3. ウクライナ危機/社会問題プロパガンダ・全体主義メディア、ジャーナリズム

ノーム・チョムスキー:ロシア・ウクライナ戦争、メディア、プロパガンダ、オーウェル、ニュースピーク、言語について
Noam Chomsky on the Russia-Ukraine war, The Media, Propaganda, Orwell, Newspeak and Language

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

 

29,748 回視聴2022/04/27に公開済み

EduKitchen

ロシア・ウクライナ戦争、メディアの役割、プロパガンダ、教育における検閲、オーウェル、ニュースピーク、言語について、ノーム・チョムスキーが光を放ちます。人類に希望はあるのでしょうか?トンネルの終わりに光があるとチョムスキーは考えているのでしょうか。

ウクライナで生まれ、アメリカに移住するまでの17年間をそこで過ごした父について、ベラルーシで生まれた母について、そして彼の家族におけるユダヤ文化と文学の重要性について語る。ヨーロッパで大家族が全滅したこと、そして彼の両親に関する初期の記憶について。

オーウェル、『動物農場』、『ニュースピーク』、情報省について話します。オーウェルの著作がいかに現代に関連していますか。

彼の著書『Manufacturing Consent』は今日に至るまで正確です。プロパガンダのモデルや、戦争に対する国民の同意を得るためにメディアがどのように利用されているかについても簡単に説明します。そして最後に、信頼できる情報源から信頼できる情報を得ることについて話します。チョムスキー教授はどのようにして情報を入手しているのでしょうか?情報源の信頼性をどのように評価しているのでしょうか?

ノーム・チョムスキーは生きる伝説です。今日生きている中で、間違いなく最も重要な知識人です。権力に対して真実を語る数少ない公的知識人の一人です。現代言語学の父。しかし、何よりも、ごく少数のファンしかいない人たちと話すことに誇りを持たない、民衆の知識人です。彼は自分をベルベットの手袋で扱われ、賞賛されるべき有名人だとは思っていません。チョムスキーは正義の心配性であり、使命感に燃えています。ノーム・チョムスキーは人間国宝であり、その使命を末永く続けて欲しいと願うばかりです。


EduKitchen 0:19

では、始める前に教授、まずは2回目のお誘いを受けていただき、ありがとうございます。前回のお話は、トランプ時代の教育、そしてベッツィ・デボス政策についてでした。そして、さらに1年半が経過し、突然、ウクライナとロシアで戦争が起きています。

そして、私はここオランダにいます。そしてもちろん、ウクライナもそう遠くはありません。そこで、ウクライナとロシアの戦争について、また、言語と戦争について、いくつか質問させてください。重要な道具なのです。ですから、現在のウクライナの危機について、言語について話したいと思っています。

私が感銘を受けた本は『Manufacturing Consent』で、その中であなたはプロパガンダのモデルについて説明しています。たぶん、後でそれを参照することができるでしょう。しかし、始める前に、チョムスキー教授はどれくらいできるのでしょうか?

Noam Chomsky 1:29

できます、45分を目標にしましょう、それが進むにつれて。

EduKitchen 1:36

わかりました。個人的な質問から始めたいと思います。あなたのご両親は、お父様がウクライナ出身、お母様がベラ・ロシア出身なんですよね?これらの文化があなたの生い立ちに重要な役割を果たしたことがあるのでしょうか?ウクライナの文化やロシアの文化は、あなたの人生の一部だったのでしょうか?

Noam Chomsky 2:01

私の母は、幼いころに家族を残して家を出ました。ですから、それは彼女の生い立ちの一部ではありません。彼女はニューヨークの移民の家庭で、労働者階級の家庭で育ちました。そういう家庭だったんです。私の父とその家族は、1913年に何とか脱出することができました。

重要なのは、戦争の1年前だったということです。そうでなければ、父は皇帝の軍隊に徴兵されていたことでしょう。そうなれば、家族全員が抹殺されていたでしょう。実際、親戚一同はナチスとナチスに協力していたウクライナ人によって絶滅させられました。

しかし、彼と彼らは、ウクライナ西部のユダヤ人シテトル(貧しい村と呼ばれていました)の小さな村の出身でした。その村は、私が言うように、大家族が全滅してしまったんです。しかし、ぎりぎりのところで脱出したんです。しかし、父はそのことをほとんど話したがりませんでした。

当時17歳でしたから、そこで育ったわけですが、本当に話したがらないんです。時折、コサック兵が町を通過してみんなを怖がらせたときのことを話すことはありました。もちろん、極端な反ユダヤ主義についても話してくれました。

しかし、それ以上に、彼はユダヤ文化やヘブライ語の復興にどっぷり浸かっていましたし、それは私自身のバックグラウンドの一部でもあるのですが、ウクライナのバックグラウンドではありません。一番身近なところでは、左の心の印にあるような偉大なイディッシュ文学を読んでいました。東ヨーロッパのシテッルの生活を描いた偉大な小説家たちは、皆自分の作品をヘブライ語に翻訳していました。

EduKitchen 4:30

ということは、彼がアメリカに移住してからアメリカナイズされたわけではなく、あなたはウクライナやベラルーシの影響を受けずに育ったので、何の記憶もないのでしょう。ですから、あなたのルーツによって、この危機を違った角度から見ることができるのではないかと思っただけなのです。

Noam Chomsky 4:55

具体的なことは何もわかりません。

EduKitchen 5:01

ええ、しかし、危機そのものに話を移しましょう。私たちは今どこにいるのでしょうか?今日、ホワイトハウスのウェブサイトで、ジョー・バイデンがウクライナの援助にさらに8億ドルを追加し、政権発足以来20億ドルになったという記事を読んで、疑問に思いました。このような支出を支持するために、アメリカ人にどのような物語を語っているのでしょうか?

Noam Chomsky 5:38

バイデンのウクライナに関する政策とは。

EduKitchen 5:41

どうやってそれを売るんですか?自分自身にどう伝えるのでしょうか?

Noam Chomsky 5:46

さて、幸いなことに、欧州の米国内に一人の政治家がいて、政治的地位の高い人物を並べ、その人物が、危機を解決する方法について非常に賢明な発言をしています。つまり、交渉を弱めるのではなく、交渉を促進し、欧州に何らかの融和策を確立する方向へ、あるいは軍事同盟がない長期戦争、つまり相互融和策へ進むということです。

彼は言いませんでしたが、90年代初頭にジョージ・HW・ブッシュ(2代目ではなく、初代ブッシュ)が提案したようなものです。ソ連が崩壊した後、ブッシュは「平和のためのパートナーシップ」と呼ばれるものを提案しました。それはNATOを排除しないでしょうが、彼はNATOが東に拡大しないという約束を守るでしょう。

ゴルバチョフへの確固たる約束、それを維持します?まあ、NATOはそこにありますが、それを強調するようなものです。そこで、ロシアを含む他の国々が、司祭のためのパートナーシップに参加することができます。タジキスタンは、例えば、NATOではなく、参加し、目標に軍事同盟のない世界、ヨーロッパ、ユーラシア大陸に向かって移動し、同様のビジョンを持っていました。

エマニュエル-マクロンは、彼のイニシアチブで、プーチンに連絡しようとすると、彼はちょうど同じようなことをしました。西側の政治家に話を戻すと、彼はこれらすべてに言及したわけではありません。しかし、彼は交渉や外交に向かうようなことを提案しました。戦争をエスカレートさせる代わりに、和解をもたらすことができないか試してみる、だいたいこのような路線でしょう。

彼の名は、ドナルド・J・トランプ。私が知っている西側諸国の政治家の中で、私の好きな人物ではありません、ちなみに、彼は最も危険な人物だと思います、たぶん歴史上でも。しかし、真実を伝えようというのは、その一人が言ったことであり、それは正しい道なのです。他の人も言っていますが、高い地位にはいません。

EduKitchen 8:31

まあ、私が、聞きたいのは、ウクライナにあれだけお金をかけて、アメリカの内部問題がたくさんあって、教育、交通、医療があるのに、海外にあれだけお金をかけたのなら。どのように、どのような物語を、国民があなたを支持するように話すのですか?

Noam Chomsky 8:55

そこで、Manufacturing Consent(合意の捏造)の出番です。人々をヒステリーに陥れて、究極の悪である敵を破壊することだけを考えさせるのです。人々をヒステリーに陥れることができれば、軍備に資金を注ぎ込むことができ、国内政策を忘れることができます。第一次世界大戦までさかのぼれば、古い話です。

第一次世界大戦では、どの国でも 知識人たちは、国を挙げて敵国をヒステリックに非難し、自国の栄光を語ります。ドイツでは、94人の主要な知識人が、西側諸国に向かって、私たちは文明の中心であるベートーベンの国であると宣言しました。

私たちは今、西洋の野生の怪物から文明を守っているのです。そしてイギリスも同じことを言いました。反対する人も何人かいました。ドイツでは、ローザ・ルクセンブルクが深い論争をしました。イギリスではバートランド・ラッセル、アメリカではユージン・デブスが、みんな牢屋に入ってしまいました。

しかし、知識人の圧倒的多数が、愛国的な熱意と敵への憎悪のもとに動員されたのです。英国はもちろん、米国に戦争にコメントさせませんでした。そこで彼らは、情報省と呼ばれるものを設立しました。これはもちろん偽情報省のことで、ドイツの野蛮さ、つまり、ONSがこんなことをして、紙幣や赤ん坊をズタズタに引き裂いた、などという話をでっち上げたのです。

ジョン・デューイを中心とするリベラル派の知識人たちが、1916年にウッドロウ・ウィルソンを当選させました。綱領に、勝利なき平和を掲げて。彼とアメリカの知識人たち(ほとんどがリベラル派)は、1年も経たないうちに、ボストン交響楽団がベースを弾けなくなるほど、国を反ドイツ・ヒステリーに煽り立てました。

そして誰もが、憎きドイツ人を殺すために、ものすごい熱意で戦争に向かったのです。まあ、戦争の結果、ドイツは負けたわけですが。偉大な政治家は何をしたのでしょうか?彼らはドイツをつぶすことにしたのです。潰してしまえ。それで、アドルフ・ヒトラーという人が生まれました。

ジョン・メイナード・ケインズのように、経済学者が無視したために、反対した人たちがいました。それは必ずしもそうではありません。その1世紀前に遡る。ナポレオン戦争です。ナポレオン、フランス軍は事実上ヨーロッパを征服したという。最終的に敗北しました。

1815年。国際会議が開かれ、ヨーロッパ協奏曲が設立されました。その会議を運営した人々は、いい人たちではありませんでした。友人として会うことも、裸になることも望まない。しかし、そこに政治家がいた。彼らは敗戦国フランスをヨーロッパ協奏曲に参加させ、敗戦国フランスと協調し、ヨーロッパの100年にわたる平和に導いたのです。

完全にではありませんが、ハーシェル作品、ヨーロッパの野蛮なモンスターの歴史の中で非常に珍しい期間です。しかし、敗戦国の侵略者を和解に組み入れることで、事実上の平和の100年があったのです。そして第一次世界大戦の後、彼らを潰してヒトラーを登場させましょう。まあ、そこから学ぼうと思えば学べることもあるんですけどね。

EduKitchen 13:51

冒頭のお話は、世論を操作する際に知識人が大きな役割を果たすということですね。今現在もそうなのでしょうか?今、戦争に賛成している知識人はいるのでしょうか?

Noam Chomsky 14:13

最新の世論調査によれば、アメリカ人の35%が、たとえ核戦争につながるかもしれないとしても、アメリカが直接戦争に参加するべきだと考えているようです。核戦争は、あらゆるものの破壊を意味します。アメリカの破壊、ヨーロッパの破壊、ロシアの破壊、私たちはおしまいです。

しかし、アメリカ人の35%はそうすべきだと考えています。その理由は、議会やメディアに登場する人物が、議会で英雄的な演説をしたり、ウィンストン・チャーチルの物まねをして、飛行禁止区域を設定すべきだという話を聞いたりするからです。

幸いなことに、アメリカ政府には平和維持組織があります。ペンタゴンと呼ばれる組織ですが、ペンタゴンは世界を滅ぼしたくないので、阻止しています。なぜなら、彼らは世界を破滅させたくないからです。議員たちが理解していなくても、飛行禁止区域を設定するならば、最初にしなければならないことの一つは、ロシアにあるロシアの対空施設を破壊することです。

ですから、ロシアを爆撃しなければなりません。するとどうなるか?それがわかるのは天才だけでしょうか?幸いなことに、国防総省は政府の平和維持部隊ですが、議会の場ではありません。実際、知識人の世界でこれがどのように展開されているかを見てみると、なかなか興味深いものがあります。

言葉といえば、「ウクライナへのいわれのない侵攻」「ロシアによるウクライナへのいわれのない侵攻」という表現が一般的で、この問題について語りたい人は誰でも「ウクライナへのいわれのない侵攻」と言わなければなりません。

興味本位で、unprovoked invasion of Ukraine(ウクライナへの正当な理由のない侵略)というフレーズをGoogleで検索してみました。30秒で250万件。次に、(イラクへの正当な理由のない侵攻)を検索してました。1万1千件、すべて反戦派によるものです。それ自体、ちょっと面白い。しかし、それ以上に興味深いのは、事実がまったく逆になっていることです。イラクへの侵攻は、完全に挑発されていないものでした。

実際、チェイニーとラムズフェルドは、サダムがアルカイダに協力しているというわずかな証拠を引き出すために、拷問に訴えなければなりませんでした。もちろん、消えてしまった大量破壊兵器について話す必要はない、ということはありませんでした。存在を信じる根拠がなかったのです。ですから、イラク侵攻はまったく挑発されていないものでした。これに対して、ウクライナへの侵攻は明らかに挑発されたものです。

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長を読み解くと、2014年以来、NATOの会議米国はウクライナに高度な武器を送信していることを指摘し、昨年9月、9月1日にウクライナとの軍事作戦を実施、あなたはホワイトハウスのウェブページでそれを見つけることができます。

ジョー・バイデン政権は、NATOへのウクライナの統合を強化するために、米国との合同軍事演習を増加させることを求める政策声明を作成しました新しい軍事新しい雇用より兵器文は3月にこれを拡張、国務省は正式に侵略の前に、米国はロシアのセキュリティ上の懸念を考慮することを拒否したと表明しています。

およそこの言葉通りです。そう、確かに挑発的な侵略だったけれども、それを正当化するものではありません。それはあなたの侵略であり、犯罪的な侵略です。しかし、事実は正確に100%です。100%の知的行動とは正反対。

なるほど。リベラル派を含む知識人が国家権力を支持し、第一次世界大戦のときと同じように、他の多くの事例と同じように並んでいることがよくわかりますね。中国を憎むべき時が来れば、中国を憎むでしょう。もし、オランダを憎むべき時が来たら、オランダを食べるでしょう。

EduKitchen 19:45

もしあなたがいわれのない侵略をしたら、ロシアは特別な軍事侵攻について話しています。言語学者のレンズを通してこの戦争を見るなら、この危機に際して他の種類の新しい言葉を見いだすことができるでしょうか。

Noam Chomsky 20:20

ウクライナへの挑発のない侵攻は、プーチンを表現したもので、ヨーロッパで使われている言葉を見るのは非常に興味深いです。プーチンは究極の悪、新しいヒトラー、狂人、狂人。これは1つの信念であり、もう1つの信念は、ウクライナをさらに破壊するよう彼を誘惑しなければならないということです。

政治的解決について話すことを拒否し、いかなる出口も提示しないことによって、彼がこの、この狂人はヒトラーの狂人であることを選ぶかどうか、ただ静かに身を縮めて敗北することを選ぶかどうか、あるいはもちろん彼が持っている力を使ってウクライナを破壊するかどうか、私たちは実験をしなければなりません、グロテスクな実験をしなければならないのです。

実験してみましょう。それがヨーロッパ。それが西側。それが欧米のリベラルな知識人たち。このねじれた精神、この狂人が何をするのでしょうか、実験してみようじゃないですか。西側の自由主義的知識人のウクライナ人に対する態度について何がわかります?まあ、おわかりでしょう。

ちなみに、あなたが持ち出すか持ち出されるからには、私がもう少し今日的だと思うことに言及させてください。動物型って書いてありましたね。そう、全体敵。あなたがどのエディションを持っているかは知りません。しかし、開いてみて、オーウェルがジョージア・ウィルによる序文を紹介しているかどうか見てみるといいかもしれません。

EduKitchen 22:29

彼がイギリスのメディア装置について語ったものではありません。

Noam Chomsky 22:36

イギリスの文学検閲についての紹介はないのでしょうか?

EduKitchen 22:41

それは読んだことがあります。しかし、ここには入っていません。いや、ここには入っていません。

Noam Chomsky 22:45

ただ見ているだけではいけません。とても面白い理由がないとき。書かれたものです。ジョージ・オーウェルが書いた動物形態の紹介は出版されませんでしたが、何年も後に彼の未発表の論文で発見されました。イギリスの文学検閲に関するものです。

その序文には、これは全体主義の敵に対する風刺です、と書かれています。しかし、私たちが憎むべきものです。自由なイギリスはどうなんです?彼は、自由なイギリスでは、不人気な考えを武力を使わずに抑圧することができる、と言っています。

そして、いくつかの例を挙げています。その理由の一つは、ある種の思想が抑圧されるのを見たがる富裕層が圧力をかけてくるからです、と言っています。もう一つの理由は、もっと面白いのですが、知的文化を含む一般的な文化で、ケンブリッジやオックスフォードなどの一流大学に進学すると、自分が言ってはいけないことがあるという理解が植えつけられるのだそうです。

そのようなことは言えないのです。例えば、「unprovoked invasion of your neck 」というフレーズを口にすることはできないのです。その言葉はあなたの口から出てこないのです。これはオーウェルの未発表のエッセイで、自由社会における言論弾圧について述べています。私たちが読むべきは、この論文です。付け加えると、これは彼の偉大なエッセイの一つではありませんが、この数センテンスが重要なのです。

EduKitchen 24:39

話してはいけないこと、教えてはいけないことがあると言いますね。今日、フロリダ州教育省が20か24か、あるいは50を禁止したという記事を読みました。正確な数は分かりませんが、批判的人種理論や社会的感情学習のような特定のトピックが含まれている学校の本です。つまり、アメリカの教育では話してはいけないことがたくさんあるということです。ですから、どう思われますか?

Noam Chomsky 25:16

保険だと思います。共和党は基本的に原始的なファシスト政党です。ですから、彼らはかなりオープンです。彼らは、自分たちが愛してやまないハンガリーをモデルにしていますし、国債もそうです。実際、アメリカ保守連合は次の会合をハンガリーで開催する予定です。

共和党の主要機関であるFox Newsなどを見ると、彼らはオルバンをただひたすら賞賛しています。彼は自分たちが望むことをやっているのです。彼はキリスト教白色民族主義者の独裁を確立しようとしています。それが彼らの目標であり、極めて明確です。

そのためには、言論や彼らのやり方を抑圧する必要があり、そうすることによってのみ、彼らの目標は達成されるのです。子供たちが分裂を招くようなものを持たないようにしなければなりません。あるいは、彼らを不快にさせるかもしれないもの。

言い換えれば、歴史のすべてが、分裂的なものは、少しでも頭のいい人なら、不快な気分にさせるのです。しかし、それを防がなければなりません。なぜなら、今、言葉が出てきた、彼らは言葉を発していません、明確には言っていません、あるいは、間違った人々が投票することさえ許されない、白人至上主義、キリスト教民族主義の国を確立しなければならないのです。

そうすれば、私たちは、オバマのハンガリーのような、あるいは、完璧に開かれたその先のようなものを確立するために、権力を永久にロックすることができるのです。知事、ロン・デサンティス。党内第一の次点は、トランプ、大統領候補の可能性が高い。

彼はちょうど子供のための数学の本の40%、彼らはのようなものを言うフレーズを含むかもしれないので、私たちは同情でお互いに動作するようにする必要があります。声、なるほど、数学の4割か。そして、全米の共和党議員が本を強制し、図書館に本を排除させ、愛国的なスローガン以外は子供たちに聞かせないように司書を解雇するよう組織しているのです。

これはかなりオープンな話です。これは「合意の捏造」をはるかに超えています。マニュファクチャリング・コンセントとは、オーウェルが言っていたような微妙なコントロールの方法のことです。これはプロト・ファシズムの域を超えています。

私はこれをファシズムとは呼びません。なぜなら、ファシズムは信用されすぎているからです。ファシズムにはイデオロギーがありました。シェルトンのように、強力な国家がすべてを動かしています。彼らはそれを望んでいません。彼らはビジネスにすべてを任せることを望んでいます。

彼らは極端な富と企業権力に奉仕しています。ヒトラー式の真のファシストではない 本物のイデオロギーを持っています。独立した思想を抑圧するような ファシズムの症状を持っているだけです。キリスト教国粋主義や白人至上主義などを助長します。このようなことがたくさんあり、多くの暴力があります。

米国は、すべての場所で民兵、白人の民族主義者の民兵、アウト銃、警察は彼らのシリーズであると言います。私たちは1月6日にそれを見た、その小さな断片を。1月6日について何を言おうとも、それはクーデター未遂であり、かなり接近したものでした。

副大統領を誘拐し、おそらくクーデターとして選挙を無効化するよう強要するところまで行いました。冗談抜きで民兵は参加すらしていなかった、背景にいる人たちです。議事堂を取り囲む州の知事を誘拐するとか、そういう脅しをかけていました。それが米国に並んでいるのです。11月に政権を奪取し、投票を抑制して、3つの政府機関に復帰することができるかもしれません。

2024年までに、最高裁判所を手に入れ、オルバン流の非自由主義を確立し、世界を破滅に向かわせるでしょう。なぜなら、彼らは100%Climate denialist 100%であることを忘れてはなりません、リーダーであるトランプはその上を行く。

彼は卓越したことを望んでいる。実際、彼は就任後、最も破壊的な化石燃料の使用を加速させ、その影響を緩和する可能性のあるすべての対策を排除したのです。それは、種に対する死刑宣告です。私たちが直面しているのはそのような状況です。そして、それはエンドラではありません。世界史の中で最も豊かで最も強力な国での出来事です。誰も逃げられない。

EduKitchen 31:10

他のインタビューで環境危機に言及されていますが、ロシアのガス供給をなくそうとしているので 私たちは化石燃料が復活しています。つまり、核戦争の脅威があるとおっしゃいましたが、人類の存在を超えた戦争があるのです。戦争があり、核戦争があり、しかしその背後では別の危機が進行しているということについて、少し詳しく説明してください。

Noam Chomsky 31:49

[ 聞き取り不明」

EduKitchen 31:51

自然災害の話をしていますね。そして、また化石燃料に戻る。そして、私たちは今ロシアを見ています。しかし、私たちは忘れています、あるいは忘れていないのですが、今、別の環境危機が進行しています。それについてはどうお考えですか?もう一つの危機、今まさに起きている環境危機?

Noam Chomsky 32:20

環境危機?

EduKitchen 32:22

そうです。あなたは、トランプが、化石燃料に戻るという話をしました。

Noam Chomsky 32:29

昨日のパキスタンの天気予報を見てください、気温が50℃まで上がりました。この国は貧しい国で、人々はクーラーを持っていません。クーラーがない摂氏50度の部屋に身を置いてみてください。

なるほど。しかも、どんどん増えています。実際、私たちが今進めている方針では、南アジアは住めなくなるでしょう。中東は居住不可能になり、アフリカの大部分は居住不可能になるでしょう。天気予報を見るだけではありません。IPCCコミュニティの報告書を見れば、コンセンサスレポートがあることが分かります。

このように、IPCCは常に保守的で、危険性を軽視してきました。最新のものは2週間前、4月4日だったと思いますが、これまでで最も悲惨な警告でした。彼らは言葉を濁さず、率直に言いました。地球を救うためのチャンスは非常に限られており、化石燃料の削減に直ちに着手し、数十年のうちに完全に終わらせなければなりません。

住みよい世界を望むのであれば。まあ、実際には、これに向けて小さな一歩がいくつかあったのですが。どこにも、少なくともいくつかは、プーチンのウクライナ侵攻の大きな犯罪の一つは、プロセスを逆転させることです。今では、化石燃料をできるだけ早く生産する必要があることを忘れています。

エクソンモービルは、ガーナ沖で巨大な油田を発見し、メキシコ湾に匹敵するような新しい油田を発見したと嬉しそうに発表しました。世界をより早く破滅に追い込む素晴らしい方法です。そして今、彼らはとても喜んでいます。大手石油会社は批判されるどころか、世界をできるだけ早く破滅させることで文明を救ったと賞賛されているのですから。

エネルギー企業のオフィスでの喜びは、計り知れません。その喜びと役員にほぼ匹敵するのが、世界を破滅に追い込むための莫大な兵器費をほくそ笑んでいた大兵器生産者たちです。一方、化石燃料企業は、空に向かって賞賛されています。環境保護主義者が彼らを煩わせることはない。

地球上の文明、組織化された生命を破壊しようと競争していることを空に向かって賞賛しているのです。つまり、もしエイリアンが存在するならば、地球で何が起こっているのでしょうか?私俺はただの狂人です。完全にマニアック。

EduKitchen 36:05

私たちはたくさんの恐ろしい話題、ネガティブなことについて話してきました。今の世界を見てみると、まるで宇宙人が宇宙から地球を見ているように、完全に混乱していると思い始めそうです。

何かあるのでしょうか?さて、結局のところ、あなたは世界を肯定的にとらえているのでしょうか?それともネガティブが中心ですか?より良い未来のために、より良い地球への希望を持っていますか?

Noam Chomsky 36:39

彼らは思いつく限りの活動を行い、沈黙を破り、受動性をなくし、人々に何が起こっているかを理解させ、それを克服するために断固とした行動を取るよう働きかけています。私たちには、今あるチャンスを生かすことができるのです。私たちは危機を克服する手段を持っています。

それは周知の事実です。エネルギー企業から出た国際エネルギー機関への報告書で読むことができます。化石燃料から脱却するための詳細で、賢明で実現可能な計画、国内総生産に占める割合が少ない持続可能なエネルギーに移行する方法などです。一流の経済学者、私の同僚であるロバート・ポールやジェフ・サックスなどによる研究があり、ほぼ同じ内容の計画が議会で決議されています。

米国議会は、アレクサンドリア・オカシオ・コルテス、サンダース方式で入てきました。若い下院議員によって進められました。とエドマーキー、マサチューセッツ州からの上級議員は、長年にわたって環境問題に関与してきました、決議は、米国がエネルギー危機を解決することができます詳細なプログラムを産むGDPの2〜3%で、はるかに少ない彼らはCOVID分数から苦しんで限られたコストから超富裕層の金融機関を救済するために使われたよりもはるかに良い世界を作ることができることが行われることができます。

ですから、私たちはそれを行う方法を知っています。まあ、絶滅の反乱のような人々がいる類似の動きです。そして昨日、彼らはアメリカ全土でデモを行いました。ほとんどすべての若者が同じようなことをやっていて、人々の目を覚まさせ、私たちにできることを何かしようというのです。

例えば、主要な炭鉱州であるウェストバージニア州の炭鉱労働者は、炭鉱労働者組合が移行プログラムに合意し、炭鉱労働者に必要な資金を提供するようになりました。炭鉱から撤退し、炭鉱を閉鎖して、持続可能なエネルギーに移行するのです。

鉱山労働者はこれを受け入れました。しかし、議会で彼らの代表によって阻止されました。石炭王は炭鉱を所有し、議会で化石燃料の資金を最も多く受け取っています。 彼は、100%の共和党員と共に、いや、これは出来ないと言って、阻止しました。

共和党は100%否定派です。気候変動は起こっていないか、起こっていても気にしていないかのどちらかです。100%、そして彼らは政権に復帰します。党の所有者はドナルド・トランプで、彼は世界でも有数の否定論者です。それが私たちが直面していることです。

オーケー、しかし、希望の兆しもあります。若者、科学者の署名 100人の科学者のカップルが 最近、逮捕されました。気候変動科学者への市民的不服従を構築し 人々の眠り、退屈から目覚めさせようと 鎖でつないだからです。私たちがしている事を理解させ 合意の捏造を克服させるのです。

つまり、これは現実なのです。共和党とその支持母体、フォックス・ニュースのような メディアの支持母体は、人々に深刻でないと 言っているだけです。ですから、中国が始めたという筋書きを、人々はいつも聞いているのです。多くの人がそれを信じています。

世論調査を見ると、共和党員の約20%が、この問題を緊急の課題だと考えています。人類の歴史上、最も深刻な問題です。まあ、それはですね。私たちはロシアでの事実をからかうことができます。

大多数の人がプロパガンダのゴミを 信じているようです。なんて面白いんでしょう。自由な社会を見てみましょう。全体主義的な統制はない。オーウェルが言ったように、自分自身に植え付けるだけです。理解すること、ノーリスクでノーと言うことはしないが、やらない方がいいということがあります。パレードで行進したほうがいい。

EduKitchen 42:14

この物語の中で、教育の役割はあるのでしょうか?解決策の一環としての教育なのでしょうか、問題の一部としての教育なのでしょうか?

Noam Chomsky 42:24

両方です。もし適切に実施されれば、それは解決策の一部です。デサンティス知事が望んでいるように実施されれば、子供たちは、共和党は、子供たちが歴史のような分裂的な話題から保護されることを要求します。まあ、それは米国で制御を取るつもり政党です。

ヨーロッパでも非常に危険な状況に直面しています。冗談抜きで、フランスの選挙を例にとると ルペンが勝てなかったことは喜ばしいことですが、フランスが右傾化しつつあることは喜ばしいことではありません。私は古い人間なので、そのようなことが起こった別の時代を覚えています。

ヴィシー・フランスはとても人気がありました。レジスタンスがいました。それは、マージナルな、非常にマージナルな、勇敢な人たちでした。ちなみに、合意の捏造のもう一つの例を挙げましょう。ナチスへの抵抗について考えるとき、思い浮かぶのはフランスのレジスタンス、彼らが存在した猿です。

クロード・ベルナール・ドなどの勇敢な人たちがいましたが、彼らは実際に言葉を吹き出していました。しかし、ナチスに対する本当の抵抗は、イタリア、ギリシャ、ユーゴスラビアにありました。イタリアでは、パルチザンがナチスの6個師団を抑えていたんです。

連合軍が来る前に、彼らは北イタリアを解放しました。実際、連合軍の最初の仕事は、レジスタンスを解散させ、ファシストの店舗を復活させることだったのです。それは分裂の歴史ですが、それを読んでいないです。しかし、ナチスに対する本当の抵抗勢力は、イタリア、ユーゴスラビア、ギリシャでした。フランスはオランダのようにほとんど協力主義でした。

EduKitchen 44:52

もう2つ質問があります。チョムスキー教授がここで説明されているプロパガンダモデルは5つのフィルターから構成されていますね。

最初のものは、マスメディアの所有規模と利益志向です。2つ目は、ビジネスを行うための広告ライセンスです。3つ目は、マスメディアのニュースの調達です。そして、4つ目は、非難、強制、最後の1つは反共産主義です。質問ですが、これは今でも正確なのでしょうか?もし、この本を書き直すとしたら、ソーシャルメディアの影響力がある現在、同じモデルに行き着くのでしょうか。

それが最初の質問です。最後の質問は、もし私たちがこのモデルを知っていて、十分な情報を得たいと思うのであれば、どのようにして情報を得るのでしょうか?チョムスキー教授、あなたの情報源はどこですか?そして、その情報源が信頼できるものであることをどうやって確認するのでしょうか?私たちはいつ本当のニュースについて話すのでしょうか?いつフェイクニュースの話をするのでしょうか?この2つが質問です。

どうやってニュースを入手するのでしょうか?それが信頼できるものであることをどうやって確認するのでしょうか?そして最初の疑問は、これはまだ正確なのでしょうか?

Noam Chomsky 46:07

エド・ハーマンと私は改訂を行い、結論として、5番目のフィルターは間違っており、狭すぎるという序文を書きました。反共産主義だけでなく、憎むように教えられた人なら誰でもです。

EduKitchen 46:28

共通の敵。

Noam Chomsky 46:30

テロリストかもしれないし、ウクライナ前かもしれないし、ロシアかもしれません、何でもありです。ですから、5番目のフィルターを変える必要がありました。しかし、それ以外には、変更する本当の理由は見当たりませんでした。ソーシャルメディアが発達しても、ニュースは同じところから発信されます。

ソーシャルメディアは、Facebookがウクライナに支局を持っているわけではありません。ニュースは伝統的なメディアからやってくるのです。ソーシャルメディアの最悪の影響の1つ。非常に危険な、偽物は、主流のジャーナリズムを実質的に破壊していることです。

広範囲にそこ、かつて米国では非常に良い地方紙がありました。私は人生の大半をボストンで過ごしましたが、ボストン・グローブは一流の新聞でした。実は、私はよくその編集局を訪れて、編集者に取材すべき問題について話をしたものです。記者の中には、個人的に親しい友人もいました。

1980年代、レーガンの中米でのサディスティックな犯罪を報じたのは、ボストン・グローブ紙が一番でした。サンフランシスコ・クロニクル ロサンゼルス・タイムズ デトロイト トリビューンのフリーペーパー 多くの優秀な新聞社 マイアミ・ヘラルド それらはほとんどなくなりました。資本主義の呪いの1つである広告、つまり新聞社の資金源である広告への依存が、Googleやその他のソーシャルメディアにすべて乗っ取られてしまったのです。

EduKitchen 48:21

ちょっと待ってください、電池が切れそうです、ちょっと待ってください。そうです。彼はグーグルが乗っ取ることについて話すでしょう

Noam Chomsky 48:34

広告を引き継ぐ。新聞は広告を基盤としており、資本主義の呪縛があります。そして、広告がソーシャルメディアに移行すると、地方紙は崩壊します。これは情報システム全体に対する非常に深刻な攻撃です。かつては、例えばボストン・グローブ紙のように、ワシントン支局や海外支局を持ち、優秀なジャーナリストを抱える新聞社は完全に消滅していました。

今では、電信電話サービスと地元報道だけになってしまいました。それが全米で起こっているのです。これは非常に深刻な問題です。さて、それ以外の点ですが、ソーシャルメディアは複合的な効果をもたらしています。ソーシャルメディアは、国内のメディアを他の場所で読む機会を提供しています。

米国ではもう読めないので、すぐに読むことができます。もともと検閲は政府から言われているので、ロシアに起源を持つメディアは何も読めません。主な米国人ジャーナリストは、最も優れた米国人ジャーナリスト、クリス・ヘイズです。イージス、元ニューヨークタイムズの中東、バルカン半島の支局長、もう読めません。

彼の報道と解説はRTで行われ、アメリカの人口ロシアは今日、ロシアの汚点を持つかもしれないものから、ロシア人がどう思うか、あるいはアメリカ人がどう考えるか、たまたまそこに自分の作品が表示された人を知ることは許されないからです。

しかし、その前に、ソーシャルメディアは海外の報道を読む機会を与えてくれますが、その機会を利用している人はほとんどいません。あるにはあるのですが、幅広い意見を聞ける可能性があるソーシャルメディアがすぐに使われることはありません。

ほとんど誰も使っていません。人々は自分の小さなバブルの中に入って、そこで自分の意見が強化され、より過激になっていくのを聞くのです。ですから、可能性はあるし、効果的に使われることもあります。しかし、危険でもあります。私がニュースを入手するのはアメリカです。

EduKitchen 51:16

もちろん、あなたは講演者であり、本を書き、人々に話しかけられ、私のようなポッドキャストをするのですから、自分の情報が正しいことを確認したほうがいいでしょう。では、どのようにして正しい情報を得るようにするのでしょうか?

Noam Chomsky 51:30

ヨーロッパと南部では情報が広まりますが、アメリカではほとんどありません。たまに、新聞に論説を書くよう依頼されることがありますが、その時は、彼らの望むような内容ではないので、キャンセルされました。テレビではありえない、リベラルなチャンネルでさえ、完全に閉鎖されているような状態です。

検閲ではなく、非常に厳しいシステムなのです。しかし、主要な報道機関からニュースを得るには、「マニュファクチャリング・コンセント」を読む多くの人は、その大部分が報道機関の擁護であり、素晴らしい仕事をしている現場の記者たちの勇気と責任を擁護していることに気づいていません。

彼らは、「戦争に負けたのは現場での報道のせいだ」というフリーダムハウスの悪質な攻撃から彼らを守るのですが、その攻撃はとんでもない嘘と偽りの通知であふれています。私たちはそれを調べ上げ、暴露したのです。それがこの本の3分の1くらいです。

ですから、現場で何が起きているのか知りたい、主流派の報道、そしてウクライナの戦争犯罪に行きたい報道は、他人の犯罪を暴くという非常に立派な仕事をするのです。そして、多くのことを学ぶことができます。そう、そして記者たちは勇気があり、高潔です。編集部で起きていることは、まったく違うことが多いのです。

EduKitchen 53:15

もちろん、ロシアで何が起こっているのか知りたいですよね?この国の人々はどのような物語やナラティブを持っているのでしょうか?例えば、Russia Todayのようなサイトにアクセスすることはできますか?あるいは、ロシアで情報を共有している情報源がいますか?

Noam Chomsky 53:34

昨日、ラブロフ外相が、ロシアのAMSと限定的軍事行動と呼ばれる戦争についてのロシアの解釈を丁寧に説明する非常に重要なスピーチを行いました。インドで詳しく記録されていたのです。頑張れば、それを報じたインドの主流紙を見つけることができるので、完全に遮断されているわけではありません。1970年代には、全体主義的でした。

アメリカ政府の研究では、ロシア人が情報を入手し、どんな種類の証拠であれ、それを使ってアメリカ政府は、ロシア人がどのような証拠を集めて情報を入手したかを調査しました。その結論は、ほとんどの人がBBCから情報を得たというものでした。彼らは単にラインを信じなかっただけです。ロシアの報道機関。もしマスコミが何か言ったら、その反対はおそらく真実でしょう。

そこで、彼らはBBCやVoice of Americaをピックアップする方法を見つけたのです。最終的な結論は、全体主義的なロシアでは、人々は西側よりも幅広い情報を入手していたかもしれない、ということでした。

EduKitchen 55:16

それは信じがたいですね。しかし、ロシアの主流メディアがほとんど存在しない現在もそうなのでしょうか、つまり、ロシアの批判的な報道は完全に排除されているのですね。

Noam Chomsky 55:32

数少ない独立系メディアもありましたが、閉鎖され、編集者は刑務所に送られました。今となっては70年代の話です。70年代はある程度緩和された時期だったことを思い出してください。しかし、今は非常に厳しく規制されています。私はロシア人などとは思っていません。

しかし、週末には、先ほど言ったように、ラブロフ外相の演説を読むことができませんでした。アメリカの主要な特派員であるChris Hedgesのレポートは、アメリカ人が聞くことを許されないRTに掲載されるので、読めません。

EduKitchen 56:24

最初にチョムスキーに、それらは45分以上でしたので、終わりにします。教授、お忙しいところありがとうございました。それは本当に啓発的でした。そして、あなたは本当に寛大で、二度目にあなたと話すことができて本当によかったです。ですから、これからも良い仕事を続けてください。そして、残りの一日を楽しんでください。ありがとうございました。

Noam Chomsky 56:45

ありがとうございました。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました