『ロシアとの戦争?』プーチンとウクライナからトランプとロシアゲートまで
War With Russia?: From Putin & Ukraine to Trump & Russiagate

強調オフ

スティーブン F. コーエンネオナチ・アゾフ大隊ロシア、プーチンロシア・ウクライナ戦争社会問題

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

War With Russia?: From Putin & Ukraine to Trump & Russiagate

目次

  • 読者の皆さんへ
  • プロローグ プーチンという妖怪-彼は何者なのか
  • 第一部 新冷戦の勃発 2014~2015
    • 愛国の異端vs冷戦
    • ロシアを歪める
    • なぜ再び冷戦なのか?
    • デタントインパータティブとパリティプリンシプル
  • 第二部 アメリカの愚行とメディアの不正 2016年
    • ウクライナをめぐる秘密外交
    • ロシアとの軍事的対峙をエスカレートさせるオバマ政権
    • 新冷戦のもう一つの転換点
    • オバマ政権のシリア停戦への攻撃
    • プーチンのシリア撤退は本当に「サプライズ」だったのか?
    • トランプvs.凱旋門
    • シリアにおける脆弱なミニデタント
    • 情報戦」vs「デタント」の胎動
    • 米国 “ウクライナ計画 “の危機
    • ロシアとの戦争は可能か?
    • スターリン、再び復活
    • ワシントンは暴走したのか?
    • Brexitはプーチンと有権者のせい?
    • 米露同盟の必要性 対テロリズム
    • デタントの友と敵
    • ネオ・マッカーシー主義
    • 冷戦の犠牲者 キエフからニューヨーク・タイムズまで
    • さらなる機会損失
    • 新冷戦を衰退させるもう一つの絶滅危惧種
    • アメリカの外交政策は誰が決めているのか?
    • 戦争に向かうのか?
    • ワシントンは温情主義者、モスクワは準備中
    • ホワイトハウスはロシアに宣戦布告したのか?
    • トランプは新冷戦を終わらせることができる
    • デタントの友と敵、II
    • フェイクニュース」ではなく「偽りの物語」こそ危険
    • 冷戦ヒステリーVS国家安全保障
  • 第3部 未曾有の危険 2017年
    • プーチンは本当に「サイバー・パールハーバー」を命じたのか?
    • 米国の安全保障を脅かす真の敵
    • ウクライナ再訪問
    • クレムリン・ベイティング・トランプ大統領
    • デタントに反対するプーチン自身
    • 疑惑の霧
    • ネオ・マッカーシズムはいまや政治的に正しい
    • エフトゥシェンコの市民としての勇気
    • 言葉も行い
    • 戦時中のモスクワの「涙」、冷戦時代のワシントンの異端審問
    • テロとロシアゲート
    • スポーツの後の “ディテール”
    • 冷戦ニュース “Fit to Print “ではない
    • 歴史的モニュメント、シャーロッツビルからモスクワまで
    • 失われたミハイル・ゴルバチョフの代案
    • プーチンは本当に「西側諸国の不安定化」を望んでいるのか?
    • ロシアは西側から離脱するのか?
    • 鳩の沈黙
    • NATOの拡張は誰かをより安全にしたか?
    • さらなるダブルスタンダード
    • 知られざるプーチン-公式反スターリン主義者No.1
    • ロシアゲート狂信者 vs 国家安全保障
    • ロシアは “No.1の脅威 “ではない
    • ロシア人が「アメリカは自分たちを攻撃している」と考える理由
  • 第4部:ロシアと戦争?2018
    • マイダン神話の4年間
    • ロシアは “裏切られた” Not “News That’s Fit to Print”
    • 米国エスタブリッシュメントがついに “第二次冷戦 “を宣言
    • ロシアゲートかインテルゲートか?
    • ロシアゲートが明らかにしたアメリカのエリートたちの姿とは?
    • ロシアンゲート 記憶喪失か否定か
    • 新たな核軍拡競争を誘発し、そしておそらく敗北させたワシントン州
    • ロシアはプーチンを支持し、米英は(再び)プーチンを非難する
    • ロシア恐怖症
    • ロシアゲートと核戦争のリスク
    • ロシアを犯罪者にする
    • ネオナチと共謀するアメリカ
    • 暗い過去に響く「インフォーマント」
    • なぜこの冷戦は、我々が生き延びた冷戦よりも危険なのか
    • サミットゲート vs. “平和”
    • 冷戦の異端児としてのトランプ
    • 制裁マニア
    • ブレナン事件から見えてくるもの
    • クレムリンに潜む “重要な “アメリカ人モルたち
  • あとがき
  • 巻末資料
  • インデックス
  • 著者について

読者の皆さんへ

この本は、私が出版した他の本とは異なる。とりわけ、米露関係がかつてないほど危険になり、さらにロシアゲートとして知られる疑惑によって悪化した2014年以降の数年間に発展したものである。なぜこのようなことが起こったのか、この前代未聞の現実が何を意味するのかが、この後のページで継続的に扱われるテーマである。

また、『ロシアと戦争するのか』は、別の点でも異なっている。私はこれまで、他の学者や一般読者向けに、伝記、物語や解釈の政治史、エッセイやコラムのコレクションなど、さまざまな種類の本を書いてきた。しかし、この本の内容は、もともと本になることを意図して書かれたものではない。また、最初に書かれた言葉でもない。ラジオ放送として始まったのである。

2014年、ニューヨークのWABC AMを拠点とする全米で人気のニュース番組「The John Batchelor Show」の司会者が、毎週火曜日の午後10時から1時間、コマーシャルブレークを除けば約40分の討論コーナーを私にオファーしてきたのである。私は以前から、小説家であり歴史家でもあるジョンを知っていて、アメリカのトークラジオでは最も博識で、知的で、形式的には「保守派」であっても、エキュメニカルな司会者の一人だと思っていた。私は承諾した。

同じように重要な考慮があった。私は何年も前から、アメリカの政治メディアの流れに大いに逆らって、新しい米露冷戦が展開されており、それは主としてモスクワではなくワシントンの政治によって引き起こされている、と主張してきたのである。このような観点から、私は、以前は歓迎されていた有力な印刷局、放送局、ケーブルテレビ局からほとんど排除されていた。

米国の主要メディア関係者の中で事実上孤独だったジョン・バチェラーの番組は、全米で週に約270万人のリスナーを持ち、国内外で月に500万ダウンロードされるポッドキャストである。彼は明らかに私の一般的な見解に同意し、少なくともフォローするに値する重要なものだと考えた。「米露の新たな冷戦」が我々の放送の主題となり、今もそうだが、時にはもっと幅広いテーマを扱うこともある。

放送の進め方は時代とともに変化してきた。当初、ジョンと私は生放送をしていたが、スケジュールの関係で、その日の米露の「ニュース」をすでに入手している午後7時ごろから、その夜の議論を録音し始めた。当初から、ポッドキャストは、私が長年寄稿していた『The Nation』誌のウェブサイト(TheNation.com)に翌日掲載されていた。2014年から2015年にかけては、私が同誌に記事を書いていたため、ポッドキャストには、放送のトピックを列挙した簡単なパラグラフだけが添えられていた。2016年1月からは、新冷戦がより危うくなるにつれ、私はバチェラー・プログラムへの寄稿のそれぞれを拡大した長い解説を書き始め、時には文章の推敲をほとんど気にせず、一晩で非常に素早く書き上げ、ポッドキャストとともに投稿した。

うっかりすると、1980年代に『The Nation』の月刊コラム「Sovieticus」で行っていた学術ジャーナリズムの実験を再開し、毎週ウェブでコラムを書くようになった。当時も今も、ニュースや分析に欠けている本質的な歴史的文脈を提供したいと願っている。毎週の放送と私の解説のほとんどは、ジョンと私が休日やスケジュールの問題で数週間欠席したため、ニューヨークで行われたが、火曜日には故郷のケンタッキーからモスクワまで、私が時々いる場所でも行われた。

本書の第一部は、2014年と2015年に『The Nation』に書いた4本の記事の要約で構成されている。プロローグとセクションII、III、IVの記事はすべて、私のウェブ上の “コラム “150本近くから選ばれたものである。2018年末に執筆したプロローグを除き、進行中の事象の分析的な語り口として時系列で掲載されている。各タイトルの下の日付は、TheNation.comに投稿された日である。解説はほぼ投稿時のまま掲載されているが、本書のために言葉を多少磨き、明確な情報を追加し、関連するいくつかの解説を1つか2つにまとめた。

また、不必要な繰り返しを避けるために、いくつか削除した。しかし、大きなテーマや継続的な主題の繰り返しは、私の毎週の解説の目的、そしてこの本の目的にとって避けられない、いや、むしろ必要なものになったのである。私が成功したかどうかは、読者が判断することだ。

主要な出版物では、私が書いていることを嫌う作家がかなりいた。彼らの激昂した反応は、『高等教育クロニクル』の雑誌付録『クロニクル・レビュー』の2017年11月24日の私に関する特集記事で指摘されている。副題は “アメリカで最も物議をかもしているロシア専門家 “だった。私の学術的な仕事-例えば、ニコライ・ブハーリンの伝記や『Rethinking the Soviet Experience』『Soviet Fates and Lost Alternatives』に収められたエッセイは、学者たちが「修正主義」と呼ぶ、ソ連およびソ連後のロシア史の一般的な解釈に対して新しい研究や視点に基づき再考したものなので、常に議論を呼んできたのである。

しかし、2014年以降、私を取り巻く「論争」は、主に本書の内容に対する反応であるが、それとは異なる。「プーチンのNo.1アメリカ人弁士」「親友」などという、通常空虚で中傷的な攻撃によって触発されたのである。なぜなら、これらの中傷は、私の主張に対して真に本質的な批判をするものではなく、ただ単にアドホマニム攻撃をしてくるだけだからである。その代わりに、読者が第1章でご覧になるように、私はアメリカの国家安全保障の愛国者であり、私の加害者たちが推進する正統派の政策は我々の安全を著しく危険にさらしており、したがって、私や彼らが攻撃する他の人々は愛国的異端者であると主張するのである。ここでも読者が判断できる。

私の解説を賞賛してくれるリスナーや読者から長年にわたって受け取ったメールや手紙は、世間の中傷よりはるかに多かったことを付け加えておく。しかし、米国の対ロシア政策について異なる考えを持つアメリカ人を中傷することは、あまりにも多くの懐疑論者を沈黙させ、本書のもう一つのテーマである、政治やメディアの主流において真の公開討論が行われないまま、新しく、より危険な冷戦を引き起こす一因になっている。

私に対する反感の一部は、ロシア報道における主流メディアの不正を私が批判したことに起因しているようだ。前著『失敗した十字軍』で説明したように。で説明したように、読者は私のメディア批判を象牙の塔への憤りや軽蔑と勘違いしてはならない。

それどころか、私は長い間、大学の学者としての使命と、主流派のジャーナリズムに対する自らの貢献とを結びつけてきたのである。1970年代後半、プリンストン大学の終身教授であった私に、ニューヨーク・タイムズからモスクワ特派員のオファーがあったほどである。(家庭の事情と、ソビエト連邦の大きな変化はまだ何年も先のことだと感じていたので、私は辞退した)。また、その後の私のコラム「Nation “Sovieticus”」は、有力紙で頻繁に転載された。また、1980年代後半からは、CBSニュースの放送コンサルタントとして、長年にわたって活躍した。

要するに、私が主流メディアを批判するのは、職業的・個人的な反感があるからではなく、ロシアやワシントンとモスクワの関係に関する報道とコメントにおいて、彼ら自身のプロフェッショナルな基準に違反することが、この新しく、より危険な冷戦に貢献しているという確信があるからにほかならないのである。それゆえ、私は毎週、そして今、本書において、このような事態を招いた原因について、別の物語と説明を読者に提供しようと努めているのである。

***

どのような作家であっても、その道で助けを得ることはあるものだが、私の場合、週刊誌のテーマが多岐にわたるため、おそらく他の作家よりも助けられることが多いだろう。3人の人が定期的に情報を提供してくれ、また同様に重要なこととして、批判的なフィードバックをしてくれた。James Carden、Lev Golinkin、そしてPietro Shakarianだ。研究助手のMariya Salierは、技術面でも実質面でも、通常の助手をはるかに超える専門知識を提供してくれた。デビッド・ジョンソン氏が毎日配信する電子メール・ダイジェスト「ジョンソンのロシア・リスト」には、非主流派の記事やその他の資料が含まれており、ロシアに関わるすべての人にとって、非常に貴重な存在であった。また、私が理事を務めるAmerican Committee for East-West Accord (eastwestaccord.com)のホームページ(James Carden編集)も貴重なものである。

さらに遠く離れて、私の長年の友人であるドミトリ・ムラトフ氏が、ロシアで最も重要な独立系新聞「ノバヤ・ガゼタ」の編集長として、本書の記事の多くを翻訳し出版することによって、私の見解を同国の読者に理解してもらうことができた。(反応はまちまちだったが、それでも貴重なものだった。)

The Nationでは、リッキー・ダンブローズが、毎週水曜日に、私のコンピュータからウェブサイトへ、そしてその過程で編集上の重要な改良を加えながら、各週刊解説を転送し、不可欠な役割を果たした。

そして最後には、私が締め切りに間に合わなかったにもかかわらず、トニー・ライオンズ、オーレン・イーズ、そしてスカイホース出版のチームが、驚くべき速さと技術で私の原稿をこの本に仕上げてくれた。

この方たちにとても感謝している。そしてもちろん、私に全国的なプラットフォームを与え、私の明らかに特徴的な声を、店やレストランから空港や病院の手術室まで広く認知させたジョン・バチェラーにも。

しかし、この本は、『ネイション』の編集発行人である妻のカトリーナ・ヴァンデン・ヒューベルのサポートなしには、何一つ実現しなかっただろう。彼女には感謝以上のものを感じている。私の論評は、彼女を不本意な立場に追いやった。彼女がその多くに「全面的に同意しない」あるいは「部分的に同意する」ことは、我々の30年にわたる結婚生活ではよくあることであった。The Nation』のコミュニティの一部が、少なからず私の論評に激怒し、その「懸念」を私的にも公的に知らしめたことは、カトリーナに特別な負担をかけた。

カトリーナにはロシアをはじめ、論争の的になるテーマについてさまざまな見解を掲載してきた長い編集の歴史があるのに、私の共犯者として彼女を名指しした他の公的攻撃もそうだった。そして、彼女自身、ロシアに関連する事柄について、The Nationだけでなく、週刊Washington Postのウェブコラムでも頻繁に非常に詳しい見解を示しているにもかかわらず、である。フェミニズムが広く公言されている時代に、なぜ私の批評家はカトリーナを私の見解と事実上ハイフンで結びつけてしまうのか、私には不可解である。

どんな説明であれ、読者は、私が妻に感謝以上のものを感じていることを理解してくれるだろう。カトリーナは、自分の意見がどうであれ、外圧がどうであれ、私の書いた解説をすべて掲載してくれた。

とはいえ、特にこの有害な時代には、重要な注意点を強調しておかなければならない。この本に書かれているような不見識なこと、あるいは賢明でないことは、すべて私自身が招いたことなのだ。

SFC

2018年10月

プロローグ

プーチンの妖怪-彼は何者なのか

プーチンは悪人であり、悪事をたくらんでいる

-ジョン・マケイン上院議員1

プーチンはKGBのエージェントだった。定義によれば、彼には魂がない。” “これが聞き覚えのあることなら、1930年代にヒトラーがやったことだ

-2016年民主党大統領候補のヒラリー・クリントン2,3

少なくとも10年以上にわたって、悪を行うウラジーミル・プーチンの噂は、ロシアに関する米国の考え方に立ちはだかり、足元をすくわれてきた。したがって、このことは本書を貫くテーマである。ヘンリー・キッシンジャーが、おそらくアメリカの著名な政治家の中でただ一人、2000年以来、ロシアの指導者に対するこのひどく歪んだイメージに対して警告を発してきたことは称賛に値する。「プーチンの悪魔化は政策ではない。政策がないことのアリバイ作りである」4。

しかし、キッシンジャーもまた間違っていた。ソ連の後期共産主義指導者をはるかにしのぐ個人的な誹謗中傷が、プーチンの悪者化に強く影響され、多くの政策がとられた。こうした政策は、2000年代初頭の不満の高まりから、グルジア、ウクライナ、シリアにおける米露の代理戦争へと広がり、ついには国内でもロシアゲート疑惑が持ち上がったのである。実際、政策立案者は、故ジョン・マケイン上院議員が以前述べた「プーチンは再建されていないロシア帝国主義者であり、KGBの手先である…」という表現を、新しく、より危険な冷戦の不可欠な要素として採用したのである。彼の世界は残忍で冷笑的な場所だ……。我々は、プーチン氏の世界の闇が、より多くの人類に降りかかるのを防がなければならない」5。

主要なメディアは、悪魔化において主要な検察的役割を果たした。ワシントン・ポスト紙の社説は、「プーチンは死体を跳ねさせるのが好きだ……」と書いている。恐怖による支配はソビエト的だが、今回はイデオロギーはない。ただ、個人的な誇大妄想、外国人嫌悪、同性愛嫌悪、原始的な反米主義が毒々しく混ざり合っている」6。著名な出版物や作家は、「ウラジーミル・プーチンという小さな灰色のグール」の「たるんだ筋肉質の姿」を否定するために競争して、日常的に自らの品位を落としている7、8。ロシアの指導者を誹謗中傷することは、新冷戦に関する米国の正統派シナリオの典例となっている。

あらゆる制度がそうであるように、プーチンの悪者扱いにも歴史がある。1999年から2000年にかけて、プーチンがエリツィンの後継者として世界に登場したとき、米国の政治・メディア界の主要な代表者たちはプーチンを歓迎した。ニューヨーク・タイムズ紙のモスクワ特派員をはじめとする検証者たちは、ロシアの新しいリーダーには、”強い民主主義を構築するための感情的なコミットメント “があると報じた。2年後、ブッシュ大統領は、プーチンとの首脳会談を「非常に建設的な関係の始まり」と賞賛した9。

しかし、プーチン寄りのシナリオは、やがて容赦のないプーチンバッシングへと変わっていった。2004年、Timesのコラムニスト、ニコラス・クリストフは、その理由を、少なくとも部分的には、うっかりと説明してしまった。クリストフは、「プーチン氏に騙された」と苦言を呈している。彼はボリス・エリツィンの冷静なバージョンではない “と。2006年には、Wall Street Journalの編集者が、「そろそろプーチンのロシアを米国の敵として考え始めるべきだ」と、体制側の修正意見を表明している10,11。

プーチンは長年政権を担ってきた中で、果たして何者だったのか。この大きく複雑な問いは、回想録や公文書などの伝記的な資料が充実してきた将来の歴史家に委ねなければならないかもしれない。それにしても、プーチンの「プラスとマイナス」については、すでにロシア国内の歴史家、政策知識人、ジャーナリストが公然と議論し、かなりの違いがあることを知って、読者は驚かれたことだろう。(私自身の評価はその中間である)。

しかし、アメリカをはじめとする西側諸国では、「マイナス」とされるものだけが、プーチンを極端に悪者扱い、あるいはアンチカルト扱いしているのである。その多くは、実質的に情報不足であり、極めて選択的な、あるいは検証されていない情報源に基づき、エリツィン時代のオリガルヒや西側諸国のその代理人のような政治的不満に動機づけられたものである。

プーチンの悪魔化を支える主要な「マイナス」を特定し、たとえ簡単にでも検証することによって、少なくとも彼が誰でないかを理解することができる。

  • プーチンは、2000年に政権を取った後、1990年代にエリツィン大統領が確立したロシアの民主主義を「脱民主化」し、ソ連の「全体主義」に似たシステムを復活させた人物ではない。ソビエトロシアでは、1987年から1991年にかけて、最後のソビエト指導者ミハイル・ゴルバチョフの下で民主化が始まり、発展してきた。

その歴史的な試みに、エリツィンは致命的な打撃を与え続けている。1993年10月には、戦車でロシアの自由選挙で選ばれた議会を破壊し、エリツィンを大統領にした憲法秩序を破壊した。チェチェンという小さな独立州に対して、2度にわたる血なまぐさい戦争を行った。クレムリンとつながりのある少数のオリガルヒがロシアの最も豊かな資産を略奪し、かつて大規模で専門化したソ連の中産階級を含め、国民の約3分の2を貧困と悲惨な状態に陥らせることを容認した。1996年、自らの再選挙を不正に操作した。そして、立法府と司法府を犠牲にしながらも、後継者のために「超大統領制」憲法を制定したことだ。プーチンはエリツィンの1990年代の脱民主主義をさらに進めたかもしれないが、それを始めたわけでもない。

  • また、プーチンはその後、自らをツァーリやソ連のような「独裁者」、つまり自分の意思を政策に反映させる絶対的権力を持つ専制君主にしたわけでもない。そのような権力を持った最後のクレムリンの指導者は、1953年に死んだスターリンであり、20年にわたる大衆恐怖症もスターリンと一緒に死んだ。政治・行政システムの官僚的ルーティン化が進んだため、歴代のソ連指導者は前任者よりも個人的な権力が弱くなった。プーチンはそれ以上かもしれないが、もし彼が本当に「冷血で冷酷な」独裁者-「地球上で最悪の独裁者」12-であるなら、何万人もの抗議者がモスクワの街頭に繰り返し現れ、時には公式に認可されることはなかっただろう。あるいは、彼らの抗議行動(と選択的逮捕)が国営テレビで放映されることもなかっただろう。

政治学者は、プーチンが過去から受け継いだ権威主義と民主主義の要素を持つシステムを統治する「ソフトな権威主義」の指導者であったという点で、概ね同意している。これらの要素をどのように特定し、定義し、バランスをとるかについては意見が分かれるが、著名な外交官学者であるジャック・マトロックが2018年9月7日に、Facebookに投稿した短い文章にも概ね同意する者が多いだろう。”プーチンは……一部の人が描いているような絶対的な独裁者ではない。彼の権力は、さまざまな後援者ネットワークのバランスをとることに基づいているようで、そのうちのいくつかは今でも犯罪者である。(そのため、彼は自分の承認なしに犯罪行為が行われたことを公に認めることができない。

  • プーチンは「スターリンを尊敬」し、「ロシアはスターリンのソビエト連邦の影のギャングスター」13,14 のクレムリン指導者ではない。これらの主張は、スターリンのテロに満ちた政権、プーチン、そして今日のロシアについてあまりにも突飛で無知なため、ほとんどコメントする価値もないだろう。スターリンのロシアは、しばしば想像を絶するほど無自由に近い状態であった。今日のロシアでは、政治的自由の差は別として、ほとんどの国民は、生活、勉強、仕事、執筆、会話、旅行がかつてないほど自由である。(David Kramer のような職業的悪者たちが「プーチンのロシアにおけるひどい人権状況」15 を主張するとき、彼らは、ロシアの歴史の中で、あるいは今日の世界の他の場所と比較して、と問われるべきだろう)。

プーチンは、何百万人ものロシア人が親スターリン的な感情を持ち、しばしばそれを表明していることを明確に理解している。しかし、専制君主の歴史的評価をめぐる現在も続く論争における彼の役割は、ある意味で、前例のない反スターリン主義者の指導者であった。簡単に説明すると、もしプーチンがスターリンの記憶を敬愛するならば、なぜ彼の個人的な支援によって、モスクワ中心部にある数百万人の犠牲者のための二つの記念館(優れた収容所歴史博物館と非常に刺激的な「悲しみの壁」)がついに実現したのか?後者の記念碑は、1961年に当時のクレムリン指導者ニキータ・フルシチョフが最初に提案したものである。2017年にプーチンが建てるまで、彼の後継者の誰一人として建てることはなかった。

  • また、プーチンはソ連崩壊後のロシアの「クレプトクラティックな経済システム」、すなわち寡頭政治やその他の広範な腐敗を作り出したわけでもない。これもエリツィン政権下の1990年代、クレムリンの衝撃療法的な「民営化」計画によって形成されたものであり、今日の野党がいまだに非難する「詐欺師と泥棒」が実際に出現しているのである。

プーチンはこの間、さまざまな「反腐敗」政策をとってきた。それがどの程度成功したかは、正当な議論の対象である。エリツィンのオリガルヒと自分のオリガルヒの両方を完全に抑制するためにどれだけの権力を持ったのか、そして彼がどれだけの誠実さを持ったのか、ということも含めて。しかし、プーチンを「クレプトクラート」16と呼ぶのは文脈を欠き、かろうじて情報を得た上での悪者扱いに過ぎない。

例えば、最近のある学術書は、プーチンは「腐敗」しているかもしれないが、「プーチンと彼が頼るリベラルなテクノクラート経済チームもロシアの経済運命を巧みに管理してきた」17 と結論付けている。元 IMF 理事がさらに進んで、プーチンの現在の経済チームは「腐敗を許さない」「世界銀行によるビジネス活動の格付けでロシアは現在 190 位中 35 位につけている」と結論付けている。2010年には124位であった」18。

人間でいえば、2000年にプーチンが政権をとったとき、ロシア人の約75%が貧困にあえいでいた。ほとんどの人は、ソ連時代のささやかな遺産、すなわち、貯蓄、医療その他の社会保障、実質賃金、年金、職業、そして男性では60歳を大きく下回る平均寿命さえも失っていたのである。プーチンは、わずか数年の間に、これらの人類の破滅を元に戻すのに十分な富を動員し、数十億ドルを雨水基金に入れ、今後の困難な時代への備えとしたのである。この歴史的な偉業をどう評価するかは人それぞれだが、多くのロシア人がプーチンを “救世主ウラジーミル “と呼ぶ所以である。

  • そこで、彼に対する最も不吉な疑惑が浮上する。プーチンは「KGBのチンピラ」としての訓練を受け、「マフィアのボス」のように、都合の悪いジャーナリストや個人的な敵の殺害を定期的に命じているのである。これは、実際の証拠もなければ、論理もほとんどないため、最も簡単に否定できる公理であるはずだ。しかし、これはどこにでもあることなのだ。タイムズの論説委員やコラムニストは、プーチンを「凶悪犯」、プーチンの政策を「凶行」と表現し、時には「独裁的凶悪犯」と二重に表現する。米国のベン・サッセ上院議員のように、多くの政治家が日常的にこれを実践しているのも不思議ではない。「我々はアメリカ国民に、そして世界に、ウラジーミル・プーチンが凶悪犯であることを知っていると伝えるべきだ。彼は元KGBの工作員で、殺人者だ」20。

現代の世界の指導者で、これほどまでに中傷され、しかも定期的に行われることはほとんどない。また、サッセはこのようなことを実際に「知って」いるわけではない。彼や他の人々は、実際の証拠に関して無効な「しかし」を埋めながら、プーチンを完全に起訴する影響力のあるメディアの膨大な記録からそれを吸収しているのだ。この証拠が状況証拠に過ぎず、証明には程遠いことは承知している。これもプーチンが関与する場合のジャーナリズムの「パターン」である。

プーチンはKGBの情報将校として当時の東ドイツに駐在し、そのキャリアは明らかに形成的であった。そのことを、67歳になった今でも誇らしげに語っている。その経験が、プーチンをヨーロッパ化したロシア人、流暢なドイツ語話者、そして幅広い情報を保持し、冷静に分析する卓越した能力を持つ政治指導者にしたことは言うまでもない。(プーチンの長いインタビューを読むか見るかすればわかるが、非常に不安定な時代にあっては、悪いリーダー像ではない。)

また、プーチンを悪者扱いする人たちのように、対象者の長い公的キャリアの中のある期間だけを決定的なものとして扱うまともな伝記作家はいない。1991年にKGBを辞めた後、サンクトペテルブルク市長の代理を務め、当時ロシアで2、3を争う民主的指導者と目されていた時期ではだめなのか。あるいは、その直後のモスクワで、エリツィン時代の腐敗の全容を目の当たりにした時期か?あるいは、まだ比較的若かったが、その後の大統領時代?

ジャーナリストなど「敵」の「殺人者」であることについては、国内外を問わず、不当にも自然死したロシア人が何人もいるが、すべて反射的にプーチンのせいにしている。我々の神聖な伝統は、告発者に立証責任を負わせることだ。プーチンの告発者たちは、「裏切り者」の運命について、思い込みや当てこすり、プーチンの誤訳された発言しかしていない。この中傷的な慣習を確固たるものにしたのは、2006年にモスクワで射殺された調査報道ジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤと、エリツィン時代のオリガルヒに不満を持つKGB脱退者の一人で、同じく2006年にロンドンで放射能汚染により死亡したアレクサンドル・リトビネンコのケースである。

どちらのケースでも、プーチンを示す実際の証拠は一片もない。ポリトコフスカヤの新聞、敬虔な独立系新聞「ノバヤ・ガゼタ」の編集者は、彼女の暗殺は、彼女が調査していた人権侵害のチェチェン当局によって命じられたと、いまだに信じている。リトビネンコについては、メディアが熱狂的に主張し、プーチンが「おそらく」責任を負うと示唆するカンガルーのような「公聴会」が開かれたが、リトビネンコの毒殺が故意か事故かについてさえ、まだ決定的な証拠はない。2015年に野党政治家ボリス・ネムツォフが「クレムリンの(遠くの)視界で」射殺された事件を筆頭に、その後の多くの事件についても同じように証拠の少なさが指摘されている。

ロシアのジャーナリストについては、しかし、見過ごされている重要な統計がある。アメリカのジャーナリスト保護委員会によると、2012年時点で77人が殺害され、エリツィン時代に41人、プーチン時代に36人が殺害された。2018年になると、エリツィン時代82-41人、プーチン時代と同じになった。このことは、エリツィンやプーチン個人ではなく、まだ部分的に腐敗しているソ連後の経済システムが、1991年以降にこれほど多くのジャーナリスト(そのほとんどが調査報道記者)を殺害することにつながったことを強く示唆している。毒殺されたと思われるあるジャーナリストの元妻は、そのように結論付けている。「欧米の多くのアナリストは、これらの犯罪の責任をプーチンに押し付けている。しかし、原因はむしろプーチン以前、1990年代後半に形成され始めた相互責任制度と免責の文化にある」と結論づけている22。

  • さらに最近では、別の疑惑も出てきている。プーチンはファシストであり、白人至上主義者である。この非難は、主に、米国の支援を受けたウクライナでネオナチが演じている役割から注意をそらそうとする人々によってなされているようである。プーチンは間違いなくこの言葉を血の中傷だと考えている。そして、表面的に見ても、極めて好意的に見ても、まったく無知である。2017年11月1日の公聴会で、ロン・ワイデン上院議員が「現在のロシアのファシスト指導部」について厳粛に警告したことを、他にどう説明すればよいのだろうか。若い学者が最近、イェール大学の上級教授がこのテーゼをほぼ不可解に提唱したことを解体した23。 私自身のアプローチは、異なるものの、互換性がある。

プーチンの欠点が何であれ、ファシスト疑惑は馬鹿げている。プーチンの失敗がどうであれ、ファシスト疑惑は馬鹿げている。20年近く政権を担ってきた彼の発言には、ファシズムに類するものは何もない。このような発言や行為は、多様な民族と多様な肌の色を持つ広大な多民族国家の長として、政治的自殺行為とまでは言わないまでも、到底考えられないことだ。だからこそ、彼は2018年の再就任演説で再び行ったように、「多民族文化」を持つ「我々の多民族国家全体」の調和を限りなく訴えるのである24。

ロシアにはもちろん、ファシスト・白人至上主義者の思想家や活動家がいるが、多くは投獄されている。しかし、ナチス・ドイツとの戦争で何百万人もの死者を出し、その戦争がプーチンに直接影響を与え、明らかに彼に形成的な痕跡を残した国では、大規模なファシスト運動はほとんど実現不可能であろう。プーチンは戦後生まれだが、母親と父親は致命傷に近い傷と病気でかろうじて生き延び、兄はドイツ軍の長いレニングラード包囲戦で死亡し、叔父の何人かは死んだ。そのような体験をしたことがない、あるいは想像できない人だけが、ファシスト・プーチンを思い浮かべることができる。

もう一つ、わかりやすい、示唆に富む事実がある。プーチンには反ユダヤ主義が微塵も感じられない。ここではあまり指摘されていないが、ロシアでもイスラエルでも広く報道されているように、ロシアのユダヤ人の生活はプーチン政権下で、その長い歴史の中で最も良くなっているのである25。

  • 最後に、少なくとも現時点では、外交政策のリーダーとして、プーチンは海外で極めて「攻撃的」であり、その行動が新冷戦の唯一の原因であるという悪魔化の主張が横行している26。悪く言えば、ドイツの外相でさえ、西側諸国のロシアに対する「戦争挑発」を正当化するものである27。

プーチンの「侵略」の例として広く取り上げられている 3 つの事例では、私や他の者が長い間引用してきた証拠によれば、米国主導の扇動、主に 1990 年代後半以降の NATO 軍事同盟をドイツから今日のロシア国境に拡大する過程での扇動が指摘されてい る。2008年のグルジアにおける米露代理戦争は、NATO加盟を目指すよう促された同国の米国が支援する大統領によって始められた。2014年のウクライナ危機とそれに続く代理戦争は、広大な地域がロシアと文明を共有しているにもかかわらず、同国をNATOに加盟させようとする長年の努力の結果であった。2015年のプーチンのシリアへの軍事介入は、ダマスカスのアサド大統領かテロリストの「イスラム国」のどちらかであること、そしてオバマ大統領がロシアと対ISIS同盟を結ぶことを拒否していることを前提に行われたものであった。このような経緯から、プーチンはロシア国内では、海外に対する反応が遅れ、十分に「アグレッシブ」でない指導者として見られることが多い。

この「アグレッシブ・プーチン」の公理には、もう2つの公理が含まれている。一つは、プーチンはネオ・ソビエトの指導者であり、ロシアの近隣諸国を犠牲にしてソビエト連邦を復活させようとしているというものである。プーチンは2005年に「ソ連の崩壊は20世紀最大の地政学的大惨事だった」と発言し、2度の世界大戦よりも上位に位置づけられたと執拗に誤報される。しかし、実際には「20世紀最大の地政学的大惨事」であり、それはほとんどのロシア人にとっても同じであった。

プーチンは、ソ連体制とその形成者であるレーニンとスターリンに対してしばしば批判的であるが、彼の世代の多くの人々と同様に、当然ながらソ連人としての一面を持ち続けている。しかし、2010年の彼の発言は、彼の真の視点、そして他の多くのロシア人の視点を反映している。「ソ連邦の崩壊を悔やまない者は、心がない。ソ連の崩壊を悔やまない者は心がない、以前のような形で再生することを望む者は頭がない」28,29。

もう一つは、プーチンは常に「反西欧」、特に「反米」であり、「常に米国を」「くすぶる疑惑」を持って見ており、ついには「反米計画」30,31を発動したという誤った亜軸である。西洋化したロシア人であるプーチンは、ゴルバチョフやエリツィンの伝統を受け継ぎ、米国との「戦略的友好とパートナーシップ」を求めて2000年に大統領に就任した。

9.11以降、プーチンがアフガニスタンで戦う米軍を大量に支援し、米軍とNATO軍への補給を促進し続けたことを他にどう説明すればよいのだろうか。あるいは、イランの核開発に対する厳しい制裁を支持し、テヘランに非常に効果的な防空システムを売ることを拒否したことはどう説明されるだろうか。あるいは、彼の諜報機関がワシントンと共有した情報は、もしそれを聞けば、2012年4月のボストンマラソン爆破事件を防ぐことができたのだろうか。

あるいは、ロシアが対等に扱われることはなく、NATOがあまりにも接近しすぎたと最終的に結論づけるまで、プーチンは主要な世界的指導者の米欧クラブの完全なパートナーであったのだろうか。実際、2018年5月の時点では、ロシアゲート疑惑に反して、彼は当初からそうであったように、西側との経済的パートナーシップによって部分的にロシアを再建することを依然として望んでいたのである。「友好的な企業や国から資本を集めるには、欧州や米国を含む全世界との良好な関係が必要だ 」32。

過去約20年間に起こったすべてのこと、特にプーチンや他のロシア指導者が起こったと認識していることを考えると、彼の西側、特にアメリカに対する見方が変わっていなかったとしたら、驚くべきことだ。2018 年に彼が発言したように、「我々は皆変わる」33 。その数年前、プーチンは、当初、外交政策について「幻想」を抱いていたことを、その対象を特定せずに、驚くほど認めている。おそらく彼は、2017年末に語った次のような意味のことを言ったのだろう。「西側諸国との関係における我々の最も重大な過ちは、あなた方を信用しすぎたことだ。そして、その信頼を弱さと受け止め、乱用したことがあなたの過ちである」34。

プーチン悪魔化の公理に対する私の反論が妥当であるとすれば、その先はどうなるのだろうか。確かに、プーチンの弁明ではなく、”プーチンとは誰なのか?”という疑問が残る。ロシア人は「歴史に裁かれよ」と言うが、新冷戦の危険性を考えれば、待つわけにはいかない。少なくとも歴史の真実から始めることはできる。この国家は、1917年と1991年の2度にわたって急激に崩壊し、国民に悲惨な結果をもたらした。そして、いずれの場合も「主権」と「安全保障」を根本的に喪失していた。

これらは、プーチンの言動の中で繰り返し語られてきたテーマである。ここから理解を始めるべきだろう。米国でこの言葉が彼に適用されることはほとんどないが、彼がすでに21世紀で最も影響力のある「政治家」であることは誰も疑わないだろう。そして、「結果的な」というのはどういう意味なのだろうか。上に述べたような擬似的なマイナス点を抜きにしても、バランスの取れた評価には有効なものが含まれるはずだ。

例えば、国内では、ロシアをまとめ上げるために、クレムリンの「縦割り」をここまで強化し、全国に拡大する必要があったのだろうか。民主主義の歴史的な実験に同等の優先順位を与えるべきではなかったか?海外では、たとえ脅威と認識されていたとしても、クリミア併合に代わる選択肢はあったのだろうか?そして、プーチンのリーダーシップは、何世紀にもわたってロシアの犠牲になってきた東欧の小国の恐怖心を再び呼び起こすようなことを本当にしなかったのだろうか。これらは、プーチンのプラス面のほかにマイナス面をもたらすかもしれないいくつかの質問に過ぎない。

どのようなアプローチであれ、バランスのとれた評価を行う者は、スピノザの言葉を借りれば、悪魔化するためでもなく、あざ笑うためでもなく、憎むためでもなく、理解するためにそうするべきである。

第一部 新冷戦勃発 2014-2015

愛国異端vs冷戦

2014年8月27日(木)

(2014年6月16日にワシントンDCで行われた講演から引用)

我々は今日、おそらく1962年のキューバ・ミサイル危機以来、何十年もの間、最悪の、潜在的に最も危険な米露対立のさなかに会った。2月のキエフでの無法な政権交代によって引き起こされたウクライナ内戦は、すでに米露の代理戦争に発展しつつある。米国主導のNATOとポストソビエト・ロシアの間で実際に戦争が起こるという、一見考えられないことが想像できるようになりつつある。

確かに、われわれはすでに新しい冷戦の中にいる。西側の制裁は、世界がかろうじて生き延びた40年前の冷戦よりも、さらに深化し、制度化され、長期化する可能性があるものである。

現在の危機をひどく悪化させた米国の政策に反対する我々は、数が少なく、有力な支持者もなく、組織化もされていない。私は古い人間なので、当時デタントと呼ばれていたものを求めて闘っていた1970年代と1980年代には、我々の立場は全く異なっていたことを知っている。我々は少数派ではあったが、議会や国務省を含む上層部に味方を持つ実質的な少数派であった。我々の意見は、主流の新聞、テレビ、ラジオから募集されていた。草の根の支援に加え、ワシントンには資金力のあるロビー団体「東西協調に関するアメリカ委員会」があり、その役員には企業のCEOや政治家、著名な学者、ジョージ・ケナンのような政治家も含まれていた。

今はそのようなことはない。オバマ政権にも、冷戦政治の超党派の砦である議会にも、主流メディアにも、ほとんどアクセスできない。重要な代替メディアへのアクセスはあるが、それらはベルトウェイ内部では権威あるもの、あるいは不可欠なものとは見なされていない。私の長い生涯で、これほどまでにアメリカの民主主義的言説が危機に瀕したことは記憶にない。

私は、この悲惨な状況(世界情勢における運命的な転換点であることはほぼ間違いない)について、わずかに許されている主流メディアの議論に参加した者として、また、長年にわたってロシアと米露関係を研究してきた歴史家として、そしてこの恐ろしい危機から抜け出す道がまだあると信じる情報通として、一般的に語りたいと思うのである。

ごく限られた主流メディアの議論に時折参加する私について、いつもより個人的なことをお話しする。私は当初から、自分の役割は2つあると考えていた。

一つは、「物事には二つの側面がある」というアメリカの格言を思い出し、ウクライナ危機に対するモスクワの見方を説明することであった。例えば、プーチンは、欧米の政策立案者がウクライナで「我々を追い詰めようとしている」、「何度も嘘をついてきた」、「一線を越えてきた」と言ったが、どういう意味だろうか。第二に、私は1990年代から著書やNation誌の記事で、米国の超党派のロシア政策が新たな冷戦を引き起こし、まさにそうした危機を招きかねないと主張してきたので、今日のウクライナをめぐる対立に長年の分析を生かしたいと考えていた。

その結果、私は、リベラルと称される出版物でさえも、プーチンの米国第一の「擁護者」、「役に立つバカ」、「カモ」、「親友」、そしておそらく未熟な悪口の最たるものである「従者」として繰り返し非難されることになったのだ。20年近くCBSニュースのコメンテーターをしていたので、批判されることは予想していたが、これほど個人的で中傷的な言い方はしなかった。(政治文化が変わってしまったのだ。)

これまで私は、こうした中傷的な攻撃には一切返信してこなかった。なぜなら、これらの攻撃は、この部屋にいる我々の多くに向けられたものであり、また、私だけではなく、ワシントンのロシア政策に批判的なすべての人に向けられたものだと思うからだ。これらの攻撃を再読し、私は次のような結論に達した。

これらの人格攻撃者は、私の書いたもの、言ったものに対して、何ら事実に基づく反論をしていない。その代わりに、モスクワの視点を理解しようとするアメリカ人は「プーチン擁護者」であり、したがって非国民であるという大前提のもと、歪曲に基づく同族嫌悪の中傷にふけっているのだ。このような前提は、戦争の可能性を助長するだけである。

これらの作家やその背後にいる人々の中には、ウクライナ危機を引き起こした20年にわたる米国の政策の長年の支持者がいる。我々を誹謗中傷することによって、彼らは、展開中の惨事への自分たちの加担と、それを見直す気がないことを隠そうとするのである。考え直すことを怠れば、最悪の結果を招くことになる。

同様に重要なのは、この種のネオ・マッカーシー派が、テレビやラジオの主流放送や論説ページで、そして政策立案者にとって歓迎されないような形で我々に汚名を着せることによって、民主的議論を抑圧しようとしていることだ。彼らはほぼ成功している。

はっきりさせておこう。つまり、我々を中傷する左派や右派の人々ではなく、我々こそが真のアメリカ民主主義者であり、アメリカの国家安全保障のための真の愛国者なのである。我々は、新しい冷戦主義者を排斥したり黙らせたりするのではなく、公開討論に参加させようとするのである。そして、現在の米国の政策が国際と米国の安全保障に破滅的な結果をもたらすかもしれないことを、彼らではなく、われわれが理解しているのである。

再び冷戦が長期化すれば、その危険と代償は我々の子や孫を苦しめることになる。何よりも、この無謀な政策は、上層部でさえもプーチンを儀式的に悪者扱いすることで、イラン、シリア、アフガニスタンから核拡散や国際テロに対抗する努力まで、米国の安全保障の重要な分野でクレムリンという不可欠なパートナーをすでに失っているのである。

しかし、このような一方的な、あるいは存在しないような公開討論は、我々自身にも責任の一端がある。先ほども申し上げたように、我々は組織化されていないのである。あまりにも多くの場合、我々は公の場でお互いを擁護することはない…。そして、しばしば、我々は十分に大胆に話すことはない。(例えば、あまりにも多くの沈黙の批評家がそうであるように、我々の主張がモスクワの言っていることと一致することがあっても心配するべきではない。そうすると、自己検閲になってしまう)。

議会、メディア、大学、シンクタンクなどでは、内心で我々と同じような懸念を抱いていても、まったく発言しない人たちがいる。汚名を着せられるのではないか、自分のキャリアに関わるのではないか、個人的な性格によるものなのか、理由は何であれ、彼らは沈黙を守っているのである。しかし、反対意見を述べるコストが比較的低いわが国の民主主義においては、沈黙はもはや愛国的な選択肢ではない。

しかし、我々はこの義務から若者を免除すべきである。彼らには失うものの方が多いのですから。私はいつも、「ロシア問題で異論を唱えると、ささいな罰則でもキャリアに響くぞ」とアドバイスしている。今の段階では、まず家族、ひいては自分の将来に対する責任がある。これからが勝負だ」と。全員が私の忠告を聞くわけではない。

最後に、より賢明なアメリカの政策を求める我々の闘いに関連して、私はもう一つの結論に達した。我々の多くは、思想と言論における節度は常に最良の原則であると教えられてきた。しかし、現在われわれが直面しているような宿命的な危機においては、それ自体のための中庸は美徳ではない。それは順応主義になり、順応主義は共謀主義になる。

この問題は、私が1970年代から1980年代にかけてモスクワで暮らしたソ連時代の反体制派が、全く別の文脈で議論していたことを思い出す。我々を「アメリカの反体制派」と呼ぶ人が何人かいるが、この例えは不完全だ。ソ連の友人たちは、反対意見を述べる可能性が我々よりはるかに少なく、もっと悪い結果を招く危険もあった。

とはいえ、この例えは示唆に富んでいる。ソ連の反体制派は、ドグマ、既得権益、凝り固まった政策決定といった凝り固まった正統派に抗議していたため、ソ連当局やメディアから異端者として糾弾されたのである。1990年代以降、クリントン政権を皮切りに、ポストソビエト・ロシアに対する極めて賢明でない考え方と、米国の政策の政治的正しさは、超党派の米国の正統派として凝集された。正統派に対する自然で歴史的な反応は異端である。だから、我々は愛国的な異端者となり、個人的な結果にかかわらず、歴史上しばしば起こったように、他の多くの人々が我々に加わることを期待しようじゃないか。

私は今、歴史家としての立場から、その正統派に目を向ける。故ダニエル・パトリック・モイニハン上院議員は、有名な言葉を残している。”誰にでも自分の意見を持つ権利はあるが、自分の事実を持つ権利はない” 米国の新しい冷戦の正統性は、ほとんど誤りだらけの意見に基づいている。これらの誤謬のうち5つは、今日特に重要である。

誤謬その1:1991年のソ連崩壊以来、ワシントンは共産主義後のロシアを望ましい友人、パートナーとして寛大に扱い、西側の国際安全保障システムの民主的で繁栄した一員になるようにあらゆる努力を払ってきた。しかし、ロシアは、プーチン政権下で、このアメリカの利他主義を断固として拒否した。

事実、1990年代のクリントン政権以来、アメリカのすべての大統領と議会は、ソ連崩壊後のロシアを、国内外での正当な権利に劣る敗戦国として扱ってきた。この勝利者主義、勝者主義的なアプローチは、非互恵的な交渉と現在のミサイル防衛を伴うNATOの拡大によって先導され、ロシアの伝統的な国家安全保障地帯に入り込み、一方でヨーロッパの安全保障システムからモスクワを排除してきたのである。当初、ウクライナと、より少ない程度ではあるがグルジアは、ワシントンの「大物」であった。

誤謬その2:何世紀にもわたるロシアの影響から逃れ、西側に加わることを切望する「ウクライナの人々」が存在する。

事実:ウクライナは民族、言語、宗教、文化、経済、政治の違いによって長い間分断されてきた国であり、特に西部と東部の地域はそうであるが、それだけに留まらない。2013年末に現在の危機が始まったとき、ウクライナは一つの国家ではあったが、一つの民族でもなければ、一つの国家でもなかった。1991年以降に腐敗したエリートによって悪化したものもあるが、ほとんどは何世紀にもわたって発展してきたものである。

誤謬その3:2013年11月、ワシントンの支援を受けた欧州連合は、ウクライナのヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領に、欧州の民主主義と繁栄との良縁を持ちかけた。ヤヌコビッチは協定に署名する用意があったが、プーチンは彼をいじめ、賄賂を贈り、協定を拒否させた。こうして、キエフのマイダン抗議運動とそれ以後のすべてのことが始まったのである。

事実:EUの提案は、深く分裂した国の民主的に選ばれた大統領に、ロシアか西側かの選択を迫る無謀な挑発であった。EUがプーチンの対案であるウクライナを財政破綻から救うためのロシア・ヨーロッパ・アメリカの計画を拒否したことも同様である。EUの提案は、単独では経済的に実現不可能であった。資金援助はほとんどなく、ウクライナ政府には厳しい緊縮財政が求められ、長年にわたって不可欠だったロシアとの経済関係も大幅に縮小されることになる。また、EUの提案は決して穏当なものではなかった。EUの提案には、ウクライナに欧州の「軍事・安全保障」政策を遵守するよう求める議定書が含まれており、これは同盟国であるNATOの名前を出さずに実質的に意味する。繰り返すが、今日の危機を引き起こしたのはプーチンの「侵略」ではなく、ブリュッセルとワシントンによる、ウクライナ全土を西側、それも(細かい字で)NATOに取り込もうとする一種のビロード・アグレッションなのである。

誤謬その4:今日のウクライナの内戦は、ヤヌコビッチの決定に反対する平和的なマイダン抗議行動に対するプーチンの攻撃的な対応によって引き起こされたものである。

事実:2014年2月、極端な民族主義者や半ファシスト的な街頭勢力にさえ強く影響され、過激化したマイダン抗議デモが暴力的になった。平和的解決を望み、欧州の外相がマイダンの議会代表とヤヌコビッチの間で妥協案を仲介した。この妥協案では、ヤヌコビッチは12月の早期の選挙まで、連立調整政府の大統領として、権力を抑えたまま残されることになった。しかし、数時間のうちに、暴力的なストリートファイターがこの合意を破棄した。ヨーロッパの指導者たちとワシントンは、自分たちの外交的合意を守らなかった。ヤヌコビッチはロシアに逃亡した。マイダンと、主にウクライナ西部を代表する少数派の議会政党、中でもスヴォボダは、欧州の価値観とは相容れないものとして欧州議会が以前から嫌悪していた超国家主義運動であり、新政府を樹立することとなった。米国とブリュッセルはこのクーデターを支持し、それ以来、その結果を支持してきた。その後のロシアのクリミア併合、ウクライナ南東部の反乱の拡大、内戦、キエフの「反テロ作戦」などは、すべて2月のクーデターが引き金となったものである。プーチンの行動はほとんど後手後手だった。

誤謬その5:危機を脱する唯一の方法は、プーチンが「侵略」をやめ、ウクライナ南東部の工作員を呼び戻すことだ。

事実:危機の根底にあるのはウクライナ国内の分裂であり、プーチンの行動が主因ではない。危機を拡大させた本質的な要因は、キエフがルハンスクとドネツクを中心に自国民に対して行った「反テロリズム」軍事作戦である。プーチンはドンバスの “自衛官 “に影響を及ぼし、間違いなく援助している。モスクワでの彼への圧力を考慮すると、彼はおそらくより直接的にそうし続けるだろうが、彼は彼らを完全にコントロールしているわけではないのだ。キエフの攻撃が終了すれば、プーチンはおそらく反政府勢力に交渉を強要できるだろう。しかし、キエフに中止を強制できるのはオバマ政権だけであり、オバマ政権はそうしていない。

要するに、20年にわたる米国の政策が、この宿命的な米露対立を招いたのである。プーチンは、その過程で貢献したのかもしれないが、14年間の政権運営における彼の役割は、ほぼ完全に反応的であった。

* * *

政治にも歴史と同じように、常に選択肢がある。ウクライナ危機は、少なくとも3つの異なる結果をもたらす可能性がある。内戦がエスカレートして拡大し、ロシア軍や場合によってはNATO軍を引き込む。これは最悪の結果であり、後世のキューバ危機のようなものである。第二に、今日のウクライナの事実上の分割が、二つのウクライナ国家という形で制度化され、一つは西側と、もう一つはロシアと同盟を結ぶ。これは最良の結果とはいえないが、最悪の結果でもないだろう。

最良の結果は、統一されたウクライナを維持することであろう。そのためには、反乱を起こした南東部の指導者を含むウクライナの全地域の代表者が、おそらくワシントン、モスクワ、欧州連合、そして最終的には国連の支援の下で誠意ある交渉を行うことが必要であろう。プーチンと外相のセルゲイ・ラブロフは、数カ月前からこれを提案してきた。ウクライナの悲劇は拡大し続けている。すでに何千人もの罪のない人々が殺され、あるいは傷つけられている。

残念なことに、ワシントンには賢明なリーダーシップが存在しない。バラク・オバマ大統領は、ウクライナ危機の中で政治家としての存在感を消してしまった。ジョン・ケリー国務長官は、外交官というよりも、陸軍長官のように公の場で発言している。上院は、さらに好戦的な法案を準備している。既成のメディアはキエフのプロパガンダに無批判に依拠し、その政策に喝采を送る。アメリカのテレビは、ルハンスク、ドネツク、その他のウクライナの反乱軍の都市に対するキエフの軍事攻撃を、たとえあったとしても、ほとんど映さない。それゆえ、国民の疑問や反対を喚起しないのだ。

だから、我々愛国的な異端者は、ほとんど孤独で、しばしば中傷されたままなのだ。私が提供できる最も勇気づけられる視点は、歴史におけるポジティブな変化は、しばしば異端から始まるということを思い出していただくことだ。あるいは、ミハイル・ゴルバチョフの個人的な証言を引用すると、彼は1980年代後半、さらに硬直した正統派ソ連のノーメンクラトゥーラの中で、変化のために闘った。”哲学において新しいものはすべて異端として始まり、政治においては少数者の意見として始まる “と言っている。愛国心については、ウッドロウ・ウィルソンがこう言っている。”最も愛国心の強い人間とは、世界の半分が自分に敵対しているのを見ても、自分が正しいと思う方向に進む人間であることがある “とね。

ロシアを歪める

2014年2月12日(木

米国の国家安全保障にとって依然として重要な国であるロシアに関する米国主要メディアの報道の劣化は、何年も前から進行中である。最近の主要な新聞や雑誌に掲載された、ソチオリンピック、ウクライナ、そして例によってプーチン大統領に関する、恥ずかしくも専門外の、政治的に扇動的な記事の津波が示すとおり、こうしたメディアの不正行為はもはや蔓延し、新しい標準になっている。

顕著な例外はあるが、一般的なパターンが出来上がっている。由緒あるニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストでさえ、ニュースレポート、社説、解説はもはや伝統的なジャーナリズムの基準を厳格に守っておらず、しばしば重要な事実や文脈を提供しない、報道と分析を明確に区別しない、主要な展開について少なくとも二つの異なる政治あるいは「専門」見解を求める、あるいは論説ページで反対意見を掲載する、などといったことが行われている。その結果、今日のアメリカのロシアに関するメディアは、先の冷戦時代にソ連を取材したときよりも、客観性、バランス、順応性が低下し、イデオロギーもほとんど失われていない。

この劣化の歴史もまた明らかである。ソ連崩壊後の1990年代初頭、アメリカのメディアは、エリツィン大統領が行ったほとんどすべてのことを「共産主義から民主主義への移行」であり、したがってアメリカの利益になるとするワシントンのシナリオを採用したことに始まる。これには、エリツィンによる経済「ショック療法」と寡頭制による重要な国家資産の略奪が含まれ、何千万人ものロシア人の生活を破壊した。民選による議会の武力破壊と「大統領制」憲法の押しつけは、民主化に大きな打撃を与え、現在プーチンに力を与えている。チェチェンでの残忍な戦争は、ロシアの北コーカサス地方のテロリストを生み出した。1996年には自らの再選を不正に操作し、1999年には支持率が一桁になった後、大量破壊兵器を積んだ崩壊しつつある国を残したのである。アメリカのジャーナリストの多くは、エリツィンが理想的なロシアの指導者であったかのような印象をいまだに持っている。

2000年代初頭以降、メディアは、米国の政策とも一致するように、多角的な分析を軽視し、事実を軽視してプーチンを執拗に悪者扱いする、別の指導者中心の物語に従ってきた。エリツィン政権下のロシアには、まったく正当な政治と国益があるとされていたが、プーチンのロシアには、国内外に、ウクライナのような自国の国境にさえ、まったくないと信じ込まされるようになった。

現在のロシアには深刻な問題があり、クレムリンの政策には反感を覚えるものが多い。しかし、アメリカの主流メディアを頼りにしている人は、そこにエリツィンのロシアや1990年代以降のアメリカの挑発的な政策に由来するものや影響を見出すことはできない。核武装した崩壊しつつある国を安定させ、アフガニスタンやシリアからイランに至るまで米国の安全保障の追求を支援し、12月には幼い子供を持つ母親を含む1000人以上の囚人に恩赦を与えたとも評価されない。

1月のウォール・ストリート・ジャーナル紙は、グルジアのミヘイル・サアカシビリ元大統領を取り上げ、プーチン政権を「詐欺、暴力、冷笑」とし、クレムリンを「西側を苦しめる問題の神経中枢」と烙印を押したのは驚くにはあたらない。しかし、ポスト紙、タイムズ紙、ニューリパブリック紙からCNN、MSNBC、HBOのReal Time with Bill Maherまで、中道、リベラル、進歩的なメディアではプーチン叩きが主流で、ハワード・ディーンはこれまでロシアの専門家として知られていなかったが、最近マーと彼のパネルの大賛成を得て「ウラジミール・プーチンは凶悪犯だ」と宣言したのだ。

したがって、アメリカのメディアは、プーチンの没落を切望している。その原因は、「失敗する経済」(その指標のいくつかはアメリカの指標よりも優れている)、街頭デモ隊やその他の正しい考えを持つ反対派(その政策はほとんど検討されていない)の勇気、有権者の離反(彼の支持率は65%前後にとどまっている)、あるいは歓迎すべき「大変動」であるという。例えばTimes紙のように、民主主義者と「より良い未来」がプーチンの後継者になると信じていることは明らかである(街頭や権力の回廊で成長している熱心な超国家主義者ではない)。米国の論者たちは、期待される「彼の政権の不安定化」が、世界最大の核国で何を意味するかについて無関心なままである。

* * *

この数週間、この有害な報道はソチ・オリンピックと深まるウクライナ危機に集中していた。大会が始まる前から、タイムズ紙は新しく建設された複合施設を「ソ連型のディストピア」と断定し、「テロと緊張、スポーツと喜びではない」という見出しで警告を発していた。大会初日、同紙は3本の反プーチン記事と社説を掲載したが、これはPost紙に匹敵する偉業であった。事実はほとんど問題にならなかった。事実上すべてのアメリカの報道は、プーチンがソチオリンピックで「浪費」した510億ドルという記録は、その資金が「腐敗」していたことを証明していると主張している。しかし、Business New Europeのベン・アリスが指摘するように、440億ドルもの資金が「地域全体のインフラ整備」、つまり「国全体が必要としている投資」に使われた可能性がある。

ソチ以前の報道はもっとひどく、テロの脅威をポルノ的ともいえるほど淫靡に利用した。ポトマック版プラウダ」と呼ばれ、ロシアに批判的な人々の間で長く親しまれてきた『ポスト』紙は、このようなメディアの典型であった。スポーツコラムニストと社説編集者は、オリンピックを、軽蔑されるプーチンの「チンピラ政治」とテロリストの「反乱軍」の「意地の張り合い」に仕立てた。読者はどちらを応援すればいいのか迷うほど、この「二つの戦勝国」は同一視されていた。何はともあれ、アメリカのジャーナリストはテロリストに早い段階で勝利を与え、「プーチンの大会」を汚し、選手の親族を含む多くの外国人観衆を怖がらせてしまったのである。

ソチ大会は、勝利にせよ悲劇にせよ、間もなく過ぎ去るだろう。しかし、潜在的に宿命的なウクライナ危機は、そうはいかないだろう。東西冷戦の新たな分断が、遠いベルリンではなく、ロシアの歴史的文明の中心で展開されようとしているのかもしれない。その結果、不安定な対立が恒常化し、2008年のグルジアでの代理戦争よりはるかに深刻な熱戦の脅威が生じるかもしれない。これらの危険は、EUの「パートナーシップ」提案を、キエフの「いじめっ子」プーチンとその「取り巻き」によって妨げられた、民主主義と繁栄とロシアからの脱出のためのウクライナのチャンスとして良質に描く、非常に選択的、党派的、扇動的な米国メディアの説明では、すべて無視されてきた。

おそらく、ほとんどの米国メディアが宣伝している最大の不真実は、「ウクライナの将来のヨーロッパへの統合」が「国中で切望されている」という主張であろう。ウクライナの歴史、地理、言語、宗教、文化、最近の政治、世論調査から、この国がヨーロッパに加盟すべきか、それとも政治的・経済的にロシアに接近し続けるべきかについて深く分かれていることは、十分な情報通の観察者なら誰でも知っていることだ。ウクライナは1つではなく、また「ウクライナ人」も1人ではなく、少なくとも2人いて、それぞれ西と東の地域に位置している。

このような事実の歪曲は、2つの重大な欠落を指摘している…。タイムズ紙が主張するように、今や極めて危険な2つのウクライナの対立は、ヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領の二枚舌の交渉やプーチンによって「火がついた」のではなく、私が指摘したように、2013年11月にEUが、民主的に選ばれた深く分裂した国の大統領に欧州かロシアかを選べという無謀な最後通告をしたことによって起こったのである。その代わりにプーチンが提案したEU・ウクライナ・ロシアの三者間貿易協定は、ほとんど報道されなかったが、米国とEUの当局者によってきっぱりと拒否された。

しかし、最も決定的なメディアの欠落は、ウクライナをめぐる闘争が、1990年代後半にNATOの東方拡大とともに始まり、米国が資金提供するロシア国内のNGO政治活動、グルジアの米NATO軍基地、ロシア周辺のミサイル防衛施設などで続いている、米国主導によるソビエト後のロシアへの西側の行進の新たな章であるというモスクワの合理的確信である。この長年のワシントン・ブリュッセル政策が賢明であるか無謀であるかは別として、2013年12月にプーチンが崩壊しつつあるウクライナ経済を救うための資金提供ではなく、欺瞞に満ちたものであることは確かだ。例えば、EUの「文明的」提案には、ほとんど報道されないが、ウクライナをNATOに従属させるらしい「安全保障政策」条項が含まれている。

オバマ政権のウクライナに対する真意に対する疑念は、最近明らかになった国務省高官ビクトリア・ヌーランドとキエフの米国大使との会話録音によって払拭されたはずである。メディアは予想通り、「リーク」の出所とヌーランド氏の「EUなんてクソ食らえ」という失言に注目した。しかし、肝心なことは、米国の高官が、民主的に選ばれたヤヌコビッチ大統領を追放するか無力化することによって、反ロシアの新政府を「産婆」しようと企んでいた、つまり、クーデターであったということだ。

アメリカ人は、古い問いの新版を持つことになった。ソ連崩壊後のロシアに対するワシントンの20年にわたる勝者総取り的なアプローチが今日の劣化した報道を形成したのか、それとも公式の政策が報道によって形成されているのか?ジョン・マケイン上院議員が極端な民族主義政党の有名な指導者とともにキエフに立ったのは、彼がメディアから誤った情報を得たからなのか、それともマケインの愚かさゆえにメディアがこの部分を削除したのか?いずれにせよ、ロシアの知識人が言うように、二つの悪い選択肢に直面したとき、”どちらも最悪だ “と言うのである。

なぜ再び冷戦か?

2014年4月2日付

モスクワのクリミア併合につながったものの、それよりもずっと以前からあったウクライナをめぐる東西対立は、この50年余りで最悪の国際危機であり、最も宿命的なものである可能性がある。交渉による解決は可能であるが、時間がない。

ヨーロッパでは、ベルリンではなく、ロシアとの国境で、すでに新たな冷戦の分断が始まっている。さらに悪いことが起こるかもしれない。NATO軍がポーランドとウクライナの国境に向かった場合、ワシントンやヨーロッパで求められているように、モスクワはウクライナ東部に軍を送り込むかもしれない。その結果、1962年のキューバ・ミサイル危機に匹敵する戦争の危機が訪れるだろう。

たとえその結果が、今日の欧米のマントラである非軍事的な「ロシアの孤立」であったとしても、その結末は悲惨なものになるだろう。モスクワは屈服することなく、政治的、経済的に、以前と同じように東方へ、とりわけ中国との同盟関係を強化する方向へ向かうだろう。米国は、イラン、シリア、アフガニスタンから新たな軍拡競争、核拡散、テロの脅威まで、自国の安全保障の重要な領域で不可欠なパートナーを失うリスクを冒すことになる。また、ロシアの民主化再開の見込みは、少なくとも一世代は大きく後退することになるだろう。

ソ連共産主義の終焉から23年近くを経て、ワシントンもモスクワも「友好と戦略的パートナーシップ」の新時代を宣言していたのに、なぜこのような事態になったのだろうか。オバマ政権が、そして米国の政治・メディアが圧倒的に与えている答えは、ロシアのプーチン大統領に責任があるというものである。プーチン大統領の独裁的な国内統治とネオ・ソビエト帝国主義的な海外政策が、1990年代にクリントン大統領とエリツィン大統領が築いたパートナーシップを崩壊させたというのである。この大前提が、20年にわたる米露関係、そして今回のウクライナ危機に関するアメリカの主流派の物語を支えている。

しかし、これとは別の、より事実に即した説明もある。クリントン政権に始まり、共和党、民主党の大統領、議会が支持する米国主導の西側諸国は、軍事、政治、経済のパワーをソビエト後のロシアに容赦なく近づけてきたのである。NATOの東方拡大が先導し、すでにロシアとの国境にある旧ソ連のバルト三国に陣取り、今では近隣の州にミサイル防衛施設を設置して増強している。この超党派の勝者総取りのアプローチは、さまざまな形で行われてきた。

米国が資金を提供する「民主化促進」NGOは、外国のNGOがわが国で許される以上にロシアの内政に深く関与している。1999年にはモスクワのスラブ同盟国セルビアを爆撃し、その歴史あるコソボ州を強制的に切り離した。旧ソ連のグルジア(プーチンが以前宣言した「レッドライン」の一つであるウクライナと一緒)に米軍の前哨基地があり、2008年の短い代理戦争に貢献した。そして全体を通して、「選択的協力」と呼ばれる一方的な交渉で、ホワイトハウスの意味のある相互関係なしにクレムリンから譲歩し、アメリカの約束を破ったことが続いている。

これらすべては、一部の支持者にとっては心から「民主主義」と「主権的選択」の名の下に展開されたが、その根底にある地政学的な意図は明らかであった。2004年の「オレンジ革命」に端を発したウクライナをめぐる最初の東西対立の際、米共和党の有力コラムニスト、チャールズ・クラウトハマーは、「これはロシアが第一で、民主主義は第二だ」と認めている……。西側は、ベルリンの壁崩壊で始まった仕事を終わらせ、ヨーロッパの東への行進を続けたいのだ……。その大勝利がウクライナなのだ」。民主党の国務長官を目指した故リチャード・ホルブルックもこれに同意し、当時からウクライナの「モスクワとの最終決裂」とキエフのNATO加盟を「加速」させることを希望していた。

ロシアの政治家たちは、米国の意図について長い間同じような脅威的な見方をしてきたが、それは決して真実ではなく、重要なことでもない。2014年3月18日、プーチンはクリミア併合を正式に発表し、モスクワの長年の憤りを爆発させた。彼の主張のいくつかは事実と異なり、憂慮すべきものだったが、他の主張は合理的であり、少なくとも「妄想」ではなく、理解できるものであった。1990年代以降の西側、主にアメリカの政策立案者について、「我々を追い詰めようとしている」「何度も嘘をついてきた」「ウクライナでは一線を越えてしまった」と辛辣に訴えた。プーチンは、”何事にも限界がある “と警告した。

デタント・インパータティブとパリティ・プリンシプル

2015年4月14日(木

(2015年3月26日にワシントンDCで行われた講演から引用)

9カ月前の2014年6月にこのフォーラムで講演したとき、私はウクライナ危機は過去数十年で最悪の米露対立だと警告した。この危機はすでに、40年続いた米ソの前任者よりもさらに危険な新(あるいは新)冷戦に突入している可能性がある……と。私はまた、1962年のキューバ・ミサイル危機以来、ロシアとの実際の戦争に近いかもしれないと警告した。

今日、危機はさらに悪化している。2014年2月に本質的にウクライナの内戦として始まったものが、米国とNATOとロシアの代理戦争に変質し、ワシントン、モスクワ、キエフ、ブリュッセルから扇動的な誤報が奔出し、西側の経済制裁によって、1940年代末にロシアが行ったように政治的に西側に後退せざるを得なくなっており、新冷戦が深化・制度化されているのだ。

さらに悪いことに、双方は通常兵器と核兵器を再び積極的に配備し、空と海で相手の防衛力を探っている。ワシントンとモスクワの間の外交は、復活した軍国主義的な考え方に取って代わられ、貿易、教育、科学から軍備管理まで、何十年にもわたって培われてきた協力関係はズタズタにされつつある。しかし、この宿命的な危機とその危険性の増大にもかかわらず、この危機を招いた米国の政策について主流の議論はまだなく、ましてや効果的な政治的反対運動は存在しない。

実際、より大きな戦争を回避するための現在の最良の希望は、特にワシントンと米国の支援を受けたキエフの政治勢力によって攻撃されている。彼らは、ロシアの不当に悪名高い大統領、ウラジーミル・プーチンとの軍事対決を望んでいるようだ。2月、ドイツのアンゲラ・メルケル首相とフランスのフランソワ・オランド大統領は、ミンスクでプーチン大統領とウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領との軍事・政治合意を仲介し、それが実現すればウクライナ内戦を終わらせることができるとした。

しかし、ミンスク合意はプーチンに宥和的なものだと非難し、オバマ大統領に30億ドルの武器をキエフに送るよう要求している。このような措置は、ウクライナの戦争をエスカレートさせ、ミンスクで合意された停戦と政治交渉を妨害し、おそらくロシアの軍事的反応を引き起こし、予測できない結果を招くだろう。ヨーロッパがこの危機で分裂し、おそらく自慢の大西洋横断同盟も分裂している一方で、ワシントンの無謀さは完全に超党派であり、議会では4つのほぼ満場一致の投票によって促されている。

* * *

新たなワシントン・モスクワ間のデタントは、再び長期化し、さらに危険な冷戦を回避するための唯一の方法である。そのためには、40年にわたる米ソ冷戦とその終結の歴史から、基本的な教訓を学び直さなければならない。この歴史は、若いアメリカ人の多くには、ほとんど忘れ去られているか、歪められているか、知られていない。簡単に思い起こせば、デタントは、思想としても政策としても、米ソ関係における協力の要素を拡大する一方で、危険な対立の領域、特に核軍拡競争という実存的な領域において、それだけではないが、を縮小することを意味した。この点で、デタントは長い間、常に袂を分かち、しばしば敗北し、しかし最終的には勝利した歴史を持っている。

1933年の最初のデタントは、15年間の外交的不認可の後、ソ連を公式に承認した(第一次冷戦)ことはさておき、後のデタントは、ドワイト・アイゼンハワー大統領とソ連のニキータ・フルシチョフの下で1950年代の半ばに始まった。しかし、すぐに冷戦の勢力と双方の出来事によって崩壊した。

キューバ危機の後のケネディ大統領とフルシチョフ、ベトナムの影が濃くなったリンドン・ジョンソン大統領とソ連のレオニード・ブレジネフ、1970年代のニクソン大統領とブレジネフ、ジェラルド・フォード大統領とジミー・カーター大統領とブレジネフ、30年間このパターンは続いている。その都度、デタントは意図的であれ無意識であれ、大きく損なわれ、アメリカの政策として放棄されたのだが、断固として支持したアメリカ人たちはそうではなかった。(私は1970年代と1980年代にそのような支持者たちの中にいたので、彼らに代わって証言することができる)。

そして1985年、最も冷戦的な大統領と言われたレーガンは、ソ連のゴルバチョフとの間で、冷戦を終結させたと思わせるほど、新たなデタントを開始したのである。30年にわたる度重なる敗北と政治的中傷にもかかわらず、なぜデタントがアメリカの重要な政策であり続け、最終的に勝利した(と当時はほとんどのオブザーバーに思われた)のだろうか。

それは何よりも、ソ連が世界情勢において同等の正当な国益を持つ対等な大国であることをアメリカが徐々に認めていったからである。この認識には、概念的な根拠と “パリティ “という名称が与えられていた。

確かに、「パリティ」は、米ソの「相互確証破壊」のための核能力に対するやむを得ない認識として始まった。また、自国のシステム(および「イズム」)が異なるため、パリティ原則(私が1981年にニューヨークタイムズの論説でそう呼んだ)は道徳的同等性を意味するものではなかった。また、アメリカの強力な政治勢力がこの原則を決して受け入れず、執拗に非難したことも事実である。それでも、この原則は、ビクトリア朝時代の英国におけるセックスのように、公の場では斜めにしか認められないが、十分に実践されているものであり、「核」という修飾語を除いた「二つの超大国」というありふれた表現に反映されている。

最も重要なことは、アイゼンハワーからレーガンまで、すべての米大統領がこの原則に立ち返ったことだ。レーガン、ゴルバチョフ、ブッシュのデタントに参加し、その歴史家でもあるジャック・F・マトロック・ジュニアは、レーガンにとって「デタントはいくつかの論理的原則に基づいていた」と語っており、その第一は「各国が対等に付き合うこと」であった。

米ソの対等性を示す3つの要素が特に重要であった。第一に、双方が影響力の及ぶ範囲、つまり直接的に異議を唱えてはならない「レッドライン」を認識していた。1962年のキューバのように、この理解が試され、破られることもあったが、それが支配的であった。第二に、相互の宣伝戦は別として、どちらも相手の内政に過度に干渉してはならないということだ。これもまた、特にソ連のユダヤ人移民や政治亡命者に関して試されることがあったが、概して交渉が成立し、遵守された。第三に、ワシントンとモスクワは、第三世界と呼ばれる地域で経済的、軍事的に競争しながらも、ヨーロッパの平和と相互の安全保障のために責任を共有していたことだ。この前提は、深刻な危機によって試されることもあったが、根本的なパリティの原則を否定するものではなかった。

こうしたパリティの原則が、長い冷戦の中で米ソの熱戦を防いだのである。それらは、象徴的な二国間指導者サミット、軍備管理協定、主権平等を基礎とした1975年の欧州安全保障に関するヘルシンキ協定から、現在では破棄されている他の多くの協力形態まで、デタントの外交的大成功の基礎となった。そして、1985年から1989年にかけて、双方が冷戦の終結と宣言したことを可能にしたのである。

* * *

現在、ロシアと新たな冷戦状態にあり、特にウクライナとの対立をめぐっているが、これはワシントンがパリティ原則を無効化したことが主な原因である。実際、我々は、いつ、なぜ、どのようにしてこのようなことが起こったのかを知っている。

米ソ冷戦の終結を交渉した3人の指導者は当時、1988年から90年にかけて、「敗者なし」で交渉したと繰り返し述べている。双方が “勝者 “であると断言したのである。しかし、その2年後の1991年12月にソ連が崩壊すると、この2つの歴史的な出来事を混同し、ブッシュ初代大統領は考えを改め、1992年の一般教書演説で、「神の恩寵により、アメリカは冷戦に勝利した」と宣言するに至った。

そして、ブッシュは、今や “アメリカ合衆国 “という唯一かつ卓越した大国が存在すると付け加えた。このパリティの否定と国際関係におけるアメリカの優位の主張は、事実上神聖なアメリカの政策決定公理となり、今もなお、ビル・クリントン大統領の国務長官マデリン・オルブライトによる「アメリカは世界に不可欠な国」という表現に体現されている。2014年のオバマ大統領のウェストポイント士官候補生への演説でも、それが繰り返された。”アメリカは唯一不可欠な国家であり、今もそうである”

このアメリカの公式勝利主義的な物語は、我々が25年近くも自分たちに言い聞かせ、子どもたちに教えてきたものである。アメリカの有力な政治家やコメンテーターがこれに異議を唱えることはめったにない。この超党派の正統派が、ロシアをはじめとする多くの米国外交の失敗を招いたのである。

20年以上にわたって、アメリカはソビエト連邦後のロシアを敗戦国、つまり第二次世界大戦後のドイツや日本のような劣等国として、したがって海外でも国内でも、さらには自国の地域においてもアメリカに匹敵する正当な権利や利益を持たない国家として認識してきた。反平等思想は、1990年代にロシアをアメリカのイメージ通りに作り変えようとした悲惨な十字軍、ロシア国境まで続くNATOの拡大、「選択的協力」と呼ばれる非互恵的交渉、海外でのダブルスタンダードな行動、約束違反、ロシアの国内政治への執拗な「民主化促進」介入など、ワシントンにおけるモスクワに対する主要政策のすべてを形成してきた。

極めて危険な二つの例は、ウクライナ危機と直接的に関連している。米国の指導者たちは長年にわたり、ロシアには自国の国境であっても「勢力圏」を持つ資格はないと繰り返し主張してきた。その一方で、NATOが先導する米国の勢力圏をその国境まで推定40万平方マイル拡大し、こうした「勢力圏」拡大は平時のものとしてはおそらく過去最大であっただろう。この間、米国の政治・メディアは、少なくともスターリン以降、ソ連の共産主義指導者を悪者にしなかった方法でプーチン個人を悪者にし、同等性とは相反する別の方向、すなわちロシア政府の権威を失墜させるような印象を与えている。

モスクワは、このような米国の領域進出を繰り返し抗議してきた。2008年に旧ソ連の別の共和国であるグルジアで代理戦争を引き起こした後、大声で抗議したが、ワシントンでは耳を貸さなかったか、反抗的であった。このような米国の反共和国主義が、不可避的に今日のウクライナ危機を招いたと思われる。モスクワは、どの国の指導者のもとでもそうするように、また、十分な知識を持った観察者なら誰でもそうすることを知っているように反応した。

デタントの理念が完全に復活し、それに伴って本質的なパリティの原則も復活しない限り、新しい冷戦は核を持つロシアとの実際の戦争の危険性を増大させることになる。時間はわれわれの味方ではないかもしれないが、理性はわれわれの味方である。

管理

あとがき

ミネルバの梟は、夕暮れ時にのみその翼を広げる

-ヘーゲル

『ロシアと戦争するのか』は、生きている人間の伝記と同じように、終わりのない本である。タイトルは警告であり、故ゴア・ヴィダルが「ジャーナリスティックな警告システム」と呼んだものに似ている112 が、予言ではない。だからクエスチョンマークがある。私は未来を予見することはできない。本書の包括的なテーマは、過去と現在の事実に基づいており、政治的な意図やイデオロギー的なコミットメント、あるいは魔法のような予知能力によるものではない。

そのテーマを再掲する。新しい米露冷戦は、世界が生き延びたその40年前の冷戦よりも危険である。読者はすでに理解していると思うが、この冷戦は、不注意にせよ意図的にせよ、二つの核超大国間の実際の戦争に発展する可能性がさらに高い。ここに、もう一つの不吉な兆候がある。先の冷戦では、核による破滅の可能性が、アメリカの政治やメディアの主流となり、政策決定の最前線にあった。しかし、今回の冷戦では、核の破滅の可能性はほとんど懸念されていないようだ。

私が『ロシアと戦争するのか』を書き終えたとき、この本が記録する事実と高まる危機は、特にアメリカの政治・メディア界において、より深刻なものとなっている。最後に、2018年の後半数カ月間のいくつかの例を考えてみよう。それらのいくつかは、米国のイラク戦争への準備期間中の政治とメディアの動き、あるいは歴史家が語ったように、大国が第一次世界大戦に「寝ぼけた」ときの動きと似ていないでもない。

  • ロシアゲートの核心的な疑惑は、いずれもまだ証明されてはいなかったが、新たな冷戦の中心的な部分となったのである。何よりも、トランプ大統領がモスクワと危機交渉を行う能力を著しく制約する一方で、2016年の大統領選挙期間中に「アメリカへの攻撃」を個人的に命じたと広く主張されたロシアのプーチン大統領をさらに誹謗中傷した。ハリウッドのリベラル派は、すぐにクエスチョンマークを省略し、”We are at war “と宣言したことが思い出される。2018年10月、民主党のトップとなるべきヒラリー・クリントンは、この無謀な疑惑に声を加え、アメリカが「外国勢力に攻撃された」と平然と述べ、「2001年9月11日のテロ事件」と同列に扱ったのである113。

クリントンは、ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストのもう一つの不正行為に促されていたのかもしれない。9月20 日と 23日、これらの極めて影響力のある新聞は、彼らが 2 年近くにわたって孜孜として推進してきたロシアゲートの物語を、その物語の連続した誤り、選択的で疑わしい歴史、および事実誤認とともに、不吉な検察のグラフィックで示された数千文字を特別に再説に充てた。(その号の巻頭で、タイムズの記者たちは「このプロジェクトの目的は……人々が見捨ててしまったかもしれない物語に立ち戻らせることだった」と説明している)。

例えば、今回も、今話題のポール・マナフォートは、問題となった時期に「親クレムリン」であったとされたが、実際は親EUであった。ここでも、失脚したマイケル・フリン将軍は、トランプ次期大統領の代理としてクレムリンの代表と会話したことで、何も悪いことも前例がないのに、「困った」接触があったと非難された。ここでも2紙は、かつてデタントの前提であった「米ロは相互利益となる分野を探すべきだ」という考えを犯罪視した。そしてまた、タイムズ紙はその「特別報道」が「現在、我々が確実に知っていること」であると読者に保証しながら、その約1万語の奥深くに無効となる認識を埋めたのである。”トランプ陣営がロシアと共謀したことを示す公的証拠は出てきていない”。(引用されたホワイトカラー犯罪の起訴や有罪答弁は非常に無関係で、ロシア抜きのロシアゲートと再び足し算された)。

驚くべきことに、どちらの新聞も、通常ワシントンの政治的秘密の最も権威ある記録者と考えられているボブ・ウッドワードが、2年間の調査の後、トランプとロシアの間に「共謀の証拠はない」と強調した声明に何の信憑性も持たなかった。著名な歴史家は、ポスト紙を支持し、多くの疑惑の元となった反トランプのスティール文書が「ますます信憑性を増している」とまで読者に断言した114,115。

また、タイムズ、ポスト、その他の活字メディアだけが、反対意見を中傷するようなこうした行為を続けていたわけでもない。CNNは、ロシアゲート疑惑の主唱者として、アメリカの第三極の大統領候補が「2016年の選挙への干渉とアメリカの外交政策について、ロシアの主張を繰り返している」とツイートした116 。

ほとんどの主流メディアにとって、ロシアゲートは、反論や分析もできない一種のカルト的なジャーナリズムになっていたようである(本書でも試みているが)。さらに言えば、その2年前にロシアの米大統領選への「干渉」に対する不満から始まったものが、2018年10月には、『ニューヨーカー』118や『タイムズ』『ポスト』などの出版物にとって、クレムリンが実際にドナルド・トランプをホワイトハウスに入れたという非難に変わってしまったのだ。この扇動的な告発には、説得力のある証拠も、アメリカの歴史におけるいかなる前例もなかった。

  • より高いレベルでは、2018年秋までに、米国の現職および元職員がモスクワに対してほぼ前例のない脅しをかけていた。NATO大使は、1987年の条約に違反していると考えるロシアのミサイルを「排除する」と脅したが、これは確実に核戦争のリスクを伴う措置だ119。内務長官は、ロシアを「海上封鎖」すると脅した120。さらに別のロシア嫌いの暴挙として、もうすぐ引退するニッキ・ヘイリー国連大使は、「嘘、不正、不正行為」は「ロシア文化の規範」であると宣言している121。

これらは未熟な政治家による突飛な発言であったかもしれないが、「協力」を公言するトランプ大統領とそれ以外の誰か、誰がワシントンのロシア政策を決めているのか、という疑問を再び抱かざるを得ない。

しかし、元駐モスクワ米国大使で、長年ロシア政治学の教授を務め、主流派の論客として支持されている人物の発言を、抑制のきかない過激さ以外にどう説明すればよいのだろうか。彼によれば、ロシアは「ならず者国家」となり、その政策は「犯罪行為」であり、「世界最悪の脅威」となっている。米国の超党派の上院議員グループがモスクワを「罰する」ために準備している「破壊的」制裁を考慮すれば123 、これはロシアに対する永久戦争の宣言にほかならないだろう。

  • 一方、他の新たな冷戦の前線では、シリア以上に熱い戦争が勃発しつつあった。2018年9月15日、シリアのミサイルが誤って味方のロシア偵察機を撃墜し、乗員15人全員が死亡した。原因は、現地にいたイスラエル軍機による戦闘攪乱だった。モスクワの反応は、示唆に富み、不吉な可能性を感じさせるものだった。

イスラエルの政治指導者と良好な関係を築いていたプーチンは当初、「戦争の霧が引き起こした事故だ」と言い放った。しかし、国防省は「イスラエルに責任がある」と大反発した。プーチンはすぐに強硬姿勢に転じ、最終的にはシリアとイランが長年求めていた、ロシアの高性能地対空防衛システムS-300をシリアに送ることを約束した。

プーチンは、米国の主流メディアが執拗に描写するような「攻撃的なクレムリンの独裁者」ではないことは明らかである。ロシアの文脈ではまだ穏健派だが、彼は今回も相反するグループと利害のバランスを取りながら大きな決断を下したのである。今回は、自国の安全保障体制における長年の強硬派(「タカ派」)を取り込んだ。

その結果、またもや冷戦の罠にはまった。シリアにS-300を配備したことで、プーチンは事実上、シリアの広い範囲に「飛行禁止区域」を設定することができた。(もしそうなら、米国と同盟国のイスラエルが越えるかどうか決めなければならない新たな「レッドライン」を意味する。ワシントンと主要メディアの熱狂ぶりを考えると、自制心が勝つとは到底思えなかった。

このすべては、2015年9月にロシアがシリアに軍事介入してから3年目の頃に展開された。当時、ワシントンの専門家たちはプーチンの「冒険」を糾弾し、失敗を確信していた。3年後、「プーチンのクレムリン」は、シリアのかなりの部分を支配していた悪質な「イスラム国」を破壊し、同国の大部分に対するアサド大統領の支配をほぼ回復し、シリアの将来を決定する究極の決定者になったのである。トランプ大統領は、ロシア政策に則って、モスクワの和平プロセスに参加する気でいたのだろうが、民主党を中心とするロシアゲート党がそれを許すとは思えなかった。(視点を変えて、2016年、大統領候補のヒラリー・クリントンがロシアに反抗して、シリア上空に米国の飛行禁止区域を求めたことを思い出してほしい)。

  • 本書を読み終える頃、もう一つの冷戦戦線もまた、より険悪になった。ウクライナにおける米露の代理戦争が新たな次元を獲得したのだ。ドンバスの内戦に加え、モスクワとキエフは、ウクライナの重要な港であるマリウポリに近いアゾフ海で、相手の船に挑戦し始めたのである。トランプはキエフに、この進化する海上戦争に必要な海軍兵器などを提供するよう圧力をかけており、これもまた潜在的な罠であった。ここでも大統領は、長らく停滞していたミンスク和平協定に政権基盤を置くべきだった。しかし、そのアプローチもロシアゲートによって除外されたようで、2018年10月には、さらに別のタイムズ紙のコラムニスト、フランク・ブルーニが、トランプによるそうした取り組みすべてを「プーチンのためのポン引き」124と決めつけるようになった。

このようなロシアとの戦争の危険を冒すような最近の例に代表されるような過激主義が5年間続いた後、冷戦の歴史の中で初めて、ワシントンには対抗勢力が存在しなくなった。民主党や共和党のデタント支持派も、有力な反冷戦派も、真の公開討論もどこにもない。そして、20世紀にデタントの主要なエピソードを起こした大統領が共和党のアイゼンハワー、ニクソン、レーガンであったことを、国民や自民党に思い起こさせてもいないのである。これもまた、許されざる「別の事実」であるように思われた。

そして、ロシア人にとってだけでなく、永遠の課題である「どうしたらいいのか?乏しいながらも一筋の光明はあった。2018年8月、ギャラップ社はアメリカ人に、どのような対ロシア政策を支持するかを尋ねた。ロシアゲート疑惑とロシア恐怖症の誹謗中傷の嵐の中でも、58%が「ロシアとの関係改善」を望み、36%が「ロシアに対する強力な外交・経済措置」を好んだのと対照的であった125。

このことは、NATOの東方拡大やウクライナ危機からロシアゲートに至るまで、新冷戦はエリートによるプロジェクトであったことを思い起こさせる。1991 年のソ連崩壊後、米国のエリートが最終的にロシアとの提携ではなく、冷戦を選択したのはなぜか。米国情報機関のエリートが果たした役割については、私がインテルゲートと呼んでいるものであるが、これを完全に開示するための努力がまだ行われており、阻止されつつある126。

冷戦の選択を完全に説明するには、政治・メディアのエスタブリッシュメントが「敵」に対して抱いたニーズ(思想、外交政策、予算など)を含める必要がある127 。あるいは、1917年以降の1世紀の間に米露関係の半分以上を冷戦が占めたため、それが習慣になったのかもしれない。2016 年のウクライナとイスラエルによる選挙への実質的な「干渉」は、政治スキャンダルにはならなかった128。いずれにせよ、ポスト・ソビエト・ロシアに対するこのアプローチが始まれば、それを推進するのは難しいことではない。伝説のユーモア作家ウィル・ロジャースは、1930 年代に、”ロシアは何を言っても真実である国だ “と言い放った。40年にわたる冷戦と核兵器がなかった当時は、この名言は笑えたが、今はもう違う。

どのような経緯があったにせよ、私がこれまで分析してきた多くの結果は、アメリカの真の国益にとって好ましくない、意図しないものも少なくなく、今も展開し続けている。ロシアの西側からの離反、すなわち「中国への軸足」は、今やモスクワの多くの政策思想家によって広く認められ、受け入れられている。129 ヨーロッパの同盟国でさえ、モスクワとともにワシントンに対して立ち向かうことがある。心ない米国の制裁は、プーチンがオリガルヒの資産を海外に送金するのに役立ち、2018年にはすでに900億ドルと推定されている132。主流メディアは、プーチンの外交政策を「ソ連でさえあえて試みなかった」ものに歪曲することに固執している133。そして、匿名のホワイトハウスの「インサイダー」がTimesで「大統領の不道徳」を暴露しても、実際の政策ではロシア政策だけが特別視されている134。

『Post』紙は、プーチンがモスクワの生活向上に大きく貢献したことに対する大衆の支持を「悪魔との取引」とまで表現し、プーチンを超現実的に悪魔化することに十分注目してきたが、この「錯乱」は世界的なものとはほど遠いことに注意する必要がある135。ポスト紙の特派員でさえ、「プーチンブランドは世界中の反体制・反米の政治家を虜にした」と認めている136 。世俗的な英国人ジャーナリストは、その結果、「世界の多くの国がロシアとの再保険政策を求めている」137 、モスクワ在住の米国人ジャーナリストは、「プーチン個人に対する絶えざる悪魔化が逆に彼を聖人化し、ロシアのパトロンセントに変えている」138 。

繰り返しになるが、このような状況を踏まえて、何ができるのだろうか。感傷的に、また歴史的な前例もあって、われわれ民主主義の信奉者は伝統的に、変化をもたらすために「民衆」、つまり有権者に期待する。しかし、外交政策は長い間、エリートの特別な特権であった。冷戦時代の政策を根本的に変えるには、リーダーが必要である。1980年代半ばのレーガンやゴルバチョフのように、既成のエリート、それも保守的なエリートから、いざとなれば、リーダーが現れるかもしれない。しかし、ロシアとの戦争の危機が迫っていることを考えると、その時間はあるのだろうか。ゴルバチョフのように、自分のエリートや党に対して「今でなければ、いつだ」と言うような指導者は、アメリカの政治状況には現れていないのだろうか。「我々でなければ、誰が?」

そのような指導者は、エリートの中に組み込まれ、エリートから隔離されてはいるが、他の、不適合者の声、他の考え方を聞き、読んでいることも知っている。かつてアメリカの著名なジャーナリストであったウォルター・リップマンは、“When all think alike, no one is thinking “(一人一人が同じ考えだと、誰も考えていないことになる)と言っている。本書は、より多くの思考を促すための、私のささやかな試みである。

著者について

プリンストン大学政治学部名誉教授、同大学ロシア研究プログラムディレクター、ニューヨーク大学ロシア研究・歴史学部名誉教授。ケンタッキー州オーエンズボロで育ち、インディアナ大学で学士号と修士号を、コロンビア大学で博士号を取得した。

他の著書に『ブハーリンとボルシェビキ革命』がある。ブハーリンとボリシェヴィキ革命:政治的伝記』、『ソ連の経験を再考する。Rethinking the Soviet Experience: Politics and History Since 1917, Sovieticus: American Perceptions and Soviet Realities, (Katrina vanden Heuvelと共著) Voices of Glasnost.など。ゴルバチョフの改革者たちとのインタビュー; Failed Crusade: Failed Crusade: America and the Tragedy of Post-Communist Russia; Soviet Fates and Lost Alternatives(『ソビエトの運命と失われた選択肢』)。スターリン主義から新冷戦へ』、『犠牲者の帰還』。スターリン後の収容所の生存者たち』などがある。

その研究成果により、コーエンは2つのグッゲンハイムフェローシップや全米図書賞にノミネートされるなど、いくつかの栄誉を受けている。

また、長年にわたり、新聞、雑誌、テレビ、ラジオに頻繁に寄稿している。The Nation誌のコラム「Sovieticus」は1985年のNewspaper Guild Page One Awardを受賞し、別のNation誌の記事は1989年のOlive Branch Awardを受賞した。長年にわたり、CBSニュースのコンサルタントとして、またロシア問題に関するオンエアのコメンテーターとして活躍。また、プロデューサーのローズマリー・リードと共に、ロシアに関するPBSの3本のドキュメンタリー映画の企画アドバイザー兼特派員を務めた。ゴルバチョフとの対話」、「裏切られたロシア」、「革命の未亡人」。

コーエンは40年以上にわたってソビエトとポストソビエトのロシアを定期的に訪れ、生活してきた。

The Nation』誌の編集者兼発行人である妻のカトリーナ・ヴァンデン・ヒューベルとニューヨーク市に在住している。二人の間には娘のニコラ(ニカ)がいる。コーエンには他にアンドリューとアレクサンドラという2人の子供がいる。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker
error: コンテンツは保護されています !