WEF/グレート・リセット官僚主義・テクノクラート

「陰謀論者と呼ばれるなら、あなたは何か正しいことをしているに違いありません」エックハルト・トール
“A Great Reset Will Happen…” Eckhart Tolle

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

エックハート・トール 0:05

あなたは絶対にうまくいっています。なぜなら、あなたは、地球上の意識の覚醒に素晴らしい貢献をしているのがわかるからです。そうですね。そして、あなたは最近、より政治的になってきていますね。それはそれでいいんです。なぜなら、多くのことがあまりに非常識で、疑問を持つ必要があるからです。

しかし、あなたは怒ったり攻撃的になったりはしていませんね。疑問を抱いている間、あなたが意識を保っていることが良いことなのです。

それで、主流派メディアはあなたを陰謀論者と呼びます。それは、人々があなたの意見に耳を傾け始める良い兆候です。陰謀論者と呼ばれるなら、あなたは何か正しいことをしているに違いありません。

私たちは、集団的に狂気が増している時期を経験しています。それはまるで病気、集団的な病気、精神病が人類のかなりの部分を覆っているようなものです。個人だけでなく集団が、狂気の時代を経験することがあります。そして今、私たちは大きな動揺の中にいます。

危機的状況は、エゴの状態から脱する絶好の機会でもあります。エゴは何千年も存在し、その泉のようなもので、それはそれでいいのです。しかし、今、終わりに近づいて、自滅しています。エゴが自滅しようとしているのです。しかし、あるグループや組織が計画したようなやり方ではなく、彼らは非常に驚くことになるでしょう。

ラッセル・ブランド 1:47

エックハルトは、個人の覚醒の意義と、それが文化に与える影響があります。特に、私たちが話している間にも、何らかの統一された力があり、展開、解明されていることが明らかになっています。

エックハルト・トール 2:21

あなたの役割は、世界で起こっている、一見とても無意識に、あるいは観察された多くの事柄に疑問を投げかけることであり、時には極めて非常識な物語が作られています。しかし、あなたは、悪意なく、主とともに、いかなる集団をも悪者にすることなく、それに疑問を投げかけるのです。

なぜなら、もしあなたが、ある特定の人間や人間の集団に現れている狂気を内側に見て、彼らを悪魔化すれば、ニーチェの有名な言葉、「深淵を長く見つめると、深淵はあなたを見つめ返す」のように、あなたも彼らと同じ意識の状態に引き込まれることになるからです。

あるいは、モンスターを見つけたら、モンスターと戦って自分がモンスターにならないように気をつけよう。ということで、それはそれで、なかなか成功していますね。ですから、それはありがたい。私のミッションは少し違います。私は、めったに、いや、実際には一度もありません。

非合理的な、まったく非合理的な思考や、あるいは狂気の現れと思えるような、特定の事柄に疑問を投げかけるのです。良い心理学者や精神科医が、ある妄想を信じている患者と接しているとしたら、例えば、自分をナポレオンであると(患者が)信じていたら、良い精神科医や心理療法士は、「いや、明らかにあなたはナポレオンじゃない」とは言わないと思います。

なぜなら、その人との関係をすぐに失ってしまうからです。その巨大さゆえに「そうです、あなたは正しい、あなたは(ナポレオンの)身体に乗っている」と言うのも、もちろん間違っています。「もちろん、あなたはナポレオンだ」と。いいえ、それはすべて間違っています。良い心理療法士は、おそらく質問をし、耳を傾け、彼らの現実を否定しないでしょう。さもなければ、彼らはあなたとコミュニケーションを二度ととらないでしょう。

もしその人間は精神が完全にあるタイプの妄想に陥っている場合でも、私は彼らのアイデンティティを疑問視しないでしょう、そうすれば、私は接触を失ってしまい、そこから意識への目覚めを助けられる可能性はなくなります。

ですから、私は素朴に耳を傾け、おそらく質問をします。そうすれば、気づきが生まれる可能性があります。そうすれば、機能不全や完全に合理的な思考プロセス、精神的な思考パターンに囚われなくなり、覚醒する可能性があります。

あなたは、もっと直接的な方法ではなく、狂気やガイドワイヤーといった個々の事例を扱う方法でそれを行っているのです。

それが狂気なのか、それとも永遠の問いかけなのか、私たちにはわかりません。今世界で起こっているすべてのこと、政治家のやっていること、メディアのやっていることは、永遠の疑問が生じます。彼らは悪なのか?それとも悪意があるのか?それとも、ただとても愚かなだけなのか?2つの説があります。

つまり、起こったことを見てみましょう。全体として、数え切れないほどの例があります。イラク、イラク侵攻、アフガニスタンの全容、これらの背後には、何か邪悪な陰謀があると多くの人が信じているのですが、彼らは、すべては計画されていたと言います。そういう見方もありますね。

私の見方は、もっとこうです。まあ、丁寧に言えば、彼らは非常に無意識的だと言えるかもしれません。しかし、もっと率直に言えば、彼らはただのバカです。彼らがやっていることは、ほとんど意味をなしていません。そして、とても不条理です。

「ノー」としか言いようがありません。一体、どんなバカなのか、というのも、この人たち……大卒の、ああ、政治家やメディアの人たちのほとんどが、大卒なんですものね。ですから、必ずしも知能が足りないという意味でのバカではなく、もっと深いバカがいるんです。

それは、知恵がまったくないということです。知恵とは、私たちに必要なものであり、知恵は意識から生まれます。知恵は、概念的な思考を向上させることで知恵に到達するのではありませんし、あるいは、知識を増やせば知恵が増えるというものでもありません。

知恵は、意識から生まれる深い知性です。一つのことだけを攻撃して、それが必要だと考えるのではなく、状況の全体を見て、何が正しい行動なのかを見極めることができるのです。パンデミックにどう対処したかは、その一例です。

一つのことを攻撃するだけで、二次的な結果は、元の問題よりはるかに悪いかもしれないことを完全に無視しています。経済的結果、心理的結果、結果、全く気付かず、知恵の欠如、完全に知恵の欠如です。人類が切実に必要としているのは知恵です。従来、私たちが知能と呼んでいたものを増やすのではなく、知恵のない知能は、実は危険なのです。非常に危険で、破壊的になり、自己破壊的になります。

残念ながら、私たちは今、このような状況にあります。すべての兵器システム、生物兵器、核兵器、これらを作るには、偉大な知性が必要です。もちろん、核兵器を作ることができる人は本当に知的でなければなりませんが、その知恵はどこにあるのでしょうか。

知恵がないのです。知恵という言葉は、最近ではあまり聞かれなくなりました。しかし、知恵は私たちを救ってくれるもので、知恵と意識を切り離すことはできません。ですから、私たちはそこに行く必要があるのです。IQが高くても、愚かなことをし、個人的なエゴや集団的なエゴと完全に同一視している場合があります。

しかし、私はすべてが計画されていたとは思っていません。イエスが十字架上で言いました「彼らは自分たちのしていることをわからずにいるのだから、彼らを許しなさい」という言葉が大好きです。彼らは自分たちが何をしているのか分からないのです。言い換えれば、彼らは完全に無意識なのです。彼らは自分たちが何をしているのか分かっていません、それが私の見方です。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました