早期治療否定派を転向させるための「不安な市民」へのガイド

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

早期治療・在宅治療
The Concerned Citizen’s guide to proselytizing to Early Treatment deniers
2021年4月29日

概要

早期治療を否定する人々を転向させるのは非常に難しい。同様に、早期治療を避けたために身内を亡くした人たちを転向させるのも難しい(当局が人々を説得したように、パラセタモールを飲んで家にいたり、病院を避けたりしていた場合)。その人が3文字の権威の信奉者となるかどうか。したがって、あなたの主張を耳に入れないのか、それともその人の好奇心を刺激できるかどうか次第だ。あるいは、その人と長く付き合い、優れた医学的能力を示すことで、あなたが正しかもしれないと、医師やメディアがすべて間違っているかもしれないと信じてもらうようにする必要がある。

早期治療の否定の発端について

早期治療への攻撃は、イギリスの初期の波、そしてその後アメリカでも波が病院を襲うたびに、病院が実際に行っていたトリアージの状況に端を発している。病院はそれぞれのプロトコルに基づいて危機管理を行ったが、例外的に正しい考えを持つ人や管理者もいたはずだ。

病院は、パルスオキシメーターの数値が95であれば来院する必要はないと患者に伝えた。しかし、重症の患者さんが増えてくると、酸素濃度を88に下げたり、85に下げたりした。このカットオフポイントは、科学や患者の健康状態とは関係がなかった。トリアージを行うために、病院の状況に応じて決められていただけなのだ。

病院は基本的に、自分の病院の状況に応じて、患者のリスク評価を下げていた。実際には、病院と在宅患者という完全なシステム全体のリスクを最小化するために、システム全体の計算が行われていたのである。

これは、個人への適切なリスク評価ではなかった。

しかし、多くの患者さんは、個人に適用可能な(「医師が言っていた」)リスク評価であると受け取っていた。これは、健康に関する公的な発表(パンデミックのない時には一般的に正しい)を信用してきたことによる人々の間違った解釈だった。

そして、それを親戚や知人に伝えたのだ。このようにして、フェイクニュースとなったが、メディアもアルファベット3文字当局も誰も否定しようとはしなかった。

このような誤解は、メディアや3文字の権威の公式発表を信用してきた歴史に裏打ちされている。米国の一般市民は、過去に米国がWHOを敵視していたこともあり、WHOに対して懸念を感じていたかもしれないが、米国の他の3文字の権威者は概ね信頼している。

早期治療をしなかったために身内を亡くした人にどう話しかけるか

通常、彼らは自分の患者が早期治療を受けられないことに加担している。

患者が危篤状態に陥ったとき、通常、親族は危機感に駆られており、情報のバランスをとる時間も能力もない。早期治療を提案するには最悪のタイミングだ。「権威者が誰も言っていない」早期治療についての新奇なアイデアを持つあなたよりも、権威者を信じる可能性が高いからだ。

患者が自宅で危篤状態に陥ったときが、ほとんどの人が自宅の患者に注意を払い始めるときだ。なぜなら、それまではメディアや政府の3文字機関の権威者によって、「パラセタモールを飲んで家にいれば大丈夫」と信じ込まされていたからだ。

医師や病院、ICUのベッドを探そうとしている家族や、酸素を探そうとしている家族(彼らは「酸素が必要なのは最後のステージ」という考えだからだ)は、まったく異なる行動に移せるような精神状態ではない。

現実には、家族は、早期治療の計画を事前に立てるのと同じくらい、酸素の計画を事前に立てる必要はない。なぜなら、covid19が始まると、事態は急速に進展するからだ。薬を通販で購入する時間はない。1時間1時間が勝負だ。イベルメクチンの開始時期は早ければ早いほどよく、ステロイドの開始時期は7~8日目(それより早くてはいけない)であればよりよいだろう。10日目に開始した場合、ステロイドは2倍の量が必要になる。10日目には酸素濃度が95以下と深刻に低下しているからである。

酸素だけでは問題は解決しない。患者が自宅で衰弱していく中で、いつまで酸素を供給し続けるのだろうか?酸素計の数値が低下したら、直ちにステロイド(イベルメクチンと現在推奨されているフルボキサミンを投与しなくても)を投与し、場合によっては抗凝固剤も投与する必要がある。一旦、血液凝固が始まると、事態は日単位、時間単位で非常に速く進行する。

 

早期治療を理解している医師のもとで、あるいは彼ら自身が早期治療を理解していれば、重症化することも死亡することもほぼゼロになるだろう。最も重要なことは、Long-haulerがほぼゼロになることである。30~40人の小さな患者グループでも、Long-haulerは非常に目立つグループのはずなので、小さな診療所や個人開業の医師であっても、このことに気づいているはずだ。多くの国では死亡率が2%程度であるため、死亡率や重度の疾患に対する初期治療の成功を評価するのは難しいが、医師がこれまでに治療した30~40人の患者グループでは明らかではないかもしれない。

私の観察では、初期治療を受けた患者にLong-haulerはいない。これは、Been博士(Mobeen Syed)の600人の患者への観察でもそうだ。スティーブン・フィリップス博士(ビーン博士がインタビューしたベストセラー「クライシス」の著者)は、彼の60人ほどの患者のうち、誰も長期不調者にならなかったと言っている。これは、現在知られている長期不調者の統計(covid19患者の約25~30%が長期不調者になる)を考えると、驚くべきことだ。

COVID-19の悪化の速さは、患者とわかっていない医師の予想を超えている

20-30人のCOVID-19患者を見たことがない医師は、この病気の深刻さとペースを過小評価するというミスを犯す。

私は、知人が病気になったことを心配しているのを、医師に笑われたことがある。私はタイミングが重要であることを知ってたが、多くのわかっていない医師は、早期治療のための行動がいかに時間的に重要であるかを知らないようだ。

無駄にできる時間はない。

1日目から8日目までは、8日目以降の炎症亢進期の前のハネムーン期間である。1~8日目であっても、イベルメクチンやその他のサプリメントを使って、迅速に行動する必要がある。

同様に、7~8日目が近づいてきたら、患者が悪化するのを待ってはいけない。悪化するというのは臓器障害がすでに起こっているということを意味する。

過去の経緯から、covid19を知らない医師は、ステロイドを投与する際に待つべきだと考えており、貧弱な量を投与して待っている。

さらに悪いことに、一部の患者は重要なPCR検査を待っており、国によっては二日後に結果が出ることもある。誤っている可能性のあるPCR陰性検査のために、不必要に治療を2日間遅らせているのだ。

これは正しい治療方法ではない。なぜならば、待っていれば臓器障害が確実に起こるからだ。つまり、死にかけているという証拠を待って薬を投与するという、「証拠に基づく医療」を実践していることになる。

ほとんどの患者さんは、7~8日目から酸素濃度計の数値が時計のように低下していく。

このことは、私自身の観察、他の人の観察、さらにはr/covid19positiveやr/covidlonghaulersでの話でも確認されているが、7日目から8日目にかけて状態が悪化していることが共通して報告されている。

いつステロイドを投与するのが適切か

症状が出た1日目のタイミングが正しければ(軽度の患者さんの場合は難しいかもしれないが)パルスオキシメーターの測定値は通常7~8日目には低下する。

7-8日目より前にステロイドを投与することは可能だが、体がまだ生きたウイルスと戦っている間にステロイドを投与してしまうリスクがある。

MATH+プロトコルのPDFからわかるように、生きたウイルスは多くの人が5-6日目には死滅し、ほぼすべての人が8日目には死滅する。これが、7~8日目より前にステロイドを投与したくない理由だ。

私は以前、8日目に投与することを支持していた。

しかし、多くの人が7日目でも衰えを見せているのを見て、私は考えを変えた。私が最初に観察した患者さんは、7日目にオキシメーターの数値が93を示し(この時点では自宅で酸素を摂取していた)CTスキャンではground glass opacityと浸潤が認められた。その後ステロイドの投与を開始し、3日で完全に回復したが、階段ではまだ息苦しさがあり、4日目には階段でも息苦しさがなくなった。ステロイドの量:プレドニゾロン30mg(デルタコルトリル)。

また、第三国の医師の中には、もっと早くからステロイドを処方している人も見受けられる。第三国の首都にあるある著名な医師は、covid19の治療で知られており、ステロイドや吸入器などで積極的に治療を行っている。しかし、彼はある軽度の患者に6日目からステロイドを投与した。私は彼の別の患者のケースを追ったが、彼は「最初から」ステロイドを使っていたと報告した。彼の記憶が間違っていた可能性もあるが、もし彼がステロイドを始めた時期が早すぎたとしたら、それは問題だったかもしれない。

Been博士のビデオによると、第三世界の医師の中には、末期の患者にステロイドが有効であることを知った後、機械的にアプローチし、初期の患者にも同じ治療を行う者がいると報告している。

現実的には、ほとんどの患者はオキシメーターの異常が出始めてから病院や診療所に行くので、8日目を超えている可能性が高い。しかし、過度に心配している患者が早々に同じ医師のもとを訪れた場合、その患者は早々にステロイドの投与を開始してしまうかもしれない。

そこで医師は、まず最初の症状が出た1日目がいつなのかを、様々な方法で患者に聞き取りをして確認し、それがオキシメーターの低下パターンと一致していれば、おそらく8日目がどこにあるのかを推定し、その前後、つまり7~8日目にステロイドの投与を開始して、臓器障害が始まる前に(肺の血液凝固とそれに伴うオキシメーターの低下で明らかになる前に)この病気を捕まえるべきだ。

免疫不全の患者や最初からステロイドを使用していた患者については、関節炎のために低用量ステロイド95mgプレドニゾロンを使用していた患者がコービッド19に感染したのを見たことがあるが、これらの患者は他の患者よりも悪くないように見えた。しかし、免疫力が低下している人は、1~8日目の段階を超えてウイルスが持続する可能性がある。

このような患者の場合、医師は、ウイルスが8日目以降も生きている可能性があることを認識すべきだが、それでもオキシメーターの測定値が低下した場合には、ステロイドによる治療を行わなければならない(早期にステロイド治療を開始すれば、必要なステロイドの量は少なくて済むが、遅く開始すれば、大量のステロイドを使用しなければならず、臓器障害のリスクもでてくる)医師は、イベルメクチンの再投与を検討することができる。(FLCCC.netの新しいガイドラインでは、高用量の投与と必要に応じたパルス投与が提案されている)これは、免疫不全の患者に8日目以降に起こる可能性のあるウイルスの持続を抑制するためだ。

回復後のイベルメクチンの継続について

ペルーのGustavo Aguirre Chang氏のグループは、Long-haulerの治療には1ヶ月間、週1回12mg程度のイベルメクチンの投与が必要であると提案している。

これは、すべての患者に適用できる、デメリットの少ない戦略である。つまり、最初にイベルメクチンを投与した後、3〜4日の間隔をおいて再投与することができる。そして、回復後、イベルメクチンを週1回、1ヶ月間投与することができる。この戦略の動機は、ウイルスが持続していないことチェックするためだ(まれにウイルスが持続することがある)。ウイルスの持続を見逃すと、これらの患者は後に長期不調組症候群の一種であることが判明するかもしれない。

炎症性亢進の時期に関する推測

私は、生きたウイルスが排除されるタイミング(子供の場合は早く、「私はインフルエンザにかかったことがない」と報告する免疫力の高い人の場合は早く)が、8日目以降の炎症亢進段階のタイミングに関係しているのではないかと考えた。

8日目以降の炎症亢進期のタイミングは、大多数の患者では7~8日目頃に始まるが、私は、生きたウイルスの排除が少し早ければ、8日目よりも少し早い炎症亢進期にすすむのではないかと考えている。

あるいは、ウイルスの複製と除去の動態をよりよく理解することで、この疑問に答えることができるかもしれない。特に、初期の免疫反応を抑制するCOVID-19ウイルスの能力に関連している。

 

COVID-19ウイルスには免疫抑制の役割もあることが、かなり早い時期からわかっていた。それは初期の免疫反応を遅らせ、その結果、ウイルスの早期排除を遅らせることになる。

排泄が遅れるということは、鼻から入ってきた最初のウイルスの接種量が、指数関数的に増殖して、より高いウイルス量になるチャンスがあるということだ。

高濃度のウイルスが8日目までに排除されたとしても、(死んだ/壊れたウイルスからの)ウイルスの破片は非常に大きいので、より大きな免疫反応を引き起こすことになる。

したがって、生きているウイルスの量が多いほど、8日目以降のウイルスの残骸が多くなることになる。生きたウイルスの増殖を止めるのが遅ければ遅いほど、8日目以降の炎症亢進期には、より多くのウイルスの残骸が残ることになる。ウイルスの残骸が大きければ大きいほど、免疫系への刺激も大きくなる。

これらのことは、ポール・マリク博士が、ビーン博士(Mobeen Syed)との最初のインタビューで、ウイルスの破片が刺激物であることを説明したときから、非常に説得力のある形で証明されている。大量のステロイドはシステムを十分に抑制し、ウイルスの残骸をシステムから除去する。さらに、最も説得力があるのは、ステロイドにも完全には反応しなかったいくつかのケースについて、血漿(回復期血漿と混同しないこと)を交換して、血漿(とウイルスの残骸)を交換したところ、これらの患者は良好な反応を示したということである。このことから、8日目以降の炎症性亢進状態の最大の原因はウイルスの残骸であるという有力な仮説が得られた。

ほとんどの患者さんでは、5~6日目にはウイルスが減少し、8日目にはほぼすべての患者さんで、ウイルスがほとんどいなくなっている。

このことから、7~8日目にステロイドを開始することは、炎症が亢進して臓器にダメージを与える前に、早期に対処する中間的な方法であると考えられる。先にダメージを受けてから元に戻そうとしても意味がない。

しかし、7日目以前にステロイドを投与することはお勧めできない。生きたウイルスが排除される段階に少し近づきすぎてしまうからだ。

8日目のタイミングの例外

あるケースでは、オキシメーターの測定値が7-8日目のかなり前から低下し始めている場合、ステロイドの投与を開始するための良い臨床指標となる可能性がある。

酸素濃度計の低下が始まると、ほとんど選択の余地がない。始まっている(中断しなければ悪化する)炎症カスケードを中断するために、ステロイドを開始しなければならない。

このようなケースでは、最初の症状が出た日が正しく推定されていない可能性がある。つまり、患者は最初の症状があまりにも軽かったために、それを症状と見なさなかったのかもしれない。

症状は、軽い咳(1日に2~3回、1回の咳)や、重い箱を拾ったときに起こる軽い腰痛、体の痛み、頭痛など、軽度のものである可能性がある。あるいは下痢。

味覚や嗅覚の喪失は、少なくとも私が観察した限りでは、4日目以降に起こることが多い。したがって、味や匂いがなくなったからといって、それが何かの目安になるわけではない。

また、イベルメクチンを投与されている人にも味覚・嗅覚の喪失は起こる(ただし、投与量が少ないことが関係しているかもしれない)。

私は、患者がイベルメクチンを時間通りに投与された場合、つまり、通常12mgを3日間投与するように推奨された場合、約25%の患者が味や匂いを感じたままになったという多くのケースを観察していた。

しかし、私は5人の患者さんで、最初の12mg投与から 24時間以内に味や匂いが部分的に回復したことも確認している(このうち4人はイベルメクチンのみを服用しており、他の1人はイベルメクチンとファモチジンを服用していた)。

しかし、より高い推奨用量を設定した新しい投与方法では、このような味覚・臭覚障害の症例が少なくなる可能性がある。

なぜなら、ペルーのGustavo Aguirre Chang氏のグループの研究では、高用量のイベルメクチン+アスピリンを使用して、2週間ほどで100%回復し、必要に応じて再度投与を繰り返しているからである。

そのGustavo Aguirre Chang氏の研究のおかげで、私は、12mgを5日間服用しても100%味や匂いが失われた夫や妻のケースを観察した。しかし、彼らの場合は、意図的に夜に12mg、翌朝に12mgの追加投与を行ってた。夕方に12mgを服用した後、翌朝には若干の回復が見られたとのことである。朝12mgを服用した後、その日の夕方には50%の回復が見られた。そして翌日には95%の回復が見られた。そして翌日以降は、味や香りが100%になったという。

これは、私の経験の中で、意図的に投薬が行われた唯一のケースであり、興味深い逸話となった(先に述べた5つの逆転例は、味や匂いの逆転を早めるためにイベルメクチンを追加投薬したわけではなかった)。

さらに、妻は夫より3〜4日遅れで発症していた(夫から感染した)。しかし、彼女は夫よりも1日早く味や匂いを失ってた。このように、時間軸、重症度、早期治療の開始などが全く異なるケースであったが、彼らの回復は追加投与と同期していた。

このように、興味深いデータが得られたが、データポイントは追加の会社が見つかるまでは逸話的なものでしかない。

FLCCCによる投与量増加の推奨

今回、FLCCCはイベルメクチンの投与量を増やした。これはペルーのGustavo Aguirre Chang氏のグループが推奨していることを反映したもので、特に感染力が強く、重症化しやすい新種のイベルメクチンを推奨している。

今後、イベルメクチンの投与量が増えれば、味覚・嗅覚障害の症例はさらに少なくなるかもしれない。

PCR陽性反応によるタイミング

味覚・嗅覚によるタイミングは不正確であるが、PCR検査の陽性・陰性を見て病気の進行を判断することも同様に危険である。これもメディアで流布されている「フェイクニュース」の一つで、医師の中にもこのような行為の誤りに気づかない人がいるようである。

一般の方の中には、PCR検査で陽性になったことが病気の進行の指標であるかのように、「水曜日に陽性になったが、どうしたらいいでしょうか」と話す人が多くいる。PCT検査のタイミングでは、ほとんど何もわからない。

あるいは逆に、2回目のPCR検査で陰性になったからといって、7日目や8日目に回復したと思ってしまうことがある。「よかった、PCR検査で陰性になったから、もう治った」と。

実際には、この8日目が最も警戒すべき時なのである。

PCR検査の誤用について

PCR検査が陽性の場合、感染していることを示すが、現在進行中の病気である可能性もあるし、以前に感染していた可能性もある。ウイルスの破片がPCR検査の陽性の引き金になることがあり、それが1ヶ月以上続くこともある。

PCR検査が陰性の場合、診断にはならない – つまり、何かを測るのには役に立たない。例えば、PCR陰性者のグループは、PCR陽性者のグループに比べて、おそらく病気の発生が少ないであろう(ただし、PCR陽性者の多くは、病気になってから8日目以降であれば感染しないだろう)。

covid19陽性の患者は、ある日はPCR陽性でも、翌日はPCR陰性になることがある。

実際、PCR陰性の検査は、患者やわかっていない医師を惑わせ、早期の行動をとらないようにさせてしまう。

私は、PCR陰性の患者を観察したことがあるが、彼と彼のわかっていない医師は「肺炎に違いない」と結論づけ、行動に移すことができなかった。彼は酸素濃度計で88になり、幼い娘が家族にcovid19だと訴えた。彼はICUに運ばれた。

医師が「ただの肺炎だ」と言ったことで、家族は早期治療に動くことを心理的に止めてしまったのだ。

彼の妻と3人の娘たちは一緒に症状を発症し、半分はPCR陽性、半分はPCR陰性であった。

これはPCR陰性検査の有用性の限界を物語っている。

中国で行われたいくつかの研究では、PCR陰性の検査はかなり早い段階で役に立たないことがわかってた。ある研究では、各研究参加者のPCR検査の結果を時系列で示しており、PCR陽性-陰性-陽性-陰性などのグラフを見ることができた。PCR陰性は何の指標にもならないことが明らかになった。

しかし、公平を期すために、ICUのデータは8日目以降の炎症期に入った患者のものであるため、生きたウイルスはほぼゼロであるが、ウイルスの残骸が陽性になる人もいるだろう。ウイルスの持続性は100日以上で観察されているが、それらはすべて免疫抑制歴のある患者だった。

職場でのPCR検査

航空会社や企業の人事部では、従業員の職場復帰のための検査としてPCR法による陰性化検査が行われている。この方法では、感染のリスクを約半分に減らすことができるが、それ以上の効果はない。PCRが陰性であっても、患者が感染していないとは限らないからだ。

もし患者が他の人を感染させることができるのであれば、上気道に生きたウイルスを持っているに違いないということになる。その通りかもしれない。つまり、体内に生きたウイルスを持っている人は、PCRが陰性になる可能性が低いということである。その可能性はある。この疑惑を裏付ける研究があるかどうかはわからないが。

もしこれが事実であれば、PCR検査が陰性になることは、(体内に生きたウイルスがいない場合は)感染性の良い指標になるかもしれない。

しかし、人事部は、PCR陽性反応が続く場合、患者の職場復帰を妨げていることがある。しかし、上述したように、ウイルスの残骸は、生きたウイルスが完全になくなったとしても、人によっては1ヶ月以上PCR陽性反応を引き起こし続けることがある。

PCR陽性反応が間違っている(偽陽性)可能性についてであるが、通常は、実験室での検査や現場での検査の際に、検査を扱う側に汚染があった場合に起こる。しかし、検査担当者が注意を払えば、このような事態は起こらないはずである。

PCR検査が陰性だったので、「私の父はCOVID-19で死んだのではない」と言う患者がいるが、このようなPCR陰性検査の有用性に関する混乱は、メディアや3文字アルファベットの当局によっていまだに対処されていない。

しかし、最近のPCR検査の検査結果には、PCR陰性はあまり意味がないという免責事項が表示されていることに気がついた。

しかし、ほとんどの人はその細かい文字まで読まない。

病人の家族への勧誘

現実には、家族が病気になってしまった場合、新たな患者を受け入れる精神的な余裕はない。

さらに、患者が自分の手を離れて病院に運ばれ、検疫のために患者との面会を拒否されると、ほとんどの家族は無力感に襲われる。また、検疫のために主治医との面会もできない。

病院で医師が近寄りがたい存在になっている国では、親族が適切な情報を得たり、医師にアドバイスをしたりすることがさらに困難になる。

アメリカでは、病院にイベルメクチンを投与させるために法的手段に訴える人もいるが、ここでも報告されているケースは、病院が少なくとも1回は患者に投与していたにもかかわらず、管理者によって中止させられたものであることに気づくだろう。これらの病院では、理解のある医師が患者を密かにサポートしていたのかもしれない。

ピエール・コーリー博士からは、親族がイベルメクチンを病院に持ち込んで患者に投与しているという話を聞いたことがある(患者のために出前をとったときなど)。

しかし、このようなケースは秘密裏に行われているため、ほとんど報告されていない。また、このような方法では、正確な投与量や定期的な治療を行うことが難しくなる-家族が高度に組織化されている場合は別だが。

医師や一般市民への宣伝活動

一般の人々に転向してもらうのは難しい。多くの人々は、あなた個人が言っていることと、3文字機関の総合的な重さとを比較すれば、あなたは信じてもらえないだろう。WHOは信じられていないかもしれないが、世界の他の地域では、米国の医療機関の3文字の機関は非常に影響力があり、長年の報道で彼らの名前を知っている。彼らはあなたのことをそこまで知らない。

医師へ転向を推奨する活動も難しい状況にある。多くの医師はその提案に敵意を示すだろう。あるいは、その病院では、イベルメクチンを勧めてくる患者の迷惑行為にどう対処するか、危機管理会議が開かれているかもしれない。そのような場合、彼らの姿勢はさらに硬くなり、苛立ちを覚えるだろう。

現実には、あなたの話を聞いてくれるのは、ある種の医師だけだ。科学者は、UFOの話を聞いても、何か新しいことが聞けるかもしれないと思って聞く。本当の意味での科学者は、新しいもの、矛盾したもの、他の人が気づいていないものを探している。彼は発見の一端を担いたい。それが科学というものだ。

このような医師は存在するが、数は少ない。一般の人々にそのような人が少ないのと同様に。そして、この特性は、教育とはほとんど関係なく、個人の態度と関係がある

したがって、医師や一般市民がたまたまこのタイプの人であれば、説得するのは簡単だろう。

官僚制としての科学

しかし、3文字の機関である官僚機構や、官僚に違いない人たちが参加している大きなサブReddit(Redditのウェブサイトで特定のトピックの議論を目的とするサブフォーラム)であるredditでも、「科学は既成事実である」という態度が見られる。

このような考え方は、発見を追求する現役の科学者が考えることとは全く逆だ。彼らは、何か新しいものを発見したとき、矛盾があることを望んでいる。

「科学」を固定的な事実の塊として定義している人は、船に乗り遅れている。

彼らにとって科学とは発見でもなければ、発見や発明につながる直感でもない。むしろ、彼らにとっての科学とは「確立されたモラル」なのだ。彼らは社会や「確立された真実」を喜ぶ人たちだ。ガリレオに反対した教会の人たちと同じかもしれない。

redditでは、彼らはジャーナル記事のみを販売し、議論はせず、コメントでさえも逸話的なコメントや文脈はない(なぜ?コメント欄でも、逸話的なコメントやコンテクストは禁止である(なぜ?

また、「ランダム化比較試験」(RCT)を科学の体現として信じている。ニュートンやアインシュタインを当時、誰が信じただろうか(アインシュタインは何十年も後になってから、一般理論の側面について事実の観察によって確認された)。

サブRedditの中には、雑誌の参考文献を売買する大会になっているものもある。サブRedditの方針として、投稿が科学論文に基づいて行われるべきだということは理解できる。しかし、コメントは?コメントでは、FLCCC.netについて言及したり、MATH+プロトコルへのリンクを張ったりすることはできない。それは彼らにとって「科学ではない」からだ。

もしFLCCC.netのリンクに言及したら、あなたは検挙されるだろう。

r/covid19では、あるモデレータ(善良な人)が私のFLCCCウェブサイトのURLをホワイトリストに登録する要求を承認したが、数時間後に彼は戻ってきて謝罪しなければならなかった。その理由は、モデレータ・パネル全体がこの問題について会議を行い、FLCCC.netウェブサイトのURLをブラックリストに登録することに投票し、彼の以前の個人的な決定を覆したからである。

このような詮索をする時間は誰にあるのであろうか?そして何のために?

それはまるで、すべての常識や直感が、政策や命令、プロトコルのために無力化されてしまったかのようだ。

これほど宗教的に固執しているとすれば、彼らはどうやってプロトコルや慣行の変更や柔軟性を理解するのだろうか。

パンデミック時のビッグ・サイエンス

コロンビアのJAMA誌に掲載されたイベルメクチンに関する欠陥論文を称賛する記事をメディアに掲載した医師たちを見てほしい。この人たちは何者なのか?宗教的な理由で、つまり「フェイクニュース」と戦うために記事を書いたのか、それともコロンビアのJAMA論文を(論文に書かれている)問題点も含めて読んだのか。その論文は、TrialSite NewsのPeter Yim氏や、David Scheim博士らによって、反論の中で解体されている。また、FLCCCは、その論文で得られた好意的な知見と、その論文の有用性を制限する問題点について、詳細な分析を行っている。

より多くの情報をより早く提供する必要があるときに、自称「科学」の戦士である彼らは、歴史上最悪の濡れ衣を着せられたかのように登場し、すべての議論やブレーンストーミングを、彼らのRCTに反する非生産的なものとして封じ込めた。

彼らはRCTについては語るが、基本的な真実や現実については語らないことに注意してみよう。

物理学者が自分たちの理論を現実をモデル化する試みと理解しているとすれば、RCTの信奉者たちはRCTを現実としか理解していない。

RCT以外の展開には目もくれない。

ピエール・コーリー博士らが示唆しているように、これは「科学」を乗っ取ろうとしているのかもしれない。

大手製薬会社は、自社の医薬品のRCTに資金を提供していた。NIHもいくつかのRCTに資金を提供していた。しかし、NIHはイベルメクチンの研究には資金を提供しなかった。

また、フルボキサミンの研究もしていない。フルボキサミンの研究にはSteven Kirsch氏が私財を投じた(彼はイベルメクチンの支持者でもある)。

イベルメクチンに関する米国初の研究を行ったブロワード・カントリー・ホスピタルのRajter博士のことを思い出する。彼は、NIHにイベルメクチンの臨床試験への資金提供を要請したとツイートしたが、彼が聞いたのは「コオロギ」だけであった。

NIHは、イベルメクチンの有効性を信じるには大規模な臨床試験が必要だとしているが、NIHはイベルメクチンの臨床試験に資金を提供していない。将来的にはそうなるかもしれないが、なぜそんなに時間がかかったのだろうか?Rajter博士に200万ドルを提供することを妨げたものは何だったのだろうか。それは、他の場所で行われていた緊急使用の認可があったからだ。

フェイク・ニュースとパンデミックの緊急性

目隠しをしている人の中には、目前の緊急事態に無頓着な人もいるようだ。

彼らは、これを解決策を見つけるチャンスとは考えていない。それどころか、危機だと考えているのである。「フェイクニュース」の管理における危機だ。

やりすぎた結果、彼ら自身がフェイクニュースの担い手となり、偽物であるがゆえに維持することが不可能な物語に賛同し、それを推し進めることになっている。

 

これらの「フェイクニュース」は、3文字権力者自身によって広く流布されたものであり、すべて持続不可能なものであり、後に撤回された。

  • 最初は「マスクは効かない」と言っていた(ある著名な疫学者は、マスクが効くかもしれないという考えを笑い飛ばしていたビデオがある)。
  • 「感染媒介物」(表面が感染の導線となること)を過度に強調していた – COVID-19を100%除去した薬用石鹸を押し売りした石鹸メーカーが大喜びしていた。これらの洗剤メーカーは、公共サービスの広告を出していたが、特にマスクを優先順位1位として言及していなかった。
  • ステロイドを治療法として否定し、世界中の医師にステロイドによる救命治療を行わせないようにした。ピエール・コーリー博士が米国上院で行った最初の証言は否定された。しかし、現場の医師たちはその効果を知っていた。ステロイド治療を推進するFLCCCのような医師たちに最初につけられたレッテルは、懐疑的な医師たちの記憶の中に残ってた。この3つの機関によるたった一つの決定は、最も露骨でダメージの大きいものであった。
  • イベルメクチンの追放はまだ進行中だ。

 

常識的な人であれば、このような発表が間違っており、逆効果であることに早くから気付いていた。

  • マスクは絶対的に必要だ。東アジアを見てみよう。
  • ウイルスは肺に存在し、鼻に指を入れるよりもはるかに簡単に肺の奥深くに侵入することができる。
  • ステロイドを使うのは理にかなっている。世界中の医師たちは、炎症が見られ、患者の容態が急速に悪化していたので、トレーニングで学んだ通りにステロイドを使って治療した。ところが、WHOが「ステロイドを使うな」と言い出したのである。これで、決定的な問題が発生した。この決定のために、どれだけの人が命を落としたことだろう。
  • イベルメクチン – 47の研究を見て、同じようなシグナルを目にした人は、少なくとも興味を持つだろう – しかし、興味を持たないグループもある。

まとめ

要約すると、誰に早期治療への転向をすすめるのか?

最良の結果は広く普及させることだ。そうすれば、あなたのメッセージは、すでに受け取る準備ができている人たちに届く。パンデミックやその無数の問題をどう解決するかについて、すでに考えている人たちにだ。

ツイッターを利用しよう(フェイスブックでは検閲されてしまうので、あまり効果は期待できない。これはイベルメクチンMDチームのグループが経験したことだが、現在は復旧しているが、運営を中断させるには十分だ)。

解決策のアイデアに前向きなジャーナリストや他の人を見つけてほしい。

威圧的になってはいけない。怒る人もいるし、通報されることもある。テス・ローリー博士やAnna Breesが経験したように、ツイッターでも禁止されることがあるが、回復することもある。

YouTubeでは、検閲されてしまうので、個人での活動は難しいだろう。もし、多くの人に支持されているDr Beenが、自分のYouTubeのビデオのうち54本を検閲し、いくつかは定期的に削除してから元に戻すことができたら。また、WhiteBoard Doctorは動画を削除され、検閲される。Medcram (Dr Seheult)やDr Mike Hansen、Dr Yoも動画を削除してもらうことができる。そうすれば、新参者はYouTubeに残りにくくなる。

 

今のところ、最良の選択肢はTwitterのようだ。

解決策を探している人を見つけることができるからだ。その人たちに少しでもFLCCCのことを知ってもらう。早期治療は、死亡率や重症度を下げるだけでなく、Long-hauler(長期不調組)も減らすことができるという事実を。

Gustavo Aguirre Chang氏のツイートによると、イベルメクチンを1ヶ月間毎週投与したり、フルボキサミンを医師と一緒に試したりすることができる(精神作用があるため、自己治療を始めると使いすぎてしまう危険性がある)。また、回復後1ヶ月間のステロイドとアスピリンの投与も有効かもしれない-脳卒中のリスクは回復後8倍になるからだ。

これは、ここにいるほとんどの人が知っている情報であり、医学を実践し30~40人の患者を治療したことがある人たちだ。以前は懐疑的だったかもしれないヒトでも、30~40人の患者を治療し終える頃には、FLCCCが言っていることが真実であることに気づくだろう。Been博士が600人の患者について言っていることは真実であり、Syed Haider博士が自分の患者を見ていることは真実だ。Dr.Drewが経験したLong-hauler時の症状とFluvoxamineの関係は、注目に値する。

しかし、この話は複雑だ。

COVID-19という病気自体が、世界中の多くの小さな町の医師には理解しにくく、説明しにくい。「この病気にはこの薬を」というようにはいかない。

COVID-19は少し複雑な病気で、次のことを理解する必要がある。

  • 最初の症状が出てから 1日目 – 以下のタイミングで必要となる。
  • ステージ1 – 1日目から8日目まで – ステロイドを投与しない場合 – この段階は、ほとんどの患者がインフルエンザのようだと考えており、8日目を迎える頃にはほとんどの患者が「良くなった」と感じている。
  • ステージ2 – ほとんどの患者がびっくりする段階だ。

第三世界の小さな町のお医者さんにこのことを説明するときには、これは疾患-医学における1ステージの病気ではなく、2ステージの病気であることを説明する必要がある(これは精神的には最も困難なハードルだ)。

そして、タイミングが重要。

残念ながら、多くの医師はまだそれを理解していない。これも、医師の態度による。

現実的には、ほとんどの医師は、患者がすでにステージ2に入った段階で診察するだろう。なぜなら、ほとんどの患者は医者に行くのを嫌がり(特に第三世界の国々では)、自分で治したいと思っているからだ。また、政府が「慌てずにパラセタモールを飲んで、家でじっとしていれば治ります」と発表したことも、患者さんや家で世話をする人を無為にさせてしまった。

そのため、現場の医師のほとんどは、ステージ2の患者をほぼすべて診ることになる。これらの経験豊富な医師のほとんどは、すでにステロイドを使用しており、これは効果がある。たとえ、イベルメクチンやフルボキサミンを使っていなくてもだ。しかし、これまでの経験から、彼らはステロイド吸入器や、初期のウイルス量を減らすための鼻腔洗浄や蒸しタオルなどの代替手段をすでに使用している。これらのいくつかはFLCCCのプロトコルにも含まれている。

 

The Concerned Citizen’s guide to proselytizing to Early Treatment deniers from ivermectin