グラフェンの時代:10億ドルの夢
グラフェンは安全か?本当にコビッド19注射剤から発見されたのか?注射部位に磁気を帯びた人がいたのはそのためだろうか?その証拠を見てみよう。

テス・ローリー/世界健康評議会(WCH)酸化グラフェン・ナノ粒子

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

drtesslawrie.substack.com/cp/135659749

The Age of Graphene: Billion-Dollar Dreams

世界保健会議

2023/08/01

クロスポスト世界健康評議会からのクロスポスト

注:原文に埋め込まれたリンクの一部が省略されている。

WCHの健康特派員フランチェスカ・ヘイヴンスがグラフェンの議論に重要な貢献をしている。-Tess Lawrie 博士(MBBCh, PhD)

フランチェスカ・ヘイヴンズ(DPan)著

酸化グラフェン、あるいは還元酸化グラフェン(GO/rGO)は、20年も前に発明されて以来、多くの研究、多くの利用、そして多くの論争の的となってきた。

数年前PEGまでは、PEGや脂質ナノ粒子、さらにはGOのような、今では一般的な言葉となっているものを、ほとんどの人が聞いたことがなかった。しかし今、何百万人、何十億人という男女が、グラフェンという暗黒の電気を帯びた天使に夢を託しながら、夜眠りに就いている。これがあなたにとってまだ目新しいものであるなら、どうしてそうなのかと尋ねられるかもしれない。

パンデミック(世界的大流行)と呼ばれる、パラダイムを変えるほどの健康危機が長期化している今、最も強力な論争が起きている。欧州連合(EUFlagship)が、2013年から実施している10億ユーロ規模のグラフェン・フラッグシップ・プロジェクトや、業界御用達のウェブサイトgraphene-info.comが示す証拠を信じるならば、GOはあらゆるものに含まれている!電池から生理用ナプキンまで、生物医学用途のセンシング・インクから鼻腔ワクチンまで、水フィルターからDNA配列決定まで、テニスラケットから自動車部品や電子機器まで。変化に応じて自己組織化 温度の変化や周囲の電磁波のすることができる。2004年に発見され、自己組織化 ナノチューブに至るまで、より大規模な集合体に使用されている。

200倍の強度を 鋼鉄の持ち、熱と電気の伝導性に優れ、磁性に富み、光の吸収にも優れていると言われている。

グラフェンは安全なのか?

毒性学的研究は、業界の急激な成長に伴い、あらゆる分野で、また脳を含む人体のあらゆる部分に浸透することが明らかな形で、いたるところで使用されるようになる前に、さらなる研究が必要であることを指摘するに違いない。

2021年にアルメリア大学の化学者パブロ・カンプラ博士が発表したのを皮切りに、様々な学者や研究者がRAMAN分光法電子顕微鏡技術を通じて、COVID-19ワクチン剤にグラフェンが含まれていることを示唆しており、他の多くの研究者たちもこれを支持している。

(Zeee Media 2022、Austrian Pathologists 2021、Biscardi 2021、Botha 2021、Burkhardt 2021、Cipelli 2022、Delgado Martin 2022、Deruelle 2022、Exposé News 2023、Gazzeri 2022、Giovannini 2022, Google Patents 2023, Hugues 2022, Iturriga 2021, Lee 2022, Madej 2021, Milhacea 2023, Monteverdi 2022, Nagase 2022, Nixon 2022, Noack 2021, Reissner 2021, Smith 2022, Van Welbergen 2022, Verkerk 2021, Wagh 2022, Wakeling 2022, Yanowitz 2022, Young 2021, Zalewski 2021).

さらに、グラフェンがハイドロゲル(上記の鼻腔用綿棒を参照)やマスクに使われている証拠もある。つまり、人間の動物がどちらを向いても、グラフェンの罠があるということだ。

グラフェンナノシングのインターネット

私が知る限り、ヒューマン・マシン・インターフェースの開発に関する一般的な協議はresearch that looks into just that: 行われていない:

である「生体適合性、エネルギー効率、および生理学的に関連した環境における信頼性により、分子を用いて情報を伝達するバイオインスパイアード分子通信(MC)は、ナノモノのインターネット(IoNT)を実現する最も有望な技術

このようなナノ通信の主な難点は、生体システムで使用する際の材料の電気的・磁気的な資質であったようで、グラフェンは完璧なソリューションである。多くの研究では、生きている男性、女性、子供や、同意の有無にかかわらず技術を埋め込まれることになる他の知覚のある存在の現実には言及していないことに注意してほしい。言葉は常に斜めで、「生体適合性」や「分子通信」、「生理学的関連性」に言及しているが、私たちが話しているのは明らかに人体についてである。がんの薬物送達のような特定の生物学的機能に焦点を当てた他の研究では、人体やその細胞を対象としていることを認めている。

当然ながら、これらの材料やナノテク・システムには、患者の予後を改善するための薬物送達に正確に応用したり、治癒を促進するための組織の足場として応用したりと、非常に称賛に値すると思われる用途がたくさんある。しかし、これらの急速に発展している技術が、より邪悪な目的に向けられるのではないかという疑念は、上記のように多くの研究者によって検討されてきた。

しかし、パンデミックに至るまで、地球規模を超えた政府の同調した決断の裏には、決定的に整合性の欠如と科学の欠如があった。

中には、電気に過敏な患者と『コビッド』の症状で来院する患者の間にクロスオーバーがあることに気づいた医師もいた。さらに調査を進めると、その患者はすべて携帯電話のマストが建っている地域の出身であることがわかった。さらに共同調査を進めると、スペインの老人ホーム273棟の高齢者が、不思議なことに携帯電話のアンテナを自宅の外に直接設置していることが判明した。また、何千、何万ものソーシャルメディアへの投稿で、注射をした場所や胸、背中、額に磁気を帯びた人がいることを指摘する人もいる。もちろん、政府、業界、シンクタンクが後援する『ファクト』チェッカーはすべて、この現象を否定している。業界は抗議しすぎだろうか?グラフェンの検出を目的とした会議が開催され、グラフェンを供給する産業界が後を絶たない。また、医師が作成したドキュメンタリー番組もあり、人からのMACアドレスの未申告の現象や、墓地にいる死者(2021年以降)さえも示していると主張している!

グラフェンの「コロナ」

グラフェン・インフォからの情報では、人体は病原体と同じようにグラフェンを扱うと説明されている。セビラノ博士が彼の患者が該当する地域を調査した際に疑ったように、グラフェンと放射線のインターフェースが呼吸器感染症を引き起こしているのではないかという疑念が高まっている(上記参照)。WHOが宣言したパンデミックの根底にあるウイルスが、どの政府、保健省、機関からも入手できず、情報公開請求を通じて質問されても未検出のままであった時期のことである。グラフェンが携帯電話のアンテナから放出される電磁波によって拡大される可能性はあるのだろうか?コロナウイルスの注射瓶の中に生命体や生きた物質が存在する証拠はないと研究者が述べたことについてはどうだろうか?バイオテクノロジーにおけるすべてのグラフェン研究は、グラフェンを何らかの方法で体内に導入することを目的としている。しかし、私はここから、注射剤にHIVウイルスやその他の珍しいウイルス配列が含まれていることを警告したモンタニエ教授のような尊敬すべきウイルス学者が行った研究を嘲笑したり、過小評価したりするつもりはない。これが、私が混乱を招く理由である。

体内に入ると、グラフェンはそれを処理するために炎症性タンパク質の網やクラウン(冠)を引き寄せるが、これまた驚くべき偶然の一致で、これは主流メディアや保健当局がよく描いているコロナウイルスの冠と奇妙なほどよく似ている。リンク先の記事にはさらに、免疫システムをかわすために「親水性ポリマーPEGでコーティングすることで『ステルス』NPが開発された」とある。同記事では、ナノ粒子が引き起こすタンパク質のコロナ現象や、何らかの方法でコロナに対処する方法に関する研究論文が急増していることにも触れている。

グラフェンとキトサン、もうひとつの電磁波問題

残りの部分がまだ十分に混乱しておらず、科学者やコメンテーターの間でさえも大きな隔たりや矛盾を生み出していないかのように、彼らの財布ではなく、人類とヒポクラテスの誓いのために存在しているように見える。繰り返しになるが、この高度に技術的な複合ナノ材料は、健康科学のための斬新なソリューションとして歓迎されている。しかし、この分野でも潜在的な用途を疑問視する研究者がおり、広範な文献がある。

信じられないような偶然の一致が多いため、注射/経鼻修飾ナノ粒子薬物送達のトライアングル、5Gネットワークの急速な拡大、そして小学校に至るまで超国家機関によって大々的に推進されている昆虫食(このサブスタックの「メニューの昆虫」を参照)との関係を、野次馬たちは疑い始めている。キチンとグラフェンの親和性についてはあまり解明されていないが、親和性があることを示唆する研究もある。昆虫が豊富な食事に、医療、航空燃料、植物の成長など、潜在的な技術分野から非開示のグラフェンが供給されれば、自動的にキチンと結合し、体内のグラフェンが強化され、情報収集や情報伝達に使われるセンサーとしての可能性が出てくるのではないだろうか?

この3年間、一般の人々が技術や医学の発展に遅れずについていき、これまで知られていなかった分野を研究してきたことは、博士号取得に値すると私は考えている。パンデミックを卒業した他の仲間たちと同様、私は、このようなさまざまな技術分野が衝突し、癒着し、光の速さで進歩し、一般の男女が、自分たちの身体や家族、生活にこのような複雑さや侵入を選ぶかどうか相談することもないのは、不合理なことだと考えている。これは、認識、さらなる研究、考察を求めるものである。あなたはその証拠を見てどう思うだろうか?

免責事項:この記事で述べられている見解はフランチェスカ自身のものであり、必ずしも世界健康評議会を代表するものではない。

参考文献

Adhikary R. et al (2015).HIV感染の標的化プラットフォームとしてのスマートナノ粒子。Nanoscale.2015 May 7;7(17):7520-34. doi: 10.1039/c5nr01285f.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25874901/
血液脳関門を通過する輸送が外部磁気の影響により3倍に増加することを具体的に示す。

オーストラリアの科学者(2022年4月8日)。速報:オーストラリアの内部告発科学者がナノテクと酸化グラフェンの証拠を提供。Zeee Media.
zeeemedia.com/interview/uncensored-whistleblower-scientists-confirm-nanotech-the-great-reset/

オーストリアの科学者(2021年9月20日)。COVID-19ワクチンの未申告成分。病理学研究所(ロイトリンゲン)での記者会見発表
pathologie-konferenz.de/en/

Azarnezhad, A. et al.脂質ベースのナノ構造の毒性学的プロファイル:完全に安全なナノキャリアと考えられるだろうか?2020 Feb;50(2):148-176. doi: 10.1080/10408444.2020.1719974.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32053030/

Baric, R (2015).キメラコロナウイルススパイクプロテインのための方法および組成物。米国特許US9884895B2
patents.google.com/patent/US9884895B2/en?q=(コロナウイルス) &oq=coronavirus

Birò, L.P., (2012).グラフェン:ナノスケール加工と最近の応用。Nanoscale, 2012 Mar 21;4(6):1824-39. doi: 10.1039/c1nr11067e.
pubmed. ncbi.nlm.nih.gov/22080243/

Biscardi, D. (2021), Graphene oxide and other adjuvants in vaccines.
www.…europereloaded.com/dr-domenico-biscardi-found-dead-in-his-home-after-announcement-about-covid-vaccin

Blain, L. et al. (2014) 不思議な素材グラフェンは人間と環境に危険な可能性
newatlas.com/graphene-bad-for-environment-toxic-for-humans/31851/

Boothroyd, S. (2015) 概念的な自己組織化グラフェンナノコンテナ
pubs.rsc.org/en/content/articlepdf/2015/nr/c5nr02825f.

Bornhoeft, LR et al. (2016) Teslaphoresis of Carbon Nanotubes.ACS Nano.2016 Apr 26;10(4):4873-81.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27074626/;
…unshackledminds.com/graphene-nanotubes-behaviour-under-emf-5g-stimulation-tesla-phoresis-self-assemb

ボタ, Z. (2021).”J&J – Dr Zandre Botha Reveals Self Assembly Nano Particles”.真実を知る
www.knowingthetruth.com/jj-dr-zandre-botha-reveals-self-assembly-nano-particles/

Burkhardt, Lang & Bergholzらの報告(2021)。COVID-19ワクチン接種後の死因とCOVID-19ワクチンの未申告成分、
odysee.com/@en:a5/PK_Tot-durch-Impfung_english: a

Campra, P. (2021, 11月 2)。マイクロラマン分光法による。COVID19 ワクチン中のグラフェンの検出。テクニカルレポート。https://www.dropbox.com/s/tnnq4ftw818chmx/FINAL_VERSI%C3%93N_CAMPRA_REPORT_DETECTION_GRAイングランド公衆衛生サービスNE_IN_COVID19_VACCINES.pdf?dl=0;
…www.researchgate.net/publication/356507702_MICROSTRUCTURES_IN_COVID_VACCINES_inorganic_crystals_or_W

Cao, Z. et al. (2021) Carboxyl graphene oxide nanoparticles induce neurodevelopmental defects and locomotor disorders in zebrafish larvae.Chemosphere.2021 May;270:128611.2020.128611.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33092822/

Chakravarty, M. et al. (2020) ナノテクノロジーに基づく抗ウイルス治療薬。Drug Deliv Transl Res:748-787.
www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7398286/#!po=70.9738

Chen, Z. et al. (2020) 異なるサイズの酸化グラフェン粒子がゼブラフィッシュ胚発生に及ぼす毒性影響。Ecotoxicology and Environmental Safety,Volume 197, 1 July 2020, 110608.
www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0147651320304474

Chng ELK, Pumera M. (2015) グラフェン関連材料と遷移金属ジカルコゲナイドの毒性。Rsc Advances.2015;5(4):3074-80.
…www.researchgate.net/publication/276261944_Toxicity_of_graphene_related_materials_and_transition_met

Chung, S. et al. (2021) Graphene Quantum Dots and Their Applications in Bioimaging, Biosensing, and Therapy.Adv Mater.2021 Jun;33(22):e1904362.

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31833101/

Chuvulin, A. et al. (2011) 単層カーボンナノチューブ内での硫黄末端グラフェンナノリボンの自己組織化。Nature Materials, vol.10, pages 687-692 (2011)
www.nature.com/articles/nmat3082

Cipelli, R.B. et al (2022)
…www.semanticscholar.org/paper/Dark-Field-Microscopic-Analysis-on-the-Blood-of-or-Cipelli-Giovannini/ …www.semanticscholar.org/paper/Dark-Field-Microscopic-Analysis-on-the-Blood-of-or-Cipelli-Giovannini/)

Corbo, C et al (2015).The impact of nanoparticle protein corona on cytotoxicity, immunotoxicity and target drug delivery.nanomedicinevol.11, NO.1..
www. futuremedicine.com/doi/10.2217/nnm.15.188

Dai, H. et al (2006).細胞内への薬物送達のためのトランスポーターとしての疎水性ナノチューブおよびナノ粒子。米国特許US20060275371A1
. patents. google.com/patent/US20060275371A1/en

Delgado Martin, R. (2022, 14 January).光学顕微鏡によるファイザー社製バキュームのマイクロテクノロジーと人工パトロンの可能性の特定
www.orwell.city/2022/01/lqc-report.html.

Delgado Martin, R. & Sevillano R. (2023) Quinta Columna “The Game is Over “の完全版カンファレンス。
odysee.com/@laquintacolumna:8/CONFERENCIA-19-MARZO-EDITADA1:6

Deng, W. et al (2022).COVID-19のマスク。Adv Sci (Weinh).2022 Jan; 9(3):2102189.
www. ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8787406/

Deruelle, F. (2022) 製薬業界は健康にとって危険である。COVID-19によるさらなる証明。Surgical Neurology International, 13(Whitsun):475.
…www.researchgate.net/publication/364617778_The_pharmaceutical_industry_is_dangerous_to_health_Furthe

Dong, C. et al. (2021) インフルエンザHA/GO-PEIナノ粒子による経鼻ワクチン接種は、同種および異種株に対する免疫防御を提供する。

www.pnas.org/content/pnas/118/19/e2024998118.full.pdf

Dudek, I et al (2015).The Molecular Influence of Graphene and Graphene Oxide on the Immune System Under In Vitro and In Vivo Conditions.Arch Immunol Ther Exp (Warsz).2016 Jun;64(3):195-215. doi: 10.1007/s00005-015-0369-3.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26502273/

暴露ニュース(2023)。速報:ファイザー社の機密文書により、酸化グラフェンがコロナワクチンに含まれていることが確認
expose-news.com/2023/03/31/how-to-remove-graphene-confirmed-in-covid-vaccines/された。https://expose-news.com/2023/03/31/how-to-remove-graphene-confirmed-in-covid-vaccines/

Fadeel, B. et al. (2018) Safety Assessment of Graphene-Based Materials:ヒトの健康と環境に焦点を当てて
pubs.acs.org/doi/10.1021/acsnano.8b04758

Frontiñan-Rubio, J. et al. (2022) ヒト初代肺細胞におけるグラフェン関連物質の毒性を迅速かつ効率的に試験。Scientific Reports, 12巻, 記事番号:7664 (2022).
www.nature.com/articles/s41598-022-11840-2

Feng W.J. (2021) Biomedical applications of chitosan-graphene oxide nanocomposites. iScience, 2021 Dec 13;25(1):103629. doi: 10.1016/j.isci.2021.103629.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35106467/

Gao, X. et al (2022).キトサンナノ粒子をベースとした経鼻ワクチンキャリアの開発と最適化。Molecules 2022, 27, 204.doi.org/10.3390/molecules27010204 doi.org/10.3390/molecules27010204.
…www.researchgate.net/publication/357423916_Development_and_Optimization_of_Chitosan_Nanoparticle-Bas

Gazzeri, R. (2022).走査型および伝染型電子顕微鏡による。CoV-19 ワクチンの酸化グラフェンの発見。Acta Scientific MEDICAL SCIENCES (ISSN: 2582-0931)nVolume 6 Issue 8 August 2022
…www.semanticscholar.org/paper/Scanning-and-Transmission-Electron-Microscopy-Oxide-Gazzeri/bfaec06cce …www.semanticscholar.org/paper/Scanning-and-Transmission-Electron-Microscopy-Oxide-Gazzeri/bfaec06cce).

Giovannini, F., Benzi-Cipelli, R., & Pisano, G. (2022).Pfizer/BioNtechまたはモデルナからの抗COVID mRNAワクチン後の1,006人の症候性人の血液に関する暗視野顕微鏡分析。International Journal of Vaccine Theory, Practice, and Research 2(2), 385-444.
ijvtpr.com/index.php/IJVTPR/article/view/47/80

Google特許(2023)。”Graphene Oxide Vaccines”, 13,979件の検索結果
。https://patents.google.com/?q(graphene+oxide+vaccines)&oq=graphene+oxide+vaccines。

Gubala, V. et al (2018) Engineered nanomaterials and human health:Part 2.Applications and nanotoxicology (IUPAC Technical Report). Pure and Applied Chemistrydoi.org/10.1515/pac-2017-0102 doi.org/10.1515/pac-2017-0102.
www.degruyter.com/document/doi/10.1515/pac-2017-0102/html

ギレ D. (2023).ホモ・キメラニクス:昆虫ベースの食事による
キチン化は、食品や医薬品のグラフェン化との相乗効果で、新しいキメラのようなつながりのあるヒト生物を生み出している。

Fu, C. et al (2015) 授乳期の子マウスの発育に及ぼす酸化グラフェンの効果。Biomaterials.2015;40:23–31.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25498802/

Gurunathan, S. et al. (2019) Evaluation of Graphene Oxide Induced Cellular Toxicity and Transcriptome Analysis in Human Embryonic Kidney Cells.Nanomaterials (Basel), 2019 Jul 2;9(7):969. doi: 10.3390/nano9070969.

Hanan R. H. Mohamed et al. (2019) Induction of chromosomal and DNA damage and histological alterations by graphene oxide nanoparticles in Swiss mice.Drug and Chemical Toxicology.オンライン公開
。https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31368372/

Huang XF et al. (2016) Ignition and combustion characteristics of jet fuel liquid film containing graphene powders at meso-scale.Fuel, Volume 177, 1 August 2016, Pages 113-122.
www. sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0016236116300345

Hugues, D. (2022) いわゆるCOVID-19「ワクチン」には何が含まれているのか?第1部人類に対する世界的犯罪の証拠ijvtpr.com/index.php/IJVTPR/article/view/52 ijvtpr.com/index.php/IJVTPR/article/view/52;
rumble.com/v2075ss-26-labs-c19-vial-contents-comparison-presentationpaper.html

Iturriga G. (2021) OPTICAL ELECTRON MICROSCOPY ANALYSIS AND EDX CHARACTERIZATION DETECTION OF GRAイングランド公衆衛生サービスNE NANOPARTICLES (OR DERIVATIVES) IN VIALS,www.orwell.city/2021/12/chile.html www.orwell.city/2021/12/chile.html,www.docdroid.net/aW7FEWs/informe-viales-astrazeneca-laser-beam-technology-chile-pdf
…www.docdroid.net/nXwKgDr/optical-electron-microscopy-analysis-and-edx-characterization-detection-of-

Kucki, M. et al. (2018) Impact of graphene oxide on human placental trophoblast viability, functionality and barrier integrity.
iopscience.iop.org/article/10.1088/2053-1583/aab9e2/pdf

Kumar, S. (2020).グラフェン系材料の物理化学的特性と分子吸着、構造、細胞運命との関連性。Communications Chemistry, volume 3, Article number: 8 (2020).
www. nature.com/articles/s42004-019-0254-9

Kuscu, M et al (2021).Internet of Nano Things(IoNT)のためのグラフェンベース分子通信レシーバーの作製とマイクロ流体解析。Scientific Reports, 11巻, 記事番号:19600.
www.nature.com/articles/s41598-021-98609-1

Latigan, K. et al. (2018) Effects of Graphene Oxide Nanoparticles on the Immune System Biomarkers Produced by RAW 264.7 and Human Whole Blood Cell Cultures.Nanomaterials (Basel).2018 Feb; 8(2):125.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29495255/

Lee, JH. et al. (2016) グラフェンナノプレートレット製造職場の曝露モニタリング。Inhal Toxicol.2016;28(6):281–91.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27055369/

Lee, Y. M. et al.COVID-19ワクチン接種者の血液サンプル中の異物。International Journal of Vaccine Theory, Practice, and Research 2(1), 249-265.
…www.researchgate.net/publication/360815298_Foreign_Materials_in_Blood_Samples_of_Recipients_of_COVID

Li, B. et al. (2014) Influence of polyethylene glycol coating on biodistribution and toxicity of nanoscale graphene oxide in mice after intravenous injection.Int J Nanomedicine.2014;9:4697–707.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25356071/

Li, B. et al. (2013) 酸化グラフェン気管内注入マウスの生体内分布と肺毒性。NPG Asia Mater.2013;5:E44.
…www.researchgate.net/publication/260219537_Biodistribution_and_pulmonary_toxicity_of_intratracheally

Liu, LJ et al. (2021) 癌治療のための酸化グラフェン系多機能ナノ材料の最近の進展。Cancer Nanotechnology, volume 12, Article number: 18 (2021).
cancer-nano.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12645-021-00087-7

Liu, Y. et al. (2013) 酸化グラフェンは試験管内試験および生体内試験での突然変異誘発に有効である。Sci Rep. 2013;3:3469.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24326739/

Liu, Z et al (2020) Recent Advances on Magnetic Sensitive Hydrogels in Tissue Engineering.2020; 8: 124.
www. ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7068712/

Lozovskis, P. et al. (2020) Effect of Graphene Oxide and Silver Nanoparticles Hybrid Composite on P. aeruginosa Strains with Acquired Resistance Genes.Int J Nanomedicine, 2020 Jul 17;15:5147-5163.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32764942/

Luisetto M. et al. (2023) Electronic Devices (WCR) and COVID-19 Vaccine ADR: Myocarditys and Pericarditis -Epidemiology and Physiology of An Interesting Phenomena.International Journal of Advanced Research in Science, Communication and Technology (IJARSCT).Volume 3, Issue 1, April 2023.
www. …researchgate.net/publication/369920558_Electronic_Devices_WCR_and_COVID-19_Vaccine_ADR_Myocarditys_a

Lu, P. et al. (2020) 哺乳類細胞における酸化グラフェン誘導体の細胞毒性に関するメカニズム的洞察.Chem.Res. Toxicol.2020, 33, 9, 2247-2260.
pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.chemrestox.9b00391

Madej, C. (2021b).倍率400倍のJ&Jとモデルナ Vax。Stew Peters TV.
…www.europereloaded.com/dr-carrie-madej-talks-to-stew-peters-are-these-vaccines-the-beginning-of-tran

Martin, C. et al (2017).グラフェンがポリアクリルアミドハイドロゲルの生体適合性を改善:神経細胞成長のための3D高分子足場。
サイエンティフィック・リポーツ

vol.7, 記事番号:10942 (2017).
www. nature.com/articles/s41598-017-11359-x

Mei, L. et al (2020).細菌感染創傷に対する増強グラフェン量子ドット-光照射療法。ACS Appl Mater Interfaces, 2020 Sep 9;12(36):40153-40162. doi: 10.1021/acsami.0c13237.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32805864/

Maynard, RL.(2012) ナノテクノロジーとナノ毒性学。Emerg Health Threats J. 2012.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22662021/

Melnick, R. (2019) 健康への悪影響の所見を最小化することを目的とした根拠のない批判にもかかわらず、ヒトの健康リスクを評価するための携帯電話の高周波放射線データに関する国家毒性プログラムの研究の有用性に関する解説。Environmental Research,Volume 168, January 2019, Pages 1-6.
www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0013935118304973

Milhacea, A. (2023).汚染された食品供給がワクチン未接種の生きた血液分析所見の一因か?食料品の肉製品における暗視野血液分析。anamihalceamdphd.substack.com/p/contaminated-food
supply-contributing

MIT (2013).生物学的自己組織化ナノチューブ。米国特許US20140000688A1。https://patents.google.com/patent/US20140000688A1/en?q=(coronavirus+graphene)&assignee=Massachusetts+ Institute
+Of+Technology

Mohamed, M. et al. (2020) PEG化リポソーム:免疫学的応答. ci Technol Adv Mater, 2019 Jun 26;20(1):710-724. pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31275462/

Montagnier, L. et al. (2020) HIV MAN-MANIPULATED CORONAVIRUS GENOME EVOLUTION TRENDS.Zenodo/Science Open.
www.scienceopen.com/document?vid=352c7fc2-4d7c-4f05-83e2-0306517c2f16

Monteverde M. “Cansino、Pfizer、AstraZeneca、Sinopharm、Sputnikの予防接種バイアルに含まれる酸化グラフェンとマイクロテクノロジーの特定”.january 27, 2022.
www.orwell.city/2022/01/argentina.html

Mosadegh, S. et al (2022).酸化グラフェン添加エタノール飛沫燃焼:着火遅れと燃焼速度への微粒化の寄与。Combustion and Flame,Volume 238, April 2022, 111748.
www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0010218021004910

長瀬大拙(2022年4月18日).長瀬博士がコロナワクチンの画像を検証、「生命の要素」は見られず。Western Standard.
rumble.com/v11go0d-watch-dr.-nagase-reviews-images-from-covid-vaccines-shows-no-elements-of-li.html

Newman L. et al. (2020) Nose-to-Brain Translocation and Cerebral Biodegradation of Thin Graphene Oxide Nanosheets.Cell reports physical science, ARTICLE|VOLUME 1, ISSUE 9, 100176.
www.cell.com/cell-reports-physical-science/fulltext/S2666-3864(20)30187-9

Nezakati, T. et al (2014) 医療応用を目的とした化学修飾グラフェン系材料の毒性学。Arch Toxicol.2014;88(11):1987–2012.
link.springer.com/content/pdf/10.1007/s00204-014-1361-0.pdf

Nirmar, N.K. et al. (2017) Effects of Nano-Graphene Oxide on Testis, Epididymis and Fertility of Wistar Rats.全文リンク。2017 Sep;121(3):202-210. doi: 10.1111/bcpt.12782
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28371123/.

Nixon, D. (2022).顕微鏡所見でワクチンの技術を示すマリア・ジーへのインタビュー
rumble.com/v26rh5i-maria-zeee-uncensored-dr.-david-nixon-jan-20-2023.html

Noack, A. (2021), LEAKED PFIZER C19 BIOWEAPON MICROSCOPY VIDEO,
rumble.com/vpupk3-graphene-razor-blades-found-in-the-covid-vaccines-dr.-andreas-noack.html

Nyberg, N.J. et al. (2022) The European Union prioritises economics over health in rollout of radiofrequency technologies. h
ttps://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36129168/

Ou, L. et al. (2016) Toxicity of graphene-family nanoparticles: a general review of origins and mechanisms.Particle and Fibre Toxicology, volume 13, Article number: 57 (2016).
particleandfibretoxicology.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12989-016-0168-y

Pahuja, R. et al (2015).Trans-Blood Brain Barrier Delivery of Dopamine-Loaded Nanoparticles Reverses Functional Deficits in Parkinsonian Rats.ACS Nano 2015, 9, 5, 4850-4871.
pubs.acs.org/doi/10.1021/nn506408v

Palmieri, V. Et al. (2019) Graphene oxide touches blood: 生体内試験 interactions of bio-coronated 2D materials.Nanoscale Horiz, 2019 Mar 1;4(2):273-290. doi: 10.1039/c8nh00318a
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32254085/.

Park, J. et al (2023).Injectable Conductive Hydrogels with Tunable Degradability as Novel Implantable Bioelectrodes.Nano – Micro – SMALL.
onlinelibrary. wiley.com/doi/10.1002/smll.202300250

Patlolla, A.K. et al. (2016) Toxicity Evaluation of Graphene Oxide in Kidneys of Sprague-Dawley Rats.Int J Environ Res Public Health, 2016 Mar 29;13(4):380. doi: 10.3390/ijerph13040380
. pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27043588/.

Peeters, C. (2022).グラフェンの健康
brownstone.org/articles/the-health-risks-of-graphene/リスク brownstone.org/articles/the-health-risks-of-graphene/

Perez, J. C. Montagnier, L. (2020).COVID-19、SARSおよびコウモリコロナウイルスゲノム特有の相同RNA配列。International Journal of Research -GRANTHAALAYAH, 8(7), 217-263.
…www.researchgate.net/publication/353754680_Perez_J_C_Montagnier_L_2020_COVID-19_SARS_AND_BATS_CORONA

Qu, G. et al (2013) 酸化グラフェンはマクロファージにおいてTLR4依存性壊死を誘導する。ACS Nano, 2013 Jul 23;7(7):5732-45. doi: 10.1021/nn402330b.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23734789/

Rajabathar, JR. (2020) Review on Carbon Nanotube Varieties for Healthcare Application:
www.mdpi.com/2227-9717/8/12/1654。

Reissner, H. (2021).産業エンジニアの内部告発:ワクチンからグラフェンの破片を発見。Wa(h)re Gesundheit.
www.bitchute.com/video/An0NPf7GSymL/

Rubik, B., Brown, R.R.(2021)コロナウイルス疾患-19と5Gを含む無線通信からの高周波放射への曝露との関連性の証拠。In J Clin Transl Res. 2021年10月26日 .
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34778597/

Saeednia, L et al (2017).持続的薬物送達アプリケーションのための感温性キトサン-グラフェンハイブリッドヒドロゲルの構造および生物学的特性。J Biomed Mater Res A, 2017 Sep;105(9):2381-2390. doi: 10.1002/jbm.a.36096. pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28445606/

Saiyid, Z. et al (2010).血液脳関門を通過する標的送達のためのアジドチミジン5′-三リン酸の磁性ナノフォーミュレーション。Int J Nanomedicine.2010 Apr 7;5:157-66. doi: 10.2147/ijn.s8905.
www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2865010/pdf/ijn-5-157.pdf

Salatin, S. et al (2017).Hydrogel nanoparticles and nanocomposites for nasal drug/vaccine delivery.Archives of Pharmacal Research, volume 39, pages 1181-1192 (2016).
link.springer.com/article/10.1007/s12272-016-0782-0#citeas

Saleh,DMら(2022) 二重壁カーボンナノチューブ気管内注入後のラット肺における毒性と発がん性の評価:2年間の研究。Particle and Fibre Toxicology, volume 19, Article number: 30 (2022).
particleandfibretoxicology. biomedcentral.com/articles/10.1186/s12989-022-00469-8

Sanchez, V. et al. (2012) グラフェンファミリーナノ材料の生物学的相互作用:An Interdisciplinary Review.Chem.Res. Toxicol.2012, 25, 1, 15-34.

pubs.acs.org/doi/10.1021/tx200339h

Sarlangue, G., Devilleger, J., Trillaud, P., Fouchet, S., Taillasson, L., and Catteau, G. (2021, November 30).プロジェクトBluetooth Expérience X.
www.nakim.org/israel-forums/download.php?id=920–

Schinwald, A. et al. (2012) グラフェン系ナノプレートレット:その特異な空気力学的特性の結果として呼吸器系に生じる新たなリスク。ACS Nano, 2012 Jan 24;6(1):736-46. doi: 10.1021/nn204229f.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22195731/

Sevillano, JL (2020).Covidのフェーズは、放射線照射の影響と時系列的に対応している。Periodista Digital.
www. …periodistadigital.com/politica/opinion/20200921/doctor-jose-luis-sevillano-fases-covid-corresponden-

Smith, K. (2022).グラフェン、ナノネットワーク、Internet of Nanothings(IoNT)に基づくCoVidワクチン
…www.researchgate.net/publication/358150548_CoVid_vaccines_based_on_graphene_nanonetwork_and_Internet

Song, H.S. et al (2017).バイオセンサーおよびバイオエレクトロニクスのための2Dグラフェン材料をドープした3Dヒドロゲル足場。Biosens Bioelectron 2017 Mar 15;89(Pt 1):187-200.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27020065/

Su, W.C. et al. (2015) ヒト上気道におけるグラフェンナノ物質エアロゾルの沈着。J Occup Environ Hyg.2015;13(1):1–34.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26317666/

Suzuki, K et al (2020).セルロースとキチンを豊富に含むバイオマスからグラファイトシェル鎖を選択的かつ効率的に生産。
Scientific Reports、第10巻、論文番号:12131。

www.nature.com/articles/s41598-020-69156-y

Thabitha, P. et al. (2018) A Review on Graphene-Based Nanomaterials in Biomedical Applications and Risks in Environment and Health.
Nano-Micro Letters 10巻、記事番号:53。

link.springer.com/article/10.1007/s40820-018-0206-4

Tonelli,FMP.ら(2015)Graphene-based nanomaterials: biological and medical applications and toxicity.Nanomedicine.2015;10(15):2423–50.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26244905/

Tsiang,A.,Havas,M.(2021)COVID-19に起因する症例および死亡は、米国で第5世代ミリ波無線通信が行われている州および郡で統計的に高い。環境科学、医学研究史料館、Vol.9 No.4 (2021):Vol.9 Issue 4 2021年4月号.
…www.semanticscholar.org/paper/COVID-19-Attributed-Cases-and-Deaths-are-Higher-in-tsiang-Havas/f07e44

Ungaro, F. et al (2012).抗生物質の肺デリバリーのためのPLGAナノ粒子をベースとしたドライパウダー:親水性ポリマーによるカプセル化効率、放出速度、肺沈着パターンの調節。J Control Release, 2012 Jan 10;157(1):149-59.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21864595/

Valdiglesias, V. (2022).ナノ材料の細胞毒性と遺伝毒性。
Nanomaterials (Basel). 2022 Feb; 12(4):634.

Van Welbergen, P. (2022)
…archives.lovinglifetv.com/video/368/dr-philippe—the-blood-slides-confirming-shedding-to-the-unvaxx …archives.lovinglifetv.com/video/368/dr-philippe—the-blood-slides-confirming-shedding-to-the-unvaxx

Verkerk, R. (2021).COVID-19ワクチン内容:EbMCの2乗CiC試験予備所見。h
ttps://worldcouncilforhealth.org/multimedia/COVID-19-vaccines-contents-prelim-summary-rob-verkerk/

Wagh, P. et al (2022).リー・メリット博士へのインタビュー:2300本のワクチン瓶の中身を分析。毒素を発見、遺伝物質はなし;
expose-news.com/2022/08/29/covid-injections-contain-hydrogel-and-graphene-oxide/ rumble.com/v1gybwv-poornima-wagh-colleagues-analyzed-contents-of-2300-vaxx-vials.-found-toxins.html; expose-news.com/2022/08/29/covid-injections-contain-hydrogel-and-graphene-oxide/

Wakeling R. (2022).
odysee.com/@drsambailey:c/pfizer-injected-blood-under-the-microscope:6

Wang, D. et al. (2015) グラフェン量子ドットは細胞内でDNA損傷を引き起こすか?Nanoscale.2015;7(21):9894–901.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25967921/

Wang, K. et al (2018).One-pot synthesis of graphene/chitin nanofibers hybrids and their remarkable reinforcement on Poly(vinyl alcohol).Carbohydr Polym, 2018 Aug 15;194:146-153. doi: 10.1016/j.carbpol.2018.04.036.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29801822/

Welbergen, P. van. (2021).VaxxedとUnvaxxedに還元型グラフェン酸化物を発見
…ugetube.com/watch/dr-philippe-van-welbergen-reduced-graphene-oxide-found-in-vaxxed-and-unvaxxed_DkiD.

Wen, K.P. et al. (2015) 機能化酸化グラフェンのマウス静脈内注射による蓄積と毒性。J Appl Toxicol.2015;35(10):1211-8.
analyticalsciencejournals.onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/jat.3187

Yadav, S. et al.(2022) An Update on Graphene Oxide:用途と毒性.ACS Omega.2022 Oct 11; 7(40):35387-35445.
www. ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9558614/

Yan, T. et al (2017).Chitosan-Functionalized Graphene Oxide as a Potential Immunoadjuvant.Nanomaterials (Basel).2017 Mar; 7(3):59.
www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5388161/#B24-nanomaterials-07-00059

Yang, K. et al (2011) マウスにおける。PEG 化グラフェンのIn vivo 薬物動態、長期生体内分布、および毒性。ACS Nano.2011;5(1):516–22.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21834646/

Yang, K. et al. (2013) 機能化ナノ酸化グラフェンのマウスにおける経口および腹腔内投与後の生体内分布と毒性。Biomaterials.2013;34(11):2787–95.
www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0142961213000094

Yanowitz, S. (2022).C19注射用バイアルにおける自己組織化構造の証拠
www.bitchute.com/video/kasL4PPvBTry/。

Young, R. O. (2021, February 5).走査型および伝染型電子顕微鏡がCoV-19ワクチン中の酸化グラフェンと寄生虫を発見。ロバート・ヤング博士
…www.drrobertyoung.com/post/transmission-electron-microscopy-reveals-graphene-oxide-in-cov-19-vaccine

Yu, C. et al (2020).忘却能力を持つ動的記憶としてのハイドロゲル。米国科学アカデミー紀要。DOI: 10.1073/pnas.2006842117..
www.pnas.org/doi/full/10.1073/pnas.2006842117

Yu, S. et al (2020).ワクチン応用における4級化キトサンナノ粒子。Curr Med Chem, 2020;27(30):4932-4944. doi: 10.2174/0929867326666190227192527.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30827229/

Yuan, Y. et al. (2021) Graphene Oxide-Silver Nanoparticle Nanocomposites Induce Oxidative Stress and Aberrant Methylation in Caprine Fetal Fibroblast Cells.Cells.2021 Mar; 10(3):682.
www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8003532/

Zalewski, F. (2021).電子顕微鏡で見たワクチン中のアルミニウム塩基性生命体
www.bitchute.com/video/45rx8vafSfWS/.

Zhang, D et al (2020).Multi-Field Synergy Manipulating Soft Polymeric Hydrogel Transformers.Advanced Intelligent Systems,doi.org/10.1002/aisy.202000208..
onlinelibrary.wiley.com/doi/pdfdirect/10.1002/aisy.202000208

Zhang, L. et al. (2010) 脳におけるカーボンナノチューブの取り込みと毒性。Methods Mol Biol, 2010;625:55-65. doi: 10.1007/978-1-60761-579-8_6.
pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20422381/

Zhang, X. et al (2022).グラフェンファミリーナノ材料の植物成長への影響:A Review.Nanomaterials (Basel).2022 Mar; 12(6):936.
www. ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8949508/

Zhang,Z.(2021)ワクチンアジュバントとしての炭水化物含有ナノ粒子。2021年6月Expert Review of Vaccines 20(10).
…www.researchgate.net/publication/352240555_Carbohydrate-containing_nanoparticles_as_vaccine_adjuvant

Zeee, M. Australian scientists summary (2022)
. zeeemedia.com/interview/uncensored-whistleblower-scientists-confirm-nanotech-the-great-reset/.

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました