トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

AIの夢と悪夢を支える頭字語 TESCREAL
AIブースターと破滅論者の間に深まる溝を理解するためには、TESCREALとして知られるイデオロギーの束に共通する起源を紐解く必要がある。

イメージTruthdig / Adobeこれは「21世紀の優生学」のパートII:「新名称、旧思想」ディグ・シリーズ The Acronym Behind Our Wildest AI Dreams a
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

長期主義に反対
それは人類の未来に関するフリンジ哲学的理論として始まった 現在では資金も豊富で、ますます危険になっている

カナダ、アルバータ州フォート・マクマレーにあるタールサンド開発でできた尾鉱池の危険から渡り鳥を遠ざけるかかし。写真:Larry Towell/Magnum Against longtermism エミ
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

ニック・ボストロム、長期主義、そして優生学の永劫回帰
テクノ・ユートピア・イデオロギーは、その燃料の一部を科学的人種差別から得ている。

これは「21世紀の優生学」の第一部:新しい名前、古い考え”ディグ・シリーズ エミール・P・トーレス / TRUTHDIGこれは、複数回に渡る発掘シリーズ「21世紀の優生学」の第1回目:『新しい名前、古
イーロン・マスク、ツイッター

『グレート・リセットと自由への闘い』 グローバル・アジェンダを解き明かす
The Great Reset and the Struggle for Liberty: Unraveling the Global Agenda

The Great Reset and the Struggle for Liberty: Unraveling the Global Agenda マイケル・レクテンウォルド博士(MICHAEL R
AI(倫理・アライメント・リスク)

テクノクラシー・ビデオドローム
ニューロワーフェア、IoB、合成生物学、スマートシティ、4IR、AI、COGSECなどに関するビデオをまとめたもの。

スパルタカス 2023/11/19 マスターリスト ここしばらくの間、私は過去数年間に起こったある変革的な技術的躍進について、かなりの数の動画を埋め込んだ記事を投稿し、社会に対する潜在的な否定的影響に
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

『ダーク・イオン/ 堕落した女神』(2023)
トランスヒューマニズムと人類との戦い

Dark Aeon: Transhumanism and the War Against Humanity Kindle Edition by Joe Allen ジョー・アレンの『ダーク・イオン』は
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

ジェレミー・ファーラーとWHO、ジョニー・ヴェドモアと
Jeremy Farrar and the WHO with Johnny Vedmore

Jeremy Farrar and the WHO with Johnny Vedmore このエピソードでは、ホイットニーが、ウェルカム・トラストの元代表ジェレミー・ファーラーの世界保健機関(WHO
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

『トランスヒューマニズム』 危険な思想の歴史(2015)
David Livingstone - Transhumanism The History of a Dangerous Idea (2015, Sabilillah Publications)

David Livingstone - Transhumanism The History of a Dangerous Idea (2015, Sabilillah Publications) トラ
AI(倫理・アライメント・リスク)

人間と社会に対するデジタルの脅威
Digital Threats to Humans and Society

Digital Threats to Humans and Society 2022年6月29日 私たちは、デジタル技術が(健康や持続可能性に関連する問題を含む)世界的な大問題の解決に大きく貢献する可
LLM - LaMDA, ChatGPT

ChatGPTとの対談第4弾 スパルタカス
A Fourth Talk With ChatGPT Now with document analysis

A Fourth Talk With ChatGPT Now with document analysis ChatGPTの新機能追加 最近、ChatGPTがアップデートされ、PDF解析ができるように
AI(倫理・アライメント・リスク)

スーパーインテリジェンス
道筋、危険性、戦略

Superintelligence: Paths, Dangers, Strategies ニック・ボスロム(NICK BOSTROM) 人類未来研究所所長 オックスフォード大学哲学部・オックスフォー
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

2084: 人工知能と人類の未来
2084: Artificial Intelligence and the Future of Humanity

2084: Artificial Intelligence and the Future of Humanity 2084: Artificial Intelligence and the Futur
LGBTQ、ジェンダー、リベラリズム

神経倫理学における科学的・哲学的視点
Scientific and Philosophical Perspectives in Neuroethics.

Scientific and Philosophical Perspectives in Neuroethics. 神経倫理学における科学的・哲学的視点 神経科学は神経系の構造と機能についての洞察を提
EBM・RCT

医学哲学ハンドブック(2017)
Thomas Schramme, Steven Edwards (eds.) - Handbook of the Philosophy of Medicine (2017, Springer)

Thomas Schramme, Steven Edwards (eds.) - Handbook of the Philosophy of Medicine (2017, Springer) トーマ
ゲノム編集・遺伝子工学・生物兵器・バイオテロ・生物防衛

CRISPR-Casとその広範な応用:ヒトゲノム編集から環境への影響、技術的限界、危険性、生命倫理的問題まで
CRISPR-Cas and Its Wide-Ranging Applications: From Human Genome Editing to Environmental Implications, Technical Limitations, Hazards and Bioethical Issues

オンライン公開 2021年4月21 日 . PMCID: PMC8143109 PMID:33919194 Roberto Piergentili、1 Alessandro Del Rio、2,* F
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

トランスヒューマニズム医学:その力を人間の尊厳のために向けることは可能か?
Transhumanist Medicine: Can We Direct Its Power to the Service of Human Dignity?

Linacre Q.2019 Feb; 86(1):115-126. 2019年3月29日オンライン公開。 Transhumanist Medicine: Can We Direct Its Powe
SDGs/地球環境

バーバラ・マルクス・ハバード:「成長の限界」から「国連アジェンダ2030」へ
バーバラ・マルクス・ハバードは、人類の4分の1を淘汰することを求めたのか?ジョン・クライチェクが、ハバードが「意識的な」トランスヒューマン進化という「共同創造的」福音をもたらしたマルサス的傾向の真相を調査する。

Barbara Malthusian Hubbard: From Limits to Growth to UN Agenda 2030 ジョン・クライチェック 2023年3月3日 何十年もの間、ニュー
AI(倫理・アライメント・リスク)

トランスヒューマニズムとエリートたちの哲学
Transhumanism and the Philosophy of the Elites

学者フランシス・フクヤマにとって、トランスヒューマニズムの「本質」の喪失は、想像力豊かな自己改良という技術科学的未来への約束の山の下に、認識されずに横たわっている。本論文は、社会の有力なセクターで台頭
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

富裕層のサバイバル
富裕層は私たちを置き去りにしようと企んでいる

ダグラス・ラシュコフ 2018年7月6日 この作品は現在、新刊『Survival of Richest:Escape Fantasies of the Tech Billionaires』のベースとな
スパルタカス

スパルタキャスト10 蚊に気をつけろ
Spartacast 10

みんな、スパルタカスだ!10回目のスパルタキャストをお送りする。 私は告白することがある。これまで私が語ってきたこと、そしてこのテーマについて私が示してきた親しみやすさを考えると、これはある種の驚きで
alzhacker.com をフォロー