインを建設する覚書に調印し、プーチン大統領と習近平国家主席が承認した。中国に液化天然ガス(LNG)を供給するこの契約は、4000億米ドルと評価された。

4,000億ドルで、ルーブル/元で取引される。ガスプロムと中国はまた、年間300億立方メートルを輸送する全長1700マイルのアルタイ・パイプラインを使ったシベリアの西ルートでの供給についても交渉し、この量を年間1000億立方メートルに増やす見込みである37。ガスプロムは2015年半ば、1MMBtuあたり約10.19米ドルで液化天然ガスを輸出していたが、アナリストたちは、中国が支払ったのは1MMBtuあたり8米ドル程度だと考えていた38。この低価格では、より高価なシェールガスを中国に供給しようと計画し、米国太平洋沿岸の基地建設に投資していた米国企業は、「壮大な資本破壊」39を経験することになる。

ロシアは、米国に続いて欧州連合(EU)からも緊張を招いたため、ノルド・ストリーム・ガスパイプラインの建設を断念しようとしていた。ロシアは、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と、黒海を横断してブルガリアとヨーロッパに至るサウスストリーム・ガスパイプライン・プロジェクトを交渉しようとした。しかし、これが独占を構成し、競争法に違反するとして、欧州委員会は政治的な理由からパイプラインの建設を妨害した。ブリュッセルのワシントンへの服従は、EU、特にドイツの経済に深刻なダメージを与えた。ブレマー・ランデスバンクのチーフアナリストでエコノミストのフォルカー・ヘルマイヤーは、対ロ制裁の結果、ドイツからの輸出は2014年に18%、2015年の最初の2カ月で34%減少したことを明らかにした。ヘルマイヤー氏は、予測可能性の欠如がシーメンスを大型プロジェクトから撤退させたこと、アルストムがモスクワと北京を結ぶ鉄道の契約を失ったこと、ドイツだけでなくEU全体にとって、経常収支が示す以上に甚大な損害が発生する可能性があることを指摘した41。

巨額の損失が予想される中、ドイツのイーオンとBASF/ヴィンターシャル社は、英蘭のロイヤル・ダッチ・シェル社、フランスのENGIE社、オーストリアのOMV社とともに、対ロ制裁を無視し、ガスプロム社(株式の51%を保有)と共同でノルド・ストリーム・ガスパイプライン2号線を建設するプロジェクトを維持した。約1,400億立方メートルのガスのエネルギー通過料を奪われたキエフ政府の損失は、少なくとも20億米ドルに上ると推定され、アルセニー・ヤツェニュク首相はヴェルクホヴナ議会で、このプロジェクトを反ヨーロッパ的、反ウクライナ的なものとして非難した43。

25.6 中国とロシアと新たな国際決済システムの構築

ロシアと中国の間の合意は、ルーブルと人民元の交換に基づいていた。2012年4月以降、中国人民銀行は国際決済の新しいアーキテクチャを設計し、国家安全保障局(NSA)を通じて米国が管理する決済システムに代わって、人民元CHN¼CNY¼CFXSによる超高速取引システムである中国国際決済システム(CIPS)44を構築した。これにより、人民元の国際化と基軸通貨への変貌への道が開かれた。また、2015年11月には、人民元が国際通貨基金(IMF)の通貨バスケットである特別引出権(SDR)に組み入れられた。

同様に、新たな国際経済・金融秩序の種を蒔く目的で、中国はアジアインフラ投資銀行(AIIB)を設立した。そしてIMFと世界銀行に代わるものとして、2015年6月20日、ブラジル、ロシア、インド、南アフリカと共同で、同じく資本金1,000億米ドルの新開発銀行が設立された52。南アフリカを除くBRICsの4カ国は、世界の人口の40%、面積の4分の1、GDPの35%を占めている53。

一方、モスクワは別のインターバンクシステムを構築しようとしていた。ロシア中央銀行は、米国と欧州連合(EU)からの制裁措置がロシアの国際的な決済注文に影響を与える場合に対抗するため、世界銀行間金融通信協会(SWIFT)54に代わるシステムを構築する任務を負った。ROSSWIFTは、米国に次いでSWIFTの第2位のメンバーであった。米国と欧州連合(EU)がロシアをSWIFTから締め出せば、事態はより大規模で予測不可能な国際紛争を引き起こすまでに悪化する可能性がある56。

世界貿易の支配的通貨がドルに置き換われば、米国が他国に対して制裁を加える能力が低下し、市場の流動性が高まる条件が整う。2014年、ロシアは自国の商品である石油とガスの価格をルーブルで設定することを決定した。モスクワはテヘランとの間で、200億米ドル相当の石油と商品のスワップ取引に関する覚書に調印し、ロスネフチが国際市場で販売できる約50万バレル/日の石油を手に入れることになった。このニュースはワシントンを驚かせた。下院外交委員会の委員長であるエドワード・ロイス下院議員(共和党、カリフォルニア州選出)は、2014年6月2日付でジョン・ケリー国務長官に書簡を送り、その中で、この協定がロシアから提供される武器や新たな核施設と引き換えに、イランが石油輸出を増加させる可能性について「深刻な懸念」を表明した57。ワシントンの目には、この協定は「3月にクリミアを併合し、ウクライナ東部を不安定化させ始めた」ロシアを孤立させようとするアメリカの努力も損なうことになる58と映っていた。2015年10月には、ロシアの銀行であるスベルバンク、VTB、ガスプロムバンク、モスクワ銀行、ロッセルホズバンクなどが、すでにSWIFT以外の別の決済システムを利用していた59。

これらの出来事は、リンドン・ジョンソン大統領(1963-1969)とリチャード・ニクソン大統領(1969-1974)がブレトン・ウッズ(1944)で合意されたゴールド為替本位制を無視したときに弱体化し始めたドルの覇権に終止符を打つ傾向にあった。この金本位制では、1オンス(28.35g)のゴールドは35ドルの価値があるはずだった。

しかし、アメリカの輸入や冷戦、インドシナ戦争の費用を賄うために、アメリカはフォートノックスにある既存のゴールドで補える以上のドルを発行し、流通させた。さらに、アメリカの銀行や大企業はヨーロッパに多額の投資を始めた。保管されていたゴールドは、1970年までに事実上すべて枯渇した。フォートノックスに預けられていたはずの8500トンのうち、1000トンしか残っていなかった。一方、ヨーロッパの銀行が保有するドル準備高、ユーロドルは238億米ドルから368億米ドルに急増した。

1971年7月には238億米ドルから360億米ドルに、翌月には400億米ドルに急増し、米国がブレトンウッズ協定に基づく義務を履行するのに必要な額の3倍に達していた60。

同時に、連邦政府の財政赤字は1960年以来、毎年平均30億ドルずつ増加していた。

同時に、連邦財政赤字は1960年以来、年平均30億ドルずつ増加しており、インドシナ半島での戦費の結果、1967年の90億ドルから1968年には250億ドルに急増した。米国の債務は360億米ドルに達し、金準備高は1945年の240億米ドルから1962年には160億米ドル、1969年にはわずか130億米ドルにまで急減した61。ロンドン市場におけるユーロドルの流通量は1970年には1兆3,000億米ドルに達したと推定され、管理されずに海外に流出したホットマネーが米国に還流し、国庫債券の購入を通じてワシントンの赤字を賄った。1968年から1971年にかけて、この赤字は560億米ドルにまで膨らんだ。これは深刻な経済危機だった。そこでニクソン大統領は1971年8月、ドルから金への直接交換を一方的に停止した63。ドルの信頼は失墜し、欧州と日本への外貨流入はさらに増加した。2年後の1973年、危機の悪化に直面したニクソン大統領は、欧州共同フロートに関するスミソニアン協定を破棄し、自由変動通貨への道を開くため、ドルを10%切り下げざるを得なかった。米国だけが印刷できるドルは、国際的な受託通貨となった。IMFはその後、通貨としてのドルの弱さを隠すために特別引出権(SDR)制度を採用した。当時のフランス大統領、シャルル・ド・ゴール将軍は、米国が「法外な特権」を掌握していると非難した。なぜなら、米国はさらにドルを発行して流通させることで、赤字を賄い続けることができるからである64。

一方、1971年から1973年にかけて、ジャック・F・ベネット財務長官(後のエクソンCEO)とヘンリー・キッシンジャー教授(ニクソン大統領の国家安全保障顧問)は、ロンドンの有力銀行家であるシグムンド・ウォーバーグ卿、エドモンド・ロスチャイルド卿、ジョセリン・ハンブロ卿などの支援を得て、ウォール街と絡み、フェイアル・イブン・アブド・アジーズ不動王とサウジアラビア通貨庁との取引を交渉した。この取引はその後、米国・サウジアラビア経済協力合同委員会の設立によって統合された。石油取引はドルのみで行われるようになり、そのドルは米国から国債を購入することで再投資され、米国は増大する赤字を賄うことができるようになった。1973年10月6日、ユダヤ暦で最も神聖な日であるヨン・キプール(贖罪の日)を祝っている最中に、シリアとエジプトの軍隊がスエズ運河を越えてイスラエルを攻撃し、シナイ半島とゴラン高原に向かって前進した。イスラエルは奇襲を受け、当初は敗北し、約2600人の兵士を失う大損害を被ったが、イスラエル国防軍は事態を好転させ、10月28日、エジプト、シリア、イスラエルは停戦を受け入れた。イスラエルを支援する米国と西側諸国をボイコットするため、エジプトは1974年に原油価格を1バレルあたり3米ドルから12米ドルに引き上げるよう奨励した。しかし、オイルショックが起こったとき、すでにサウジアラビアとの間でドルの再利用が合意されており、価格高騰によって大きな利益を得たリヤドは、米国債を25億米ドル購入した65。石油を買いたい国はドルを手に入れ、欧米の銀行から短期融資を受ける必要があった。ユーロドルはオイルマネーに変異した。外国からの需要によって、不換紙幣が継続的に発行され、ワシントンが債務不履行のリスクを負うことなく、巨額の債務が積み上げられた。そして石油ドルは、1979年の石油ショックによってさらに強化され、ラテンアメリカ、アジア、アフリカの国々が深刻な対外債務危機に陥る一方で、アメリカの経済力の基盤のひとつへと変異した。

チェース・マンハッタン銀行の元エコノミスト、リチャード・ベンソンは、米国の繁栄の水準は、政府が他国との貿易関係で巨額の赤字を垂れ流し、取得した商品の代金を実際に支払うことなく最大3兆米ドルを輸入していることに少なからず依存していると指摘した67。中央銀行はドルの保有を投資として受け入れようとしたが、現代経済で価値を持つのは石油だけだった。「現実の世界では(ハリウッドやリベラル・メディアからは遠い)、アメリカの繁栄を支えているのは、ドルを世界基軸通貨として維持することである。「サダム・フセインの棺桶に最後の釘を刺したとすれば、ユーロで石油を売り始めたことだ」とリチャード・ベンソンは指摘し、「アメリカは唯一のスーパーパワーであり、中東の産油国を支配し、指図する。アメリカは、支配者がアメリカの指示する。『一本道』に従えない場合、支配者を変える力を持っている。アメリカの繁栄はこれにかかっている」69。

25.8 モスクワ・北京枢軸と世界貿易における新たな支配通貨

しかし、プリンストン大学教授でノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマンは、報道陣のインタビューで、アメリカはしばらくの間、「他国の経済政策に口を出す能力を失っていた」と断言した70。しかし、FRBとウォール街を通じて世界経済を支配する大銀行は、不換紙幣として依然として存続しているドルが、国際取引と貿易、特に石油とガスにおける唯一の通貨としての地位を失う可能性があることを決して認めなかった。2003年、サダム・フセインが石油販売においてドルをユーロに置き換えることを計画し、他国が確実に追随しうる措置をとったことが、イラク侵攻につながった要因の一つであった71。正当な理由がないわけではなく、英国公務員の元次官補ジョン・チャップマンは、『ガーディアン』紙に「イラク侵攻には、石油の支配と世界の基軸通貨としてのドルの維持という2つの信頼できる理由しかなかった」と書いている。実際、不換紙幣としてのドルへの依存は失われつつあった73。ワシントンは、生産量以上の輸入をするために、裏づけのない紙幣を無制限に発行することはできず、他国は裏づけのない同じドルで国庫債券を買い続け、公的赤字とアメリカ国民の繁栄を賄っていた。連邦債務は年々増加し、2014年には18兆1,000億米ドルに達した74。2016会計年度末には22兆4,880億米ドル(連邦、州、地方)にまで増加すると予測され75、GDPは17兆4,200億米ドル(2014年推定)に過ぎなかった。 76 中国がSWIFTに代わるものとしてCIPSを創設し、ロシアが同様のイニシアチブを取り、ブラジル、ロシア、インド、南アフリカと提携してアジアインフラ投資銀行(AIIB)と新開発銀行を設立したことで、ウォール街の優位性が脅かされつつあった。そしてこれは、唯一の国際基軸通貨としてのドルや、EUやその他の国々を自国の経済的・政治的利益に従属させるNATOの軍事マシンの拡大を通じて行使されてきたアメリカの覇権の侵食を意味していた。そして2014年5月28日、ウェストポイント陸軍士官学校の卒業式で行われた演説で、オバマ大統領は「旧ソ連諸国に対するロシアの侵略はヨーロッパの首都を不安にさせ、中国の経済的台頭と軍事的到達点は近隣諸国を憂慮させる。ブラジルからインドに至るまで、台頭する中産階級がわれわれと競争し、各国政府はグローバルなフォーラムでより大きな発言権を求めている」78。これらはまさに、いわゆるBRICs諸国であった。

ブレーマー・ランデスバンクのチーフアナリストである経済学者フォルカー・ヘルマイヤーは、2015年6月にドイツ経済新聞のインタビューに応じ、1990年にはBRICs諸国は世界の生産量の25%しか占めていなかったが、2015年には56%を占め、世界人口の40%を占め、通貨準備高の70%を支配していると指摘した80。そしてヘルマイヤーは、米国が権力を共有すること、つまりIMFと世界銀行の議決権比率を変えることに消極的であったため、これらの新興国は独自の金融システムを構築するしかなかったと主張した。「そこに未来がある。ヘルマイヤーは、モスクワと北京なしには、世界のいかなる問題も解決できないとし、モスクワ・北京枢軸(アッチェ・モスカウ・ペキン)は、米国の旧来の覇権主義に対して間違いなく勝利するだろうと予言した81。

第26章 エピローグ米国の軍事・金融寡頭政治と戦争とテロを通じた「民主主義」の輸出

政治が真に人間に奉仕するものでなければならないとすれば、政治が経済や金融の奴隷であってはならないということになる。[個人と社会に計り知れない苦しみを与えようと企む連中に、なぜ致命的な武器が売られるのか?悲しいかな、その答えは、誰もが知っているように、単純に金のためである。この恥ずべき罪深い沈黙を前にして、この問題に立ち向かい、武器貿易を止めることは私たちの義務である。

イギリス・ノーフォーク生まれの革命家トマス・ペイン(1737-1809)は、アメリカ建国の父のひとりとして、「アメリカ憲法は、自由にとって、言語にとっての文法のようなものだ」と書いている: 「植民地主義者たちは、独立憲法と自由貿易を自分たちに主張している」しかし、彼らは軍隊がこれらの美徳を維持しなければならないことを理解していた。「植民地主義者たちがあなた方に反旗を翻すように、黒人たちも彼らに反旗を翻す。また軍隊だ。虐殺、拷問、絞首刑!これらは人間としての権利である」2。

奴隷制度はアメリカ合衆国の「特殊な制度」であった。奴隷には人権がなく、奴隷が反乱を起こして領主を殺害すると、最も残忍で凶暴な弾圧が続いた。1831年、バージニア州サウサンプトンで起きた反乱では、100人以上のアフリカ人が虐殺され、さらに16人が絞首刑に処された。ジャン=ジャック・ルソーが述べているように、厳密な意味では、「真の民主主義は存在したことがなく、今後も存在することはないだろう」3。実際、バルーク・スピノザが1674年6月2日付の書簡で友人ヤリ・イェルに宛てて書いたように、「あらゆる決意は否定である」4。民主主義は自らを資本主義と同一視し、資本主義の進化を反映してきた。特にアメリカでは、信託、カルテル、組合といった、最初の独占的経済機構が生まれた。

国家は重工業の主要な消費者であるため、軍国主義は、資本を蓄積し余剰を得るための特別な手段である。このような軍国主義は、アメリカ共和国が始まって以来、ほとんどすべての歴史を特徴づけてきた。しかし、この現象は19世紀後半から激化した。そして、第二次世界大戦後、「国家改造」(公有財産を特殊な体制に改造すること)はさらに進行した。民主的な形式が維持されたのは、主にソ連が世界的な大国として台頭し、共産主義が蔓延することを恐れたからである。共産主義は当時、スターリン主義的全体主義として現れていたが、民主主義のようなものと対決しなければならなかった。

しかし、1989年から1991年にかけてのソ連の崩壊は、アメリカや民主主義の勝利を告げるものではなかった。政治学者のマーティン・ギレンス(プリンストン大学)とベンジャミン・I・ペイジ(ノースウェスタン大学)は、アメリカ政治学会(American Political Science Association)の研究の中で、アメリカには民主主義は存在せず、「経済エリートの支配」であると結論づけた。アメリカでは定期的に選挙が行われ、言論の自由があり、その他いくつかの権利があるにもかかわらず、経済エリートがワシントンで不釣り合いな影響力を持っていることは疑いようがなかった6。国民の嗜好は「公共政策に与える影響はごくわずかで、ゼロに近く、統計的に有意ではない」とマーティン・ギレンズとベンジャミン・I・ペイジは強調した。もっとはっきり言えば、形式的には民主的な体制は続いていたが、ウォール街に集中する金融資本の利害が、石油・ガス企業や戦争産業とその生産チェーンの利害と絡み合い、ワシントンの政治的決定をほとんど左右していたのである。こうした利害は、ロビー活動だけでなく、選挙運動への献金を通じても表明された。そしていったん大統領に就任すると、選挙で選ばれた役人たちは、必然的に後援者の利益に従うことになった。

フィデル・カストロ7によれば、「倫理的な男」であり、「米国で最も名誉ある大統領の一人」であったジェームズ・アール(ジミー)・カーター・ジュニア元大統領も、アメリカには「民主主義ではなく寡頭政治」が定着していると考えていた。「無制限の政治的賄賂」が、「大口献金者への見返りとして、われわれの政治システムを完全に破壊している」8、つまり、選挙に「過度の影響力」を及ぼしている9。民主党も共和党も、「この無制限の資金を自分たちにとって大きな利益とみなしている」とカーターは強調し、これが「大統領候補の指名を得る、あるいは大統領や州知事、下院議員を選出するための本質だ」と付け加えた10。ドイツのブレーマー・ランデスバンクのチーフアナリスト、フォルカー・ヘルマイヤーもまた、アメリカの体制が寡頭政治に変異したように、民主主義が「デモクラトゥール」(ドイツ語でデモクラティ(民主主義)とディクタトゥール(独裁)を混ぜた言葉)に変異したと指摘した11。

20世紀には、アメリカ合衆国憲法は、フェルディナント・ラサール(1825-1864)が「紙切れ(Blatt Papier)」と呼んだものとほとんど変わらなかった。つまり、事実上の憲法(die wirkliche Verfassung)13は、ウォール街、国防総省と安全保障機構、議会、大銀行などによって起草され、基本的な政治分派を構成し、その利害が軍産複合体と絡み合い、共和党と民主党の決定を決定していた。アメリカの民主主義は事実上、アイゼンハワーが1961年に予言したようになっていた: 「あるいは、アメリカの第4代大統領ジェームズ・マディソン(1809-1817)が予言したように、「いかなる国家も、絶え間ない戦乱の中で自由を維持することはできない」15。そして、1776年の建国以来、2015年12月まで、アメリカは239年のうち218年間戦争状態にあり、国家としての存続期間中に平和だったのは21年間だけである。

26.1 国家の変異

Mutazione dello stato、つまり民主主義が寡頭政治に、金融資本の独裁に変貌することは、新しい現象ではなかった。しかし、アメリカでは富の集中と社会的不平等が進み、支配階級が1929年の大暴落に端を発した世界恐慌以来、かつてないほどの富を蓄積したことで、それは加速した。2013年までに、世界最大の銀行であるJPモルガン・チェースの保有資産は約4兆米ドルに達し、そのうち1兆5,300億米ドルはデリバティブであった16。これらの保有資産はアメリカのGDPの3分の1に相当し、当時は16兆1,000億米ドルと推定されていた17。

経済学者のローレンス・ミシェル、エリス・グールド、ジョシュ・ビベンズの研究によると、米国は所得格差の拡大と、低・中所得層の生活水準の慢性的な伸び悩みに苦しんできた。この現象は1930年代の大恐慌に先立ち、1970年以降に再び起こった。

  • 1970. 『フィナンシャル・タイムズ』紙のコラムニスト、マーティン・ウルフも、技術革新、貿易自由化、金融規制緩和、コーポレート・ガバナンスの変化といった複雑な要因があるにもかかわらず、発展の果実は、米国では社会ピラミッドの頂点にある人々に、他の高所得国でもそれほどではないにせよ、間違いなくもたらされていると指摘している19。実際、2015年までに、主に米国と欧州に住む世界人口の約1%が、地球上の富の50%を蓄積した20。ブルームバーグ・ビジネスウィーク誌のジェシー・ドラッカーによれば、米国は外国の富裕層が財産を隠すための新たなタックスヘイブン(租税回避地)となりつつあった。米国は銀行口座の「新しい世界的な開示基準」を採用することに抵抗し、「ホットな新市場を作り出し、外国の富をため込むのに最適な場所となる」一方で、スイスのような他の国には圧力をかけていた24。
  • 2016年1月のダボス会議で、オックスファム(英国登録機関)は新たな報告書を発表し、世界で最も裕福な62人の億万長者(ほとんどが米国出身)が、世界人口の最貧困層の半分と同じだけの富を所有していること、つまり世界人口の1%が他の99%よりも多くの富を持っていることを明らかにした。このような所得の集中は2010年以降加速し、最も裕福な億万長者オリガルヒの数は減少したが、それ以外のオリガルヒが蓄えた富は、2015年には5,000億米ドル(3,500億ポンド)から1兆7,600億米ドルに増加した25,26。

1857年のパニックが発生した19世紀後半に始まった金融寡頭政治への富の蓄積は、20世紀を通じて顕著になり、1970年以降、21世紀の最初の10年間でさらに加速した。政治権力はますますウォール街の大企業、特に銀行に集中し、米国の民主主義は萎縮していった。米国の保守主義の代表として有名な元共和党上院議員バリー・M・ゴールドウォーターは、回顧録の中で「ウォール街の銀行は、1912年にウッドロー・ウィルソンを大統領に当選させるために資金力を提供した」と書いている27。さらに彼は、国際的な銀行家は政府に信用を与えることで金儲けをし、こうした多額の国家債務は巨額の利子となって貸し手に返ってくると付け加えた。1930年代にルーズベルト大統領に対するウォール街のファシスト的陰謀を糾弾したスメドリー・バトラー将軍は、1916年にウッドロウ・ウィルソン大統領が、「戦争から我々を守る」というスローガンを掲げて再選されたことを思い出した。その5カ月後、彼はドイツに宣戦布告するよう議会に求めた。「では、なぜ我が国政府は突然その考えを変えたのだろうか?とスメドレー・バトラー将軍が尋ねると、彼はこう答えた: 「もしフランス、イギリス、イタリアが戦争に負ければ、彼らがアメリカの銀行や兵器メーカーに負っていた50億~60億米ドルを支払う余裕はなくなる29。ソ連崩壊後のアメリカの外交政策は、銀行、石油、軍需の大企業の利害に導かれ、陸海空における全領域的支配と全領域的優位の国際展開にますます従事するようになった。その戦略的目的は、最も多様な国々で民主主義を推進するという口実のもと、一元的な経済空間を作り出すことであり、金融資本の国際的独裁を通じてアメリカの完全な優位性を広めることであった。経済空間が拡大すればするほど、ウォール街を拠点とする金融寡頭政治の政治力は増大するこれが、オバマ大統領が大西洋横断貿易投資パートナーシップと環太平洋パートナーシップ(TTIPとTPP)条約に署名し、一方ではEUを、他方では中国とロシアを取り囲むためにあらゆることをした理由である。同時に国防総省は、ロシアを中国、イラン、ダーイッシュと同様に国家安全保障上の脅威の地位に再び引き上げ、NATO、特にドイツに対する軍事的支配を維持し、2016会計年度の予算をより多く引き出そうとした30。

ジョージ・ワシントン大学のジョナサン・ターリー教授(公法学)は議会証言の中で、特にジョージ・W・ブッシュ政権とバラク・オバマ政権で起きたように、立法府の承認なしにイラクとリビアで戦争を始めたように、行政府に権力が集中することの危険性を指摘している31。ニューヨーク州立大学ストーニー・ブルック校労働者階級生活研究センター所長のマイケル・ツヴァイク教授の研究によると、戦争が始まった2001年から2011年までの間にアフガニスタンで亡くなった人の約78%が労働者階級であった33。しかし、大統領権限だけが強化されたわけではなく、軍事・国内安全保障機関の予算も膨れ上がった。1961年にドワイト・アイゼンハワー大統領が、アメリカ政府に「軍産複合体による……不当な影響力の獲得」を警戒するよう警告したときと同じように、企業、政府機関、ロビイストのこの新しい連合は、体制を圧倒した34。

歴史は彼の予言を裏付けた。軍産複合体は、共和党であれ民主党であれ、すべての政権を取り込み、人質にした。そして軍事費は、戦争産業とその生産連鎖を支えるために増大し続け、生産された軍需品と再生産資本を消費するために、恒久的な戦争の必要性と、米国の国家安全保障に対する現実の、あるいは認識された脅威を生み出した。失業者を増やし、戦争産業が立地するいくつかの州(カリフォルニア、テキサス、ミズーリ、フロリダ、メリーランド、ヴァージニア)の経済活動を混乱させることになるため、どの政権も、深刻な政治的影響なしに戦争産業を後退させることはできなかった。特に資本集約的な兵器メーカーにとってはそうであった。彼らの関心は、国防総省が備蓄を空にし、軍備を促進し、他国に売り込み、新たな発注を行い、莫大な手数料と配当を生み出すことができるように、実際の戦争でこれらの兵器を実験することにあった。

2013年現在、アメリカが世界中に約800の軍事施設を保有している理由のひとつはここにある。そのうちの23はヨーロッパにあり、そのほとんどがドイツにある。後者は、中東、アフリカ、東南アジアでのテロ容疑者に対するドローン攻撃による超法規的標的殺害に欠かせない。また、ブルガリア、コロンビア、アルバ、オーストラリア、バーレーン、ケニア、カタールなど70カ国以上に点在する数百の施設に加え、日本に23施設、韓国に15施設、イタリアに7施設35があり、その費用は850億~1,000億米ドルにのぼり、さらに2014会計年度を通じて1,600億~2,000億米ドルが紛争地域に費やされている。 36 さらにオバマ大統領は、カブール、バグラム、マザール、ジャララバード、ガルデス、カンダハール、ヘルマンド、シンダンド、ヘラートの9つの基地を2014年以降もアフガニスタンで運用し続ける計画であった37。加えてポーランドや他の東欧諸国にAGM-158 JASSM(統合空対地ミサイル)を含む近代的な戦争装備を供給し、NATOの隠れ蓑の下でバルト諸国にさらに兵力を送る計画であった。

ワシントンの何千人ものロビイストたちは、国防総省、国土安全保障省、司法省への予算配分の絶え間ない増額を確保してきた。毎年何千億ドルもの資金が、107,035人以上を雇用し、2013年には520億米ドル以上の闇予算を見積もった16の文民・軍事安全保障機関と、絶え間ない戦争予算で絶え間ない戦争の足並みを推し進め続けた軍事請負業者に流れている38。そして皮肉なことに、ジョナサン・ターリー教授は、この影響力の全盛期はオバマ大統領の下で起こったと指摘する。オバマ大統領は、自らの裁量でドローンによる空爆を過激に拡大し、在任中の8年間で何兆ドルもの資金が軍事・安全保障企業に流れた39。

フランシスコ法王は米国議会での演説で、「個人と社会に計り知れない苦しみを与える」ことを企む連中に、なぜ殺傷力のある武器が売られるのかと率直に問いかけた。その答えは、悲しいかな、誰もが知っているように、単純に金のためである。血にまみれた金、多くの場合、罪のない血である」40。実際、ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によれば、米国は依然として世界有数の武器輸出国であり続け、他国への移転量は2005~2009年と2010~2014年の間に23%増加した。 41 その最大の市場は湾岸協力会議諸国であり、その戦争物資の輸入は、中東の全輸入の54%を占め 2005~2009年から2010~2014年の間に71%増加した。SIPRI武器・軍事支出プログラムのディレクターであるオード・フルーランは、「米国は長い間、武器輸出を主要な外交政策および安全保障の手段と見なしてきた」としながらも、「近年は、米国の軍事費が減少する中で、米国の兵器産業が生産水準を維持するために、輸出がますます必要とされている」と付け加えた43。

兵器メーカー上位100社の売上高のうち42社は米国に本社を置いている。

しかし、本質的には、オバマ大統領は、キューバとの関係を回復し、核問題でイランと合意に達した以外は、ジョージ・W・ブッシュの外交政策をほとんど変えなかった。オバマ大統領は、「神に選ばれし民」や 「優秀な民族」の変形である。「例外主義」や 「不可欠な大国」という観点から米国を捉え続けた。しかし、金融資本が国際法のルールによって世界の均衡を保つことができなくなったとき、アメリカが輸出しようとした民主主義は露呈し、帝国的権威主義がむき出しになった。そしてジョージ・W・ブッシュ大統領が、(もはや存在しない)大量破壊兵器を一掃し、イラクと中東全域に民主主義を確立するという口実でイラクに侵攻したとき、彼は戦略的ミスを犯した。元NSA長官のウィリアム・E・オドム将軍は、上院外交委員会で、「ブッシュは自分の手に負えない現実を形作ろうとしていた」と語った。

26.2 ビッグ・ブラザー

以前のジョージ・W・ブッシュ大統領と同様に、オバマ大統領もジョージ・オーウェルの有名な小説『1984年』に登場するビッグ・ブラザーの役を演じ、その語彙の中で「戦争は平和であり、自由は奴隷であり、無知は力である」47と明かした。ジョージ・H・W・ブッシュ大統領(1989~1993)が1991年に米国議会で発表した「平和と安全、自由、法の支配」という新しい国際秩序は、ますます薄れていった。秩序は断片化し、弱体化し、形骸化し、国家主権の原則は国際法の基盤として事実上消滅した。保護する責任(R2PまたはRtoP)や「人道的介入の権利」のような策略によって、主権は絶対的な権利ではなく特権であるとされ、侵食されていった。この文脈で国家が善政の戒律に違反した場合、国際社会(米国とその属国である欧州連合)はその主権を剥奪し、軍事的に政権を転覆させる義務を負うことになる。このため、米国は解決策を見出そうとするよりも紛争をエスカレートさせ、独裁的で一方的な民主主義モデルを他国に押し付けようとする試みは、混乱やテロ、そしてウラジーミル・プーチン大統領がネオファシスト(ウクライナ)やイスラム過激派(中東など)と呼ぶ人々の出現への扉を開くだけだった49。

フランク・R・フェッチ教授率いるハイデルベルク国際紛争研究所(HIIK)の「紛争バロメーター2014」によると、オバマ政権下の世界の紛争件数は2013年の414件から2014年には424件に増加したが、暴力性のハイ・コンフリクトは21件、限定的な戦争は25件に減少した50。また、国連難民高等弁務官事務所の情報によると、2013年から2014年にかけて、世界中の難民の波はかつてないレベルに達した。戦争、紛争、広範な暴力、人権侵害の激化の結果、2014年末までにその数は5,950万人にまで膨れ上がった51。2015年11月までに、その総数はすでに6,000万人を超え、そのうちの数百万人が、彼らにとってエルドラドのように見えるヨーロッパ、特にドイツに逃れている。

テロ攻撃の件数も2013年に比べて2014年は増加した。国務省の報告書によると、2014年には世界中で13,463件のテロ攻撃が発生し、32,700人が死亡、34,700人以上が負傷した。ジョージ・W・ブッシュ大統領が対テロ戦争を展開したアフガニスタンだけでも、2013年から2014年にかけてテロ攻撃の件数は38%増加し、死者数は45%増加した54。

これらの数字は、ジョージ・W・ブッシュがアフガニスタン、続いてイラクを攻撃して始めた世界規模の対テロ戦争における米英の大敗を裏付けるものであり、この戦争で米英とその同盟国は、2016年初めまでに8331人の死傷者を出した。 55 オバマ大統領は、より多くのアメリカ人の命が無駄に失われることを恐れたが、それでも海外有事作戦という名のもと、主に「一般的にドローンと呼ばれる遠隔操縦機」を使って戦争を継続した56。しかし、2011年5月2日にアボタバド(パキスタン)でネイビー・シールズ・チームがオサマ・ビンラディンを処刑したことを除けば、オバマ大統領はいかなる戦いにも勝利することはできなかった。

オバマは、テロとの闘いにおいて、他に大きな成果を挙げることはできなかった。イラク、アフガニスタン、パキスタン、ナイジェリアは、ジハード主義者による攻撃が最も激化した国々である。そしてこれらはまさに、アフリカの基地やとりわけドイツのラムシュタイン空軍基地から発射されたCIAの無人機が最も頻繁に標的とした国々だった。ダーイッシュは攻撃に最も頻繁に関与している組織として際立っており(他にはボコ・ハラム、タリバン、アル・シャバブが含まれ、いずれもスンニ派過激派、サラフィ・ワッハーブ派)、2014年12月までに90カ国から約1万6000人の外国人が参加し、シリアとイラクで大混乱を引き起こしていた57。

これらのアラブやヨーロッパからの外国人のほとんどは、コーカサス(ロシア、ウズベキスタン、チェチェン)やシリアからのジハード主義者たちが「穏健な反体制派」を装っているのと同様に、トルコやヨルダンの米軍特殊部隊によって訓練された者たちであることは間違いない。彼らは実際には、ワクチンハト・アル・ヌスラ、アンサール・アル・シャリアなど、7000の過激派イスラム集団のいくつかの潮流に属していた58。「いわゆる穏健派は蒸発した」とジャーナリストのシーモア・ハーシュは指摘している59。

2013年半ば、当時マーティン・デンプシー将軍が長官を務めていた国防情報局(DIA)から、バッシャール・アル=アサド政権が崩壊すれば、リビアと同じように混乱が生じ、ダーイッシュの過激派ジハード主義者がシリアの権力を掌握するだろうと予測する極秘の見積もりを受け取ったオバマ大統領は、軍の参謀総長の相当数の抵抗にもかかわらず、シリア政権と戦うジハード主義者を準備するために5,000万米ドル以上を浪費した後、訓練プログラムを中断した60。当時DIAのトップだったマイケル・フーリン将軍は、著名なジャーナリスト、シーモア・ハーシュに、2012年から2014年にかけて、アサドの崩壊は混乱を意味し、テロリストがシリアで権力を握るだろうという警告を統合参謀本部に何度も送っていたことを認めた61。しかし、軍参謀本部は分裂し、矛盾した政策を実施し、オバマ大統領はロシアとの冷戦という考えと、同盟国アサド打倒とタルトゥスの海軍基地排除という目標に執着し、聞く耳を持たなかった。

ロシア国防相のスポークスマンを務めるイーゴリ・コナシェンコフ少将は、オバマ大統領はシリアの反体制派を 「穏健派か穏健でないか」、テロリストを 「悪者か非常に悪者か」で分けていると述べた。彼は、このことが「二重基準と屁理屈に基づく不条理劇場を思い起こさせる」と指摘した62。そして、前回の大失敗はともかく、米国は2015年6月、「穏健な反政府勢力」のための軍備購入に1億3600万米ドルを費やし、そのうちの3億6700万米ドルをシリアで使用した。

議会が承認した5億米ドルのうち3億6700万米ドルを使って、2015年10月に米空軍のC-17機によってシリア北部に投下された機関銃、手榴弾、自走式ロケット弾を送ったのだ63。オバマ大統領とワシントンの誰もが、サウジアラビアとカタールを経由していわゆる「世俗的反体制派」に送られた武器のほとんどが、ダーイシュを形成することになる過激派テロリストのジハード主義者の手に渡ることを知っていた。『ニューヨーク・タイムズ』紙は2012年にそのように報じていた64。事の真相は、戦争産業の利益に貢献することが目的のひとつだったということだ。

26.3 混沌の民主主義

多くの点で、オバマ大統領の外交政策は悲惨だった。彼が許可したNATOによる空爆は、アフリカで最も豊かな国のひとつであるリビアを荒廃させた。カダフィ政権の崩壊は、同国を経済的・政治的混乱に陥れ、無国籍地域へと変貌させた。トリポリとトブルクを拠点とする2つの脆弱な政府は、権力が部族、敵対グループ、絶え間なく対立するテロリストの間に分散し、空港や油田などの収入源を武装して所有していたため、何も支配していなかった65。2015年11月に発表された国連人権事務所と協力した国連リビア支援団(UNSMIL)の報告書によれば、拉致、拷問、殺害、処刑、民間人地域への爆撃、財産の破壊、その他の虐待など、国際法は日常的に侵害され続けた66。ダイスは人口10万人のリビア東部のデルナ市を支配し、ベンガジとトリポリの間、地中海沿岸のシルテに本部を設置した。そこからソーシャルメディアを通じて西側からジハード主義者を募り、ローマから到着した彼らは、密輸された武器、弾薬、食料、電子機器などの物資とともに、トヨタのピックアップトラックでサハラ砂漠を越えてシリア(シャーム)に派遣された67。NATOの顔色をうかがうアメリカ、フランス、イギリスだ。リビアの民主主義はどこにあったのか?おそらく砂漠の砂の中だろう。

ビクトリア・ヌーランド国務次官補とジェフリー・R・パイアット駐キエフ・アメリカ大使が調整したウクライナのクーデターは、またしても大失敗に終わった: プーチン大統領は、ネオナチと超国家主義者がキエフで権力を掌握するやいなや、黒海のセヴァストポリ海軍基地を確保するためにクリミアをロシアに編入し、ロシア語を話すドンバス地方(ドネツクとルハンスク)との内戦を引き起こした。クリミアとセヴァストポリ基地を失い、ウクライナで最も豊かな地域である東部と南東部が分離独立したことで、ウクライナは西側諸国にとって経済的に魅力が低下した。しかし、2015年11月にキエフに新たな殺傷力のある武器を送ることで、ワシントンはウクライナの平和を望んでいないように見えた。

ウクライナは破産していた。通貨フリヴニャは2014年2月以降、対ドルで70%の価値を失い、対外債務は2015年12月にはGDPの94.4%を超えていた70。IMFによれば、GDPは11%減少し、以前の予測よりもはるかに悪化する。それでもIMF理事会は、デフォルト(債務不履行)に陥りそうな国や戦争状態にある国には金融支援を行わないという独自のルールを変更した。2015年12月には、ロシアと債務不履行状態にあり、30億米ドル以上の債務を負っているウクライナに対し、民間債権者への返済を一切条件とせずに信用枠を更新した72。

そして不安定さは長引いた。2016年2月3日、ポロシェンコ大統領とアルセニー・ヤツェニュク首相が経済と国有企業の改革を妨害し、特にエネルギー部門に蔓延する汚職を隠蔽・助長したとして、アイヴァラス・アブロマヴィチウス経済相とそのチーム全員が辞任した73。そして、ミンスク合意の実施をめぐる行き詰まりは解決されなかった。ネオナチと超国家主義者が支配するヴェルホヴナ議会は、ドネツクとルハンスクの自治を承認することに抵抗した。ドンバスの分離独立は、GDPの15%、ウクライナの輸出の4分の1を担う地域の喪失を意味した。2015年12月まで約9100人の犠牲者を出した内戦は、断続的に続いていた74。そして2016年初頭、ウクライナは深刻な経済・政治危機に陥った。ウクライナは、175億米ドルの融資の残額を引き出すためにIMFが要求した改革をすべて実行できなかった。汚職が蔓延し続けた。また、ネオナチや超国家主義者、そしてアルセニー・ヤツェニュク首相のヴェルホヴナ議会での抵抗は、ウクライナ再統一のために権力を分散化し、ドンバスの州、特にドネツクとルハンスクの共和国に特別な地位を与えるというミンスク合意の条項の承認を妨げた。

しかし、ヤツェニュク首相はポロシェンコ大統領との権力闘争に巻き込まれ、深刻な経済危機の中で不人気が高まっていた。プレッシャーと汚職スキャンダルにもかかわらず、彼は辞任しなかった。ヤツェニュクに近かったビクトリア・ヌーランド国務次官補は、キエフの混乱がウクライナへの支援継続に疑念を抱かせ、欧州連合(EU)が対ロ制裁を一時停止することを懸念した76。欧州委員会のジャン・クロード・ユンケル委員長は、ウクライナが今後20年間はNATOに加盟しないと宣言した77。欧州連合(EU)は、ウクライナのためにロシアと対立する気にはなれなかった。キエフは、好むと好まざるとにかかわらず、弾丸をかじり、ミンスク合意を履行しなければならないだろう。地政学的な現実として、ウクライナは当初から経済的に一体化していたロシアから切り離すことはできなかった。しかし、2016年3月になっても行き詰まりは続いており、投資銀行ホライゾン・キャピタルと米国資本のプライベート・エクイティ・ファンドWNISEFの元CEOであるナタリー・ヤレスコ財務相は、すでにアルセニー・ヤツェニュクに代わって首相の座を狙っていた。ヤレスコはシカゴ生まれのウクライナ人で、1990年代初頭に在キエフ米国大使館の経済部長を務めたこともある米国務省の全幅の信頼を寄せていた。カーライル・グループLPエマージング・ソブリン・グループLLC、グレイロック・キャピタル・マネジメントLLC、LNGキャピタルLLP、ゴールデン・ツリー・アセット・マネジメントLPといった欧米の影の銀行がウクライナを支配し続けなければならなかった。

26.4 代理戦争

一方、中東では、ダーイッシュの台頭とイラクへの進撃が止まらないため、オバマ大統領はダーイッシュを封じ込めるための空爆を命じ、その後、アサド政権退陣運動で最も積極的だったオランド仏大統領とともにシリアで違法な活動を行った。両国の空軍は、アメリカ、フランス、その他の同盟国からのジェット機で地上の状況に影響を与えた。しかし、ダーイッシュの部隊がアサド政権との戦いを継続できるように、ダーイッシュ自身ではなく、マイナーで二次的な標的を攻撃していた。ダーイッシュは後で壊滅させる方が簡単だというのが彼らの考えだったのだろう。2014年8月8日に開始されたインヒアレント・リゾルブ作戦は、2015年11月15日までダーイッシュとの戦いで大きな成功を収めなかった。2015年11月16日、イラク国境に近いシリア東部のアル・ブカマルでISIS(ダーイシュ)の石油インフラと輸送トラックを空爆する約45分前、米国は通告を出した: 「警告、空爆が行われる、石油トラックは破壊される。直ちに石油トラックから離れろ。口実は民間人の犠牲を避けることだったが79、米国は民間人を救うためにこれほど配慮したことはなかった。標的地域にいた民間人とは、明らかにダーイッシュのテロリストと石油密輸業者であり、彼らは明らかにメッセージを受け取り、トラックから降りて逃げた。アメリカの戦闘機は116台のトラックだけを破壊し、メディアはこの偉業を大勝利と喧伝したが、それでもまだ数百台が残っていた。A-10イボイノシシやAC-130の機関銃や大砲を使った石油トラックへの別の攻撃でも、同じような告知がなされた。他の場面でも確かにそうであったように、彼らは抜け出した。それでも米空軍は、シリアとイラクの国境沿いで280台の石油トラックを破壊したと報告した。

実際にISISを打ち負かしたり、シリアに民主主義を導入したりすることが、アメリカの介入の目的ではないことは明らかだった。その代わりに、アメリカは「穏健な」ジハード主義者(そんなものが存在するかのように)の勝利と、タルトゥスの海軍基地を閉鎖することをいとわない政権の樹立を望んでいた。ウクライナのクーデターと同じような理由で、セヴァストポリ基地を標的にしたのだ。最終的には、ロシアによる地中海と大西洋の暖かい海へのアクセスを遮断することになる。こうしてプーチン大統領は、オバマ大統領、オランド大統領、エルドアン大統領、そしてキャメロン首相の、紆余曲折を経た隠蔽政治に直面し、シリアへの軍事介入を躊躇しなかった。

彼は以前、サウジアラビアやイスラエルを含む中東の数カ国の政府と会談していた。プーチンはネタニヤフ首相に、イスラエルの地中海ガス田の警備をモスクワが担当することを提案し、また、最大の油田であるリヴァイアサンの開発と、ガスをヨーロッパに輸出するためのトルコへのパイプライン建設に70億~100億ドルのロシア投資を提案した81。

同盟関係を追求し、この地域の潜在的な敵対者を安心させるための外交活動の後、プーチン大統領は2015年9月28日の国連総会で、中東と北アフリカのいくつかの国々における「権力の空白」は「明らかに無政府状態の地域の出現をもたらし、それらはすぐに過激派やテロリストで埋め尽くされた」と宣言した。 83 さらにプーチン大統領は、いわゆるイスラム国には 2003年の侵攻後に路上に捨てられたイラク軍の元兵士や、「国連安保理決議1973の重大な違反の結果」主権が破壊されたリビアからの多くの新兵など、数万人の過激派が加わっていると付け加えた84。プーチン大統領はまた、西側諸国から「穏健派」のレッテルを貼られたシリアの反体制派のメンバーが、彼らが受け取った武器と訓練でイスラム国に加わっていると非難した。プーチン大統領は、この状況は「極めて危険」であり、このような状況で「テロの脅威について宣言すると同時に、麻薬密売、違法な石油取引、武器取引からの収入など、テロリストの資金調達や支援に使われている経路に目をつぶるのは偽善的で無責任だ」と警告した85。「テロリストに媚びることは、近視眼的であり危険だ」と彼は警告した86。そして、ISISのテロリストの同盟国であるアフラール・アル・シャーム(ハラカト・アフラール・アル・シャーム・アル・イスラーミヤ)、あるいはイスラム・レバントの自由人のイスラム運動、その他のグループへの裏の支援は、まさにオバマ大統領、オランド大統領、エルドアン大統領がシリアのアサド政権崩壊のために行っていたことだった。プーチン大統領は、NATOの航空機がシリアとの国境にあるトルコのイスケンデルン空軍基地に到着し続け、ムアンマル・カダフィの崩壊後に捕獲された武器庫からの戦争物資やリビア民族移行評議会のジハード主義者を運んでいることを十分に認識していた。

26.5 ロシアの介入

プーチン大統領の演説は、バッシャール・アル=アサド大統領に退陣を求める最後通牒を突きつけても、何の成果も得られなかったし、今後も得られないだろうと西側諸国を納得させたようだった87。そして数日後の2015年9月30日、ロシアはバッシャール・アル=アサド大統領の要請を受けて、公然とシリアに介入した。スホーイ12、スホーイ24M2、スホーイSu-25、スホーイSu-30SM、スホーイSu-34の戦闘機がラタキア県のフメイミム空軍基地を飛び立ち、シリア北西部のダイスの拠点を爆撃した。カスピ海艦隊の6隻の軍艦(ゲパルト級フリゲート艦と3隻のブヤンM級コルベットを含む)は、超音速3M-14TカリブルNK(Klub-N)VLS巡航ミサイルを発射した。ロシア軍のジェット機の出撃とカスピ海から発射された3M-14TカリブルNK巡航ミサイルは、シリア・アラブ軍、ヒズボラ、イラン革命防衛隊とクード軍による地上攻撃と連携していた。

シリアへの介入は、超音速3M-14TカリブNK巡航ミサイルなど、ロシアの巨大で高度な軍事力を見せつけた。国際的なシナリオ、特に戦争の展開は、量的にも質的にも変化した。この介入は、中東におけるロシアの地位を守り固めただけでなく、米国、トルコ、NATOの一部のパートナーの政治的・戦略的目標を複雑化させた。この目標は、シリアを解体し、いくつかの自治区に断片化し、サウジアラビアやトルコのような反政府勢力のスポンサー間の意見の相違を減らすために、小規模な連邦政府を設置することにあった89。アメリカの経済学者ポール・クレイグ・ロバーツは、「プーチンは、ワシントンに従属する世界を打倒する革命を起こした」と書いている90。そして、この介入は、アサド政権と戦うためにより多くのジハード主義者の通過を確保することに加え、ダーイシュのテロリストやその他のグループの供給を保護するため、シリアとトルコの国境に飛行禁止区域を実際に設定しようとする、アメリカや西側諸国の支援を受けたアンカラの試みを挫折させ、妨害した。

2015年10月30日、ロシアとアメリカを中心とする29カ国の代表がウィーンで会合し、シリア戦争の解決策について話し合った。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相にとって最も重要な決定は、米国がイラクで行ったように、シリア国家を分割したり、バッシャール・アル・アサド大統領の軍隊を解体したりせず、ダーイッシュが失業したスンニ派兵士を最終的にリクルートできるようにすることを目的としたものだった。ロシアとイランが支持し、アメリカ、トルコ、サウジアラビア、その他の湾岸首長国がなんとしても打倒したいと考えているバッシャール・アル=アサド大統領の運命については、結論は出なかった。中東情勢は最も複雑で困難なものだった。その根深く過激な対立には、大国と小国との間の経済的、政治的、地政学的対立だけでなく、地域的、部族的、民族的、宗教的な反目も含まれていた。ワッハーブ派の専制国家であるサウジアラビア、湾岸首長国連邦、エルドアン大統領がトルクメン人の反政府勢力やワクチンハット・アル=ヌスラ、アフラール・アル=シャムなどシリアのテロ集団を支援するトルコは、いずれもスンニ派であり、ユダヤ人国家であるイスラエルに加え、シーア派の国であるイラン、アラウィー派を個人的に信奉するバッシャール・アル=アサド大統領が率いる中東で現存する唯一の世俗政権であるシリアと対立していた。レバントでは複数の国家・非国家勢力が活動していた。

2015年10月31日、シリアでの停戦の可能性がウィーンで議論されている最中、ロシアのコガリマヴィア社の9268便(メトロジェットエアバスA321-200)が、年間1000万人の乗客(主に観光客)が利用するシャルム・エル・シェイク空港からサンクトペテルブルクを目的地として出発した。飛行開始20分後にシナイ半島のワディ・アル・ゾロマット上空で爆発した。乗客224人全員が死亡した。ダイスはこの攻撃をロシアのシリア介入に対する報復だと主張した。ロシア連邦保安局(Федеральная служба безопасности Российской Федерации)のアレクサンドル・ボートニコフ局長は、コガリマビア9268便に密輸された爆弾はTNT1kgの容量だったと明らかにした。また、ダーイッシュのテロリストは、自家製爆弾と起爆装置がシュウェップスのゴールド缶に入っていたという情報(一部の専門家には疑わしい)を公表した91。

アフリカとアジアの最も異なる都市でほぼ毎日いくつかのテロ攻撃が発生し、数百人の死者を出し、企業メディアによってあまり強調されることなく報道される中、2015年11月13日のパリでの流血攻撃は西側諸国を警戒させ、2015年1月7日にユーモラスな週刊誌「シャルリー・エブド」のジャーナリストが殺害されるという別の大虐殺がすでに発生していたフランスを震撼させた。それまでバッシャール・アル・アサドを排除することを目的としていたシリア作戦の焦点は、しばらくの間、ダーイッシュとの効果的な戦闘に移された。さらに、ワシントン、パリ、ロンドンは、ジャイシュ・アル・ムハジレン・ワル・アンサル、ハラカト・シャム・アル・イスラム、ジュヌード・アル・シャム、ファタハ・アル・イスラムといった「穏健派」反体制派を標的にした砲撃を批判していたロシアとの協調の必要性を理解した。実際には、彼らは皆、バッシャール・アル=アサド大統領の世俗的な政権を解体しようとするイスラムのテロリストだった。パリのテロから2日後の11月15,16日、トルコのアンタルヤでG20が開かれ、プーチン大統領はオバマ大統領とも個別に会談した。プーチンはこれらの同僚に、トルコに石油を密輸している石油トラックの写真と、G20の一部のメンバーを含む40カ国に住むダーイシュに資金を提供している人々のリストというロシアの情報を提示した92。これらの国の名前は報道機関には公開されなかったが、トルコ、サウジアラビア、カタール、クウェート、アラブ首長国連邦が含まれていると考えていいだろう。これらの大富豪たちは、イスラム教の5本柱のひとつである強制的な寄付(ザカー)と、「人道支援団体」を装ったイスラム慈善団体への自発的な寄付(サダカ)を行っていた。テロリストたちの主要なスポンサーには、カタールのタリク・ビン・アル・タハール・アル・ハージムや、クウェートでは大富豪で国会議員のムハンマド・ヘイフ・アル・ムタイリ、スンニ派の聖職者シャフィ・アル・アジュミなどがおり、彼らはシリアでの聖戦のために資金を集めていた93。

シリアとイラクの油田がダーイシュに占領される以前から、テロリストの主な資金源はサウジアラビアと湾岸協力会議の首長国であることをワシントンは知っていた。ヒラリー・クリントン国務長官は、ウィキリークスが公開した2009年12月30日付の秘密公電131,801号で、「サウジアラビアは、アルカイダ、タリバン、LeT、そしてḤamāsを含む他のテロリストグループにとって、依然として重要な財政的支援拠点であり、サウジアラビアの資金源からおそらく年間数百万ドルを調達している。 「95 しかし、アメリカとEUの属国は、サウジアラビアと湾岸協力会議(GCC)の首長国に大量の武器を売り続け、その多くがテロリストに渡った。ワシントンは、エルドアン大統領がダーイッシュを操っていることも明らかに認識していた。トルコの国家情報機関MİT(Millî İstihbarat Teşkilatı)は、弾薬、爆発物、医薬品、偽造トルコ・パスポート(1人500ポンド)を彼らに供給していただけでなく、アレッポから120キロ離れたガジアンテプの町で負傷したテロリストに医療支援を提供し、さらにさまざまな国からの他の戦闘員のシリア入国を促進していた96。トルコ国籍の少なくとも1000人が、外国人ジハード主義者(チェチェン人やその他のコーカサス人)のシリアとイラクへの侵入を手助けしていたと報告されている97。渡りは通常、トルコ南東部にある戦略的な国境の町アクカカレから、この地域を支配していたダイスの本部ラッカの北60マイルにあるテル・アビャドの町まで行われていた98。

メフメット・アシュカルは、ダーイシュに所属していた疑いでトルコで逮捕された11人のうちの1人だった。同国の高等刑事裁判所であるNiğdeでの公判で、彼は戦闘が始まった2011年以降、トルコ国家情報機構(MİT)がシリアの反体制派への武器の密輸を手助けしていたと自供した99。彼の仲間であるハイサム・トゥバリェ(別名キーセム・トパルカ)も、MİT内部の人脈のおかげで、2013年に何の検査も受けずに護衛付きでジハード主義者のために100丁のNATOライフルを持ち込むことができたと供述している100。

2015年10月21日、野党・共和人民党(CHP)のエレン・エルデム代表とアリ・シェケルダ代表がイスタンブールで記者会見を開いた。彼らは、アダナの検察当局の調査によって、MİTが2013年8月21日にグータで1300人の市民を殺害したサリンをダーイシュに供給していたことが確認されたこと、そしてこの攻撃は実際には偽旗作戦であり、バッシャール・アル=アサド大統領を化学兵器で非難するために画策されたもので、米国のシリア介入に対してオバマ大統領が設定した「レッドライン」に違反するものであったことを明らかにした101。代表者たちは、政府高官がベキル・ボズダグ法務大臣の知るところなく、メフメト・アリカン検察官に捜査に終止符を打ち、いかなる行動も起こさないよう指示したと非難した。MİTとダーイシュの緊密な協力関係は、当時のエルドアン首相の同意と知識なしには起こりえず、特にこのニュースがトルコの新聞に掲載されたときはなおさらであった。エルドアン首相は、アサド大統領を退陣させるためにあらゆるカードを駆使しており、国防情報局の報告書102によれば、トルコのZirve Import Export Ltd.が輸入したサリンガスを使った作戦は、シリアで常に活動しているサウジアラビアの情報総局Al Mukhabarat A. amah/Ri’āsat al-Istikhbārāt al-‘Āmahと協力してMİTが実行した可能性がある。

26.6 テロの資金源

プーチン大統領は、ダーイッシュがそれまで存在したどの非国家主体とも違うことを知っていた。同じような資金力(約25億米ドル)、射程2.33マイル(約3350メートル)の米国製TOWミサイルを含む洗練された武器、そしてこのような広大な領土を支配する能力を持っていた者はいなかった。領土には、シリア東部のほとんどの油田(生産量約5万B/D)とイラクのモスル近郊の油田(生産量3万B/D)が含まれていた。ダイスに占領された全領土での総生産量は、ロシアの空爆作戦争前の10月から11月までは、3万4000~4万B/D程度だっただろう。バレルあたりの販売価格は20~45米ドルで推移しており、テロリストたちは1日あたり150万米ドルの利益を得ていた。103。

  • 2014年6月、ハタイ県共和人民党のメフメト・アリ・エディボウル議員はすでに、ダーイシュが8億米ドル相当の石油をトルコに密輸・販売していると主張している。

104ダイスはまた、キリス、ウルファ、ガジアンテプの国境地帯にパイプを敷設していた。ランド・コーポレーションは、ダーイッシュの武装勢力は、移動式製油所に加えて、15万bpd以上の生産能力を持つ数十の油田を支配していたと推定している105。また、イラク・エネルギー研究所によると、シリアのデイル・エゾル(ダイル・アル・ザウル)の油田やイラクの他の油田で採掘された石油は、トルコとの国境近くのザクホに輸送され、ジハード主義者たちはそこでバレルを最低価格で販売し、月に約5,000万米ドルの収入を得ていた106。イスラエルとトルコの仲介業者は、バレルをトルコの都市シロピに輸送し、そこでクルディスタン(イラク)産と表示されたバレルを15~18米ドルb/d(WTIとブレント原油は、41米ドルと45米ドルb/d)で、ファリド博士と呼ばれるギリシャ系イスラエル人の商人に販売し、ファリド博士はトルコの港を経由して他国(主にイスラエル)に輸出した107。108「Quam verum, quod nervi belli sint pecuniae」109だからこそ、ロシアがシリアでの作戦を開始すると、油田だけでなく、シリアのデイル・エゾルやイラク北部のキルクークやモスルからトルコに石油を運ぶ車両への爆撃も大規模に強化したのである。

ダーイッシュのテロリストたちは、通常の金融システムの外側で、複雑で、曲がりくねった、遠大な連鎖を構築し、その連鎖を通じて、密輸原油の価値の10%から25%を現金、武器、弾薬、医薬品、食料で受け取っていた。トルコ国境で活動し、シリアのラッカとイラクのモスルに支部を持つギャングが密輸した原油の代金を受け取る方法はいくつもあった。ロンドン紙『ガーディアン』によると、闇市場での石油販売(イラクの埋蔵量は世界第5位)は瞬く間にダイスの主な資金源(43%)となり、トルコ人が主な顧客となった110。また、その他の犯罪行為に加えて、多額の寄付金、恐喝金、ジャーナリストやその他の乗っ取られた民間人の解放のための身代金、強盗からの収入、バビロンからの古美術品の密輸品も受け取っていた111。

その結果、聖戦士とトルコ人の間の石油取引は、両者が同盟を結んでいる証拠として取り上げられた」と『ガーディアン』紙は指摘し、この共謀がワシントンとヨーロッパの抗議を引き起こしたと述べている。しかし、2015年5月15~16日の夜、デルタフォースのコマンドー(戦闘応用グループ、CAG)がデイル・エズゾールを急襲し、ダイスの収入管理の調整役兼管理者であったチュニジア出身のアブ・サヤフ(ファティ・ベン・アウン・ベン・ジルディ・ムラド・アル・チュニシ)を殺害した113。

26.7 トルコ

トルコは、自国の領土内にあるボスポラス海峡とダーダネルス海峡を通じて黒海への船舶の出入りを制御しているため、地政学的・戦略的に最も重要な国である。また、シリアとイラクが依存していたチグリス・ユーフラテス川流域の合流地点もその管轄下にあり、キルクーク-セイハン間およびバクー-トビリシ-セイハン(BTC)間のパイプラインの分岐点もその管轄下にあった。また、ガスプロムによる電力供給の遮断を恐れたトルコは、イラン・イラク・シリアのオプションに対抗して、カタール・サウジアラビア・ヨルダン・シリア・トルコのガスパイプラインの建設にも携わっていた。そのため、イラクの主権を尊重せず、モスル地域に軍隊を派遣した。

クルド人マフィアの援助により、この密輸石油(約8万バレル)はすべて、シリア東部のコバンベイ、ジャラブルス、キリス間の100キロの国境を越え、ダイスの聖戦士が支配するトルコのザクホに運ばれた。イラクの諜報機関によれば、利益は月に4,000万米ドル、年間総額5億米ドルに上ると見積もられていた114。クルド人は同じルートで、イラクの半自治領から採掘した石油を、バグダッドに一切支払うことなく販売していた。そしてそれは、サダム・フセインが1998年に国連の禁輸措置を逃れるために使ったのと同じ古いルートと地下パイプライン網だった、と当時クルディスタン地域政府の情報責任者だったマスード・バルザニは語っている115。

カタールのファダート・メディアから資金を得てロンドンで発行され、アラブ研究政策センターの創設者であるパレスチナ人学者アズミ・ビシャラが編集長を務める新聞『アル・アラビー』(アラブ人)は、イラク国内の情報源に基づき、ダイスの石油密輸ルートに関するこのような情報を公表した。米国のデビッド・S・コーエン次官(テロ・金融情報担当)が2014年10月にカーネギー国際平和財団ですでに宣言していたように、石油は仲介業者(トルコからの仲介業者もいる)に大幅な割引価格で販売され、1日あたり約100万米ドルをもたらしていた。 117 その数日前、ジョー・バイデン副大統領自身がハーバード大学で開かれた会議で、米国は同盟国であるアラブ首長国連邦とトルコに問題があると発言した。なぜなら、彼らは「アル・ヌスラやアルカイダ、世界の他の地域からやってくるジハードの過激派要素」を含め、「アサドに反対して戦う者すべてに、何億ドルもの資金と何千トンもの武器を注ぎ込んでいる」からだ。 118 バイデンはその後謝罪したが、エルドアン大統領がシリアのテロリストを支持していることをワシントンがよく知っていたことを明らかにしたことに変わりはない。

元CIA諜報員で軍事情報専門家のフィリップ・ギラルディは、テレビ番組『ロシア・トゥデイ』(RT)のソフィー・シェバルドナゼのインタビューで、ワシントンはイスラム国(ISIS/ISILまたはダーイシュ)がアンカラと友好関係を維持していること、トルコがシリアやイラクから密輸される違法な石油の主要な消費国であり、その取引にはエルドアン大統領とその家族が直接関与していることを常に知っていたことを認めた。このため、アメリカの航空機はそれまで石油トラック輸送隊への爆撃を避けていたが、実際に爆撃を始めたのは、プーチン大統領がアンタルヤでオバマ大統領と会談し、ロシアが参戦してからだった119。

大統領の息子であるビラル・エルドアンとその家族全員の関与は、さらに進んでいた。2013年、ビラル・エルドアンはTürkiye Gençlik ve Eğitime Hizmet Vakfı-TÜRGEV(トルコ青少年・教育サービス財団)の理事を務めていた際、元政府高官や実業家とともに汚職と違法献金の受領で告発された。

(トルコ青少年教育サービス財団)の理事を務めていた。彼はまた、父親が受け取った賄賂を洗浄した疑いで、弁護士事務所に説明を求めるために召喚された。この疑惑は、当時の首相であった父親との電話会談の写真や録音を含む文書から浮上したもので、その中で父親は息子に、自宅に保管している金をすべて消滅させるよう警告していた120。その後、2014年初めにも、直接の理由は明かされなかったが、石油パイプライン建設のための賄賂を指していると指摘する新聞もあるなど、1000万米ドルの支払いに関する録音が流出した。エルドアン大統領は否定した。いずれにせよ、シリアのオムラン・アル・ゾービ情報相によれば、ビラル・エルドアンの輸送会社が、聖戦士たちによって征服されたシリアのデイル・エゾールとイラクのモスルで採掘された石油をアジアに輸出するために受け取っていたという証拠がある。そしてこれが、トルコのメディアが彼に「ダーイシュ石油大臣」というあだ名をつけた理由である121。

2015年10月、フランス、アメリカ、ロシアの空軍は、シリア最大の石油埋蔵量を誇るオマル油田があるデイル・エ・ゾール県の油田と精製所を激しく爆撃し、月産170万米ドルから510万米ドルを稼ぎ出した。ここは2014年7月にダーイシュに征服された州だが、聖戦派がその場しのぎの方法で1000bpdの生産を続けたものの、その生産量は約38万3000bpd、天然ガスは日量3億1600万立方フィート(Mmcf/d)で、戦争とともに事実上停止した。この石油はさまざまな方法でトルコに運ばれていたが、アメリカとロシアの連合軍による爆撃によって、石油の密輸インフラ全体が破壊され、トルコに向かう石油トラックも排除され始めていた。

2015年9月、ビラル・エルドアンのBMZグループは、パルマリ海運運輸機関から3600万米ドルの価値でさらに2隻のタンカーを購入し、マルタのOil Transportation and Shipping Services Co Ltd.によって登録された122。しかしその直後から、ロシアによる爆撃の結果、彼のビジネスは大きな被害を受け始め、キャラバン隊、500台以上のダーイッシュの石油トラックが破壊され、アレッポとラッカに向かうシリア・アラブ軍、イラン軍、ヒズボラの進軍の道が引き裂かれた。

エルドアンのBMZグループに石油を輸送していたトラックが破壊され、その結果、経済的損失が生じたことは、おそらくアフメト・ダフトゥール首相が2015年11月24日、トルコ空軍のF-16戦闘機がシリア国境付近でロシアのスホーイSu-24Mを攻撃することを許可した要因のひとつだった。トルコの大統領は間違いなくこの攻撃を知っていた。パイロットのオレグ・ペシュコフ中佐とコンスタンチン・ムラフチン大尉(兵器システム担当官(WSO)は2人ともパラシュートで自動的に脱出した。アンカラが資金提供したシリアとトルクメンのテロリスト民兵の武装勢力は、オレグ・ペシュコフ中佐がまだ空中にいる間にミサイルで殺害し、その後、救助任務に就いていたTyp Mi-8 ヘリコプターを撃墜し、ロシア海軍歩兵の兵士アレクサンドル・ポジニッチを殺害した。コンスタンチン・ムラフチン大尉は、シリア・アラブ軍の兵士の間に落下し、フメイミム空軍基地に搬送されたことで一命を取り留めた。

エルドアン大統領は、スホーイSu-24Mが17秒間トルコの領空に侵入したと主張した。もし本当に17秒間トルコの領空に侵入したのであれば、それは間違いなく事実ではなく、スホーイSu-24Mはシリア領内に墜落したが、撃墜する理由にはならない。トルコにとって脅威ではなかったのだ。スホーイSu-24Mは計画的な待ち伏せの標的だったようだ。アメリカは2015年11月6日、トルコの領空を守るという口実で、6機のF-15Cイーグルジェットをインシリク基地に派遣した123。NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長も同様の立場をとり、大西洋同盟は 「不可分であり、トルコと強い連帯を結ぶ」と述べた。

元空軍副参謀長補佐のトム・マキナニー大将は、トルコのロシア軍機への攻撃は「非常にまずい間違いであり、判断力の欠如を示している」と『FOXニュース』に正論を述べた。それは「過度に攻撃的」であり、彼はこの事件は「事前に計画されていたはずだ」と結論づけた125。実際、これは準備された挑発行為であり、短気なエルドアン大統領は謝罪を拒否したほどだ。アフメト・ダフトオール首相は、スホーイSu-24Mがシリア・トルクメン系少数民族の民兵を爆撃していたと述べて、攻撃を正当化した。これらの民兵はトルコの特殊部隊(Özel Kuvvetler Komutanlığı)によって訓練され、シリアのラタキア地方、ロシア空軍基地の近くで活動していた。彼らは、シリアとの国境に自由地帯を設定し、石油密輸を任務とする石油トラックキャラバンを保護するために、エルドアン大統領が米国の支援を得て採用した一種の第五列だった。脱走したスンニ派兵士でつくられたいわゆる自由シリア軍と同様、シリア系トルクメン人の民兵もまた、サウジアラビアの傭兵と特殊治安部隊の助けを借りてこの地域におり、彼らは2012年にイドリブ県で新兵を訓練している。そして、ワクチンハト・アル・ヌスラやその他のグループのテロリストたちは、こうした「穏健派」の中にいる可能性がある126。

しかし、オバマ大統領は国連安全保障理事会の支持を得られないと確信していたため、トルコ大統領が提案した飛行禁止区域に同意しなかった。エルドアン大統領の目的は、ダーイッシュのテロリストから国境を取り除くことではなかった。バッシャール・アル=アサド政権を清算することに加え、トルコの防衛にNATOを巻き込み(大西洋同盟条約第5条)127、シリアとイラクのペシュメルガ民兵組織であるクルド人民保護部隊(YPG)の行動に反対し、クルド人を粉砕し、クルド労働者党(PKK)を絶滅させることを意味していたのは確かだ。

2015年11月のG20会議の傍らでプーチン大統領がオバマ大統領、フランソワ・オランド大統領と会談して以来、ロシア、アメリカ、フランスの空軍は1300台の石油輸送車も排除し、ビラル・エルドアンとダーイシュの間の不正な石油取引にさらに大きな損失を与えた。スホーイSu-24Mが撃墜される前日の11月23日まで、ロシア空軍は141回の出撃を行い、ラッカの南西15kmにある最大の石油貯蔵所やシリア北部と東部の1000台以上の石油トラックを含む、テロリストが押収した471の目標、油田、精製所、貯蔵所を破壊した128。エルドアン大統領は、ロシアが息子の事業に与えた損害と、トルコがキプロス北部を併合したようにアレッポとシリア北部全域を併合する計画に、間違いなく憤慨していた129。

ロシアの国防相セルゲイ・ルドスコイ中将は、報道陣のインタビューで、ダーイシュがトルコに石油を密輸するために使用したルートの航空写真を公開した。約8000台の車両の車列は、シリアのデイル・エン・ゾール油田から4~5kmにわたって地平線の彼方に伸びており、そこで石油を補給していた。これらの車両は、トルコ最大のチグリス川の支流であるバットマン川の県内、100km離れた場所にある、4つの製油所を運営する大規模なテュプラシュ企業団地130に、約20万B/Dを輸送した。そこでは、おそらくカスピ海の石油と混合され、メルシン、ドルティオール、セイハンの海上ターミナルからイスラエルのアシュドド港に輸出されたのであろう131。マルタを拠点とする海運会社BMZ Group Denizcilikがこの輸出を担当した。その主要株主は、大統領の息子であるビラル・エルドアンであり、ムスタファ・エルドアン、ジヤ・イルゲンと共同で経営していた132。

こうした事実に直面したジョセフ・R・ジョン米陸軍少佐は、2015年12月2日付で議会に宛てた書簡で、CIAが連日報告していたにもかかわらず、なぜオバマ大統領はエルドアンを信用したのかと質問している:

  • 1. トルコの特殊部隊がコンヤ県の秘密基地でテロリストを訓練していた。
  • 2. トルコ大統領の娘であるスュメイエ・エルドアンは、シリア国境を越えたトルコ国内で、負傷したダーイッシュを治療するための秘密の病院キャンプを運営していた。
  • 3. 大統領の息子であるビラル・エルドアンは違法な石油取引に関与し、占領したモスル油田から略奪したイラクの石油をトルコ、シリア、日本、そしておそらくレバノンの石油商社に数十億ドルで売っていた。
  • 4. 密輸された石油は、レジェップ・エルドアンとその息子ビラル・エルドアンを富ませるだけでなく、シリア人とアッシリア人キリスト教徒に対するダイスの資金源として数十億ドルを生み出した。

26.8 グレート・ゲーム

グレート・ゲーム(Bolshaya Igra)では、ロシア帝国(Rossiyskaya Imperiya)は大英帝国とユーラシア大陸の支配権をめぐって戦った。今、このゲームはアメリカの参加によって繰り返されているが、その規模はさらに大きくなっている。そして2015年の終わりには、展望は曖昧になり、矛盾した兆しが見えてきた。金融資本はあらゆる国境に浸透し、米国は欧州連合(EU)との超帝国主義カルテルを率いて、世界規模での支配を強化しようとしていた。1648年にヴェストファーレン条約によって制定された国家主権、国家の平等、内政不干渉の原則である。イマヌエル・カント(1724~1804)が恒久平和(zum ewigen Frieden)のために不可欠と考えたこのシステムは、国連憲章第1条2項によって確認された。その違反はスキャンダル(scandalum acceptum)であり、民主主義を輸出したり、住民を保護したりするために他国に介入するような、他国が追随するような悪い見本であるとカントは書いている135。これは、米国がEUの消極的あるいは積極的な後ろ盾を得て行っていることであった。そして、シリアを苦しめた戦争、イスラム・テロ、制裁、食料の入国さえも阻止した多くの結果のひとつは、大人だけでなく子供も含めて100万人以上の人々を自国からだけでなく、他国からもヨーロッパ全土に押し寄せることを余儀なくさせたことだった。

オバマ大統領は、「慈悲深い世界覇権」、パックス・アメリカーナを押し付けるために、ウィンウィンの条件で勝負していたが、ウクライナでの暴動や、リビア、シリアなどでの代理戦争といった大失敗しか得られなかった。一方、プーチン大統領は多次元的なゼロサムの条件で勝負し、国家主権の原則の普及の上に秩序づけられた多極化した世界を求めていた。プーチン大統領はすべての手において勝利を収めており、まだ最終局面を迎えていない。そして、展開される可能性のひとつは、ロシアがクリミアを再び手放すことはないだろうということであり、ドネツクとルハンスクの両州がウクライナ国内にとどまり、連邦化されたとしても、自治と自決の権利を達成するだろうということだった。ミンスク第2協定が発効するか、紛争が継続するかのどちらかである。シリアに関しては、国連安全保障理事会が和平へのロードマップを確立する決議2254(2015)を採択し、1月に暫定政府のための最初の交渉が予定されている136。しかし、まずはロシアと米国を中心とする連合軍が18カ月かけてダーイシュなどのテロリスト集団を排除しなければならない。

しかし、野党がアサド政権との交渉を拒否したこと、サウジアラビアがテロ組織ジェイシュ・アル・イスラム、アフラール・アル・シャーム、アル・ヌスラ戦線(アル・カーイダのフランチャイズ)の代表をジュネーブの会議に参加させる意向を示したことなど、さまざまな矛盾などから和平交渉は2月上旬に中断され、ロシアはこれを受け入れなかった。この条件は国連安保理決議に反するため、ロシアは受け入れることができなかった。さらに、シリア・アラブ軍部隊とイランのクッズ軍は、最も強力で殺傷力の高いスホーイSu-35Sを含むロシア軍ジェット機の支援を受け、北部のいくつかの村を解放し、トルコとの国境に近く、2011年以来、多くの史跡やその他の建物を破壊したダーイッシュ・テロリストやその他のグループにとって重要な補給路である、シリア第2の都市アレッポに向かって前進していた。2月6日から8日にかけて、バッシャール・アル・アサド軍は、ロシア空軍のおかげで優位に立ち、アレッポの東にあるバルラヒンの丘を占領した。

アレッポの征服は、西側諸国、トルコ、サウジアラビアが煽動するすべての反対勢力を壊滅させるだろう。アレッポ県のバブ・アル・サラマとイドリブ県のバブ・アル・ハワの国境を越えて、反対派がトルコから物資を受け取るルートを断つことになる。これによってバッシャール・アル=アサドは、ダーイシュや他のテロ反対派グループによって占領されていた領土全体を事実上取り戻し、政権移行プロセスの間、少なくとも2年間は政権を維持できる条件を整えたことになる。これは米国とその同盟国が望まないことであり、それゆえにロシアに空爆を止めるよう求めたのだ。しかしロシアは、シリア・アラブ軍の部隊がアレッポ包囲を完了し、バブ・アル・サラマでトルコとの国境を閉鎖するまでは、いかなる停戦も受け入れる用意はなかった。そして2016年2月10日、彼らはその寸前まで追い込まれた。トルコからアレッポとラッカのテロリストへの補給を軍事的に阻止しなければ、停戦はほとんど不可能になる。

シリアでの勝利がアサド大統領の立場を強化する見通しとなったことで、ロシアは中東で決定的な影響力を獲得し、米国との大きな交渉力を得た。しかし、この地域のシナリオは、スンニ派とシーア派の間の深遠で難解なイデオロギー論争が、イスラエル、トルコ、サウジアラビアを巻き込んだ地政学的な覇権争いと絡み合い、ダーイシュとの戦いという怪しげな口実で36のイスラム諸国が連携しているため、はるかに複雑で不利なものだった。トルコとともにサウジアラビアがシリアに侵攻すると脅したのは、バッシャール・アル=アサド政権を支援するイランとレバノンのヒズボラに対抗するためだった。シリア・アラブ軍とその同盟国によるアレッポとラッカの奪還が目前に迫り、トルコとサウジアラビアがすでに表明していることを実行に移せば、戦争はエスカレートするだろう。

しかしアメリカは、ネオコンが想像していたような世界的な警官を演じる手段も条件も持ち合わせていないことに気づいたようだ。アフガニスタンとイラクへのNATOの介入は、その軍事力の範囲と限界の両方を示していた。対テロ戦争の出発点としてジョージ・W・ブッシュ大統領が2001年に引き起こし、オバマ大統領が「必要な戦争」137と主張したアフガニスタン戦争は、成功の見込みがないまま、自国の国民を疲弊させ、1時間当たり400万米ドル(2001年から2015年までで1兆7000億米ドル)138の米国税金を吸い上げていた。カブールには治安も安定もなく、タリバンは攻撃と攻撃を繰り返していた。アシュトン・カーター米国防長官によれば、アフガニスタンにはすでに約1000~3000人のダイスの聖戦士が入り込んでいた139。

ブッシュの対テロ戦争がオバマの海外有事作戦に改名されたにもかかわらず、テロ攻撃は2011年以降、世界中で発生し続けている140。2014年だけでも、13,463件のテロ攻撃が発生し、32,700人以上が死亡、34,700人以上が負傷した141。テロの犠牲者の総数は、2013年と比較して81%も増加していた142。そして2015年、国連アフガニスタン支援団(UNAMA)と国連人権事務所(UNHRO)が起草した「武力紛争における文民の保護に関する報告書」では、アフガニスタンにおける文民の犠牲者数が11,002人(文民の死者3545人、負傷者7457人)と記録され、2014年と比較して9%増加していた143。2016年もテロ攻撃は続いた。2月28日には、エルドアン大統領親子がそれまで石油の購入で支えていたが、現在はロシアの爆撃によって事実上中断されている、非合法のクルド労働者党(PKK)かダーイシュによる(犯人の身元はまだ疑わしい)攻撃がアンカラで行われた。イスタンブールもまた、3月にダーイシュによる2つの爆弾攻撃で数百人の犠牲者を出したブリュッセルの地下鉄2駅とザベンテム空港を含め、何度か攻撃を受けた。ブリュッセルはテロリストの拠点であり、特にモレンベーク地区は2015年11月13日にパリで起きたレストランやクラブ(バタクランなど)に対する同時多発テロ事件の犯人の一部が逮捕された場所だった。これらの残虐な攻撃は、真空地帯で発生したわけではない。ピュー・リサーチ・センターの推計によると、2016年のベルギーのイスラム教徒の人口は70万人(国の総人口の6.2%)で、そのうち30万人がブリュッセルに集中していた。大半はモレンベーク地区などのゲットーに住んでおり、貧困、失業(約40%)、差別がサラフィスト教化と、アラブ諸国への米国/NATOの介入に反旗を翻した若者たちを聖戦に勧誘するための肥沃な条件を作り出していた144。

26.9 テロルの民主化

ダーイシュは、アメリカの支配から逃れた生物だった。彼らはバッシャール・アル=アサド政権と戦うために、サウジアラビアとトルコの協力を得てシリアでダーイシュに餌を与えた。今、ヨーロッパのいくつかの国々がその反動に苦しんでいる。しかし、そのテロは、フランス、ベルギー、そして数年前のイギリスやスペインなどの国々での忌まわしい爆破テロや罪のない市民の殺害に限定されるものではなかった。ダーイシュやアル=カーイダの聖戦士と戦う唯一の勢力であるイエメンの(シーア派の)フーシ派に対するサウジアラビア主導の連合軍による残酷で獣のような爆撃もまた、テロ行為に他ならない。そしてそれらは、オバマ大統領の支持と米国で購入されたジェット機によって実行された。これらの攻撃は学校、病院、何百もの非軍事目標を破壊し、2015年の9カ月間で7500人以上の死者と14000人以上の負傷者を出した145。その数は2016年3月までに何千人も増え、イエメンのシナリオは人道的大惨事となった。西側諸国は見て見ぬふりをした。

同様に、トルコはクルド人を虐殺した。自国の領土だけでなく、シリア北部やイラクに住むクルド人を空爆していた。南東部ではクルド労働者党(PKK)の武装勢力と内戦を戦っているようで、実質的にならず者国家として振る舞っていた。11月24日にロシアのSu-24Mを撃墜しただけでなく、イラクのモスル近郊のバシカに武装大隊を派遣し、ハイデル・アル=アバディ首相が撤退を通告したにもかかわらず、同地域に駐留させることに固執した。

パレスチナにおける2国家プロジェクトは、ヨルダン川西岸におけるユダヤ人入植地の進出の中で煙に巻かれた。オバマ大統領は、ビンヤミン・ネタニヤフ首相とともに何も成し遂げなかった。イスラエルはユダヤとサマリアの全領土の違法な植民地化を止めず、パレスチナ人はテロ攻撃や短剣やその他の武器による殺害を強化して報復し、テルアビブの弾圧をさらにエスカレートさせた。ガザは廃墟と化し、再建もままならず、パレスチナはトマス・ホッブズの「永久戦争」の見本となった146。

イラクでも、和平の見通しは遠のいた。2003年5月1日、数週間でサダム・フセイン政権を壊滅させた後、ジョージ・W・ブッシュ大統領は空母エイブラハム・リンカーンの甲板に立ち、「任務完了」と誇った。主戦闘は終結し、「イラクの戦いにおいて、米国と同盟国は勝利した」147と彼は言った。しかし 2008年12月14日にブッシュとヌリ・アル=マリキ首相との間で、イラク国内の米軍基地を維持するための地位協定(SOFA)が締結されたにもかかわらず、戦争は実際には始まったばかりだった。そして2011年12月31日、オバマは「新たなる夜明け」作戦の終了を宣言した。そして2011年12月31日、オバマ大統領は「新たなる夜明け」作戦の終了を宣言した。2011年12月18日午前2時30分、500人の兵士を乗せた100台の車両を連れた最後の車列が、イラク南部の都市ナシリヤ近郊のアダー有事作戦基地からクウェートに向けて出発した。この撤退は、反乱軍、民兵と連携する治安当局者、通訳や政府関係者さえも秘密にされ、厳重な警備の下で秘密裏に行われた。ジョセフ・R・バイデン・ジュニア副大統領とレオン・パネッタ国防長官がバグダッドや他の都市を訪問し、告別式が数週間前に行われたにもかかわらず、これらの最後の軍事部隊が攻撃されるのではないかという強い恐怖があった149。戦争は続いていた。

正式な撤収にもかかわらず、イラクには16,000人のアメリカ人が残っていた。傭兵(大使館防衛のために約200人)と、ブッシュ政権以来数十億ドルを投じて雇われている大企業に雇われている民間人が、バグダッドやその他の都市の再建を担っていた。これらの企業は、アメリカの納税者から少なくとも1380億米ドルを受け取っていたが、そのうちのわずか10社(ハリバートン、ベクテル、ダイナコープ、ケロッグ・ブラウン&ルート・サービス社など)が、この金額の52%を飲み込んでいた150。

米国議会の「イラクとアフガニスタンにおける戦時請負に関する委員会」の試算によると、この金額は600億米ドル以上に達する可能性がある151。

2005年、米国政府は 2003年の侵攻後、連合国暫定当局の長としてイラクを統治していた外交官ルイス・ポール・ブレマー3世が14カ月間統治していた間に、イラク復興のために割り当てられた90億米ドルが消失したことを指摘した152。しかし、彼がホワイトハウスとダウニング街10番地の承認を得てイラク国家を解体したことは事実である。2003年5月23日付の命令第2号によって、連合国暫定当局は、公職に就くことを禁止されたバアス党、軍隊、イラクの軍事・治安機構全体を含むイラクのすべての組織を解体した。これは、スンニ派反乱の繁栄のためにイラクを不安定化させ、肥沃化させた多くの重大な戦略的過ちの一つであった。その後、ダーイッシュがシリアからイラクに侵入すると、サダム・フセインの兵士や陸軍将校がその隊列に加わった。

しかし、イラク撤退から約4年後、アメリカは、ダーイッシュの攻撃で海兵隊員が死亡したため、ニネベ作戦司令部第2師団戦闘作戦センターで活動する部隊を強化するために、第26海兵遠征隊(第26MEU)を再派遣しなければならなくなった。このアメリカ軍の帰還によって、イラク政府はいまだに情勢全体をコントロールできておらず、ダイスに占領された国内第2の都市モスルを奪還できていないことが明らかになった。しかし、イラクにおけるダーイシュとの戦争は、シリアにおける戦争の分派であり、もうひとつの顔であった: ロシア、アメリカ、ヨーロッパの主要国は、2016年2月12日から14日にかけて開催された第52回ミュンヘン安全保障会議において、ダマスカス軍と非テロリストとみなされた反体制派の連合体であるシリア民主軍(SDF)との間の停戦を確立することで合意に達した。停戦の主な目的は、ダーイシュ、アル・ヌスラ、その他のテロ組織を含まず、シリア・アラブ軍に包囲された各都市に人道支援を提供することだった。それはもろい停戦だった。バッシャール・アル=アサド政権は、ロシア航空、ヒズボラ軍、イランのアル=クッズ旅団に支援され、北西部での一連の組織的攻勢によってシリア領土の大部分を支配下に戻すことに成功し、ジュネーブ交渉を混乱させる要因のひとつであるアレッポとハマに対して前進した。アサドは今や、西側諸国が支援を続ける政治的反対グループとの交渉で強者の地位を占めている。

2016年3月14日、プーチン大統領は「目的は達成された」としてシリアからの撤退を発表し、西側を驚かせた。ロシアの軍事介入は事実、紛争の流れを変えた。それはバッシャール・アル=アサド政権を安定させ、活性化させ、西側諸国がイラクやリビアで行ったようなアサド国家の解体を挫折させた。また、ダーイシュ、アル=ヌスラ、さらには米国が支援するシリア民主軍から2000人以上の戦闘員を排除し、ダーイシュが制圧した石油精製所の大部分と、ダーイシュがトルコに石油を不法に輸出するために使用したルートを破壊した(セルゲイ・ラブロフ大臣によれば、この密輸活動は空爆後も続いていた)154。その一方で、プーチン大統領は、国際的な超大国としてのロシアの大きな政治的存在感と高度な軍事力を示し、さらに、シリアだけでなく地中海におけるロシアの地政学的利益について、西側諸国に真剣に検討させ、無表情ながらも受け入れさせた。アレッポの使徒総督ジョルジュ・アブー・カゼンによれば、テロリストに対するプーチンの介入はシリア国民の大多数の支持を得ることができた。

一方ロシアは、アメリカやその同盟国との交渉なしには、シリアでの戦争を終わらせることはできなかったし、終わらせるつもりもなかった。シリア政策研究センター(SCPR)の報告書によれば、この戦争は5年間(2011年3月から2016年2月まで)で、国連が1年半前に集計した数(25万人)のほぼ2倍にあたる約47万人の命を直接的・間接的に奪い、190万人の負傷者を出した。シリアのインフラは実質的に消滅し、ほとんどの都市は混乱と殺戮の中で瓦礫と化し、貴重な歴史的遺物はダーイッシュのテロリストによって破壊され、シリアの経済損失は2,550億米ドル(1,750億円)以上と見積もられた。

プーチン大統領によれば、ロシアのシリア作戦の経費は4億8000万米ドル(約157億円)である。しかし、部隊の撤退は部分的なものだった。シリアでの作戦を指揮し、ロシア英雄勲章を授与されたアレクサンドル・ドヴォルニコフ大佐は、スペツナズ特殊部隊がシリアで活動を続けている事実を隠さなかった158。彼らはダマスカス軍と連携してアレッポ市を包囲しており、ダマスカス軍はロシアの最新鋭戦車T-72とT-90を使用していた。彼らの任務は、他の任務の遂行に加えて、ロシア軍の空爆のための偵察任務を遂行し、遠隔地の標的を指し示すことであった。タルトゥス海軍基地は通常通り操業を続けた。空からの出撃も止まらなかった。ラタキアのフメイミム空軍基地からは、SU-35とSU-30ジェット機がダーイシュとワクチンハト・アル・ヌスラの拠点への砲撃を続け、カスピ海と地中海のミサイルプラットフォームはダマスカスとテヘランの地上部隊を守るために稼働し続けた。そして、プーチン大統領はフメイミムに、干渉、スクランブル、妨害が可能な移動可能な多機能妨害ステーションである、強力な電子戦システムKrasukha-4を設置した。 シリアの政策研究センターは、人口の45%が避難した後、「人間的発展が台無し」になった47万人の死者は国連の数字の2倍であると述べている。” ガーディアン紙、2016年2月11日

ダーイッシュの通信を妨害し、NATOがロシアの行動を監視するのを防いだ159。

BAZ-6910-022の4軸シャーシに搭載されたこの電子戦争ステーションは、ドンバス戦争ですでに大きな効果を発揮して