コーヒーフルーツ濃縮物粉末(WCFC)

この記事は約4分で読めます。
Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

全粒コーヒー果実抽出物のBDNF増強効果

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

概要

WCFCとは
WCFCはWhole Coffee Fruits Concentrationの頭文字を取った略号で、コーヒー果実から(コーヒー豆ではない)抽出された抽出物のこと。

われわれが通常コーヒー豆と考えているものは、正確にはコーヒー果実の中にある種である。

「whole coffee fruit concentrate」の画像検索結果
http://kate.fruitgreens.com/coffeeberry.html

コーヒー豆(種)が取り出された後のコーヒー果実(実)はこれまで特に価値がない不要なものとして捨てられていた。

しかし、最近の科学的研究によってコーヒー果実には強力な抗酸化物質を含んでいることがわかってきた。

またWCFCは、認知機能に多大な影響をおよぼす脳由来神経栄養因子BDNFを強力に増加させることも証明されており、これは認知症患者さんにとっても大きな利益をもつ可能性がある。

有効成分プロシアニジン

コーヒー果実の抽出成分であるWCFCはポリフェノールなど多くの成分を含み、その中でもプロシアニジンがBDNFを劇的に高め脳の保護効果をもつことが研究によって示されている。

抽出方法への特許が取得されているため、入手経路が限られており比較的高額。

しかし、BDNFの増強効果が非常に高く、限られた証拠ではあるものの治療レベルの効果があるため、リコード法でも特にBDNFが低い患者さんへの摂取が推奨されている。

本格的な運動継続までのつなぎとして

BDNFは多くの要因で増加するがもっとも望ましいのは運動。

特に有酸素運動はBDNFだけではなく多くの認知機能改善への恩恵を得ることができる。

そのため運動などが難しくBDNFが低いことが予想される認知症患者さんは、まずWCFCを3ヶ月間摂取してBDNFの遺伝子発現を高め、それまでに運動へと徐々に切り替えていくことが望ましい。(リコード法)

BDNFが低いと予想される疾患・症状
  • アルツハイマー病
  • パーキンソン病
  • 統合失調症
  • うつ病・不安障害
  • ハンチントン病
  • PTSD
  • 高齢者
  • 睡眠不足
  • 高いストレス
  • 太陽を浴びない
  • 運動不足
  • 常に食べている(空腹時間が短い)
  • 低い認知刺激、活動
  • 毎日生活リズムが崩れている。

研究

WCFC100mgの投与によるBDNFの増加

プラセボ二重盲検ランダム化比較試験

コーヒー果実抽出物(WCFC)の100mgの投与は、投与後60分後に健常者の血漿BDNF濃度をベースラインから143%(2.4倍)増加させた。

グリーンコーヒーカフェインパウダーでは42%

ブドウ種子エキスパウダーでは30%の増加にとどまった。

クロロゲン酸、トリゴネリンはBDNFの顕著な増加には関与していない。

Modulatory effect of coffee fruit extract on plasma levels of brain-derived neurotrophic factor in healthy subjects. - PubMed - NCBI
Br J Nutr. 2013 Aug 28;110(3):420-5. doi: 10.1017/S0007114512005338. Epub 2013 Jan 14. Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't

プロシアニジン

WCFCは、グリーンコーヒー、ブドウ種子エキスと比べて、プロシアニジンを豊富に含む。プロシアニジンは老齢ラットにおいてBDNFを活性化させることが示されている。

Memory impairment in cognitively impaired aged rats associated with decreased hippocampal CREB phosphorylation: reversal by procyanidins extracted ... - PubMed - NCBI
J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2010 Sep;65(9):933-40. doi: 10.1093/gerona/glq094. Epub 2010 Jun 7. Research Support, Non-U.S. Gov't

おそらくプロシアニジンオリゴマーが、カフェインよりもBDNFレベルを増加させる能力を有する。

プロシアニジンを含むその他の食品・ハーブ類
  • リンゴ(特にレッドデリシャス、グラニースミス)
  • ピクノジェール
  • シナモン
  • アロニアベリー
  • カカオ豆
  • グレープ
  • グレープシード
  • グレープスキン
  • 赤ワイン
  • ビルベリー
  • クランベリー
  • スグリ
  • 緑茶
  • 紅茶
  • アサイオイル

その他のBDNFの増加

運動によるBDNFの増加
Fitness, aging and neurocognitive function. - PubMed - NCBI
Neurobiol Aging. 2005 Dec;26 Suppl 1:124-7. Epub 2005 Oct 5. Research Support, N.I.H., Extramural; Review
Neurocognitive aging and cardiovascular fitness: recent findings and future directions. - PubMed - NCBI
J Mol Neurosci. 2004;24(1):9-14. Research Support, U.S. Gov't, P.H.S.; Review
カフェインによるBDNFの増加

写真、イラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はnihms208923f3.jpg

Caffeine modulates CREB-dependent gene expression in developing cortical neurons. - PubMed - NCBI
Biochem Biophys Res Commun. 2010 Jun 25;397(2):152-6. doi: 10.1016/j.bbrc.2010.05.054. Epub 2010 May 21. Research Support, N.I.H., Extramural; Research Support...

購入先

フューチャー・シューティカル
Organic Whole Food Powders and Extracts | FutureCeuticals
FutureCeuticals offers a wide range of fruit, vegetable, and grain powders and extracts.
バレットプルーフコーヒー社のWCFC

一錠 200mg

NeuroMaster - 30 Ct.
Benefits: Support memory and focus‚ Feel cognitively stronger, sharper‚Increase the key protein, BDNF
フルーツグリーン
Fruit Greens - Fruit Greens Daily
Fruit Greens
アイハーブ

ガーデンオブライフ メモリー&フォーカス

※表記上抽出物ではない。

タイトルとURLをコピーしました