MATH+ & I-MASK/FLCCC

I-CARE | COVID-19の早期治療の手引き – FLCCC 2022/6/29
I-CARE: Early COVID Treatment

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

covid19criticalcare.com/covid-19-protocols/i-care-early-covid-treatment/

COVID-19の早期治療の手引き

COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2の感染は、多くの段階を経て進行することを認識することが重要である。したがって、治療は非常に段階に特化したものとなる。COVID-19は臨床診断であり、抗原やPCR検査の確認は必要ない。治療は、インフルエンザ様症状の発現後、直ちに開始する必要がある。このプロトコルに含まれる複数の治療法および薬剤は、それぞれ異なる作用機序を持ち、疾患の様々な段階において相乗的に作用する。

1st ライン薬

優先順位が高い順に記載されており、すべてが必須というわけではない。

イベルメクチン

0.3~0.6mg/kgを1日1回、少なくとも5日間、または症状が消失するまで投与する。

症状が5日以上続く場合は、医療従事者に相談する。正しい投与量の計算については、表1を参照のこと。ケルセチンとイベルメクチンの相互作用の可能性があるため、これらの薬剤は1日中時間をずらして使用する必要がある(表2参照)。コビッド治療では、イベルメクチンは食事と一緒か食後すぐに服用すると、吸収率が高くなる。

ヒドロキシクロロキン(HCQ)

200mg を1日2回、5-10日間。

亜鉛と一緒に飲むのが最もよい。 ヒドロキシクロロキンはイベルメクチンの代わりに、または 一緒に服用することができる。イベルメクチンは妊娠中は避けるべきであるが、FDAは ヒドロキシクロロキンを妊娠中でも安全であると考えている。オミクロン変異株が細胞侵入に用いる経路を考えると、 ヒドロキシクロロキンはこの変異株に適した薬剤かもしれない。

亜鉛

1日 75-100mg

ヒドロキシクロロキンと一緒に服用する。亜鉛のサプリメントには様々な形態がある(例:硫酸亜鉛、クエン酸亜鉛、グルコン酸亜鉛など)。

洗口液(マウスウォッシュ)

1日 3回

クロルヘキシジン、塩化セチルピリジニウム(例:Scope™、Act™、Crest™)またはポビドンヨードを含む防腐・抗菌性の洗口液で1日3回うがい(飲み込まないでほしい)。

1%ポビドンヨード配合の鼻腔スプレー

1日 2~3回

妊娠中は5日以上使用しないこと。1%の製品が入手できない場合は、より広く利用されている10%溶液(ボックスを参照)を希釈し、4時間ごとに各鼻孔に4-5滴を適用る。

1%ポビドンヨード濃縮液の作り方

  1. 250mlの鼻腔洗浄液ボトルに大さじ1杯半(25ml)の10%ポビドンヨード溶液を入れる。
  2. 蒸留水、滅菌水、または沸騰させた水をボトルの上まで入れる。
  3. 使用方法:頭を後ろに倒し、それぞれの鼻孔に4~5滴垂らす。数分間、頭を傾けたままにしておき、その後、水を出す。

アスピリン

325mgを1日1回(禁忌でない限り)

メラトニン

就寝前に5-10mg(眠気を催す)

徐放性製剤またはゆっくり溶けるタイプが望ましい

クルクミン(ターメリック)

500mgを1日 2回。

クルクミンは水への溶解度が低く、体内への吸収が悪い。

そのため、伝統的に全脂肪乳や黒胡椒と一緒に摂取することで、吸収を高めている。

ケフィアおよび/またはビフィドバクテリウムプロバイオティクス
ビタミンC

500-1000mgを1日2回。

ケルセチン(または混合フラボノイドのサプリメント)

250mgを1日2回

ケルセチンとイベルメクチンの相互作用の可能性があるため、これらの薬は同時に服用してはならない(つまり、1日の異なる時間にずらして服用する必要がある-表2参照)。サプリメントのケルセチンは溶解性が悪く、経口吸収率が低いため、レシチンベースおよびナノ粒子製剤が望ましい。

家庭用パルスオキシメーター

無症候性低酸素症のため、症状のある患者には酸素飽和度のモニタリングが推奨される。一日に複数回測定し、低下傾向は不吉と見なす。ベースラインまたは外来時の酸素飽和度が94%未満の場合は、主治医または遠隔医療機関に相談するか、救急治療室で評価する必要がある(詳しいガイダンスはボックスを参照)。

  • 強いパルス信号と関連した値のみを受け入れる
  • 最も一般的な値を特定するために、30~60秒間測定値を観察する。
  • 測定の前に四肢を温める
  • 中指または薬指を使用する
  • 測定する指のマニキュアを落とす。

2nd ライン治療

優先順位/重要性の高い順に/ 最小限に抑えた安全な薬剤

以下に該当する場合、上記の1st ラインの薬に2ndライン薬を追加する。

  • 1) 症状が5日以上続く場合
  • 2) 第一選択薬の効果が不十分な場合
  • 3) 重大な合併症がある場合)
Nigella sativa(ブラッククミン)

80mg/kg/日、蜂蜜1g/kg/日

ビタミンD3

1日10,000IU(5,000IUカプセル2個)を2週間投与

ビタミンB複合体
ニタゾキサニド(NTZ)

600mgを1日2回、5日間

フルボキサミン(Fluvoxamine)

25-50mgを1日2回

フルボキサミンが入手できない場合は、フルオキセチン(プロザック;1日20-40mg)で代用できる。

N-アセチルシステイン(NAC)

1回600-1200mg、1日2回経口投与。

オメガ3脂肪酸

1日4g

Vascepa(エイコサペンタエン酸エチル);Lovaza(EPA/DHA)

またはそれに代わるDHA/EPA

VascepaとLovazaの錠剤は飲み込む必要があり、砕いたり、溶かしたり、噛んだりすることはできない。

このプロトコルについて

この文書に記載されている情報は、最良の(そして最新の)文献に基づいたCOVID-19に対する我々の推奨するアプローチである。

本書は、COVID-19の早期治療に関する医療従事者への指針として提供されるものである。患者は、薬物治療を開始する前に必ず医療従事者と相談すること。

このプロトコルは、新しいエビデンスに基づき、新しい薬剤が追加されたり、既存の薬剤の用量が変更されたりすることがある。このプロトコルの最新版を使用していることを確認するために、flccc.netのウェブサイトをチェックしてほしい。

栄養療法とそれがCOVID-19にどのように役立つかの詳細については、genius/COVID_nutritionを見てほしい。

早期治療、これらの薬剤の根拠、その他の選択的治療に関する追加情報については、「COVID-19の早期治療ガイド」を参照してほしい。早期治療は非常に重要であり、本疾患を管理する上で最も重要な要素である。

イベルメクチンについて

イベルメクチンは、40年以上にわたって世界中で成功裏に使用されてきた、よく知られたFDA認可の薬剤である。最も安全な薬剤の一つであり、WHOの必須医薬品リストに掲載され、37億回以上投与され、世界各地で風土病の寄生虫感染症を根絶させた世界的かつ歴史的な影響からノーベル賞を受賞している。

COVID-19におけるイベルメクチンの支持証拠の全体を確認するには、geni.us/IVMinCOVIDを見てほしい。

イベルメクチンは、副作用が少なく(ほとんど軽度)安全性の高い薬剤である。しかし、妊娠中の安全性はまだ確立されていない。妊娠中、特に妊娠初期における使用については、医師に相談すること。

イベルメクチンを処方する前に、潜在的な薬物間相互作用を検討する必要がある(詳細は「COVID-19の早期治療のためのガイド」を参照)。

イベルメクチンは、早期に投与した場合,0.3~0.4mg/kgの用量でオミクロン変異株に高い効果を示すことが実証されている。

より重症の変異株が存在する地域、症状が出てから5日以降に治療を開始する場合、病状の進行した患者や危険因子の多い患者(高齢、肥満、糖尿病など)では、より高用量(0.6mg/kg)が必要となる場合がある。

摂取タイミング

タイトルとURLをコピーしました