3. 社会問題・政治・経済・思想ゴンザロ・リラロシア・ウクライナ戦争

ロシアがウクライナに侵攻して得たもの、そしてゼレンスキーが悪である理由

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

What Russia Wants From Its Invasion of Ukraine—and Why Zelensky Is Evil

Gonzalo Lira 0:01

さて、今日は2月26日(土)。そして、ロシアによるウクライナ侵攻の3日目です。

さて、アメリカの人々は、ロシアが侵攻していることに関して、何が起こっているのか理解していないようです。ロシアは失敗していると言っていますが、これは奇妙なコメントで、ロシアが失敗しているのは、ロシアがウクライナのインフラを破壊していないためです。

ロシアは抵抗するたびに前進し後退しているように見えると主張し続ける。多くのアメリカのコメンテーターは想像力の欠如で、ロシアがこの侵攻で何をしようとしているのか理解していないようです。

なぜなら、アメリカの戦争のやり方は、ある国に行って、すべてを破壊し、電力網、携帯電話塔、水道設備、すべてを破壊して、それから進攻することであり、それは戦争とはいえないからです。それは戦争ではなく、その国を完全に消滅させるための掃討作戦です。アメリカはこれをアフガニスタン、イラク、リビア、シリアで繰り返し行っていますし、シリアではそれを行おうとしています。

つまり、戦争のやり方としては、本当に卑しいというか、そうですね。しかし、ロシアは何をしているのでしょうか?ロシアは、ウクライナを破壊したいわけではないのか?そうです、彼らはウクライナを破壊したいわけではありません。彼らがしたいことは、無傷で捕獲することです。そして、彼らは民間人を傷つけたくないのです。なぜそうなる?民間人を傷つけると、敵を作ることになるからです。

そして、ウクライナを占領し、ウクライナの政治指導者を変え、ロシアの安全保障上の必要性に共感し、長期的な同盟者となる政治指導者を据えることを望んでいるのです。しかし、ウクライナの人々を遠ざけようとはしません。なぜなら、もしウクライナの人々を疎外すれば、いずれウクライナの人々はこの傀儡政権を打倒することになるからです。

ロシアは傀儡政権を築きたいのですが、そのようなふりをするつもりはありません。彼らは、ウクライナ国民が多かれ少なかれ関心をもたない傀儡政権を築きたいのです。

ウクライナ人の生活をあれほど惨めなものにした後で、傀儡政権を樹立したいとは思いません。だから、ウクライナを破壊したり、ウクライナ国民に危害を加えたりすることは望んでいないのです。もちろん、ウクライナを管理したいわけではありませんし、自分たちの負担になるようなことは望んでいません。

では、彼らは何をしているのでしょうか?彼らは急速に国全体を侵略しています。そして、誰もが、彼らの動きが非常に速いことを認めています。しかし、民間のインフラは攻撃していません。軍事目標だけを攻撃しているのです。

彼らは軍事目標を容赦なく攻撃していますが、常に一定の警戒態勢を敷いています。その理由はすぐに説明しますが、彼らは軍事目標を攻撃し民間人や民間インフラを避けているのです。そして、ある都市や目的地に行き、ウクライナ軍の抵抗、つまり深刻な抵抗に遭うと、停止して撤退します。

彼らは何をしているのでしょうか?包囲しているのです。それが彼らの戦略のすべてです。非常に単純なことです。地図を見れば、ロシア軍がやっていることは、主要都市に行くたびに、ここやハリコフ、そしてすぐにニプロに行くということがわかると思います。

そういう都市に行くと、ある程度抵抗を受けたら、撤退して、部隊が包囲し始めるようにするんです。それがキエフで採用されている戦略です。ハリコフでも同じ戦略です。彼らはこれらの都市を包囲しているのです。そして、完全に包囲したら、どうするのでしょう?それは……待つことです。都市を包囲したら、あとはひたすら待つだけ……やがて陥落します。

4:47

ロシア軍は計画的に主要都市をすべて包囲し、小さな町や村に出くわすと、ただ前進し、援護し、捕獲して移動します。 そして、前進を続けます。何らかの深刻な抵抗に会うと、彼らは停止し、引き下がる。で、輪になって。彼らが無傷で捕獲したいものの1つは、みんな気づいていないようですが、考えてみればとても当たり前のことなんです。

彼らはウクライナ軍を捕らえようとしているのです。そのため、何百人、何千人という死傷者が出るような大きな戦闘は起きていないのです。軽い小競り合いが続いているのです。どう考えても、ロシア軍はウクライナに忍び込んでいる。

 5:38

航空戦力に関する限り、ロシア軍は最初の3時間でウクライナの空をすべて一掃しました。ロシアはウクライナの空を支配しており、飛んでいる飛行機はすべてロシアのものです。しかし、彼らの軍隊に関する限り、これは第二次世界大戦ではなく、ロシア軍がモンゴル軍のいとこにキスしていたような第二次世界大戦でもない。

私が言っていることがわかりますか?現代のロシア軍は、ウクライナとウクライナ軍を無傷で占領することを目標としているのです。なぜなら、ロシアは、いったんウクライナを占領し、政治的指導者を変えたら、そのウクライナ国家とウクライナ国民とウクライナの土地を守り、世話をするための軍隊が必要になることを理解しているからです。

彼らはウクライナ軍を破壊したいわけではありません、それは可能だ。そうしたいのなら、すでにそうしているはずです。彼らはウクライナの上空を支配しているのです。

彼らの目標はウクライナを占領し、ウクライナ軍にできるだけ犠牲者を出さずに、ウクライナ軍を占領することです。だから、ウクライナの抵抗に遭うと、一貫して撤退を繰り返すのです。西側諸国では、これをロシアが弱体化していると解釈していますが、これはとても奇妙なことです。

ロシア軍は弱体化しているようなものではあります。ロシア軍は弱体化し、進軍速度が低下しているのです。つまり、それは別の問題で、すぐにでも説明したいと思います。つまり、ロシア軍はウクライナ軍を消滅させることができないので、とても弱いのです。

なぜなら、消滅はアメリカ人のやり方だからです。彼らは敵味方関係なく、道を横切るものはすべて抹殺する、彼らは本当に気にしません。でもロシアは気にします。だからウクライナ軍を消滅させることができるのにさせないんです。

私の友人、アレックス・クリストフォロです。デュランの素晴らしい番組で、彼は私が考えもしなかったことを指摘しましたが、それは非常に明白なことです。彼は、現在のウクライナの軍隊の指導者たち、ウクライナの将軍たちを見て、事実を指摘したのです。彼らはロシア軍の将軍たちと一緒に軍事大学に行っています。

彼らは18歳、19歳の下級生だった頃からの飲み仲間です。彼らはお互いを知っています。殺し合いはしないのでしょうか?もちろんだ つまり、18歳の時に飲み明かした仲間がいるんでしょう?そうでしょう?彼を殺したいか?

いや、どんなコンテストでも敵対する側かもしれないが、彼を傷つけたくはないでしょう?もちろん違う OBに怒られるかもしれないが でも、殺したくはないでしょう。ロシア軍はウクライナ軍を壊滅させたいとは思っていません。

彼らはすでにそれをすることができた。この3日間の戦闘で、一度はロシア軍がウクライナ上空を支配していました。ウクライナ軍を好きなようにできたはずです。

やろうと思えば、ウクライナの全住民を吹き飛ばし、全滅させることもできた。その気になれば、大規模な人道的危機を引き起こすこともできた。しかし、彼らは明らかにそうしません。なぜそう思うかって?なぜなら、彼らはそれをしなかったからです。この3日間、その機会がなかったのに、やっていないのです。

私はキエフのダウンタウンのホテルの部屋から、このくだらないビデオを撮っています。そしてそれをインターネットにアップロードするんですが、できると思いますか?仮にロシアが本気でウクライナを征服しようとしていて?彼らはそれを捕獲したいのです。

それを理解した上で、西側諸国の皆さんは、プーチンやロシア人が邪悪な反キリストのようなものだと思うように仕向けられていることを理解してください。ロシアがなぜ侵略しているのか、政治指導者たち、ボリス・ジョンソン、ジョー・バイデン、これらすべての人々は、もちろん理解して欲しくありません。安易に悪魔化することを望んでいるのです。

これはマーベルコミックの映画で、白い帽子と黒い帽子がいるんだと想像してほしいのです。良い人たち。悪い奴らがいる。そうです。俺たちは善人だから、悪人を殺さなければなりません。そう、とても単純です 。

しかし、ロシアはウクライナを傷つけたくない、その気になればウクライナを破壊していたでしょう。彼らはそうしない……一体で捕獲したいのです。ロシアの動機はこうだ、ああだと言っても、それはどうでもよくて、現実を見なければならないのです。

10:21

今行われています。私が本当に困っているのは、おそらくこれは、私がまだゼレンスキー政権下のウクライナにいる間に言うべき賢明なことではないのですが。ゼレンスキー政権は、人道的危機を引き起こすことに何の問題も感じていないのです。

実際、彼らは人道的危機を歓迎し、ウクライナ人の死体を見てみたいと思っています。私はそれを知っています。なぜ私が知っているかというと、レンスキー政権は、一般市民にAK-47をばらまいたからです。

私の理解では、彼らはすでに1万個のAK-47とそれに見合う弾薬を配っています。軍隊の経験がない人がこのような武器を持つと、周りの人や自分自身にとって非常に危険な存在になる可能性があります。銃の操作には訓練が必要で、自分が何をしているのかを知らなければなりません。

簡単にできることじゃないんです。いいですか?映画とは違うんだ とても危険なんだ 他人に危害を加える前に 自分に危害を加えるんだ 他人を傷つけると取り返しがつかないことになる 今、ゼレンスキー政権はこうした武器を配り、人々に火炎瓶の使い方を教え、火炎瓶の作り方を教え、それを自分たちのものとして使っています。

彼らは、国民にロシアとの戦争を煽り立てるつもりなのです。ロシアにはプロの兵士がいます。プロの兵士は武器を携帯し、その使い方も知っています。武装した人間を見たら、それが制服を着た人間であれ、AK-47を持ったただの民間人であれ AK-47を持った軍服の男であれ、ただの民間人であれ、武装した人間を見つけたら、そいつを撃つんです。

そうすればその民間人は死ぬでしょう。そうすれば、ゼレンスキーはヨーロッパの国やアメリカ、あるいはどこかの国を説得して、この戦争に参加させることができるでしょう。

そして、想像を絶するレベルまで事態をエスカレートさせる可能性があるのです。ゼレンスキー政権は、率直に言って、邪悪なことをやっています。民間人を煽って、信じられないほど危険で無責任なことをやるのは、邪悪だからです。ゼレンスキー政権は、重火器も民間人の居住区に置きました。

この重火器、榴弾砲やその他は、危険なものです。ロシア軍には、そうした重火器を破壊するあらゆる権利と義務があります。しかし、もちろん、そのような兵器を破壊しようとすると、兵器を狙ってもなかなか当たらず、兵器の周囲に当たることは避けられない。

したがって、もしこれらの兵器が集合住宅の真ん中にあれば、ロシア人が集合住宅を砲撃し、罪のない市民を殺すことになります。ゼレンスキー政権は、このような事態を招くために、まさに人口密集地のど真ん中に兵器を置いているのです。

そして、ゼレンスキー政権がやっていることをもうひとつお話ししましょう。彼らは、18歳から60歳までの男性を強制的に徴兵しています。彼らは国外に出ることを許さない。もし国外に出ようとすれば、逮捕されて強制的に徴兵され、ウクライナ軍に入れられます。

さて、その結果どうなったか。18歳から60歳までのすべての男性が、都市部から逃げ出しているのです。だから、難民が多いんです。ロシア軍が自分たちのアパートや家を砲撃して破壊すると本気で考えているわけではありません。逮捕されるのが怖くて、女性を強制的に徴兵しているんです。

そして若い子や老人は、18歳から60歳までの男たちをかくまわなければならないのです。ところで、これは私が個人的に知っている人たちの話ではないのですが、私が取引している人たちは、彼らと一緒に飲んだり、食事をしたり、取引をしたことがある人たちです。

彼らはウクライナ軍に強制的に押し込まれるのを恐れて帰国せざるを得ありませんでした。私のような中年のオヤジは、体型が崩れているのです。取引は得意ですが、リュックと武器を背負うのは苦手で、そういう経験は全くありません。

ウクライナ政府、ゼレンスキー政権がやっていることです。なぜそんなことをすると思いますか?まず第一に、自分が勝っていると思うなら、強制的に軍隊に徴兵することはないでしょう、そうでしょう?

15:23

もちろん、そんなことはありませというのが、その1、その2は強制的に徴兵することで、すべての男性を怖がらせ、都市から逃げ出す難民を自ら作り出してしまいます。彼らはロシア人を恐れているのではなく、自分たちを強制的に徴兵しようとするウクライナ政権を恐れているのです。

それが現状です。都市から逃げ出す人々のビデオ画像を見て、欧米の皆さんは、ああ、彼らはロシア人を恐れているのか、と思うことでしょう。いいえ、彼らはゼレンスキー政権を恐れているのです。

しかし、私は、武器の扱い方を知らない民間人に武器を配るという問題、これが最も卑劣なことだと言わざるを得ません。なぜなら、彼らは、何も知らない貧しい民間人に武器を持たせることを望んでいるからです。

武器が殉教者になるのです。ロシア兵が銃を持った市民を見たらどうすると思いますか?撃つでしょう。そして、その武器の持ち方すら知らない罪のない民間人が、何のために、何のために、不必要に死ぬことになるのです。

 16:44

私はそれを卑劣だと思うし、本当に邪悪だと思う。また、ゼレンスキー政権は素敵な写真撮影ができる。それが現状です。

そして、私が言っているメッセージが、親ロシアだとか、親プーチンだとか、お前はプーチンの手先だとか、便利屋だとか、バカだとか、そういうことを言いたいのなら、構わないが、私は気にしません。あなたの意見なんてどうでもいい。あなたが私のことをどう思おうが、知ったこっちゃありません。

私は真実を話すためにいます。そして、私はここにいます。私はキエフのダウンタウンで ロシアの侵攻を待ってます。だから私は自分が何を言っているのか理解しています。

このようなことは一切、今の主流メディアには出てきません。そうなのでしょうか?私がアメリカやヨーロッパの主流メディアに従わないから?なぜなら、それが嘘の塊であることを知っているからです。

しかし、おそらく私がこのビデオで言っていることを、あなたは聞いたこともないでしょう?そして、今あなたはそれを聞いていますよね?そして、あなたはなにか少し違うと思うでしょう? つまり、このチャンネルで、私はいつも愚かな馬鹿野郎に言っています。自分で考えろ、考えなさい、手に入る情報を見てみなさい。

そして、なぜ、そのようなことが起こっているのか、自問自答してください。それは恣意的なものではない。偶然でもない。人々は自分たちのしていることをよく考えています。ロシアは確かに、自分たちが何をしているのか考え抜きました。

私たちが望むことは、ゼレンスキー政権がヨーロッパとアメリカをこの戦争に巻き込ませることに失敗することです。そして、ゼレンスキー政権は崩壊するか、逃げ出すか、とにかくそうなることです。そして、ロシアは多くの人を傷つけることなく、ウクライナを一体化して手に入れることができる。それが、私たちが望む最善の方法です。

そうでなければ、国全体が破壊されます。何百万人もの人々が家を失い、何千人もの人々が、何百万人もの人々が殺されるでしょう。そして、それはイラクで起こったことと全く同じことです。第二のイラクにならないことを祈りましょう。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました