イベルメクチンプロパガンダ・全体主義ロバート・マローン医療・製薬会社の腐敗

イベルメクチン | なぜ行政国家はあなたを殺そうとするのか?
リベラリズムの末路、公衆衛生専制主義、科学主義、ビッグテック

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Ivermectin: Why is the Administrative State willing to kill you?

Robert W Malone MD, MSロバート・W・マローン医学博士、MS

異端の映画製作者Mikki Willisは、13分間のビデオを編集し、米国保健社会福祉局のエリート、企業メディア、医療・製薬産業複合体、およびハイテク企業が結託して、米国と西欧先進国でCOVID-19感染症治療のためにイベルメクチンの使用を阻止しているという、深く憂慮すべき現代のたとえ話をあからさまに記録している。現在、一般配布は禁止されているが、このモンタージュには私自身のコメントを含む様々なクリップが含まれているので、私は今朝早くそのコピーを受け取り、配布はしないが技術的な正確さを迅速に確認するようにとの要請を受けた。

ミッキーと彼のチームは、COVIDの専制政治に対する世界的な「抵抗」において最も重要なメディアのリーダーであり貢献者であり、彼が何かを要求すれば、私はできる限りそれに応えようとしている。そこで、ここ数日、アイルランドで開催された「メイキング・センス」健康会議に参加するために移動した後、ダブリンを離れるために必死で荷造りをしながら、時間をかけて視聴、検討、承認した。ロバート・F・ケネディ・ジュニアの本「The Real Anthony Fauci」を初めて読んだときと同様、私は(そして今も)このビデオに深く影響を受けた。

私は過去2年間、イベルメクチンのプロパガンダとCOVIDの早期治療の選択肢を積極的に阻止する中で生きてきた。ピーター・マカロー)、ポール(マリク)、ピエール(コリー)博士とともに多くの会議に出席して証言し、ピエールやテス・ローリー博士が徹底的に記録したイベルメクチン原稿、データ、メタ解析の弾圧を直接見て直接体験してきた。私は、ファモチジン ファモチジン+セレコキシブ ファモチジン+セレコキシブ+イベルメクチン治療の比較試験を進めるために緊密に協力していたDTRA/国防省チームが、FDAの許可を得て進めていた入院および外来無作為臨床試験にイベルメクチンによる治療群を含めることを阻止しようとしたFDA/CDERの取り組みを(成功を)体験して いる。 私の慢性的なLong-COVID (モデルナ mRNA COVID製品の2回の投与により悪化)は、Meryl Nass医師のイベルメクチンによる治療に成功したが、彼はその後、COVID外来患者をイベルメクチンで効果的に治療した罪により医師免許を剥奪された。私はイベルメクチンがこの病気の治療に有効であることを知っているし、もし(別の現実として)アメリカや西欧諸国で導入されていたならば、何十万人もの命を無駄にすることは避けられたと完全に確信している。両親、同僚、親戚(兄弟、姉妹、叔父、叔母、いとこ)、そして子供たちまでもが、恐ろしい突然の状況下で永遠に失われてしまった。避けられる殺戮と継続的な障害の負担は、個人的にも知的・専門的なレベルでも深刻であることを私は知っている。

しかし、国家が仲介して何十万人ものアメリカ市民を殺害したこの卑劣な物語の衝撃的な歴史が、13分間のビデオモンタージュにまとめられているのを見て、私はまたしても「頭にレンガをぶつける」ように、ボビーの素晴らしい本を読み、編集するのとほぼ同じ速度と衝撃を受けた。2020年1月4日にマイケル・キャラハン博士から運命的な電話を受けてから私が知的覚醒で学んだことは、ビデオと代替メディアの力であった。ペンは剣よりも強し、(インターネット・ミーム)写真は千の言葉に値するが、うまく編集されたビデオ・モンタージュは1万の価値があり、侍のように頭蓋をまっすぐに切り裂くことができる。悪名高い3時間のローガン/マローンPodcastが、ガードした心をゆっくりと突き通す真実のダガーなら、ミッキーと彼のチームはフルメタル・ジャケットに包んだ劣化ウラン弾を発射する。

13分間、目と耳でナメクジを受け、少し呆然としながら、ジルと私は荷造りと、海外旅行に必要なセキュリティ国家の審査に奔走した。言うまでもなく、ポルトガルやイタリアの空港を使った海外旅行は非効率だと思っていたが、アイルランドは米国国境警備局と密接に協力して、国際空港審査の非効率性を、ポルトガルやイタリアが望む水準にまで高めている。

この体験に多少トラウマを抱えた私は、中程度の不安の中で搭乗し、これまでに読んだコビッド危機に関する最も洞察に満ちた4つのエッセイを読み進めた。この2年間に書かれ、「UnHerd」でオンライン公開さ れた これらのモノグラフは、深い哲学的、心理的、政治的洞察を提供するとともに、拡大する近代自由主義の失敗、行政国家の中核の腐敗、ビッグテックの影響、人種政治の慢性的に腐敗した役割、科学の科学主義への没落について告発している。 また、マティアス・デスメットの『全体主義の心理的基盤』、ピーター&ジンジャー・ブレギンの『COVID-19とグローバル・プレデターズ』、アーリア・ブギンの『私たちは餌食』などの洞察を補完・拡張するものでもある。「私たちは獲物である」、アーヴィン・ヤヌスの「集団思考の犠牲者」、クラウス・シュワブとティエリー・マレレの「COVID-19」。その結果、何百万人もの回避可能な死者を出し、回復に何世代もかかるかもしれない子供たちへの被害をもたらし、現在進行形で西側諸国の政府と経済が連鎖的に破綻している。

世界経済フォーラムにはびこり、ほとんどの国の中央銀行(アメリカの「連邦準備制度」を含む)を所有し、主要な投資ファンド(ブラックロック、ステート・ストリート、バンガードとその系列)を機能的に支配する銀行家/投資家/グローバリストの支配者たちは、人口減少の課題を積極的に追求していると多くの人々が推測している。これらのエリートは、20世紀の様々な優生学的、マルサス的な理想、目標、目的を支持し、彼らの一方的なリーダーシップの下で、功利主義(最大多数のための最大善)のグローバルコマンド経済の理想を実現するために、権威主義の手段で集中的なグローバリズムの解決を進める権限、能力、責任を信じているという理論である。ごく少数の超富裕層のオーナーエリートのために行動するテクノクラート銀行家とエコノミストによって運営される欧州連合のようなWEF/国連の融合。世襲貴族。何世紀にもわたる「多世代にわたる富」の受益者。何も所有しなくても幸せになれる」、「高齢者は無駄飯食い」、「過剰労働」、「食料供給を制するものは国民を制する、エネルギーを制するものは大陸全体を制する、金を制するものは世界を制する」、「われわれは地球規模の変革の危機に瀕している。必要なのは適切な危機だけで、各国は新世界秩序を受け入れるだろう」等々、COVID危機の際に過剰な死亡や障害を引き起こしたと思われる奇妙な一連の公衆衛生政策を説明するためによく引用される。倫理と道徳の基本概念が公共政策を推進すべきだという考えに固執する私たちのほとんどは、金融・政治エリートがこのように考える可能性に本能的に反発してしまうのである。しかし、われわれの嘘の目と耳によって提供される観察結果を説明することは、ますます難しくなっている。グローバリストの死の教団の説明を進める「陰謀論者」は、最終的に勝つことも勝てないこともあるが、彼らは確実に「オヴァートンの窓」を拡大し、Klaus Schwabやビルゲイツの著作やつぶやきが領収書を提供している。サル痘/マネープックス」公衆衛生緊急恐怖ポルノ/クラウンカーもそうであるように。

イベルメクチンの寓話のような深い悲劇は、西洋の「民主主義」に蔓延する深い腐敗の結果を示す一例に過ぎず、「UnHerd」の著者はその原因を記録する素晴らしい 仕事をしている。

米国に適用される以下のエッセイを検討する際には、米国は民主主義国家ではなく、むしろ米国憲法を設計した人々(この文書は意図的に「民主主義」について言及していない)によって予見された「民主主義」の多くの落とし穴を避けるために特に設計された(「それを維持できるなら」)共和国であることを覚えておいてほしい。「民主主義」はまた、情報と思考をコントロールするための長年の努力でねじれ、武器化し利用されてきた用語と概念の一つである。

新しい公衆衛生専制主義

ドラえもんのようなルールが、私たちの人間性を抑圧している

民主主義を脅かすビッグテック

アメリカ政府は、自国の領土内にライバルが存在することを容認できるのか?

人種政治はいかにしてエリートを解放したのか

社会が本質的に抑圧的であると見なされるなら、共通善という概念は消滅する

コビッドはリベラリズムの終着点だった

自由主義的個人主義には、生来、権威主義的傾向がある。

この「真実の爆弾」の著者は 、バージニア大学文化高等研究所シニアフェローのマシュー・B・クロフォード氏で、「新しい公衆衛生専制主義」というエッセイの冒頭で、マシュー氏の個人的背景、文体、そして政治・社会の世界観を紹介してくれている。

「私がどこから来たのか 」を言うべきだろう。私はベイエリアという、全米で最もブルーが濃い地域に住んでいる。私は、読者が住んでいるところで観察している社会的事実とは異なる反応をしているかもしれない。今、2022年の春、バークレーを歩いている人の4分の1は、屋外でマスクをしていると推測される。これを理解したい。彼らが何をしているにせよ、それは「科学に従うこと」ではないのである。」

「私はベイエリア、ワクチン接種率が80%台半ばの郡に住んでいる。7月下旬、毎朝、下の娘をサッカーのデイキャンプに送り出していた。10人の子供たちが広々としたグラウンドを走り回っていた。彼らは毎日6時間マスクを着用し、その週の気温は約85度だった。完全に予防接種を受けた娘にマスクをつけるように言うと、私はその茶番に参加することに妥協したような気がした。昔からのスコットランド系アイルランド人の好戦的な性格が湧き上がってきたのである。

ルールとは、合理的な真理の一部を体系化し、それを有効にするためのものである。最近、私たちは、本当に合理的なことをするためには、何らかの機関のルールを破る必要があるかもしれない状況に置かれている。しかし、そうすることは、対立を招くことになる。どこまで抵抗するか、内心葛藤することになるかもしれない。理由を主張することは不機嫌になることであり、あなたは社交的でありたいと思う。YMCAのスタッフは命令で動いているのだから、対立しても仕方がないと自分に言い聞かせている。YMCAには、あなたが理由を述べられる相手も、説明を求められる相手も、誰もいない。

1年半も続けていると、それに従うことが習慣になり始める。マスクの命令に逆らい、指示通りに仕事をしている人から異議を唱えられたら、引き下がって従うことになる可能性が高い。ウイルスに対する恐怖が、官僚や政治家の利益のため、あるいはメディアによる恐怖を煽るビジネスモデルの産物として、過度に煽られていると強く疑っていても、コビッドの現実に対する見方を微妙に調整し、自分の実際の行動と一致させることができるかもしれない。そうすれば、不協和音を減らすことができる。その代わりに、毎日、自分の怠惰な行動の新鮮な例を突きつけられることになるのだ。

複雑な論理が織り込まれ、時には冗長な例もあるため、それぞれのエッセイは、上質のワインのように、読者の心の中で飲み、吟味し、熟成させる時間を与える必要があるからだ。

コビッドはリベラリズムの終着点だった

自由主義的個人主義には、生来、権威主義的傾向がある。

クロフォードの各論文の核心は、人間の本質と社会をいかに組織するかという哲学的な問いに対する代替的な答えの間の古典的な緊張であり、特に、リヴァイアサン(しばしば行政国家と呼ばれる)による人間の統治の必要性に関するホッブズの見解と、合理的で自己統治する生物としての人間についてのロックの見解の間の緊張だ。今回の公衆衛生専制主義の考察では、この弁証法を用いて分析を構成している。

「われわれの体制は、人間主体に関する2つの対立図式に立脚している。ロック的なものは、人間を理性的で自己統治的な被造物とみなす。ロック派は、人間を理性的な自己統治をする生物とみなし、理性を人間の共通の能力、すなわち常識の中に位置づけ、基本的に民主主義的あるいは多数決的な政治形態を支持する。統治に秘密はないのだ。第二の対立図式は、人間は不合理なまでに高慢であり、統治される必要があると主張するものである。このホッブズ的な図式は、1つ目の図式に比べてより勧善懲悪的であり、私たち自身を脆弱であると考える必要があるため、国家は私たちを救う役割を果たすことができる。それは、テクノクラート的で進歩的な政治を支えるものである。

ロック的な前提はこの30年で静かに眠りにつき、ホッブズ的な代替案を全面的に受け入れることになったのである。」

クロフォードのイントロダクション・パラグラフは、分析の枠組みを提供するものである。

「歴史上、通常の法の支配と立憲主義を停止することでしか解決できない危機が存在した。外国からの侵略、地震、疫病など、緊急事態が過ぎるまで「例外状態」が宣言される。この間、立法機能は通常、議会機関から行政府に移され、政府の基本憲章、特に三権分立が停止される。

イタリアの政治理論家ジョルジョ・アガンベンは、実際、前世紀の西側自由民主主義諸国では、「例外状態」が例外ではなく、ほとんどルールになっていると指摘している。戦争の言葉は、普通の国内政治を追求するために発せられる。米国では過去60年間、貧困との戦い、麻薬との戦い、テロとの戦い、コビッドとの戦い、偽情報との戦い、国内の過激派との戦いがあった。

このテーマのバリエーションは、社会変革のトップダウン・プロジェクトを追求するためのモラル・パニック(精神戦)の有用性であり、典型的には行政命令によるものである。自由主義社会に不可欠と思われる法の下の平等の原則は、被害者と抑圧者の軸に沿った市民の道徳的類型に対応する、保護された階級のための特権のシステムに道を譲らねばならない。被害者ドラマは、官民両部門の官僚的権威が社会に深く入り込むことを正当化する、恒久的な道徳的緊急事態として機能する。

このような緊急事態による政府のパターンが見えてくると、人はゲシュタルトの転換を経験する。法の支配と代表制に基づく自由主義的な西洋の自己イメージは、見直しが必要である。コビッドに対する社会の反応は、この時代錯誤を大衆に認識させることになった。

パンデミックは、リベラリズムの深い矛盾を明白にした。一方では、それまでゆっくりとした動きで進んでいた自由主義的な統治原理の放棄を加速させた。その一方で、コビッド文化は、単に政治的なものでなく人類学的なものであるリベラルなプロジェクトの、通常は地下に潜んでいる核心を表面化させたのである。このプロジェクトは、逆説的ではあるが、極めて非自由主義的な政府の形態によってのみ実現することができるようである。このことを理解できれば、非自由主義的な政治を受け入れることになぜこれほど抵抗がないのかが説明できるかもしれない。人間学的プロジェクトは、私たちにとって、リベラルな政府の形式や手続きに忠誠を誓うよりも、もっと強力なコミットメントなのだと思われる。

クロフォードは、特に言及しているわけではないが、支配的なエリート、世界経済フォーラム、軍などから、人類の進化を前進させ加速させるために人間と機械のハイブリッドを設計する必要性と能力があるという考えに基づいて、第4次産業革命の論理、すなわちトランスヒューマニズムの論理を支持する声が高まることを予測しているようだ。これらのグループは、生命倫理に関する20世紀の合意は時代遅れだとする論理。さらに続けて、現在の医療状況をもたらした根本的なトレンドに踏み込んでいる。

「90年代には、社会科学において、人間の認知能力の欠如を強調し、人間の行動に関する「合理的行為者」モデルを否定する新しい潮流が台頭してきた。その結果、「ナッジ理論 」と呼ばれる、説得することなく人の行動を変える方法が生まれた。このアプローチが、 大西洋の両側でどれだけ制度化されたかは、誇張しがたい。 つまり、熟慮された同意を得なければならない市民としてではなく、人間の事前反射的な認知バイアスに依存した行動管理の科学によって操縦される粒子としてである。

これは、人間の判断がモニタリングされることなく野放しにされることに対する不信感の高まりという、より大きな流れの中の一つの側面である。これは純粋に官僚的な形で、パフォーマンスの測定基準を主張し、専門家に均一な手順を押し付けることもある。「エビデンスに基づく医療」は医師の裁量を制限し、標準化されたテストやカリキュラムは教師に対して同じことをする。また、この同じ衝動が技術的な形をとることもある。人間の合理性がシステムの弱点であるという理由で、アルゴリズムが個人の判断に取って代わるのである。例えば、人間は運転が下手なので、自律走行車の新体制ではそれに取って代わらなければならないと規定されている。一貫して言えることは、無能であるという理由で熟練した実務家から主体性を奪い、情報管理者という別のレイヤーが厚くなるように力を上方に委譲することである。また、意思決定の責任を問われるような特定可能な人間から責任を取り除くことにもなる。このような神秘化は、政府、商業を問わず、さまざまな形態の権力を民衆の圧力から隔離する。

言うまでもなく、このことは、統治権威は私たちが共有する合理性に根ざしており、原理的にはすべての市民がアクセスでき、明確に表現することができるという啓蒙思想にそぐわない。実際、テクノクラート的進歩主義は、現実を導くものとして経験と常識を失格とし、その代わりに、啓蒙主義が描いた中世社会の戯画に近い、司祭的な権威の形式を設置することを要求しているのだ。

また、そのためには、ある種の人間的なタイプが必要であり、それはまさに中世の人格を戯画化したようなもので、信心深く、恐れを抱く人間なのである。ここで、ホッブズの人間学的なプログラムに行き着く。

100年前のスペイン風邪と今日のコビッドに対する社会の反応が劇的に違うことをどう理解したらよいのだろうか。こうしたパンデミックの深刻さと、それを抑制するための対策の深刻さには、逆相関がある。明らかにコビッドは、2016年から続くアンビエントな政治危機から、その緊急エネルギーの一部を獲得し、体制は戦々恐々としていた。しかしそれはまた、技術進歩主義の知られざる核心であり、1918年当時よりも今日さらに進んでいる、より一般的な緊急事態の政治にうまくはまったのである。」

「2020年、恐怖に慄く国民は、生活のあらゆる領域に専門家の管轄権が拡大し、それに伴って主権が代表機関から行政府にある選挙で選ばれたのではない機関に移譲されることを容認することになった。有名なことに、世論調査では、コビッドのリスクに対する認識は現実を1桁から2桁上回っていた。しかし、その100倍の歪みは、自称リベラルな民主党議員、つまり、「科学を信じろ」という庭木の看板を出している人たちの間にあった。

テクノクラート的な体制では、「科学が語るもの」を支配する者が国家を支配することになる。科学が言うことは政治的な争いの対象となり、資金を提供する者に捕捉される対象となる。それは結局、国家そのものである。ここに、外部からの干渉を嫌う、認識論的自己舐め合いアイスクリーム・コーンがある。パンデミックに関する事実のあいまいさや対立する仮説の多くは、科学的プロセスの典型だが、合理的な議論ではなく、「偽情報」という言葉の多用と、国家のフランチャイズとして活動するソーシャルメディア企業による付随する強制力による威嚇によって解決されている。その際、関連する文脈を省略してでも、恐怖を誘発する科学的解釈への偏りが一貫していたように思われる。

もし、これらのことが非自由主義的だと思われるなら、そうであるべきだ。しかし、別の意味で、政治における恐怖の中心的な役割は、トマス・ホッブズの思想の中に、非の打ち所のないリベラルの血統を受け継いでいるのだ。このことは、リベラリズムのより深い人間学的なプロジェクトに私たちを導いてくれる。

まず、ホッブズはどのような意味で自由主義者なのだろうか。彼は確かに限定政府の擁護者ではないし、彼が想像する体制は基本的に君主制である。同意に基づくという意味ではリベラルである。しかし、この同意は、かなり深いところまで到達し、決して終わることのない再教育プログラムに依存していることが判明した。

参考記事
哲学者マシュー・B・クロフォード「科学は堕落している」
 フレディ・セイヤーズ、マシュー・B・クロフォードに出会う。 「科学に従う」とは、今年よく耳にしたフレーズですが、実際にはどのような意味なのでしょうか?この1年で、科学は探求の様式から、「反科学」のレッテルを貼られるのを恐れて疑問を ...

権威としての科学について

「パンデミックは、私たちが理想とする科学像と、社会の中で「科学」が求められている仕事との間にある不協和音を浮き彫りにした。この不協和音は、孤独な精神の活動としての科学と、その制度的現実との間のミスマッチに起因していると思う。大きな科学は、その実践において基本的に社会的なものであり、これにはある種の必然性が伴う。

実際問題として、「政治化された科学」とは、この種のものしかない(というか、この種のものしか耳にすることはない)。しかし、科学は無関心な現実の裁定者であるという非政治的なイメージがあるからこそ、政治にとって強力な道具となるのである。この矛盾は、いまや公然のものとなっている。ポピュリズムの「反科学」傾向は、科学の実践とその権威を支える理想との間に生じたギャップへの対応として、重要な意味をもっている。知識を生み出す方法として、(宗教とは異なり)科学は反証可能であることを誇りとする。

しかし、自らの現実の把握が暫定的なものに過ぎないと主張する権威とは、一体どのようなものだろうか。おそらく権威の要諦は、社会的協調のために、たとえ簡略化の代償を払ってでも、現実を説明し、不確実な世界に確実性を与えることにあるのだろう。その役割を果たすために、科学は宗教に近いものにならざるを得ないのである。

「科学への信頼」の低下に関する苦情の大合唱は、問題をあまりにも率直に述べている。私たちの中で最も不道徳なのは、気候変動に反対する人たちである。ただし、コビッドを否定する人たちは、科学に従わないとして告発されている。もし、この言葉が中世的な響きを持つなら、私たちは立ち止まるべきだろう。

私たちは、民主主義的な権威とテクノクラート的な権威の不安定なハイブリッドである混合体制に住んでいる。科学と民衆の意見は可能な限り一つの声で語らせなければならないし、そうでなければ対立が生じる。公式のストーリーによれば、われわれは教育を通じて科学的知識と意見の調和を図ろうとする。しかし、現実には科学は難しいし、たくさんある。私たちはそれをほとんど鵜呑みにしなければならない。それは配管工だけでなく、ほとんどのジャーナリストや教授も同じである。科学と世論を調和させる作業は、教育ではなく、一種の分散型デマゴギー、すなわちサイエンテイストによって行われる。私たちは、これが、あらゆる社会が解決しなければならない権威の永続的な問題に対する安定した解決策ではないことを学びつつある。

「科学に従え」という言葉には、偽りの響きがある。なぜなら、科学は どこにも導いてくれないからだ。 科学は、リスクを定量化し、トレードオフを特定することによって、さまざまな行動方針を明らかにすることはできる。しかし、科学は私たちのために必要な選択をすることはできない。そうでないように装うことで、意思決定者は私たちに代わって行う選択に対する責任を回避することができる。

科学はますます権威としての使命を帯びてきている。科学は、民主的な組織から技術的な組織への主権の移譲を正当化するために、また、そうした動きを政治的な争いの領域から切り離すための装置として、持ち出されているのである。

この一年、恐怖におののいた国民は、生活のあらゆる領域における専門家の管轄権の異常な拡大を容認してきた。「緊急事態による政府」のパターンが顕著になり、このような侵犯に対する抵抗は「反科学」として特徴付けられるようになった。

しかし、専門家による統治につきまとう政治的正当性の問題は、今後も解消されることはないだろう。むしろ、統治機関の指導者たちが、社会の全面的な変革を必要とすると言われる気候の緊急事態を呼び起こす中で、今後数年間、より激しい争いが繰り広げられるだろう。」

元情報アナリストのマーティン・グリは、『The Revolt of the Public』の中で 、西洋社会を飲み込んだ「否定の政治」のルーツをたどり、政治、ジャーナリズム、金融、宗教、科学などあらゆる領域で権威の全面的崩壊と結びつけている。彼はその原因をインターネットに求めている。権威は常に専門知識の階層構造の中にあり、認定と長い徒弟制度によって守られ、そのメンバーは「素人の不法侵入者に対する反射的嫌悪感」を抱いている。

権威が本当に権威あるものであるためには、司祭的知識であれ科学的知識であれ、何らかの認識力の独占を主張しなければならない。20世紀、特にマンハッタン計画やアポロ月面着陸の華々しい成功の後、大衆は技術的専門知識の奇跡を期待するようになる(空飛ぶ車や月面植民地が目前に迫っていると考えられた)スパイラルが展開された。また、社会的有用性への期待を煽ることは、科学的実践と切り離せない助成金獲得や制度的競争のプロセスにおいて常態化する。

このシステムは、不可避の失敗を舞台裏に隠しておくことができる限り、不安ではあっても持続可能であった。そのためには、組織のパフォーマンスを評価するのがエリート内部の問題(ブルーリボン委員会、ピアレビュー)であり、グリが言うように「相互保護のための非公式な協定」を発展させることができるような、強固なゲートキーピングが必要だったのである。しかし、インターネットと、失敗の事例を嬉々として広めるソーシャルメディアによって、そのような門番は不可能になった。これが、グリが大衆の反乱を説明するための、非常に簡潔で示唆に富む議論の核心である。

現在、科学は主に「知識の独占」によって組織され、異論を唱える人々を排除している。それは、自分の縄張りに嫉妬する個人による開放性の失敗のようなものではなく、組織的にそうしているのである。

査読という重要なプロセスは、能力だけでなく、無関心であることも重要な要素だ。「しかし、20世紀の中頃から、研究にかかる費用と、協力的な専門家のチームの必要性から、直接知識があり、かつ利害関係のない査読者を見つけることがますます難しくなっている。」本当に知識のある人は、事実上同僚か競争相手のどちらかである。

バウアーは、「職人的な査読者は、創造性や真の革新を促すというより、むしろ抑制する傾向がある」と書いている。中央集権的な資金調達と中央集権的な意思決定により、科学はより官僚的になり、独立した自発的な真理探究者の活動ではなくなりつつある」。大学では、「科学的成果の尺度は、有用な知識の生産ではなく、もたらされる『研究支援』の量になる。」(大学当局は、研究を支援するための「間接費」をまかなうために、どのような助成金からも標準的に50%上乗せしている)。

ビッグサイエンスの実施に必要な資源を考えると、それが商業的なものであれ、政府によるものであれ、何らかの組織的な主体に奉仕する必要がある。この1年間、私たちは製薬業界とその根底にある科学的達成能力が最高であることを目の当たりにしてきた。mRNAワクチンの開発は、実に重要なブレークスルーを示している。これは、金融市場を驚かせたり、政府の大規模な支援によって消費者の需要を喚起する必要性から一時的に解放された商業的な研究所で起こったものである。このことは、左翼と右翼の両方に蔓延している、製薬会社を悪者扱いする政治的反射に一種の歯止めをかけるものであろう。

しかし、「結論」が科学的研究に規律を与え、それが自動的に真実の動機と一致すると考えるのは無理がある。有名な話だが、製薬会社はかなりの規模で医師に金を払って自社製品を賞賛、推奨、処方させ、研究者には製薬会社がゴーストライターとして書いた論文に名前を載せてもらい、それが科学雑誌、専門誌に掲載されている。さらに悪いことに、連邦政府機関が医薬品の安全性と有効性を承認する際にその結果を信頼する臨床試験は、一般的に製薬会社自身が実施または委託している。

ビッグサイエンスの巨大さ、つまり企業としての活動形態と、科学それ自体によって生み出されるのではない大規模な資源の必要性によって、科学は科学外の関心事の世界と真っ向から向き合っている。政治的なロビー活動で取り上げられるような懸念も含まれる。その懸念が注目されている場合、公式のコンセンサスに対する異論は、研究者のキャリアにとって危険なものとなるかもしれない。

世論調査は一般に、ある科学的な事柄やそれが公共の利益に及ぼす影響について「誰もが知っている」ことは、十分に制度化された見解と同じになることを示している。このことは、メディアが合意形成に果たす役割を考えれば、当然のことである。ジャーナリストは、科学的な発言を批判的に評価する能力はほとんどないが、自己防衛を図る「研究カルテル」の発表を科学として広めることに協力する。

バウアーの研究カルテルという概念が世に知られるようになったのは、彼の論文の掲載から5年後のエピソードである。2009 年、英国のイースト・アングリア大学の気候研究ユニットの電子メールが何者かによってハッキングされ、公開された。当時は、多くの分野で再現性の危機に対応するため、研究コミュニティーの規範としてデータ共有が導入され、また、ヌル所見の報告や共有フォーラムでの仮説の事前登録といった他の慣行も導入されていた時期であった。

気候変動研究カルテルは、正当とみなされる学術誌の査読プロセスにその権威を賭けており、お節介な挑戦者はそれを受けていなかったのである。しかし、Gurriがclimategateを扱う中で述べているように、「このグループは自分たちの分野の査読をほぼ支配しており、電子メールの主題はいかにして反対意見を雑誌やメディアから締め出すかということだったので、この主張は循環論理に基づいていた」のである。

気候変動の現実と悲惨な結末を十分に納得する一方で、科学にかかる政治的圧力に多少の好奇心を持つことはできるはずだ、と私は思う。IPPCが開催されるときの状況を想像してみてほしい。強力な組織がスタッフを揃え、決議案を準備し、コミュニケーション戦略を立て、企業の「グローバルパートナー」を確保し、省庁間のタスクフォースを待機させ、外交チャンネルを開いて、委員会で活動している科学者グループから良い知らせを受けるのを待っている。

これは、留保や資格、考え直すことを助長するような設定ではない。身体の機能は、政治的正当性という製品を生み出すことである。

気候変動の科学と政治に限ったことではないが、有名人(彼らは常に確信を持って語る)によって喚起される大衆的エネルギーが活動家の手を強くし、反対派の研究者を処分しなかった研究機関が「偽情報」の経路として機能しているとされるキャンペーンを組織するパターンがあるようである。その研究機関は一種のモラル・レシーバーシップの下に置かれ、研究機関のトップが違反した研究者を糾弾し、その研究成果から距離を置くことで解放される。そして、ライバル機関の肯定に勝る言葉で活動家の目的を肯定することで、そのダメージを修復しようとする。

このようなことが、体制側の考え方、特にイデオロギー的タブーに触れるさまざまな領域で繰り返されると、エスカレーションの論理に従って、研究機関が支援する研究に受け入れられる探究のタイプが制限され、政治的ロビーの指示する方向にシフトしていく。

言うまでもなく、これらはすべて科学的議論の場から遠く離れた場所で起こっているのだが、このドラマは科学的誠実さを取り戻すためのものとして描かれている。情報の流れが比較的オープンなインターネット時代において、専門家のカルテルを維持できるのは、より大きな組織化された意見と利益の一部であり、それらが一体となって一種の道徳的・認識的保護ラケットを運営することができる場合のみである。政治的なロビー活動は、その役割を果たそうとする科学的な団体に依存する。

これは、説得の文化から、どこか上から強制的な道徳的命令が発せられ、その場所を正確に特定することは難しいが、人事の倫理的スタイルで伝えられるという、組織内の大きな変化の一部とみなすことができるだろう。無秩序な情報の伝播とそれに伴う権威の分裂によって弱体化した、世界で起こっていることの特定のイメージを承認する機関は、単に知識の独占を主張するだけでなく、質問をしたりパターンに気づいたりすることにモラトリアムを置く必要がある。

研究カルテルは政治活動家の糾弾エネルギーを動員して妨害し、逆に活動家のNGOや財団の優先順位が研究機関への資金と政治支援の流れを調整し、相互支援の輪を作る。

政治に関心を持つ者にとって、現在の最も顕著な特徴のひとつは、専門性を主張する制度に懐疑的になっている一般大衆を納得させるために作られたように見えるパニックという装置によって、ますます統治されるようになっていることであろう。そして、これは多くの領域で起きていることである。事実と議論を通じて提示されるアウトサイダーからの政策的挑戦は、世界で起こっていることのうち、一般的なものに対抗する何らかのイメージを提供するが、それに対する回答はなく、むしろ非難で満たされるのである。このように、組織的権威に対する認識論的な脅威は、善人と悪人の間の道徳的な対立に解決されるのである。

表向きは専門的・技術的な発言であるにもかかわらず、道徳的な内容が増長されていることについては、説明が必要である。私は、政治的正当性の源泉として、科学と世論という二つの対立軸があり、それらは科学主義とでも呼ぶべき一種の分散型デマゴギーによって不完全に調和していることを指摘した。このデマゴギーは、連動する権力の中心が互いに支え合うために依存しているという意味で、分散型である。

しかし、専門家の権威から解き放たれた大衆の意見が、権威に対して新たに主張するようになり、この仕組みがぐらつき始めると、それを安定させるために第三の脚、つまり被害者の道徳的な素晴らしさが加えられるようになった。現在、あらゆる主要機関がそうしているように、被害者の側に立つことは、批判を阻止することである。とにかく、そうありたいものである。

忘れがたい2020年の夏、反人種主義という道徳的エネルギーは、公衆衛生という科学的権威に利用され、その逆もまた然りであった。こうして「白人至上主義」は公衆衛生上の緊急事態となり、抗議のために社会的距離を置く義務を停止することを指示するほど緊急なものとなった。では、アメリカは白人至上主義であるという表現は、どのようにして科学的に聞こえる主張に変換されたのだろうか。

マイケル・リンドは、 コビッドが、労働者と資本の間ではなく、「エリート」とも呼べる二つの集団の間の階級闘争をむき出しにしたと論じた。一方はロックダウンに反対する中小企業経営者で、もう一方はより安定した仕事を享受し自宅で仕事ができ、衛生政治に最大限の関心を持つ専門家たちであった。 さらに、知識経済の基本通貨は認識論的な威信であるため、「知識経済」の中にいる専門家は当然、専門家により多くの敬意を払うことになる、と付け加えることができる。

パンデミック時に国民に恐怖の黙認をもたらした「公衆衛生」の壮大な成功は、民主的に追求されれば可能性の低いあらゆる技術進歩的なプロジェクトを、何らかの存亡の危機への対応と称して急がせることになった。バイデン政権の最初の週には、上院の多数党指導者が大統領に「気候変動緊急事態」を宣言し、議会を回避して行政命令によって統治する権限を与えるよう促した。不吉なことに、私たちは「気候ロックダウン」に備えているのである。

「東洋の叡智 」について

「欧米諸国では古くからパンデミックに対処するための緊急時対策があり、その中で検疫は個人の自律性を尊重し、強制をできるだけ避けるという自由主義的な原則によって制限されていた。そのため、健康な人を家に閉じ込めるのではなく、すでに感染している人や特に弱い立場の人を隔離することが求められた。一方、中国は権威主義的な政権であり、集団的な問題を解決するためには、住民を厳格に管理し、モニタリングを徹底することが必要である。そのため、COVIDが本格的に流行し始めると、中国は武漢をはじめとする感染地域の活動をすべて封鎖した。欧米では、このような行動はあり得ないと思われていた。

英国の疫学者Neil Fergusonは昨年12月にTimes紙に次のように語っている。「共産党の一党独裁国家だとわれわれは言った。しかし、イタリアがそれをやってのけた。そして、われわれはそれが可能であることを理解した」。さらに、「最近では、ロックダウンは必然のように感じられる」と付け加えた。

このように、西洋社会の根幹にある原理によって不可能と思われていたことが、今では可能であるどころか、必然であると感じられるようになったのである。そして、この完全な逆転現象は、数ヶ月の間に起こった。

このような取引を受け入れるかどうかは、脅威の重大性に完全に依存するように思われる。リベラルな理念が手の届かない贅沢品となるような危険なポイントがあることは確かだ。コビッドは、インフルエンザの約10倍の致死率で、感染者の約1%が死亡する非常に深刻な病気である。しかし、インフルエンザとは異なり、この死亡率は年齢やその他の危険因子によって大きく偏り、非常に若い人から非常に高齢の人まで1000倍以上の差があるため、1%という数字は誤解を招く可能性がある。」

「欧米の世論は中国よりはるかに重要だ。人々が十分に恐怖を感じて初めて、安全のために基本的な自由を放棄する。これはホッブズの『リヴァイアサン』の基本的な公式である。恐怖を煽ることは、長い間マスメディアのビジネスモデルの本質的な要素であったが、これは欧米では国家機能と統合され、より緊密な共生の軌道に乗っているようである。中国政府が外部からの強制に頼るのに対して、欧米では強制は内部から、つまり個人の精神状態から来るものでなければならない。国家は名目上、国民の代表として選ばれた人々の手に委ねられているのだから、恐怖の対象にはなり得ない。恐怖の源は何か他のものでなければならない。だから、国家はわれわれを救う役割を果たすかもしれない。しかし、この役割を果たすには、国家権力を専門家が指揮することが必要である。

2020年初頭、世論は、緊急事態が過ぎ去れば、中国ではない国に戻れるという前提で、基本的自由の短期的停止の必要性を受け入れた。しかし、これは自由主義的な政治文化の強靭さを前提としたものであり、正当化されるものではない。英国最高裁を退官した法学者のサンプション卿は、西洋におけるロックダウンを、越えられない一線を越えたと見なすべきであると主張する。UnHerdのFreddie Sayersとのインタビューで、彼は、法律上、政府は緊急時に行動するための幅広い権限を持っていると指摘する。「政府ができることで、一般的にやってはいけないとされていることがたくさんある。そのひとつが、去年の3月までは、健康な人を家に閉じ込めておくことだった。」

彼は、自由社会としてのわれわれの地位は、法律ではなく、慣習、つまりわれわれが何をすべきかについての「集団的本能」にかかっており、それは何十年、何百年にもわたってゆっくりと発展する思考や感情の習慣に根ざしている、というバーク派の見解を示している。これらは壊れやすい慣習を破壊することは、慣習を確立することよりもはるかに簡単なのだ。このことから、中国ではない国に戻ることは非常に困難であることがわかる。

サンプション卿が言うように、「基本的な自由を法律ではなく慣習に依存する場合、いったん慣習が破られると、その呪縛は解かれる」のである。誰かが良いアイデアだと思う場合を除いて、全国的に人々を隔離することが考えられないような状況になれば、率直に言って、もはや何の障害もない。私たちはその閾値を越えてしまったのである。政府はこのようなことを忘れることはない。これは、注意深くなければ、あらゆる集団的な問題に対処する方法として受け入れられるようになるモデルだと思う」。イギリスと同様にアメリカでも、政府は絶大な権限を持っている。「その権力の専制的な行使からわれわれを守る唯一のものは、われわれが破棄すると決めた条約である。」

「明らかに、中国式ガバナンスへの憧れが、トランプやBrexit時代のポピュリストの動揺に対する反応として、中道派と呼ばれる意見に開花しているのである。これには「科学」(実際の科学とは異なる)が重要な役割を担っていることも明らかである。他の形態のデマゴギーと同様に、科学主義は様式化された事実と、現実の精選されたイメージを提示す。そうすることで、民主主義の原則を無意味にするほど強い恐怖を生み出す可能性がある。」

「私たちは生きていく上で、さまざまなリスクを何気なく受け入れている。しかし、その中から一つを選び出し、それを集中的に考えることは、歪んだ見方をすることであり、その結果、トンネルビジョンの縁の向こう側にある現実の代償を払うことになるのである。このような状況から抜け出すために、つまりリスクを適切な文脈でとらえるために、人生を肯定し、存在を単なる植物的なものから高めるあらゆる価値ある活動に再び焦点を合わせることが必要なのだ。

参考記事
サンプション卿 集団的不服従が始まった
フレディ・セイヤーズとジョナサン・サンプションの出会い。 記事全文を読む: ポッドキャスト版を聴く: Jonathan Sumptionはかつて、ハットンの調査で政府を代表した優秀な法廷弁護士、最高裁判 ...

結論から言うと。..

「パンデミックは、私たちの長い間の原子化への道を加速させ、公式な保証を与えただけなのかもしれない。私たちは、裸の顔によって、個人として互いに出会い、そして、そうすることによって、恵みと信頼のつかの間の瞬間を経験することができる。仮面で顔を隠すということは、この招待状を撤回することだ。このことは、政治的に重要でなければならない。

そのような微細な瞬間を通して、私たちは運命共同体として結ばれていることを自覚するのかもしれない。それが連帯というものである。ハンナ・アーレントが『全体主義の起源について』で述べたように、連帯は専制主義に対する最高の防波堤 なのである。このような出会いから手を引くことは、今や善良な市民、すなわち善良な衛生観念という刻印を持つに至っている。しかし、私たちはどのような体制の市民であるべきなのだろうか。

あるリスクを最小限に抑え、他のリスクを無視する「科学に従う」ことは、何が人生を価値あるものにするかという感覚に根ざした自分自身の判断の行使を免除するものである。また、希望と確信を持って不確実な世界に身を投じるという、実存的な挑戦からも解放される。生を肯定し、死を受け入れることができない社会は、歩く屍と化したデミ・ライフ・カルトの信奉者たちによって占拠され、専門家の指導がますます必要とされるようになるだろう。

民衆はそれにふさわしい政府を得る、と言われている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました