医療・製薬会社の腐敗研究方法・科学全般

放置された科学(Undone Science) | 研究課題設定に対する社会運動と市民社会の挑戦を描く
Undone Science: Charting Social Movement and Civil Society Challenges to Research Agenda Setting

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7041968/

Sci Technol Human Values.2010 Jul 1; 35(4):444-473.

2009年10月27日オンライン公開。doi: 10.1177/0162243909345836

Scott Frickel,1 Sahra Gibbon,2 Jeff Howard,3 Joanna Kempner,4 Gwen Ottinger,5andDavid J. Hess6

概要

「放置された科学」(undone science)とは、資金がない、不完全である、あるいは一般的に無視されているが、社会運動や市民社会組織がしばしばもっと研究を進める価値があると認識する研究分野のことである。

本研究では、研究課題の政治的構築に関連する「放置された」(Undone)の概念をさらに詳しく説明するために、4つの最近の研究を動員した。これらの事例を用いながら、「放置された科学」は、より広範な知識の政治の一部であり、そこでは複数のグループが代替的な研究課題の構築と実施をめぐって争うという議論を展開する。

全体として、本研究は、国家、産業、社会運動という制度的マトリックスにおける知識の体系的非生産についての理解を深めるために、「放置された科学」という概念の分析的可能性を示している。

キーワード  放置された科学、研究アジェンダ、社会運動、環境衛生、科学政策

はじめに

1980 年代以降、現代の大学は、公的資金による研究から、民間資金、技術移転、経済的競争力の重視へと多様化が進んでいることがよく知られている (例:;)。これに呼応して、科学技術研究 (STS)も多様化し、科学研究分野の形成や技術設計の選択における国家、産業、社会運動などの制度外要因の役割に再び注目が集まっている;,)。この「新しい科学の政治社会学」がSTSにもたらす変化のなかには、知識や技術がどのように構築されるかというミクロ社会学的な説 明から、科学的知識や科学政策の政治的・制度 的構成というメゾ社会学・マクロ社会学への注目という転換がある。ここでは、技術科学における分配の不平等と、権力、資源へのアクセス、組織間の関係、ルール作りのための手続きなどの公式・非公式な表出が、勝者と同様に敗者を生み出し、制度の停滞と変化の両方を説明する方法に分析的関心が向けられている。例えば、なぜ科学は、あるグループには他のグループよりも頻繁に配当があるのか?科学研究や技術設計の選択において、ある特定の分野が選ばれ、他の分野が軽視されるのはなぜか。つまり、社会運動やその他の市民社会組織によって特定され、幅広い社会的利益をもたらす可能性がありながら、資金が提供されず、不完全で、一般的に無視されている研究分野である。

この論文では、「放置された科学」という概念を精緻化し、研究の優先順位と科学的無知の問題に対する政治社会学的アプローチという、より一般的なプロジェクトを推進するために、最近の4つの研究をまとめている。4つの研究のうち3つは、塩素系化学物質の代替品開発、大気モニタリング装置の代替による大気汚染への有害物質の暴露の理解、そしてがんの環境病因論という、環境科学・技術の分野に関わるものである。4番目の研究は、禁断の知識について幅広い学問分野の科学者にインタビューしたものである。これらの研究を総合すると、研究課題の問題や、知識と無知の構築というより一般的な問題に政治社会学的な視点を提供することで、新しい科学の政治社会学を拡張し深化させる、「放置された科学」の分析的可能性を示している。私たちはまず、既存文献の簡単なレビューから始める。私たちの議論は、ケーススタディーが放置された科学について明らかにし、ひいては将来の研究の指針となるような、基本的な輪郭を強調する。

1.背景

放置された科学という概念は、科学の政治社会学に特徴的な政府、産業、社会運動の制度的マトリックスにおける知識の体系的な非生産性を位置づけるものである。具体的には、)は、社会運動やその他の市民社会組織が、産業界や政治界のエリートに立ち向かうために必要な知的資源を動員するのに役立つはずの知識の不在を問題視している。この組織は、挑戦する組織の立場から、一般社会や環境、あるいは歴史的に力を持たない集団にとって、広く有益でない政策を支持している(;)。エリートが公的資金源と私的資金源の両方のアジェンダを設定し、科学研究はますます複雑化し、技術が満載で、費用がかかるため、知識生産が特権的集団の文化的前提や物質的利益に依存する組織的傾向が存在する。しかし、それはあくまでも傾向でしかない。資金源の多様性、エリート間の分裂、社会運動組織間の差異、科学分野の限定的かつ部分的な自律性)、一部の研究プロジェクトが学外資金なしに完了する可能性によって生まれる機会を考えれば、たとえ研究がエリートの利益と相反する場合でも、研究課題に関する社会運動の視点を支援する研究の余地はある程度あるのである。とはいえ、研究分野自体が支配的ネットワークと非支配的ネットワークの間のアゴニスティックな関係によって構成されているため、「放置された科学」が完成したとしても、その知識がスティグマ化し、それを生み出す科学者の信用と地位が低下する可能性がある)。

現代における「放置された科学」の議論には、さまざまな先例がある。マルクスが主流派経済学の前提を批判し、その領域における代替案の枠組みを構築したという点で、ある意味で、マルクスによる政治経済学への批判とマルクス主義政治経済学という代替研究分野の開拓は、「放置された科学」の初期の探求であったと言える)。同じように、フェミニスト研究と多文化科学研究は、科学におけるジェンダー、人種、および関連する問題への配慮が組織的に欠如していることを強調してきた。フェミニスト研究はまた、ジェンダーを含んだ前提がいかに研究プログラムの開発を形成しているかを説明し、マルクス主義の研究と同様に、代替的な研究の枠組みやプログラムを提案してきた (例:;;)。

歴史的な研究は、放置された科学を完成させるための制度的制約を浮き彫りにしている。新しい科学の政治社会学と特に関連性があるのは、学問分野全体や研究プログラムの輪郭が、軍や産業界の資金調達の優先順位によっていかに形成されてきたか、その結果、あるサブフィールドはつるに残され、他のサブフィールドは政府や産業の資金源によってうまく管理されてきたかという研究である (例えば、;;)。また、歴史家などは、知的抑圧の力学や、ある研究領域、通常は強力な産業界の利益に挑戦するような研究を避けるための意図的な政策決定について、詳細な調査を提供している;;)。無知の社会的生産、あるいは一部の歴史家が「アグロノロジー」)と呼ぶものに関する新たな文献では、特に関連性の高い追加的研究が、世論と科学的意見の対立を生み出すための反対研究への産業界の資金提供)、機密情報や企業秘密の生産によって知識を見えなくする政府と産業の役割)、化学物質曝露集団の無感受性問題)であると検証している。

機能主義や構成主義の科学社会学も、主に無知と不確実性の認識論的地位の議論を通じて、放置された科学の理解に間接的に寄与してきた。「特定された無知」を、さらなる調査に値するトピックについて研究者が持っている知識として特定した。また、、理論的なコミットメント、あるいはクーンが「パラダイム」と呼ぶものが、科学者による特定の無知のある領域を研究する価値のないものとして特徴づける決定をもたらしうることを指摘している。科学的知識の社会学はまた、科学分野内およびより広い公的な場での論争の生成と解決における不確実性と解釈の柔軟性の役割も検討した (例えば、,)。また、リスク評価や統計解析の批判的分析において、STS研究者は、標準的なリスク評価手法の地平では考慮されない、より広範な形態の無知がもたらす予期せぬ結果を明らかにしてきた;)。社会学者はまた 2000年の米大統領選の投票用紙を正確に数えることは不可能だと主張されたときに起こったような「知ることのできないもの」の生成)や、ハリケーン・カトリーナ後のニューオーリンズにおける米国環境保護庁 (EPA)の環境試験プログラムが意図しない結果をもたらした「規制の知識格差」(;)についても考察してきた。, 2009)は、無知の一般社会学に基づき、科学的無知のさまざまな形態を区別している。無知とは、追求する価値があると考えられる既知の未知、否定的知識とは、危険で追求する価値がないと考えられる知識、「ネシアンス」とは、未知の未知であるがゆえに驚きをもたらす前提となっている無知という形態がこれにあたる。1グロス氏の言葉を借りれば、放置されたは、社会運動の視点から見れば非知識の一種であるが、一部の研究コミュニティやエリートの視点から見れば、負の知識として捉えられるかもしれない。

本研究では、「放置された科学」の概念をより詳細に描き出すために、4つの研究プロジェクトをまとめた。この4つの研究は、主に半構造化インタビューや参与観察に基づいており、研究の探索的性質や、現段階では「放置」の科学の次元や特徴を理解する必要性から、適切な方法論的選択であると言える。以下のセクションでは、独自に設計されたこれら4つの研究プロジェクトが、「放置された科学」の現象に遭遇した様相を要約している。社会運動やその他の市民社会組織は、産業汚染物質への曝露に伴う健康・環境リスクに関する研究の不足にしばしば遭遇してきたため、ここで検討した事例のうち3つが健康・環境科学に焦点を当てていることは驚くには当たらない。本研究では、様々な科学研究分野にわたる一般化可能性の問題を解決することはできない。私たちの目的は、放置された科学をマッピングし、探求するという予備的なものである。

2.規制のパラダイム、ダイアド、そしてできないこと

ハワードの「塩素の夕日」論争に関する研究は、インタビューと文書分析に基づいている。米国とカナダの連邦規制機関のスタッフ、国際合同委員会 (IJC)のスタッフ、五大湖科学諮問委員会のメンバー、非政府組織 (NGO)のスタッフまたは関係者、産業生態学やグリーンケミストリーの学界または政府関係者、産学の工業化学者と、平均1時間に及ぶ27回の半構造化インタビューを実施した。また、多くの記録は、フォローアップ通信による追加情報で補完された。分析対象は、(1)NGO、化学業界、連邦政府機関が発行する報告書、プレスリリース、ウェブ文書、その他の資料、(2)新聞、一般誌、業界誌の記事と解説、(3)学術論文集や査読付き学術誌の研究記事と解説、(4)主要関係者の著書、(5)議会での証言録などである。

工業化学の主要分野の一つをめぐる、あまり研究されていない論争が、科学が過去のものとなった顕著な例であり、競合する規制のパラダイム間の対立を構造化する役割を果たすことを物語っている。この論争の中心は、大規模な化学物質の製造と汚染が行われ、科学者が、残留性で有毒な工業用塩素系汚染物質が野生生物や人間に脅威を与えることを立証し、この脅威に対して大規模な市民活動が行われ、準政府的な諮問機関がこの懸念に取り組む上で指導的役割を果たした五大湖周辺にある)。多くの環境・健康擁護者が、基礎的な毒性学と塩素系合成化学物質 (DDTやPCBなど)に関する長い歴史的経験の両方に基づいて、何千種類もの物質全体を暫定的に危険と推定し、それに応じて化学産業は塩素の主要用途から手を引くべきだと主張してきた,;; see)。ここでは、「塩素の日没」の提案によって引き起こされた議論における、放置された科学の特徴と機能について簡単に考察している。

塩素の日照り論争では、リスクと予防という2つの対照的な規制パラダイムの対立を軸に展開されている;)。強力な化学産業は、米国とカナダの環境規制体制と共進化し、それを支持し、支持されている。この体制では、化学産業の意思決定は、詳細なリスク計算によって個々の化学物質が指摘される程度にしか制限されない。一方、過激な環境NGOとして知られるグリーンピースや、著名ではあるが限界にある二国間諮問組織IJCは、予防原則に基づく規制体制を主張し(参照)、彼らの見解では、工業化学物質全体に対する政府の行動を正当化するものであった。支配的なパラダイムは、分析の単位を個々の物質と仮定し、有害性を証明する責任を公衆に負わせる。対照的に、挑戦的なパラダイムは、分析の主要単位を物質のクラス全体とし、証明責任を企業関係者に負わせることを許容、要求さえしている。このような政治的・認識論的対立のマトリックスの中で、「放置された科学」の政治経済学と政治社会学は、一連の3つのダイアドを中心に展開されると見ることができる。各パラダイムは、「実行された科学」と「放置された科学」の並列的定式化を示唆している。この3つのダイアドを表1にまとめた。

表1 ドミナント・パラダイムとチャレンジャー・パラダイムにおける「実行した」「放置された」「実行できない」塩素の科学のダイアド

レギュラトリーパラダイム 何が実行したのか、またはされるのか? 何が放置されたのか?
リスク(支配的) 安全でない塩素系化学物質のアドホックな特定(政府の役割の明確化) 安全でない塩素系化学物質の体系的な特定(行政の暗黙の役割)
塩素系薬品の計画的な開発(産業界の役割の明確化) 非塩素系代替品の計画的な開発(政府の暗黙の役割)
Precaution (challenger) Systematic development of nonchlorine alternatives (explicit role for industry) Ad hoc identification of essential and safe chlorine chemicals (explicit role for industry)

Open in a separate window

健康影響研究の文脈では、1つの二項対立が見られる。リスクパラダイムで動く産業界と連邦政府関係者は、政府が実施または義務づける健康影響研究の正当な目的は、安全に製造・使用できない個々の塩素系化学物質をその場しのぎで特定することだと考えている。このパラダイムでは、塩素化学そのものは根本的な疑問の対象とはならず、公共科学の役割は、有害であることが決定的に証明できる奇妙な物質を記録し、それに基づいて制限することに限られると考えられている。塩素化学協議会のブラッド・リエンハート氏は、「私たちは何度も何度も、それが環境中でどのような作用を及ぼすかについて結論を出すには、それぞれの製品の物理的・化学的特性を見なければならないと主張してきた」と述べている。そうでなければ、「非科学、あるいはナンセンスを科学にする」ことになる(, 50より引用)。

1990年代初頭から、「サンセット」推進派は、「パンドラの毒」と呼ばれる一連の塩素系物質が、有害な影響が立証される前に環境や人体組織に侵入するのを食い止めることは、こうした研究からは不可能だと盛んに主張してきた。何万、何十万という塩素系工業物質、副産物、分解生成物の中から安全でない化学物質を体系的に特定する科学は、リスクパラダイムが提供すると思われがちだが、その膨大さゆえに不可能である、と彼らは主張している。安全でない塩素系化学物質を特定するための政府の取り組みは、まさにその場しのぎであり、有意義な意味での体系化ができないからだ。この観点から見ると、この科学は実行不可能である。とIJCは主張した。

これらの化合物は、せいぜい生態系の健全性を維持するための異物であり、おそらくは残留性が高く、有毒で健康に有害であることを示す証拠が増えつつある。それらは、証明された難分解性の有毒物質と一緒に生成される。実際には、これらの様々な化合物の混合や正確な性質は、生産工程で正確に予測したり制御したりすることはできない。したがって、これらの物質を一連の孤立した個々の化学物質としてではなく、一つのクラスとして扱うことが賢明であり、賢明であり、実際に必要である。, 29)

第二の二項対立は、リスクパラダイムのイノベーションに対するスタンスに現れている。産業界は塩素化学の発展を系統的に追求し、塩素系化学物質を開発し、その市場を拡大してきた。一方、塩素予防の提唱者は、非塩素系代替物質を系統的に開発する必要性を指摘してきた。これは、リスクパラダイムが、今日、より広範な非塩素系化学物質やプロセスの利用を可能にし得たであろう歴史的な研究開発の軌跡を長い間放置してきたことが、一因となっている。サンセットの主要な提唱者;参照)が提示した歴史的分析の意味するところは、過去一世紀の間に、塩素化学の技術的、経済的、政治的な勢いが、産業界の研究開発課題全体をある程度塩素側に傾け、塩素以外の代替物質から遠ざけてしまったということである。つまり、塩素を前提とした研究開発が長く続いたために、塩素以外の化学物質やプロセスが存在する可能性があり、それが「放置された科学」となっている。この点については、委員会の日没勧告を支持しなかったIJCの情報提供者も認めているようだ。「グローバルな社会で、塩素を使わないライフスタイルを送れないわけがない。私たちはある意味、過去の虜になっている」。

自由放任主義のリスクパラダイムでは、このような研究開発は産業界が行う必要はなく、どのような機関や組織が行うかは暗黙のうちに委ねられている。技術的にも経済的にも塩素化学は避けられないという強固な観念を持つ業界の立場からすれば、このような研究開発を行う動機は、ある種のイデオロギー的フェチズムとしか考えられない (例えば、参照)。それは「産業革命以前のエデンに戻ろうとするベールに包まれた試み」であると、ある業界支持者は示唆した)。重要なのは、このような課題はこれまでも現在も技術的に実現可能であるにもかかわらず、このプロジェクトに専念する技術科学者の集団が存在しないことと、この取り組みを維持するための財源がないことが、このような研究の足かせになっていることである。

挑戦者である予防的パラダイムには、支配的パラダイムのダイダムの価値観や優先順位に真っ向から対抗する第三のダイダムが存在する。予防論者の主張する非塩素系代替物質を体系的に開発するための研究の必要性(ここでは公衆の責任ではなく、産業界の責任と見なされる)と対になっているのは、特定の塩素系化学物質(または化学プロセス)が不可欠(すなわち代替不可能)であり、(まだ示されていない何らかの基準で)重大な環境危険をもたらさない方法で製造・使用できることを立証する責任を産業界が負うべきだという明確な主張である。産業界がこの後者の取り組みを行う動機は、もちろん利益であろう。そして、評価すべき物質の数がかなり限られているため、技術的に実現可能であると同時に、業界の相当な資金と技術的資源を考えれば、手頃な価格であると思われる。

塩素のサンセット論争は現在、事実上休眠状態にある。産業界の激しい抵抗と米国・カナダ政府の強硬姿勢に直面し、IJCとグリーンピースは1990年代半ばにサンセット勧告の推進を停止した)。2000 年に出版されたソーントンの著書は、この議論を再び呼び起こし(重要な意味で)深化させたが、その効果はわずかなものであった。サンセットの提案は、北米のどのレベルにおいても、目に見える形で政策を転換させるには至らなかった。2001年に調印された残留性有機汚染物質に関する主要な国際条約は、活動家にとって重要な勝利となったが、塩素に関する議論が長引き、未解決であることを浮き彫りにした。この条約で段階的削減が求められた12物質はすべて塩素化化合物で、それぞれが明確で十分に立証された特徴に基づいて対象とされた。一方、あまり研究されていない数千の塩素系化学物質や塩素化学全体は、依然として規制されていない。

塩素の日没論争の分析は、規制体制が研究の優先順位の構築と明示にどのような影響を及ぼすかを示している。この場合、リスクパラダイムと予防パラダイムの提唱者は、規制当局の適切な分析単位と適切な立証責任に関する競合する理解に基づいて、科学に関する競合する概念化を推進し、その両方が未完成であることを示した。より具体的には、このような論争における「実行された科学」と「放置された科学」は、ダイアド対で発生すると理解でき、挑戦者の言説の主要な役割は、支配的パラダイム内のダイアドの暗黙の「放置された部分」を可視化して明示することであることが示唆される。また、この分析によって、技術科学論争における「実行できない科学」(undoable science)という重要なカテゴリーが明らかになり、規制体制がいかに「実行できない科学」の特定を制約しているかについての理解も深まる。ここでは、リスクパラダイムに対する予防論者の批判を詳細に検討することで、従来の規制構造が、十分な資源と技術的手段がない体系的研究という形で、「実行できない科学」を覆い隠してしまうプロセスを明らかにする。

3.放置された科学に対する解決策およびその源としての標準規格

Ottingerは、環境上の健康被害に関する知識を得るための戦略として、コミュニティを基盤とした空気モニタリングに関する研究を行っており、主に2つの環境正義NGOにおける参加型観察に基づいている。カリフォルニア州オークランドのCommunities for a Better Environment (CBE)と、ルイジアナ州ニューオーリンズのLouisiana Bucket Brigade である)。エスノグラフィック・フィールドワークの一環として、彼女は2001年から2003年までの2年間、それぞれの組織で技術ボランティアとして週10時間 (Ottingerは工学のバックグラウンドを持っている)を捧げた。両組織において、彼女は様々な大気モニタリングの方法を研究し、その結果を解釈するためのツールを開発した。また、1回1〜2時間の半構造化インタビューも行っている。カリフォルニア州では13人の科学者・活動家、コミュニティ・オーガナイザー、地域住民に、ルイジアナ州では40人以上の活動家、規制当局者、石油化学産業の代表者にインタビューを行った。インタビューでは、広義の組織化や地域社会と産業界との関係が取り上げられ、大気モニタリング技術に関連する問題が多く取り上げられ、約3分の1は大気モニタリングが主なテーマとなっている。

地域に根ざした大気モニタリングは、塩素問題で議論されたのと同様に、科学と規制の政治の問題を含んでいるが、それは草の根、地域社会のレベルである。製油所、発電所、その他の危険施設に隣接する地域社会は「フェンスライン・コミュニティ」と呼ばれ、住民は施設から排出される有毒化学物質が深刻な病気を引き起こすのではないかと疑っている。しかし、産業排出物が地域社会の健康に及ぼす影響を、住民に納得のいく形で明らかにできるような科学的調査はほとんどない;;)。「バケツ」と呼ばれる空気サンプリング装置の使用は、環境健康科学の未解決の問題に対処するための一つの方法を提供する。低コストで操作しやすいこの装置を使って、フェンスラインの住民や環境正義に賛同する組織者は、周囲の空気中の有害化学物質の濃度を測定し、化学物質の健康への影響を理解するために必要な(十分ではないが)住民の曝露に関するデータを収集することができるのだ。1994年にカリフォルニアのエンジニアリング会社が設計し、オークランドに拠点を置く非営利団体CBEが広く普及させるために改良したバケツは、数分間に渡って空気のサンプルを「つかむ」ものである。短時間のサンプリングにより、例えば、フレアリングや事故など、空気の質が最も悪いと思われる時間帯の化学物質の濃度を記録し、汚染のピーク時の住民の被曝について、通常では得られない情報を提供することができる。

活動家の大気モニタリングの戦略も、活動家のモニタリングに対する専門家の反応も、大気サンプルの収集と分析、およびその結果の解釈に関する合意された手順によって大きく形成される。大気中の有害化学物質の濃度を測定する場合、規制当局と化学施設は日常的にステンレス製の須磨ガスケットを使ってサンプルを採取し、連邦官報に連邦参照法 (FRM)TO-15として明記されている方法で分析する。キャニスターは短期間のサンプル採取にも使用できるが、規制当局が大気の質を広く表現したい場合には、6日ごとに24時間にわたってサンプルを採取する。大気質に関する規制基準が存在する場合は、その基準に基づいて測定結果が解釈される。ルイジアナ州は、FRM TO-15で測定される個々の揮発性有機化学物質の大気基準を持つ米国の2つの州のうちの1つで、周囲濃度が超えてはならない8時間または年間平均濃度を指定している。2

大気汚染物質のデータをどのように収集し、解釈すべきかを規定したこれらの公式 (FRM TO-15など)、非公式(24時間、6日目のサンプリングプロトコルなど)な基準は、規制科学者や化学産業関係者がバケットデータをどう受け止めるかを形成している。つまり、基準によって、活動家の科学的努力が、大気質とモニタリングに関する専門家の言説の中で認知されるようになる。3活動家と専門家は、活動家はバケツ、専門家は須磨キャニスターという異なる装置でサンプルを採取するが、どちらの戦略も空気の質を特徴付けるために空気のサンプリングに依存し、サンプルの分析にはFRM TO-15を使用している。このように分析方法を共有することで、個々のバケツサンプルの結果はキャニスターサンプルの結果と直接比較することができる。さらに、活動家がFRMを使用しているため、カリフォルニア州のEPA研究所はバケツの開発の初期段階で品質保証試験を実施することができ、活動家は、バケツサンプルで見つかった化学物質はサンプリング装置の何らかの人工物であるという告発に反論し、より一般的には、バケツが「EPA承認の」モニタリング方法であると主張することができた。

この基準、特にFRMが境界線の橋渡しの機能を果たす限り、放置された科学が解明されるのを助ける。大気質の代替測定法であるバケツ・モニタリングのデータが専門家の間で一定の信頼性をもって流通し、その結果、地域住民にとって緊急の懸念事項でありながらこれまで専門家が無視してきた問題に取り組むことが可能になる。活動家たちがバケツを使ったモニタリングを行うことで、専門家たちは自分たちもモニタリングを行うようになった。たとえば、ルイジアナ州ノルコでは、住民運動家がバケツを使って、近所で非常に高い濃度の有害化合物を記録したため 2002年にシェル化学が大規模な環境大気モニタリング・プログラムを開始した)。4

バケツに信頼性を与えている規制基準や日常化された手法は、産業施設や環境当局がバケツのデータを排除するための用意周到な手段にもなっている。具体的には、環境大気基準は通常、数時間、数日、数年の平均値として表される5。5これに対し、バケットデータは、数分間の化学物質の平均濃度を特徴づけるものである。環境正義運動家はそれでも、個々のサンプルの結果を規制基準と比較し、例えば、ルイジアナ州ニューサーピーにあるオリオン製油所の近くで2001年に採取したサンプルは、「その日の大気中のベンゼンの量は法定制限値の29倍だった」)と主張しているが、専門家はこうした主張を激しく否定している。ルイジアナ州環境品質局大気質評価課のジム・ヘイズレットは 2002年のインタビューで、活動家がバケツのデータを不正確に利用していることに苦言を呈している。

そのデータを大気環境基準に当てはめることはできない。だから、私たちは、こちらの市民団体が、サンプルを採取して、州基準の12倍のベンゼンを検出したという見出しを目にする。しかし、それは事実ではない。申し訳ないが、それは事実ではない。

Hazlettをはじめとする専門家の見解では、規制化学物質の平均濃度のみが基準値と有意に比較され、大気汚染が人の健康を脅かす可能性があるかどうかの判断に寄与することができる。

大気環境基準、およびそれが要求する平均指向の大気サンプリング・プロトコルは、したがって、大気質に関する活動家と専門家の主張の間の境界を取り締まるメカニズムであることを証明している。境界を取り締まる装置として、基準は、活動家が放置された科学に貢献することを制限している。バケツによるモニタリングが規制当局による取締りの強化)や産業施設による環境大気モニタリングの追加につながった程度では、追加のモニタリングは活動家の結果を確認し、化学物質の排出の原因を追跡し、孤立した誤作動と思われるものを修正するために実施されているが、通常は日常業務が地域の健康に系統だった脅威を与えているかもしれないという可能性について照会するために行われてはいない。シェル社がノルコで行っているプログラムでは、フェンスラインのコミュニティにおける化学物質の濃度に関する珍しいデータを収集しているが、それは長期的な平均値を対象としているため、フレアリングやその他の計画外の放出の結果として定期的に発生する汚染の急増がもたらす潜在的影響については明らかにされていない。

塩素の夕日に関する論争の場合と同様に、バケツでのモニタリングの例は、地域ベースの研究や活動というローカルなレベルにおいてさえ、放置された科学をめぐる対立が規制制度によってどのように形成されるかを示している。この例では、地域活動家(および科学に対する部外者)が、自分たちの裏庭で行われる放置された科学を見ようとする努力が、規制基準と標準化された慣行の非対称な運用を物語っている。大気モニタリングの基準は、活動家がより費用対効果の高い代替方法を利用できるようにする境界線の橋渡しとして機能し、その結果、専門家がやり残した環境健康科学の一面を解決するのに役立っている。しかし、基準はまた、境界を取り締まる装置としても機能する。例えば、大気中の有害物質の平均濃度とピーク濃度のどちらが健康への影響を決定する上で最も重要であるかという議論である。活動家が科学的研究の優先順位を変えるために引き起こすのはまさにこうした議論であり、またそうしなければならないため、基準の境界取り締まりという側面が、放置された科学に対抗しようとする地域的組織の試みを支配する傾向がある。しかし、このケースは、単に代替的な科学的課題を提唱するだけでなく、地域活動家が研究の優先順位を実際かつ強力に転換することを可能にする、基準の境界を橋渡しする側面の重要性をも示している。

4.運動・研究分野内の多様性

ギボンの研究は、1999年から続いているエスノグラフィック・フィールドワークに基づいており、イギリスにおける乳がん遺伝学の発展の社会的・文化的背景を検証している。この大規模な研究では、乳がん遺伝学に関連する知識や技術が、臨床現場の内外で、乳がん活動家の文化との接点で、どのように活用されているかを取り上げている(参照)。ここで紹介する議論は、1999年から2001年にかけて、また2005年から2006年にかけて、英国を代表する知名度の高い乳がん研究慈善団体で行われたフィールドワークをもとにしたものである。このフィールドワークでは、同団体が作成したプロモーション文書の分析、さまざまなイベントの参加者観察、同団体の資金調達担当者、支援者、科学者、スタッフに対する45以上の詳細な半構造化インタビューと5つのフォーカスグループを実施した。

ここ20~30年の間に、乳がんに関連する一般市民や患者の活動が急激に増加したことを考えると;)、この分野は、やり直しのきかない科学に関連した課題が見られると予想される場であるように思われる。ある意味では、乳がん撲滅運動の急速な広がりは、乳がんにおける「放置された科学」の空間を縮小することに大きく貢献した。1990年代のエイズ・アクティヴィズムと同様、いわゆる乳がんアクティヴィズムは、一般市民や患者を集団的に動員し、病気に対する認識を高め、女性の権利に関する言説を広め、科学研究と医療提供におけるジェンダー的不公平を是正することに成功した模範例として取り上げられることが多い (例えば、;)。このような観点からは、研究課題が一般市民・患者・公衆のコミュニティの精査に開放される、認識論の近代化の明確な例となる可能性があるように思われる)。

しかし、病気に対する集団的な意識の高まりが、リスクと危険の管理が個々の女性の負担であることを保証する一助となっている場では、パラドックスがあふれている;;)。この状況は、)が乳癌の「支配的疫学パラダイム」と呼ぶものを反映している。このパラダイムは、ライフスタイルや個人の遺伝的要因に注目することによって、科学研究や医療介入のパラメータに強い影響を与え、市民社会グループから一定の抵抗を生んできたものである。たとえば、米国では、乳がんの代替戦略に注目させるための最近のロビー活動には、特定の乳がん文化と広範な環境正義運動との協力関係があり)、Brownらが「自分自身の研究所」(2006)と呼ぶものが追求されている。とはいえ、乳がん撲滅運動は多様な文化によって特徴づけられており、その結果、「放置された科学」の問題もまた、国内および国際的な場において分断され、差別化されたものとなっている。乳がん研究をめぐる健康運動が活発化しているにもかかわらず、乳がんの病因となる環境リスク因子は、主流派の言説から疎外され続けている「放置された科学」の一領域であることに変わりはない。

乳がんという放置された科学の空間を維持するために役立つ特定の制度的パラメータは、イギリスにおける患者・市民活動家の優勢な文化を検証することで示される。この文脈では、乳がんのアクティビズムがどのように放置された科学を維持するために機能しているかを理解するには、環境に焦点を当てた乳がんアクティビズムが疎外されていることだけでなく)、乳がんアクティビズムがまったく異なる活動を参照し象徴することができる、がん研究の制度文化に注目することも必要である)。20 世紀初頭から、イギリスのがん研究は、まず慈善寄付、次に慈善募金という制度的文化に根ざし、がん科学の研究パターンに影響を与える公的命令を確保するのに役立ってきた(を参照)。いわゆる結核戦争やポリオ戦争で市民が動員されたように、イギリスのがん慈善団体による「戦争」は、文化的な比喩として弾力性があるだけでなく)、がん研究に対する継続的な公的支援と投資の反映であることが証明された。その結果、イギリスにおけるがん研究は、科学界によって行われる近代主義的プロジェクトとして維持され、治療法に焦点を当て)、任意寄付という形で公的資源から大きな資金を得ているがん慈善事業によって支えられている。

このプロジェクトが乳がん科学のやり直しに与えた影響は、知名度の高い乳がん研究慈善団体の中に見て取れる。そこでは、関与と識別に関する語りから、活動家の範囲、この組織文化が市民参加のパラメータに与える方法、活動家の研究への関与がいかに特定の活動分野に限定されるかが明らかにされている。例えば、ある女性グループは、この抜粋が示すように、「関与」の意味について、募金活動やキャンペーン活動、また「何かをお返しする」、「変化をもたらす手助け」、あるいは何らかの形で「役に立つ」といった道徳的感情を混ぜた形で回答している。

10月だったんであるが、たまたま雑誌で「1,000ポンドチャレンジ」の記事を読んだんである。そのとき、私は何かを取り戻したいという願いや必要性を感じていた。そして証明書をもらって、研究所に招待された。…..何か私を引きつけるものがあったんだ。…..。だから、主に募金活動をしていたんであるが、そこで何かが生まれそうな気がしていたんである。それで、ある時、資金調達チームの女の子に、「ボランティアでお手伝いさせてほしい」と言ったんである。校正や編集、リーフレットの作成など、自分が使っていないスキルがあるんだ」。すると、「ジョー・パブリック」の観点から、とても役に立つと思われた。そして、それはほとんど小さな仕事のように発展し、まったく新しい人生を手に入れた。…..そして、何かを返しているような気がする。そして、私の人生には価値がある。…..。だから、素晴らしいことなんである。本当に、素晴らしいことだ。

アクティビズムの一形態としての募金活動と、大成功を収めた慈善団体のマーケティング戦略を切り離すことはしばしば困難だが、上記のような物語は、乳がん研究への一般市民/市民の関与が、従来の専門家と一般市民の力学に挑戦することはほとんどないことを示唆している。むしろ、女性たちが「参加」したのは、伝統的な科学的専門性のパラメーターを再生・維持することを追求するためであった。

このような活動は、「英雄的」な募金活動を通じて構成され基礎科学の遺伝子研究の追求と結び付き、「救済の科学」, 125)の一形態として位置づけられる。このことは、慈善事業に参加する際の顕著なモチーフであり続け、研究課題に影響を与えたり、慈善事業の研究優先順位に影響を与えるという観点で自分の参加を考える女性は非常に少ない。インタビューに応じた多くの女性は、「キャンペーン」や「ヘルスケアの政治」に関して積極的であるという観点から慈善事業に関与していると話したが、彼女たちの語りからは、科学的研究に影響を与えることへの一般的な関心の欠如と、「科学者のつま先を踏む」ことが不適切であるという強い思いが感じられた。二人のインタビュイーが言うように。

私たちの誰もが、とにかくそれを推し進めようとは思わない。私は。…..このプロセスを十分に理解していないので、特定の方向に誘導して、「おい、これを見たらどうだ」?と言うことはできない。

私は、素人が勉強すべきことに大きな貢献ができるとは思っていない。その点については、多くの人が私に同意してくれると思う。

ある女性が説明したように、乳がん患者の擁護者であることの要点は「あなたは科学者ではない」ということであるという意見もあったが、慈善団体が行う研究は「ゴールドスタンダード」という観点で広く認識されていると指摘する意見もあった。また、「資金調達者」ではなく「支援者」であることを強く意識している人も含め、乳がんに罹患した人たちのより広いコミュニティが科学的研究に対して発言できるよう訓練することで、専門知識の基準が脅かされたり損なわれたりする可能性があると考えている人が多くった。6

全体として、インタビューデータは、30年にわたる乳がんをめぐる活動の高まりと、アドボカシーの実施、展開、識別に対するよりオープンな関心にもかかわらず、特定の制度的背景が、この病気をめぐる一般人/患者および市民の動員の維持、色付け、影響を与え続けていることを示唆している。彼女たちが表明した資金集めの道徳性や科学的研究の専門性に対する信頼は、イギリスのがんチャリティーの制度から切り離すことはできない。乳がん撲滅運動の複雑で多様な性質は、乳がんにおける「放置された科学」のダイナミックな空間を理解するために必要なことは、特定の病気/科学/公共のインターフェースで凝集する利害関係のネクサスを慎重にマッピングし分析することであることを示している;)。イギリスでは、乳がん運動の一部とさまざまな科学研究機関が密接に関係しているため、「放置された科学」は、乳がん運動の中で歴史的に疎外されてきた支援団体の一部だけにしか現れないことになる。このように、産業界や政府のエリートと社会運動のアクターとの対立を検証した先の2つの事例とは異なり、乳がん研究の事例では、運動の内部で「放置された科学」に対する観念が対立していることが示されている。

さらに、しかし、がんの環境的病因の研究に対する支援は、科学に関する組織文化の内部からまだ出てきていないかもしれない。ポストゲノム研究の研究者は、「遺伝子と環境の相互作用」と表現されるものをますます探求し始め、そこでは、分子間の相互作用という一見広範な文脈が重要になってきている)。このように、社会運動を研究する研究者は、主流科学の内外から、乳がんの「放置された科学」の空間をめぐる微妙な変化に注意を払う必要がある。これは、健康活動という異なる構成が、対照的な国の文脈において、一見すると新しい科学調査の対象との接点となるためである。本研究が示すように、「放置された科学」は、技術科学的研究と臨床実践の進歩を媒介とする組織間・組織内競争によって特徴づけられる非常に動的な文化的空間を画定している。

5.放置された科学の源としての運動

ケンプナーの研究は、「禁断の知識」、すなわち、科学者がタブーである、論争が多い、政治的に敏感であると考えるために研究を行わないという意思決定(上で紹介した用語でいう否定的知識の一種)について調べるインタビュー調査に基づいている。2002年から2003年にかけて、らは、米国の有名大学から神経科学、微生物学、産業・組織心理学、社会学、薬物・アルコール研究など、多様な分野の研究者を抽出し、10件のパイロット調査と41件の詳細な半構造化電話インタビューを行った (Kempner, Perlis, and Merz, 2005)。これらの分野は、禁断の知識に関する経験の普及率ではなく、その幅を測るために選ばれたものである。インタビューは35分から45分で、録音、テープ起こし、コード化され、グラウンデッド・セオリー)の原則にしたがって分析された。

多くの社会運動が放置された科学を特定し、完成させることを中心に組織されている一方で、ある種の知識が決して生み出されないようにすることに専心する人々もいる。彼らだけではない。ある種の知識は禁じられるべきであるという考え方は西洋文化に深く根付いており、創世記におけるアダムとイブの追放からフランケンシュタイン博士が自ら創造した怪物と格闘する場面まで、時代を超えて文学に現れている)。マートン流のレトリックはさておき、科学の中には、研究対象者や社会全体にとって受け入れがたい危険をもたらすものがあることは、ほとんどの人が認めるところである。例えば、広く受け入れられているニュルンベルク・コードは、第二次世界大戦におけるナチスの人体実験のような科学が二度と行われないように、人体実験に厳しい制限を課している。

幹細胞研究やクローン技術の倫理や意味合いをめぐる、現在注目を浴びている公開討論が示すように、どの知識が未解決のままであるべきかを決定することは、しばしば論争に発展することがある。とはいえ、研究課題を設定する場と同様に)、どのような知識が科学界に立ち入らないままでいるべきかという議論や決定は、通常エリートたちの間で行われる。立法者や連邦機関は常に、どの研究が行われてはならないかに関するガイドラインや命令を出し、生殖や治療用のクローニングからヘロインやマリファナといったスケジュールI薬物の心理的影響に関する研究まで、あらゆることに制限を設けているのだ。科学者も一般市民も、こうした議論に意見を述べる機会は限られている。1975年にアシロマで行われた会議では、科学者たちがある種の組み換えDNA研究のモラトリアムを呼びかけた()。

このケーススタディでインタビューした41人のエリート研究者によると、こうした公式なメカニズムは、「実行できない科学」を生み出す制約のほんの一部に過ぎないという)。研究者たちは、自分たちの研究がいかに非公式な制約、つまり、何を研究してはならないか、何を書いてはならないかという非コード化された暗黙のルールに妨げられてきたかを語ることがより多くなった。しかし、研究者たちは、それぞれの分野で何が「禁じられた知識」であるかについて、非常に明確であった。自分自身や同僚の研究が非難を浴びたとき、つまり不文律を破ったときに、「やってはいけないこと」の境界が知らされた。禁じられた知識の管理は、デュルケー ムが述べたとおりに機能していた。ある人の研究が、たとえば 活動家のグループによって特に問題視されると、その人の研究は「訓話」となり、「そこに行ってはならない」と他の人に警 告するようになった)。

このように、社会運動団体や活動家は、そのテーブルに招かれようが招かれまいが、やり残すべきことについての議論において重要な役割を果たすことができる。社会運動は、研究課題を設定する場の形成に影響を与えるだけでなく、特定の種類の研究を追求しないという個々の研究者の意思決定にも影響を与えることができるし、実際にそうなっている。例えば、ここ数十年、動物愛護団体は、科学者が行わないことを選択する研究の種類に多大な影響を及ぼしてきた。私たちは、動物モデルを用いて研究を行う研究者たちが、こうした組織がもたらす脅威を深刻に受け止めていることを知った。彼らは「テロリストのような攻撃」について語り、「封筒に入った剃刀」や「脅迫状」を受け取った同僚の話をした。また、家に張り込んでいる活動家に直面した人もいた。研究者たちはこれらの教訓から学び、多くの場合、その結果、自己検閲を行ったと述べている。例えば、ある研究者は、霊長類は扱わず、マウスやショウジョウバエのような「下等な」動物だけを扱うと説明した。

私は、できるだけ精神異常者にならないようにしたい・・・私としては、テロリストの特別な注意を引くような仕事はしたくないのです・・・。

パラノイアは深刻だった。ある研究者は、自分の所属を証明するまで取材に応じない。「私の知っている限りでは、あなたは動物愛護団体の誰かで、この場所を襲撃する前にできる限りのことを調べようとしているのだろう」。

やがて、動物愛護団体が研究の現場にあからさまに介入することで、動物研究の倫理が再定義され、1985年の動物福祉法のような、連邦政府の資金援助を受ける研究機関に「機関別動物管理使用委員会」の設置を義務付ける法律が生まれた()。しかし、一般市民が、研究者の意思決定に影響を与えるために、このような直接対決的な戦術を用いる必要はない。たとえば、薬物乱用の研究者は、アルコール依存症の治療を生涯禁酒と定義する断酒会のキャンペーンの成功によって、自分たちの研究課題が制限されていると主張した。この研究者たちは、アルコール依存症患者に適度な飲酒を指導する「コントロール飲酒」試験を行いたいと考えているが、「米国には、問題を理解せずに、コントロール飲酒という目標を全くタブー視する強い政治的な層がある」と主張する。草の根からの妨害の脅威は、多くの研究者が特定の研究を行うことを躊躇させるのに十分であった。何人かの薬物・アルコール研究者は、学校でコンドームを無料で配布したり、近所で清潔な注射針を配ったりするような「害の減少」プログラムの健康上の利益に関する研究を行うのは非常に不本意だと述べている。なぜなら、そうした公衆衛生上の介入に反対する一般人グループから望まない論争を呼び起こすかもしれないからだ。

このように、化学、大気モニタリング、乳がん研究において、社会運動組織や一般の専門家・市民科学者が、放置された科学を明らかにし、知識の創造を促す役割を果たすのとは若干対照的に、本研究は、同じアクターが、どの知識が生み出されないかを決定する強力な役割を果たすこともあることを示している。さらに、研究課題の設定という政治的な側面においては、資金の流れをめぐる対立が決定的に重要であるが、どのような科学が未完成のまま放置されるかを決定する唯一の要因ではない。むしろ、社会運動は、制度レベルで起こる研究課題設定プロセスを超えても有効である。本研究は、社会運動がミクロレベルの相互作用の手がかりと個々の科学者の意思決定プロセスをも形成するという証拠を提供する。研究者が外部団体からの圧力に応じて自己検閲を行う状況を理解するためには、さらなる研究が必要であるが、この事例は、社会運動が当初考えられていたよりもはるかに大きな研究妨害の可能性を持っていることを示唆している。その意味は興味深く、より大きな注目に値する。一方では、権力を奪われた集団が、通常排除されている知識体系において発言力を得るために、こうした技術を活用する可能性がある。他方で、その後の「冷え込み効果」が、しばしば公の議論なしに、脅迫と恐怖に反応して、個人的に起こることを知るのは、厄介なことである。

6.考察

多様なケースは、新しい科学の政治社会学や、研究課題がどのように確立されるかという問題との関連で、「放置された科学」の理論的概念化を前進させるための経験則を提供するものである。おそらく最も重要な一般的見解は、「放置された科学」の特定が、より広範な知識の政治の一部であるということであり、そこでは、学術研究者、政府助成機関、産業界、市民社会組織など、複数のグループが競合しながら、代替的研究課題の構築と実施について争っている。私たちのケーススタディは、市民社会または準政府組織による、より多くの研究の対象とすべきと考える研究分野を特定する試みに大きく焦点を当てている。しかし、放置された科学の特定には、どの研究分野が現在受けているよりも注意を払うべきかという主張も含まれる。それは、重点的に研究されている分野への投資を継続しても社会的リターンが減少するため、あるいはその知識が探求する価値がなく、危険または社会的に有害であると見なされるため(「負の知識」と呼んでいる)、である。後者の例としては、動物愛護団体が対象とする研究プログラムや研究手法、グリーンピースが対象とする塩素系化学物質に関する研究などが挙げられる。他にも、兵器開発、遺伝子組み換え食品、原子力、ナノテクノロジーに関する研究モラトリアムの要求など、市民社会組織のこのような役割に当てはまるケースは数多くある。

この一般的な観察から、さらに5つの具体的な洞察が導かれ、複雑さを増している。第1に、私たちは「放置された科学」を、複数の組織からなるフィールドに位置するアクター間の対立を通じて展開されると考えているが、ギボンズの事例が示すように、「放置された科学」の定義は、異なる組織のアクター、連合、社会運動の中でも大きく異なる場合がある。運動の一部は主流の研究に取り込まれ、その結果、研究課題に対する専門家の優先順位付けに対する支持にアドボカシーが流されることもある。したがって、乳がんの環境的病因のような研究テーマは、乳がん擁護派の疎外された層や科学界における彼らの同盟者にとっては放置された科学であっても、大多数の乳がん擁護派や有力ながん研究ネットワークにとっては負の知識である可能性がある。さらに事態を複雑にするのは、環境要因やエピジェネティックな要因をより正確に特定するためのゲノム研究の発展など、科学分野内の急速な発展と変化により、研究の優先順位が変化し、放置された科学の分野で研究の機会が開かれる可能性があることだ。ここでは、研究者と市民社会の支持者双方の内部的な変化や相違が相互に作用して、研究優先順位の連合体の変化を定義していることがわかる。

第2に、放置された科学をめぐる連合や同盟の動的な性質は、研究の優先順位の明確化がしばしば比較的流動的なプロセスであることを示唆している。市民社会グループが科学研究のある分野を低優先あるいは非優先とした場合でも、彼らの見解は、今度はより優先すべき他の研究分野の特定につながるかもしれない。例えば、動物愛護団体の立場は、ある種の動物研究に反対することから始まり、動物研究委員会の審査を経た、より「人道的」な動物研究の支持に至るかもしれない。同様に、塩素系化学物質に反対するグリーンピースなどの団体の立場は、グリーンケミストリーの代替物質に関する研究の必要性を明確にすることにつながっている。これらの例が示唆するように、放置された科学の特定は、様々な社会的カテゴリーを代表する多様なグループ間の連合と対立の多面的な結果として捉えることができ、それぞれが、科学界からより注目されるべき、より少ない、あるいは全く注目されないと見られるトピックを組み合わせて推進している。

第3に、放置された科学を生み出す複雑なプロセスを理解するためには、科学の場におけるアジェンダ設定を構成する権力、資源、機会の配分に注目することが必要である。分野構造の重要な要素は、研究の優先順位をめぐる定義の対立を形成する規制体制の役割である。ハワードの研究によれば、環境科学における二項対立は、それが発生する規制パラダイムの重要な表現であり、そのパラダイムにおいて専門知識が概念化され、展開される方法と密接に関連している可能性がある。さらに、主流派の科学が挑戦者に直面するまでは、支配的なパラダイムの中で重要な形の「放置された」が暗黙のうちに、そして明確にされないまま残る可能性があると提案している。言い換えれば、放置された科学は、「バイアスの動員」によって抑圧された潜在的な科学的可能性の形をとることがある;参照のこと)。)も、「放置された科学」を自分たちの資源で成し遂げようとする活動家にとって、その機会を規定する規制基準が重要な役割を担っていると指摘している。大気モニタリング装置の場合、一般市民が運用する代替的な研究プロトコルとデータ収集装置が、大気質の安全性に関する公的保証に異議を申し立てる根拠となる。研究課題のシフトを主張するのではなく、シフトを実現する。ハワードの言葉を借りれば、一般市民による研究プロジェクトは、大気質モニタリングの支配的な手法に内在する、明示されていない偏見をも劇化している。、実行できない科学の条件と限界を確立する上で、基準を可能にする要因と制約する要因の二重の役割に注目したことは興味深く、さまざまな規制や研究の文脈で出会う構造的制約に関連して、戦術的力学の有効性を検証することは今後の研究の課題である。

第4に、財源へのアクセスは、放置された科学を特定する努力の暗黙の焦点であるが、ケンプナーの研究は、市民社会と研究の優先順位との相互作用が、資金という広い問題に限定されないことを実証している。市民社会組織は、特に環境と健康に関する研究の優先順位に見られるように、研究資金の配分に影響を与えることができるが、ケンプナーは、そのようなシフトを引き起こす可能性のある他のメカニズムがあることを指摘している。彼女の研究は、「放置された科学」の問題を研究する取り組みが、どのような研究プログラムを追求するか、あるいは追求しないかという科学者の意思決定を形成する道徳的経済が果たす役割も考慮すべきことを示唆している; Scienceにおける道徳的経済については参照)。さらに、たとえ科学者がある種の知識は未解決のままであるべきだという考え方を原則的に受け入れていなくても、動物愛護団体などの市民社会組織からの直接的な圧力が強いために、ある研究分野への投資を行わないという決定を下すだけということもあり得るのである。ある研究分野に関与しないという個々の決断の結果、研究資金が劇的に変化していなくても、ある分野の研究課題が変化することがある。

最後に、資源へのアクセスが限られているという構造的な制約が、現実的な制約と重なり、「実行できない科学」を生み出すこともある。塩素の日没条項の場合、予防措置の提唱者は、個々の化学物質をスクリーニングする政府のプログラムは、明白な事実を覆い隠していると考えている。化学物質の数が非常に多く、生態系や生物系との複雑な相互作用によって、ある化学物質のある濃度が何らかの意味で「安全」となるかどうか、あるいはリスクとなるかを予測することは不可能なのだ。この「邪悪な問題」)の結果、研究の優先順位付けと資金調達の目標としての「放置された科学」(この場合、新しい化学物質の環境、健康、安全への影響に関する研究をさらに進める必要があるという標準的な仮定)は、それ自体を否定することになる。なぜなら、特定の化学物質に関する研究の要請は、体系的に政策の失敗を生み出す規制の枠組みを暗黙のうちに支持するからだ参照)。

7.まとめ

本研究は、放置された科学の分析が、研究課題設定プロセスの経験的理解を深めるためのいくつかの方法を示している。わずか4つのケースでかなりの違いが見られたことから、今後の研究の有望な方法の1つは、学術界、政府、産業界、地域社会の各環境をより体系的に比較することであることがわかる。そうすることで、政治的・経済的な圧力、規範的な期待、資源の集中、研究ネットワークの規模や構成など、研究の制度的背景が、「放置された科学」の明確化や代替研究課題の実施の成否を形成する方法をさらに詳しく説明することができるだろう。

STSのなかで「放置された科学」に高い可視性を与えようとする私たちのより大きな目的は、新しい 科学の政治社会学のための基礎を広げることである。フェミニストや反人種主義的な科学 研究と同様に、科学の政治社会学は、知識とその逆である無知がいかに社会的に形 成され、構築され、争われるかに注意を払 いながらも、科学における権力と資源の不均等な分配に関わる問題をSTSプロジェクトの中 心に据えるものである。ここで論じてきたように、権力、知識、無知に関する問題が集約される重要な場の一つが、研究課題設定の領域であり、そこでは、最終的に何が科学され、何がなされないかを形作る限られた資源へのアクセスを得るために激しい連合と対立が生み出されている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました