ジョセフ・マコーラワクチンワクチンの安全性・有害事象

米国の平均寿命が再び減少、「歴史的」な減少に ジョセフ・マコーラー
mRNA COVIDワクチン3回よりも自然免疫の方があなたを守る

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

articles.mercola.com/sites/articles/archive/2022/09/14/us-life-expectancy-declines-again.aspx

要約

  • 最新の統計によると、米国の平均寿命は2020年と2021年に急激に低下した。2019年、すべての民族のアメリカ人の平均寿命は約79歳だった。2021年末には、平均寿命は76歳まで低下し、約3年のロスとなった
  • 平均寿命が10分の1、10分の2というわずかな減少であっても、人口レベルでは、本来あるべき姿よりも多くの人々が早死にすることを意味する。
  • アメリカ先住民やアラスカ先住民は、7人に1人が糖尿病に罹患しており、肥満も多い。この2つの疾患は、重篤なCOVID-19感染症にかかりやすくする併存疾患であることが確認されている。
  • COVID以外の死因としては、事故死、薬物の過剰摂取、心臓病、慢性肝疾患、肝硬変などが挙げられ、平均寿命が短くなる要因となっている。しかし、すべての死因による過剰死亡は、年齢層を問わず、乱高下している。
  • パンデミックの開始以来、平均寿命が3年低下したことは、COVIDの主要な「治療薬」である実験的なmRNA COVIDワクチンが、医学史上最も致死率の高い薬物であるという単純な事実で説明できる。

ニューヨーク・タイムズ紙1が2022年8月31日に報じた最新の統計によると、米国の平均寿命は2020年と2021年に急激に低下した。2019年、すべての民族のアメリカ人の平均寿命は約79歳だった。COVIDパンデミックから2年、大量接種キャンペーンから丸1年が経過した2021年末には、平均寿命は76歳まで低下し、約3年のロスとなった。

平均寿命が10分の1や10分の2という小さな減少であっても、人口レベルでは、本当にそうあるべき人よりも多くの人が早死にしていることになる。しかも、これが3年近く、35倍にもなっている。

平均寿命が短くなった原因は?

ニューヨーク・タイムズ紙によると、ネイティブアメリカンとアラスカ先住民は、民族の中で最も糖尿病の割合が高く、7人に1人であり、肥満も多いそうである。この2つの疾患はいずれも重篤なCOVID-19感染症にかかりやすくなる併存疾患として確認されており、2020年にネイティブアメリカンとアラスカ先住民の平均寿命が4年短くなった理由の一端を説明できるかもしれない。

しかし、それらは必ずしも2021年の平均寿命の継続的な低下を説明するものではない。連邦インディアン保健サービス機関の元糖尿病治療・予防部長であるミネソタ・チペワ族メンバーのアン・ブロック博士によると、COVIDワクチンキャンペーンはネイティブアメリカンとアラスカ先住民の間で非常に成功し、それが2021年の間に下がり続けることを”より一層動揺させる”ことになった。

BullockはNew York Times紙2に対して、「ネイティブアメリカンの人々はワクチン接種の取り組みでかなりうまくいったので、2021年は2020年ほどの壊滅的な打撃はないと感じさせられた 」と語っている。

COVID以外に、この寿命の喪失の一因として挙げられる死因は、事故死、薬物の過剰摂取、心臓病、慢性肝疾患、肝硬変などである。予想通り、COVID注射が関係しているかもしれないという考えは、部屋の中の象のようなものであるにもかかわらず、完全に否定された。

死亡交通事故が20年ぶりの高水準に

特に「事故死」の増加は、多くのロックダウンを考えると奇妙に思えるが、これにもCOVIDワクチンが関係している可能性がある。米国高速道路交通安全局 (NHTSA)によると、2021年から2022年にかけて交通事故の致死率は着実に上昇しており3、2022年の第1四半期には20年ぶりの高水準に達している。

運転中に突然、脳卒中や心臓発作、一時的な停電に見舞われる事故を「ワクシンデント」と呼ぶ人もいる。

ワクチンによる副作用がこれらの事故を引き起こしていることを証明することはできないが、それでも検討する価値はある。ワクチンはまた、精神的な霧、見当識障害、混乱を引き起こすことが知られており、これは、道路上や道路外でのあらゆる事故の一因となる可能性がある。

「突然死症候群」が寿命を縮めている可能性

平均寿命とは別の統計である過剰死亡率が関係していることは確かである。過剰死亡率とは、ある期間に観測された(すべての原因による)死亡数と、過去5年間の平均値など過去の規範に基づく予想死亡数との差のことである。(計算式:報告された死亡数-予想された死亡数=超過死亡数)。

パンデミックの発生以来、世界中で過剰死亡率が劇的に上昇し、健康な成人が原因不明のまま突然死亡する日がほとんどなくなった。生放送中、スピーチ中、食事中などに死亡するケースもある。

明らかに、仕事やイベントやレストランに行くのに十分な体調だったのに、何かのきっかけで前触れもなく一瞬にして死んでしまう。この過労死の統計を作っているのは、この人たちである。死んではいけないのに、何かが彼らを連れ去ってしまった。

2020年にはCOVID陽性死亡は一部だったが、COVIDワクチンの展開後、超過死亡が本格化し、2021年にはCOVID死亡と表示された死亡を大きく上回った。4

上のビデオでは、看護師を退職したジョン・キャンベルがスコットランドの超過死亡データを検証している。現在、超過死亡率はすべての年齢層で非常に高く、政府は原因究明のための正式な調査を開始した。5データによると、超過死亡率は5年平均を11%上回っており、過去26週間は平均を上回る状態が続いている。

健康なアスリートが過去最多の死者数を記録

キャンベル博士は、スコットランドのMTB XC選手権で優勝したわずか数日後に睡眠中に死亡した37歳のチャンピオン・マウンテンバイカー、ロブ・ワーデルのケースも検証している6。6彼のパートナーであるケイティ・アーチボルドは次のようにツイートしている7

これが現実なら、あんなに健康で幸せだった彼がなぜ今になって拉致されたのか、いまだに理解できない。私たちがベッドに横たわっているとき、彼は心停止に陥った。私は何度も助けようとし、救急隊員も数分で到着したが、彼の心臓は停止し、彼を戻すことはできなかった。

ウォーデルは、世界中で突然死した数百人のアスリートの一人に過ぎないが、共通しているのは、全員が1回以上のコビッドワクチンを受けていたことである。

2021年1月から2022年8月(19カ月間)の間に、少なくとも1,249人のアスリートがコビッド注入後に心停止または虚脱を起こし、少なくとも847人が死亡し8、さらに報告があれば記録される。歴史的に見ると、スポーツ選手の突然死の年間平均は299~69人であり10、「ファクトチェッカー」が何と言おうと、これは明らかに正常な状態には程遠いものである。

キャンベルはさらに、European Journal of Preventive Cardiologyに掲載された論文11,12を検討し、急死したアスリートの80%は心臓病の家族歴の症状がないと指摘している。

著者らは、心臓突然死の危険性のあるアスリートを特定するために遺伝子検査を利用することを提案している。しかし、スポーツ選手の突然死が劇的に増加している現在、そのような死を診断されていない既存の心臓病のせいとするのは、不合理極まりないように思われる。

米国における過労死の傾向

2022年5月中旬に発表された米国国立衛生研究所のプレプリント13は、2020年3月から2021年12月までの米国内の3,127の郡における過剰全死因死亡率についてレビューしている。この論文によると

2020年と2021年の間に推定936,911人の超過死亡が発生し、そのうち171,168人(18.3%)が死亡診断書でCOVID-19を基礎死因として割り当てられていない …

COVID-19に割り当てられた超過死亡の割合は、2021年(87.0%)よりも2020年(76.3%)の方が低く、パンデミックの後半に超過死亡のより大きな割合がCOVID-19に割り当てられたことが示唆された。しかし、農村部や南東部,南西部では、2021年になっても過剰死亡の大きな割合がCOVID-19に割り当てられなかった …

超過死亡率は、2020年にミシシッピ州(人口10万人あたり301人)が最も高く、次いでアリゾナ州(人口10万人あたり246人)、2021年にはウエストバージニア州(人口10万人あたり298人)が続き、ミシシッピ州(人口10万人あたり271人)となっている。

繰り返すが、過剰死亡の大部分はCOVIDに起因するものだが(これは単に死亡時または死亡後一定期間内にPCR検査が陽性であったことを意味する)、171,168人の過剰死亡はCOVIDに起因するものではない。では、なぜ「そうでない」はずの人がこれほど多く死んだのだろうか?

現役世代の死が記録的な数に

生命保険のデータは、さらに恐ろしいことを物語っている。2022年1月、インディアナポリスに本社を置く相互生命保険会社ワンアメリカは、2021年第3四半期の労働年齢のアメリカ人(18歳から64歳)の死亡率が、流行前のレベルより40%高くなったと報告した–これらの死亡はCOVIDに起因するものではなかったという。また、長期障害者の請求も増加したそうである。CEOのScott Davidsonによると:14

今、私たちは、この事業の歴史の中で、最も高い死亡率を目の当たりにしている。そのデータは、この事業のすべてのプレーヤーで一貫している。

第3四半期だけでなく、第4四半期もそうであるが、パンデミック前に比べて死亡率が40%も上昇している。この数字がどのくらい悪いかというと、3シグマや200年に1度の大災害であれば、パンデミック前に比べて10%増となる。つまり、40%というのは前代未聞だ。

ロバート・マローン博士は、Substackの記事でOneAmericaの知見を取り上げ、次のように述べている15

少なくとも、私が読んだ限りでは、もしこの報告書が生命保険数理人というドライな世界の他の人々によって確認されれば、私たちは大きな人間的悲劇と、この「サービス」にお金を払っている市民に奉仕し保護するための米国政府と米国保健省のシステムの重大な公共政策の失敗の両方を経験したと結論づけなければならない。

もしこれが本当なら、積極的に推進された遺伝子ワクチンは失敗し、命を救う薬による早期治療を阻む連邦政府の明確なキャンペーンは、回避可能な大量の生命の損失に寄与していることになる。

最悪の場合、この報告書は、連邦政府の職場におけるワクチン接種の義務付けが、人類に対する真の犯罪と思われるものを引き起こしたことを示唆している。一般集団に比べて高い頻度で有毒なワクチンを受け入れざるを得なかった(と思われる)労働者の生命が大量に失われた。….

イングランドとウェールズにおける超過死亡の傾向

イングランドとウェールズでも超過死亡が急増している。16テレグラフ紙17が2022年8月18日に報じたように、イングランドとウェールズでは過去15週間のうち14週間、COVID以外の死亡数が7年間の平均を1週間あたり1000人上回っており、在宅死の割合が予想より不釣り合いに高い(統計上の標準より28.1%高い)。

The Telegraphによると、2022年4月末頃から超過死亡の急増が非常に顕著になり、このままでは2022年にはCOVID以外の超過死亡がCOVIDの死亡を上回ることになるという。現在、イングランドとウェールズにおける非COVID死亡原因のトップ3は、心血管疾患、糖尿病、がんである。18

2022年に平均を下回る死亡数

キャンベル博士は、重要な点を強調する英国国家統計局のデータ19も検証している。通常の状況であれば2022年に老衰や自然死で亡くなるはずだった人が、2020年か2021年にすでにCOVIDで亡くなっている。

COVID(と国が強制した患者への虐待)は、たとえ数ヶ月あるいは数年の差であっても、多くの人の早死を引き起こした。そして、統計的に今年死ぬはずだった多くの高齢者がすでに死んでいたので、2022年の超過死亡率は実際には平均より低くなるはずだ。しかし、そうではない。明らかに何かが間違っている。

あと何十年も寿命があるはずの人が死んでいる。一例を挙げると、ギリシャでは “健康な子供や青年の間で前例のない突然死が相次いでいる20。「法医学専門家はこれに対して明確な説明をすることができない」2020年1月から2022年6月の間に、19歳以下の子どもの原因不明の死は70人から138人に増加した。

何が健康な若者を殺しているのか?

COVID-19は若くて健康な人々を殺さないのだから、何がそうさせるのでだろうか?2021年には何が変わり、人々の健康に壊滅的な影響を及ぼす可能性があるのだろうか?最も明白な変化は、世界人口の67.7%が実験的なCOVID注射を少なくとも1回は受けていることである21。そして医師と科学者は、こうした遺伝子導入技術が傷害や殺傷を引き起こす可能性のあるメカニズムをいくつか解明している。ワクチンの安全性に関するブロガーであるスティーブ・キルシュが報告しているように22

「通常、死亡率はまったく変わらない。非常に安定している。このような大きな影響を与えるには、何か非常に大きなことが必要だ。効果の大きさは12シグマである。23これは、28億3,200万年に一度、純粋に偶然にしか起こらない出来事である。これは非常に稀なことだ。基本的にありえないことだ。

宇宙の年齢はわずか140億年であり、1.413である。つまり、起こった出来事は、統計的な「まぐれ」ではない。何かが非常に大きな変化を引き起こしたのだ・・・。その原因が何であれ、それはCOVIDよりも大きく、致命的であり、ほぼすべての人に影響を与えている。

キルシュは、この致命的な「何か」が何であるかについて、次のような14の手がかりを挙げている:24

  • 死亡者数の増加は、COVIDワクチンの展開後に始まった
  • 死亡しているのは主に労働年齢層(18歳から64歳)である。
  • 歴史上かつてないほど多くの過剰死亡があり、これは新しい脅威によるものであることを示唆している。
  • COVIDによる死亡は著しく減少しているため、COVID-19は除外される。人々は様々な原因で死んでいるのでほとんどの病原体は除外できる。
  • このような高い効果を得るには、致死的な病原体が大量の人々に影響を与える必要がある。「少なくとも人口の半分に影響を与える新しい何かである」とキルシュは書いている、「例えば、新しい強制的なワクチンのように」
  • 障害者の激増は、この新しい脅威によって殺されなかった多くの人々が、重傷であり、しばしば長期に及ぶことを示唆している。前述のように、医師と科学者は、コビッド・ショットが傷害を負わせたり殺したりする作用機序をいくつか詳述している。

結論として、パンデミック開始以来、平均寿命が3年短くなったことは、COVIDの主要な「治療薬」である実験用mRNA COVIDワクチンが、医学史上最も致死率の高い薬であるという単純な事実で説明できる。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました