イスラエルのDNAとヒト実験用ラット
未来はとても明るい - ネタニヤフは日陰を着なければならない

強調オフ

戦争・国際政治

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

rwmalonemd.substack.com/p/israeli-dna-and-human-lab-rats

ロバート・W・マローンMD, MS

2023/10/18

ベンヤミン・ネタニヤフ首相(この短いビデオの下の方)が、パンデミックの際、自国民を実験用ネズミとして意図的に使ったことについて話しているのを聞いてほしい。彼はファイザー社に、まずイスラエルでジャブを使用するというアイデアを売り込んだ。 ファイザーが全住民を対象にこの実験を行うことができたのは、政府が20年前までさかのぼって医療記録をデジタル化していたからだ。

 

というのも、国民の医療記録と包括的なDNAデータベースを組み合わせる可能性は無限だからだ。イスラエルという新たなバイオテクノロジーの涅槃に群がるバイオテクノロジー企業の儲けを考えてみよう。未来はとても明るい – ビビは日除けが必要だ。

必要なのは、イスラエル国民の権利を恣意的に奪うことだけだ。ベンヤミン・ネタニヤフ首相は、イスラエル国民をファイザーの実験用ネズミに売り渡すことで、イスラエル国民が「最初に」注射を受けられるようにしたのだ…。

これが未来だ。

それもまた過去なのだ。国家社会党政権下のドイツの残虐行為を持ち出す必要はないように思える。しかし、世代間の記憶という点では、本当に昔のことなので、何が起こったかを忘れてしまいがちだ。国家社会主義マシーンは、何百万人もの人々を収容し、拷問し、死に至らしめただけでなく、同意していない人間、特にユダヤ人を恐ろしい実験のモルモットとして使った。そこから世界は貴重な教訓を学んだ。 そして各国政府は、その教訓を世界中の国際法や国内法に成文化した。 私は長年にわたり、政府が人権や生命倫理のことを忘れるとどうなるかについて、幅広く研究し、執筆してきた。

DNA配列バンクについて、特にバイオ/医療データと組み合わせた場合、それは強力なものであるということだ。 確かに、遡及的研究ができることは重要である。レトロスペクティブ研究は、過去に起こった出来事に関する情報を使用する。疑問の余地はなく、それは最も穏やかな使い方である。

従来、データセットは様々な方法で匿名化され、人々の身元はデータから取り除かれていた。 そのため、政府はそのようなデータを使用するために個人の許可さえ必要としない(これはすべてHIPAAで成文化された)。しかし、ここに問題がある。人の遺伝子データは指紋なのだ。 その人の医療データやバイオデータを匿名化するために、それを “取り除く “ことは決してできない。遺伝子データは売られ、盗まれ、さらには政府(イスラエルなど)によって持ち去られ、あるいはアメリカで日常的に起こっているように、犯罪で逮捕される過程で捕捉される。

アメリカでは、CODISとNDISというデータベースが、逮捕され有罪判決を受けた人々の連邦、州、地方のDNAバンクを統合している。CODISは、犯罪現場で発見された新しいDNA証拠とデータベースを自動的かつ継続的に比較している。

CODISの重要な部分は、データベースそのものであるNDISである。この巨大なデータベースには、1,220万人の犯罪者プロファイル、260万人の被逮捕者プロファイル、684,000人の法医学プロファイルが含まれており、その総計は1,548万人、つまり米国総人口の約4.85%に相当する(2016年)。

この8年間で、NDISのデータベースはますます大きくなっていると推測できる。しかし、2016年以降 FBIは データベースの規模に関する最新情報を発表 していない。 NDISは世界最大のDNAデータベースと称されている。

医療記録とDNAという最も永続的な識別子を組み合わせることで、この情報は自動車保険会社、生命保険会社、医療保険会社、潜在的な雇用主、家主、金融機関などに販売される可能性がある。 誰かが双極性障害の治療薬を服用したり、心血管疾患の治療を求めたり、家庭内虐待の問題で助けを求めたりしたことがあるだろうか?その人がかかりやすい特定の病気のマーカーについてはどうだろう?医療データがDNA識別子にリンクされている場合、常に特定の個人を追跡できる可能性がある。DNA識別子があれば、この情報が履歴から抹消されることはない。

2018年以降、イスラエル政府は同国の 医療データベースをオンライン化している。つまり、DNAデータベースが構築されれば、それもクラウド化されると考えていいだろう。

その先、ベンヤミン・ネタニヤフ首相が今提案しているのはもっと過激なもので、この2つはリンクされ、オンライン上にアップロードされる。 彼は経済発展のために、人々の医療記録と遺伝的アイデンティティ(DNA)を結びつけることを提案している。DNAの記録は名前から簡単にたどることができる。これは基本的に、イスラエルのバイオファーマの成長を可能にするために、イスラエル国民一人一人のユニークなアイデンティティを採掘することである。

「インフォームド・コンセント– 人の尊重は、対象者が能力を有する限りにおいて、自分に何が起こるか、あるいは何が起こらないかを選択する機会を与えられることを必要とする。この機会は、インフォームド・コンセントの適切な基準が満たされている場合に提供される。

インフォームド・コンセントの重要性は疑う余地がないが、インフォームド・コンセントの性質と可能性については論争が多い。それにもかかわらず、同意のプロセスは、情報、理解、自発性という3つの要素を含んでいると分析できるという点では、広く同意が得られている。(ベルモントレポート)

インフォームド・コンセントは臨床試験研究の基幹である。

ベンヤミン・ネタニヤフ首相は、バイオテクノロジーと製薬企業に、イスラエルの全人口をDNAと医療記録を組み合わせた前向き介入試験の実験台として利用することを提案している。

介入前向き臨床試験とは、薬物、医学的治療、予防戦略の有効性を比較する実験的研究である。つまり、ここで問題となるのは、知らないうちに人々が容易に介入臨床試験の被験者となり、その試験結果と自分の遺伝的アイデンティティを結びつける恒久的な絆と記録を作ってしまう可能性があるということである。さらに、インフォームド・コンセントがなければ、彼らのデータは、彼らが考えもしなかったようなあらゆる種類の方法で使用される可能性がある。

遺伝子データの用途は従来の製薬にとどまらないため、そのデータの他の用途や悪用についても考えなければならない。

このようなデータベースを組み合わせることは、イスラエル市民を標的にした生物兵器を含む可能性のある生物兵器開発のためのセットアップである。各国がそのような生物兵器を開発している証拠は明白であり、説得力がある。Wikiは簡潔で恐ろしい歴史の教訓を提供している:

遺伝子兵器

1997年、 米国防長官 ウィリアム・コーエン)は、 起こりうるリスクとして民族的生物兵器の概念に言及した[1]。 1998年、生物兵器の専門家の中には、そのような「遺伝子兵器」がもっともらしいと考える者もおり、 旧ソ連が ヒトの遺伝子にさまざまな物質が影響を及ぼすことについて、何らかの研究を行って いると考えて いた[2]

シンクタンクの新アメリカの世紀のためのプロジェクト(PNAC)は、2000年の政策文書『アメリカの防衛再構築』の中で、民族的生物兵器を、アメリカが開発し使用する動機付けを持つことができる「政治的に有用な道具」として記述している[3]。

2004年、『ガーディアン』紙は、英国医師会(BMA)が特定の民族を標的にした生物兵器の可能性を考慮し、「アルツハイマー病やその他の衰弱性疾患に対する治療法」などの科学の進歩が悪意のある目的にも使用される可能性があるという問題を強調したと報じた[4]。

2005 年、赤十字国際委員会の公式見解は、 「特定の民族を生物学的製剤で標的にする可能性は、おそらくそう遠くない。 このようなシナリオはICRCの想像の産物ではなく、数え切れないほどの独立機関や政府の専門家によって発生したか、あるいは確認されている」[5]。

2007年5月、ロシア政府はヒト生体サンプルの輸出を全面的に禁止したと報じられた[6]。 禁止 措置の理由は、ロシア連邦保安庁 )のニコライ・パトルシェフ 長官が 提出した ウラジーミル・プーチンに 報告書にあるとされる 。その報告書は、西側機関によるロシア国民を標的にした「遺伝子生物兵器」の開発が進行中であると主張していた[要出典]

2008年、アメリカ政府は議会委員会「遺伝学とその他の人体改造技術:賢明な国際規制か、それとも新種の軍拡競争か」を開催し、その中で「ならず者国家(さらにはそうでない国家も)や非国家主体が、我々を恐怖に陥れるような方法で人間の遺伝子を操作しようとする世界を、我々はどのように予期できるか」が議論された[7]

2012年 、『アトランティック』誌は、 特定のDNA配列を持つ個人を標的にする特定のウイルスが、近い将来出現する可能 性があると書いた。 同誌は、一般人には軽いインフルエンザを引き起こすが、 アメリカ大統領には 致命的な症状を引き起こすウイルスという仮定のシナリオを提示して いる。その証拠として、個別化遺伝子治療の進歩を挙げている[8]

2016年、フォーリン・ポリシー誌は、「遺伝子に関連する民族集団」を不妊剤化できる民族生物兵器として使用されるウイルスの可能性を示唆した[9]。

米国の生物兵器研究に関する情報は 2016年で 途絶えているよう だ。 また、アメリカのDNAデータベースに関する最新情報の多くも突然途絶えている。このような、米国政府が私たちに話してほしくない論争の的となるテーマにおけるファイアウォールは、ますます一般的になっている。

現時点でわかっていることは、操作されたSARS-CoV-2ウイルスは、細胞表面にACE2レセプターを多く持つ特定の集団でより重症化するようである、ということだ。これは意図的なのだろうか?ファクトチェッカーやMSMの反応から判断すると、アメリカ政府は人々がそのような考え方について多くの疑問を持つことを望んでいないようだ!

このようなデータベースをオンライン化するリスクは非常に大きい。 2016年、私は中国人に機密情報を盗まれた。他の何千人ものアメリカ政府のセキュリティ・クリア者と同じように。 米国政府は私にクレジットスコア・サービスを1年間無料で提供してくれた。ありがとう。

DNA配列データが中国によってハッキングされ、非常に大きなバイオテクノロジー部門を持つシリアの手に渡ったとき、イスラエルは自国民に何を提供するのだろうか。実際 イスラエルはシリアが 大規模な生物兵器プログラムを持っているというデータを作成している。 シリアがイスラエルのデータベースを手に入れたらどうなるのか?

生物兵器の能力開発に必要なのは、(他のバイオテクノロジーの目的に使用される)二重使用の材料と限られた設備だけである。生物兵器は安価に製造でき、生物兵器施設はガレージや台所などどこにでも設置できる。イスラエルは、イスラエル国民のすべての医療記録とDNA記録をリンクさせることができるからといって、そうすべきなのだろうか?

このような統合データベースのもう一つの用途は、トランスヒューマニズムのアプリケーションの開発である。 特定の遺伝子型は、脳マイクロチップやセンサーを拒絶することなく皮下に埋め込むことができるのだろうか?ある遺伝子型は、脳波コンピューター・インターフェースにより適した候補者となるのだろうか? 軍は人のDNAに基づいて候補者を選ぶようになるのだろうか?国防総省と国防高等研究計画局(DARPA)のさまざまな「サイボーグ計画」に関する公式情報は、2020年前後に終了する。

さらに、トランスヒューマニズムに関わる軍事的応用のために、人口ベースのDNAバンク/医療記録データベースを開発し、利用することについての疑問もある。ある種の遺伝子によって、より知的になったり、脳波でコミュニケーションがとれるようになったり、より強くなったり、より共感的になったり、特定の遺伝子治療に耐えられるようになったり、反応できるようになったりする遺伝子治療に耐えられる “超人 “になれる人がいるのだろうか?

特定の遺伝子型を持つ乳児についてはどうなのか?政府はそのデータをどう使うのか?企業はどうするのか?そのデータが社会保障番号のように公開されるようになったらどうなるのか?

イスラエルがやろうとしていることは危険だ。 ネタニヤフは、このようなプロジェクトがもたらす明白で未知の危険に対処するための規制の枠組みがないうちに、未知で未知の倫理的泥沼に突入しようとしている。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker