マイケル・バーンズ教授:英国の医療用大麻事情を知る
Prof Michael Barnes: An Insight into the Medical Cannabis Scene in the UK

テス・ローリー/世界健康評議会(WCH)ドラッグ、CBD、THC感染症・コビッド 予防&治療

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Prof Michael Barnes: An Insight into the Medical Cannabis Scene in the UK

カタリナ・リンドリー 0:32

そして次は、マイケル・バーンズ教授を紹介したいと思います。バーンズ教授は、イギリスにおける医療用大麻と癒しについての洞察を語ってくれます。バーンズ教授は、コンサルタントの神経科医であり、20年以上にわたって医療用大麻の専門家として、イギリスにおける医療用大麻の最前線で活躍してきました。バーンズ教授は、必要とするすべての人が医療用大麻にアクセスできるよう、尽力しています。バーンズ教授、ありがとうございました。

マイケル・バーンズ 1:02

ありがとうございます。お声をかけていただきありがとうございます。今晩は、先生がおっしゃったように、イギリスの医療用大麻、あるいは処方箋用大麻についてお話しします。そして、世界協議会の一部である医療大麻連合協会のことをお話ししましたが、これは実際に国際的になりつつあります。ですから、私は10分ほど話をします。その後、皆さんからの質問にお答えしたいと思います。大麻は多くの国で受け入れられていますが、受け入れられていない国もたくさんありますからね。英国では、少し自己紹介をしておきましょうか。

私は神経科医です。多発性硬化症の人たちを診て、彼らから学んだことがきっかけで、20年ほど大麻に関わっています。カンナビスは、主に痛みや筋肉の痙攣に効果があることを知りました。そして、私のクリニックには、大麻を使っているという人たちがやってきました。

当時、大麻は違法で、イギリスでは今でも違法ではありません。そして、非公式な時間にクリニックを訪れた多発性硬化症の患者は、約60人にのぼりました。北イングランドのニューカッスル・アポン・タインにある私のクリニックでは、クリニックに来た人の約半数が20年ほど前に実際に大麻を使用していたことに、素朴ながらも驚きました。

私はGWファーマという会社の開発を手伝ったわけではありませんが、この会社が最初の大麻医療用医薬品であるサティベックス(筋痙攣用)を開発しました。Sativexは、英国には「ナイス」という奇妙な名前の機関がありますが、その機関に承認されませんでした。英国には、「ナイス」と呼ばれる機関がありますが、これは「National Institute for Clinical Excellence」と呼ばれています。

彼らは薬の費用対効果を判断し、薬の経済性を見て、私は費用対効果のないXを設定することにしました。だから、国民健康保険には導入されなかったのです。知らない人もいるかもしれませんが、イギリスのナショナル・ヘルス・サービスは、イギリス国内の医療介入の約90%を占め、民間企業が行う医療介入の約10%を占めています。

このように、大麻に関しては 2016年頃まで法的な観点からは何も起こらなかったのですが、その間に事態が再燃しました。再燃したのです。麻薬政策に関する全党議会グループ」という議会組織から報告書の作成を依頼され、娘と一緒に作成しました。

実は娘は心理学者で、報告書の作成を手伝ってくれました。この報告書は、少なくとも医療目的で大麻を合法化すべきかどうかという議論を再燃させたという点で、影響力があったと思います。その後すぐに、イギリスでは非常に有名なAlfie Dingleyという少年が生まれました。アメリカから来た皆さんにとっては、彼の戦場はアメリカのCharlotte Figiに相当すると思いますが、彼の母親は私が皆さんに簡単にAlfieの話をすることを気にしていません。

アルフィーはPC D H 19という非常に珍しい病気を患っており、重度の発作を起こします。週に3〜400回の発作を起こしていましたが、認可されている抗けいれん薬では全く効果がなく、ステロイドの点滴でしか効果がありませんでした。母親が亡くなる前の1年間に、彼は48回も小児集中治療室に入院していました。そんな彼のために、医療目的の大麻が合法であることが明らかなオランダに連れて行きました。オランダでは彼に大麻を投与しました。

そして数週間後、適切な量を摂取することで、彼の発作は止まりました。そして、2年ほど前にブレイクスルー発作が起きたことを除けば、それ以来、発作のない状態が続いています。これは驚くべきことです。つまり、本当に驚くべきことです。3~400回あった発作が1回もなくなったのですから。

もちろん、その結果、機能的にも優れています。彼は学校に通い、運動機能が向上し、自転車や馬にも乗れるようになりました。彼の生活の質は著しく向上し、もちろん彼の家族の生活の質も向上しました。このようにして、この家族には本当に素晴らしい変化がもたらされました。

しかし、彼らはオランダにいました。しかし、彼らはオランダにいたので、帰国して家のあるイギリスに住みたいと思っていました。薬を輸入するのは違法なので、彼らは薬を持たずに帰国したのです。このようにして始まったメディアキャンペーンは、見事に成功しました。英国のほとんどのメディアに支持され、感動を呼ぶストーリーとなりました。そして、そのキャンペーンの直接の結果として、アルフィーは糞を手に入れました。

2018年の夏に大麻が合法化される前に、イギリスで初めてシェスケジュール1のライセンスを取得しました。そしてその結果、わずか数ヶ月後に法律が改正されたのです。つまり、実際に法律を変えたのは、実は驚くほど成功したメディアキャンペーンなのです。変更された法律は、大麻を麻薬規制である「麻薬誤用法」のスケジュール1からスケジュール2に移し、医師が大麻を薬として処方できるようにしたものです。

これにより、医師は大麻を薬として処方できるようになりました。つまり、病院のコンサルタントではなく、基本的には一般開業医やプライマリーケア医でもないということです。これはちょっとした問題なのですが、それについては後で説明します。しかし、18年11月に法律が変わりました。

そして、私たちは、私が彼のために彼のライセンスを取得し、最初の処方箋を書いたことを感じることなく、そのキャンペーンに参加したことで、私は思ったのです。私は、もうこれで引退して、神経学を止めることを続けられると思いました。

これは私の計画でした。しかし、実際にはそうはなりませんでした。3年前に法律が改正されて以来、3年以上前になりますが、国民健康保険サービスの大麻の処方箋を3回もテストしなければなりませんでした。これはひどいことです。その理由については、最後の数分で説明します。

大麻は民間でも入手可能で、多くの人々が入手できるのは良いことです。しかし、自腹を切って購入しなければならないという点で、悪い面もあります。また、薬としての大麻は安価です。投入コスト、医師の費用、クリニックの費用、その他すべてを加えると、決して安くはありません。決して安くはありません。また、家族や子供の中には、不思議なことに大人よりも大量の大麻を必要とする人もいます。

処方箋を手に入れるために月に2000ポンド(約1万円)も払うことになります。少しずつ下がってきてはいますが、それでも家族は最低でも月に1000ポンドは払っています。大人の場合は月に3~500ポンド程度で、英国内の約15カ所の大麻専門のプライベートクリニックに支払う金額は膨大なものになります。

これは残念なことです。私たちは、法律が改正されたときに議会が意図したであろう、国民健康保険サービスのように、誰もが無料で利用できるようにする必要がありますが、そうなっていません。現在、英国には15のクリニックがあり、約100種類の製品を製造する15のメーカーから大麻薬を選ぶことができ、医師にとっては適切な選択肢となっています。

現在、約100人の医師がトレーニングを受け、約12,000人の患者に処方を行っています。そのため、特に神経科、特に小児神経科の医師の数が少なくなってきています。

彼らの処方のほとんどは、痛みを伴うものです。鎮痛剤として非常に優れているため、痛みの専門家が処方の60%を痛みのために使っています。しかし、処方の20~25%は不安やうつ、強迫性障害、外傷後ストレス障害などの精神疾患で、15%程度は多発性硬化症、トゥレット症候群などの神経疾患、胃腸疾患、がん、がんの対症療法、そしてもちろんポルトガル法に基づく小児てんかんなど、さまざまなものが含まれています。

このように、現在の状況は明らかに進歩していますが、英国では毎日140万人の人々が娯楽目的ではなく医療目的で大麻を使用していると考えられています。控えめに見積もっても、犯罪にならない程度の人たちです。英国には医療目的で大麻を使用する潜在的なユーザーが約200万人いますが、我々は1万2千人を抱えています。

つまり、あと1.99だっけ、100万人だっけ。まだまだ先は長いですね。一番の問題は、医療関係者のほとんどがプレパラートに非常に消極的なことです。医療関係者のほとんどが処方に消極的で、多くの皮肉が込められていますが、これは大麻にまつわるスティグマが原因だと思います。

その理由を簡単に説明しましょう。多くの医師や私は、そのどれにも同意していませんが、彼らの言うことを言います。エビデンスが不足しています。それは、大麻を医薬品として見た場合に当てはまります。

そして、大麻は医薬品ではありません。明らかに植物性の製品であり、二重盲検プラセボ対照試験を行うような医薬品的アプローチには向いていません。それは大麻には通用しません。大麻は147種類の化合物を含む植物です。カンナビノイドとテルペン類だと思います。

同じ数のフラボノイドもあります。非常に複雑な植物であり、医薬品的なアプローチには適していません。政府機関を含む多くの医師は、医薬品として見ているため、十分な証拠がないと言っています。しかし、現実の世界でのエビデンスを見ると、特に痛みや不安に対する有効性には圧倒的な証拠があります。

もちろん、てんかんには効果がありますが、その他の症状にはあまり効果がありません。つまり、十分なエビデンスがないと言われ、エビデンスに対処するまでは処方しないと言われているのです。英国ではメディアキャンペーンを展開していますが、一部の医師団体を攻撃しなければならなかったのは、彼らが間違った、単純に間違ったガイダンスを作成していたからです。

ガイダンスです。特に、英国小児神経学会は反感を持っていましたので、修正しました。そのため、私たちは最善を尽くしています。患者や利益を得る可能性のある人たちをサポートする団体もあり、それはとてもうまくいっています。

これは、患者が主導して法律を改正し、自分たちをサポートし続けているのです。世界評議会の一部である医療大麻連合協会は、法律が改正された日に結成されました。メンバーは全員臨床医で、医師でなくても、医師、薬剤師、看護師、医療従事者など、医療大麻に関わる臨床医なら誰でも参加でき、医師向けの教育も行っています。

そして、その組織を通してです。その中には、大麻について知りたいと思っていた医師や、大麻を処方する人もいました。私は、大麻を処方したくない医師のための教育には賛成です。処方したくない人が、情報に基づいた意見を患者に提供できるようにするためです。

私たちは、国際的なサポートを行うGoogleグループを提供しています。特定の患者に関する質問があれば、匿名でグループに記録することができ、世界中のどこからでも返信を受け取ることができるのです。海外からのメンバーも多く、今はイタリアに興味を持っているし、デンマークにも興味を持っているので、イタリア支部を作ろうとしています。

大げさに聞こえるかもしれませんが、「英国医療大麻委員会協会」ではなく、「世界医療大麻連合協会」や「ヨーロッパ」などと名前を変えようかと思っています。なぜなら、世界中の大麻コミュニティに存在する協会がほとんどないからです。

この協会を通じて彼らをサポートできるのは素晴らしいことだと思います。私たちは、指導やトレーニングのためのウェビナーを提供していますし、医師に対するさまざまなサポートも行っています。この国では、大麻の処方箋をただ書くことはできませんからね。患者さんにとって大麻が適切だと判断したら、ピアサポート機関から承認を得る必要があります。これは英国の他の医薬品にはないことなので、大麻を処方する側にとってはもう一つのハードルとなります。

私たちはソサエティに、大麻の処方を承認するピアサポートを提供しています。このようにして、私たちは前進しています。政府はもっと私たちを助けることができるはずで、私たちは政府とキャンペーンを展開しています。例えば、GPSを一次処方にするかどうか、フォローアップ処方にするかどうか、処方を開始するかどうか。私たちは政府に働きかけています。また、主に医療機関にも働きかけていますが、必ずしも私たちの意見に同意する必要はありません。

しかし、少なくとも、痛みの処方、不安の処方、てんかんの処方などで人々が限界に来ているなら、多くの人々に効くとわかっている薬を試してみるくらいの心の広さは必要だと思っています。驚くほど安全な薬です。適切に処方されていれば、精神病のような深刻な合併症を引き起こす可能性はまったくありません。控えめに言うつもりはありませんが、全く安全です。

しかし、賢明な処方であれば、驚くほど安全です。有効率を見てみると、最後になりますが、イギリスで行われたDrug Science 2021 Programというプロジェクトでは、てんかんの子供たちがライセンス緩和に全く反応しなかった場合、96%の反応率が得られたという結果が出ています。

これは本当に驚くべき結果です。また、リピート率を見ると、再来院された方は、その薬にそれなりの反応があったことを示す一種の代理指標であり、リピート処方率は約80%となっています。つまり、他の薬や治療法に反応しなかった非常に抵抗性の高い状態の人に対して、驚くほどの成功を収めているのです。

しかし、私はこの薬がすべての症状に効くと主張するつもりはありませんし、インターネットで調べればわかることです。しかし、適切な人に、適切な状態に、正しく、賢明に説明された場合には 非常に有用な薬であり、もっと広く使われるべきだと思います。決められた時間を1分ほど過ぎてしまいましたね。だから、私は話すのをやめます。ご質問がありましたら、いつでもお答えします。

カタリーナ・リンドリー 16:34

バーンズさん、ありがとうございました。プレゼンテーションをしていただき、ありがとうございました。本日の共同司会は、私の同僚であるマリア・ラモス博士です。彼女が、チャットで課した質問をしてくれますよ。ありがとうございました。

マリア・フーマー・モグ 16:48

ボンド教授、大変興味深いポートフォリオスピーチをありがとうございました。そして、私たちには質問があります。例えば、私の素敵な運営委員であるローリーから、「医薬品は、簡単に栽培できる天然物と比べてどのように違うのでしょうか?

マイケル・バーンズ 17:07

私が入社した当時は、そのような製品を開発する時間がありませんでした。しかし、いくつかの企業は、植物の主成分であるTHCやCBDだけを分離したものを開発しています。皆さんもご存知だと思いますが、これらは効果があります。GWファーマ社が開発した「エピディオレックス」というCBDをほぼ分離したものを服用すると、てんかんの子供に効果があるそうです。GWファーマ社が開発したEpidiolexというCBDをほぼ単離したものをてんかんの子どもたちに投与したところ、約半数の43%の子どもたちの発作が50%以上改善したという驚くべき結果が出ています。

しかし、植物全体を使用した場合、つまりフルスペクトル製品を使用した場合には、70〜80%の子供たちの発作が少なくとも50%減少するという、この数字を2倍にすることができるのです。これは、いわゆるエントラージュ効果の一例で、植物全体の方が植物の個々の成分よりも効果があるということだと思います。

個人的には、フルスペクトラムの植物全体を使った製品だけを処方したいと思っています。単純に、効果が高く、投与量が少なく、副作用が少ないからです。ですから、そのような方法を追求する企業があることは理解できます。

しかし、完全な植物の方がより効果的であることを考えると、それは少し残念なことだと思います。

マリア・フーマー・モグ 18:33

どうもありがとうございました。私の他の3人の委員から、カナダのMark profitです。英国では、候補者を育てたり、軽量化したりすることができるので、本当に極端な経済的負担になることがあるのではないかという質問です。

マイケル・バーンズ 18:48

いいえ、できません。悲しいことに、これも英国では非常に良い議論だと思いますが、医師が処方する場合以外は違法です。私たちはどんな症状にも処方することができます。それは良いことです。喫煙以外であれば、どんな形でも処方することができます。禁煙を処方することはできませんが、薬としてはできません。

しかし、ベイピングには処方できます。処方の60%はドライフラワーで、40%は主にオイルですが、タブレットのような他のフォーマットもあります。しかし、今のところ、自分で合法的に栽培することはできません。もちろん、自分の症状に合った特定の系統を抽出するという意味では、それもありだと思います。もちろん、大麻の栽培は比較的安価であるため、コストもかからないでしょう。

しかし、現時点では、どんな目的であれ、大麻を持ち歩くことは違法です。イギリスでは、カナダのように成人が使用することについての議論がまだ始まっていないからです。ですから、近い将来にそうなることはないと思います。

マリア・フーマー・モグ 19:54

ありがとうございました。もうひとつの質問ですが、ワクチンの有害事象が多く発生しています。ワクチンによる神経系の損傷に対するカンナビノイドの使用について、何か経験や指針はありますか?

マイケル・バーンズ 20:06

あなたの論理的なワクチン傷害は?あなたは、イエスと言いましたか、ノーと言いましたか?大麻は病気を治すというよりも、主に症状を改善するものだということを忘れてはいけないと思います。ワクチンやその他の神経系の損傷に対しては、QOL(生活の質)の向上、痛みの改善、筋肉の痙攣が問題であればその改善、祈り、不安、睡眠、不眠など、神経系のワクチンによる損傷に伴う様々な合併症や問題に対して、大麻が役立つ可能性があります。

しかし、ワクチンによる直接的な損傷そのものには明らかに影響しません。先週、プレスリリースのような形で、Long-COVIDに大麻を使用するという研究が英国で始まっています。これは、非常に初期の段階で、CBDとTHCの両方を含む大麻がCOVIDを発症する可能性を減らすことができるという、いくつかの示唆があったからです。非常に初期の研究ではありますが、理論的にはその可能性があります。そのため、30人の患者を対象に、Long-COVIDの発症率を下げたり、症状を改善したりできるかどうかを検討しています。

マリア・フーマー・モグ 21:34

どうもありがとうございました。それから、もうひとつ質問があります。世界の他の地域の医師向けにオンライントレーニングを行うことはできますか?

マイケル・バーンズ 21:42

はい、そのようなこともやっていますが、たまたま私がオンライントレーニングを行っています。私である必要はありません。私でなくても構いませんが、私たちはトレーニングを行いました。それはZoomではありません。もちろん、今夜のように、人々がどこにいるかは問題ではありません。

私は今、世界中で大麻のトレーニングを行うことができます。だから、会員や他の人たちの役に立つなら、学会は喜んで国際的なトレーニングの日を設けることができるよ。私は月に一度、主にイギリスの医師を対象としたトレーニングを行っていますが、必要であれば世界に広げることもできますので、はい、喜んで行います。

私のメールを見た人が特定されれば 喜んで共有させていただきますが、私にメッセージを送っていただいても構いません。メールを共有しましたか、それとも共有できますか?必要であれば、私は喜んで人々とコミュニケーションをとります。

マリア・フーマー・モグ 22:30

そうですね。あなたのソースでいいですか?

マイケル・バーンズ 22:33

ええ、ええ、それは素晴らしいことです。それでいいよ。いいですね。

マリア・フーマー・モグ 22:36

さて、オーストラリアからもう一つの質問です。スティーブンからです。私は、オーストラリアの産業用大麻の団体であるAustralian Industrial hemp Allianceの秘書をしています。薬用大麻も扱っています。国連は現在、規制緩和についてどのような立場をとっていますか?薬用大麻の規制については?また、私たちはどのようにして国連に影響を与え、規制緩和を進め、医療をより自由に利用できるようにすることができるのでしょうか?

マイケル・バーンズ 23:04

ええ、とてもいい指摘ですね。多くの国で制限されているのは、1961年に締結された国連の麻薬に関する単一条約です。彼らはこの条約を格下げしました。これは間違った表現です。この国際的な制限を緩和しようという動きがあります。

そして、CBDに注目し、それが非麻薬であると判断しました。そのため、規制が緩和されています。もちろん、今では広く無視されているわけではありません。しかし、大麻が合法化されている55の国では無視されています。多くの国が医療目的で大麻を使用していますが、多くの国が不必要な官僚的な輪をくぐり、国連の単一条約を回避するために物事を捻じ曲げなければなりませんでしましたが、国連が大麻に関する国連条約を廃止すれば、より簡単になります。世界保健機関(WHO)のメンバーは、国連やWHOに対して、国連単一条約を変更することで経済学者の規制を緩和しようとする意見を述べるのに非常に有効だと思います。

これは、この呼びかけに参加しているいくつかのグローバルプレーヤーが、物事に影響を与えるために調整することができるタスクだと思いますが、十分な速さではありません。

マリア・フーマー・モグ 24:19

ありがとうございました。それから、シャブナムの凝った運営委員会からも質問があります。医療には明らかに利益相反があります。非犯罪化は、刑事司法制度から利益を得ている人たちと、薬を必要としている人たちに、どのような影響を与えるでしょうか?

マイケル・バーンズ 24:37

ある国では非犯罪化の道を歩んでいますが、これは個人的には完全に妥当な道であり、これは非常に議論の余地があります。しかし、それが役に立つかどうかはわかりません。なぜなら、非犯罪化しても人々はブラックマーケットにアクセスしてしまうからです。闇市場には非常に優秀な人もいますが、同様に、製品の品質は決して保証されていません。人々は闇市場に行き、何をどのように摂取すればいいのかわからず、たとえそれが良い製品であっても何が入っているのかわからないのです。

もし非犯罪化すれば、そのような行為をしても刑事訴追されなくなります。つまり、良質で安定した安全な医薬品を手に入れるという点では、これ以上前進することはないのです。ですから、個人的には、非犯罪化の議論は理解できますが、個人的には非犯罪化ではなく合法化を望みます。そうすれば、犯罪者の手を離れ、良質で安定した製品を必要としている人たちの手に渡すことができると思います。ですから、診療所や処方箋の作成、それらのコストを考えると、これは植物であり、その植物の栽培を許可すべきだという主張もわかります。

しかし、少なくとも医療関係者の意見を取り入れたほうがいいというケースもあると思います。つまり、少なくとも専門家の意見が必要なのです。医学的である必要はありませんが、実際には、良質で安全な製品を安全に処方することができるのです。市場開放にはマイナス面もあると思いますが。完全にね。それと、有権者による非犯罪化には全く賛成ではありませんが、これは議論の余地がありますね。アンディ、論争になるのはとても嬉しいことです。

しかし、これが私の考えです。私は、良質で安全な製品を確保することが第一であり、非犯罪化によって必ずしもそれが得られるとは思いません。

マリア・フーマー・モグ 26:37

どうもありがとうございました。もうひとつ、ドイツの運営委員会メンバーのクリスタル・ブルートさんからの質問です。もし、一握りの活性サブ物質、つまり医薬用を分離した場合、他の成分の相乗効果はどの程度失われ、潜在的な副作用はどの程度増加するとお考えですか?

マイケル・バーンズ 26:57

個々の成分を取り除いてしまうと、植物の有効性の多くを失ってしまうと思います。もちろん、CBDを分離したEpidiolexのような方法もあります。副作用についても、THCとCBDを分離したものを使用していますが、これも可能です。

しかし、それに加えて、科学的には間違いなくエントラージュ効果があり、植物全体からより良い反応を得ることができると思います。ですから、植物の成分を取り出しても、残しておくほど良い反応は得られないと思います。

もちろん、THCとCBD以外の成分もです。THCとCBD以外の成分の有効性や働きについては、あまりわかっていません。CBGやCBNについては少し分かっています。CBCについても少しだけ。しかし、それ以外の140種類の成分についてはあまり知られていませんし、ましてやテルペンが大麻の効能をどのように左右するのかについてはあまり知られていません。個人的には、前にも言いましたが、構成要素である植物を取り出して分離し、それを薬として押し出す理由は理解できます。単離されたものは、より多くの量を必要とし、約2倍の量の副作用があると言われています。

そして、副作用が2倍とは言えません。単純すぎますが、アイソレートの方が副作用が多い、あるいは副作用の発生率が高いのです。ですから、もし植物があって、それがより安全で、低用量であるならば、その植物を使いましょう。

マリア・ハマー・モグ 28:33

ジョンさん、もうひとつ質問です。何百万人もの人々がワクチンによる症状の緩和を必要としているという現実を考えると、ワクチンが合法化されていない国でワクチンを利用できるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?つまり、それに対する答えはすでに何となく聞いています。

しかし、もう一度お願いします。

マイケル・バーンズ 28:53

そうですね。政治が問題なのではありません。その政治的見解ですが、大麻に対する正しい表現であれば、ドミノ倒しが起きていることは間違いありません。現在、大麻が何らかの形で合法化されている国は55カ国あります。

今後は世界的に普及していくでしょう。しかし、同様に、何年もかかる国があることは誰もが知っています。しかし、これは驚くべきことです。タイでは今では合法化されていますからね。ご存知のように、タイではごく最近まで非常に厳しい薬物法が適用されていました。ですから、世界的に見ても、どのようにしてより多くの人々に普及させていくのか、驚くべきことではないでしょうか。

しかし、すぐにできる方法はありません。一つの方法は、国連の単一条約の制約を解除することだと思います。先ほども言ったように、それはひとつのことですが、悲しいかな、それは個々の国で多くのロビー活動や政治的な後押しをすることです。特にドイツのような大きな国では、今は医学的にも合法で、間もなく成人の使用も合法になるでしょう。そうなれば、近隣の国も、みんながドイツに行ってしまうのは困ると考えるようになると思います。

ここでは、それを合法化しなければならないのです。だから、私が言いたいことは、ブロック単位で進むと思います。アメリカでの法的規制を連邦政府が解除してくれれば、アメリカから多くのノウハウがもたらされ、世界的にアクセスしやすくなるでしょう。

残念ながら、世界には198の国がありますが、これは過去55年間のことではなく、あと140の国に影響を与えなければなりません。ですから、やるべきことはたくさんあります。しかし、多くの人々がこの薬をどうしても手に入れたいと思っています。

私たちにできることは、少しずつでも前進していくことです。

マリア・ハマー・モグ 30:56

その通りですね。ですから、もうひとつのコメントとひとつの質問をさせてください。それでは、次のスピーカーに移りましょう。オーストラリアの友人である弁護士からコメントをいただきました。こんにちは。オーストラリアにこんにちは。

彼のコメントによると、アパートが大麻ゲームをコントロールしようとしているのは間違いないので、それに抵抗しなければならないとのことです。このように、彼らは全体の状況についてコメントしています。そして、はい、そうです。

マイケル・バーンズ 31:30

いや、悲しいかな、あなたの言うとおりです。これは製薬業界にとっての脅威です。なぜなら、大麻が導入されると、オピオイドの処方が減り、抗不安薬の処方が減り、抗けいれん薬の処方が減るからです。つまり、大規模な製薬会社の利益を脅かすものなのです。あなたの言うとおり、もし悲しいことに、これらの企業は単離されたものしか開発しないでしょう。

そして、あなたの言うとおり、エンタメ効果が失われてしまいます。また、植物全体の特許を取ることもできません。ですから、製薬会社は植物全体には興味を示さないでしょう。これもちょっとしたマイナス要素ですね。悲しいことに、陰謀論者のように聞こえたくはないのですが。

しかし、大手製薬会社や大成功を収めている大麻会社がロビー活動を行っており、他の企業がこの分野に参入するのを阻止し、利益を維持しようとしていることは分かっています。悲しいことですが、そうならないことを願っています。

しかし、そうなることを恐れています。なぜなら、利益が絡むと、悲しいことに、産業界は自分たちの利益が削られることに反発するからです。残念ながら、この部分は議論の余地がなく、事実を述べているだけです。ですから、個々の成分よりも植物全体のスペクトルの方が有益であるという事実を訴え続ける必要があるのです。

そして、そのメッセージを発信し続ける必要があるのです。

マリア・フーマー・モグ 32:48

コメントをありがとうございました。そして、最後の質問がすべてを要約してくれています。医薬品ではなく植物を手に入れることができれば、コストは大幅に削減できると思いますか?

マイケル・バーンズ 33:01

大麻が安価であれば、道端に生えていることもありますし、基本的には1グラム10セント程度で良質なカメラを作ることができます。ドライフラワーに換算すると、1日に必要な量は大体1gくらいですね。つまり、1日10セントですね。誰かが自分で計算してみようと思っても、それは非常に面倒なことから来ているので、驚くほど安いのです。

もちろん、栽培する人にお金を払わなければなりませんし、栽培するためにお金を払う必要もあります。つまり、消費者に届くまでのサプライチェーンには、他にも多くの人が関わっているのです。しかし、英国での価格は人為的に低く設定されています。それは、この製品を製造する人が少ないからです。1gあたり約5ポンド(約1,000円)ですが、これは一般的な価格よりも安いです。英国の平均的な小売価格は1グラム9ポンド(約1,000円)です。

つまり、今でも処方箋付きの大麻を一般の大麻よりも安く提供することができるのです。量を増やしてサプライチェーンを改善すれば、さらに安くなるでしょう。つまり、高価な薬ではないのです。より安価な薬なのです。動物のもう一つの利点として、忘れてはならないのが、同じ科の大麻や麻の植物は環境に非常に良いということです。炭素の吸収に優れ、土壌の浄化にも優れています。残りの部分は、繊維として非常に優れています。発展途上国では、麻で作られた家や車、飛行機を栽培するための麻コンクリートが使われています。

このように、非常に環境に優しい製品なのです。忘れてはならないのは、植物の他の部分も非常に有用であるということです。さかのぼって、イギリスのヘンリー8世の時代の話をしましょう。ヘンリー8世は、50エーカーの農地を持つすべての農家に、1エーカーのうち1/8を高齢者のために栽培することを義務づけました。イギリスの面積の1/8が麻です。ですから、ヘンリー8世の時代に戻って、環境のためにも、健康のためにも、これだけの土地を持っている農家に麻の栽培を義務付けるべきなのです。

マリア・フーマー・モグ 35:14

もちろんです、ありがとうございます。ありがとうございます。素晴らしいプレゼンテーションと、最後にこのような言葉をいただきましたので、私の素敵な運営委員であるキャサリン・リンドリーに再び引き継ぎます。

キャサリン・リンドリー 35:26

バーンズ教授、医療用大麻についての素晴らしいお話、そして様々な病気の治療における医療用大麻の重要性についてのお話をありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました