FBI関係者:ボルチモアの橋の崩落は、米国の重要インフラに対する「内部者攻撃」だった

ロシア・ウクライナ戦争

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

バイデン政権は、アメリカは攻撃を受けていないと主張し続けているが、ボルチモアのフランシス・スコット・キー橋の崩落は、選挙の年にアメリカの重要なインフラを狙った「見事な戦略的攻撃」であったことを複数の諜報員が確認している。

米国土安全保障省(DHS)国家作戦センターの未公表の報告書によると、コンテナ船は橋に衝突する前に「勢いを失った」という。しかし、現場で撮影された映像によれば、コンテナ船は意図的に構造物に衝突したようだ。

「これ(ボルチモアの橋の崩落)がテロ攻撃だという考えを捨てられるだろうか……それは絶対にできない」と、トランプ大統領の元国家安全保障顧問(退役中将)マイケル・フリンはアレックス・ジョーンズに語った。

フリンは、ボルチモア港の長さ1.6マイルの橋に突っ込んだコンテナ船を “ブラック・スワン “と呼んだ。

しかし、複数の情報筋が調査報道ジャーナリストのララ・ローガンに語ったところによると、これは米国の重要なインフラ(おそらくサイバーセキュリティ)に対する「まったく見事な戦略的攻撃」であり、情報機関はそれを知っているという。

情報戦という点では、テロリストたちは南北戦争のときと同じように、メイソン・ディクソン線に沿ってアメリカを分断したにすぎない。

この橋の2つの重要な構成要素は、海岸に最も近い両端にある2本の支柱だ。これらは他の何よりも大きく、太く、深い。これらはアンカーポイントであり、そのどちらかにぶつかれば、橋の完全性に取り返しのつかない損傷を与えることを彼らは知っていた。

橋の半分の1.6キロが川に流れ込み、新しく橋を架けなければならなくなった。また、下部コンクリート部分の構造的完全性にも大きなダメージを与えたため、瓦礫を解体するまでは見ることも認識することもできないだろう。構造的な損傷はおそらく絶対的なものでしょう。

攻撃は完璧に的を射ている。

この国で2番目に交通量の多い危険物輸送用の戦略道路は、現在4年から5年間閉鎖されている。この橋は、危険物(燃料、ディーゼル、プロパン、窒素、可燃物、化学物質、トンネルに入らない特大の荷物など)を輸送するために特別に建設されたもので、そのサプライチェーンが今、損なわれている。

“彼らは我々を打ち負かす方法を考え出した。米軍の歯牙にかからない限り、アメリカを引き裂くことができる。我々は傲慢で無知だ。オバマはアメリカを根本から変えると言ったが、その通りになった。私たちは今、自由落下のジェットコースターに乗っている。

映像によると、貨物船は航路の進入レーンに進入していない。このターンに入る前は、貫通水路に入っていたはずだ。

その場所は的確で配慮が行き届いていた。川がカーブしている場所を選び、そこでスピードを落として約束しなければならない。いったん足場を固めてしまうと、操縦するための十分なスペースはない。操船するハーバーパイロットがいるべきだった。ハーバーパイロットなしで障害物に挑むべきではありません。

潮の満ち引きが最大になる満月を選んだのだ。普段の日、この川は流れが速く、最近雨が多かったため、水はすでにかなりの勢いで流れていた。高速道路の下から支柱を叩き出すのに十分な運動エネルギーで衝突し、支柱は致命的に弱くなり、橋の50パーセントが水に落ちた。

そういう要素をすべて見るなら、そういう攻撃を走らせるためにどうトレーニングするかということであり、それを知っている人はシステムの中にほとんど残っていない。我々はジュニア・ヴァーシティ・チームをフィールドでプレーさせている。

タイトルとURLをコピーしました