サル痘・天然痘ロバート・マローン

サル痘 Robert Malone

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Monkey Pox

rwmalonemd.substack.com/p/monkey-pox?s=r

Robert Malone MD, MS

私は同じ質問を何度も何度も受けるこのサル痘の発生は本当の脅威なのか、それとも、誇張され武器化された公衆衛生メッセージの一例なのか?この質問に対する私の答えは本稿の最後に譲ることにして、ここではサル痘とは何か、関連する病気の性質と特徴、分かっていることと分かっていないことに焦点を当てたいと思う

アフリカの各地を起源とするサル痘ウイルスは、ともにオルソポックスウイルス属の天然痘と近縁だ。ただし、天然痘(大または小)は、オルソポックス・ウイルスが引き起こす最悪の人体疾患の原因となるウイルスの種であることを理解しておく必要がある。例えば、牛痘、馬痘、駱駝痘もこの属に属するが、いずれも人間にとって大きな健康上の脅威ではなく、そのうちの一つ(牛痘)は(歴史的に)天然痘ワクチンとして使用されたこともある。私が言いたいのは、サル痘が天然痘と関係があるからといって、それが同様の公衆衛生上の脅威をもたらすということでは決してないということだ。そうでないとほのめかす人は、基本的に武器化された公衆衛生関連のプロパガンダに従事しているか、あるいはそれを支持している。言い換えれば、公衆衛生の恐怖ポルノを広めているのである。

サル痘は1958年にサルのコロニーで初めて確認され、1970年にコンゴ民主共和国で最初のヒトのウイルス感染例が確認された。アフリカに住む人々は、何千年もの間、サルや他のサル痘動物の宿主と接触してきたため、これは確認された最初の症例に過ぎない可能性がほとんどである。現在、アフリカ以外の地域で流行している「西アフリカ」のサル痘(クレード=変種)は、アフリカの他の地域で見られる近縁のウイルス(コンゴ・クレード)に比べて、より軽い病気を引き起こする。

サル痘の症状は天然痘に似ているが、天然痘よりずっと軽い。西アフリカのサル痘ウイルスによる本症の一般的な臨床症状は、発熱、体の痛み、悪寒などのインフルエンザ様症状と、リンパ節の腫脹だ。また、手掌に発疹が見られることもある。後期には、1ヶ月以上続くこともあり、小さな病変を伴い、痂皮ができ、小さな色素沈着した瘢痕ができることもある。無症状感染の証拠はない。つまり、現在の医学的知見では、感染していない個人と、すでに病気の症状が出ている人との間の人対人の接触によってのみ感染することが示されている。したがって、接触者追跡、感染者と肉体的に接触した人の一時的な隔離、症状が出た人の長期的な隔離といった古典的な公衆衛生介入によって、病気の広がりを容易にコントロールすることができる。現在、欧米で報道されている事例は、基本的にすべて男性と性交渉を持つ男性の間で起こっており、密接な身体的接触が原因であるように思われる。サル痘はアフリカの多くの地域で流行しており、「人獣共通感染症」のウイルスである。つまり、サルだけでなく様々な動物からヒトに感染する可能性がある。アフリカで一般的に見られる散発的な症例は、最初に動物からヒトへ感染し、その後ヒトからヒトへの感染が限定的であることが原因であると思われる。水痘は非常に感染力が強いのであるが、「ポックス 」という名前にもかかわらず、オーソポックスウイルス属には属していない。もう一度強調しておくが、牛痘とラクダ痘もオーソポックスウイルス属で、人間が感染しても特に病原性はない。サル痘がオーソポックスウイルス属の「痘」ウイルスだからといって、特に致死性があるわけではない。

サル痘は二本鎖DNAウイルスで、DNAが二本鎖であるため、複製時に2本の鎖のそれぞれがもう一方の鎖を「チェック」する働きをする。この「エラーチェック」の結果、このウイルスや他のDNAウイルスは、RNAウイルスよりもはるかにゆっくりと変異する。また、DNAウイルスのゲノムは比較的安定している。つまり、SARS-CoV-2(COVID)やインフルエンザとは異なり、サル痘は自然獲得免疫やワクチン誘導免疫から逃れるために急速に進化する可能性は低い。このため、COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2のような急速に進化するRNAコロナウイルスよりも、ワクチン製造の目的でははるかに容易なターゲットとなる。さらに、免疫学的な観点から見ると、さまざまなオルソポックス・ウイルスは、しばしば相互防御的な役割を担っている。つまり、天然痘ワクチンを接種した人、あるいは過去に牛痘、駱駝痘、サル痘に感染した人は、現在アフリカ以外の国で(ごくまれに)報告されているサル痘ウイルスによる病気にかなり強い可能性がある。

現在のデータでは、サル痘はヒトへの感染力はそれほど高くない。Ro(感染症がヒトからヒトへ伝播する効率を表す言葉)が低い(おそらく1以下)。これは、感染症が人から人へ伝播する効率を示す用語で、封じ込めのためには非常に良いニュースである。Roが1以下ということは、一般に(社会的距離を置くなどの封じ込め策がない場合でも)すでに感染している人1人に対して、新たに感染する人が平均1人以下であることを意味する。比較のため、SARS-CoV-2のオミクロン型はRoが7から10の範囲にある。Roが1未満のウイルスは、上述の標準的な公衆衛生法で容易に封じ込めることができる。しかし、Roが7から10のウイルスは基本的に封じ込められず、オミクロン型に見られるように、世界中に急速に拡散していくだろう。Roが1以下のウイルスの場合、接触者の追跡、感染者の特定と隔離といった従来の感染症対策でウイルスを制御することができる。サル痘がヒトからヒトへ伝播していることは、あまり良いニュースではないが、この伝播は非常に密接な接触から生じているようなので、一般的なワクチン接種キャンペーンに頼ることなく、容易に抑制することができることを意味する。このような環境では、大きな流行があった場合、ワクチン接種は、感染者と接触する可能性が最も高い医療従事者や救急隊員だけに限定されることが多い。包囲摂取や広域ワクチン接種による封じ込めにワクチンを使用することは、一般的に不要であり、ワクチンの安全性によっては逆効果になる可能性さえある(どんな薬やワクチンも完全に安全ではないことを念頭に置いてほしい)。

この点を説明するために、少し個人的な話をさせてほしい。炭疽菌を含む9月11日の事件の後、私は米国国防総省(DoD)の契約(Dynport Vaccine Companyに発行)のもと、様々な生物防御ワクチンの臨床開発に関わる仕事に就いた。その中で、天然痘の予防を目的としたワクチンの開発に携わった。当時、米国副大統領のディック・チェイニー氏は、天然痘が米国に再導入されるバイオテロ攻撃の可能性が1%程度あると考え、天然痘ワクチンの普及を提唱していた。既存の弱毒生天然痘ワクチンは、医療従事者や第一応答者に全米で配備され始めた。すると、ワクチンが原因となる被害が複数報告されるようになったのである。私は、このような「有害事象」に関する国防総省の歴史的な天然痘ワクチンキャンペーンの記録を調べる仕事を任された。この弱毒生ワクチン投与後の有害事象はよく知られており、一般に2つのカテゴリーに分類された。あるケースでは、若い兵士や新兵の一部で、それまで発見されていなかった免疫学的な欠陥があり、その結果、当時使用されていた弱毒生ワクチン・ウイルスによる継続的な感染を引き起こした。もう一方のグループは、ワクチン接種に関連した筋炎や心膜炎など、より微妙な症状を呈し、これは一般的に自己免疫過程によるものと考えられている。これらの問題は、天然痘の予防接種が一般的であった時代(天然痘は根絶されていなかった)に知られていたリスクであり、したがって、同じワクチンを現在に再展開しても驚くにはあたらない。しかし、天然痘は根絶されており、チェイニー氏の最悪のシナリオは起こらなかった。存在しない脅威から身を守るためにワクチンを接種し、被害を受けた人々は、リスクと利益の比率が完全に逆転していることを示す良い例である。リスクばかりでベネフィットがない。そして、適切に天然痘の予防接種キャンペーンは中止された。

このウイルスはゆっくりと変異し、感染力は強くなく、自然免疫は強力で長期間持続し、天然痘ワクチンは通常、相互予防効果がある。免疫学的な逃避のリスクは非常に低い。そして、このウイルスの蔓延は、単純で安価な古典的公衆衛生対策によって容易に阻止することができるもしそうでなければ、私たちはすでに数十年前にサル痘の大流行を経験しているはずである。

サル痘の重症度は、異なるクレード(アフリカの異なる地域で発見され、このウイルスが非常に長い間存在していたことも示唆している)によって異なる場合がある。幸いなことに、この特定のクレードは重症度が低く、アフリカで流行しているようだ。残念ながら、これまでほとんど研究されてこなかったため、このウイルスと関連する人体疾患については、一般住民への感染脅威が非常に低いことが主な理由で、比較的知られていない。STATニュースのジャーナリストであるHelen Branswellは、最近CDCの専門家にインタビューし、臨床症状の優れた要約を発表している。

「発熱から1~3日後に、多くの場合、顔面から始まる特徴的な発疹が出現する。多くの疾患が発疹を引き起こすが、サル痘の発疹は、特に手のひらに小水疱を形成することができるという珍しい特徴を持つ。サル痘が流行している国では、主に感染した動物を殺したり、食用にするためにブッシュミートを調理したりする際に、その動物から人にウイルスが広がると考えられている。」

ウイルスが人に移ると、呼吸器飛沫(ウイルスを含んだ唾液が目、鼻、喉の粘膜に感染する)を介して、あるいはサル痘の病変や体液との接触により、皮膚の小さな切り口からウイルスが侵入し、人から人へ感染することがある。また、サル痘の病巣の物質で汚染された衣類やリネン類との接触でも感染する可能性がある。(STATニュース)。

米国では2003年にサル痘の流行があった。アフリカ以外で初めて報告されたその集団発生は、ガーナからの小型哺乳類の輸入にさかのぼるものだった。この集団発生で示されたように、複数の動物がこの病気に感染する可能性がある。この集団発生では、巨大な袋をかぶったネズミとリスがウイルス検査で陽性となり、最終的に中西部の複数の州でペットとして売られていたプレーリードッグに感染が広がった(CDCによる)。47人がプレーリードッグからこの病気に感染した。これは重要な歴史的事実だ。というのも、今回の大流行はヒトからヒトへの感染で発生しているようで、ケースゼロとして追跡できる個体がないのである。アフリカ以外では、ナイジェリアから来た旅行者から数年前に発生した例がある。現在、ナイジェリアでは、これまで報告されてきたよりもずっと多くのサル痘ウイルスが流行していると考えられている。

米国で2019年に18歳以上を対象に認可された天然痘とサル痘を予防するワクチンとして、バイエルン・ノルディック社のJynneosがある。2つ目のワクチンであるEmergent Product Development社製ACAM2000は天然痘を予防し、サル痘もある程度予防できると考えられている。どちらのワクチンも、完全に安全というわけではないので、この病気に感染するリスクが高いと考えられる人にのみ認可されている。 2003年に米国で発生したモンキーポックスでは、高リスクと考えられる人に天然痘ワクチンを配備した。

米国では、公衆衛生上の緊急事態への備えとして、すでに戦略的国家備蓄としてワクチンの備蓄が行われている。「天然痘の緊急事態に対処するため、SNSは米国全人口に接種できる量の天然痘ワクチンを保有している。さらに、SNSには、必要に応じて天然痘感染の治療に投入できる抗ウイルス剤もある」と保健社会福祉省の広報担当者は電子メールで語った。私の意見では、米国保健省とバイデン政権によって承認された1億1900万ドルの天然痘ワクチン購入は、現在の株がこのクレード内の歴史的な先行株と著しく異なることを示すデータがない限り、不必要かつ不当な出費である。

WHOのVan Kerkhoveは、これらの製品の中には、動物実験ルールと呼ばれるものを用いて認可されたものがあると指摘する。これは、天然痘が流通していないため、ワクチンや薬剤の人での有効性をテストすることができず、動物の有効性データを代用として使用するものである。その結果、そのような製品は臨床試験の中でしか使用できないことになる、と彼女は言った。

「選択肢はある。ただ、それが適切に使われることを確認しなければなりません。ワクチンに関することのひとつは、もしワクチンが必要とされ、使用されるなら、それを最も必要とする人々の間で使用されることを確認したい、ということです。今はまだ十分な供給がありません」と彼女は言う。

それでも彼女は、この大流行が抑えられると確信している。

「今、私たちがすべきことは、感染拡大を食い止めることに集中することです。そして、それは可能です。適切なメッセージの発信、適切な検査…必要な隔離と臨床ケア、医療従事者の保護があれば可能です」とヴァン・ケルクホフ氏は述べた。(STAT News)。

ビル・ゲイツが資金を提供するGAVIは、サル痘がもたらす医学的脅威についての評価を発表している(こちら)。このサブスタックの読者の多くは、このGAVIの脅威の評価は非常に誇張に偏っているという私の評価に驚かないだろう。例えば、この記事はサル痘とエボラ出血熱との間に類似点を作ろうとしている。

エボラ出血熱のようなウイルスと同様に、感染は病変部、体液、呼吸器飛沫、寝具や衣服などの汚染された物質との接触によって、近接した場所でしか起こらない。

また、記事には次のようなパンツ一丁の偽情報が記載されている。

症状は1ヶ月以内に緩和されることが多いが、10件に1件は致命的となる可能性がある。特に子供がかかりやすい。

有資格の専門家によるファクトチェックの結果-。

この主張は、世界保健機関(WHO)のデータ報告書を非常に偏った解釈で表現したものである。

2020年、世界保健機関(WHO)は、サル痘の疑い例4,594件、うち死亡例171件(症例致死率3.7%)を報告した。疑い例としたのは、確認にはPCR検査が必要であり、流行地では容易に入手できないからである。

このような情報操作と武器化に敏感な読者は、このコメントについてすぐに二つの重要なことに気がつくだろう。第一に、報告されている3.7%(10%ではない)という死亡率は、確定症例ではなく、疑い症例によるものである。第二に、この種のサンプリングは、より重症のケースに非常に偏っていることだ。

では、生物学的脅威は本物なのだろうか?差し迫っているのだろうか?世界的なメディアによる大げさな宣伝は正当化されるのだろうか?2日前、米国から英国に移動するため空港のラウンジで待っていると、CNNがこの「脅威」について息を呑むように報道し、天然痘に苦しむ患者たちの歴史的な映像を流していた。これは公衆衛生上の恐怖政治の典型例であり、CNNはジャーナリズムを装って無責任なプロパガンダ-誤情報と誤情報-を放送したことを譴責されるべきとわたしは考える。

現在入手可能な情報に基づくと、サル痘はアフリカで流行しているウイルスと病気であり、動物からヒトへの感染後に散発的に出現し、典型的にはヒトとの密接な接触によって広まるものである。この病気は、古典的な公衆衛生対策によって容易に制御することができる。死亡率は高くない。進化や意図的な遺伝子操作によって何らかの遺伝子変化がない限り、重大な生物学的脅威とはならず、過去に脅威の大きい病原体とみなされたことはない。

だから、恐怖を煽ったり、誤情報や偽情報を流したりするのはやめよう。


New Americanとの私のインタビューは、(Rumbleで)見ることができる。

「国連世界保健機関とバイデン政権による大規模な権力奪取は-世界経済フォーラムとビルゲイツを背景に-国家主権を破壊し、全体主義的支配による単一世界政府を構築しようとするものである、とmRNAのパイオニア、ロバート・マローン博士はThe New American誌のConversations That Matter用のAlex Newmanとのインタビューで警告している。これはバイデン側の「弾劾すべき犯罪」であるとし、これを許すと極端な結果になると警告している。マローン博士は、犯罪者に責任を取らせ、この権力奪取にすべてのアメリカ人が抵抗するよう呼びかけている。」

タイトルとURLをコピーしました