抵抗戦略

心の開き方 | COVID-19ワクチンの危険性に「目を覚まさせる」ためにはどうしたらいいか?
How to Open a Mind: How Can “We Wake People Up” to the Dangers of the Covid Jab

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.globalresearch.ca/how-open-mind/5793245

エマニュエル・ガルシア博士による

グローバルリサーチ、2022年9月13日

テーマ警察国家と市民権

私はよく友人や知人から、私が今「レジスタンス」と呼んでいる人々、つまり私のように人間の自由とコロイド時代の医療行為に関する常識のために戦う人々から、どうすれば「人々の目を覚ます」ことができるかと尋ねられる。私たちに押し付けられたコビッドワクチンが実は危険で不必要なものであることを、ニュージーランドの仲間たちにどうやって認識してもらうか。マスク着用や反社会的な距離の取り方が支配のための道具であることを理解してもらうか。いわゆる緊急コビッド法の下で普及していた「ワクチン接種・アパルトヘイト」システムが、不道徳で合理性に欠けることをどう理解してもらうかである。

精神分析医としての経験から、誰かに「何を考え、何をすべきか」を指示することは、決して良い結果を生まないことが分かっている。しかし、長い目で見れば、洞察や内省、批判的思考は、自律的に取り組まなければならないモードである。私の専門分野では、分析のゴールは自己分析であるとよく言われたが、まさにその通りである。人間には責任があり、選択肢がある。例えば、信頼できる国家が、主流メディアの宣伝機関を通じて独断専行を行った場合、その責任と選択肢を確かに放棄するかもしれない。しかし、このような無批判の服従は、いかなる自由をも志向する人間には到底ふさわしくない。

さらに、私が合理的で知的だと思っていた人たち(何十年も親しい友人だった人もいる)が、コビッドのことに関しては、まるで閉じたドアのように振る舞うことがわかった。

ある親しい友人は、8カ月ほど前に、自然免疫、早期治療、集会権、自由行使などに関する私の立場があまりにもひどいと感じ、私と「決別」した。「君は暗黒面に堕ちた」と彼は言い、「君とは二度と話ができない」と言った。「先週、この友人からほろ酔い加減で電話があり、私たちは和解した。私は彼に、40年以上にわたる家族の密接な結びつきを考えると、私たちの友情は意見の相違を超えるべきだと思う、と言い、さらに、私は最初に友人になったときと同じ人間である、と話した。つまり、独立宣言と憲法と権利章典は、生命、自由、幸福の追求が基本であることを認めた例外的な政治文書であり、主流メディアは読まない、見ない、聴かない、ということだ。

というのも、私はこの人がこうしたメディアにはまっていることを知っているからだ。南西部の広大な牧場に彼を訪ねると、夜明けから真夜中までずっとビッグスクリーンがついている。そして私は、彼の現実は、長年にわたって彼に与えられてきた「現実」なのだと、はっきりと認識した。

彼は精神病でもなければ、「形成」に属しているわけでもない。彼はただ、由緒あるコミュニケーションの権威に全幅の信頼を置いており、彼らのメッセージから少しでも外れることは考えられない。

私との友情の絆の強さは、時間が経てば、彼に別の視点を持たせるかもしれない。しかし、今のところそうではない。彼の現実が、巨大な父権的メディアの友人たちが彼に描いてきた隔離、マスク、ワクチン、譲れない権利の放棄、そして何よりも恐怖に関することを反映しているだけである限り、そうではないことは確かである。

すべての人に恐怖を与えるキャンペーンは、非常に成功していると認めざるを得ない。そうすることで、ある種の線引きをすることができた。安全を求める人々と、生きたいと願う人々の間に線を引くことができた。コビッドはコロナ戦争の2年半の間に、私たちをはっきりと分けてしまった。国家のサイレンソングに抵抗した人々は、比較的少数であるが、今やその数は増加している。大いなる欺瞞を飲み込んだ人々は、より形式的に団結し、恐怖によってその数を増やし、議論を封じ、異なる人々の苦悩に対して無関心である。ここニュージーランドの彼らは、ワクチン民と非ワクチン民という二層社会を作るアパルトヘイト制度を進んで受け入れた。もし非ワクチン民が仕事を失い、散髪やジムや劇場に行けなくなったとしても、それは彼らの「選択」なのである。

悪名高く、誤解されているフロイトは、『集団心理学と自我の分析』の中で次のように書いている。

集団の中で、個人は無意識の本能的衝動の抑圧を捨てられるような状況に置かれる。そのとき彼が見せる一見新しい特性は、実はこの無意識の現れであり、その中には人間の心の中にあるすべての悪が素質として含まれている。

日本語訳
集団心理学と自我の分析/第2章

そう、私たちは、すべての人の中にある悪の存在と可能性を認めなければならないし、自分の身の安全を図るために、自分の主義を捨て、自分を裏切る個人の身勝手さも認めなければならない。

私がここで言っているのは、圧倒的多数の医師が恐怖と利己主義から、ヒポクラテスの誓い、インフォームドコンセント、個別医療への義務を放棄し、真の医師でなくなったということである。

そう、彼らは腐敗した医学評議会(州医療委員会連盟の下にある)と厚生省から攻撃を受けていただろう。そう、彼らは診療免許を停止され、常識と自分の体に入れるものを選択する権利を行使したために仕事をクビになっただろう-少なくとも当初は。

しかし、もし彼らが単に正しいことのために集団で立ち上がったとしたらどうだろう。全体主義的な政府は、私たち全員を迫害する勇気があっただろうか?医学評議会のような屁理屈をこねる組織でさえ、発言した数十人の医師ではなく、数千人を調査しようとしただろうか?ニュージーランドの首相は、ファイザーのような評判の悪い不誠実な製薬会社との甘い取引に固執し、でっち上げられた病気に対する安価で効果的な治療法を弾圧しただろうか?政府は、予防接種を受けた後に死亡した人々の検死を義務付けず、有害事象を説明せず、完全に調査しないという大胆さを持っていただろうか? 実際、この作られた悪夢のシナリオは、生活、ビジネス、社会構造の破壊を伴うこのような展開を許していただろうか?

頑なに閉ざされたコビッドの心を開くには、2つの鍵があると思う。

  • 彼らが思い込んでいる、あるいは信じ込まされている恐怖が根拠のないものであることを、身をもって示すこと。どんなに話しても、推論しても、説教しても、指示しても、おだてても、説得しても、冷静な恐怖心のなさを生で示すことに比べたら、何も達成できないだろう。
  • 疑問の態度が生まれれば、主流メディアの情報源を否定することを奨励する。インターネットという広大な拡散分散型の領域では、時に道を誤ることもあるかもしれないが、真実にたどり着く可能性ははるかに高い。

コロナ戦争は、私たちの多くが知っているように、さらに大きく恐ろしい目的への手段である。もし世界経済フォーラムの新世界秩序が実現すれば、気候変動規制、デジタルID、完全モニタリングが近い将来実現するだろう。そして、もし個人がポタージュ一杯のために生得権を売れば、それは実現するだろう。多くの人が素朴に、何も考えずに国家の指示に従うが、多くの人もよく分かっていて、利己的で怖いから従っているのである。

私は、私たちの中にある善は悪の性向を上回り、これまで顕著だったコヴィディウスの利己主義は、むしろ恐怖によって育まれたと考えたい。もしそうなら、私たちには勝算がある。

*

ガルシア博士は、フィラデルフィア生まれの精神分析医、精神科医で 2006年にニュージーランドに移住した。精神分析技法の探求から、音楽(マーラー、ラフマニノフ、スクリャービン、デリウス)における創造性の心理学、政治まで幅広い記事を執筆している。また、詩人、小説家、舞台演出家でもある。ニュージーランドの公的機関に勤務した後、2021年に精神科医を引退。

特集画像はOneWorldより

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました