私のCOVIDの治療法 Steve Kirsch
私はワクチンを二回接種している。もちろん効果はなかったが、ついに初めてCOVIDにかかった。私の治療方法を紹介する。

スティーブ・カーシュ早期治療・在宅治療

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

How I’m treating my COVID

スティーブ・キルシュ

6月27日

アップデート 2:52pm 6月27日

私はかなり克服している。肺に若干の鬱血があるだけで、O2 酸素飽和度 は 99% だ。

COVIDへの対応で本当に必要なのは、人々に伝えることだけだと、私はいつも言ってきた。

  1. 病気になったら、家にいなさい
  2. COVIDに感染していると気づいたら、すぐに以下に挙げるような早期治療プロトコルを開始することだ

それ以外には何も必要あらなかった。実際、ワクチン接種、マスク着用、戸締まり、義務化、レムデシビル、病院の標準プロトコルなど、私たちが行ったことはすべて逆効果で、事態を悪化させただけだと私は主張する。

はじめに

私は2022年6月24日(金)にCOVIDに罹患した。

妻がCOVIDにかかり(ゴルフ仲間からうつされた)私は十分に待たずに妻と接することになった。

私が二重接種しているのは 2021年3月、FDAとCDCが誠実な組織であると信じていたからである。2か月後まで、私はひどい勘違いをしていたことに気づいた。他の多くの人が私より先にこのことに気づく一方で、かなり多くの友人たちがまだ青いピルを飲んでいるのである。私は2つのブラックスワン(ワクチン接種後1週間で3人の親族が死亡した友人と、ワクチンで負傷した業者夫婦)を見てすぐにレッドピルに切り替えたのである。

金曜日の朝、筋肉痛で目が覚めたので、COVIDを疑った。

症状が出たので、iHealthの検査でCOVIDであることを確認した。iHealthは最も安い検査薬で、例えばcode1supplyで注文すると1つあたり5ドル以下(2パックで9.79ドル)である。iHealthのテストは、液体をウェルに塗った30秒後に陽性反応が出た(通常15分かかると言われているので、ウイルス量が多かったのだろう)。

みんなそれぞれお気に入りのCOVIDプロトコルがある

これが私のCOVIDの治療方法だが、ちょっと疲れただけなので、かなり効果があるようだ。

これがCOVIDを治療する唯一の方法というわけではない。これは私がやっていることに過ぎない。

すでに服用している薬によって治療法が異なるかもしれませんので、私がやったことを真似する前に、医師に確認してみてほしい。

また、医師によって好みがある。例えば、ある人はビタミンDを1回だけ40,000ユニット摂取させるだろう。また、1日1万IUと言う人もいる。どちらが良いのだろうか?それはわからない。であるから、これらの治療プロトコルはすべて、最適なプロトコルについてのおおよその推測に過ぎないのである。つまり、あなたの担当医は別のものを勧めるかもしれないし、それがちょうど良いものかもしれないのである。私は、以下に挙げたプロトコルが最適だと主張しているわけではない。

誰もが同意するのは、診断されたらすぐにCOVIDの治療を開始したいということだ。

私は、myfreedoctor.com を使ってすべてを事前注文したので、すでにすべての薬が手元にあった。一番安い薬を手に入れたい場合は、1週間ほどかかるが、そうでない場合は地元の薬局を利用しなければならず、かなり割高になる可能性がある。

これが私が飲んでいるもののリストである。私の場合、どの薬も副作用が全くないので、とても飲みやすい組み合わせになっている。

  1. ビタミンC 3000mg/日(チュアブルタイプの錠剤が好きなので3錠)
  2. ビタミンD3 10K IU/日。私の場合、小さな小さな錠剤を2つ
  3. 亜鉛 50mg/日(Sabine Hazanの研究をサポートするProgenabiomeのBiome Boostersを飲んでいるので、これはカバーできている)。亜鉛は摂り過ぎないように
  4. アスピリン 81mg(もっと多いという人もいる)。私はバイエル社のチュアブルタイプのアスピリンを使用した。フルアスピリンが良いかどうかは議論があるが、私は低用量で摂取するのが良いと読んだ。しかし、どこで読んだのか思い出せません。低用量と高用量では、活性化するものが異なることが判明した
  5. ファモチジン(ガスター10) 10mg錠を1日2回(20mg /day)。マローン博士の論文では、もっと高用量の60mg TIDを推奨しており、180mg/dayとなる。また、処方箋が必要なセレコキシブとの併用も勧めている。また、この薬剤を単独で使用する場合は、より高用量が使用されていた。私は低用量にしたため、あまり効果がないかもしれない
  6. アレグラ 1日1回。これはペプシドを補完するもので、異なる受容体のセットをブロックする
  7. NAC 600mg/日
  8. ニゲラサティバの種子 80mg/kg/日×10日(分割)で6gm/日なので、1.5 tspを3X/日摂取
  9. イベルメクチン(15mgの錠剤を配合したもの)。2錠/日、10日間。吸収をよくするために脂肪分の多い食事と一緒に摂る。これは、77kgの私の体重を基準にしている。投与量は体重に比例する
  10. ヒドロキシクロロキンHydroxychloroquine(200mgの錠剤)。日目に2錠を1日2回、その後1錠を1日2回、合計10日間。空腹時に服用するのが理想的だ
  11. アクティビアヨーグルト 1日2回。ビフィズス菌が含まれており、COVIDを腸から排除するのに有効だ
  12. アジスロマイシン(250mg錠) 1日目2錠、以後1日1錠、計5日間。腸内細菌には効きませんが。ただし、腸内細菌の専門家であるSabine Hazanでさえ、5日間まではこれを推奨している
  13. メラトニン 3mgエクステンドリリース、就寝時
  14. フルボキサミン 50mgを1日2回(1日合計100mg)14日間服用。フルボキサミン服用中はカフェインを避けてほしい。私の忠告を無視すると、後悔することになりますよ
  15. ポビドンヨード鼻腔洗浄液 1日4回。まず、ニールメッドのサイナスリンス用スクイズボトルに入れた蒸留水60mlを電子レンジで温める。そして、ポビドンヨード10%のスポイト半分と小さじ1/4の塩を加え、通常の副鼻腔洗浄と同じように使用する。濃いアイスティーみたいな感じである
  16. クレストスコープクラシックうがい CPCが入っているので1日4回(Colgate Totalも使用可能)。これで鼻孔をぬぐうこともできるが、生理食塩水による洗浄の方がより快適だ
  17. 十分な休息
  18. 定期的に歩き回り、血液の流れを良くしよう。DVTや肺塞栓症のリスクを最小限に抑えたい
  19. 座っている場合は、足を高くしてほしい
  20. 歩きながら定期的にパルスオキシメーターで測定する
  21. グルタミンを摂取する 粉末状のグルタミン10gを1日3回、食事と一緒に摂取する。対照群では、230人のコビッド患者のうち38人が死亡した。グルタミン群では、222名中0名が死亡した。The effect of glutamine supplementation on serum levels of some inflammatory factors, oxidative stress, and appetite in COVID-19 patients: a case-control study – PubMed (nih.gov) ここでも、グルタミン群では死亡率もICU入院もなかった・・・COVID-19治療におけるl-Glutamineサプリメントの内服効果 – PubMed (nih.gov) ですね。これは、ワクチンで怪我をしたときに飲むグルタチオンと混同しないようにしよう。一方、こんな論文もある。COVID-19患者における重篤な症状および死亡の最も可能性の高い原因として、グルタチオンの内因性欠乏
  22. ラクトフェリン 750mg/日、14日間
  23. プレドニゾン20mg錠 最後の手段として、必要な場合にのみ、8日目から3錠/日を5日間服用する。私は手元に置いているが、決して使う必要はないはずである。多くの人が犯す間違いは、病気の後半にのみ使用するようにとの指示を読まないことだ。私は、初日から服用し始めた人を知っているが、彼らはその間違いを後悔している。もし、早期に治療を開始したのであれば、この薬は必要ないだろう

その他のアイデアやオプションについては、こちらの記事「COVIDの治療法」を見てほしい。

これらの薬やサプリメントの科学的な背景については、c19early.comを参照してほしい。

修正されたプロトコル

基本的に回復が早かったので、Sabine Hazan博士のアドバイスにより、月曜日にこれを開始した。

  1. NAC、ニゲラ・サティバ ヒドロキシクロロキンを中止。これらは腸内細菌に良くない
  2. イベルメクチン 15mg/dayに減らす
  3. ーンブロス、ザワークラウトを加え、アクティビアヨーグルトを4個/日に増やし、腸内健康菌を再構築する
  4. ポビドンヨード抜きの生理食塩水リンス
  5. セレン200mcgを10日間追加する
  6. ペプシドを1日2回、40mgに増量 (1日あたり合計80mg)

調子はどうだったか?

6月24日(金): 筋肉痛。治療開始。オーラリングは、脈拍の上昇(67bpmではなく、睡眠中に90bpm)と体温の上昇(平熱より2.6度高い)を示した。

6月25日(土):生産的な咳(黄色いもの)下痢。大浦は体温が平熱より1.9度高いと言っている。

6月26日(日):少し体調が悪く、疲れている。咳はない。夜間の脈拍は睡眠中に68bpmまで戻っている。オーラリングは体温を1.2度オーバーと表示した。

6月27日(月):ほぼ正常に戻った。鼻水も咳もない。臭いがなくなることはない。昨夜の夜間体温は、オーラリングによってほぼ正常に戻った。現在、「修正」プロトコルに移行中。

コメントをチェックする

オンラインで、コメントをチェックしてみてほしい。たくさんの興味深い洞察がある。

stevekirsch.substack.com/p/how-im-treating-my-covid

タイトルとURLをコピーしました