7. 危機(経済・環境・国際)ダークホース/ブレット・ワインスタイン食糧・インフラ危機

太陽はどのようにして私たちを絶滅させるのだろう
How the sun could wipe us out

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

プラズマの爆発は、破壊的な失敗の連鎖を引き起こすだろう

unherd.com/2021/07/how-the-sun-could-wipe-us-out/

太陽の黙示録は目前に迫っている。

黙示録的思考

世界の終わりを考える寄稿者たち

Bret Weinstein は進化生物学者であり、DarkHorse Podcastの司会者、ベストセラー『A Hunter-Gatherer’s Guide to the 21st Century』の共著者である。家族と一緒にオレゴン州ポートランドに住んでいる。

2021年7月19日

キーワード 資本主義 黙示録 文明 電力網 産業 原子力 世界の終わり

2024年5月12日、世界は終わりを告げた。しかし、我々の種がついに絶滅するまでには、さらに309年の歳月が必要だった。産業文明がますます強力になる一方で、その脆弱性を示す兆候を繰り返し無視したことが原因でない限り、この終末は1つのことに起因するものではない。しかし、私たちの終わりには、間違いなくきっかけがあった。太陽からの荷電プラズマの爆発は、世界中の多数の電力網を突然、同時に崩壊させ、人類が二度と立ち直れないほどの破壊的な故障の連鎖を引き起こしたのだ。

ある意味では、これは完全に予測できたことだった。送電網が発明されてからの10年間で、このような電気障害が発生する可能性は8分の1だった。2013年、ある報告書が、極端な地磁気嵐はほぼ不可避であり、地球の送電線に巨大な電流を引き起こすと警告していた。この脆弱性は、ほんの少しの努力で 2024年の大崩壊前に世界が毎年テキストメッセージに投資していた額の10分の1以下の金額で、完全に対処することができたはずである。

化石燃料産業は持続可能な電力に反対する理由があったが、送電網の脆弱性は誰も得をしないものだった。むしろ、地球上のすべての人がこの欠陥を修正することで利益を得ることができる。しかし、いつその欠陥に火がつくか分からないからか、決して優先されることはなかった。

2024年5月9日、太陽の表面からプラズマのバーストが発生した。この危険なコロナ質量放出を追跡している地球上の宇宙天気予報士によって検知された。彼らは通常の計算を行い、標準的な警告を発した。もし、送電網が速やかに切断されていれば、危機は緩和されたかもしれない。しかし、地磁気嵐でいつもそうであったように、このバーストがどの程度深刻なのか、あるいはそうであっても電力に支障をきたすのか、科学者たちの警告は、深刻な問題が発生する可能性がわずかでもあれば、広大な地域を停電させたくない電力網管理者によってほとんど無視されたのであった。過去には指をくわえて見ているだけで十分だった。しかし、今回はそうはいかない。

プラズマ雲が地球に衝突し、激しい電流変動を引き起こし、多数の変圧器が内部から焼き尽くされたのだ。2024年5月に始まった停電は、当初は全世界的なものではなかった。北米の東3分の1が最も被害が大きく、30台の巨大な変圧器が完全に破壊された。平時であれば、交換用の変圧器1台の納入に3年かかる。それが突然、世界中で100台以上が必要になったのである。

最初の停電に直面した人は、何が起こったのか、どれだけの地域が被害を受けたのか、送電網の修復には何年もかかるということを知る人はほとんどいなかった。停電は、電力だけでなく、情報も遮断した。ほとんどの人が、電気は数時間から数日で戻ってくると思っていた。夜が明けると、太陽嵐は南はコスタリカまで見える壮大なオーロラで空を埋め尽くし、突然暗くなった場所ではよりドラマチックに、産業文明のまばゆい最後の幕が切って落とされたようだった。この光り輝く空は、お祭りのような雰囲気を醸し出していた。

しかし、2日目、3日目と連夜になると、だんだんパニック状態になってきた。人々は、車で停電から逃げ出そうとし始めた。しかし、どこまで停電が続くか分からず、かえって状況を悪化させてしまった。停電でガソリンが出ないので、最初の避難者は無造作に車を捨てざるを得なくなった。道路は封鎖された。軍は秩序を守ろうとしたが、偽りの約束と不十分な援助で住民を落ち着かせようとしたため、疑惑と敵意を持たれ、時には標的にされることもあった。家族を守るため、兵士の脱走が多発した。

電気が通っているところでも、普通の生活はできない。停電の境界線付近では、すぐに暗黒地帯からの武装襲撃に直面した。住民は電力が供給されている内陸部へと逃げ出した。次々と押し寄せる難民の波は、機能的なものに引き寄せられ、瞬く間にそれを圧倒し、新たな難民を生み出した。どこもかしこも買いだめしている。武装シンジケートが出現し、孤立したプレッパーを圧倒するため、銃声があちこちで聞こえるようになった。攻撃的な殺し方と防御的な殺し方の区別がつかなくなった。缶詰やフリーズドライの食品は想像を絶するほど高価になった。社会が回復不可能であることを人々が認識したため、通貨は無価値となった。

人間は自分自身や先祖の経験に基づいて危険を察知する。2024年当時、太陽嵐は目新しいものではなかったが、1859年、つまりダーウィンが『種の起源』を出版した年に最後の大きな嵐が起きて以来、太陽嵐が人類にもたらす危険はごくわずかずつ増していた。このストームは、イギリスの天文学者リチャード・クリストファー・キャリントンの目に留まり、異常な太陽活動に気づき、それが壮大なオーロラの出現と結びついた。この「キャリントン現象」は、電信システムを損傷し、多くの通信事業者に衝撃を与えた。中には、嵐が電線に電流を誘起したため、停電してもメッセージが送れることを発見した人もいた。興味深い話だが、工業にあまり依存していない地球では、悪夢のような話ではない。文明が圧倒的に電気的なものになったため、太陽フレアは私たちの注意を集中させるほどの被害をもたらすことはなく、私たちの破滅を促進するような出来事の前兆はなかったのである。

崩壊後の最初の数週間は、軍に重要な任務が課せられていた。原子炉のメルトダウンや燃料プールの火災を防ぐためには、休眠中の原子炉とその使用済み燃料プールでさえも、常に冷水を循環させる必要があるのだ。規制により、各施設は1週間分のディーゼル発電機用予備燃料を持つことが義務付けられている。しかし、1年以上続く停電を想定していたところはなかった。そのため、バックアップのディーゼル発電機やポンプが故障したり、枯渇したりしないようにすることが、陸軍の任務となった。陸軍は6ヶ月間、被災したすべての原子炉でこの任務を遂行したが、1つの例外があった。

陸軍は、ほとんどの原子炉で、敷地の周囲に防御的な境界線を作り、ヘリコプターで燃料を供給することが最も信頼できる方法であることをすぐに発見した。崩壊から3週間後、バージニア州のノース・アンナ原発でヘリコプターが霧の中で電柱に衝突し、燃料が流出、発電機を巻き込む大火災が発生した。上空から投下された難燃剤が吸気口に吸い込まれ、この組み合わせで電源が切れ、炉心がメルトダウンして傾くのに十分な時間、停止したままであった。格納容器が破損し、廃炉を余儀なくされた。

燃料プールが沸騰して乾き、放射性崩壊の熱で燃料棒の被覆管が燃え上がり、高放射能の煙が上空に立ち上り、地域を汚染し、安定化に成功していた東海岸の都市の一つであるワシントンDCの重要な政府機能を追いやった。放射性降下物の危険性は公式には黙殺されたが、噂は広がり、電池式のガイガーカウンターを持つ少数の市民によって確認された。このため、この地域の人々は、降雨を避けながら避難し、放射性同位元素が地表に降り注ぐという大規模な難民危機を引き起こした。最終的に、文明の崩壊は地球上のすべての原子炉施設を放棄させ、すべての放射性物質が環境中に放出され、循環し始めることが保証されることになる。

一方、人々は崩壊前の世界で身につけた技術が役に立たなくなり、ほとんど無力だった。多くの人々は、近代的な武器があれば、不況の中でも狩りをすることができると考えた。その結果、人が食べたいと思うようなあらゆる陸生動物の個体数が一挙に激減したのだ。何十万人もの人間が荒野に逃げ込んだが、その多くは荒野でどのように機能すればよいのか見当もつかなかった。その結果、最初の夏には前例のない山火事が発生した。無造作に始まったものもあれば、動物を追い出そうと意図的に起こしたものもあった。北米では、100年にわたる火災抑制を中心とした愚かな森林管理が、巨大な火種を残していた。崩壊後、これらの炎を食い止めるための消火活動は行われなかった。火は消えるまで熱く燃え続け、広大な土地を砂漠化させ、多くの人を殺し、行き場のない難民を生み出すことになった。

火災はもう一つの結果をもたらした。大気中に煙が充満し、数年にわたり地球を著しく冷却したが、より大きく、より破壊的な影響を遅らせ、覆い隠してしまった。この火災によって、大量の炭素が生きた植物から熱を奪う気体として移動した。同時に、世界経済の突然の崩壊によって産業活動は停止し、産業界が絶え間なく大気中に放出する汚染物質も冷却効果を持つようになった。北極が十分に融解して「クラスレート銃」が作動し、凍結していたメタンが十分に放出され、新たに融解するたびに温度が上昇して、さらにメタンが放出されるという正のフィードバックが発生したのである。地球の気温は20年間で7度上昇し、最初の崩壊に耐えたすべての生態学的プロセスを混沌に陥れた。

気候の急激な温暖化は、唯一の食料源となりつつあった伝統的な農業システムに大きな打撃を与えた。突然、すべての農民は変化した生息地に住み、彼らが得意とする作物はもはや故郷にない。大規模農業は、崩壊の1年目にしてすでに完全に失敗していた。大規模な作物は、安定した環境下で最大限の利益が得られるように設計されており、肥料や機械がなければ全く育たない。ほとんどの家畜は、肉を保存した経験のない自暴自棄の人々によって殺され、その大半は倒れた場所で腐敗していた。

南半球は、工業文明のほとんどが北半球にあり、大気と海洋が赤道を越えて混合するのが非常に遅いため、より長く持ちこたえることができた。しかし、最終的に大気と海は混ざり合い、地球の温度は壊滅的に上昇し、誰も助かることはなかった。コモロの海岸で最後の人間が死んだとき、それは食料不足のためであった。彼女の一家は貝を集めて生き延びる術を身につけていたが、長い間、混沌から隔離されて守られてきた彼らも、南の海のマクロな生態系が崩れたとき、ついに命を落とすことになった。

私たちの種を滅ぼし、地球を破壊した一連の失敗から得られる教訓があるとすれば、それは「こんなことになる必要はなかった」ということだ。変圧器の脆弱性は解決可能な問題だった(原子炉、農業、情報インフラ、人口などの脆弱性も同様だ)。太陽フレアが壊滅的な停電を引き起こすという事実はよく理解されていたが、この危険を最小化することが世界的な優先課題となることはなかった。必要なのは金と時間だけである。変圧器が破壊された時点で、お金は意味をなさなくなり、時間は尽きた。

2021年当時、太陽は2025年に次の太陽最大値に達すると予測されていた。人類は最後にもう一度、指をくわえて見ていた。

タイトルとURLをコピーしました