フィンランドにおけるサウナ入浴頻度とCOVID-19の影響

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

コロナウイルス温熱療法・発熱・サウナ
Sauna bathing frequency in Finland and the impact of COVID-19

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33197669/

ハイライト

  • 無作為に選ばれた1000人のフィンランド人のうち60%近くが週に1回以上サウナを利用していた。
  • サウナを利用する頻度は、男性の方が女性よりも高く、35歳以下の女性が最も少ないという結果になった。
  • 参加者のわずか8%が週4回以上サウナを利用して、サウナで期待される最大の健康効果を達成している。
  • COVID-19パンデミックの結果、サウナ利用制限に起因する可能性が高いサウナ入浴頻度が20%減少した。
  • 感染症との関連でサウナに対する批判的な態度を示した参加者が多かった。

要旨

目的

最近の研究では、頻繁にサウナに入ることが健康上のメリットになる可能性があることが明らかになっている。フィンランドは、並外れたサウナ文化と入浴の機会がある国である。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、共有サウナ施設への規制と前例のない閉鎖が導入された。本研究では、これまで知られていなかったベースラインの入浴頻度と、パンデミック中の変化の可能性を調べることを目的とした。

研究のデザイン

18~75歳のフィンランド人の代表サンプル1000人を対象に、サウナ入浴の頻度、その変化の可能性、変化の理由、健康効果に関する信念など、サウナ入浴のいくつかの側面を自己申告で調査した。このオンライン調査は 2020年5月に実施した。

調査結果

パンデミック前は、回答者の59%が週に1回以上サウナを楽しんでいた。パンデミックが始まってからは、最大23%の人が入浴を減らしたり、やめたりしていた。これは、サウナへのアクセスが制限されていることが原因であることが多い。しかし、回答者の11%は入浴頻度が高くなり、その理由はリラクゼーションや暇つぶしのためであることがわかった。これらの調査結果は、健康増進を目的とした国民的娯楽である入浴に驚くほど柔軟性があることを示している。男性は全体的に女性よりも積極的に入浴しており、35 歳未満の女性は年配の女性よりもサウナを利用する機会が少ないことがわかった。週に4回以上入浴している人は全体の7.9%にとどまり、健康効果を最大化するための基準値を超えている。

結論

フィンランド人は積極的にサウナ浴をしている。COVID-19のパンデミックは、サウナ施設へのアクセスの良さに入浴頻度が左右されることを実証した。より頻繁な入浴が標準になれば、この柔軟性と幅広いアクセスを利用して、長期的に公衆衛生を改善できる可能性がある。

キーワード

フィンランドサウナサウナ入浴健康効果COVID-19

1. 序論

1 何世紀にもわたって、サウナは清潔と衛生のための主要な解決策として機能していた。例えば、サウナは1960年代に病院に取って代わられるまでは、出産の場として利用されていた。2 一般の人や医療関係者は、サウナ入浴が健康効果をもたらすと長い間信じていた。フィンランドのサウナ入浴は、高温(一般的には約80 °C / 180 °F)と比較的乾燥した環境への暴露が含まれる。熱にさらされることで、心血管系に大きな変化が生じる。サウナのセッション中、心拍数は120~150bpmまで上昇し、血圧は上昇し4,大量の発汗が始まる。サウナは、内皮依存性拡張の改善、動脈硬化の減少、自律神経系の調節、長期的には血圧の低下を介して心血管機能を促進することが示唆されている6, 7, 8。

いくつかのレビュー論文では、サウナの温熱状態が心血管系、神経系、精神系の健康に及ぼす様々な利点を取り上げている。9,10,11 サウナ入浴はまた、多くのホルモン反応を誘発するが、それらはほとんどが一時的なものである12,13,14 サウナの使用と様々な疾患の転帰に関する最近の証拠は、サウナの有益な効果のほとんどを達成するためには、少なくとも週に4回の入浴が必要であることを示している11,15,16,17。

フィンランドでは、20世紀半ば以降、ほとんどの新築住宅やアパートにサウナが設置されるようになった。その結果、フィンランドではサウナを頻繁に楽しむ機会が格別であり、サウナに関連した公衆衛生上の利点が存在する可能性がある。フィンランド東部の成人参加者1628人を対象とした研究では、週に2回、76℃の温度でサウナに入るのが最も典型的で、男性と若年層の参加者がサウナ利用頻度が最も高いと報告している3。

本研究は、フィンランドではサウナ入浴頻度に関する全国的な代表的なデータがないという事実に動機づけられている18 。したがって、本研究では、健康上の有益性が示唆されている閾値以上にサウナ入浴を定期的に利用している人の割合を評価した9,11 。フィンランドでは 2020年3月にCOVID-19パンデミックを抑止するための予防策が設定された。その結果、公共のサウナや住宅会社の住人の間で共有されているサウナの一部が閉鎖された。本研究では、ベースライン(パンデミック前)のサウナ行動とパンデミックによる変化の両方を理解することを目的としており、将来的には国際的なサウナベンチマーク19 との比較や、COVID-19に対応したライフスタイルの変化をより広く調査する新しい研究のために、パンデミックによる変化の可能性を理解することを目的としている。

2. 方法

調査項目は6項目で、そのうち2項目は条件付きであった。この調査には、サウナ入浴のベースライン、最近の変化とその理由、感染症に関する信念についての質問が含まれていた(付録を参照)。この調査は、より広範な電子調査に組み込まれている(サウナ関連調査項目の補足ファイルを参照)。調査の他のセクションの1つには、異なる生活習慣(喫煙、間食、家庭での運動など)とパンデミック中の変化についての28の質問が含まれてた。

市場調査会社(Bilendii)が2020年5月の最終週に回答するために、フィンランド人の回答者1,000人を疑似無作為にサンプリングした。サンプルは18歳から75歳までのフィンランド人をバランスよく調整し、性別、居住地、年齢、収入、職業、住宅の種類など多くの背景変数の点で全国的に代表することを意図した。この年齢層では少なくとも80%(65歳未満では95%以上)がインターネットを利用していることが知られているが、これはコントロールされていない。調査は、人口の87%が母語であるフィンランド語のみで行われた。

参加者は、いくつかの無関係な項目を組み合わせた広範な調査に回答することで報酬を得ていた。参加者はサウナ関連の質問の存在を知らされておらず、その質問にのみ回答することもできなかったため、自己選択ができなかった。

サンプルは、女性501人と男性499人の回答者で構成された(平均年齢M=46±16歳、M=47±17歳、女性と男性はそれぞれM±SD)。サンプルは5日以内に採取した。選択されたサンプリング方法では、約80,000人のボランティアからの参加者の大多数が、プロンプトなしで参加することを選択しているため、帰宅率は簡単な尺度ではない。しかし、サンプルのバランスをとり、代表的なものにするために、若い男性などの補足的な参加者は、10%という低い参加率で別途募集された。累積回帰率は利用できなかった。データ分析と統計的検定は、IBM SPSS 22 を用いて行い、Microsoft Excel で可視化した。

3. 結果

回答者の大多数が「週に1回以上」サウナに入浴している。サウナ入浴頻度の中央値は、ベースライン時に「週に2~3回」であった。サウナを利用したことがない人は全体の6.8%であった。男性は女性よりも入浴頻度が高く、図1に示すように、女性に比べて週に4回以上入浴する人が2倍多かった(それぞれ11%対5%、p<0.05)。第二に、女性は男性よりもサウナを「めったに」または「めったに」利用しないと報告していた。35歳以上の女性は、若い女性よりも頻繁に入浴していた(6つの年齢層におけるランク付け頻度のFriedmanの検定、p < 0.05)。男性では、年齢による傾向は見られなかった(図2参照)。

図1 フィンランドの18歳から75歳の男女の間で報告されたサウナ入浴の頻度

(N = 998). エラーバーは、カテゴリー割合の95%信頼区間を示す。

図2 サウナ入浴における年齢差は、週に1回以上サウナに通う女性と男性(合計N = 998)の割合の変化として示されている。

また、サウナへのアクセスには、住居タイプが関係していた。全体では 89%の人が集合住宅でプライベートサウナを利用していたが、62.4%にとどまった。戸建住宅に住んでいる人は、戸建住宅に住んでいる人に比べて、性別に関係なく、週に 4 回以上入浴する人が 3 倍近く多い(それぞれ 12.6%対 4.4%)。

3.1. COVID-19パンデミック時のサウナ入浴の変化

サウナ入浴者の大多数は、COVID-19パンデミック中も入浴習慣に変化はなかった(サウナを利用したことがある人の66.5%;詳細は表1参照)。全体では,COVID-19パンデミック期間中に入浴回数が減少した人は22.7%,増加した人は10.7%であった。サウナの入浴回数が減った人のうち、完全にあきらめた人は7.6%、大幅に減った人は9.0%であった。

表1 COVID-19 パンデミック時のサウナ利用、入浴頻度およびその変化に及ぼす住戸タイプの影響(N≧802)。

 

サウナの利用頻度の変化と住居タイプは関連しており、減少した人の多く(76.2%)はブロックハウスの住人であったのに対し、一戸建てや長屋(58.9%)では増加していた。また、ブロックハウスでは、入浴を減らした人の方が、増やした人よりも減らした人の方が4倍近く多かった。その他の住戸では、ほぼ同等の確率(9.7%対11.4%、減る人対増える人)であった。サウナを利用していない人では、ほぼ4倍の確率で減少した(55.9%対16.2%、サウナなし対サウナ)。

参加者は、変化の根本的な理由についての主張に答えた。サウナの利用を減らした理由として最も多かったのは「利用できない」(56%)で、次いで「共用サウナの利用が怖い」(28%)「特定できない病気」(14%)の順となった。入浴を増やす理由としては、「リラックスしたい(89%)」「時間を過ごしたい(84%)」が最も多く選ばれている。また、免疫力の向上(31%)住居の変更(22%)なども挙げられている。後者については、フィンランドでは4人に1人の割合で第二の家(山小屋や別荘)を持っていることからも分かるように、第二の家を変えたいとの回答が多い。

その他の生活習慣の変化についての質問では、一般的には変わらないと答えている。しかし、減少している活動はほとんどなかった。その中には、喫煙、飲酒、オンラインギャンブル、サウナなどが含まれており、回答者の3分の1以下が影響を受けてた(69%~78%の参加者では変化なし)。COVID-19期間中に最も増加した習慣は、ウォーキングやハイキング、友人とのメッセージや電話、テレビの視聴、屋外での運動、料理などであった。少なくとも3分の1の参加者がこれらの活動の増加を報告した(全体の37%~45%)。

3.2. サウナと感染症に関する信念

政策と健康への影響に関する意識的な質問に対して、参加者はサウナの利用と感染症との相互作用の可能性に対して一般的に批判的であることがわかった。大多数(73.5%)が共同利用サウナの閉鎖に賛成した(政策的な質問)。これは、サウナで感染症が感染するリスクがあるとの疑念と関連していた(66.8%が賛成)。回答者は一般的に、サウナが煙管の治療に役立つ(賛成26.5%)細菌やウイルスを不活性化する(21.5%)免疫力を高める(33.1%)などの効果があるとは考えていない。しかし、ほぼ4分の1の回答者が意見を述べていない(26%から 19%)。政策に関する意見はリスク認知と正の相関があり(r = .558,p < 0.01)健康関連の質問は互いに相関があった(r 範囲 0.356-0.602,p < 0.01)。

意見は回答者の背景によって軽度の影響を受けた。入浴頻度が高い人ほど、肯定的な効果をやや多く信じていると回答し(r = .171,p < 0.05)リスクと閉鎖方針に批判的であった(r = 0.100,p < 0.01)。週に4回以上入浴している人の中では、治癒、不活化、免疫に対する肯定的な信念は、平均的な回答者よりも53%-79%台高かった。

4. 結論

世界中には何百万ものサウナ施設があるが、その詳細な利用状況はほとんど知られていない。フィンランド人のサウナ入浴に関する世界初の代表的な調査では、フィンランド人のサウナ入浴頻度が高いことがわかった。90%以上の人が、少なくとも時々サウナに入っている。サウナ浴の頻度は男女で同じではなかった。女性は男性に比べてサウナの利用頻度が低く、特に35歳以下の女性はサウナの利用頻度が低いと報告している。これらの観察結果は、以前の研究と一致している16。

COVID-19パンデミック時の状況に直面して、一部の人は入浴回数を減らすことで反応し、他の人は入浴回数を増やすことで反応した。サウナ活動は、サウナへのアクセスに少なくとも部分的に影響を受けており、プライベートサウナを利用できない人はサウナ入浴を減らしたり、止めたりする傾向が強かった。他の生活習慣との比較から、サウナ入浴の減少は健康を意識した全体的な傾向の例外であり、サウナへのアクセスが制限されていたことが原因である可能性が高いと考えられる。将来的には、パンデミックの影響を受けた国をまたいで、これらの生活習慣の変化を評価することが可能になるはずである(20参照)。

定期的なサウナ入浴は、短時間の有酸素性身体活動4 の補助的なものであり、特に運動不足の人には、身体運動と同様の効果が得られることが示唆されている。国レベルでの潜在的な健康効果を評価したところ、参加者の10%未満が主な健康効果について提案されているしきい値を超えていることが観察された。このことは、フィンランドではサウナが国民の健康に影響を与える可能性がまだまだあることを示唆している。COVID-19パンデミック時の入浴頻度の柔軟性から、サウナの利用が変化する可能性があることが明らかになった。この研究では、サウナと健康関連の信念を全体的に扱うことはできなかったが、健康関連の前向きな研究結果が全国的なメディアで宣伝されたことで、このような状況下でサウナに好意的な意見を持つ人々の間でサウナ入浴がより頻繁に行われるようになったのではないだろうかと考えている。サウナと健康効果の因果関係が確認されれば、健康効果の認知度が上がることで、より一層の健康的な生活習慣の促進につながる可能性がある。しかし、健康効果の認知度や実際のサウナ関連の健康効果の有無との因果関係については、ここでは検討しておらず、健康状態の変化に伴うサウナ習慣の変化については検討できなかった。

調査結果を再現するために、他のサウナの多い国の代表的なサンプルを対象とした追加研究や同様のテーマの研究が必要である。サウナの健康上の利点についての質問を含む縦断的な研究は、健康促進のためのサウナに関する知識を深めることになるかもしれない。COVID-19パンデミック時の他の健康関連活動との比較は、広く普及した定期的なサウナの利用がパンデミック時の感染率に影響を与えているかどうかを評価するのに役立つかもしれない。最後に、別のデータ収集方法を用いることで、調査に内在する報告バイアスの可能性に対処し、現在の知見の妥当性を評価することができる。この研究の限界の一つは、休日シーズンに存在することが知られているサウナ入浴の季節的変動を無視していたことである。

  • 翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 機械翻訳による誤訳、文章省略の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker