トルドー首相は、デモを平和的に終わらせることを望んでいない。彼は暴力を望んでいる

フリーダム・コンボイ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Trudeau Does Not Want To End The Protests Peacefully. He Wants Violence

thefederalist.com/2022/02/17/trudeau-does-not-want-to-end-the-protests-peacefully-he-wants-violence/

BY: ジョン・ダニエル・デビッドソン(JOHN DANIEL DAVIDSON

2022年2月17日

カナダのジャスティン・トルドー首相のこの2週間の行動を理解する唯一の方法は、これまで全く平和的だったオタワでのFreedom Convoy抗議活動が、抗議者と警察の間の暴力的な対立に発展することを望んでいるということだ。

抗議者を「受け入れられない意見」を持つ「少数の過激派」と断じた最初の発言から、彼らとの面会を拒否し続けていること、そして今週の前例のない緊急事態法の発動に至るまで、トルドーが行ったことはすべて、オタワの状況をエスカレートさせ、何らかの暴力で終わる可能性を高めることに役立っている。

トルドー政府が現在進めている強硬手段を考えてみよう。抗議行動は、オタワの住民にとっては確かに不便であり、負担でさえあるが、明らかにカナダにとっての存亡の危機ではない。緊急事態法の定義によれば、国家緊急事態でもない。「緊急かつ危機的な状況」であり、「カナダ人の生命、健康、安全を著しく危険にさらし、州の対処能力や権限を超えるような規模や性質のもの」である。

オタワでの抗議活動がそれに該当すると考える合理的な人はいないだろう。カナダ自由人権協会は、連邦政府は緊急事態法の発動に必要な基準を満たしておらず、発動は「我々の民主主義と市民的自由を脅かす」と指摘している。最近のいくつかの世論調査によると、少なくない数のカナダ人がこれに同意している。

しかし、トルドー首相は連邦政府の総力を挙げてフリーダムコンボイを潰そうとしている。Emergencies Act(緊急事態法)に基づき、デモ参加者は銀行口座を凍結され、デモ参加者に寄付をしただけの人も凍結される。クラウドファンディング・プラットフォームや決済サービス・プロバイダーは、「違法な封鎖」に参加していると思われる人へのサービスをすべて中止し、王立カナダ騎馬警察に報告しなければならない。トラック運転手は、商用および自家用の運転免許を取り消され、保険や車両を失う可能性がある。

さらに不吉なことに、カナダ政府当局は現在、「違法な集会」に子供を連れてきたり、デモ隊に食料や燃料を提供したりした親に、懲役刑や高額の罰金を科せられるだけでなく、子供の親権を失う可能性があると警告している。水曜日には、オタワのChildren’s Aid Societyが声明を出し、デモに参加している親たちに、「警察沙汰になって子どもの世話ができなくなった場合」に備えて、別の世話をするように促した。

ここでの脅しは明白だ:もしあなたが抗議するなら、あなたを逮捕して子供を連れ去るだろう。トルドー首相は、合法的な政治的反対意見を抑圧するために、カナダ版の児童保護サービスを効果的に武器化したのである。警察が子供を親から引き離そうとし始めたら、何が起こると思う?もし自分の子どもだったら、どうする?

これらのことは、今後数日のうちに収束する可能性がある。オタワの警察は、デモ参加者に「今すぐその場を離れろ」「逮捕されるぞ」という通知を配り始めた。一部の報道によると、警察がオタワの街を片付けたいのであれば、48時間以内に片付けなければならないようである。というのも、今週末には、これまでで最大規模のデモになるかもしれない数千人の抗議者がカナダの首都に到着すると予想されているからである。

しかし、当局がどのようにしてトラックの通行を許可するのかは不明だ。セミトレーラーを牽引するには重装備が必要で、これまで地元の牽引会社はフリーダムコンボイのトラックを牽引するようにとの政府の要請を拒否してきた。軍隊はトラックを移動させることができるだろう。トルドー首相が緊急事態法を発動したことで、そのような作戦のための軍隊の使用が可能になった。しかし、それは少なくとも不穏な光景を作り出し、最悪の場合、暴力的になる可能性のある対立を引き起こすだろう。

そうなれば、トルドー首相はその責任を負うことになる。彼は、暴力、あるいは少なくともカナダの法執行機関による抗議者への何らかの強制的な取り締まりが避けられない状況を作ってしまった。実際、今週初めにトルドー首相が、これまで完全に平和的だった抗議活動が、彼の判断ではもはや「非暴力」ではないと発言したことを、他にどう理解すればよいのだろうか。

トルドー首相は、事態への対応を誤ったと広く批判されているにもかかわらず、妥協の兆しを見せたり、抗議者たちに道を譲るようなことは一切していない。各州政府が、患者数や入院者数の急激な減少に直面して、Covidの義務化や制限を緩和したり、取り消したりしているにもかかわらず、トルドー首相は固執している。エリック・カウフマンが今週のテレグラフ紙で指摘したように、この問題におけるトルドーの偽善は露骨である。

トラック運転手に対する彼の闘争的な姿勢と、彼の哲学を共有していると思われるデモ参加者に対する彼の穏やかなアプローチを対比させてみてほしい。カナダの先住民が通うレジデンシャル・スクールの近くで大量の墓が発見されたというデマを流して、左翼の放火魔が30ものカトリック教会を焼いたとき、トルドー首相はその暴力を「理解できる」と言った。先住民の抗議者とその同盟者が、トラックの護送車よりも長い期間にわたって鉄道路線やパイプラインを封鎖したときも、トルドー首相は辛抱強く「対話と相互尊重」を呼びかけた。

これらの出来事に対するカナダの首相の反応は、彼が実際の政治的暴力や破壊的な封鎖を容認していることを物語っている。しかし、トラック運転手たちは、トルドー首相とその政権から、対話も敬意も得られていない。結局のところ、トルドーにとって彼らは「受け入れがたい意見」を持つ人種差別主義者や女性差別主義者の集まりに過ぎないのだ。

水曜日には、保守派のユダヤ人議員に対して、保守党員は「鉤十字を振る人たちと一緒にいる」「南部連合旗を振る人たちと一緒にいる」と答え、罵倒を倍にした(この発言で、トルドーは下院議長から「扇動的でない言葉を使うように」と注意された)。

この時点で、もしあなたがカナダの抗議者であったり、抗議活動を支持する人であったり、あるいは抗議者は間違っているが政府は行き過ぎていると考える人であっても、トルドーからのメッセージは明確です:あなたの話には耳を傾けず、あなたに妥協せず、もしあなたが我々の命令に従わなければ、あなたを破滅させる。

それは暴力のレシピであり、トルドーはそれを知っている。彼がトラック運転手たちを見せしめにしたいのは、彼が心の底から不寛容な世界観を持つ不寛容な人間だからだ。

これらの抗議者は間違った見解を持っているので、左翼の抗議者に与えられた「対話と相互尊重」には値しないのである。トルドーは、多様性を美徳としているが、カナダが多元的な社会であり、異なる見解や生き方を持つ人々が平和に共存できるとは思っていない。彼が信じているのは、小さな人々、間違った見解を持つ人々が、言われた通りに行動する社会である。

問題は、これらのデモ参加者のほとんどが、まさにそれを行っているということだ。トラック運転手の大多数はワクチンを接種している。彼らは2年前から、西欧諸国で最も厳しいCovidの義務と制限に従っている。彼らは要求されたことをすべて実行し、最終的にそれにうんざりしたときには、平和的な抗議行動を組織した。

そのために、トルドー首相は彼らを潰そうとしているのである。

タイトルとURLをコピーしました