医療・製薬会社の不正・腐敗

「デス・バイ・メディスン」医療による死
Death by Medicine

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

映画祭受賞ドキュメンタリー「デス・バイ・メディスン」

映画祭受賞作品「デス・バイ・メディスン」(Death by Medicine)

www.imdb.com/video/vi228433177/?playlistId=tt1776887&ref_=tt_ov_vi

デス・バイ・メディスン

  • 1 はじめに
    • 表1:年間推定死亡率と医療介入のコスト
    • 表2:医療介入の年間死亡率とコストの推定値
    • 表3:医療介入による10年間の死亡率の推定値
    • 表4:10年間の不要不急の医療イベントの推定値
  • 2 医療によって誘発される死。ジャンボジェット機が1日に6機落ちるのに相当する。
    • アメリカの医療は機能しているか?
    • 健康保険
    • 医原性事象の過少報告
    • 医原性についての最初の研究
    • 報告されている医療過誤はごく一部である
    • エラー報告の改善なし
    • 医療過誤は世界的な問題である
    • Iatrogenesisに関する一般的な提案
  • 3 薬物に関する問題
    • 投薬ミス
    • 薬物有害反応
    • 副作用の過少報告
    • 感情への薬物投与
    • テレビでの診断
    • 薬物の安全性はどのように確認されるか?
    • 私たちの水源を汚染する薬物
    • 製薬会社による罰金
  • 4 特定の種類の薬に関する問題点
    • 抗生物質
    • 非ステロイド性抗炎症薬
    • がん化学療法
  • 5 アメリカの医療の失敗を正直に見る
    • 不必要な外科的処置
    • 高い死亡率
    • 臨床試験の対象となる医療処置はほとんどない
    • 手術ミスのコストは90億ドル
    • 不必要なX線検査
    • 不必要な入院
    • 院内感染
    • 外来での医原性
  • 6 医学の世界における女性の経験
    • ヒステリア
    • 子宮摘出
    • 帝王切開
  • 7 高齢者のケア
    • 床ずれ
    • 介護施設での栄養失調
    • 高齢者の倉庫化
    • 高齢者への過剰な薬物投与
  • 8 科学的医療における医療倫理と利益相反
    • 「もっと研究を!」
  • 9 おわりに
    • まだ解明されていないこと
  • まとめ
  • 参考文献
  • 備考
  • 索引
  • 著者について

賛辞

デス・バイ・メディスン

「医療競争に参加する人なら誰でも興味をそそられ、挑発されるに違いない」

「著者は、見出しになるような統計と、幅広い医療関係者からの衝撃的な逸話を効果的に利用している。. . . 著者はこの本で自分のメッセージを伝えたいと思ったのだろう。そして、それは確かにそうだ」

カール・クンケル、フォアワード

「Death by Medicineは、ヘルスケア議論において、より要領を得たヘルスケア改革のアイデアを提供する、よく論じられた読み物である」

ミッドウェスト・ブックレビュー

「この権威ある本は、アメリカの医療制度が、アメリカにおける死と傷害の主要な原因であることを示す公表された研究結果を引用している。. . .」

ポジティブ・ヘルス・オンライン

「Live Lighterの読者のほとんどは、従来の医学に何か怪しいところがあることを知っているので、自然な健康法に目を向けている。今、ゲイリー・ナルの最新作『医学による死』によって、今日の医学界が抜本的な変化を必要としているという確かな証拠を手に入れた」

ライブライター.org

受賞したドキュメンタリー映画

デス・バイ・メディスン

『ワクチン・ネイション』、『The Drugging of our Children』、『Prescription for Disaster』、『Gulf War Syndrome』の受賞監督による作品。「Killing Our Own」「AIDS Inc.」の各賞を受賞した監督が、社会的に重要な意味を持つ最新作を発表する。デス・バイ・メディスン(Death by Medicine)。

『デス・バイ・メディシン』は、アメリカの健康危機の原因となっている支配的な医療パラダイムに厳しい目を向けている。このドキュメンタリーは、従来の医療によって引き起こされた何十万人もの傷害と死に関するゲイリー・ナルのブレイクスルー同名の本に基づいて、医療産業複合体と医薬品販売業者の影響力、製薬業界による米国の医学部、研究、査読付き科学雑誌の簒奪、偽りの治験、民間保険会社の権力と国会議員のロビー活動、そしてこれらを許している連邦医療機関の共犯関係について考察している。その結果、医療制度はもはや健全な科学に基づくものではなくなってしまった。私利私欲のロビイストが国民医療を牛耳っているのに、なぜ政府の規制機関による監視がないのだろうか?

FDAやFBIによるサクランボ農家の家宅捜索から議会まで、この映画は自然健康産業への敵対的な攻撃を記録している。傭兵的な医療制度と、公正で公平な医療政策の失敗により、アメリカは世界で37番目に優れた医療制度となった。アメリカの医療制度は崩壊し、お金に完全に堕落し、もはや科学的事実に立脚していない。その答えは、株価やキャリア、評判ではなく、人々の健康を重視した、より健康的でホリスティックなシステムである、まったく新しい医療パラダイムを創造することだ。

映画祭受賞歴 デス・バイ・メディス

  • カナダ映画祭 ライジングスター賞
  • ホーボーケン国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞
  • ホノルル映画祭 ゴールドカフナ賞
  • ラスベガス映画祭 ゴールデンエース賞
  • リッチフィールドヒルズ映画祭 ドキュメンタリー映画制作における特別な功績
  • 公式ベスト・オブ・フェスト賞
  • スカイフェストVフェスティバル 入選
  • ワールドフェスト・ヒューストン ゴールドレミ賞
デス・バイ・メディスン

ゲイリー・ヌル(PhD)
マーティン・フェルドマン(MD)、デボラ・ラシオ(MD)、キャロライン・ディーン(MD,ND)

免責事項

本書に記載されているアイデアや情報は、著者の経験やトレーニング、そして現在入手可能な科学的情報に基づいている。本書の提案は、資格のある医療専門家による慎重な医学的評価と治療の代用になるものではない。著者と出版社は、個人的な医師に相談することなく、薬やサプリメントを変更したり、追加したりすることをお勧めしない。本書の使用から直接的または間接的に生じるいかなる責任も負わないものとする。

第1章 はじめに

規制当局がビタミンや栄養補助食品は危険であるかのように装うのは何かが間違っている。メディアの多くは、科学的根拠もなく、サプリメントの使用を否定するが、これらの「ビタミン批判者」は、本当の危険は政府公認の医療であることを示す公表された統計値を無視する。

しかし、多くの点で、これらの規制機関は彼ら自身の批判者として機能している。政府は医療提供における自分たちの欠陥に目をつぶっているわけではない。米国科学アカデミーに属する医学研究所は、次のように述べている。

米国における医療は、あるべき安全性ほどには安全ではない。. . . 医療を提供する過程でよく起こる問題として、薬物有害事象や不適切な輸血、外科的損傷や誤手術、自殺、拘束による損傷や死亡、転倒、火傷、褥瘡、患者の身元間違いなどがあり、これらはすべて人命という犠牲を払っている1」

米国医学研究所は、「米国で蔓延する医療過誤」とさえ言及しており、その多くは薬物有害反応(ADR)が関与している。米国食品医薬品局(FDA)は、「ADRは医療における罹患率と死亡率の主要な原因の一つである」と述べている2。

Archives of Internal Medicine誌にCurt D. Furberg,MD,PhDらによる「A Special Article」、「The FDA and Drug Safety(FDAと医薬品の安全性)」が掲載された。A Proposal for Sweeping Changes”と題するカート・D・ファーバーグ医学博士らによる特別論文が掲載された。「現行制度の問題点」の項が始まる」私たちは、FDAにおける医薬品の安全性の評価と保証に関する現行のシステムには、8つの大きな問題があると考える”。その第一は、承認のための最初の審査で、しばしば重篤なADRを発見できないことである」米国会計検査院(GAO)の調査では、承認された全医薬品の51%に、承認過程で認識されなかった重篤なADRが少なくとも1つあったと結論付けている”3。

皮肉なことに、より安全な(そしてより安価な)予防代替薬は、有効性が証明された場合でさえ、あるいは特に、規制当局によってしばしば攻撃されたり、戦略的に嘲笑されたりする。代替品に対するこのような見下した態度は、競争市場において副作用が相対的に少ないことに起因しているのかもしれない。

つい最近まで、健康研究者たちは、従来の医学の危険性を論証するために、孤立した統計だけを引用していた。政府の保護下にある医療によって引き起こされた死傷事故について、発表されたすべての文献を分析し、まとめた者はいなかったのだ。

本書で紹介する研究者たちは、統計的な証拠を丹念に検証し、その結果、実に衝撃的な事実を発見した。「医療による死」では、今日の医療制度がしばしば善よりも害をもたらすという説得力のある証拠を提示する。

この完全に参照された本は、多くの驚くべき事実を明らかにする。

  • 処方された薬の副作用で病院内で死亡する人の数は年間約220万人。
  • 不必要かつ不適切な抗生物質の年間処方数:年間約4500万件4,5
  • 毎年行われる不必要な医療処置や外科処置の数。750万人
  • 毎年不必要に入院している人の数890万人

しかし、最も驚くべき統計は、従来の医療によって引き起こされた死亡者数の合計が年間80万人近くにのぼるということである。アメリカの医療制度が、アメリカにおける死傷者の原因の第一位であることが明らかになった。一方、最終データのある最新の2005年の心臓病による死亡者数は65万2091人、がんによる死亡者数は55万9312人である6”It is estimated that…. 米国国立がん研究所によると、「2008年にすべての部位のがんで死亡する男女は565,650人」と推定されており、がんによる死亡者数は6,338人増加することが予測されている7。

私たちは、アメリカの医療システムの失敗に注意を喚起するために、『Death by Medicine』を出版することにした。私たちは、この『Death by Medicine』を出版することで、アメリカの医療制度が破綻していることに注意を喚起したいと考えた。この恐ろしい統計を詳細に明らかにすることで、勇気あるデイビッド・グラハム博士のような有能で人道的医療専門家が、今日の制度の不備を認め、少なくとも意味のある改革を試みるための基礎を提供することができる。

2004年11月18日、FDA医薬品安全性局の科学・医学担当副局長であるDavid J. Graham,MD,MPHは、米国上院で証言した。Graham博士は、ジョンズ・ホプキンス大学医学部を卒業後、イェール大学で内科、ペンシルバニア大学で成人神経学の研修を受けた。その後、ジョンズ・ホプキンス大学で疫学と生物統計学を専攻し、3年間の薬理疫学研究員と公衆衛生学修士号を取得した8。

FDAに20年間勤務していたグラハム博士は、上院でこう語っている。

私のキャリアは、患者の安全のために大きな変化をもたらしたと思う。溶血性貧血を引き起こした抗生物質オムニフロックス、急性肝不全を引き起こした糖尿病治療薬レズリン、心臓弁損傷を引き起こした体重減少剤フェンフェンとレダック、若い女性に出血性脳卒中を引き起こした市販の充血除去剤兼体重減少剤PPA(フェニルプロパノールアミン)の米国市場からの撤退は、私の研究とFDA内での努力によるものであった。

また、急性肝不全を引き起こし死亡した抗生物質「トロバン」の外来使用中止も、私の研究成果によるものである。さらに、虚血性大腸炎を引き起こす過敏性腸症候群治療薬ロトロネックス、重度の筋損傷と腎不全を引き起こし死亡したコレステロール低下剤ベイコール、心臓不整脈を引き起こし死亡した抗ヒスタミン剤セルダン、心臓不整脈を引き起こし死亡した夜間胸焼け治療薬プロパルジッドなどを回収するためのチームワークに貢献した。. . .

アキュテインはニキビの治療に使われる薬であるが、母親が妊娠初期に服用すると、胎内で曝露された一部の子どもに先天性欠損症を引き起こす可能性がある。私はこれまで、12種類の医薬品の市場撤退を勧告してきた。アキュテインとアラバは、関節リウマチの治療薬で、私と同僚は、急性肝不全と死亡のリスクが許容できないほど高いと信じている9。

ロサンゼルス・タイムズ紙は、目撃者が上院の委員会で次のように語ったと報じている。

メルク社と食品医薬品局は、1999年に同社の鎮痛剤バイオックス(Vioxx®)が心臓に深刻な悪影響を及ぼす可能性があることを、承認前に知っていた。. . . しかし、FDAはその懸念を解消することなく承認を与え、バイオックス®はそのリスクではなく、鎮痛効果を強調するために積極的なマーケティングが行われた。10

メルク社のバイオックス®について証言するグラハム博士は、次のように述べている。

今日、私たちは、この国の歴史上、あるいは世界の歴史上、唯一最大の医薬品安全性の大惨事となりうる事態に直面している。この大惨事は、ほとんど、あるいは完全に避けることができたはずだと、私は強く信じている。しかし、そうではなかった。10万人以上のアメリカ人が、この失敗のために大きな代償を払った。私の考えでは、FDAはアメリカ国民を失望させ、悲しいことに、国民の信頼を裏切った11。

グラハム博士によれば、FDAはビタミンを潰そうとしたのと同じように、バイオックスやその他の医薬品を存続させるために科学研究を抑制しようとしたとされている。「FDAはバイオックスとその関連薬の既知のリスクを無視しただけでなく、グラハム博士らがそのリスクの大きさを証明する自らの研究を公表するのを妨げようとしたのだ」12。

新薬に関しては、Blake Bailey弁護士は次のように観察している。

FDAは、何十億ドルもの利益を得る立場にあり、競合他社に勝って同様の製品を市場に出すという強いプレッシャーを受けている企業の研究を利用する。科学者や医師の多くは、FDAに在職した後、これらの企業に就職する13。

グラハム博士は、その証言の中で、そのキャリアを通じて、自分はFDAのためだけに働いてきたのであって、企業のために働いてきたのではない、と明言している。

委員長のチャールズ・E・グラスリー氏(アイオワ州選出)は、FDAが「製薬会社とあまりにも癒着した関係にある」ことを懸念していると述べている14。

ジェフ・ビンガマン上院議員(ニューメキシコ州選出)は、問題はFDA自身の文化にあると述べている。FDAの文化は、FDAが規制するはずの製薬業界を、FDAが顧客とみなしているようなものである」15。

グラハムの考えでは、医薬品の安全性の問題は、1992年に、救命薬をより早く市場に出すことを目的とした法律が可決されたことに端を発している。この法律では、認可を早めるために、製薬会社に審査プロセスの費用のほとんどを負担させることになった。その結果、FDAは「産業界に取り込まれた」状態になった、とグラハムは言う。「お金を払う人が曲を決めるのだ。16

エドワード・J・マーキー(マサチューセッツ州選出)は、憂慮する科学者同盟が2006年に行った調査によると、調査対象のFDA科学者の18.4%が、FDA科学文書中の技術情報やその結論を不適切に除外または変更するよう求められたことがあると報告している17と指摘した。

米国医療システム薬剤師協会は、グラハムが「2007年2月、チャールズ・グラスリー上院議員(アイオワ州選出)の保護がなければ、バイオックス®や他の医薬品に関する懸念を公に発言したことでFDAは彼を解雇していただろう」と証言したことを報告している。18

グラハム博士は、「本来やるべきことをやっていない薬の庭先の草取りをする必要がある」と言う。FDAはその点ではあまり良いとは言えず、雑草を育てるのが好きなのである」19 Graham博士は、「安全性が疑われる他の5つの医薬品を挙げ、『現在のFDAは、アメリカをまたバイオックス®から守ることができない』と指摘している」20。20

Los Angeles TimesやMedscape Medical Newsなど、公聴会に出席した多くのメディアは21、グラハムがその後「私たちは事実上無防備だ22」と付け加えたと報じているが、この文章は最終的な記録には残っておらず、記録から削除された可能性がある。ある報告では、「バイオックス(Vioxx®)」のような薬が販売承認された後に安全でないことが判明した場合、アメリカ国民は『事実上無防備』であると、政府の医薬品安全審査官が議会の委員会で語った」と始まっている23。

しかし、FDAは私たちがタンポポの根を摂取できないようにしようと躍起になっている。

製薬会社のロビイストが議員に、アメリカ人から栄養補助食品やバイオアイデンティカル・ホルモンの恩恵を奪うよう働きかけ、自然療法は四面楚歌の状態にある。製薬会社のフロントグループは、健康的なライフスタイルの価値を貶めるために、中傷的なメディアキャンペーンを展開している。FDAは、処方箋薬と競合する自然食品を提供する人々を妨害し続けている。

このような自然医学に対する攻撃は、これまで何千ページもの科学的な文章に埋もれていた致命的な問題を曖昧にしている。自然医学に対するこれらの根拠のない挑戦に対抗して、ここに「政府が承認した」医学の質に関する独立したレビューを掲載する。従来の医療がアメリカで一番の殺人者であるという大胆な主張を裏付けるために、アメリカの医療を告発するこの記事のすべてのカウントは、公表され、専門家の審査を受けた科学研究によって検証されている。この綿密な調査から得られた驚くべき結果は、従来の医療が米国における死因のトップであることを示している。

あなたがこれから読むものは、自然療法への消費者のアクセスを廃止しようとする人々が国民を欺いていることを証明する、驚くべき事実の集大成である。FDAやその他の政府機関は、安全な代替療法を提供する人々に嫌がらせをして、国民を守るふりをしながら、毎年80万人近くのアメリカ人が政府の認可した医療の手によって亡くなっている。

医学専門誌と政府の健康統計の決定的な見直しは、アメリカの医学がしばしば善よりも害をもたらすことを示している。

毎年、少なくとも220万人の米国の病院患者が、処方された薬の副作用(ADR)を経験している24。

24 FDAは、医学研究所のデータと比較して、入院患者集団に対して実施された研究が、重篤なADRの全体的な発生率をはるかに高く見積もっていることを認めている。これらの研究では、入院患者の6.7%が重篤な薬物有害反応に罹患し、致死率は0.32%であると推定している25。

これらの推定が正しいとすれば、入院患者における重篤なADRは2,216,000件以上あり、年間106,000人以上の死亡を引き起こしていることになる。. . . これらの統計には、外来環境で発生するADRの数は含まれていない。また、米国の老人ホームでは毎年350,000件を超えるADRが発生していると推定されている26。ADRの正確な数は確実ではなく、方法論的な考慮により制限されている。26正確なADRの数は定かではなく、方法論的な考慮によって制限されている。しかし、真の数が何であれ、ADRは重大な公衆衛生問題であり、ほとんどの場合、防ぐことができる27。

1995年、連邦疾病対策予防センター(CDC)のRichard Besser博士は、ウイルス感染症のために処方される不要な抗生物質の年間数を2000万と推定し 2003年には、Besser博士は、年間数千万の不要な抗生物質の処方という言葉で語っている28,29。

2005年には、ニューヨーク大学医療センターの臨床微生物学・免疫学部長であるフィリップ・ティエルノ博士が、毎年「約9000万件の抗生物質処方が行われ、その約半分は不必要または不適切であり、これがアメリカにおける抗生物質耐性の主な原因である」と述べている30。

2008年10月、CDCのGet SmartプログラムのメディカルディレクターであるDr. Lauri Hicksは、「抗生物質が効くときを知ろう。2008年10月、CDCのGet Smart: Know When Antibiotics Workプログラムの医療ディレクターであるDr. Hauri Hicksは、次のように警告している」抗生物質の過剰使用は深刻な問題であり、すべての人の健康を脅かすものである”。CDCの報告では、「上気道感染症は(通常)ウイルスによって引き起こされ、抗生物質で治すことはできない。しかし、毎年、米国の医療従事者は、ウイルス感染のために、何千万もの抗生物質を処方している。ヒックス博士は、「抗生物質が必要ないときに飲んだり、処方通りに飲まなかったりすると、後で抗生物質治療に抵抗する感染症にかかるリスクが高まる」と説明している31。

CDCは、この増え続ける問題に注意を向けるため 2008年にGet Smart About Antibiotics Weekを開始したと発表した。これは、一般市民を啓蒙し32、長年にわたって平然と行われてきた過剰処方の危険性について、医師を感化するキャンペーンであるが、もはや容易に容認できるものではない。

米国では、年間約750万件の不必要な医療・外科手術が行われ33,34、約890万人の米国人が不必要に入院している35-38。米国医学研究所は、医療過誤が原因で毎年10万人近くの患者が病院で死亡していると推定している。これは高速道路で死亡する人の3倍に相当する39。

CDCによれば、アメリカの病院だけで、医療関連感染(HAI)は毎年推定170万件の感染と9万9千件の関連死をもたらしている。

  • 高リスクの保育所にいる新生児へのHAIは33,269件。
  • 高リスクの保育所にいる新生児では33,269件、よく育つ保育所にいる新生児では19,059件。
  • ICUにいる大人と子どもで417,946人、そして
  • ICU外の大人と子供で1,266,851人だった
  • 関連死99,000人のうち
  • 35,967人が肺炎によるものだった。
  • 30,665人が血流感染症で、13,088人が尿路感染症だった
  • 尿路感染症が13,088人。
  • 8,205人が手術部位感染症、そして
  • その他の部位の感染症が11,062件であった44。

表1に示すように、医師や外科医によって、あるいは医療行為や診断行為によって不用意に引き起こされた死亡、すなわち異所性死の総数は、米国では年間少なくとも581,926人に上ると推定される。これは、アメリカの医療システムそのものが、アメリカにおける死傷の主な原因となっていることを示している。ちなみに 2005年のアメリカ人の死因は、心臓病が約652,091人、がんが559,312人であった45。

死亡率コストだけでも年間2150億ドルを超える。上院財政委員会医療小委員会に所属するロン・ワイデン上院議員は、「米国の医療費は、持続不可能な速度で増加している」と述べている46。

National Coalition on Healthcareによれば 2000年以降、アメリカの年間医療費はインフレ率の2倍から5倍に増加している47。2006年、アメリカ人は医療に2兆2千億ドル以上を使っている48。

表1:年間推定死亡率と医療介入のコスト

【原文参照】

医療費総額は2007年 2008年ともに2兆4000億ドル、一人当たり7900ドルで、国内総生産(GDP)の17%を占める70これは国防費の約4.3倍71 2012年には3兆1000億ドルに達すると予測される72。

さらにNational Coalition on Healthcareはこう述べている。

全米医療連合はさらに次のように述べている。2000年以降、私たちは国家として16兆円近くを医療に費やしてきたが、この支出は他国と比較して、明らかに医療の質の向上や患者の満足度の向上にはつながっていないと推定される73。

ジェイソン・ラザロ(MSc)は、1998年にJournal of the American Medical Associationに発表したブレイクスルーレポートで、年間106,000件の薬剤ミスを推定している74。Institute of Medicineは、年間98,000件の医療ミスを推定している。しかし、ルシアン・L・リープ博士の1997年の医療・薬剤過誤率300万75に、博士が1994年に用いた14%の致死率76を掛けると、表2に示すように、死亡者数は21万6000人増え、年間79万7926人が死亡することが分かる。

表2:年間死亡率と医療介入のコストの試算

【原文参照】

ZahnとMillerによる

昔は、医療は”単純で、比較的安全で、効果がない”ものだった。…しかし、今日の医療は複雑で、…そのために安全性が低くなり、依然として効果がない」とLeape博士は述べている92救急医療は多くの人を助けている。

救急医療は多くの人を救う。無意味な入院を含む不必要な医療事象は、私たちの分析では重要である。このような事態は、すべての医療の中で最も嘆かわしい事態のひとつである。これらの事象は、通常、予防可能である。侵襲的で不適切な医療処置は、患者を傷害の異所性連鎖の危険にさらし、場合によっては死に至らしめる。しかし、残念なことに、その因果関係は監視されないままである。「少なくとも150回(1996年から2003年の7年間)、アメリカの病院の外科医は間違った腕、足、目、その他の体の部位を手術している」

研究や優れた臨床ケアの模範とされる病院が完璧であると想像してはいけない。ニューヨークのメモリアル・スローン・ケタリング癌センターは、「どこよりも優れた癌治療を行っていると宣伝している。しかし、1995年、その神経外科医長は、レントゲンの取り違えもあって、患者の脳の反対側を手術した。. . . 基本的な品質チェックと通常の患者ケアの基準の欠如が、このような災難のほとんどにつながった」93。

不必要な出来事に関する数字は、危険な医療制度に突き落とされた人々を表している。この1,640万人の命は、それぞれ致命的な結果を招きかねない形で影響を受けている。病院に入るだけで、次のようなことが起こりうる。

  • 1,640万人において、2.1%の確率(344,400人に影響)で重篤な薬物有害反応が起こる94
  • 1,640万人が5〜6%の確率で院内感染を起こす95
  • 1,640万人では、4〜36%の確率で医原性障害(医療ミスや薬物有害反応)になる96。
  • 1,640万人のうち、17%の確率で処置ミスを起こす(280万人に影響)97
表3:医療介入による10年間の死亡率の推定値

【原文参照】

ZahnとMillerによる

これらの統計は、1年という期間を表している。この統計から最も保守的な数字を選び、10年間の死亡率を計算すると次のようになる(表3)。

10年間の異所性による死亡者数は795万人で、これはアメリカが歴史上戦ったすべての戦争による犠牲者数よりも多い。また、10年間に発生する不必要な医療事象の予測値も目を見張るものがある。表4に示すように、10年間で1億6400万人(米国全人口の半数以上)が不必要な医療を受けると推定される。

表4:10年間の不要不急の医療事象の推定値

【原文参照】

第2章 医学的誘導死 ジャンボジェット機が毎日6機落ちてくるのと同じだ

医学は、毎年何万という論文を発表している。医学は毎年何万という論文を積み重ねているが、その一つ一つが全体像のほんの一部である。その一片だけを見て、その利点とリスクを理解しようとするのは、象から1インチ離れて立って、その象のすべてを説明しようとするようなものである。一歩下がって全体像を見なければならない。各専門分野、各医療部門は、罹患率と死亡率について独自の記録とデータを保持している。私たちは今、何千もの研究を見直し、パズルのピースを組み立てるという骨の折れる作業を終えた。

アメリカの医療は機能しているか?

米国の医療費は2003年に1.6兆ドルに達し、国民総生産の14%を占めた118。2007年に支出が年間2.4兆ドルに増加すると、国内総生産の17%を占めることになる119。この巨額の支出は2008年にも発生しており、それを考えると、私たちは世界で最も優れた医療を持っているはずだ。2008年にも発生したこの巨額な支出を考えると、私たちは世界最高の医療を手に入れるべきであり、病気を予防し、回復させ、害を最小限にする必要がある。しかし、注意深く客観的に検証すると、私たちは逆のことをやっていることがわかる。現代の医学が人間の状態を調べる際に、極めて狭く、技術に左右されるため、より大きな絵が完全に抜け落ちている。

医学は、健康な人間にとって決定的に重要な以下の点を考慮に入れていない。

  • ストレス、およびそれが免疫系と生命現象にどのような悪影響を及ぼすか。
  • 運動不足
  • カロリーの過剰摂取。
  • 高度に加工され、変性した食品、変性し、化学的に損傷した土壌で栽培された食品、および
  • 何万種類もの環境毒素にさらされること。

これらの病気を引き起こす要因を最小限に抑える代わりに、私たちは医療技術、診断検査、内科的・外科的処置の過剰使用、医薬品の過剰使用によって、さらに病気を引き起こしている。この治療戦略の大きな損失は、効果的なビタミンやサプリメントの使用を抑制する努力に見られるように、病気の予防にほとんど努力や資金が使われていない結果である。Healthcare Economistのサイトに掲載された「US Spends$700 Billion on Unnecessary Medical Tests」という最近の記事は、このテクノメド国家の現状を反映している。

米国議会予算局のピーター・オルサグ局長は、国内総生産の5%(年間7000億ドル)が、実際には健康状態を改善しない検査や処置に費やされていると推定している。. . . 米国の不当に高い医療費は、深く根付いた問題であり、その根源を攻撃しなければならない”。この引用は、Progressive Policy Institute(PPI)の報告書によるものである。医療の多くが不必要であるか、少なくとも費用対効果の観点からは割に合わないことは疑いない120。

さらに

さらに、医療専門家の中には、米国が他の先進国に比べて医療費が高いのは、最新で最も高価な技術に傾倒していることが重要な理由であると言う人もいる。… よりよい医療を提供することなく。 . . [ランド・コーポレーションの調査によると、この国の患者の受けるケアの3分の1以上はほとんど価値がない可能性があるという。もしそうだとすれば、毎年何千億ドルものお金が余分な治療に浪費されていることになる。

[アメリカの医療には、もっと大きな傾向がある。. . . 技術革新への信頼は、しばしば[手っ取り早い]金銭的インセンティブに後押しされ、アメリカの医師や病院は、たとえそれが古い技術よりも効果的であるという証拠がなくても、新しい技術を採用するよう促しているのだ。. . . 問題は、新しい治療法が決してうまくいかないということではない。いったん利用できるようになると、(時期尚早であることが多いが)どの患者に効果があるのかを判断する研究がないまま、無差別に使われることが多いということである。. . . そして時には、新技術が有害であることが証明されることもある。. . . [CTスキャナーを所有している個人開業医の中には、この検査を積極的に使っている人もいる。[を積極的に使用する医師がいる。

-検査が不適切な無症状の患者を危険にさらすことになる。

健康保険

アメリカの医療がうまくいっているかどうかを判断するには、アメリカの医療制度にアクセスできる人が十分いるかどうかも知る必要がある。全米医療連合(National Coalition on Healthcare)の報告によると、「2007年、政府の最新データでは、約4600万人のアメリカ人、つまり65歳以下の人口の18%が健康保険に加入していなかった」122。123,124不況で多くのアメリカ人が職を失っているため、この数字は2008年と2009年に急増する可能性がある。

2007年の無保険の子どもの数は810万人で、これはアメリカの子ども全体の10.7%にあたる。. . . 保険に加入していない人の大半(80%)は、アメリカ国籍か帰化している人である。. . . 無保険者は2005年から2006年にかけて220万人増加し 2000年以来ほぼ800万人増加している。. . .

ある調査によると、健康保険に加入している人の29パーセントが、費用のためにしばしば医療を先延ばしにしているほど補償が薄い「保険未加入者」であることがわかった。全体では 50パーセント近く、健康保険に加入している人の43パーセントが、今後1年間、費用のかかる緊急医療に対処する準備が「多少」あるいは「全く」できていないと答えた125。

全米医療連合は、こうアドバイスしている。

すべての人が保険に加入することで、命とお金が救われる。保険に加入しないことがもたらす影響は明らかであり、深刻である。保険に加入していない人の多くは、必要な医療を先延ばしにして、死亡率を上げ、何十億ドルもの生産性の低下と医療システムの出費増を招いている126。

Los Angeles Times紙は、ジャーナリストRicardo Alonso-Zaldivarの観察によれば、医療保険についてほとんど詩的に語っている。「ある人は愛のために、ある人は交際のために、またある人は地位やお金のために結婚する。そして今、結婚するもうひとつの理由、それは医療保険だ」127。

カイザー・ファミリー財団が2008年4月27日に発表した2,003人の成人を対象とした世論調査では、「アメリカ人の7%が、自分または家族の誰かが、配偶者を通して医療給付を受けるために、昨年結婚することを決めたと回答した」ことがわかった。驚くことではないが、「結婚を決めた要因として健康保険を挙げた人は、収入が控えめである傾向がある。10人に6人は年収5万ドル以下の家庭であったと、カイザーのオピニオン・リサーチを指揮するモリアン・ブロディーは言う。研究者を驚かせたのは、そのようなコストが結婚の決断の要因になっていたことである。「カイザー・ファミリー財団のドリュー・E・アルトマン会長は「離婚について聞くべきだった」と冗談交じりに語った128。

Institute of Medicineは、健康保険に加入していない4100万人のアメリカ人は、保険に加入している人より常に臨床結果が悪く、早死にする危険性が高いことを明らかにした129。

さらに問題を深刻にしているのが、保険金詐欺の問題である。129問題をさらに深刻にしているのが、保険金詐欺の問題である。医師が提供してもいないサービスの料金を請求したり、不必要な検査を勧めたり、珍しい病気かどうかを全員に選別したりすることは、保険金詐欺を犯していることになるのだ。米国GAOは、1998年に不正または不必要な請求によって120億ドルが失われ、その年の判決で4億8000万ドルを取り戻したと推定している。2001年には、連邦政府は医療詐欺事件や訴訟手続きにおいて、17億ドル以上の判決、和解、行政処分を勝ち取るか交渉している130。

医原性事象の過少報告

131-135このことは、もし医療過誤が完全かつ正確に報告されていれば、年間の医原性死亡数は794,936人よりずっと多くなっていたことを意味する。1994年、リープは、年間18万件の医療ミスが死亡につながったという数字は、2日に3機のジャンボジェット機の墜落に相当すると述べている136。

この報告書から推測されることは、医学は、医学部のカリキュラムから過剰な医療介入から患者を守ることまで、完全かつ全面的な改革が必要であるということである。何を変えなければならないかについて正直でなければ、何も変えることができないのは明らかである。この報告書は、変革が必要とされる度合いを示しているに過ぎない。

私たちは、変化を阻むものが何であるかを十分に認識している。それは、強力な製薬会社や医療技術会社、そして医療ビジネスに莫大な既得権を持つ他の強力なグループである。彼らは医学研究に資金を提供し、医学部や病院を支援し、医学雑誌に広告を掲載している。そして、その資金をもとに、科学者や学者を誘惑し、自分たちの活動を支援させる。このような資金提供は、新しい治療法や薬剤を専門家が慎重に扱うか、無批判に受け入れるか、意見のバランスを揺るがすことになる。病院や医療機関、政府の健康諮問委員会を構成する人々を見れば、利益相反があることは一目瞭然である。

例えば 2003年の調査では、臨床試験研究に助言を与える機関審査委員会(IRB)の委員を務める医学部教員の約半数が、製薬業界のコンサルタントを兼ねていることが判明した137。この調査の著者は、こうした代表が潜在的な利益相反を引き起こす可能性を懸念している。筆頭著者のErik Campbell博士は、ニュースリリースで次のように述べている。「私たちのこれまでの教員との研究により、業界とのつながりが科学的行動に影響を与え、企業秘密や研究発表の遅れにつながることが分かっている。企業との同様の関係が、IRBメンバーの活動や態度に影響を与える可能性がある」138。(これについては、第8章「科学医療における医療倫理と利益相反」を参照)。

政府の医療アドバイザーは、異所性事象の適切な報告に一役買っている。FDAは2007年3月に発表した。

医薬品や機器メーカーから資金提供を受けている政府の専門家アドバイザーは、新しいルールに基づき、その会社の製品を承認するかどうかの投票から初めて除外されることになる。FDAの強力な諮問委員会の新ルールに基づいて。実際、製品が議論されている企業や競合他社から5万ドル以上受け取っている医師は、もはや委員会に参加することは許されないが、前年度にその金額以下だった医師は委員会に参加し、議論に参加することができる。FDAの副総監代理であるRandall W. Lutterは、現在のFDAのアドバイザーのうち「かなりの数」がこの新しい方針の影響を受けるだろうが、その数は明言しなかったと述べている139。

異状発生に関する最初の研究

Lucian L. Leape博士は、JAMA(Journal of the American Medical Association)に掲載された1994年の論文「Error in Medicine」で医学のパンドラの箱を開けた140。彼は、1964年にSchimmelが、病院患者の20%が異所性障害に苦しみ、20%が致命的であると報告していることに触れた。1981年、Steelは、入院患者の36%が異所性障害を経験し、致死率は25%であり、そのうちの50%に薬物有害反応が関与していると報告した。1991年、Bedellは、ある病院での急性心臓発作の64%は予防可能であり、そのほとんどが薬物有害反応によるものであったと報告した。

Leapeは、1991年に発表されたHarvard Medical Practice Studyに注目した141。この研究では、1984年にニューヨーク州で発生した患者の異所性障害率は4%、致死率は14%であることが明らかになった。傷害を受けた患者98,609人と死亡率14%から、彼はアメリカ全体で毎年18万人が、部分的に医原性傷害の結果として死亡していると推定している。

なぜ、Leapeは4%という低い数字を選んだのだろうか。彼が引用した3つの研究結果の平均値(36%、20%、4%)を使えば、医療過誤率は20%となるはずだ。平均的な傷害率と彼の14%の致死率を用いると、異所性による死亡者数は1,189,576人となる。

Leapeは、医療過誤に関する文献は少なく、氷山の一角に過ぎないことを認めた上で、特に過誤を追求した場合、報告される割合は「悩ましいほど高い」と指摘した。彼は、死をもたらす診断の見落としが35-40%にも上るという、いくつかの剖検研究を引用した。また、ある集中治療室では、患者1人当たり1日平均1.7件のエラーが報告され、そのうちの29%が重篤または致命的なエラーであったと述べている。

リープは、集中治療室での調査におけるエラー率を計算した。まず、彼は、1人の患者が1日に平均178回の「アクティビティ」(スタッフ/手順/医療者とのやりとり)を行い、そのうち1.7回がエラーであること、つまりエラー率が1%であることを発見した。航空業界では、0.1%の失敗率はシカゴのオヘア国際空港で1日に2回安全でない飛行機が着陸することになり、米国郵便公社では、0.1%の失敗率は1時間に1万6000通の郵便物を失うことになり、銀行業界では、0.1%の失敗率は間違った銀行口座から差し引かれた3万2000の銀行小切手になると言われていることを示す業界標準がリープ氏には示されている。

同時に、リープ氏は医療過誤の報告不足を認めた。医療ミスは何千もの異なる場所で発生し、孤立した異常な出来事として認識されている。しかし、医療過誤の問題が認識されず、拡大している最も重要な理由は、医師や看護師が、医療訓練や診療の文化によって、ヒューマンエラーに対処する能力がないことだと、リープは指摘する。

医師は、ミスは許されないと教えられている。そのため、医療ミスは人格の欠如とみなされ、どんなミスも過失に等しいとされる。医療ミスが起こったときにどうすればよいかは、誰も教えてくれない。リープはマッキンタイアとポパーを引用して、医学の「無謬性モデル」は、誤りを認めるよりもむしろ誤りを隠蔽する必要があり、知的不誠実につながると述べている。

医療過誤に関するグランドラウンドもなく、医師同士が失敗を共有することもなく、自分のミスで患者に危害が及んでも、精神的に支えてくれる人もいない。リープは、この論文が「エラーとその発生原因についての考え方を根本的に変える」ことを医療従事者に促すことを期待している。このブレイクスルー仕事から10年近く経つが、ミスは増え続けている。

1995年、JAMAのレポートによると、「米国の病院では毎年100万人以上の患者が負傷し、その結果、年間約28万人が死亡している。したがって、異所性による死亡率は、自動車事故の年間死亡率45,000人を凌駕し、他のすべての事故を合わせたよりも多くの死因を占めている」142。

1997年の記者会見で、リープは、米国医師会(AMA)が後援する全米患者安全財団(NPSF)が実施した患者の異所性についての全国世論調査を発表した。リープはNPSFの創設メンバーである。この調査によると、1億人以上のアメリカ人が、医療ミスによって直接的または間接的な影響を受けていることがわかった。42%が直接影響を受け、84%が医療ミスを経験した人を個人的に知っているとのことだ143。

この記者会見で、リープは1994年の統計を更新し、1997年の時点で、全国の入院患者の医療過誤は300万件に上り 2000億ドルもの費用がかかる可能性があると指摘した。1997年には、リープの基準値である300万件のエラーを使用すると、病院の入院患者だけでも年間死亡率が42万件に達する可能性がある。

報告される医療過誤はほんの一部である

もし医療システムが銀行だとしたら、ここにお金を預けないだろう。なぜなら、取引をするたびに2回から3回に1回はエラーが起こるからだ。

ノースウェスタン大学ファインバーグ医学部、スティーブン・パーセル医学博士145

1994年、リープは医療過誤が報告されていないことを十分承知していると述べた146。英国の2つの産科病棟で行われた調査では、スタッフの保護、評判の保持、訴訟などの報復を恐れて、有害事象の約4分の1しか報告されていないことが判明した147。

WaldとShojaniaの分析によると、有害事象のうちインシデントレポートが作成されるのはわずか1.5%であり、医薬品有害事象のうち適切に特定されるのはわずか6%であることがわかった。著者らは、American College of Surgeonsの推定によると、手術中の事故報告書は日常的に有害事象の5〜30%しか捉えていないことを知った。ある研究では、外科的合併症のうち、罹患率と死亡率のラウンドで議論になったのはわずか20%であった148。

これらの研究から、医療過誤に関して集められたすべての統計は、薬物および医学的治療の有害事象の数を大幅に過小評価している可能性があると思われる。また、医療過誤による死亡率に関する私たちの統計は、実際には保守的な数字である可能性があることも示唆している。

Psychiatric Times(2000年4月号)の記事は、医療過誤の報告に関する利害関係を概説している。149著者らは、一般の人々は致命的な医療過誤に遭うことを恐れ、医師は過誤を報告すると訴えられることを恐れていることを発見した。このことは、誰が医療過誤を報告しているのか、という明白な問題を提起している。通常、それは患者か患者の遺族である。誰もミスに気づかなければ、報告されることはない。

医療財政と公衆衛生問題を担当する米国一般説明責任局のジャネット・ハインリッヒ副局長は、医療過誤に関する下院小委員会の公聴会で、「米国民に対する脅威の全容は不明である」「有害事象に関する有効かつ有用な情報を集めることは極めて困難である」と証言している。彼女は、非難されることへの恐れと法的責任の可能性が、エラーの過少報告において重要な役割を演じていることを認めた。

精神医学タイムズ紙は、AMAが医療過誤の報告義務化に強く反対していることを指摘している。150医師が報告しないのなら、看護師はどうなのだろうか?看護師を対象とした調査では、看護師も報復を恐れて医療ミスを報告しないことがわかった151。

エラー報告の改善なし

2003年の調査では、この話題にこれだけ注目が集まっているにもかかわらず、エラー報告が改善されていないようで、さらに胸が痛む。Dorothea Wild博士がコネチカット州の地域病院の医学生を調査したところ、病院に医療過誤情報告システムがあることを知っていたのはわずか半数で、大多数はまったく利用していないことがわかった。ワイルド博士は、これは将来にとって良い兆候ではないと語る。もし医師が研修でエラーレポートを学ばなければ、決して使うことはないだろう。Wildは、エラー報告が医療システムのギャップを突き止め、それを修正する最初のステップであると付け加えている152。

医療研究・品質保証機構(AHRQ)は、「子供に影響を与える医療過誤の過小報告は、特に医師の間で重大な問題である」という記事の中で 2004年にPediatrics誌に掲載された研究により、子供を治療する看護師と医師による医療過誤のほとんどが報告されていないことが判明したと報告している153,154。

2008年2月17日、インディアナ大学医学部は、アイオワ大学ロイ・J・アンド・ルシール・A・カーバー医科大学内科および生物医学倫理プログラムのローリス・カルジアン医学博士との明白なラジオインタビューを放送した。この番組は、「Doctors Don’t Report Medical Errors」(医師は医療過誤を報告しない)というタイトルで行われた。ある質問が投げかけられる。

あなたは医者で、心臓外科医だとする。そして、あなたは間違いを犯す。例えば、間違った薬を処方してしまったとする。間違った薬を処方してしまったとか、切ってはいけないものを切ってしまったとか。それは大したことではないかもしれない。しかし、そうでない場合もある。問題は、自分のミスを認めて、上層部に報告するかどうかだ。

アイオワ大学で生命倫理プログラムを指導しているローリス・カルジアン。彼の最近の研究によれば、この問いに対する答えはおそらく「ノー」である。彼が調査したほとんどの医師は、医療ミスを報告することは良いことであると理論的には同意している。しかし、実際にそれを行っている人はほとんどいない155。

Kaldjian博士の医療過誤に関する報告は、Archives of Internal Medicine誌の2008年1月14日号に掲載されている。

医療過誤は世界的な問題

Journal of Health Affairs誌に掲載された5カ国の調査によると、最近病気になった人の18〜28%が過去2年間に医療過誤や薬物過誤に遭っていたことがわかった。この調査は、最近病気になった成人750人を対象に行われた。国別の内訳は、医療ミスや薬物ミスに苦しんだ人の割合が、英国で18%、オーストラリアとニュージーランドで23%、カナダで25%、米国で28%であることがわかった156。

医原病に関する一般からの提言

157各対策の後に、その対策を「非常に効果的」と評価した回答者の割合が記されている。

  • 医師が患者と向き合う時間を増やすこと(78)
  • 医療過誤を回避するためのシステム開発を病院に要求すること(74%)
  • 医療従事者のより良いトレーニング(73)
  • 集中治療室では集中治療医学の特別な訓練を受けた医師のみを使用する(73%)
  • すべての重大な医療過誤を州の機関に報告するよう病院に義務づける(71%)
  • 病院の看護師の数を増やす(69%)
  • 研修中の医師が疲弊しないように勤務時間を短縮する(66%)。
  • 病院が自主的に重大な医療過誤を国家機関に報告することを奨励する(62%)。

これらの問題を解決するために、さまざまな取り組みが行われている。2005年患者安全・品質改善法158は、「米国で患者の安全に対する懸念が高まっていることを受けて制定されたものである。. . . この法律の目的は、患者に悪影響を及ぼす事象の自発的かつ秘密厳守の報告を奨励することによって、患者の安全を向上させることである」159この法律の成功は、正確さという概念を尊ぶ厳しい医療環境の中で、医療従事者が同僚や自分自身の誤りを明らかにしようとする意欲に大きく依存することになるであろう。

病院医療の質向上の必要性に注目し、現代医学の新しい専門分野として発展しつつあるのが、病院医療である。これは、入院患者の安全確保に専念する医師を「ホスピタリスト」として養成するものである。先に述べた「集中治療室での集中治療医学の特別な訓練を受けた医師」がこれにあたる。また、研修中の医師をリリーフするために存在する医師たちであり、これにより、医師の疲労対策やミスを減らすためにシフトを減らすことが可能になる。2009年には、北米初の病院医学の認定委員会である「The American Board of Hospital Medicine(ABHM)」が設立された。「ホスピタリスト」の専門的な訓練と将来の増員により、患者と接する時間が増える可能性があり、それが国民に優先されているようだ。また、病院看護師の数を増やし、病院のエラーに関する教育を行うキャンペーンも行われている。

第3章 薬剤の問題

処方薬は科学的医学の主要な治療手段である。医学者は「細菌説」の発見により、病気の原因は感染性生物であると一般大衆に信じ込ませた。しかし、この感染症に対する治療法を見つけることは、想像以上に難しいことであった。化学薬品は、当初から期待以上の効果を発揮した。しかし、化学薬品は効かないだけでなく、数え切れないほどの副作用を引き起こした。薬自体は、たとえ適切に処方されたとしても、Lazarouの研究160が示したように、致命的な副作用がある。しかし、人為的なミスが状況をさらに悪化させることもある。

2007年12月10日、見出しにこうある。クエイドの双子「命がけで戦う」Dennis and Kimberly Quaid Keep Vigil as Their Newborns Struggle to Survive a Devastating Hospital Error that Resulted an Overdose of Blood Thinner」(デニス・クエイドとキンバリー・クエイド夫妻、抗凝固剤の過剰摂取による悲惨な病院のエラーから生き延びるため、新生児を見守る)とある。

双子はスタフ感染症のため、シーダーズ・サイナイ(ロサンゼルスの医療センター)に入院していた。. . . 2007年11月18日、この病院で彼らは、静脈内カテーテルが凝固するのを防ぐために使われる薬、ヘパリンを推奨量の1,000倍も投与された3人の患者のうちの1人だったとされている。この投与量は、放置すれば重篤な出血を引き起こし、死に至るほど高いものであった。161

「乳児医療、有名な両親、有名な病院」どうしてそんなことが起こるの」?と思われるかもしれない。それを発見するために 2005年患者安全・品質改善法がある。

薬剤の異状は、麻酔も含まれるかもしれない。致命的な麻酔のミスは今でも起こっている。スピナルやエピデュラルの主な合併症には、感染(髄膜炎や膿瘍)、出血や血栓(血腫)、神経の直接損傷(針損傷や薬傷)、脊髄への血液供給不良(虚血)による神経や脊髄の損傷がある。いずれも、麻痺を含む永久的な神経損傷を引き起こす可能性がある。さらに合併症は、「薬物スイッチ」または「ルートスイッチ」が起こった場合に起こる。すなわち、間違った薬物が硬外線または脊髄として投与された場合(薬物スイッチ)、あるいは静脈内投与されるべき薬物が硬膜外または脊髄として使用された場合(ルートスイッチ)、またはその逆の場合(ルートスイッチ)である。神経系の感受性と使用する薬剤の種類から、これらのミスは致命的となる可能性がある。

麻酔は非常に安全だと考えられているが、リスクがないわけではない。. . . 一般的でない合併症としては、胸部感染症や呼吸困難、歯、唇、舌の損傷、全身麻酔下での意識障害などがある。. . . まれに起こる麻酔の合併症には、目の損傷、薬物に対する重篤なアレルギー反応、神経損傷、機器の故障、死亡などがある。. . .

麻酔だけが原因の死亡は非常にまれで、通常はいくつかの重大な合併症が一緒になった結果であり、[アレルギーなど]、あなたの以前の病状、体格、手術方法、喫煙などの習慣が、[すべて]特定の合併症のリスクに影響を与える可能性がある。. . . リスクを完全に回避することはできないが、麻酔の専門家のトレーニング、麻酔の実施や患者の状態をモニターするための最新の(滅菌)機器、最新の薬剤の組み合わせにより、近年、麻酔はより安全な処置となっている163。

投薬ミス

1992年の全国薬局データベースの調査によると、1,081の病院で合計429,827件の投薬ミスが発見された。これらの病院に入院した患者の5.22%が毎年投薬ミスをしていた。著者らは、米国全体では、少なくとも年間90,895人の患者が投薬ミスによって被害を受けたと結論付けている164。

2002年の研究では、患者に対する病院での投薬の20%に投与量の誤りがあったことが示されている。これらのエラーのうち40%近くが、患者に害を及ぼす可能性があるとされている。典型的な300床の病院では、1日あたりのエラーは40件であった165。

患者の薬に関わる問題は、翌年にはさらに高くなった。この研究で薬剤師が阻止したエラー率は24%であり、処方薬によって害を受けた患者の潜在的な最低人数は417,908人であった166。

薬物有害反応

Lazarouの研究167は、1994年のアメリカの3300万人の入院患者の処方薬に関する記録を分析した。入院患者の2.1%が重篤な薬物副作用を経験し、全入院患者の4.7%が重篤な薬物副作用によるもので、致命的な薬物副作用は入院患者の0.19%、入院患者の0.13%に発生した。著者らは、薬物有害反応により年間106,000人の死亡が発生すると推定している。

2000年の研究によるコスト分析では、薬物有害反応に苦しむ患者1人あたりの入院費の増加は5,483ドルだったルLazarou研究の220万人の重症薬物有害反応患者のコストは120億ドルに達した168,169。

重篤な薬物有害反応は、一般的に関係する薬剤がFDAに承認された後に出現する。新薬の安全性は、薬が市場に出てから何年も経たないと確実なことはわからない170。

薬物有害反応に関するより最近の研究では、その数値が増加している可能性があることが示されている。2003年の研究では、三次医療施設(高度に専門的な技能、技術、支援サービスを必要とする)の退院後の患者400人を追跡調査した。76名(19%)の患者に有害事象が発生した。薬物有害事象が最も多く、全体の66%を占めた。次に多かったのは、処置に関連した傷害で、17%であった。171

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌の調査では 2002年に処方された33億4千万以上の医薬品から、患者の4人に1人が観察可能な副作用を受けたという驚くべき結果が出た172。この調査を行った医師の一人は、ロイターのインタビューに答え、「この10分間の予約では、医師にとって、患者が悩んでいる症状かどうかを見極めるのは難しい」173、とコメントしている。

New England Journalの研究を論説したWilliam Tierneyは、「高齢化社会をケアするために利用できる強力な薬の数が増えていることを考えると、この問題は悪化する一方だろう」と書いている。副作用が最もひどかったのは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、カルシウムチャンネル遮断薬などであった。

ロイター通信はまた、先行研究として、入院患者の5%近く(年間100万人以上)が薬の副作用の結果であることが示唆されていると報じている。しかし、そのほとんどは、そのような症例として記録されていない。この研究では、3分の2近くのケースで、医師が薬の副作用を診断できなかったり、医師が警告のサインを聞き入れなかったために副作用が持続したりしたことが、その原因の一つであることがわかったという。

2004年、世界の医薬品市場の売上高は5500億ドルで、そのうち米国市場は48%の2480億ドルを占めた。米国は世界の処方薬総数のほぼ半分を販売している174。

副作用の過少報告

その理由は、そのような報告システムがあることを知らなかったり、訴えられることを恐れたりするためである176。しかし、一般大衆は、薬や医療介入が有害かどうかを知るために、医師によるこの非常に不完全な自主報告システムに依存している。

薬理学の教科書も、薬物の副作用と病気の症状を切り離すことがいかに難しいかを医師に教えてくれる。治療の失敗は、薬剤や医師のせいではなく、病気のせいとされることがほとんどである。医師は、「職業生活において、これほど簡単に間違いを隠すことができる場所はおそらく他にないだろう、自分自身にさえも」と警告されている177。

受け入れがたいことかもしれないが、病院管理者やFDAに報告される副作用が20件に1件しかない理由を理解することは難しくない178。

もし病院が、報告されている約20倍の実際のエラー数を認めたら、病院は厳しい監視の目にさらされることになるであろう179。

FDAのOffice of Post Marketing Drug Risk AssessmentのAssociate DirectorであるJerry Phillipsは、この数字を確認している。「薬物有害反応について幅広く研究しているジェイ・コーエン博士は、薬物有害反応の5%しか報告されていないため、実際には毎年500万件の薬物有害反応があると指摘している181。

精神の薬漬け

より楽しい生活を送り、心配事、ストレス、不安から解放されたいと願う患者は、テレビや看板に延々と映し出されるメッセージにしばしば振り回される。しかし、抗うつ薬の副作用は、緩和されるどころか、無数の異所性副作用の犠牲となることがよくある。

さらに、リタリン®で育った若者たちから、抗うつ剤使用者の全世代が生み出されている。若者を薬漬けにし、感情を変化させることは、彼らが自分の感情との付き合い方を学ぶ上で何らかの影響を与えるに違いない。彼らは、自分の内なる資源ではなく、薬物で対処することを学ぶのである。大人になると、薬漬けの若者はアルコール、薬物、あるいはストリート・ドラッグに手を出して対処するようになる。

JAMA誌によれば、「リタリン®はコカインによく似た働きをする」182。プロザック®やゾロフト®などの気分安定薬が販売されるようになった今日では、社会的に認められているだけでなく、ストレスの多い現代社会ではほとんど必要なものとなっている。

テレビをつければ、社会不安、うつ病、無気力などの治療薬の宣伝が聞こえてこないことはない。なお、副作用を伝えるときには、美しい牧歌的な風景や楽しい活動も同時に見せることが多いので、義務的な危険の警告を楽しい思い出と同一視してしまう。

医師は(消費者だけでなく)精神作用のある医薬品の宣伝文句を浴びせかけられるので、特定の医薬品を処方するようになる。

2006年、製薬業界からの資金は、[米国精神医学]協会の6250万ドルの資金調達の約30%を占めていた。その資金の約半分は、精神医学雑誌への薬の広告や年次総会での展示に使われ、残りの半分は、年次総会でのフェローシップや会議、業界シンポジウムのスポンサーに使われている183。

テレビ診断

可能な限り多くの人々にアプローチするために、製薬会社はもはや抗うつ薬のマーケティングで医師をターゲットにするだけではなくなった。1995年までに、製薬会社は、消費者に対する処方薬の直接広告に割り当てられる金額を3倍に増やした。この資金の大半は、魅惑的なテレビ広告に費やされている。1996年から2000年にかけて、支出は7億9100万ドルから約25億ドルに増加した184。この25億ドルは、医薬品広告予算全体のわずか15%にすぎない。

製薬会社は消費者向け直接広告は教育的であると主張しているが、ワシントンDCのパブリック・シチズン・ヘルス研究グループのシドニー・M・ウルフ博士は、一般の人々はこれらの広告についてしばしば誤った情報を与えられていると論じている185 人々はテレビで見たものを欲しがり、医師のところに行って処方を受けるように言われる。開業医は、患者がこれらの薬を欲しがるのを黙認するか、不必要な薬を使わないよう患者に説得するのに貴重な時間を費やしている。

ウォルフ博士によれば、ある重要な調査によると、人々は「FDAは広告を発表する前にすべての広告を審査し、最も安全で最も効果のある医薬品のみを一般大衆に直接宣伝することを認めている」と誤解しているそうである186。

IMSヘルスによると 2004年には、製薬メーカーは、消費者への直接広告に推定41億5000万ドルを費やした 187 彼らは価値よりもはるかに高価な薬を買うときに消費者がこれらの高価な広告のために払っていると推測する人がいる。

ハーバード大学のジョエルワイズマン博士、らによる643人の医師の全国調査の結果は、³「消費者への直接広告(DTCA)は、患者が不要な治療を求めるようになった³」ことが判明した。188

2004年、アメリカ人は処方薬に1885億ドルを費やしたが、これは1990年の403億ドルの4.5倍以上であった189。

FDAの医薬品評価研究センターのデービッド・グラハム博士は警告している。

FDAの医薬品評価研究センターのデビッド・グラハム博士は次のように警告している。「一般に消費者向け直接広告は、米国民に大きな不利益を与えている。私たちは、氷の上を滑っているのか、太極拳をしているのか、人々が健康を実証している素晴らしい広告を目にする。マディソン・アベニューは、百聞は一見にしかずということを知っていて、イメージやメッセージを伝え、患者や医師の印象に残する。そして、実際にはニーズや欲求がないところに、ニーズや欲求を作り出すのである」

最近の研究で、患者がテレビで見た薬のことを医師に話すと、医師からその薬を処方される可能性が非常に高くなることが、Journal of The American Medical Associationで発表された。製薬会社はこのことを知っている。だから、彼らはそれを行うのである。. . . 明らかに、消費者への直接広告は、アメリカ人のためにならない。

薬の安全性はどうしたらわかるのか?

科学的医学のもう一つの側面として、一般の人々が当然のことと思っているのが、新薬のテストである。新薬は一般に、かなり健康な人を対象としてテストされ、所見に支障をきたすような他の薬物を服用していない人が対象である。しかし、これらの新薬が「安全」と宣言され、薬の処方箋の帳簿に載ると、当然、他の様々な薬を飲んでいる人、他に多くの健康上の問題を抱えている人が使うことになる。そして、薬が市場に出た後の副作用の記録である「ポスト・アプロバディール」と呼ばれる新しい段階の薬物検査が行われるようになる。

連邦政府の会計検査院は、「1976年から1985年の間にFDAによって承認された198の医薬品のうち、. . . 102品目(51.5%)が承認後に深刻なリスクを抱えていた。. . . 承認後の重大なリスクには、心不全、心筋梗塞、アナフィラキシー、呼吸抑制と停止、発作、腎臓と肝臓の障害、重度の血液障害、出生異常と胎児毒性、失明が含まれている」191。

NBCニュースの調査番組「Dateline」は、医師が製薬会社の担当者として副業しているのではないかと疑問を投げかけた。1年にわたる調査の結果、NBCは、医師はどんな症状の患者にもどんな薬でも合法的に処方できるため、製薬会社は、これらの薬が試験済みの特定の適応症に対してのみ承認されているにもかかわらず、「適応外使用」、つまり頻繁に不適切で試験されていない薬の使用を激しく宣伝していると報じた192。

薬物有害反応の主な原因は、抗生物質(17%)、心血管系薬剤(17%)、化学療法(15%)、鎮痛剤および抗炎症剤(15%)である。193

薬物が水源を汚染する

私たちは、処方薬で飽和状態にまで達している。検査されたすべての水域に、測定可能な薬物が残留している。畜産に使われる大量の抗生物質は、水位や周辺の水域に流出し、下水に含まれる細菌に抗生物質耐性を与えており、これらの細菌は水源にも含まれている。トイレに流される大量の薬物や薬物の代謝物は、水源にも入り込んでいる。薬物や薬物の分解物の混合物を摂取した場合、長期的にどのような健康被害が出るかは分からない。これらの薬物は、私たちが完全に測定することができないもう一つのレベルの医原性疾患である194-202。

製薬会社による罰金

FDAは、製薬会社の不正行為があまりにも目に余り、隠蔽が不可能な場合、定期的に罰金を科すことがある。2002年5月、ワシントン・ポスト紙は、クラリチン®のメーカーであるシェリング・プラウ社が、4つの工場で品質管理に問題があったとして、FDAに5億ドルの罰金を支払うことになったと報じた。203この告発は、シドニー・ウルフ博士率いるパブリック・シチズン・ヘルス・リサーチグループが、シェリング・プラウ社が有効成分の不足を知りながら、アルブテロール喘息の吸入剤を販売したとして刑事捜査を要求してからのことである。

FDAは、1998年以降にシェリング・プラウが製造した医薬品の90%にあたる125製品について、違反行為を集計した。同社は罰金を支払うだけでなく、73の医薬品の製造を中止するか、さらに1億7500万ドルの罰金を被ることを余儀なくされた。シェリング・プラウのニュースリリースは、消費者がまだ同社の製品に自信を持つべきであると保証する、別のストーリーを語っている。

この大規模な和解は、製薬業界に厳格な製造方法を維持することへの警告となり、製薬会社のコンプライアンスに対処する上でFDAの影響力が高まったと言える。ワシントンポストの記事によると、1999年に連邦控訴裁判所が、FDAは”適正製造規範”に違反した企業の利益を差し押さえることができると判決を下した。それ以来、アボット・ラボラトリーズは医療用検査キットの製造において品質基準を満たせなかったとして1億ドルの罰金を支払い、ワイス・ラボラトリーズは2000年に3千万ドルを支払い、不良製造規範の告発を解決している。

保護記事

管理用・限定公開

著者について

ゲイリー・M・ナル博士は、30年以上にわたり、代替医療と自然治癒の最も重要な擁護者の一人である。受賞歴のあるジャーナリストであり、ニューヨークタイムズのベストセラー作家でもあるナル博士は、栄養、自己啓発、公衆衛生問題などについて70冊以上の本を執筆している。また、ラジオ番組「Natural Living with Gary Null」は、全米で最も長く放送されている健康番組である。

ニューヨークのマウントサイナイ医科大学の研究科学者であるマーティン・フェルドマン医学博士は、神経生理学、臨床神経学、神経化学に関する75の査読済み研究論文を執筆している。Debora Rasio,MDは、研究者、寄稿者、編集者として、「Iatrogenic Disease」を含む多数の健康関連の書籍や調査報告書を執筆している。The Downside of Modern Medicine”(現代医学の弊害)など、健康関連の書籍や調査報告書を多数執筆している。そしてキャロライン・ディーン、MD、NDは、栄養マグネシウム協会の医療ディレクターであり、著者またはマグネシウムの奇跡と現代医学による死を含む18冊の本の共著者である。

規制当局が、天然ホルモンや栄養補助食品は危険だというふりをしながら、政府が認可した医療が本当の危険であることを示す発表された統計を無視するのは、何かが間違っている。

最近まで、医学界の権威に挑戦する人々は、従来の医学の危険性について論証するために、孤立した統計だけを引用することができた。しかし、医療制度による死傷事故について発表された文献をすべて分析し、まとめた人は誰もいなかった。

ある研究者グループは、統計的な証拠を綿密に検討し、その結果は実に衝撃的なものだった。この研究者たちは、今日の医療制度が善よりも害をもたらすかもしれないという説得力のある証拠を提示している。

この完全参考図書は、処方された薬の副作用で院内で苦しむ人々、不必要または不適切な抗生物質を処方される人々、不必要な医療処置や外科処置を受ける人々、不必要な入院にさらされる人々の多さを明らかにしている。

しかし、最も驚くべき統計は、従来の医療によって引き起こされた死亡者数が、年間581,926人であるということである。このデータから、アメリカの医療制度は、アメリカにおける死と傷害の主要原因の一つであることが明らかである。

-WILLIAM FALOON、ライフ・エクステンション財団共同設立者(www.lef.org)

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

このページのコンテンツはコピーできません

error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました