アンチウォードットコム

国民投票とロシアへの加盟
Referendums and Joining Russia

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

original.antiwar.com/ted_snider/2022/09/29/referendums-and-joining-russia/テッド・スナイダー著 投稿日時

9月27日、ドネツク、ルハンスクのドンバス共和国と、ケルソン、ザポリツィア両州で、ロシアへの加盟を問う住民投票が終了した。すでに独立を宣言しているドンバスでの住民投票は、「DPRがロシア連邦の属国となることを支持するか」?というものだった。州では、住民投票は3部構成だった。「この地域がウクライナから離れ、独立国家を作り、ロシア連邦に加盟することに賛成か」?

選挙当局の報告によると、ザポリジヤで93%、ケルソンで87%、ルハンスクで98%、ドネツクで99%と、4地域すべてでロシアへの加盟に圧倒的な票を集めた。

両者が指摘するように、紛争地域で国民投票を実施することは、その正当性に疑問を投げかけるものである。AP通信によると、ロシア軍は戸別訪問で投票を集め、ケルソンではウクライナのレジスタンス運動が「モスクワが任命した役人を殺害し、投票を考えている人々を脅かした」という。

欧米は国民投票を偽物と断じた。米国のアントニー・ブリンケン国務長官は、西側諸国は国民投票の結果を「決して認めない」と述べ、リンダ・トーマス=グリーンフィールド国連大使は直ちに、米国はこの決議を非難する決議を提出し、加盟国に対しその結果を認めないよう求めると発表した。

バイデン大統領は、国民投票が終了する直前の国連での演説で、国民投票を「見せかけ」、「国連憲章の極めて重大な違反」と呼んだ

国民投票が正当に行われたかどうかは別として、その結果には驚きを隠せないかもしれない。ウクライナはもともと、北西部は西にヨーロッパを、南東部は東にロシアを向いた分断国家であった。歴史的には、西側はヨーロッパ志向の政策を持つ大統領候補に投票し、東側はロシア志向の政策を持つ大統領に投票してきた。2019年、ゼレンスキーが当選したのは、ロシアと和平し、ドンバスの自治権を認めるミンスク2協定に調印するという綱領が、南部と東部のロシア語圏の票を獲得したことが大きな要因であった。

2014年のドネツクとルハンスクの住民投票は、主権に限定され、ロシアの一部とならなかったのは、ロシアの圧力があったからにほかならない。両地域が独立を宣言したとき、モスクワはそれを認めなかった。フロントライン・ウクライナ』の中で、リチャード・サクワは、「プーチンはクリミアのような地域の買収を望んでいる兆候はほとんどなく、ロシアの一部として領土を受け入れるという要求を繰り返し拒否している」と述べている。ドンバスで選挙が行われたとき、プーチンはその結果を「尊重」したが、それを受け入れることも、それに拘束されることも拒否した」

2014年にクリミアで同様の住民投票が行われた際も、同様の結果が出た。そのときも、正当性や正確性について同様の疑問が投げかけられた。しかし、サクワは、「クリミア住民の大多数がロシアとの統一を支持したことは明らかだ」と言っている。住民投票では過半数がロシアとの統一に投票した。正確な結果の正確さは議論の対象になっているが、サクワは「完璧な状態であってもクリミアの過半数はロシアとの統一に投票しただろう」と言っている。

バイデンは国連での演説で、仮に投票が不正確で偽りのものでなかったとしても、「国連憲章に対する極めて重大な違反」であるため、決して認められないと主張した。この主張がアメリカの外交政策上の利害によって流動的であることは、3日前にバイデンがほぼ同時に主張した、「台湾は独立について自分たちで判断している。…それは彼らの決断だ」と主張した。中国に対して働けば国連憲章に違反しないが、ロシアに対して働けば国連憲章に違反する。さらに、アメリカは他の併合、最近ではモロッコの西サハラ併合も公式に認めている。

しかし、ロシアを最も憤慨させる偽善はコソボである。2008年、コソボが住民投票も行わずにセルビアからの独立を一方的に宣言したとき、アメリカはユーゴスラビアの領土保全を支持する度重なる国連決議に反して、この宣言を承認した。さらにサクワは、「コソボの独立宣言は『一般国際法に違反しない』という国際司法裁判所の悪名高い勧告的意見」をアメリカが支持したことを指摘する。

モスクワの国立研究大学高等経済学部の国際関係学科長であるアレクサンダー・ルーキンは、「その結果、ロシアはクリミアに関する西側の立場を、極端な偽善に過ぎないと見ている」と言う。

そして、国連憲章違反については、コソボがまたロシアの血を騒がせる。アメリカは、コソボのユーゴスラビアからの独立を承認する際に国連を無視しただけでなく、コソボをユーゴスラビアから切り離す際にも国連を無視したのだ。1999年3月、アメリカとNATOは、安保理の承認なしにコソボのセルビア軍基地への空爆を開始した。M・E・サロッテは『Not One Inch』の中で、1998年8月にクリントン大統領がドイツのヘルムート・コール首相に「NATOは安保理の決議なしに行動できる、またするつもりだということをはっきりさせる必要がある」と話したときの会話を引用している。

国際法上、コソボはセルビアの一部であった。アメリカは、他国の領土を武力で奪い-今ロシアを非難しているのと同じように-、住民投票をしたふりさえせずに独立を承認した。

この瞬間は、ウクライナ戦争における変革であり、危険な瞬間である。これまでロシアは、ウクライナ東部での軍事作戦はNATOを押し返し、文化的なロシア人を保護するのが目的だと主張してきた。それはもはや事実ではない。

ロシア下院とプーチンが住民投票の結果を受け入れれば、これらの地域はロシアの一部となる。前大統領で現ロシア安全保障会議副議長のドミトリー・メドベージェフは、住民投票の後、これらの地域がロシアの一部となるだけでなく、「ロシアの領土への侵犯は犯罪であり、その遂行により自衛のためのあらゆる力を使うことができる」と念を押している。

クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官も同様の警告を発した。「状況は法的にも国際法上も根本的に変化し、その地域の保護と安全確保にあらゆる影響を及ぼすだろう」と。

つまり、ウクライナのドンバスへの攻撃は、今やロシアにとってロシア領土への攻撃と見なすことができるのだ。プーチンは最近の演説で、「我が国の領土保全に対する脅威が生じた場合、ロシアと我が国民を守るために、私たちは利用可能なすべての兵器システムを必ず利用する」と述べている。

8月22日、セルゲイ・リャブコフ外務副大臣は、核抑止力の分野におけるロシア連邦の国家政策の基本を引用し、「通常兵器による侵略があり、国家の存立が脅かされる場合、仮に」核兵器の使用を認めることができると発言した。

米国と同様、ロシアも国家の存立が脅かされた場合の緊急用として核戦力を保持している。ロシア人はクリミアをロシアとみなしている。だから、クリミアを攻撃したり奪ったりすると脅すことは、ロシア国家に対する存立の脅威となる。もしロシアが4つの住民投票を受け入れたら、その4つの領土でも同じことが言えるだろう。そこで戦闘が行われているのだから、この変革の瞬間は非常に危険なものになる。

プーチンは、ロシア領土を守るという約束はブラフではないと警告している。ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は9月29日、「4つの新領土は正式にロシアの一部になる」と発表し、「4つの新領土をロシアと統合する公式調印式が9月30日(金)に行われる」と、そのプロセスを開始することを明らかにした。ロシア議会上院のトップは、「10月4日に4地域の編入を検討する可能性がある」と言っている。ウクライナとアメリカがプーチンのはったりに応じるかどうかを決める前に、外交的解決策を推し進めるための非常に小さな窓を残すことになる。

米国は、武器や訓練、標的情報を提供するだけでなく、直接的に関与することで、最近のウクライナの反攻に賭ける気持ちを高めている。反撃で最も成功するのはどの地域かを助言し、ウクライナと戦争ゲームまでして、その手腕を発揮した。その後、ロシアは国民投票を実施し、ロシア領土を守るために利用可能なすべての兵器システムを使用することを米国に思い知らせることで、利害を一致させた。

今こそ積極的に交渉する時である。国民投票はプーチンの賭け金増加の手段であり、ハッタリではないとの約束は米国に交渉を強要するためのものであることを推測させる。米国は再び賭け金を増やし、プーチンのはったりに応じることができる。ロシアは無限のエスカレーションのサイクルで再び賭け金を増やし、壊滅的に、はったりでなかったことを示すことを強いられるだろう。あるいは、ウクライナ、米国、ロシアは、最終的にこの戦争を終わらせるために交渉することができる。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました