マーティン・アームストロング金融危機・インフレ

マネーサプライの増加はインフレを引き起こすか

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Will An Increase in Money Supply Cause Inflation

Martin Armstrong

おそらく、私が世界中から受ける質問の中で一番多いもの。それは、「インフレはどうなのか?」というものです。2007年から 2009年の金融危機以降、中央銀行は通貨供給量を劇的に増やしているのに、なぜインフレ率が上がらないのでしょうか。

一方、もう一つの陣営、つまり新現代貨幣理論グループは、これで好きなものを印刷すればインフレにはならないことが証明されたと言っています。では、このアノマリー(合理的に説明できない経験則)についてはどうなのでしょうか?他にも、金などを買った方がいいと言う人もいます。

これはハイパーインフレになるからで、ドルが暴落するからです。これらはすべて、荒唐無稽な理論として出回っています。しかし、私たちは何が本当の真実なのかを見極めなければなりません。1956年に民間人のケーガンがハイパーインフレについて調べようとして以来、ほとんどの学者は、ハイパーインフレは紙幣でなければ起こらないと考えてきました。

しかし、インフレは硬貨時代にも存在し、ハイパーインフレもありました。実際、グレシャムの法則があります。グレシャムは、イギリスのヘンリー8世による銀貨の価値の低下がインフレにつながることを観察しました。彼は基本的に、悪いお金、つまり価値の下がったお金は、人々に良いお金をため込ませるという法則を考え出しました。これを理解することはとても重要です。

これは、紙幣の前から存在していたことです。現在、人々は不換紙幣が問題だと言い続けていますが、実際にはそうではありません。実際にはそうではなく、政府に対する信頼性の問題です。ローマ帝国を見てみると、銀の含有量が約50%から、わずか8年でほぼゼロになりました。それは、ペルシャ人によって最初のローマ皇帝バレリアンが捕らえられ、奴隷にされた後のことでした。

そうなると、北方の他の蛮族たちは、「彼らはうまくやっているから、我々も同じことができるだろう」と考えました。蛮族が侵略を始めたことで、ローマ帝国の政府に対する信頼は崩壊し、彼らは初めて自分たちが脆弱であることを認識したのです。そのため、イギリスをはじめとするヨーロッパ各地で、大量のローマ時代のコインが発掘されています。

つまり、政府の会議が崩壊したのです。これが本当に重要なことです。ドイツのハイパーインフレを見てみると、彼らはただお金を刷っただけだと簡単に考えていますが、それは本当のハイパーインフレではありません。最初に起こったのは、1918年のドイツでの共産主義革命でした。この革命が起こったとき、頭のいい人は誰でも自分のお金を外国の通貨に換えていました。

それと同時に、銀や金のコインをすべて破棄していたのです。共産主義者たちは、実際にロシアを招き入れ、ドイツを征服しようとしていたのです。人々は、これが前兆であることに気づかず、何が原因で人々はお金を取り出してため込むのでしょうか?

ヘンリー8世のように貨幣の価値を下げることを始めたのは、主に貨幣が貯められるほど貨幣供給量が減り、国王が支払いをするために貨幣供給量を増やさなければならなくなったからです。ドイツは紙幣でも同じことが言えました。

つまり、鶏と卵のどちらが先かということです。どちらが先かということです。ドイツの場合は、ロシア革命の後に信頼が崩壊し、王様が倒されてしまったからです。ワイマー共和国が誕生したのです。フランスを見ても、シグネットは大規模なハイパーインフレに見舞われました。ここでも、杖による転覆、政府の崩壊、通貨構造の欠如がありました。

さて、ロックダウンで何が起こったかを見てみましょう。みんなをロックダウンして、経済は劇的に縮小しました。これを次の段階に進めると、政府の転覆や戦争となると、さらに大きくなります。信頼が崩壊し始めた初期段階では、人々は蓄えをします。

これが今議論されている大きな問題で、特にヨーロッパではデジタル通貨に移行しようとしていますが、そうすると皆が現金を持ち出さなければならなくなります。つまり、ヨーロッパでは基本的に、通貨を取り消すことを日常的に行っているのです。米国ではそのようなことはありません。1861年に発行された5ドル札は、使いたければ今でも使うことができますが、もちろんコレクターにとってはもっと価値があります。

もちろん、コレクターにとってはもっと価値がありますが、それにしても法定通貨です。ヨーロッパではそうではありません。彼らは日常的に通貨を取り消すのです。だから、実際にお金をためるのは行儀が悪いのです。そして、もしユーロで持っていたとしても、どうなるかというと、通貨をキャンセルして、彼を強制的に外に出すことになるでしょう。ヨーロッパはユーロを取り消すことができても、ドルを取り消すことはできないので、ドルを溜め込んでいる人がいるわけです。

これは、ドイツのハイパーインフレの時に起きたパターンと全く同じです。前兆の時期には、共産主義革命が起こるとすぐに、銀行にお金を預けようとしました。つまり、ロシアで共産主義者が何をしていたか、みんなの資産を没収していたことをすでに知っていたんです。それで、これを移動させ始めたのです。

これは普通のことで、人間の本性はそのように反応すると言っていいでしょう。私たちが本当に見なければならないのは、そう、私たちはマネーサプライを劇的に増加させたということです。

もしマネーサプライを増やせばインフレになるという理論があるとすれば、1980年から現在まで、つまり当時のゴールドは875で、マネーサプライの増加に合わせて 2020年9月のビール工場までは ゴールドは本当は1万2,000ドルから1万5,000ドルになっていなければなりません。そうではありません。

つまり、これらのことは、マネーサプライの直接的な比例ではないことなどを示すことができるのです。人々はまだお金をため込んでいます。なぜか?未来を信用していないからです。ここでのきっかけは、ある時点でそれが反転し、その反転は突然、政府への信頼を失ったときです。もはや政府を信用していないのです。すでにそのレベルに達しています。

つまり、議会は基本的に、信頼レベルのリストの中では、一番下の中古車販売員よりもわずかに1ノッチ上だと思います。トランプ氏の支持率は40%台、議会の支持率は20~25%だと言いました。なぜこのような人たちに我慢しているのかはわかりませんが、それが現実なのです。

だから、政府への信頼はさらに失われていくでしょう。ペロシ氏が一般教書演説の場で行ったことを見てみましょう。あれは最も無礼な行為です。賛成か反対かにかかわらず、誰もそんなことをしたことはありません。これは、将来的に超党派の可能性がないことを示しています。2つの政党はお互いに大きく離れてしまったのです。

このようにして政府は崩壊するのです。つまり、最終的には、誰が選挙に勝っても問題ないということです。なぜなら、相手が受け入れることを拒否するからです。つまり、何年か前までは、ブッシュに投票したかどうかは問題ではなく、ブッシュに投票せずにオバマに投票したかどうかも問題だったのです。あなたはそうしありませんでした。世界全体が変わったわけではないのです。

あなたはただ、自分の仕事に専念するだけでした。わかりました、わかりました。ああ、俺の男が負けたのは大問題です。劇的な変化を期待していたわけではありません。もうそんなことはありません。つまり、私たちは非常に劇的な哲学の対立を見ているのです。選挙のパーセンテージを見ても、オバマ大統領の前回の選挙では51.7%しか勝っていません。

これでは、地滑りを起こしているようなものです。私たちの地滑りの定義は何ですか?i これまでに選出された大統領は3人しかいません。60%以上の支持を得たのは それはFDRです。36年には ジョンソンはケネディが暗殺された後、同情票のような形で選ばれました。

そしてリチャード・ニクソンは、全員をベトナムに連れて行くと約束しましたが、それだけで、60%に近づいた人はいません。就任時には50.7%、最高でも54-55%程度です。つまり、これが地滑りの表現ではなく、国民の過半数が本当に超えたのであれば、基本的には50-50だったということです。

だから、どうでもいいんです。どちらが勝つかは、相手が受け入れられないからです。それが、崩壊と自信の始まりです。それが反転して見えるようになったとき。その時に突然、人々がハイパーインフレと呼ぶものが発生するのです。

まず、買いだめをして通貨供給量を減らし、それによって通貨供給量が実際に増加します。基本的には、人々は将来を信用していないのでお金をため込んでいるということです。インフレが起こるのは、人々が突然、お金や未来を信用しなくなったときです。

今日かかる費用は、来月にはもっと高くなるだろうと考えてしまうのです。そこで人々は、美術品や骨董品、希少なコイン、さらには不動産などを購入し、できる限り早くお金を使い始めます。つまり、有形資産が増加するのです。これこそがインフレスパイラルに必要なことなのです。ですから、ハイパーインフレやドルの崩壊など、単に通貨供給量が増えるからといって期待しないでください。それが問題なのではなく、私たちはもはや政府を信頼できないところまで行かなければならないのです。

これが重要な要素です。さまざまなハイパーインフレを見ても、それが鍵を握っています。単にお金の量の問題ではありません。ですから、今から 2022年にかけて、政府に対する信頼の崩壊に向かっています。さらに変動が激しくなるでしょう。

2024年になると、これらの混乱に加えて、ロックダウンによって食料供給が不足し、さらに天候の変化もあります。このように、現時点では私たちに有利なことは何もありません。ハイパー・インフレーションは中核経済圏では起こり得ません。ハイパー・インフレーションはコア・エコノミーでは起こりません。ですから、まず周辺地域で起こり、その後、多かれ少なかれ訪れるものと思われます。

人間の体が死に始めると、すべての血液が四肢から高所へと流れていきますが、それと同じことです。このようにして、基本的にすべてのシステムが崩壊していくのです。

残念ながら、超党派の動きを取り戻すことはできそうにありません。確かに、私は議会で同じような問題について証言しましたが、それが片方の耳に入り、もう片方の耳に入らないこともありました。それが本当に変わるとは思えません。

ですから、今の段階では、インフレは起こるでしょうが、何を見るべきかを理解しなければなりません。それが鍵となるでしょう。それは、自信が単にお金の量ではないということです。というわけで、これで少しは説明できたでしょうか。

そして、一歩下がって見てみてください。美辞麗句に耳を傾けるのをやめて、すべての現実を見てみてください。それでは、ありがとうございました。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました