ワクチン 生殖への影響中西部の医師人口論・マルサス主義

COVID-19を理解する上で重要なのが人口抑制の歴史である
過去に実験的なワクチン接種を不妊治療に利用した前例がある

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

The History of Population Control is Important for Understanding COVID-19

amidwesterndoctor.substack.com/p/the-history-of-population-control

中西部の医師
4月3日

世界人口の減少は、何世紀にもわたって支配階級の一貫した目標 であった。多くの人が人口抑制という抽象的な考えを支持して いるが、誰も自ら進んで淘汰されたくはない。それゆえ、人口抑制というビジネスは非常に厄介な問題であった。

コビッドワクチンプログラムが始まったとき、私や他の多くの人々はコビッドワクチンが生殖能力を低下させるという「予期せぬ」副作用があるのではないかと疑っていた。開発の初期に、マイケル・イードン(と他の人々)は大きな危険を冒して、ワクチンに固有の明確な生殖能力の危険性を規制当局に公に警告した( 彼らの嘆願書のセクションIXに記載 されている)。

その後、欧州FDAから規制文書がリークされ、ファイザー社が不妊症、自己免疫、癌の主要領域の動物実験を免除したことが明らかになった。この極めて異例な動きは、この3つの領域に深刻な問題が存在することを示唆している(テストをしなければ、何かを見つけることはできないのだから)。

私はこのパズルのすべてのピースを知っているわけではないが、私が聞いたこともないような「人口抑制策」がたくさんあるのだろう。

この記事は2部構成で、前半は、人口を減らすためには手段を選ばないという歴史的な前例を示し、後半は、それがワクチン接種でどのように試みられたかを検証する。この記事は次のセクションで構成されている。

  • 人口抑制の信念
  • 政府による人口抑制計画
  • 人口抑制のメカニズム
    • -社会的アプローチ
    • -男性のアプローチ
    • -女性へのアプローチ
  • 結論

人口抑制の信念

私が知る限り、人口抑制の必要性を熱狂的に信じるようになったのは、3つの思想が重なったからだと思う。

  1. 東洋を中心とした多くの政府は、社会の安定のために定期的な戦争が必要であるという考え方をとってきた。この考え方は、主に国家内の若年男性の多さによる社会不安と、国民に行き渡る食料不足の問題から生じている。そして、そのために多くの戦争が行われてきた。(私は、これが中国の一般的なテーマであることを最もよく知っている。彼らは何世紀にもわたって、反乱を引き起こすものは飢饉であることを観察してきたからである)。
  2. 第二次世界大戦後、西側支配層のエリートたちは、近代兵器(核兵器など)が生み出す極端な付随的インフラや環境破壊のために、戦争というアプローチはもはや耐えられないというコンセンサスを得るに至った。このルールには2つの例外がある。
  3. 近代的な兵器がない第三国での戦争で、巻き添え被害が第一世界の国々にとって取るに足らないものだった。

中国軍部の指導者の間で、インドと戦争を始めることで、両国が抱える困難な人口負担を相互に軽減させるという話があったが、今のところ実現されていない。ちなみに、中国は「一人っ子政策」で人口抑制を試みてきたが、さまざまな成功例があり、社会的抵抗が広がっている。

戦争に代わるものは、あらゆる手段を講じて少子高齢化を加速させる多角的な攻撃であり、この二つはより人道的な選択肢だと多くの人が主張している。私が数十年にわたって観察してきた不思議な事実の一つは、奇妙な政策や環境要因が常に人口削減という共通の道筋に収束するように見えることだ。一度や二度は偶然と書くことができても、ある時点で、すべてが意図的であるかどうかを疑う必要が出てくるのである。

私が初期の伝染病の歴史を研究したとき、最も印象的だったのは、封建領主が農民を土地から追い出して初期の都市で生活させたときに、農民が絶対的に窮乏を強いられたことだった。それは現代のほとんどの人々が想像もつかないほどひどいものだった。

しかし、マルサスの思想を知ってからは、忌まわしい生活環境そのものが目的であったのだろうと思うようになった。

1798年、トーマス・R・マルサス牧師は『 An Essay on the Principle of Population』 、人間の人口は幾何級数的に増加する傾向があるが、生計手段(食料)は算術級数的にしか増加しないと主張し、影響力のある著作 物を発表した。「マルサスは、戦争や飢饉、病気などの災害がなければ、大衆の生活水準を向上させることはできないと考えた。マルサスは、戦争、飢饉、病気などの抑制がなければ、大衆の生活水準を向上させることはできないと考えた。戦争や飢饉がなければ、人口は幾何級数的に増加し、「マルサス的」食糧供給の破滅的な崩壊につながる。

マルサスの理論には多くの誤りがあるが、マルサスは複数の重要なポストに任命され、彼の考えは19世紀の支配階級のメンバーの間で徐々に有力な信念となっていったようである。この考えは、進化論や自然淘汰論を生み出したダーウィンなど、他の重要な人物にも影響を与えた。

1854年にはジョージ・ドライズデール博士の「社会科学の要素」、1877年には マルサス同盟、1915年にはマーグレット・サンガーが「全米出生コントロール連盟」を設立し、1942年には「全米家族計画連盟」となった。これらの団体は当初は国内向けだったが、次第に国際援助や開発と人口抑制策を結びつけ、グローバルに展開するようになった。

マルサスとダーウィンの思想は、次第に社会ダーウィニズムと優生学を生み、支配階級のエリートたちに広く採用された。社会ダーウィニズムは、階級分化は自然の意志であり、こうした自然淘汰は悪であるというよりむしろ必要であると主張した。この思想の最たるもの、優生学は、二つの主要因によって生まれたように思われる。

  1. 人間の部族的性質と、他の部族をすべて劣ったものとみなす傾向(支配階級は貧しい人々に対してこのように感じていた) 2.人間の部族的性質と、他の部族をすべて劣ったものとみなす傾向(支配階級は貧しい人々に対してこのように感じていた)。
  2. 社会の進歩により、以前なら死に絶えたはずの弱者が長く生存して繁殖し、やがて遺伝子プールを著しく弱体化させることが可能になった。

優生学は、このような「不適合」な人々を繁殖させないようにすることを提唱した。これは、その始まり以来、恐怖に次ぐ恐怖を引き起こし、ナチスが精神障害者を強制的に不妊化した理由などの理論的根拠となった。多くの場合、より即効性のあるプログラムも実施された。ヒトラーによって何百万人が処刑されたか存知の方も多いだろうが、ポリポット、ヨセフスターリン、毛沢東などの独裁者は間違いなくそれ以上にひどいことをした。この分野の第一線の研究者は「デモサイド」という言葉を作り、これらの政府が前世紀に約1億5千万人を処刑したと推定している。ナチスが最終的に人道に対する罪でニュルンベルクで裁かれたとき、多くの人が彼らの弁護として同様の行為が「大国アメリカ」によって最初に行われたことを挙げたことを知る人は少ないだろう。

例えば、「ジェイコブソン対マサチューセッツ」という判決は、天然痘ワクチンによる重篤な副作用を経験したジェイコブソン氏が、マサチューセッツ州の天然痘ワクチン接種義務に異議を唱えたが、強制接種を拒否する権利はない、というものであった。

この判決を受けて、バージニア州では、「気が弱い」「精神障害者」と見なされる人々に対して強制不妊手術を許可する法律が制定された。最高裁判事は、ジェイコブソン対マサチューセッツを引用して、「強制予防接種を支える原則は、卵管切断にも十分及ぶ」と書いた。1930年までに、数十の州が女性に強制不妊手術を受けさせ、6万人以上のアメリカ女性が本人の意思とは無関係に政府によって不妊手術を受けたのだ。

優生学の恐ろしさについて書けばきりがないが、忘れてはならないのは、この学問は決して消滅せず、上流階級から持続的な支持を受けてきたということだ。第三世界のためのワクチンとして宣伝されてきた危険なアストラゼネカ社のコビッドワクチンの製造者が、大手優生学団体と幅広いつながりがあるということを知っているだろうか ? 作り話ならいいのだが。

これらの運動の中で現れた大きな変化のひとつは、その対象者である。最近まで、これらの運動は特定の人々、主に有色人種に対する人種差別であったように思われる。例えば、家族計画連盟の創設者は、黒人の出生率を下げることを望んでいたが、多くはもっとひどいものであった。優生学も白人によって他の白人に対して行われたが、それは一般的に人種というよりも、階級差や認識された遺伝的資質によるものだった(私が思いつく唯一の例外は、大英帝国がアイルランド人に対して行ったものである)。これは新しい変化であるため、西洋の人々の多くは油断しており、政府によって標的にされたことを覚えている他の人種よりも白人のコビッドワクチン接種率がはるかに高くなっている。

政府による人口抑制のための計画

人口抑制が国家と国際政府の優先課題であったことを示唆する文書や会議が数多くある(そのうちのいくつかを紹介する)。悪名高い1966年のアイアンマウンテン報告が最もよく知られた例であり、この記事で取り上げたテーマの多くを反映しているが、その真偽については重大な疑問がある。

しかし、この報告書には、人口が徐々に人工受精によってのみ繁殖できるようになれば、戦争の必要性がなくなるという主張が含まれていた。このテーマは、オルダス・ハクスリーの小説 『すばらしい新世界』のように、他の多くの場所で繰り返されているものである。

正確に推定するのは難しいが、体外受精の利用は着実に増えており、今後も増え続けると予想される。CDCは、この10年間で体外受精の利用が「2倍以上」になったと推定している。また、ワクチンの発売以来、コビッドによって体外受精の必要性と難易度が大幅に高まったという報告を数多く聞いている(とはいえ、この主張を直接裏付けるデータは今のところ見つけられなかった)。医学が妊娠のプロセスを独占し、それが悲劇的な害悪を生み出して いることに興味をお持ちの方には、『The Business of Being Born 』(オンラインで閲覧可能)とロバート・S・メンデルゾーンの著作が、このテーマについて私が見つけた最高の資料のうちの二つである。

国家安全保障研究計画書200は、ニクソン大統領時代の1974年にキッシンジャーによって書かれた(その後数十年間は未公表)、人口管理を組織的に推進する最も有名な政府文書であり、第三世界の人口増加を米国の国家安全保障上の重要課題と位置づけ、それに対処するための様々な手段を概説している。

人口抑制は、一般のメディアでも議論されている。94年9月4日のAP通信の記事Compromise near on Population Control Plan 」には、こう書かれている。

「カイロでの国連人口会議の開幕を前に、米国のある高官は、中絶と避妊という微妙な問題についての妥協点は「非常に近い」と述べた。..3回の準備会議で、170カ国の代表は人口制御計画の90%以上に合意した。」

コブデンクラブの機密 文書「既存世界人口の削減に関する指令」は、1992年の国連環境開発会議の直前に国際的な代表者グループに提出されたとされる文書で、過剰人口がもたらす結果を管理することに焦点を当てたものである。このメモは、人口削減のための他の多くのプロジェクトを参照し、世界的に人口削減を実施する緊急性を強調し、国連安全保障理事会の各メンバー(主要軍事大国)がこのアジェンダに他の国々を従わせることを提唱している。実際のサミット(ここでアジェンダ21が策定された)はあったが、鉄山からの報告や他のこのジャンルの多くの文書と同様に、この文書が本物かどうかは最終的にはわからないし、それがこのテーマの研究を非常に困難にしている理由の一部でもあるのだが。

人口抑制のメカニズム

私の知る限り、人口抑制策は一般的に3つのアプローチのいずれかに従っている。

  1. 子供を持つことを躊躇させるような社会的変化を起こす。
  2. 男性のテストステロンと精子の生存率を低下させる環境因子を導入する。
  3. 出産適齢期の女性を直接不妊化する(あるいは避妊させる)。

ソーシャルアプローチ

第一のアプローチは、政治的に微妙な問題であるが、いくつか例を挙げてみよう。

  • 第二次世界大戦のフェミニズムは、家庭で家族を養うことから、家庭の外で働く不毛な存在へと人口のかなりの部分を移行させた。第二次世界大戦のフェミニズムは我が国にとって不可欠で、女性に対する多くの深刻な不公平を是正したが、女性を母親の役割から解放し労働力を倍増することによって、上流社会を助けるために運動を乗っ取ったことを示すいくつかの証拠も存在する。例えば、この運動のパイオニアであるグロリア・スタイネムは、専業主婦になることを強く勧めたが、CIAの工作員でもあった。
  • デートに関する社会的メッセージは、ロマンチックな絆(子供を生む)から、親密さのないフックアップ文化に移行している。
  • 女性は子供や家族を持つ前にキャリアを追求することを強く勧められ、その結果、しばしばその機会を逃している。
  • 子供を産めない、あるいは産めそうもない、以前は珍しかった性的な組み合わせが、メディアや企業社会によって積極的に奨励されている。
  • コンピュータやビデオ中毒のような、人間関係の代替手段が社会で強く奨励されている。
  • 経済的に、個人が子供を持つことはますます難しくなっている。
  • 子供を持つことは環境破壊であるというレッテルを貼られ、それ故に強く反対されている。
  • 子供を持つことは、精神的な成長や自己啓発の大きな妨げになると考えられるようになった。
  • 子供を持つことに対する広範な支持や社会的な正当性は、次第に薄れてきている。

私は個人的に、年月が経つにつれて、子供を持つことに興味を持つ人が少なくなってきていると感じている。また、子供を持つ人は持たない人よりもずっと深い幸福感を持っていると感じているが、メディアのメッセージはその逆を示唆している。

また、より大きな善のための人口コントロールや大量絶滅という考え方も、メディア内でますます観察 されている。『アベンジャーズ エンドゲーム 』は2019年の興行収入トップだったが、メディアを通じて非常に大きく宣伝され、次点の作品の収益をほぼ2倍にするという異例の成果を上げた。私はしばしば、この映画がCOVID-19直前の数ヵ月間に広めた、「より大きな善」のために悪になって人口の半分を排除しなければならないというメッセージに配慮した故意ではないかという疑問を抱いたことがある。

また、不妊に直接影響する要因は 数多くあるが、いずれも「ゆでがえる」の神話のように、被害者の多くが認識できないほどゆっくりとした 経過をたどっているようである。

男性のアプローチ

現時点では、男性の健康は女性の健康よりもかなり研究されていない (例えば、私が話した最近の卒業生の多くは、医学部のカリキュラムでは「男性の健康」よりも「トランスセクシャル医学」の方が焦点が当たっていたのではないかと感じていた)。そのため、テストステロンの重要性など、このセクションの多くはまだ比較的知られていない。

このような知識のギャップがあるにもかかわらず、科学文献の中では、男性のテストステロンレベルが数十年にわたって大規模かつ持続的に低下していることはほぼ共通して いる(男性のテストステロンレベルは、健康と生殖能力に密接に関係している)。この減少は男性(女性も含む)の健康に直接影響し、多くの統合医療医がこれを是正することで患者の多くが深い恩恵を受けることを発見している。精子の質と生存率の低下も観察されているが、客観的な定量化がより困難なため、この傾向を明確に裏付けるデータはそれほど多く存在しない。

動物の個体数をコントロールする方法として、オスの生殖能力を低下させる薬剤を普遍的に導入する方法がある(メスの生殖を対象とする薬剤よりも大規模に配布しやすいため)。また、動物の行動をコントロールする方法として、攻撃性や「権威への不服従」を減らすためにオスを去勢することが一般的である (例えば、最近の訴訟では、オスの去勢を理由にした損害賠償請求がなされている)。(したがって、支配階級の人々が人口の「無駄飯食い」(この概念には多くの用語があり、ナチスの優生学プログラムに由来するものもある)に対して 同様の方法を用いることに前向きなのは理解できることである。)

その中でも、エストロゲンの特性を模倣し、生物を女性化させる人工化学物質である「異性化ホルモン」が最も大きな影響を及ぼしている。例 えば、アレックス・ジョーンズが化学物質について「カエルがゲイになる」と悪名高くコメントしたのは、今も広く使われている除草剤アトラジンのことで、20年以上前から 両性具有のカエルを作り出すことが知られている。興味がある方は、8時間のオーディオブック「エストロゲン」(英語)をどうぞ。エストロゲン物質がいかにあなたを太らせ、病気にし、不妊にするか」という8時間のオーディオブックは、このテーマを見事に要約して いる。

アトラジン(および他のいくつかの除草剤)に加えて、最も一般的な異種エストロゲンには、以下のようなものがある。

  • 経口避妊薬が広く使用されている中国など、排水を再利用している地域ではよくある問題である)。
  • 大豆(味噌や納豆のように発酵させたものを除く)は、食料供給のかなりの部分を占める食品である。一般的ではないが(それでも時々)、ラベンダー製品にも同様の影響がある。
  • ビスフェノールAやSは、多くのプラスチックに含まれ、常に私たちの体や食品に接触している。
  • ファレート(これも多くのプラスチックに含まれ、特に点滴用品を調達する際に気になる。)
  • パラベン(多くの化粧品に含まれる香料に使用されている)。
  • DDTとPCBは、非常に危険な変異原性化学物質である。その毒性は知られていましたが (PCBを最初に製造したモンサント社は、24人の研究者のうち23人が3年以内に顔に障害を負った)、市場から取り除くのに何十年も、場合によってはほぼ1世紀にわたる活動をしてきた。大量の化学物質が生産され、環境中に残留し、食物連鎖(特に魚を経由して)に蓄積され、現在でも人間に影響を与え続けている。人間と野生生物の両方に破壊的であることに加え、これらの化学物質は、今日でも見られる多くの変化 (例えば男性の精子数の減少)を生み出したと言える。

エストロゲンレベルを上げると直接的に男性が女性化することは評価されているが、脳内にエストロゲン受容体があり、刺激を受けるとテストステロンレベルを下げることはあまり評価されていない。排卵誘発(排卵できない患者のため、またはIVFのための卵子を集めるため)のために設計された薬であるクロミフェンは、この抗テストステロン受容体をブロックする。テストステロンの直接投与は、男性の健康のために使用することができるが、多くの医師は、 クロミフェン単独でテストステロンを上昇させ、多くの場合、男性不妊症を治療 することができるため、 クロミフェンの使用にも大きな利点を見出している。このように(そして多くの証拠から)、男性のテストステロンの減少には、ゼノエストロゲンが重要な役割を担っていることが示唆されている。

精巣の機能に最も大きな影響を与えるのは、マイクロ波(携帯電話やWi-Fi対応機器から放射される)である。このマイクロ波の影響を最も受けやすいのは、脳みそ、心臓、そして精巣である(興味のある方は、実際にこれを証明する多くの研究結果がある)。

マイクロ波の電界強度は(逆二乗則により)発生源から指数関数的に減少する。男性不妊の治療でよく成功する方法は、携帯電話をポケットに入れて持ち歩かない、ノートパソコンを膝の近くで使わないことである。この放射線の卵巣への影響についてはよく知らないが、マイクロ波の電界強度は予想されるように減少するというよりむしろ子宮内で増加し(子宮は興味深い臓器だ)、出生時障害と生前のEMF曝露との間にはある程度の相関関係が存在することがわかってきた。

興味深い例として、糖尿病の治療薬としてよく使われるメトホルミンは、テストステロンを減少させるという不思議な副作用がある(すでにテストステロンが不足している高齢男性にとっては、衰弱の原因になる)。また、広く使われている砂糖代替物のステビアは、テストステロンの減少や避妊効果について繰り返し研究されている。これらの物質の多くは代謝を阻害して肥満を引き起こし、アロマターゼを介して脂肪細胞がテストステロンをエストロゲンに変化させることでさらにサイクルを永続させるため、すべては循環している。

精巣癌の専門家であるNiels E. Skakkebæk, MD PhDは、デンマークの国立癌登録(1943年から管理)を通じて、精巣癌の発生率が1943年から1993年の間に3倍以上になり、その後も増え続けていることを明らかにした。同時に、精子密度は1940年の1億1300万個/mlから1990年には6600万個/mlに減少し、精子体積も平均して減少していることを明らかにした。 精子の体積は平均19%も減少している

これは、男性不妊症や精巣癌の原因となる停留睾丸の増加も関係していると思われる。1950年代のイギリスの研究では、停留睾丸は出生数の1.この年代は、私が何年もフォローし、多くを学んだ匿名のブログライターの死の原因でもあった(最終的に癌化する停留睾丸の継続的な不適切な管理)。

女性のアプローチ

男性の不妊手術は哺乳類の生態上、環境全体に一律に実施される傾向があるが、女性の不妊手術はより対象を絞ったアプローチを必要とする。私が知る限り唯一の例外は1970年代のインドで、国際融資と引き換えに首相が戒厳令を出して軍事力で精管切除を義務付け、600万人の男性を不毛にした後、男性の激しい反対運動によりこの計画を断念させた(そのため女性のみが直接不妊治療の対象とされているのだが)。

ワクチン接種による不妊手術は 長い間 人口コントロールの聖杯と見なされてきた ワクチン接種への世界的な信頼が不妊物質の秘密裏の大量投与を可能にし 他の多くの方法とは異なり 理論的には一度だけ行えばよいからである。そのため この分野では多くの研究が行われてきたが少なくとも最近まで そのための技術は不足していた そのアプローチの背景を十分に理解するためにまず従来の避妊と不妊技術の強制投与で何が行われてきたかを確認することにする

ナチスが数百万人を不妊化し、処刑したのは有名な話だが、世界中の政府が貧しい有色人種の女性に対して行った不妊化キャンペーンは数多くある。最も有名な例は、1960年代から1970年代にかけて米国で起こったもので、インディアン・ヘルス・サービス (Indian Health Services)が、強制的かつ欺瞞的に、25%から40%のネイティブアメリカンの女性に対し卵管結紮術と子宮摘出術を行い、結果として出生率を半減 させたというものである。

その他の例としては、以下のようなものがある。

  • ロックフェラーが資金提供したプログラムによって、1963年から65年の間にコロンビアで不妊手術を受けた女性は4万人。
  • 1965年から1971年にかけて、ブラジルで100万人の女性が不妊手術を受けた。
  • ボリビアで平和部隊によって行われた米国の人口抑制プログラムでは、ケチュア族インディアンの女性たちに、彼女たちの知識や同意なしに不妊手術が行われた。

直接の不妊手術が行われなくなると、人口コントロールはそれほど簡単ではなくなる。その点、現代生活の中で私がいつも特に不公平に感じているのは、良い避妊法の選択肢がないことだ。どの選択肢も、健康に重大な問題を伴うか、親密さに障壁を作る。唯一の選択肢は(私はリズム法や精液保持などの行動や精神の修行をする多くの人々を知っている)どうしても失敗に終わる。

残念ながら、避妊薬の方がはるかに収益性の高い市場であることがわかると、この方法の研究は棚上げされた。残念ながら、多くの女性はIUDに耐えられない (例えば、私のクラスメートの一人は、銅製のIUDに悪い反応を示して、医学部の1年目を落第しそうになった)。

悲しいことに、現在の避妊具には深刻な健康問題がある一方で、現在のアプローチは( 最近製造中止になった Essureを除いて)初期の実験的な避妊具の多く( Dalkon Shieldsの恐怖がその好例だ)よりもはるかに安全である。その多くが知られていないのは、炭疽菌ワクチンを使った軍の恐ろしい強制実験(これが「ワープ・スピード作戦」の基礎を作った)についての前回の記事で 述べた ように、医学研究はしばしば、通常は人目につかず、心にも留まらないような弱い立場の人々を対象に行わ れるから である。

人口管理の観点からは、長期間の注射による避妊が唯一の実現可能な選択肢である。結局のところ、人々が高価な錠剤をいつまでも飲む保証はないし、定期的に集団に再注射できる可能性は低いし、注射以外の方法は大勢に適用するには時間がかかりすぎる。

そのアプローチの最有力候補の一つが、私が知る多くの女性の健康に深刻な影響を与えてきた、より有害な避妊法の一つである注射薬デポプロベラである。デポプロベラは、ご想像通り、第三世界の国々で国際機関によって定期的に使用されている。50年近く前の1979年、USAIDは国際家族計画連盟を通じて、メキシコ、スリランカ、バングラデシュの378人の女性にデポプロベラを供給し、実験研究プロジェクトを行った。これらの組織によるデポプロベラの広範囲な投与は現在も続いている(ゲイツ財団など、より近代的な組織がさらに関与し、脆弱な女性に執拗に配布する伝統が続いている)。

デポプロベラを広範囲に配布することが推し進められたが、予想通り、これはしばしば非倫理的な方法で行われ、受け取った人々は自分たちに何が行われているのかほとんど知らなかった。それらの例のいくつかを簡単に振り返ってみよう。

白人が非白人人口を支配する社会では、デポプロベラはしばしば好ましくない層への投与が問題視された。南アフリカでは、アパルトヘイト時代、加速する黒人出生率に白人が危機感を募らせ、政府出資の家族計画機関で黒人女性にデポプロベラが強制投与された。当時、国内有数の黒人医師だったNthato Motlana博士の言葉を引用すると、次のようになる。

『インフォームド・コンセント』などというものは、ここには存在しない。この機関では、若い黒人の女の子にデポプロベラの注射を、本人の同意も聞かずに行っている。

ジンバブエでは、白人の支配下でデポプロベラが黒人女性の間で最も広く使われていたが、黒人のロバート・ムガベが首相になり、このプログラムを中止した。カナダもまた、先住民を不妊化した国で、この層に対してデポプロベラが頻繁に使用されている。このことは、オーストラリア政府によるコビッドワクチン接種プログラムに対して、このコミュニティが助けを求めていることの重要な背景となっている。

また、絶望的な状況に陥ったとき、国際機関が人口抑制のために利用することも多い。デポプロベラの投与や不妊手術を受けることが国際支援の条件とされることも多く、餓死者の多かったバングラデシュでは食料を受け取ることが条件とされたこともある。クメール・ルージュの崩壊から逃れたカンボジア人のためのタイの難民キャンプでは、生存のための必需品を得るためにデポプロベラを受けることがしばしば要求され、場合によっては単に受けることを強制され、男性難民はお金をもらってできるだけ多くの難民に注射するよう勧誘された。

上記の出来事を振り返ってみると、様々な「語り」がある。デポプロベラの注射が何本分備蓄されていたのか、プロジェクトの背後にある資金力から、多くの関係者にとっては、単に「いかに多く配布するか」に焦点が当てられていた。そのため、デポプロベラの摂取を増やす機会があればいつでもそれを利用し、個人の切実な状況を利用したり、同意の権利を奪ったりする倫理的な問題は考えもしなかった。

また、バングラデシュのようなケースでは、「人が多すぎて皆が飢え死にするなら、子供を作らないようにしなければ、誰かを養うのは適切ではない」と容易に推論できただろう。最後に、支配階級の利益を守るために特定の民族を意図的に不妊化したケースがあるが、彼らの意図が利己的で邪悪なもの以外のものであるとは言い難い。

これらの考え方は、歴史上繰り返されてきたテーマであり、現在のワクチン接種キャンペーンにおいても繰り返し現れている。

結論

一般に信じられていることとは異なり、現在の食糧不足のほとんどは、食糧不足というよりも、資源の不平等な配分から利益を得ようとする人々の産物である。私も含めて多くの人が、環境と調和して生きることができれば、地球は少なくとも400億人を支える能力があると信じている。同様に、周囲のコミュニティを発展させるような協力的存在を持てば、大量の子供を作る動機(人口成長の主要因)はおそらく消滅するだろう。

これは非常に実現可能なことで、人間一人ひとりの生活の質を極端に犠牲にする必要はない。しかし、そのモデルの本質は、もはや寡頭政治がすべてを支配することのない、協力的な自給自足の社会モデルを生み出すことにある。このような生き方は権力者にとって受け入れがたいため、常に権力の維持と既存の階層を支えるレベルの人口を維持することに焦点が置かれてきたが、生活水準が上がるにつれ達成困難なことが多くなっている。

現代では、人間個人の労働価値は現代のテクノロジー(特にAIやロボット)によって著しく低下しており、私が読んだ多くの出版物から、オリガーキー(寡頭制)は、現在の人口レベルが提供する生産的価値は、多くの人々を抱えることのコストに見合わなくなったという視点を持っているように思われる。この記事の後半では、ワクチン接種が出生率に及ぼす影響について述べる予定だ。それまでの間、オリガーキーが現在の人口のジレンマにどのように対処するかを考えてみてほしい。

さらに、WHOによる強制不妊手術のテーマについてもっと知りたい方は、「The Real Anthony Fauci」の第10章を読むことを強くお勧め する。この本もこのテーマについて研究しているが、多くの分野でより詳細に述べられており、裏付けとなる参考文献も提供されている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました