イアン・デイビス抵抗戦略・抵抗運動暗号通貨・地域通貨・CBDC瞑想・呼吸・認知行動療法・マインドフルネス・ACT

自由への受容とコミットメント -Iain Davis
Acceptance of and Commitment to Freedom

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

iaindavis.com/towards-freedom/

投稿者:IAIN DAVIS2022年1月24日

政府の専制政治から自分自身を、そしてお互いを解放するために、私たちにはできることがたくさんある。残念ながら、私たちは何世代にもわたって、自分たちは無力であると信じるように教育されてきた。おそらく私たちの声は、投票箱を通して、ロビー活動という極めて限られた能力を通して、そして許される限りの抗議活動を通してしか聞くことができない。これは欺瞞である。私たちにはすべての力があり、政府には何もなく、私たちはいつでも好きなときに世界を変えることができる。私たちに必要なのは、私たちの集団的な行動力と力を実現することだ。良い知らせは、私たちが一貫して自由に向かって努力すれば、自由を達成することは釘付けになるほどの確実性だということだ。悪いニュースは、私たちのうち、行動を変える必要性に気づいている人はほとんどおらず、その方法を知っている人はさらに少ないということだ。

私たちの認識不足は、行動変容のテクニックや応用心理学を悪用する方法を理解している人たちのなすがままになっている。このような不当な扱いを受けて、かなりの少数派が応用行動心理学に反感を抱いている。しかし、もし私たち自身がこれらの戦略を使うことになれば、社会をポジティブに変える可能性は計り知れない。

この記事は、行動変容のテクニックを自分の利益のために使う方法を、私たち全員が学べることを願って書かれたものである。行動変容は学ぶことができる技術であり、練習すれば自己啓発のための強力な道具となる。私たちはそれを使って、私たちに敵対する人たちの計画を打ち負かし、自由な社会を構築することができる。

誤使用問題

この2年間、私たちはコンプライアンスを強制するために作られた世界的な行動変革プログラムを経験し、今も耐え続けている。いわゆる「ニューノーマル」に私たちの行動を適応させるために、心理作戦(psyops)が用いられてきた。その目的の一つは、発表された危機に対して、それが何であれ自動的に反応し、政府の命令に従うよう、私たちを条件付けることである。

これは争点ではない。応用行動変容技術は、世界統治と国家政府の両レベルで一般的に行われている。世界保健機関(WHO)は、これらの技術の利用をどのように解釈しているかを概説している。

「健康キャンペーンは、対象者をある問題の認識から、特定の健康上の成果をもたらす行動へと向かわせる特定の順序に従う。[複数の発信源から一貫したメッセージを発信することで、行動の可能性が高まる。[…]信頼できるメッセンジャーや有名人がキャンペーンに声を加えることができる」

2020年2月、世界的なパンデミックを宣言する1カ月前に、WHOは「健康のための行動的洞察と科学に関する技術諮問グループ(TAG)」の設立を発表した。このグループは、キャス・サンスタイン教授が議長を務め、世界銀行、世界経済フォーラム、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の行動変化の専門家がメンバーとして参加している。また、英国のSusan Michie教授もTAGの参加者である。

Cass Sunsteinは、Adrian Vermeule教授と共著で2008年に『Conspiracy Theories』という論文を発表し、公式発表を疑う人々の議論に対抗する一連の心理学的手法を提唱した。サンスタインとバーミューレは、論理的で証拠に基づく議論に参加することを否定している。その代わりに、政府に疑問を持つ人の信用を落とすために、協調的なサイコ・キャンペーンを提案したのだ。

TAGはすぐに「公衆衛生に行動的観点を適用するための原則とステップ」を発表し、活用すべき6つの原則を明らかにした。TAGは、知識だけでは「行動を変えるには不十分な場合が多い」と判断し、別の方法論を導入した。私たちが行う行動の選択は、「個人が居住し、意思決定を行う環境に影響される」ことに注目し、TAGは次のように結論づけた。

「行動学の観点から公衆衛生にアプローチするには、その行動が発生する状況において、人々とその行動に焦点を当てることが必要である。行動様式は、障壁と推進要因の観点からそれらの行動様式に及ぼす影響を診断できるように定義することができる。そして、それらの行動を変えることができる戦略や介入策を設計することができる」

この文書のどこにも、同意についての言及はない。TAGは、行動が発生する文脈の操作を提唱している。これによってTAGは行動反応を設計することができる。私たちはこのような努力の対象であり、TAGは私たちの知識も同意も関係ないと考えている。

Susan Michieは、英国政府のScientific Advisory Group for Emergenciesのメンバーでもある。SAGEは、英国政府が疑似パンデミックに対する反科学的対応を正当化するために使用した「証拠」の多くを提供している。Michieは、SAGEの行動変容サブグループ「Spi-B」の主要メンバーでもある。

TAGやSpi-Bの行動変容の専門家たちと同様、Michieは論理的な議論よりもサイコパスを好む。SPi-Bは、2020年3月22日付の諮問報告書で、英国政府に対し、国民を疑似パンデミックに従わせるためにメディア主導のテロキャンペーンを行うよう勧告している。

「相当数の人々が、まだ個人的な脅威を十分に感じていない。個人的な脅威を感じている人たちに、もっと衝撃的なメッセージを使って、そのレベルを上げる必要がある。ある人は規則を守るように、ある人は地域社会への義務を、ある人は個人的なリスクを訴えることで、より説得力を増すだろう。こうした異なるアプローチのすべてが必要なのである。個人的な脅威の感覚を増大させるためにメディアを使う。[…]従わなかった場合の社会的不評判の利用を検討する」

英国や他の国々の政府は、主流メディアのパートナーの支援を得て、まさにこの方法論を展開した。これは、英国政府が2010年に発表した文書「MINDSPACE」で提案された操作の延長線上にあるものだった。この報告書では、政府がプロパガンダやコンプライアンス目的のために行動変化をどのように悪用できるかを概説している。

この本は、証拠に関する議論を避けることの重要性を強調し、心理的操作を使って人々の理性的な心を克服することに焦点を当てた。注目すべきは、この操作は、被験者(私たち)が事実上プログラムされていることにさえ気づかないまま達成され得るということである。

人の行動は、最初に特定の光景や言葉、感覚にさらされると変化することがある。人は、事前に特定の手がかりによって「プライミング」されている場合、異なる行動をとる。言葉、画像、出来事に対する感情的な反応は迅速かつ自動的である。人々は、自分が何に反応しているのかを自覚する前に、行動的な反応を経験することができる。このことは、注意の焦点を事実や情報から、人々が行動するときの文脈を変える方向にシフトさせる。行動アプローチは、合理的な意思決定を行う自律的な個人という考え方から、行動の多くが自動的であり、選択環境に影響される「状況的」意思決定者へと移行する考え方を具現化するものである[… … ].このように、行動的なアプローチでは、意思決定者の行動様式を変化させることができる。市民は、自分の行動が変化していること、少なくとも、どのように変化しているのかを十分に認識していないかもしれない。

このアプローチは、2年前にSunsteinが提案した秘密裏の心理的戦略を利用したものである。Spi-BとTAGは、疑似パンデミックの間中、この戦略を利用した人々の一人であった。広範な検閲やメディアを使った宣伝キャンペーンと組み合わせることで、証拠を隠したり難解にしたりして、人々を合理性から遠ざけ、「状況的意思決定者」にすることが目的だった。

厳しく定義された限られた論点のセットを受け入れるようにプログラムされ、人々はあらかじめ決められた「選択環境」を信じるように強制された。こうして、彼らの意思決定の文脈と範囲がコントロールされ、多くの被験者は心理的障害を負うことになった。いったん選択環境が確立されると、その場にいる意思決定者の抵抗なしに行動反応をデザインすることができるようになった。

この種の洗脳は、主に潜在意識を対象としている。自由な選択、あるいは自由な意志があると被験者に思い込ませるので、非常に効果的である。この欺瞞によって、私たちは指示されたとおりに行動する可能性がはるかに高くなる。しかし、実際には、私たちの行動の選択肢は、望ましい結果だけに制限されている。被験者の行動へのコミットメントは、選択環境の中での位置づけによって操作される。

行動変容のテクニックを悪用し、それを応用心理学で裏打ちすることは、まったく倫理に反した行為である。これは、ある議題を推し進めるために、昔も今も世界の人々に与えられている心理的虐待の一形態である。

英国では、このような心理的虐待を懸念した心理学者やセラピストのグループが、英国心理学会(BPS)に虐待を調査し、声明を出すよう働きかけた。結局、BPSは、多くの人が、回避的で、不誠実で、全く説得力のない回答であると考えた。

TAGやSpi-Bなどの活動を考えると、政府によるこのような心理操作に強く反対するのは理解できる。私たちは、行動変容の秘密主義的で非倫理的な悪用と、こうした戦略の適切な採用とを区別することが肝要である。

トーキングセラピーの一環として活用される行動変容(または修正)は、おそらく多くの望ましくない自己破壊的な行動の治療にとって最も強力なテクニックである。世界中の何百万人もの人々が依存症を克服し、さまざまな目標や目的を達成するために日常生活で使用できるツールを提供している。

例えば、自由が目的であれば、アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT/Acceptance and Commitment Therapy
から学ぶスキルを使って、自由で主権者としての人間として生きることができる。もし私たちの多くがそうするならば、私たちの多くが望む自由な社会を作ることは必然である。私たちは、洗脳と恐怖によって私たちを支配しようとする政府の専制的な抑圧の下で生きる必要はない。

neuromind.jp/acceptanceandcommitmenttherapy/

アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)

1986年にスティーブン・C・ヘイズ教授によって開発されたアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)は、私たちを破壊的となりうる行動に走らせる思考や体験に気づく手助けをする。自分の現状を認め、受け入れることができれば、関連する行動を特定し、より良い対処法を開発し、行動変容を約束することができる。

ヘイズは、『Get Out of Your Mind & Into Your Life』の中で、私たちの思考、感情、身体感覚が、いかに私たちの苦しみを増幅させるような行動をとるように仕向けるかについて述べている。ヘイズは、私たちの思考や感情、身体感覚が、いかに私たちの苦しみを増幅させるような行動をとっているかを説明し、そのような行動をとる必要がないことを示し、代わりに私たち自身の行動を利用して、多面的な問題を克服し、最高の人生に向かって徐々に前進する方法を説明した。

つまり、人間は、環境を支配するための素晴らしい道具である人間の心そのものを、敵に回してしまった。ということだ。結局のところ、ACTがあなたに求めているのは、視点の根本的な変更、つまり個人的な経験への対処の仕方の転換なのである。[…]これらの問題の、生きる上での障害としての役割は、変えることができる。[…]これらの新しいアプローチは、あなたの心理的問題の実際の中身と、それらがあなたの人生に与える影響を変えることができる

私たちは、ACTマトリックスをメンタルマップとして使うことで、有害な行動や人生を制限するような行動を避け、代わりに目標に近づくような行動を積極的に選択することができる。これは、下の図に描かれている。ACTを学び始めたばかりの頃は、この図を補助教材として肌身離さず持っていることができる。しかし、日常生活でACTを適用することに慣れれば、このシンプルなモデルによって、ほとんどの人が必要なときに視覚化することができる。

アクセプタンス&コミットメント・セラピーマトリックス

私たちは皆、感覚を通して世界を認識している。言い換えれば、五感によって現実の心象風景を構築することができる。しかし、五感だけでなく、思考や感情、身体的な感覚も、私たちの知覚に影響を与えることがある。

例えば、森林浴。その光景、音、香り、手触り、そして味は、私たちの自然に対する評価、ひいては自然における経験を形成している。しかし、もし私たちが散歩中に禁断症状を感じ始めたら、私たちの感覚とは裏腹に、森は私たちが望む物質へのアクセスを阻む暗い牢獄のように感じられることだろう。

私たちの精神的な体験は、必ずしも現実を反映しているとは限らない。欲求や恐怖など、他の「不要なもの」が邪魔をすることがよくある。そのような場合、私たちは簡単に「状況判断」をしてしまうのである。

内なる葛藤に対処できず、私たちはしばしば、こうした望ましくない思考、感情、身体感覚、信念に突き動かされる行動に走ってしまうのである。私たちは、自分の置かれた環境や状態という現在の現実ではなく、それらに反応してしまうのである。

問題物質の使用など、これらの行動は致命的となる可能性がある。行動そのものが、望まない思考、感情、身体感覚を増幅させることがある。身体的な変化や脳機能の変化が起こり、破壊的な行動をさらに強制するような、中毒のサイクルに入るかもしれない。

ACTでは、まず「今、ここ」に注意を向けることが必要だと教えている。私たちの現実は、身体的な影響と心理的な影響の両方によって形成されており、その両方に「マインドフルネス」である必要がある。今、ここ」に意識を向ける能力は、マインドフルネス・エクササイズを実践することで向上させることができる。

その目的は、心をこめて瞑想することではなく、自己認識のスキルを身につけることだ。その時々に自分に起きていることに集中することで、自制心を持つことができるようになる。

例えば、森林浴の静寂と薬物への渇望が相反するものであることを認識し、それを改善することができる。両者を同時に認識し、その違いを指摘することができる。渇望は不快な感覚であるが、その不快感によって森に対する理解が変わる必要はない。

やがて私たちは、外的な現実と内的な苦痛との違いを識別することができるようになる。この自覚のもと、私たちは、個人的な経験のみによって引き起こされる結果としての行動に対処し始めることができる。自分自身の責任である行動を、もはや森(環境や他人)のせいにすることはできない。

ACTの次のステップは、「受容」である。現実には欲求や感情的苦痛、肉体的苦痛を経験しているのに、それを感じないふりをするのは無意味である。心因性のものであれ、物理的な刺激によるものであれ、こうした経験を否定しようとしても、単に不安を増大させ、しばしば不快感を増大させるだけだ。.

自分に起きていることを受け入れれば、それに立ち向かうことができる。もし私たちがそれを否定すれば、私たちは決してそれに立ち向かうことはできないので。

今、ここ」に注意を向けない場合、誤解に基づいた学習された行動を自動的に採用することは非常に簡単である-特に、引き金に遭遇したときに対処戦略として使用する場合。特に、引き金になったときに対処策として使う場合はそうである。

例えば、私たちがストレスを感じるとき、お酒を飲んで対処しているとしよう。ストレスの多い状況に置かれるたびに、それが唯一の選択肢であるとか、その行動にはリスクがないと誤解して、さらに飲酒する可能性が高まりる。ほとんどの人にとってこれは問題ではないが、命にかかわることもある。ストレスが引き金になっている場合、ACTは問題のある飲酒者に、何が自分のストレスの原因になっているかに気づき、それが現れたらストレスの兆候に気づくように教える。

問題がある飲酒者は、起きているリスクを認識できるようになると、行動の選択肢を意識するようになる。有害だとわかっている行動に頼ることもできるし、より害の少ない、あるいはできれば全く害のない別の対処方法を用いることもできる。

ACTとは、現実を認識することだ。もし、お酒を飲むとその瞬間に体が冷えてしまうのであれば、対処法として選ぶ行動も、その瞬間に有効でなければならない。そうでなければ、それは本当の選択ではない。アルコール依存症の人は、デトックスを終えて回復した後、お酒を飲む代わりに音楽を聴く、運動する、本を読む、祈る、料理をするといった行動を選ぶかもしれない。どのような行動をとるにせよ、重要なのは、それが機能し、回復しつつあるアルコール依存症の人が選んだ目標に向かって進むことだ。

ACTは、人々が自分にとって重要なものから遠ざかったり近づいたりする行動をコントロールできるようにする力を与える。これは、行動制御へのコミットメントを通じて行われる。しかし、ACTが行動の選択を実際に行うことを要求するように、私たちにとって何が重要なのかを真に評価することが必要である。

おそらく薬物乱用によって人間関係が壊れ、健康問題が生じ、あるいは繰り返しリスクの高い状況に置かれることで個人が危険にさらされているのだろう。もしそれが本当なら、人間関係や健康や安全が、使用や飲酒よりも重要であるかのように装うことは無意味である。もし、その人がより良い方向に向かうものがなければ、有害な行動から離れる可能性はほとんどない。

ACTを利用する多くの人にとって、これはおそらく最も困難な側面である。自己破壊的な行動や有害な行動が、自分にとって世界の何よりも重要であることを受け入れる瞬間は、非常につらい現実となりえる。それは、彼らが本当に自分の中毒的な行動の厳しい現実に直面した最初の時間であるかもしれない。

これは回復の旅路の中で非常にリスクの高い瞬間である。自己破壊的な行動への再発の可能性が高い。

ACTには、ハードワークとコミットメントが必要である。うまくいけば、まともなセラピストや心理学者のサポートによって、その人は自分の人生を再評価する最も安全な機会を得ることができる。これは、経験者なら誰もが認めるように、簡単なことではない。私たちの多くは、他人にはたいてい正直になれるのに、自分自身にはなかなか正直になれない。

この作業が完了すれば、回復の旅を続けることができる。ACT利用者の多くは、自分の問題行動が自分を傷つけていることに気づき、優先順位の再調整を選択する。彼らは自分の行動が自傷行為であることを受け入れ、自分にとって本当に大切なものに基づいて新しい意味を見出すのである。

行動を変える動機となるような目標を設定することができる。目標は何でもいいのだ。家族関係の再構築でも、健康やキャリアでも、あるいは壊れてしまったペットとの絆でもいい。あるいは、行動によって司法制度に巻き込まれた場合は、単に刑務所からの解放を約束することが目標になるかもしれない。

私たちの人生のすべての瞬間は、良かれ悪しかれ、私たちの行動で満たされている。行動は、私たちにとって大切なものから遠ざかることも、近づくこともできる。ACTは、自分が行った行動の選択に内在するリスクを認識する力を個人に与える。彼らは、意思決定者として自動的に反応するのではなく、ACTから得たツールを使って自律性を取り戻し、自分の知識、価値観、目標に基づいて合理的に行動を決定することができるようになる。

ACTを使って世界を自由にする方法

TAGやSpi-Bなどの活動に鑑みると、私たちは、政府が私たちの役に立っていない現実を直視しなければならない。彼らは、グローバルな官民パートナーシップ(G3P)と呼ぶことのできる世界的なネットワークにおいて、単に政策執行の役割を担っているだけなのだ。

政府は私たちに奉仕しないだけでなく、秘密の洗脳技術を使って私たちをコントロールしようとし、私たちの行動を「デザイン」し、私たちの自由を保証する代わりに私たちを奴隷にしようとしる。政府が私たちの利益に反する行動をとるとき、それは多くの場合、G3Pの命令によるものである。

G3Pの疑似パンデミックを特徴づける明らかな欺瞞と偽情報は、ますます多くの人々に政府の専制政治を認識させるようになった。政府は、国、州、県、地方を問わず、G3Pのパートナーのために私たちの生活のあらゆる側面を規制するために存在していることが分かるようになった。

現在、世界各国の政府は、偽のパンデミックに関するあらゆる側面で、突飛な主張を撤回することに躍起になっている。しかし、彼らが次の恐怖を煽るサイコパスを繰り出すのにそう時間はかからないだろう。その次も、その次も。このようなサイコパスの巧妙な操作に多くの人々が気づかない限り、そして気づくまで、彼らの支配力は永久に続くだろう。

インターネットの検閲からあらゆる抗議を禁止しようとする試みまで、望まない薬物の服用を強制することから、密かにデジタル・アイデンティティを受け入れるように欺くことまで(私たちは過去に一貫してこれを拒否してきた)、早くて安価で有効な治療法を取り除くことから、いわゆる人権を都合のいい時に取り除くことまで、「自由世界」の至る所で政府は、代表民主主義と言われているものが解体され独裁に置き換わることを極めて明確にしているのだ。

私たちが政府を変えることができる唯一の方法は、ロビー活動や抗議活動、新しい役職者の選出や任命、現職の罷免だと考えている。しかし、もし私たちが「私たちの」政党が勝利を収め、問題を解決してくれると期待しているならば、これらの行動はほとんど無益である。問題は、政府を形成する政党にあるのではない。政党政治制度は、それ自体、障害ではあるのだが。むしろ問題は、どの政党が政権を取っても、関係なくG3Pに仕えることである。

例えるなら、政治家(または政党)の選挙は、新しいオフィス・マネージャーの投票と見ることができるかもしれない。私たちにできるのは、直属の上司を選ぶことだ。マネージャーの忠誠心は、自分が管理するスタッフチームではなく、会社に対してである。マネージャーの役割は、私たちが会社の目標に向かって働いていることを確認することだ。私たちは会社の方向性に口を出すことはできないのでし、マネージャーも同様である。

私たちは政治家や政党を選ぶが、政治家の代表や支持政党をコントロールする裏方の人たちには決して投票しない。彼らの唯一の役割は、私たちがG3Pのアジェンダに向かって活動することを保証することだ。私たちはG3Pのアジェンダを民主的にコントロールすることはできないのでし、政治家も同様である。

多国籍企業、シンクタンク、政府、NGO、慈善財団のグローバルなネットワークや、G3Pに従順な主流メディア産業複合体のプロパガンダマシンに直面すると、抵抗する力がないように感じられるかもしれない。しかし、私たちは無力ではない。無力だと思うこと自体が幻想なのだ。

真実は、国家という装置全体が、まさに私たちを抑圧するために作られたということだ。なぜなら、そこから利益を得ている人々は、彼ら自身が私たちに対して究極的に無力であることを理解しているからである。いったん私たちが集団で行動を起こすと、G3Pがその権威を維持するためにどれほど戦っても、勝つことはできない。

でも、どうしたらその意志を結集できるのだろうか?答えは、「個人で行動すること」である。政府が私たちをコントロールできると信じるのをやめ、政府の要求に従うのをやめる人がたくさん出れば、私たちの行動の積み重ねが世界を変えることになる。それは必然なのだ。

抗議活動、法的措置、ロビー活動、情報の共有、私たちが関心を寄せる問題のためのキャンペーンは、自由でありたいと願う私たちにとって、すべて価値あるステップである。しかし、世界を変えるために本当に必要なのは、私たち自身の行動を変えることなのである。私たちの心を動かすようなことをするのではなく私たちは、自分の人生を自由から遠ざけるために、自由へ向かうための行動を一貫して行う必要がある。

よく間違えられるがマハトマ・ガンジーはこのプロセスを雄弁に語っている。

「私たちは世界を映しているに過ぎない。外界に存在するすべての傾向は、私たちの身体の世界に見出すことができる。もし私たちが自分自身を変えることができれば、世界の傾向もまた変わるだろう。人が自分の性質を変えるように、世界の彼に対する態度も変わるのだ」

私たちは、ACTを使うことによって、この変化を起こすことができる。もし自由が私たちにとって重要なものであるならば、私たちは、私たちを自由へと向かわせる方法で粘り強く行動しなければならない。同様に、私たちは自由から遠ざかるような行動を止めなければならない。

そのためには、「今、ここ」で起きていることに気づくことが必要である。自分の考えや感情と、自分を取り巻く現実との間に違いがあるのか。

私たちは、周りの人が皆マスクをつけていることに気づき、危険を示唆する視覚的な手がかりが強化されるかもしれない。目に見えない危険に対する恐怖が、私たちの行動を促し、マスクを着用させるのかもしれない。私たちは、周囲の物理的な現実と、自分が置かれている恐怖の心理状態の両方を受け入れなければならない。

「今、ここ」を理解し、ACTの原則で武装することで、私たちは恐怖を克服し、その瞬間に重要なことにコミットすることができる。私たちは、自分の行動がどの方向に導いてくれるのか、自問自答しなければならない。私たちには行動の選択肢があり、目標に到達したいのであれば、それに従って行動しなければならない。

もし私たちが自由から遠ざかるような行動を選べば、やがて私たちは自由を失い、専制政治に近づいていくだろう。もしわたしたちが、自由へと向かうような行動を選べば、わたしたちは自由へと一歩近づくことになるだろう。これらすべての行動の選択の累積的な効果は、その方向性によって、自由か専制かのどちらかになる。

以前、私たちがどのような解決策を追求するかについて説明した。これらを踏まえて、私たちはACTを使って、着実に自由に向かって進んでいくことができる。

この例を見てみよう。G3Pが中央銀行デジタル通貨(CBDC)を導入するつもりであることは知っている。疑似パンデミックは、現金の使用をさらに減らすようにと私たちをなだめ、CBDCモデルへと導くのに非常に役立っていることは偶然ではない。また、中央銀行がCBDCを帳簿上の負債として扱う予定であることも分かっている。つまり、中央銀行は自分たちのお金で負債をカバーする責任を負うことになる。したがって、CBDCが導入されると、中央銀行は文字通りすべてのお金を所有することになり、私たちにはお金が残らない。事実上、私たちはお金を持てなくなる。私たちは何も所有することができなくなる。

CBDCはプログラム可能な通貨となり、私たちの取引はすべて国の中央銀行によって監視され、管理されることになる。私たちはもはや、何を買うか、誰と取引するかを自由に選ぶことができなくなる。CBDCの世界は、100%世界通貨奴隷制にほかならない。

現金がなくなれば、CBDCの導入がより容易になる。したがって、もし自由が重要であるならば、現金を消滅させてはならない。むしろ、世界中の企業にとって現金が不可欠なものにする必要がある。

ACTを使って、買い物やその他の取引をするときはいつでも、自分の行動が自由に向かっているのか、それとも自由から遠ざかっているのか、自問自答しなければならない。現金を使うことは常に可能というわけではないが、自由に向かって行動したいのであれば、可能限りいつでもどこでも現金を使わなければ、ならない。現金の使用を拒否する店には、頻繁に行かないようにしよう。その代わり、現金が使える店を選ぼう。そうすることで、私たちはより自由に近づくことができる。

私たちの生活の多くの側面で、私たちは前例のない主流メディアの宣伝キャンペーンにさらされている。イギリスでテレビの受信料を払ったり、主流メディアの雑誌を印刷物やオンラインで買ったりすることは、私たちを自由から遠ざける行為なのである。この傾向を打ち消すために、私たちは、自由という目的にもっと適した他の行動オプションは何かを考えることができる。時事問題の最新情報が必要なときは、代替メディアの出版物を買うか、無料のオンライン・ニュース・ソースを利用することを選べばいい。独立したメディアを支援することを選択すれば、私たちは自由へと向かっていく。ついでに言うと、私たちはより良い情報を得ることができ、専制政治から遠ざかることができる。

もうひとつの自由への道は、どこでモノやサービスを買うかを決めるときにACTを使うことだ。もしあなたが、苦労して稼いだお金を多国籍のG3P企業に渡すとしたら、それはあなたを自由から遠ざけることになるのだろうか、それとも自由へと向かわせることになるのだろうか?もし前者なら、そんなことはしないことだ。その代わり、地元の商人や中小企業でお金を使おう。あるいは、可能な限り物々交換をし、商品やサービスを交換しよう。そうすることで、選択肢が維持・拡大され、自由への一歩となる。

G3Pのアジェンダは、すべての権威をグローバルなレベルで集中化することだ。権威の一元化は、私たちを自由から遠ざける。なので、グローバルな権威の命令には、単純に従わないようにしよう。もし逆らうことが可能であれば、常に原則的に逆らうことだ。そうすることで、私たちは自由へと向かい、専制政治から遠ざかるのである。

私たちが毎日行っている行動の選択には終わりがなく、それによって自由から遠ざかったり近づいたりすることがある。もし、私たちにとって自由が重要であり、「何が自分にとって重要か」に基づいた選択を粘り強く行うならば、私たちは自由に対する世界的な要求を作り出す手助けをすることになるだろう。もし私たちが十分な数でこれを行えば、需要は圧倒的なものになり、最終的に私たちは自由に生きることができるようになる。

G3Pの横暴がまかり通る今日、自由を優先する決断をすることは容易ではない。自由を守るために行動することは、単に流れに身を任せるよりもはるかに不便で、より多くの努力を必要とするだろう。しかし、その代わりとなるものは何だろうか?自己破壊的な行動に頼れば、ますます多くの専制政治に私たちを導くだけだ。.そうでなければならない。

結局のところ、すべてはあなたが何を信じているか、何があなたにとって重要であるかに帰結する。もしあなたが自由を大切にするならば、自由へと導く行動を積極的に選択しなければならない。

行動変容の原則に慣れれば、それを使うことはすぐに自然なことになる。最初は自分の行動を常にチェックするのが面倒に感じたり、イライラすることもあるかもしれないが、粘り強く続けてほしい。あっという間に、あなたは自分の行動をマスターし、自由への道を切り開くことができるようになる。

自由の原則に基づく社会だけでなく、私たち一人ひとりが自分の行動に個人的な責任を持てば社会を構築することができるのである。

参考文献

アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)によるうつ病の軽減。システマティックレビューとメタアナリシス

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31563072/

本研究では,ACTは対照群に比べ,特に成人群および軽症うつ病の3ヵ月後の追跡調査において,うつ病症状の軽減に有意な効果があることが示唆された。

アクセプタンス&コミットメント・セラピー:行動変容の統一モデルに向けて

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6502411/

現在では、ACTの成果に関する研究、ACTの基礎となる心理的柔軟性モデル(および受容、認知的脱力、今への柔軟な注意、超越的自己意識、価値観、献身的行動という主要な心理的変化過程)に関する研究、関係フレーム理論(この「文脈的行動科学」プログラム全体の基盤となる既存の行動科学および進化科学の原則に必要な象徴的学習の原則を加える人間の認知に関する分析1)などの研究 2000以上の研究分野に及ぶようになった。

現在、精神と行動の健康のほぼすべての主要な領域、および多くの社会的、娯楽的領域において、約33,000人の参加者を含む280以上のACTの無作為化比較試験(bit.ly/ACTRCTs参照)2,60以上の仲介研究、多数の要素研究3、研究プログラムによって定義されたすべてのプロセス領域における、暗黙的尺度から明白な行動尺度までの評価装置、10年にも及ぶ柔軟性プロセスの長期研究、5年にも及ぶフォローアップによる治療研究などが行われている。既存の研究基盤の約90%は、過去10年間に出現したものである。現在、この文献のメタアナリシスは40件あり、昨年だけでも11件が発表されている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました