"daniel broudy"

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

誰(WHO)が糸を引いているのか?コビッド注射とバイオナノ物質のインターネット パート4:新しいヒトノードの接続テスト
WHO’s Pulling the Strings? Covid Injections and the Internet of Bio-Nano Things, Part 4: Testing New Human Nodes of Connectivity

WHO’s Pulling the Strings? Covid Injections and the Internet of Bio-Nano Things, Part 4: Testing New Human Nodes of Connectivity Lissa Johns
LGBTQ、ジェンダー、リベラリズム

学術記事:民間を装った軍事作戦 パート3:バイオ・ナノのガバナンスと人類2.0の利用規約
Military Operations in Civilian Disguise, Part 3: Bio-Nano Governance and Terms of Use for Humans 2.0

Military Operations in Civilian Disguise, Part 3: Bio-Nano Governance and Terms of Use for Humans 2.0 Lissa Johnson Daniel Broudy David A. H
PANDA,PROPAGANDA IN FOCUS

トランスヒューマニズムの未来 パート2:十字線上の人類

Transhumanist Futures, Part 2: Humanity in the Crosshairs Lissa Johnson Daniel Broudy David A. Hughes 要約 パート1で概説した人類に対するトランスヒューマニストのキャンペーンは、
LGBTQ、ジェンダー、リベラリズム

トランスヒューマニズムを地上にもたらす パート1 – 超越の偽りの約束にまみれた軍事諜報活動

Bringing Transhumanism Down to Earth, Part 1 - Military Intelligence Operations Cloaked in the False Promise of Transcendence Lissa Johnson 
アンリミテッド・ハングアウト

COVID-19 – 大衆形成か大衆虐殺か?
Covid-19 – Mass Formation or Mass Atrocity?

マティアス・デスメの「大衆形成」論は、2022年に大きな注目を集めた。デスメの著書『全体主義の心理学』の書評では、それが残虐行為の心理を現していること、そして「大衆形成」が逆説的にコビッド19時代に行われた集団残虐行為を正当化する役割を果たしていることを論じる。 2022年11月
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

シュプリンガー:「Covid-19」心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 第1巻
“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy Volume 1

“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy 「Covid-19」、心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 デイヴィッド・A・ヒューズ(David A. Hughes) 英国リンカーン大学社
酸化グラフェン・ナノ粒子

いわゆるCOVID-19「ワクチン」には何が入っているのか?第一部
人類に対するグローバルな犯罪の証拠

What is in the so-calledCOVID-19 “Vaccines”? Part 1: Evidence of a Global Crime Against Humanity デビッド・A・ヒューズ博士 リンカーン大学国際関係学上級講師、ブレイフォード・プール、