「大衆形成精神病」 あるいは…集団催眠 – 群衆の狂気

マティアス・デスメットロバート・マローン集団心理・大衆形成・グループシンク

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

MASS FORMATION PSYCHOSIS

rwmalonemd.substack.com/p/mass-formation-psychosis?r=ta0o1&utm_campaign=post&utm_medium=web

ロバート・W・マローン MD, MS

ご存知の方も多いと思うが、私は集団精神病理論の研究と講演に時間を費やしてきた。私が学んだことのほとんどは、マティアス・デスメット博士から得たものである。彼は、この集団催眠の形式、すなわち群衆の狂気が、西欧諸国の人口の約20~30%が、政治家、科学官僚、製薬会社、レガシーメディアによって宣伝・施行された遺伝子ワクチンの安全性と有効性に関する「高貴な嘘」と支配的な物語に魅了されるという奇妙な現象を説明できることに気付いた。

集団催眠で観察されるのは、国民の大部分が、強制的なマスク使用、ロックダウン、生物学的に活性なコロナウイルス・スパイクタンパク質を大量に体内で作らせる遺伝子ワクチンの有効性と悪影響について誤解されていたことを示す、新しい科学的データや事実を処理することが全くできないということである。

このようにして催眠状態に陥った人々は、日常的に浴びせられている嘘や誤解を認識することができず、自分たちが受け入れてきたプロパガンダと矛盾するような情報を大胆にも共有しようとする人を積極的に攻撃する。家族や社会的ネットワークがこのプロセスによって引き裂かれ、公式に承認された「真実」に疑問を持ち、実際に科学的な文献に従っていることを理由に、近親者や友人が自分を追い出したことに気付いた人々にとって、これは深い苦悩、悲しみ、心理的な痛みの原因となる。

そのような思いから、先日、フロリダ州タンパで約2,000人の聴衆を前に行った講演で、マティアス・デスメット博士の大衆形成理論の話を盛り込みた。 客席を見ながら話していると、多くの人が安堵の表情を浮かべ、ストイックな男性の目からは涙がこぼれてた。

私が知らないうちに、そのスピーチを録音し、自然の風景を写した落ち着いた映像にボーカルトラックを付けたビデオが世界中で話題になっている。 以下に、そのビデオへのリンクと、講演内容を補足するメモを掲載する。多くの方から「とても癒された」という感想をいただきた。 皆さんのお役に立てれば幸い。

数十億人の人々が影響を受けているが、彼らはそれに気づいていない|ロバート・マローン博士 2021年
Billions Of People Are Affected By This & They Don't Realize It | Dr. Robert Malone 2021 Robert Malone マテウス・デズメット...彼は心理学者です。また、統計学者でもあります。彼

マティアス・デスメット博士が開発した「大衆形成」の簡単な概要である。彼は心理学者であり、統計学者でもある。ベルギーのゲント大学に所属している。 マティアス博士は、この現象を次のように呼んでいる。

大衆形成・サイコシス(MASS FORMATION PSYCHOSIS)

彼が言う「大衆」形成とは、「群衆」形成と同等のものと考えることができる。これを次のように考えることができる。

群衆精神病(CROWD PSYCHOSIS)

大衆形成精神病を設定する条件としては、社会的なつながりや感覚の欠如のほか、大量の潜在的な不安や受動的な攻撃性が挙げられる。もっともらしい「不安の対象」とそれに対処するための戦略を提示する物語が人々に氾濫すると、多くの個人が集団で一心不乱にその対象と戦います。これにより、人々は自分の問題に集中することをやめ、個人的な精神的苦痛を避けることができる。代わりに、彼らはすべての思考とエネルギーをこの新しい対象に集中させる。

大衆形成が進むにつれ、集団はますます絆を深め、つながっていく。視野が狭くなり、他の視点を考えることができなくなる。 運動の指導者は崇拝され、悪いことはできない。

このまま放置しておくと、大衆形成の魔法にかかった社会は、コンプライアンスを維持するために、他では考えられないような残虐行為が可能な全体主義的な統治構造を支持するようになる。注意:大衆形成は集団思考とは異なる。集団思考を修正するには、反対意見を取り入れ、彼らにプラットフォームを与えることで簡単にできる。 しかし、大衆形成はそう簡単ではない。 シナリオが崩壊しても、戦略に亀裂が入っても、明らかに問題が解決されていなくても、催眠術にかかった群衆はシナリオから抜け出せない。 これが今、COVID-19で起きていることのようである。 ナラティブをコントロールしている人たちの解決策は、解決策を支えるために、より大きな嘘を作り出すことである。 大衆形成に支配されている人々は、もはや理性を使って集団の物語から抜け出すことができない。

もちろん、大衆形成のわかりやすい例は、1930年代から40年代のドイツである。高度な教育を受け、古典的な意味で非常にリベラルで、西洋的な考えを持つドイツの人々が…どうしてあんなに狂って、ユダヤ人にしたようなことをしたのであろうか?どうしてこんなことが起こったのであろうか?

文明人に? 大衆形成運動のリーダーは、このプラットフォームを使って、グループに焦点を当てた新しい情報を提供し続ける。 COVID-19の場合、私は “恐怖ポルノ “という言葉を使いたいと思う。 リーダーたちは、メインストリームのメディアや政府のチャンネルを通じて、信者に焦点を当て、さらに催眠術をかけるようなメッセージを送り続け、「獣」に餌を与えるのである。

研究によると、大衆の形成は一般的な分布をしている。

  • 30%はグループのストーリーに洗脳され、催眠術をかけられ、洗脳される。
  • 中間の40%は説得力があり、価値のある代替案が見つからなければ従うかもしれない。
  • 30%は物語に反抗する。

物語に反発して戦う人たちは、洗脳された人たちの敵となり、攻撃の主な対象となる。

大衆形成に対抗する最良の方法の一つは、物語に反対する人々が反対の声を上げ続けることである。これは、洗脳されたグループの一部の人々の催眠を解くのに役立つだけでなく、説得可能な中間層に無心よりも理性を選ぶように説得するのにも役立つ。

デスメット博士は、「COVID-19」のような大規模なものの場合、大衆形成の精神状態を打破する唯一の方法は、群衆に何か大きなものを与えて集中させることだと指摘している。 彼は、全体主義がその大きな問題ではないかと考えている。 もちろん、「COVID-19」の後は、世界的な全体主義が現代の最大の問題になるかもしれない。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました