COVIDの起源

武漢研ウイルス流出説 – SARS-CoV-2のFurin Cleavage siteの特許取得済み遺伝子との関連を示す新たな論文が発表される

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Lab Leak Theory – New article shows link to patented gene in SARS-CoV-2 Furin Cleavage site

Lab leak theories are suddenly very much the MODE (RNA gives us the clue)

nakedemperor.substack.com/p/lab-leak-theory-new-article-shows

ラボリーク説が急にMODEになった(RNAがヒントになる)

この記事を最初に知ったのは、キーボードをランダムに打つ実験用マウスのJikky Kjjであった。この記事はFrontiers in Virology – Emerging and Reemerging Virusesに本日掲載されたもので、1月に掲載した私の記事と同じ内容である。

www.frontiersin.org/articles/10.3389/fviro.2022.834808/full

著者らは、SARS-CoV-2とコウモリ由来のRaTG13コロナウイルスの変異の違いについて述べている。このコウモリウイルスは、SARS-CoV-2に最も近い親戚であり、ゲノムは96.2%同一である。その中で、3ヌクレオチドを超えるものは1つだけで、それは4つのアミノ酸をコードする12ヌクレオチドを含む「furin cleavage site(FCS)」である。これまでの記事で述べたように、FCSの挿入は、SARS-CoV-2の複製と病原性、すなわち感染しやすく致命的になることに重要な役割を果たしていると思われる。

では、今回の記事では、FCSの何がそんなに興味深いのだろうか?FCSは、他のb系統のベータコロナウイルス属や自然界のサルベコウイルスには見られないものである。著者らは、この配列の奇妙な特徴は、2つの連続したCGGコドンであると述べている。彼らがBLAST検索(ヌクレオチドやタンパク質の配列を比較するNIHのツール)を行ったところ 2016年2月4日に出願された米国特許9,587,003号に記載されている独自の配列と100%逆に一致した。そして、この特許の出願人は誰だったのか?前回の記事やこの記事の控えめなサブタイトルを読んだ方は、この特許の出願人と現在の譲受人がモデルナ Therapeutics社であることを知っているだろう。

この特許は、モデルナ Therapeutics社が出願したもので、現在は同社が特許権を保有している。

このような一致は非常に稀であり、著者らはどの程度稀なのかを調べた。従来の生物統計学的分析を用いて、3万塩基のウイルスゲノムの中にこの配列がランダムに存在する確率を3.21×10 -11(とんでもなく小さい数字/約311億分の1)と推定した。また、BLASTデータベースでは、SARS-CoV-2を除く他のどのウイルスゲノムにもこの配列は見つからなかったという。

この配列が特許になっているということは、何か有用なことをしているに違いない。では、実際には何をしているのだろうか?著者によれば、順方向に読むと、DNAミスマッチ修復タンパク質であるMSH3と100%アミノ酸が一致するという。MSH3の役割は、ゲノムの安定性を維持することであり、癌性腫瘍の抑制にも関与しているという。生体内での実験では、DNAミスマッチ修復欠損を誘発すると、ウイルス抑制効果が高まり、ウイルス疾患の重症度が増すことがわかっている(この実験ではインフルエンザを対象としている)。さらに、ミスマッチ修復欠損は、SARS-CoV-2のRNA排出を長引かせる役割を果たすことが提案されている(この論文では、54日間にわたって陽性と判定されたがん患者を調べた)。

この論文では、BLASTデータベースにこの配列が含まれていないことから、SARS-CoV-2にこの配列が存在する理由として、中間宿主での組み換えが考えられないとしている。「SARS-CoV-2のスパイクタンパク質のアミノ酸681にFCSをコードする19塩基のRNA配列が、独自に開発したMSH3 mRNA配列の逆相補体と100%同一であることは、非常に珍しいことである」と結論づけている。「この相関関係を説明できる可能性があるならば、さらに調査すべきである」と述べている。

この論文は、実験室からの漏洩説にさらなる歯止めをかけ、このパンデミックの最初の段階で答えを出すべきだった、そして出すことができた疑問を提起し、おそらく無数の命を救うことになるだろう。なぜSARS-CoV-2にモデルナ社の特許配列が入っているのか?モデルナ社がこの配列を使ってさまざまな癌治療の実験をしていたことは明らかだが、その実験とSARS-CoV-2との間にはどのような関係があるのだろうか?これらの実験は、同じ研究所で、あるいは同じ人物によって行われていたのだろうか?この配列が混入してSARS-CoV-2になった可能性はあるのか、それともコロナウイルスを直接操作することでしか起こらないのか。ウイルスを直接操作することが唯一の答えだとしたら、感染率や病気の重症度を高めることがわかっていたのに、なぜこのような挿入が加えられたのか?なぜこの情報が隠蔽されてきたのか。なぜ他の科学者はこのことを議論しないのか?

この論文のもう一つのポイントは、中国農業科学院ハルビン獣医研究所のXin Yinが編集を担当していることである。さらに、同じアカデミーのJitao Changが査読している。これは、中国がモデルナをバスの下に投げ込んでいるのだろうか?もし何か下心があるのでなければ、なぜ中国はこの情報の公開を許可するのだろうか?

SARS-CoV-2がどこから来たのかという答えに限りなく近づいた素晴らしい記事だが、我々が答えを求めるべき多くの未解決の問題を残している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました