デビッド・マーティン博士は、約40億人の人々を「生物兵器工場」に変えた保健当局を非難している
Dr. David Martin blasts health authorities for turning roughly 4 billion people into “bioweapons factories”

COVIDワクチンの有害事象ワクチン- 製薬会社、CDC、FDA、DoD生物兵器ワクチン

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.naturalnews.com/2022-12-09-david-martin-blasts-authorities-people-bioweapons-factories.html

Dr. David Martin blasts health authorities for turning roughly 4 billion people into “bioweapons factories”

Image: Dr. David Martin blasts health authorities for turning roughly 4 billion people into “bioweapons factories”

(Natural News) 金融アナリストで自己啓発起業家のDavid Martin博士は、世界中の公衆衛生当局が、およそ40億人の人々に武漢コロナウイルス(COVID-19)のmRNAの「殺傷注射」を強制し、その過程で生物兵器に変えていると非難している。

マーティンは、「Man in America 」のホストであるセス・ホールハウスに、「(mRNAの注射が)重要で明確な理由は、あなたの体を、私が生物兵器工場と呼んでいるものに変えてしまうからである」と言った。「法律上、既知の病原体を製造するものを実際に作れば、それは実際に生物兵器製造であり、あなたの体がそれを行っているという事実は、あなたが生物兵器工場であることを意味する」

彼は、何十億もの人々が「実験的」なワクチンの義務に服従する道を開いたこの「詐欺デミック」は、人類に根本的な存在問題を引き起こすだろうと指摘した。

「つまり、mRNAやDNAの改変が、この世代に影響を与えるだけでなく、これからの世代にも影響を与えることになる」と述べた。

マーティンは、現在のモデルナ社を生み出した10年間の全米科学財団の助成金とも関連している。モデルナは、米国政府とのCOVID-19ワクチンの提携を通じて、10億ドル近い研究助成金を手にしたのである。そして、連邦政府から供給命令を受ける製薬会社のリストに加わった。

「だから、これがある種の無害なもので、長期的な影響がないかのように振舞っていたい人は、絶対におかしい」と彼は言った。

マーティンによれば、最高のシナリオは、3億人のワクチン接種者が死亡または障害を負うことである。このような多くの人々は、彼のリスク管理分析によれば、無力化され、経済に貢献できなくなるであろう。

一方、最悪の場合は、30億人以上が死亡することになる。

「注射による死亡率とスパイクプロテインにさらされた人たちの不妊や流産の問題を合わせて考えると、これはもっと破滅的な出来事だ」と彼は指摘する。

牛のワクチン接種の義務化は食料供給への直接攻撃だ

また、番組では、FDA(米国食品医薬品局)の最新基準に従って、mRNA技術を最終的に家畜に注入する方法について、ホールハウスと議論した。

10月のInfoWarsの記事によると、オーストラリアの酪農家は、ビジネスを継続するために、スパイクプロテインを含む遺伝子改変ワクチンを牛に注射することを強制されている。そして、人間と同じように、この実験的な注射は動物に深刻なダメージを与えており、200頭の牛のうち35頭が注射を打たれた直後に死亡している。(関連:mRNAワクチンを注射された牛の10頭中2頭近くが、ほとんど即死している)

アナリストたちは、牛へのワクチン接種の義務化を、食料供給への直接的な攻撃とみなしている。彼らの多くは、牛乳やその他の副産物に、実際に動物に害を与えたスパイク・プロテインが含まれるかどうかを問うている。

これは、牛に注射することを認めると、他の形態の食糧供給にも「殺傷剤」を注射するための門戸を開くだけだというマーティンの分析と一致する。

そして、「植物や作物の遺伝子治療が原因で、人口の50%以上が胃腸に問題を抱えている」と述べ、この「危険な動き」が押し通された場合、今後5年間で世界の人口の70~80%がmRNAで改変された肉や食品に直接影響を受けることになると付け加えた。

mRNAワクチンの危険性については、VaccineDamage.newsにアクセスしてほしい。

セス・ホールハウスとデヴィッド・マーティン博士が登場する「Man in America」の全エピソードは以下から見てほしい。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました