マイク・イェードン博士による英国議会議員への演説(2023年12月4日)
私は、ワクチンと呼ばれるものの設計は、意図的に人々に害を与えるものだったと言うつもりです。

強調オフ

マイケル・イードンワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.aussie17.com/p/important-dr-mike-yeadons-address

マイク・イードン博士の英国議会議員への演説(2023年12月4日)
———————————————-
こんにちは。マイク・イードン博士です。私が研究科学者、生物学者としてのキャリアを積んでいることは、もうご存知かと思います。バイオ医薬品業界で30年以上働いてきました。有名な話ですが、ファイザーの元副社長で、2011年に呼吸器研究部門の副社長兼世界責任者として退社しました。私はアイデアからコンセプトの臨床実証までを担当していました。ファイザーを辞めてからの10年間。私は独立して仕事をしてきました。30社のバイオテクノロジー企業にコンサルティングを行いました。また、自分のバイオテクノロジー会社Ziarcoを設立し、売却しました。そして、2017年のフォーブス誌の記事に取り上げられました。『ファイザーの廃棄物を金に変える』という記事だったと思いますが、ファイザーの元役員が書いたものです。つまり、この疑惑の出来事が始まる3年前のことです。私は業界で非常に高く評価されていました。

私は、ワクチンと呼ばれるものの設計が意図的に人々に害を与えるものであったこと、そして合理的な医薬品設計に関する私の豊富な業界経験に基づき、その例をいくつか挙げようと思います。合成薬に含まれる原子や分子は一つもありません。運です。そこにあるのは、人々がそこにあるように選択し、その選択から特定のことが起こるように意図したからなのです。でも、ごく簡単に知っておいてほしいことがあります。パンデミックが起きていないことを祈ります。

デニス・ランコートのデータでは、宣言までの間、全死因死亡率の証拠データはまったく増加していません。誰が不正に?パンデミックの。私たちの政府が作り出したもの以外に、公衆衛生上の緊急事態は存在しません。不適切な不正PCR検査が行われ、ある特定の病気にかかったかのように見せかけたのです。普通の病気があったのです。そして起こったことは3つあります。国家のレベルを超えた医療処置によって、人々はひどい扱いを受けました。簡単に説明すると、病院では不適切な大量人工呼吸が行われ、多くの死者が出ました。ケアハウスでは、多くの人が鎮静剤や呼吸抑制剤を投与され、死に至りました。私の博士号は、特にアヘン剤と呼吸抑制に関するものでした。また地域社会では、救命のための抗生物質が与えられず、細菌性肺炎で亡くなる人もいました。

これがあなたのパンデミックです。他にパンデミックはありません。そして、この嘘に基づいています。私たちは、ワクチンが私たちの救世主になると言われました。二つのことが言えます。第一に、パンデミックは存在しないので、実験的で急がされる医療介入は確かに必要ありません。しかし第二に、仮に必要だとしても、30年以上この業界で働いている者として、私はあなたに、絶対に不可能だと言います。複雑な生物医学製品を発明し、試験し、臨床し、評価し、製造し、世界規模で発売することは絶対に不可能です。絶対に不可能です。近いどころではありません。何年も間違っています。最速記録は6年です。また、複雑な生物学的製剤の製造に生涯携わってきた私の友人によれば、再現可能な製造プロセスの開発には、方法の開発だけでも何年もかかるそうです。ですから、あなたが何を考えているにせよ。私が言いたいのは、適切な医療製品の開発は行われなかったということです。

私が思うに、意図的に毒性のある材料を開発したのです。その結果、何百万人もの人々が亡くなりました。今日は、今後どのようなことが行われるかを説明する時間はありません。しかし、もし私たちがこれを止めなければ、さらなる注射が行われることは間違いありません。

ですから。言ったように、私は合理的な創薬の技術に長けています。では、なぜ私はこれらの材料が意図的に毒性があると言っているのでしょうか?最初の例を挙げましょう。あなたの体は自分自身と仲良くやっていると思いますか?しかし、感染したり、癌を発見したりすると、 戦争になります。答えはこうです。自分の中にあるべきものと、そうでないものを区別するのです。そして、自己以外の異物を検知し、攻撃するように絶妙に訓練されているのです。

もしある人に、異質なタンパク質をコードする遺伝子を注射したとします。外来生物のスパイクプロテインのように。そして、その遺伝子を取り込んで異質なタンパク質を発現する細胞はすべて、免疫システムによって攻撃され、死滅します。これが高度な免疫学だと思われるかもしれませんが、そうではありません。それは第1章に書いてあります。自己と非自己を区別することは、免疫学の最も重要な教訓のひとつです。そして、このような物質が医師の手に渡るまでの過程で、私が今お話ししたような、必然的に傷害を引き起こすということを、関係者全員が知っていたのです。

そのうえで、スパイク・プロテインと呼ばれる特定の物質を作るのです。その物質は生物学的に活性があります。つまり、例えば人間の血液に加えると凝固を始めます。凝固するのです。これらの物質は生物学的毒素なのです。つまり、あなたは今、外来タンパク質を形成する遺伝子配列を持っているのです。ということは、あなたの身体はそれを行うすべての細胞を攻撃し、殺すということです。そのタンパク質を血液中に放出すると血栓ができます。

例えば、神経の近くに放出すれば、いくつかの神経学的欠陥のうちの1つ、あるいは他のものになるでしょう。そしてもちろん。神経や血液だけではありません。第三の大きな要因があります。その3つ目を挙げましょう。このような材料は、通常、医薬品として処方されます。これらは脂質ナノ粒子と呼ばれる脂肪球に配合されます。脂質ナノ粒子とは、外来の遺伝情報を偽装するもので、細胞内に入り込んで体内をくまなく回るまで、あなたの体にはまず見えません。細胞壁を通り抜けて、まるで何もなかったかのように。それがこの物質の狙いなのです。ということは、これらの物質はリンパ節だけに行くわけではないということです。注射された腕にとどまることもありません。脳や血液、全身の臓器など、全身に行き渡るのです。

しかし、問題はここからです。10年前に論文が発表され、脂質ナノ粒子、脂質ナノキャリアが卵巣に優先的に貨物を沈着させるということは、業界ではよく知られたことでした。つまり、設計上、これらの薬剤はあらゆる組織に自己免疫攻撃を引き起こすのです。体内の複数の臓器にダメージを与える生物学的毒素を形成させるのです。そして、女性や女児の生殖組織に優先的にその積荷を沈着させるのです。

ですから、それが運によるものだとお考えなら、それは間違いです。私のような優秀な人間、つまりこれに携わった私の仲間は、自分たちが何を設計し製造しているのかを絶対に理解していたはずです。ですから、今申し上げたことを聞いて、私は、パンデミックは存在せず、人々に大量に注射するために嘘が維持されたのだと思います。5億5千万人が意図的に危険な物質を注射され、そのうちの1,700万人がこれまでに亡くなっています。この犯罪を阻止するために、あなたは何が起こっていると思いますか、そして個人としてのあなたの役割は何だと思いますか?ご清聴ありがとうございました。

——————————————–

(2023年12月12日現在)、既存の「公式な」COVIDガイドラインは依然として主要な製薬企業によって大きな影響を受けているようであり、規制機関は潜在的に危うい状態が続いているため、これはおそらく「コミュニティからの指摘」となり、マイク・イードン博士は「反ワクチン主義者」の烙印を押される可能性があることにご注意ください。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker