『技術への問い』マルティン・ハイデッガー Wikipedia + GPT-4の解説
Questions for Technology Wikipedia + GPT-4

強調オフ

技術主義、加速主義物理・数学・哲学

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

en.wikipedia.org/wiki/The_Question_Concerning_Technology

Questions for Technology Wikipedia + GPT-4

『技術への問い(ドイツ語:Die Frage nach der Technik)は、マルティン・ハイデガーの著作で、著者が技術の本質について論じたものである。ハイデガーはこの文章を1954年に『Vorträge und Aufsätze』として発表した。

ハイデガーはまず、1949年12月1日にブレーメンで初めて行われた講義「枠組み」(Das Gestell“)で、このテキストのテーマを展開した。「フレームワーク」は、”Insight into what is “と総称される4つの講義の2番目として発表された。他の講義のタイトルは「もの」(“Das Ding”)、「危険」(“Die Gefahr“)、「転回」(“Die Kehre”)であった[1]

概要

ハイデガーが指摘するように、技術に関する問いは「技術との自由な関係を準備するために」問われる[2]。「このように、問いかけは、問われるものをその(真の)本質においてありのままに解き明かし、「正しいものによって真を」求めることによって、それを「それ自身の枠内で経験する」ことを可能にする[4]

ハイデガーはまず、「われわれが技術に関する問いを発するのは、技術とは何かと問うときである」[4]と指摘し、これは「事物の本質とは、その事物が何であるかということである」[4]とする古代の教義に従うことに由来する。ハイデガーは、「われわれの問いに答える2つの言明を誰もが知っている」[4]、すなわち「技術は目的(と)に対する手段であり、人間の活動である」という正しい、あるいは明確な定義から出発する。「技術が人間の目的のための手段であるならば、この概念は「技術の道具論的・人間学的定義と呼ぶことができる」[4]。「このことは、手段や目的が包摂される道具性の範囲に疑問を投げかけ、「手段や目的といったものは、いったい何に属するのか」という問いを伴うことになる[3]

GPT-4の解説

ハイデガーは技術の本質について考察する際に、一般的によく受け入れられている「技術は目的に対する手段であり、人間の活動である」という定義をスタート地点とします。しかし彼は、この定義が表面的であると指摘し、より深い次元での「技術とは何か」について問うています。

手段と目的に関して言えば、手段は目的を達成するための「原因」である、とハイデガーは述べます。つまり、ある目的(結果)が存在するなら、その目的を達成するために用いられる手段(原因)もまた存在するわけです。

このように考えると、道具や技術が単に「使うもの」ではなく、「何かを成し遂げるための原因」となる存在であることが明らかになります。ハイデガーはこの点を基に、技術が単に人間が制御するものではなく、我々の世界に対する理解や関わりを根本的に形成している、というより深い次元を探求しています。

簡単に言えば、ハイデガーは技術を「ただの道具」ではなく、人間や世界に対する広範な影響を持つ「原因」または「力」として捉え、その本質に迫ろうとしています。このような視点から、技術は単なる「手段」以上の何か、すなわちそれ自体が世界を形作る力であると言えます。


手段とは、それによって目的が達成されるものとみなすことができる。本質的には、それは原因とみなすことができる。「結果として結果をもたらすものはすべて原因と呼ばれる」[3]からである。前述のように、「使用されるべき手段の種類が決定されるのと一致する目的もまた原因と見なされる」[3][3]。手段と目的としての道具性のこの概念化は、問題をさらに因果関係へと導き、「目的が追求され手段が採用されるところならどこでも、道具性が支配するところならどこでも、そこには因果関係が支配する」[3]ことを示唆している。

因果性を問うために、ハイデガーは伝統的な「4つの原因」について「何世紀にもわたって哲学が教えてきたこと」[3]から出発する。これらは伝統的に、(1)「物質的原因(causa materialis)」、すなわち、何かが作られる物質、(2)「形式的原因(causa formalis)」、すなわち、物質が入り込む形、(3)「最終的原因(causa finalis)」、すなわち、[必要なものが]その形と物質に関して決定される目的、(4)「完成した[もの]である効果をもたらす原因(causa efficiens)」として列挙されている「ハイデガーはこのことを説明するために、銀の聖杯を例に挙げている

このように、私たちの前に用意された犠牲の器には、4つの負い方が支配している。それらは互いに異なるが、しかし共に属している。…4つの責任のあり方は、何かを出現させる。彼らはそれを現前させる。彼らはそれをその場所へと自由にし、そうしてその道を、すなわちその完全な到着へと出発させるのである[7]

これら4つの要素が一体となって何かを出現させるとき、それは「前倒し」と呼ばれる[7][8]。この「前倒し」はギリシャ語のポイエーシ [6]に由来し、「隠蔽から非隠蔽へ」[7]。

GPT-4の解説

ハイデガーは、何かを生み出す(出現させる)過程には、通常4つの種類の「原因」が関与すると考察します。これは古典的な哲学で一般的に受け入れられている考え方です。

  • 1. 物質的原因(causa materialis):何かを作るための基本的な素材。例えば、木材や金属。
  • 2. 形式的原因(causa formalis):その素材が取るべき形や構造。例えば、椅子の設計図。
  • 3. 最終的原因(causa finalis):作成する物の目的や用途。例えば、座ること。
  • 4. 効果をもたらす原因(causa efficiens):実際に物を作る行為やプロセス。例えば、大工や工場。

ハイデガーは、これら4つの原因が連携して何かを「出現させる」(前倒し、あるいは「ポイエーシス」)と述べます。ここでの「出現させる」は、何かが隠れていた存在や機能が明らかになる、すなわち「非隠蔽」へと移るプロセスを指しています。

例えば、銀の聖杯が作られる過程で、銀(物質的原因)が特定の形(形式的原因)になり、特定の目的(最終的原因、例えば儀式で使用する)のために、工匠(効果をもたらす原因)によって作成される。これによって、銀の塊は単なる物質から「聖杯」という特定の形と意味を持つものへと「出現」する。

ハイデガーは、このような出現の過程において、隠れていたものが明らかにされ(reveal)、同時に他の可能性や機能は隠される(conceal)とも考察しています。このような理解を通して、技術や道具が単に「使うもの」ではなく、世界を形成し理解する枠組みとして働いていることを示しています。


しかし、現代のテクノロジーはポイエーシスとは異なる[6][8]。ハイデガーは、この違いは現代のテクノロジーが「厳密な科学としての現代物理学に基づいている」[7]という事実から生じていると示唆している。したがって、現代のテクノロジーが明らかにするのは、「前進させること」ではなく、むしろ「挑戦すること」なのである[6][8]。このことを例証するために、ハイデガーは、現代のテクノロジーがいかに文化的象徴を変化させることができるかの例として、ライン川を引き出している[6]。

ハイデガーは、現代技術についての議論を深めるために、スタンディング・リザーブという概念を導入する。このことを説明するために、ハイデガーは林業家と製紙・印刷業界との関係を例に挙げ、林業家の望みをスタンディング・リザーブ(待機状態)で待つというのである[6]

ハイデガーは再び現代技術の本質を論じ、それをゲステルと名付けた:

エンフレーミングとは、人間に働きかける、すなわち、現実を明らかにするために、秩序化された様式で、立ちすくんでいる人間に挑みかかる、その仕掛けを集めることを意味する。エンフレーミングとは、現代技術の本質を支配し、それ自体が技術的ではないことを明らかにする方法を意味する[7]

GPT-4の解説

ハイデガーは、現代のテクノロジー(科学的テクノロジー)が古典的な「ポイエーシス(創造)」とは根本的に異なる性質を持っていると考えています。ポイエーシスは何かを「明らかにする」行為であり、その過程で多くの他の可能性が「隠蔽」される。しかし、現代のテクノロジーは、単に物や現象を「明らかにする」のではなく、それらを「挑戦する」と言います。これは、自然や物質を単なる「リソース」として扱い、その最大限の「効用」を引き出そうとする姿勢を指しています。

例えば、ライン川について考えてみましょう。この川は文化や詩、歴史において多くの意味を持っていますが、現代のテクノロジーが介入すると、ただの水力発電の「リソース」として扱われる可能性が高くなります。このような視点は、川が持つ他の「価値」や「意味」を隠蔽する形で現れます。

ハイデガーが「スタンディング・リザーブ」と呼ぶのは、このような「リソースとしての待機状態」です。林業家が木材をただの製紙・印刷業界の原料として見ると、森林が生態系で果たす役割や美的価値は、後回しにされます。

そして「ゲステル(エンフレーミング)」とは、このように現代のテクノロジーが物や人々、自然を「リソース」としてしか見ないという枠組み(フレーム)を指します。これは単なるテクノロジーの使用方法ではなく、私たちが世界をどう見るかという「思考の枠組み」そのものがテクノロジーによって形作られているとハイデガーは警告しています。


エンフレーミングについて論じた後、ハイデガーはテクノロジーの脅威を強調する。彼が述べているように、この脅威は「第一義的には、テクノロジーの潜在的に致命的な機械や装置からもたらされるのではない」[7]。むしろ脅威は本質的なものであり、「エンフレーミングのルールは、人間に対して、より原初的な啓示に入ること、したがって、より原初的な真理の呼びかけを経験することが否定される可能性を脅かす」のである。「なぜなら、挑戦的前進は前進をもたらすプロセスを隠蔽するからであり、それは真理そのものが隠蔽され、もはや啓示されないことを意味するからである

ハイデガーがパラドックスに遭遇したのはこの時点である。人類はエンフレーミングという危険な方向性をナビゲートできなければならないが、それはこの危険な方向性の中にこそ救済される可能性を見出すからである最終的に、彼は「技術の本質は高尚な意味で曖昧である」と結論づけ、「そのような曖昧さは、すべてを明らかにすることの謎、すなわち真理の謎を指し示している」と述べている[7]

ハイデガーは、技術に関する問題は、「明らかにすることと隠すこと、真理が現前化することの星座に関する問題」であると結論づけているハイデガーは、芸術をこの星座、このパラドックスをナビゲートする方法として提示している。なぜなら、ハイデガーが示唆するように、芸術家、あるいは詩人は、世界をありのままに、また世界がそれ自身を明らかにするように眺めるからである[6]

GPT-4の解説

ハイデガーによれば、テクノロジーの真の脅威は物理的なもの(例えば、危険な機械や装置)ではなく、より抽象的、哲学的なレベルでの問題です。彼は言います、エンフレーミング(ゲステル)によって人々は自然や世界に対する「真の」理解を失い、その本質を見逃すようになる。これは真理そのものが隠蔽されることを意味し、人々が深いレベルでの理解や啓示にアクセスすることを妨げます。

パラドックス的なことに、このエンフレーミングの中にも救済の可能性が潜んでいます。つまり、テクノロジーによる危機を通じて、人々が何が本当に重要であるかを再認識するチャンスが生まれるのです。この点で、ハイデガーはテクノロジーの本質が「曖昧である」と述べています。それは一方で私たちを制約し、他方で私たちに新しい視点や理解を提供する可能性があります。

このような複雑な関係性をナビゲートするために、ハイデガーは芸術—特に—を一つの解として提案しています。芸術家や詩人は、エンフレーミングに囚われず、世界をその本質で捉え、新たな意味や理解を引き出すことができると彼は考えています。このような「真の」理解を通じて、エンフレーミングの持つ危険性を超え、より深い真理に到達する道が開かれるとハイデガーは示唆しています。

Q. 芸術や詩以外では?

ハイデガー自身は主に芸術と詩に焦点を当てているので、他の具体的な手段については彼のテクストではあまり触れられていません。しかし、彼の思想を基にして拡張するならば、哲学的思考や瞑想、スピリチュアルな探求なども、エンフレーミングの制約から脱する手段として考えられるでしょう。

  • 1. 哲学的対話:問題を多角的に考察し、前提条件そのものに疑問を投げかけることで、エンフレーミングの制約から自由になる可能性があります。
  • 2. 瞑想やマインドフルネス:内面への集中を通じて、テクノロジーなどの外部要素に支配されることなく、自己と対話し、深い理解を得ることができます。
  • 3. スピリチュアルな探求:信仰や精神性を通じて、日常の制約を超えた高次元の理解に到達することが考えられます。
  • 4. 自然体験:人工的なテクノロジーから離れ、自然環境で過ごすことで、物事の本質について新しい視点を得る可能性があります。
  • 5. コミュニティとのつながり:社会や文化に根ざしたコミュニティ活動を通じて、個々のテクノロジーによるエンフレーミングから解放される場合があります。
  • 6. 芸術とクリエイティビティ:絵画、音楽、ダンスなど、詩以外の芸術形式も、エンフレーミングに対する新たな解釈や視点を提供することができます。
  • 7. 歴史と伝統の研究:過去の知識や伝統を通じて、現代の枠組みに疑問を投げかけ、それを超越する洞察を得ることがあります。
  • 8. 科学的探求:科学的方法も、新しい理論やパラダイムを開発することで、既存のエンフレーミングを超える可能性があります。
  • 9. 教育と学び:教育は、既存の制約や枠組みにとらわれずに、多角的な視点で問題を考える能力を育む場でありえます。
  • 10. 人権と社会運動:社会的な不平等や制約に対抗する運動は、集団的なレベルでエンフレーミングを破る力を持つ場合があります。

これらはすべて、エンフレーミングの制約を超え、より深い理解や意識のレベルに到達する道を開く可能性があります。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker