崩壊シナリオ

現実的な社会崩壊のシナリオ
Realistic Societal Collapse Scenarios

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

readysquirrel.com/societal-collapse-realistic-examples/

10月 8, 2021 by スコット

以下に挙げるもの以上に現実的な社会崩壊のシナリオを得ることはできない。なぜか?なぜなら、これらは現実のシナリオだからである。戦争、飢餓、病気、大虐殺、劣悪な生活環境による死者数を見れば、ゾンビ・アポカリプスの例ではないのであるが、そうであってもおかしくないのである。

私はサバイバルや緊急事態への備えをテーマに執筆しているため、「社会の消滅」という意味での社会崩壊にはあまり関心がなく、生活の質、個人の自由、将来計画を立てる能力についてより関心がある。

今日、私たちが直面している社会的・政治的問題の多くは、歴史上の社会崩壊と直接的に関連づけることができるのである。

社会にとって不可欠なコンセプトは、未来への希望と個人の自由なのだ。

社会的崩壊に興味があるか?Ready Squirrelの記事、「26 Ways To Prepare For Societal Collapse 」をチェックしてほしい。

ベネズエラ

ベネズエラは、1522年から1830年までスペインの植民地で、農業に依存し、政情不安と貧困が蔓延していた。

今日、ベネズエラは、中東諸国よりもさらに重要な世界最大の石油埋蔵量を持つにもかかわらず、ラテンアメリカで最も貧しい国であることは間違いない。

20世紀初頭、農業に代わって石油が発見され、石油を世界に売ることで権力と富を蓄積する新しい産業階級が誕生した。

この新しい産業化によって、比較的自由な市場が生まれ、成長と個人の自由が許された。

1950年代、ベネズエラは、一人当たりの国内総生産が世界第4位という絶頂期を迎えた。

ロバート・ブルーメン

ベネズエラの好景気は、イタリア、ポルトガル、スペインから労働者を呼び寄せた。この資本主義の時代と相対的な繁栄は1970年代まで続いた。

国家が民間企業への関与を強めるにつれ、ベネズエラは徐々に社会主義へと傾斜していった。

石油産業の国有化は、安価なガソリン、無料の教育、医療、その他多くの公共サービスとしてベネズエラの人々に提示されたのである。

ロバート・ブルーメン

国家の介入により、通貨の切り下げ、土地改革の失敗、財産権の低下が起こった。

税金は3倍になり、さまざまな社会保障制度によって国の借金は急増する。

政治家たちは赤字支出を受け入れた、それが選挙に有利に働くからだ。

ベネズエラの人々は、新しい「社会プログラム」が大好きで、共産主義に投票する。

元陸軍大佐のウゴ・チャベスがベネズエラの新大統領になる。

チャベスは金持ちから金を巻き上げ、貧しい人々に与えることを約束する。彼の政治的基盤は、悪の帝国である米国に焦点を当てている。チャベスにとって、地上における神の王国は社会主義である。

チャベスは、石油産業、民間企業、および土地所有権を国有化する。

チャベスはラテンアメリカ全土で高く評価されている。

石油価格が高いとき、チャベスは国家福祉プログラムに資金を投入する。

80年代、石油価格が急落。

ベネズエラの経済は破綻する。民間部門は国家の介入によって壊滅的な打撃を受け、経済の回復力はなく、将来の成長のために頼るべきものもない。

なぜサバイバルマインドが必要なのか?

ベネズエラにおける社会的崩壊の結果

Bread.orgによると、500万人以上がベネズエラから脱出し、そのうちの91%が貧困にあえいでいる。900万人以上のベネズエラ人が食糧不足か栄養失調に陥っており、ベネズエラは飢餓の淵に立たされている。

ベネズエラの崩壊はどのようなものか

  • 飢餓
  • 腐敗
  • 犯罪
  • 市民の不安
  • 食料、医薬品、物資の不足
  • 企業の閉鎖
  • 大量の失業者
  • 成長も経済発展もない
  • 権威主義体制-権力分立やチェックアンドバランスのない一人による国家運営
  • ラテンアメリカで最も人権侵害の多い国
  • 経済的不始末

経済崩壊に備えて食料の備蓄を始めよう。Ready Squirrelの記事、Societal Collapseを見てほしい。貯蔵のための36のトップ食品

中国 社会的崩壊

中国の近代史はいくらか隠されているが、その亀裂は、人権が存在しない場合にどれほど恐ろしい事態になるかを示すのに十分なほど広い。

中国は、思想と行動が統制されたオーウェル社会である。

一部の人を除いて、個人の成長、自由、財産権、将来への希望はない。

共産主義や全体主義の体制では、同胞を犠牲にしてでもうまくやるものだ。(このような行動は、ステージ5の崩壊とみなされるだろう)。

1949年、毛沢東が中国共産党委員長に就任し、1976年に亡くなるまで支配する。

1958年、毛沢東は中国を農耕経済から共産主義社会へと移行させるためのキャンペーンを実施した。

この計画は「大躍進」と呼ばれる。この計画は大躍進と呼ばれ、史上最大の飢饉を引き起こし、極度の暴力と人道に対する犯罪を伴う。

2+2=5,いや、それはない。芯から感じるまで拷問されるぞ。国家がそう言うなら2+2は5だ。現実を操作することは、物語を押し付けるだけでなく、心理的なコントロールの方法でもある。

私のように自由な国に座っていると、国家によるテロが何世代にもわたってその国に影響を与えるということを認識できないかもしれない。もっとわかりやすい例として、以下の朝鮮半島の崩壊を見てほしい。

1958年から1962年の間に、4500万人の中国人が飢餓、国家による暴力、過労のために死亡した。

Dikötter, Frank, 上巻『毛沢東の大飢饉』。中国で最も壊滅的な大災害の歴史、1958-1962年

中国は安定した崩壊状態にあるのか?もし私が平均的な中国国民なら、地獄に住んでいるように感じるだろうから、イエスと言うだろうね。中国共産党が定期的に行っている基本的な人権侵害を見てみよう。

  • 組織的な拷問
  • 形式的な人種差別
  • 常時モニタリングの技術
  • 数千の再教育収容所(ギャラッグ)
  • 人工知能による独裁
  • 人種に基づく顔認識
  • 社会的信用スコア
  • 情報提供者
  • 違法な隔離
  • 強制労働
  • 臓器摘出
  • 精神医学的拷問
  • 宗教の自由の制限
  • 報道の自由の制限
  • 国家に対する思想犯罪とそれに伴う再教育・処罰
  • 強制的な中絶と不妊手術
  • ウイグル人大虐殺-民族的な漢民族至上主義
  • 水・大気・土壌の極端な汚染

オーストリア・ハンガリー(ドイツ)

第一次世界大戦後、ベルサイユ講和条約による強硬措置のため、ドイツ人は自分たちの存在のために戦っていると感じている。

第一次世界大戦後の状況

  • 負傷者 2100万人
  • 軍人の死者 970万人
  • 民間人の死者 1,000万人
  • 栄養失調(戦時中および戦後)
  • 飢餓(戦時中および戦後)
  • 伝染病(人・家畜)
  • 経済崩壊
  • 世界的な不況
  • 第二次世界大戦の舞台
  • さらなるジェノサイドの舞台

1919年6月28日、ベルサイユ講和条約によって第一次世界大戦は終結し、ドイツは事実上無力化された。ベルギー、チェコスロバキア、ポーランドの領土を手放し、海外の植民地はすべて連合国に譲渡することを余儀なくされた。

この条約により、ドイツは君主制から共和制に移行し、1320億金マルクという多額の戦費を要求された。

ワイマール共和国は、この多額の借金を返済するために、金や銀の裏づけのないドイツマルクを印刷した。これがハイパーインフレを招き、通貨の価値は急落、やがて無価値となる。

1933年、ヒトラーが首相になった時には、ドイツ人の3人に1人、610万人が失業していた。

その上、世界恐慌のためアメリカから国際借款を求められ、ドイツの産業は破壊され、経済は崩壊してしまう。

失業、貧困、絶望が続く。

実は、ヴェルサイユ条約は、戦争に負けた罰として、多額の賠償金を義務づけた。この罰則は、かつて誇り高かった国を奪い、屈辱を与えた。そして、国のアイデンティティを破壊し、ヒトラーが権力を握る道を開いたのである。

ドイツ人は民主主義への信頼を失い、手っ取り早く簡単な解決策を求めて、左派(共産主義者)と右派(ナチス)の両方の極端な政党に目を向けるようになった。1930年から1933年にかけてのドイツのように、人々が失業し、飢え、絶望しているとき、彼らはしばしば、問題に対する単純な解決策を提供する極端な政党に目を向けるようになった。1930年から1933年にかけて、極右のナチスと極左の共産主義者への支持は急上昇した。

ヒトラーの権力獲得、1929-1934 BBC

1932年には、ワイマール共和国(民主主義)の破壊を目指す政党が帝国議会で608議席のうち319議席を占め、多くの労働者が共産主義に傾倒していった。真の受益者、ナチス。

ヒトラー政権誕生、1929-1934 BBC

社会的崩壊の結果

  • 政治的崩壊
  • ファシズム
  • もう一つの世界大戦
  • ジェノサイド
  • 数百万人の民間人の死
  • 世界史が変わる

崩壊に備え、避難場所の選び方を学ぼう。Ready Squirrelの記事、Societal Collapseをチェックしてほしい。バグアウトの場所を選択するためのガイド

オスマントルコ帝国(第一次世界大戦)

オスマントルコ帝国は、世界史上最大かつ最も長く続いた帝国の一つである。中東、東欧、北アフリカの広い地域を600年にわたり支配したイスラム教の大国である。

帝国の終焉の原因は何だったのか。

第一次世界大戦は帝国を壁から突き落とす大きな出来事だったが、水面下では民族的、宗教的緊張が沸き起こっていた。帝国が崩壊すると、脱走兵の放浪団が犯罪者と化して田舎を徘徊し、略奪を繰り返したのである。

アルメニア人大虐殺 民族国家トルコを作るために、イスラム・トルコ人が120万人のアルメニア人を組織的に大量殺害したこと(キリスト教徒の民族浄化)。31カ国がこの粛清をジェノサイドとして認定している

ジェノサイドの定義:国家や集団を破壊する目的で、特定の国家や民族の人々を意図的に大量に殺害すること。”ジェノサイドのキャンペーン 」と呼ばれる。

オックスフォード辞書

「アルメニア問題」の本来の解決策は、大量国外追放であった。それでも、食料も水もないシリアの砂漠を男性、女性、子どもたちが行進した影響は、望ましい結果をもたらした。

20万人のトルコ人女性と子供たちは、イスラム教徒の家庭に溶け込むことを余儀なくされた。

戦闘や負傷で死亡した兵士1人につき、2人の兵士が死病で死亡した。

戦争による損失(オスマン帝国/中東、メフメット・ファティ・バス、ガジ大学)

社会的崩壊の帰結 オスマントルコ帝国

  • 飢餓
  • 栄養失調
  • 民族浄化
  • 病気
  • 反乱と内戦
  • バルカン半島化、東欧・中東への計り知れない負の影響
  • 数十年にわたる貧困

社会的崩壊の結果 北朝鮮

北朝鮮と韓国の現在の国境は、1950年に設定された。ソ連は北を、米国は南を支配していた。

現在の北朝鮮は、社会主義国家に基づく全体主義的な支配を行う独裁国家である。

一政党、一指導者で、自らを神とみなし、国民に崇拝を求める共産主義的全体主義とも言えるだろう。

北朝鮮は経済的にも文化的にも孤立したまま、住民の支配を維持している。人権も自由もない。

今日の韓国の指導者、金正恩は、北朝鮮人にとって押し付けられた神である。国は国でなく、カルトである。金正恩は聖書をコピーして、自分を救世主にすり替えた。

外国人であるあなたは、政府が認めない限り、国民に話しかけられない。

社会的地位が優れていなければ、首都平壌に行くことはできない。平壌は映画のセットのような街で、外国人に見せられ、北朝鮮の他の地域とは違うのである。

50年代から今日に至るまで、ある種の言葉は北朝鮮の語彙の一部ではなくなった。人々がその言葉を口にするのを恐れているだけでなく、その言葉が存在しないのである。

Yeonmi Parkのビデオを見てほしい。彼女は北朝鮮から脱出し、愛という言葉がいかに存在しないかを説明した。

北朝鮮が常に崩壊状態にあることを示す18の徴候

  1. 完全な孤立
  2. 栄養失調
  3. 神は一人、指導者は一人
  4. 言論の自由なし
  5. 報道の自由なし
  6. 厳しい階級社会
  7. 貧しさ
  8. 薪で走る車
  9. 個人所有の車なし
  10. 飢餓
  11. 強制労働収容所
  12. 密告者社会
  13. 再教育キャンプ
  14. 宗教の自由なし
  15. 小さな違反で何世代にもわたる罰や投獄(下層階級への減刑)
  16. 個人の自由なし
  17. 気まぐれな処刑
  18. ソ連崩壊後、韓国はすでに悲惨な状態から着実に衰退している。

ソビエト連邦

1917年にソビエト連邦で共産主義が始まり、1991年まで続く。スターリンは1922年に権力を握る。

ソ連の崩壊は、マルクス主義や共産主義のシステムが人間の本質を説明することができないために、早まった。

生産性を上げるためのインセンティブがない

労働者は給料をもらえないから働かない

1980年代には、GDPの50%から70%がソ連軍を支え、軍事予算の増加はソ連経済の資金不足を招いた。

軍事費によるもの。

成長率が目に見えて低下し、その後、完全に停滞した。農業の危機が長引き、深まり、ほとんど乗り越えられない状態になった。それは恐ろしい、本当に恐ろしい危機の兆候であった。移行に際して決定的だったのは、これらの要因であった。[社会の崩壊]

知られざるKGBエージェント

ソビエト連邦の社会主義の進歩的なシステムは封建的だった。平均的なソビエト人には個人の自由はあらなかった。裕福なエリートは、軍国主義的な傾向を持つソビエト構造の中核と直接結びついていた。

ソ連システムの全体的な効率は悪かった。鉄鉱石はアメリカの8倍採掘できたが、製造用の銑鉄は3倍、鉄鋼は2倍しか採れなかった。

平均的なソビエト人は、衣食住、交通、医療などの必需品は提供されるが、それ以外はほとんど提供されない農奴のようなものであった。

「一人の人間の死は悲劇である。数百万人の死は統計である」。

ジョセフ・スターリン

1917年から1991年まで、ソビエト連邦が常に崩壊状態にあったことを示す19の徴候

NKVDの人民の敵に対する内部政策。1917年から1991年まで、未知の人数が収容所や再教育キャンプに送られた。数十万人が処刑される。

  1. スターリンは在位期間中に約2200万人を殺害(6000万人とする説もある)。
  2. 再教育のための集団労働収容所(グルグ)。
  3. 1933年から1932年の大飢饉 1450万人が餓死
  4. 1989年、ソビエトの400万から500万世帯が貧困レベル以下に。
  5. 水質・大気・土壌の深刻な汚染
  6. 密告社会
  7. 宗教、言論、メディア、財産権など個人の自由がない。
  8. 赤軍の人道に対する戦争犯罪
  9. NKVDの人道に対する罪(内務省)
  10. 捕虜の大量殺人
  11. 集団強姦
  12. ポグロム、反ユダヤ人差別
  13. 貧困
  14. 飢餓
  15. 低い生活水準
  16. 少数民族や宗教に対する集団的迫害と破壊
  17. 民族全体を告発する粛清組織
  18. 強制移住
  19. スターリンの死後、NKVDによる粛清は停止された。

出典

Venezuela Before Chavez: A Prelude to Socialist Failure, Jose Nino link

Fragility and Hunger In Venezuela, bread.org

Hitler into power, 1929-1934 BBC link

The inefficiency of the Soviet System, San Jose State University link

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました