ローマクラブと 「予測モデリング」マフィアの台頭
COVID-19危機の際の予測モデリング操作についてはよく知られているが、強力なマルサス主義者のネットワークは、自分たちのアジェンダを売り込み、押し付けるために、前世紀の大部分にわたって同じ戦術を使ってきた。

強調オフ

パンデミック予測人口減少、高齢化、マルサス思想、人口倫理全体主義

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

The Rise of the “Predictive Modelling” Mafia

unlimitedhangout.com/2022/11/investigative-reports/the-club-of-rome-and-the-rise-of-the-predictive-modelling-mafia/

「未来を予測する最善の方法は、未来を創造することである。

-エイブラハム・リンカーン

1945年のヒトラーの敗北とともに優生学は消滅したと、多くのプロパガンダが世界を説得してきたが、前回の記事「マルサス人の復讐と限界の科学」で述べたように、現実はこのような一般的な空想とはかけ離れている。

その中で、私はサイバネティクスの起源を、第二次世界大戦中にバートランド・ラッセル卿の信奉者たちによって作られた新しい「制御の科学」として振り返った。その使命とは、一般大衆だけでなく、彼らには理解できない権力の道具となる新たな管理職エリート層の思考を形成することであった1

私たちはまた、人類や生物圏、さらには宇宙そのものが、熱力学の第二法則(別名:エントロピー)によって定義され、崩壊や熱死、創造的変化の可能性が減少し続ける傾向に支配される閉鎖系であるという仮定を押し付けることによって、20世紀の変わり目に科学界に吹き込まれた限界の科学についても探求した。サイバネティクスの分野は、後にトランスヒューマニズムを生み出した新たな世界的優生学運動を推進するための道具にもなった。このイデオロギーは、今日、第4次産業革命と「グレート・リセット」の中心に位置している。

この記事では、このような手品がどのようにして起こったのか、また、国民や統治者層がどのようにして自らの消滅に加担するように仕向けられたのかを評価する。願わくば、この訓練の過程で、尊厳ある種にふさわしいより良い未来を確実にするために、どのような思考様式をまだ復活させることができるかをよりよく理解したい。

ニール・ファーガソンのスライト・オブ・ハンド

2020年5月、インペリアル・カレッジのニール・ファーガソンは、英国緊急事態科学諮問グループ(SAGE)の責任者の職を辞さざるを得なくなった。その理由は、ヒステリックな第一波の最中、英国が厳戒態勢で封鎖された際、ニールが既婚女性と性的な関係を持ったことだった。ニールはまた、国連、WHO、インペリアル・カレッジのすべての役職から解任され(そのほとんどは現在も継続中)、おそらく20年間故意に詐欺を働いた罪で投獄されるべきだった。

結局のところ、ニールは、英国、カナダ、ヨーロッパの大部分、そして米国の人々に課せられた閉鎖措置の個人的責任者であっただけでなく2、世界で最も有名な数学的モデラーとして、少なくとも2000年12月以来、危機管理とパンデミック予測を正当化するために使用されるモデルの革新者であった。

オックスフォードで数年を過ごした後、ニールがインペリアル・カレッジに入ったのはこの頃だった。やがて彼は 2001年に新たに発生した。「口蹄疫」について英国政府に助言を与えることになる。

ニールは、線形傾向線を未来に外挿する統計モデルの作成に取りかかり、1,100万頭の羊と牛を殺処分しなければ、15万人以上がこの病気で死亡するという結論に達した。農場は直ちに政府の命令によって壊滅させられ、ニールは、作り出された健康危機によって欠乏を作り出した功績により、大英帝国勲章を授与された。

2002年、ニールは数理モデルを使って狂牛病で5万人が死亡すると予測したが、結局、死亡者は177人にとどまった。

2005年、ニールは再び空を目指し、鳥インフルエンザで1億5000万人が死亡すると予測した。彼のコンピューターモデルは 2003年から2008年の間に282人が鳥インフルエンザで死亡しただけで、149,999,718人が死亡するという大外れをした。

2009年、ニールのモデルは英国政府によって豚インフルエンザによる65,000人の死亡を予測するために再び使用された。

恥ずべき失敗の記録にもかかわらず、ニールは科学のスターダムにますますのし上がっていった。やがて彼はインペリアル・カレッジ医学部の副学部長となり、感染症の世界的な専門家となった。

2019年、彼は世界保健機関(WHO)の感染症モデリング共同センターの責任者に任命され、現在に至っている。この時、彼の時代遅れのモデルを使って、英国では50万人、米国では200万人のCOVIDによる死亡が「予測」された。「科学」という薄っぺらな見せかけの下で、彼の言葉は法律となり、世界中の多くの人々が「カーブを平らにするのに2週間」と唱和した。

ニールが2020年末に(13年以上前のコードであることが発覚した後)、自身のモデルを生成するために使用したコードを一般に公開し、精査するよう迫られたとき、彼は譲歩せず、結局、分析にはほとんど役に立たない、大幅に編集されたバージョンを公開した。

30年の経験を持ち、『The Daily Skeptic』に(ペンネームで)寄稿しているグーグルのソフトウェア・エンジニアは、編集されたコードを分析し、次のように述べている:

「これはファーガソンが有名なレポート9を作成するために実行したコードではない。GitHubで公開されているのは、 マイクロソフトなどのチームによって1カ月以上にわたってアップグレードされた後、大幅に修正された派生版である。 この修正されたコードベースは、見やすくするために複数のファイルに分割され、C++で書かれているが、オリジナルのプログラムは「10年間取り組んだ15,000行の単一ファイル」であった(これは極めてお粗末なやり方と考えられている)。8日前にオリジナル・コードを要求したが無視され、公開させるにはおそらく何らかの法的強制力が必要だろう。明らかに、インペリアルはこの状態を恥ずかしく思っており、自由意志で公開することはできない」納税者から支払われたものであり、納税者のものであることを考えると、これは容認できない。

納税者だけでなく、著者はビル・ゲイツも含めるべきだった。彼の財団は20年以上にわたってインペリアル・カレッジとニールに直接数百万ドルを寄付しているのだから。

モンテカルロ法:宇宙はいかにしてカジノになったか

『Daily Skeptic』誌の著者は、ニールの予測モデルの根底にある確率関数に釘を刺し、ニールの詐欺の核心を突いた。彼女はこう書いている:

ランダム性が意図的な擬似ランダム性である場合、つまり、乱数を生成するために反復される開始『シード』からランダム性が導き出される場合は問題ない。このようなランダム性はモンテカルロ法でよく使われる。シードを記録しておけば、将来同じ(擬似)乱数を生成することができるからだ。

著者がニールのモデルの核心にある確率関数(別名:ランダム)を特定するのは正しい。また、現実とはまったく関係のない非合理的な結果を広く生み出すための、データとコードのあからさまなごまかしについても正しく指摘している。しかし、グーグル社のプログラマーである著者は、現実の根底にランダム性があることを前提とする「情報理論」的な環境の中で処理されてきたため、モンテカルロ法が将来の危機の予測に役立つと思い込むという失態を犯している。すぐにわかるように、モンテカルロ法は人間の思考や政策立案のあらゆる局面で核心的な問題である。

モンテカルロ法そのものは、情報理論家のジョン・フォン・ノイマンと彼の同僚であったスタンリスラフ・ウラムに由来する。彼らは、カジノのルーレットテーブルで偶然サイコロを振ることに、原子崩壊から経済行動、神経科学、気候学、生物学、さらには銀河系形成理論に至るまで、現存する文字通りあらゆる非線形システムを分析する鍵があると考えたのである。モロッコのモンテカルロ・カジノは、フォン・ノイマンとウラムが、すべての創造物を形作る理想的な設計図として使用するために選んだモデルである。

The Institute for Operations Research and the Management Sciences(INFORM)の公式サイトによれば、モンテカルロ法がランド研究所やアメリカ空軍に採用されるのに時間はかからなかった。INFORMのサイトにはこうある:

「ランドで発明されたわけではないが、モンテカルロ法として知られる強力な数学的手法は、空軍や原子兵器のさまざまな問題の研究の過程で、その初期の開発の多くをランドで受けた。モンテカルロ法におけるランド研究所の主な貢献は、乱数の生成と分散削減技術の体系的開発という2つのツールの初期開発にある」

前回のセグメントで述べたように、ランド研究所は冷戦時代、アメリカの外交政策界でサイバネティクスをコントロールの科学として採用する原動力となった。

サイバネティクスとそれに関連する「システム」計画を政治的実践に導入する役割を担ったのは、大英帝国科学事務局長のアレクサンダー・キング卿であり、ここでは経済協力開発機構(OECD)の科学局長およびNATOの顧問を務めている。1968年以降、ローマクラブの共同設立者として彼が果たした役割については、後ほど触れる。

騙されやすい人々に終末のシナリオを売る際には、ニール・ファーガソンが展開したようなモンテカルロ法を用いた確率モデルが用いられたが、地球温暖化という形で終末のシナリオを売る際にも、少し長い時間軸ではあるが、まったく同じ手法が用いられてきたマイケル・マンに対する訴訟の成功でティム・ボール博士が証明したように、これらの終末期の地球温暖化モデルもまた、モンテカルロ技術とともに確率公式(別名ランダムネス関数)を使用して、すべての気候モデルで一貫して非合理的に高い加熱曲線を生成している。

出典

『テクノロジー・レビュー』誌の2004年10月の記事で、著者のリチャード・ミュラーは、2人のカナダの科学者が、マンのホッケースティック・モデルの根底にこの不正があることを証明した、と書いている:

「カナダの科学者スティーブン・マッキンタイアとロス・マッキトリックは、ホッケースティックを生成するために使用されたコンピュータ・プログラムの根本的な数学的欠陥を発見した…ランダムなデータを生成するこの方法は、有名なカジノにちなんでモンテカルロ分析と呼ばれ、統計分析で手順をテストするために広く使用されている。マッキンタイアとマッキトリックがこれらのランダムデータをマンの手順に入力したところ、ホッケースティックの形が飛び出したのだ!」

偶然の一致ではないが、モンテカルロ法を利用したこれら同じ確率モデルは、1971年以降の近視眼的消費主義と規制緩和の時代の、高頻度取引にまみれたカジノ経済を正当化する経済モデルを作る際にも使われた3。

ローマクラブとワールド・プロブレマティーク

「終末予測モデル」の時代は、ローマクラブという無害に聞こえる組織の努力によって、「科学的な信頼性」という最も強力な外観を与えられた。

歴史家のF・ウィリアム・エングダールは、クラブの起源についてこう書いている:

「1968年、デイヴィッド・ロックフェラーはアウレリオ・ペッチェイアレクサンダー・キングとともに新マルサス主義のシンクタンク、ローマ・クラブを設立した。 アウレリオ・ペッチェイは、イタリアの有力者アニェッリ家が所有するフィアット自動車会社の上級管理職であった。 フィアットのジャンニ・アニエッリは、 デイヴィッド・ロックフェラーの親しい友人であり、ロックフェラーのチェース・マンハッタン銀行の国際諮問委員会のメンバーでもあった。 アニェッリとデイヴィッド・ロックフェラーは1957年以来の親友だった。アグネッリは1973年、デイヴィッド・ロックフェラーの三極委員会の創設メンバーとなった。OECD科学プログラムの責任者であるアレクサンダー・キングは、NATOのコンサルタントでもあった。

このシンクタンクは、マルサス人を自認するアウレリオ・ペッチェイとOECD科学事務局長のサー・アレクサンダー・キングによって設立された:世界がゼロ・テクノロジー成長という新しいパラダイムのもとで価値観をリセットするためには、科学の進歩と産業の成長の時代を止めなければならない。

ペッチェイもキングもまた、1960年代初頭に開発された」World Problematique “と呼ばれる新しい疑似科学の提唱者であった。他の科学分野とは異なり、人類が直面する問題を解決することは、プロブレマティークの信奉者の関心事ではなかった。その信奉者たちは、まず人類が環境を改変する際に生み出す無限の「問題」を分析することによって、未来を知ることができると主張した。

例を挙げよう:ある地域の洪水被害を軽減したいと考えた人々が、ダムを建設したとする。しかしその後、その地域の生物多様性に被害が及ぶ。問題だ。

別の例を挙げよう:思慮深い人々は、より良いエネルギーが欲しいと願い、原子の構造を発見し、原子力発電へと導いた。そして、原爆や核廃棄物のような新たな問題が発生する。問題だ。

最後の例:ある貧しい国でマラリアの治療法が発見された。死亡率は低下したが、人口が増加し、環境に負荷をかけることになった。

このリストは文字通り永遠に続く。

問題主義の信奉者は、人間が素朴に問題を解決しようとすることによって引き起こされるあらゆる「問題」に固執するだろう。人間の介入はすべて不均衡を招き、その結果予測不可能な事態を招くと指摘するだろう。プロブレマティーク志向の思考は、「すべての問題の原因である問題」がなくなれば、完璧な静止状態、つまり予測可能性のある、あらかじめ決められたクリーンな世界が到来すると結論づけるだろう。1972年、ローマクラブの「世界プロブレマティーク」アジェンダの成長を報告したOECD副議長でローマクラブ会員のフーゴ・ティーマンは、『ユーロフィジックス・ニュース』にこう語っている:

過去においてこの仮定に基づいた技術進化の時代を経て、その信念は明らかに経験によって裏付けられなくなった。いまや、惑星の大きさと人口との間に深刻な対立が生まれつつあり、物理学者は将来のニーズを考慮するように変わるべきである。科学政策は、生物圏の保全に導かれるべきである」

1991年に出版された『第一次世界革命』と題されたローマクラブの自伝的記述の118ページで、アレクサンダー・キング卿はこの哲学を最も率直に表現している:

「私たちを団結させる新たな敵を探しているうちに、公害、地球温暖化の脅威、水不足、飢饉などが当てはまるという考えに行き着いた。真の敵は、人類そのものなのだ」

ローマクラブは、政界、財界、科学界の選りすぐりのイデオローグを会員とし、社会の最良の統治形態は科学的独裁であることに全員が同意した。この組織のカナダ支部は、1970年に超活発なモーリス・ストロング自身が、ローマクラブ信奉者のピエール・トルドーを含むフェビアンやローズ奨学生の巣とともに共同設立した。これについては後述する。

特に興味深い1973年のプロパガンダ映画は、ABCニュースが制作したもので、ローマクラブとMITのコンピューターモデリングに関する「革新」を紹介している。MITとローマクラブが発表した新しいモデリング技術について、ビデオのナレーターはこう述べている:

「人類が地球上で生きてきた歴史の中で初めて、世界をひとつのシステムとして見ることができる。地球が現在の人口と産業の成長を数十年以上維持できないことを示している。

1001ネイチャー・トラスト

このパラダイムシフトに資金を提供するため、オランダのベルンハルト皇太子によって1970年に1001ネイチャー・トラストが設立された。

ベルンハルト(ナチス党員であり、1954年にビルダーバーグ・グループを創設)は、親しい人間嫌いの仲間であるフィリップ・マウントバッテン王子やジュリアン・ハクスリー卿とともに、1961年に世界自然保護基金(WWF)を創設した。WWFは、ジュリアン・ハクスリー卿が1947年に設立した国際自然保護連合(IUCN)の資金集めのために設立された。ハクスリーは、その前年に優生学の復活と新たな名による世界政府の推進を使命とするユネスコを設立し、多忙な日々を送っていた。WWFを共同設立したとき、ハクスリーは英国優生学協会の会長代理も務めていた。

1001人の創設メンバーは、それぞれ1万ドルを信託に預けるだけでよかった。その信託は、「帝国から人類を救う」という古いパラダイムに代わって、キング卿が上記で説明したように、「人類から自然を救う」という新しいパラダイムへの転換を目指すグリーン・パラダイム・シフトに向けられる。

1001ネイチャー・トラストの著名なメンバーには、国際的な王族、億万長者、技術社会主義者などがおり、彼らは「アルファ」カーストの一員としてこの約束されたブレイブ・ニュー・ワールドを管理することだけを望んでいた。

これらの人物の多くは同時にローマクラブの創設メンバーでもあり、その中にはカナダのモーリス・ストロングも含まれている。ストロングは後に、フィリップ王子が会長を務めるWWFの副会長に就任した。

1978年、ストロングがWWF副会長に就任したとき、後任となったのがルイス・モーティマー・ブルームフィールド空軍大将だった。ブルームフィールドもまた1001クラブの創設メンバーであり、ニューオリンズ地方検事のジム・ギャリソンが、パーミンデックスとの関わりを通じて、1963年にモントリオールを拠点に行われた反マルサス派のジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件に関与していることを突き止めた。この同じスイスを拠点とする組織は、JFKの盟友シャルル・ド・ゴールの殺害を含む、グラディオに関連するさまざまな暗殺の隠れ蓑となり、その結果、この組織はその後すぐにフランスから追放された。

モーリス・ストロングについて

ベルンハルト皇太子とフィリップ王子の最も強力な手下のひとりがモーリス・ストロングという人物で、1001トラストの創設メンバーであり、世界経済フォーラムの共同創設者でもあり、1976年から78年までフィリップの下でWWFの副会長を務めた。 1990年の『West Magazine』誌のインタビューで、ストロングは猫を袋から出し、美辞麗句を並べて尋ねた:

「もし世界の指導者たちの小さなグループが、地球に対する主要なリスクは豊かな国々の行動によるものだと結論づけたらどうなるだろうか?世界が生き残るためには、豊かな国々は環境への影響を減らす協定に署名しなければならない。果たしてそうするだろうか?このグループの結論は「ノー」である。豊かな国々はそれをしない。彼らは変わらない。そこで、地球を救うために、グループは決断する:地球にとって唯一の希望は、工業化文明が崩壊することではないのか?それを実現するのは私たちの責任ではないか」と。

モーリス・ストロングの発言は、彼が20年前にキッシンジャーとともにクラウス・シュワブというドイツ人の厚紙を使って共同設立した世界経済フォーラムを舞台にした「架空の本」を書きたいという文脈で行われたことを思い出すことが重要である。2015年、クラウスはストロングを「私の恩師」呼んで弔辞を述べた。

モーリス・ストロング – 提供カナダプレス/AP

この社会病質者の発言を、フィクションをめぐる単なる思い過ごしだと否定する擁護論者もいるが、1992年にリオデジャネイロで開催された国連人口環境会議の基調講演で、モーリス自身が何を発表したかを考えてみる価値はあるだろう。ストロングは、この2回目の地球サミット(1回目は1972年のストックホルム人間環境会議で、彼も議長を務めた)の議長に指名されていた。この1992年のサミットで、ストロングはこう述べた:

先進工業国は、持続不可能な生産と消費のパターンを発展させ、その恩恵を受けてきた。食肉の大量摂取、大量の冷凍食品やコンビニエンス・フードの消費、化石燃料の使用、家電製品、家庭や職場のエアコン、郊外住宅など、現在の豊かな中産階級のライフスタイルや消費パターンが持続可能でないことは明らかである。環境を破壊するような消費パターンとは無縁のライフスタイルへの転換が必要である。

リオ・サミットは、NGOと企業が「グリーン」アジェンダのもとに統合される新たな時代を築いた。この教義は、1996年から2000年にかけてミハイル・ゴルバチョフ、ジム・マクニール、ストロングが共同執筆したアジェンダ21(後にアジェンダ2030と改名)と地球憲章によって正式に規定された。国際地球憲章起草委員会の委員長は、トランスヒューマニストで億万長者のスティーブン・ロックフェラーが務めた。

キャプション1992年、リオ・サミットでのモーリス・ストロングとミハイル・ゴルバチョフ:J. PEREIRA/AP

マルサス派の傭兵としてのストロングのキャリアは 2005年に韓国の実業家(ワシントンDCでのセックス恐喝工作に絡む諜報員)トンスン・パクから渡された98万8885ドルの小切手を裏書し、ストロングがヨルダンの銀行で現金化したことが発覚したときに打撃を受けた。その資金は2009年、中国とインドがグリーンな世界政府を目指すCOP14プログラムを妨害したとき、ストロングはおそらく世界で最も幸せなオリガルヒではなかっただろう。

世界経済フォーラムのウェブサイトによると、ベルンハルト皇太子は、ダボス宣言を初めて発表し、「ステークホルダー資本主義」として知られる緩やかな資本主義の皮をかぶった技術主義的封建主義の理論の基礎を築いた、悪名高い1973年のWEFサミットの主要後援者であった。ローマクラブが人口抑制のための新しいプログラムを発表するために、初めて世界に紹介されたのもこの1973年のサミットだった。

成長の限界

今日のグリーン・ニューディール政策を生み出したこの新しい反人間主義運動のバイブルとなり、青写真となった文書のタイトルは『成長の限界1972)であり、今日、エコロジーに関して最も広く読まれている本として記録を保持している。

この本の出版40周年を祝う最近の記事には「この本は、現代の環境コンピューターモデリングを立ち上げるのに役立ち、現在の世界的な環境問題の議論を始めた」と書かれている。Limits [To Growth]』の後、環境学者、科学者、政策立案者は、生態学的問題を惑星的な観点から、またダイナミックに相互に関連するものとして考えるようになった……今日『Limits』を再訪する価値があるのは、他のどの本よりも、この本が人間中心の気候変動という概念を多くの読者に紹介したからである。

この本自体は、ジェイ・フォレスターとデニス・メドウズを名目上の責任者とするマサチューセッツ工科大学(MIT)の統計学者チームによる2年間の研究の集大成である。

2022年2月、デニス・メドウズが、来るべき世界人口の80%の大量虐殺が「慈悲深い」独裁者のもとで平和的に達成されることを望んでいる。

MITの研究自体はアメリカで始まったわけではなく、1971年にモンテベロ・ケベック州で始まった。アレクサンダー・キング、モーリス・ストロング、モーリス・ラモンターニュ(カナダ環境省の創設者)、マーク・ラロンド(ローズ奨学生、トルドー顧問、首相府長官)、マイケル・ピットフィールド(枢密院事務官、カナダCSISの創設者)、ローズ奨学生のローランド・ミッチェナー総督などを中心とするローズ奨学生と枢密院議員のネットワークが、その会議を主宰していた。カナダの資金がその役割を終えた後も、プロジェクトはアウレリオ・ペッチェイのフォルクスワーゲン財団から資金援助を受けていた。フォルクスワーゲン財団はナチスを支援していた過去があり、MITの統計学者たちの中には不快に思う者もいたはずだ。

キャプションアレクサンダー・キング卿(左)とローマクラブの「成長の限界」が作成した2000年までの世界の終末を予測するモデル(右)

プロメテウスの鎖

長年ロンドンで訓練を受け、カナダのピエール・トルドー首相の側近だったのが、ローマクラブのメンバーで1964年から65年までカナダの枢密院議長を務めたモーリス・ラモンターニュだ。

ローマクラブのメンバーの中で、ラモンターニュは最も率直に、地球の最大の敵は人間の創造性そのものであると指摘した。1968年から1972年にかけての上院委員会報告書の中で、ラモンターニュは科学政策の資金と計画を改革するためにこう書いている:

自然はテクノロジー自体に明確な制約を課しており、もし人間がその制約を無視し続ければ、長期的には、資源と居住空間の提供者としての自然の潜在能力を高めるどころか、むしろ低下させることになりかねない。

ラモンターニュは、未知なるものを発見することへの憧れが人間の条件に組み込まれていることを正しく認識し、自らの質問にこう答えている:

「テクノロジーに対するモラトリアムを宣言することはできない。既存の知識を破壊することは不可能であり、学び、発明し、革新しようとする人間の先天的な欲求を麻痺させることも不可能である……最終的な分析によれば、技術は人間がその無限の願望を追求するために作り出した道具にすぎず、自然環境を侵す重要な要素ではないことがわかる。人間と自然との間の対立の原因となっているのは、物質的成長そのものなのである」

したがって、創造性と技術進歩によるその果実は、ラモンターニュが仮定した人間と自然との間の対立を軽減する場合にのみ受け入れられる。ラモンターニュが提唱する。「悪い」テクノロジーは、人類の物質的成長(すなわち生産力)を増大させる効果がある。一方、風車やソーラーパネル、バイオ燃料のようなエネルギー密度が低く、利用可能なエネルギーを減らし、人間が従事できる経済活動の量を減らすような技術を推進するのであれば、このねじれた論理によれば、技術は「良い」ものと定義できる。

このコンセプトは、ローマクラブのもう一人のメンバーであり、ラモンターニュの上院報告書の共同執筆者であったオモンド・ソラントも同じであった。ソラントは第二次世界大戦中、ルイ・マウントバッテン卿(フィリップ王子の小児性愛者の恩師)の科学顧問としてキャリアを積み、1957年までカナダ国防研究委員会のトップを務め、マギル大学で悪名高いユアン・キャメロンとともにMKウルトラの共同研究を行った。1970年、ラモンターニュ上院委員会でソラントはこう証言した。「必要なのはむしろ、科学を理解し、導き、人類の福祉のために効果的に利用することである」

MKウルトラの支持者の心の中にある「人類の福祉」の定義とは、寒気を与えるものである。

ラモンターニュは、1971年のドル変動とブレトンウッズ通貨制度の崩壊によって解き放たれた「ポスト産業秩序」に備えて、「新しい知恵」はもはや原子科学、医学、宇宙科学の発見を目指すべきではなく、より「実用的」な工学的試みに焦点を当てるべきだと説いた。彼はまた、「科学」の定義そのものを人文科学、金融経済学、社会科学にまで広げることで、先端科学への資金提供を減らすことも提案した。そして、それらのプログラムは、以前は純粋科学の研究に向けられていた資金を吸収し始めた。ラモンターニュは報告書の第1巻でこう述べている:

新しい知恵は、追加的な研究開発の努力を、物理科学よりもむしろ生命科学や社会科学に捧げることを規定している……好奇心や発見よりも経済的・社会的な目標に捧げることを

プロメテウスの擁護

カナダを代表する科学者の一人が、このローマ主導の変革に早くから反対の立場をとっていた。ダルハウジー大学の環境科学教授でカナダの公務員であったロナルド・ヘイズは、1973年に『プロメテウスの鎖』という本を書いた:カナダの科学における権力構造の進化“を著し、そこで彼はラモンターニュを、アイスキュロスの有名な戯曲『プロメテウスの契り』に描かれているゼウス神の手先であると特定した。古代ギリシャの戯曲は、半神プロメテウスが、ゼウスが独占していた火の使い方を人類に教えたという反抗的な行為により、1万年の罰を受けるという物語であった。

ヘイズ教授は、1938年から1971年にかけての科学費助成構造をすべて解体し、新たな技術主義体制の下で再構築しようという呼びかけを攻撃し、第二次世界大戦以降、技術進歩の原動力となってきたカナダ国家研究会議に対する協調的な攻撃をこう呼びかけた:

「ラモンターニュは、政府研究の多くを育て、立ち上げ、大学の大学院課程を発展させてきた国家研究会議を破壊しようとしている。これはトルドー政権の失策であり、ラモンターニュも同じ考えだ」

ヘイズは、新しい科学独裁の下で科学政策を例外的に管理するようになった財務省の権限を攻撃した:

「最も巧妙な権力の行使は、綿密な統制の必要性をなくすもので、信頼できる人々による浸透、つまり支配エリートの創出である……このような英国人は、大英帝国の支配者として世界中に知られるようになった……やや類似した目的で、公共サービス委員会は、財務省の一般的な方針と訓戒に従うよう、将来のカナダ政府管理職を育成している

予測モデルが実際の思考を支配する

ヘイズ教授は、1973年にラモンターニュ上院議員が主導したカナダの科学助成改革で行われていたひどい不正を攻撃するのは正しかったが、ローマクラブの予測モデリング革命が引き起こした世界的な変化を無視していた。

ローマクラブが1972年に発表した『成長の限界』は、地球の気温と、人口増加、資源損失、「汚染」という定義が不十分な経済変数とを融合させた最初のものだった。ローマクラブは、一次方程式を利用して将来への傾向を推定することで、2つの大きな誤謬の舞台を用意した:

誤謬その1-発見可能な宇宙を形成する物理的空間時間の織物は、本質的に非線形であり、したがって、関係する計算能力に関係なく、いかなる形の線形方程式でも表現できない。人間の創造的な精神は、インスピレーション、真実への愛、尊厳、美のような、いかなる二進法も近似できない非形式化可能な存在の状態と結びついているため、最も明確に非線形である。ローマクラブのプログラマーたちは、このような事実を無視し、宇宙が自分たちのソフトウェアと同じように二進法であると仮定した。

誤謬その2 – データセットそのものが、政府の政策を形成しようとするコンピュータープログラマーのコントロールに従って、簡単に歪曲され、再フレーミングされる可能性がある。インペリアル・カレッジのニール・ファーガソンの手によって、この手法が未来シナリオの誤った結果を導くために使われたことはすでに見た。

「将来の危機を未然に防ぐ」ために、歪んだ、定義が不十分な統計を未来に投影して使用することは、その後40年間、覇権主義的な慣行となり、それ以来、ネオ・マルサス主義者たちは、世界中で増加する戦争、貧困、疾病の発生率を正当化するために使用してきた。

1968年に出版された『人口爆弾』では 2000年までに石油が枯渇し、耕作地が枯渇し、資源が消滅するという地球規模の危機を予測しようとした。エーリックのシニカルな論文はカルト的な支持を得たが、その風通しの良い一般論ゆえに、政策立案や科学界で多くの改宗者を得ることはなかった。ローマクラブがその状況を一変させ、エーリックの著書は1972年までにベストセラーとなった。

エーリックのマルサス的な考え方の根源を知るには、人間の本性は、幾何級数的な速度で成長し、宿主をゆっくりと殺していく無思慮なガン細胞に過ぎないという彼の憎悪に満ちた概念を評価する価値がある。1968年の著書の中で、彼はこう書いている:

癌とは細胞の無秩序な増殖であり、人口爆発とは人間の無秩序な増殖である。その手術には、一見残酷で非情な決断が数多く求められるだろう

エーリックの弟子であるジョン・ホールドレンは 2009年から2017年までオバマの科学担当長官として、NASAの有人宇宙システムの閉鎖を主導し、アメリカの核融合プログラムのわずかな残りを削減した。エコサイエンス(エーリックとの共著)で、この新しいマルサス神権に彼の声を加えた。

942ページには、二人が迫り来る人口爆弾に対する唯一の解決策と考えたグリーン・グローバル・ガバナンス・システムの明確な青写真が記されている:

これらの機関は、UNEPや国連の人口機関と組み合わされ、やがては人口、資源、環境に関する国際的なスーパー機関のような「惑星体制」へと発展するかもしれない。そのような包括的な『惑星体制』は、少なくとも国際的な意味合いが存在する限りにおいて再生可能か再生不可能かを問わず、すべての天然資源の開発、管理、保全、分配を管理することができるしたがって、この体制は、大気や海洋だけでなく、国際的な境界を越える河川や湖沼、あるいは海洋に流出する淡水域の汚染を管理する権限を持つことができる。

惑星体制はまた、すべての国際貿易を規制する論理的な中央機関となる可能性がある。 それには、おそらくDCからLDCsへの援助も含まれ、国際市場に出回るすべての食料も含まれる惑星体制には、世界と各地域の最適人口を決定する責任と、各地域の限界内各国の取り分を調停する責任が与えられるかもしれない人口規模の管理は各政府の責任にとどまるかもしれないが、「惑星体制」は合意された制限を強制する権限を持つことになる。

キャプション2010年、バラク・オバマとジョン・ホールドレン科学担当長官。出典:REUTERS/Jim YoungREUTERS/Jim Young

この冷酷な論理のもとでは、国民国家は、ジョン・ケネディ、ボビー・ケネディ、シャルル・ド・ゴール、ダニエル・ジョンソン、エンリコ・マッテイ、マーティン・ルーサー・キングがかつて試みたように、植民地主義、貧困、戦争を終わらせようと素朴に努力するのではなく、単に人口減少プログラムを押し付ける道具に変えられなければならなかった。

発見の問題

もちろん、ネオ・マルサス派の提案する「解決策」を受け入れたくない場合は、別の道を採用する必要がある。この健康的な見通しは、「役に立たない食べる人」を殺すことなく、新しい先駆的な発見を育成し、応用することを条件としていたが、それはまた、数学的管理フリークが決して許容できない「予測不可能な要素」を増加させるだろう。

1960年代から1970年代にかけての成長促進文化のダイナミズムの中で、この豊かさの新時代へのマスターキーは、核融合エネルギーの領域にあると理解されていた。 ヘリウムや水素の同位体のような原子を融合させて膨大なエネルギーを生み出すプロセスは、第二次世界大戦後に利用されるようになったが、悲しいことに、この技術の応用は熱核兵器による破壊的な目的しか知られていなかった。しかし、道徳的な国家政策がそれを後押しすれば、この巨大なパワーを平和利用できないはずがない。原子融合の熱とエネルギー密度は驚異的で、スプーン一杯の海水が、何千バレルもの石油よりも大きなエネルギーを生み出す。

しかし、三極委員会や世界経済フォーラムで政府を支配する立場に出てきた「世界問題主義」の信奉者たちにとって、この「解決策」はさらなる問題への入り口に過ぎなかった。

1975年、エーリックは、人類が核融合エネルギーを手に入れることは、「愚かな子供に機関銃を与えるようなものだ」と述べた。1989年、冷温核融合の実現に直面したジョン・ホールドレンは、核融合エネルギーの開発は人類の「地球を舗装して緑色に塗る」というメンタリティーを燃え上がらせるだけであり、望ましくないと反省した。

同じ頃、第三次産業革命の著者であり、フリンジ活動家から国連の国際気候アドバイザーに転じたジェレミー・リフキンドは、「安価な核融合エネルギーの見通しは、地球に起こりうる最悪の事態である」と述べた。

真のピグマリオン流に言えば、寡頭政治はまず人類の膝頭を壊し、次に人間は走るものではないと主張することで、自分たちの人間嫌いのグローバル・ガバナンス観を「科学的に正当化」することができたのだ。

例えば、核融合発電研究の削減は、三極委員会に支配されたジミー・カーター大統領の時代に始まり、現在に至るまで衰えることなく続いている。

実際の資金は、新しい設計のプロトタイプを建設し、稼動させるために最低限必要な額をはるかに下回っただけでなく、1977年以降、資金はますます風車や太陽電池技術のような「技術的成長ゼロ」のエネルギー形態に向けられるようになった。米国がかつて支持した高速増殖炉を使った燃料サイクルの閉鎖のような、従来の原子力エネルギー研究の領域でさえ、1970年代には大統領令によって潰され、モラトリアムの下に埋もれた。核融合に対するこの攻撃の中心人物のひとりが、ランド研究所出身で元CIA長官のジェームズ・シュレジンジャーである。シュレジンジャーは、1976年にロスアラモスとプリンストンでマイルストーンが達成されたにもかかわらず、規制法を強化し、核融合の資金を削減した。シュレジンガーの破滅の司祭としての世界観は、1960年の著書でこう定義されている:

経済学とは、資源が限られた世界における選択の科学である。

ヘンリー・キッシンジャーが発表した国家安全保障研究覚書200(1974)は、アメリカの外交政策におけるこの新たな目標の概要を次のように述べている。「人口節減のための援助は、アメリカと戦略的に特別な利害関係がある、最大かつ急成長している発展途上国に重点を置くべきである」。キッシンジャーは皮肉交じりにこう書いている。「アメリカは、人口増加を抑えられない/抑えようとしない人々を助けるために、食糧配給を受け入れる用意があるのだろうか?」

1970年代を通じて、キッシンジャー、デビッド・ロックフェラー、ズビグニュー・ブレジンスキーの指揮の下、三極委員会/外交問題評議会の陰謀団はアメリカの外交政策を完全に掌握し、三極委員会のメンバーであるポール・ボルカーが「コントロールされた経済の崩壊」と呼んだ新しい経済プログラムを開始した。

1979年に連邦準備制度理事会(FRB)の議長に就任すると、ボルカーはこの政策を実行に移し、金利を20%まで引き上げ、さらに2年間維持した。実質的な成長率は急落し、長期的な計画は忘れ去られ、規制緩和によって膨大な投機が行われるようになった

投機と消費主義という新たな「サービス経済」のパラダイムに、国家がますます深く傾斜するように誘導され、米国の製造業は崩壊した。

1971年のニクソン-シュルツによる金準備の破壊によって解き放たれた世界的な変革は、国家的な経済計画システムを、近視眼的な投機によって動かされる新しい反国家的な国家システムに置き換えるという意図によって常に推進されていた。

この新しいシステムでは、善良な市民であることは善良な消費者であることだけを意味し、短期的な利益への崇拝は、オリガルヒの巣窟が主流メディア、科学、学界、企業統治、そして大西洋横断政府の公務員を掌握しているという現実に、堕落した愚か者たちを盲目にさせた。この1971年以降のパラダイムのもとでは、「成長」などという概念は、純粋に量的マネタリスティックなパラメーターによって定義され、負債と投機活動の増加を前提とするようになっていった。

人類の「環境収容力」を克服するような本格的な科学技術進歩への投資は、ますます停止され、一方で新たな技術進歩のカテゴリーが生み出された。人類が成長の限界を克服する力を弱めるような「技術」や「革新」は、風車や「バイオテクノロジー」のような「適切な技術」という形で奨励された。情報システム技術は、より優れたコンピューターがオンライン化されるにつれて、生産的な経済活動を支える要素から、経済的な考察を支配する力へと変貌した。この新たなマルサス的倫理観のもとでは、「テクノロジー」は単に大衆を奴隷化する道具となり、人類の創造的解放という伝統的な精神を失うことになる。

すでに述べたように、核融合エネルギー研究は組織的に破壊された。NASAのアポロ計画が1973年に正式に中止されたため、宇宙開発への投資は削減され、NASAの資金は1965年のGDPの4%から1975年には1%以下にまで暴落した(グラフ参照)。インフラへの投資は枯渇し、アメリカの原子力発電の時代は幕を閉じた。

宇宙開発の妨害は、NASAの資金がGDPに占める割合が1965年をピークに4.5%近くまで低下したことに象徴される。マルサス主義者がアメリカ政府を掌握するにつれ、長期計画の優先順位も、「科学におけるフロンティアの発見を奨励することによって成長の限界を克服する」という理念から、「欠乏に適応する」という理念へと変化していった。出典ハフポスト

世界を石油中毒に陥れる

最後になったが、キッシンジャーと三極委員会が放った「グレート・ゲーム」の新しいルールは、石油を中心とした経済秩序を軸としたものだった。

研究者ウィリアム・エングダールが1992年に出版した『石油の世紀』で実証しているように、当時のヘンリー・キッシンジャー国務長官は、ガソリンを満載した数百隻のタンカーをアメリカで荷揚げさせないようにし、キッシンジャーに従順な中東の石油担当高官数名の協力を得て400%増を促進することで、この危機をゼロから作り上げる役割をより多く担っていた。近年になって、当時のサウジアラビアの元OPEC大臣がエングダールの研究を裏付け、次のように述べている:

原油価格の上昇の背後にアメリカがいたことは100%間違いない。当時、石油会社は本当に困っていて、多額の借金を抱えていた。

この1973年の手際の良さによって、「未来」に関するすべての考えは、未来に外挿された一次方程式によってのみアクセスできると主張する新たな嘘が打ち出され、世界を乗っ取るための新たな舞台が整えられた。石油、石炭、天然ガス、そして食糧生産のための耕作地の減少率を予測するコンピューター・モデリングによって、収穫逓増の閉ざされた世界を含む、新たな欠乏の時代が想像された。

今日の言葉で言えば、この「予測モデル」の実践は、中央銀行の高僧(兼気候変動対策と金融に関する国連特使)であるマーク・カーニーが、2050年までに脱炭素社会を推進するための新しい金融システムを求めていることに反映されている。カーニーが公言する緊急性は、二酸化炭素排出量との関係から推定される、世界が1.5度暑くなるという「予測モデル」に基づいている。カーニーとその仲間たちは、炭素を収益化し、人間の産業活動を停止させることによってのみ、この問題を解決できると考えている。

結局のところ、実際のデータと比較すると、1977年以降の温暖化傾向は1999年に終わっていることがすぐにわかるだけでなく、実際の気温はIPCC(WHOが健康政策にとってそうであるように、IPCCは環境政策にとってそうである)が作成したすべてのコンピューター予測を大きく下回っている。

このヒステリックな予測は、チャールズ皇太子(現国王)が「予測モデリング」によって地球温暖化が止められなくなり、地球がディストピア的な地獄の業火に焼かれる前に、世界は自らを救うために18カ月の猶予があると執拗に警告していることにも見られる!

2020年6月にグレート・リセットを発足させイングランドの世界野生生物基金(World Wild Life Fund)の理事長を務めるチャールズ皇太子は、「人口過剰を解決するため」に致死性のウイルスに生まれ変わりたいという願望を明かした悪名高い故フィリップ・モンバッテン王子の息子である。1988年のDeutsche Press Agenturのインタビューで、フィリップ王子はこう語っている:

「人が増えれば増えるほど、資源は消費され、汚染は増え、争いは増える。私たちに選択肢はない。自発的にコントロールされなければ、病気や飢餓、戦争の増加によって非自発的にコントロールされる。……私が生まれ変わったら、過剰人口を解決するために何か貢献するために、致死性のウイルスとして戻ってきたい。」

フィリップの人間嫌いの発言と、ビルダーバーグ・グループの創設者であるオランダのベルンハルト皇太子とともに、操作された反対派の世界的な「エコロジー」運動を共同創設した彼の積極的な役割とを切り離して考えてはならない。

グレート・リセット オリガルヒの夢

世界経済フォーラムのウェブサイトに掲載されている、COVID以前の政策に取って代わろうとする改革の本質を見直すと、このグレート・リセット(COVIDと地球温暖化という2つの危機に対する全領域的な救済策を組み合わせたもの)が、社会技術者とその寡頭支配的後援者によって管理されるグローバル・ガバナンス体制の下で、人類を技術封建的で人口減少した檻の中に誘導しようとするもうひとつの試みにすぎないことがはっきりする4

パンデミックという偽の危機を解決するために提案された致命的な治療法が、常にインペリアル・カレッジの詐欺の目的であったように、産業文明の脱炭素化」という治療法もまた、1972年以来、コンピューター・モデルが人類にとって主要な存亡の危機であると世界に確信させてきた地球温暖化戦争の背後にある致命的な目的であった。WHOが、超国家的な医療体制によって「大いなる善」を守るために、国家主権を抹殺することを要求しているのと同じように、世界政府を求める同じ主張が、50年以上にわたって人為的地球温暖化説の支持者たちによって唱えられてきた。「人為的地球温暖化」というコンピューターが作り出したキメラの事実をよく知らない人のために、私の最近のエッセイ『CO2の擁護』を参照してほしい:宇宙気候学、クライメイトゲート、そして常識の再考。

今日、こうした「解決策」はアジェンダ2030の形をとっている。アジェンダ2030は、表向きは人類から自然を救うために、産業文明の解体、農業や化石燃料の停止、風車やソーラーパネル、バイオ燃料のような非効率的なエネルギーへの各国の束縛を推し進めている。

COVID-19も人為的な地球温暖化も、我々を怖がらせてそう信じ込ませるためにプログラムされた予測コンピューター・モデルを超えた存在ではないことを示す証拠がすべて揃っているにもかかわらず、こう問う価値がある。なぜこれほど多くの教養あるように見える人々が、COVID-19や気候変動が実存的に危険であり、その終末論的とされる影響から何とか自分たちを救うために世界経済を停止させなければならないと説得されるようになったのか?

巻末資料

1 この支配の応用科学のイデオロギー的青写真は、数十年前にラッセルと彼のケンブリッジの使徒仲間のアルフレッド・ノース・ホワイトヘッド卿が共著した『プリンキピア・マテマティカ』(3世紀前に出版されたアイザック・ニュートン卿の盗作にちなんで)という3巻からなる作品に描かれていた。ニュートンの質量、力、引力、空虚の概念は、アダム・スミス、トーマス・マルサス、デビッド・リカルド、ジョン・メイナード・ケインズの政治経済理論の中心に位置し、ラッセルの概念は、前世紀のサイバネティクス、情報理論、システム分析、人工知能崇拝の思想的基盤を作り上げた。

22020年3月25日付のBusiness Insiderは、米国のCOVID政策形成におけるニールの役割について記述している:「トランプ政権のコロナウイルス対応コーディネーターであるデボラ・バークス博士は、3月16日の記者会見で、インペリアル論文(ファーガソンのコンピューターによる予測)が、CDCの新しいアドバイスである、自宅で仕事をし、10人以上の集まりを避けるように促したと語った。

3 特に顕著な例としては、1973年以降、石油の株価とデリバティブ契約に価格をつけるためのマートン・ショールズ式がある。この「予測コード」は、ほぼ無限の通貨成長率を示すことには長けていたが、リアルワールドの境界条件を特定することに長けていなかったため、最終的に予測を適用するたびに失敗していた。

4 私が「単なる別の試み」と言ったのは、国家以後のトランスヒューマンな世界秩序が過去1世紀にわたって試みられたのはこれが初めてではないからであり、過去3回の試みの失敗の理由を研究することは、現在ストームを生き延びたいと願う誰にとっても貴重な訓練になるだろう。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker