3. ウクライナ危機/社会問題WEF/グレート・リセットグローバルリサーチフリーダム・コンボイ世界健康評議会(WCH)・WHO

「金融リセット 」と人類に対する経済戦争。国家主権を確保するためにグローバルな関係をどう再構築すべきか
“Financial Reset” and Economic Warfare against Humanity: How Global Relations Should Be Restructured to Ensure National Sovereignty

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.globalresearch.ca/war-banks-electronic-concentration-camps-russian-economist-takes-trudeau-post-nationalism/5779928

ロシア人経済学者セルゲイ・グラズィエフの分析

アンソニー・J・ホール教授著

グローバルリサーチ 2022年5月12日

はじめに

ウクライナの将来を決定するために繰り広げられているハイブリッド戦争は、製造されたCOVID危機の多くの側面と頻繁に絡み合っている。どちらの大失敗も、その中核には、世界経済関係がどのように再構築されるべきかという基本的な疑問がある。金融リセットを目指してCOVID危機を捏造した人々は、このプロセスを、国家主権機関に対する超国家機関の台頭を公式化するものとして描いている。

カナダのジャスティン・トルドー首相は、ダボス会議に参加する首相のマスコット的存在として、カナダに残る国家主権の宝庫を超国家機関にアップロードすることに奔走していることを明らかにした。トルドー首相は、支配者である億万長者とその背後にいるグローバリストの銀行家をさらに強化するために、平均的カナダ人のわずかな自己決定を犠牲にしているのである。

トルドーの考えでは、カナダは世界保健機関の中核的存在であり、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の偽りの慈善活動を含む、腐敗したスポンサーの政治的支配を受けることになるのだ。トルドーによるカナダの主権のこれと他の多くの放棄は、世界初の 「ポスト国家 」をリードすることへの彼の執着を反映している。こちらを参照

ウクライナ戦争、対ロシア制裁

ウクライナの出現は、多くの相反するアジェンダの実験場として、ポストナショナリズムの変革というグローバリストの計画に対するナショナリストの対抗策のプラットフォームを提供している。2月24日にロシア軍がウクライナに進駐して以来、世界中に波及している地政学的な影響には、疫病対策という名の暴政からの脱出経路を探るという側面もある。

ロシアへの反感は極端な方向に走っている。その反感は、最終的にロシアを破壊し、英米から生まれた主要な銀行機関(ブレトンウッズ、FRB、地域開発銀行、BIS)の支配の外にある独立自決の基盤を国民から奪うという目標に向けられている。したがって、反ロシアの金融攻撃は、COVID-19を打ち負かすための偽りの戦いの名の下に推進されたものと同じ抑圧的な軌道を指し示しているのである。

世界人口の半分以上を占める多くの国が、ロシアに向けられた経済戦争体制に参加しないことを選択し、標的となる国を破壊する目的で作られた制裁の猛攻撃を受けている。このように、米国の対ロ制裁に付き合わない国々が出現したことは、世界の地政学において重要な新展開である。

傷ついた米ドルの現状

このような連合の出現によって、世界の主要な基軸通貨である米ドルの地位がすでに大きく損なわれていることは多くの人が認めるところである。国際金融における米ドルの独占的な地位がさらに低下することで、経済関係の代替モデルに関する創造的な思考が活発になっている。Sergei Glazyevは、ロシアの商業的生存能力を破壊しようとする米国の試みを踏まえて、経済関係の主要構造を作り直すための新しい戦略を概説する最も率直な経済学者の1人である。

グラジェフ氏は、アジア・ユーラシア諸国間の経済的な相互作用を改善するモデルを構築している。欧米の投機的な過剰融資システムが、国や企業、国民に債務とインフレの重荷を負わせ続けている中で、このプロセスは展開されている。

プーチン大統領や国営のロシア中央銀行が、ワシントンのブレトンウッズ機関と連携していることを批判し、今後の方針を示している。

現在、グラジエフは、ユーラシア経済連合(EAEU)の執行機関であるユーラシア経済委員会の統合・マクロ経済担当委員を務めている。こちらを参照

グラジエフは最近、特に 「Sanctions and Sovereignty 」と題するエッセイで、その理論が注目されている。

「米国の制裁は、武力行使に基づく帝国的世界秩序が進行していることの苦悩である。それに伴う危険を最小化するためには、国際法、国家主権、各国の平等、経済モデルの多様性、互恵的かつ自発的な経済協力の原則を回復する新しい統合世界経済秩序の形成を加速する必要がある。」 こちらを参照

グラジェフ氏は最近のインタビューで、現在対ロシア戦争を推進している人々が好んでいる世界政府のタイプについてコメントした。これらの主人公は、想定される “パンデミック 」との戦いの名において課されたものと一致する抑圧的な結果を求めている。グラズィエフはこう宣言した。

「今日、私たちが目にするのは、世界政府を頂点とする新世界秩序のある種のイメージを形成しようとする試みであり、そこでは人々は電子強制収容所に追いやられるのである。パンデミック時の制限の例を見れば、それがどのように起こったかがわかるだろう。すべての人にタグが与えられ、公共財へのアクセスはQRコードで規制され、誰もが隊列を組んで歩くことを強制されるのである。」こちらを参照

グラジエフが言う「電子強制収容所」とは、抑圧的な新技術(QRコード)と社会的信用スコアリングシステムの融合によって開発されているバイオデジタル刑務所群のことだ。この装置の目的は、被支配者の活動を制約し、厳しく規制するためにコンピュータのアルゴリズムを適用することだ。

グラツィエフは 2010年のロックフェラー財団の報告書に掲載された章を解説の中で紹介している。ロックステップ」と題された章で、この文書の著者は 2020年に展開し始めるであろう多くの出来事を非常に綿密に予測していたのである。

グラツィエフはこう書いている。

「2010年のロックフェラー財団のシナリオでは、パンデミックと、それに関連して起こるすべてのことが、驚くほどバラバラに整理されていた。このシナリオはロックステップ、つまり「陣取り合戦」と呼ばれ、西側諸国はそれに従った。自分たちの民主主義の価値を犠牲にし、人々を強制的に命令に従わせようとする。世界保健機関(WHO)などの国際機関は、民間資本に従属する世界政府を組み立てるための一種の拠り所として利用されている。」

グレート・リセット 資本主義の抑圧的な形態

作家で弁護士のエレン・ブラウン氏は、ロシアで最も頻繁に引用されている経済学者に注目するきっかけを作った。グラジエフと同じく、ブラウンも、想定される「パンデミック」で推し進められる政策が、われわれに押し付けられている抑圧の大きなパターンを浮き彫りにするのに役立つと考えている。ブラウンの考えでは、いわゆるグレート・リセットは、実際には、中流階級を消滅させ、大金持ちをさらに強化し、権利を与えるという、より抑圧的な資本主義の形態である。

ブラウンは、ロシアへの攻撃が強まるにつれ、私たちに押し付けられている奴隷化という政治経済の本質を予測している。ブラウンはこう書いている。

「あなたは中央銀行に口座を持ち、強制的に連邦デジタルIDを持つことになる。適切な社会的信用度を維持している限り、わずかながら適切なベーシックインカムという形で福祉給付金を受け取ることになる。中央銀行のデジタル通貨は「プログラム可能」であり、配給され、管理され、あなたが道を外れたり公式のシナリオに同意しない場合はキャンセルされる。コンピューターゲームと薬で満足するようになる。

作り出された公衆衛生の危機を利用しようとする人々の腐敗した浅はかなグローバリズムは、WHOでパンデミックに関する国際条約を策定しようとする動きによって把握されている。WHOが製薬業界や、ビル・ゲイツ、アンソニー・ファウチ、ジャスティン・トルドーといった政府の代理人に従属していることは、幅広い有権者がよく承知していることだ。

世界健康評議会(World Council for Health)という組織が、スキャンダルにまみれた現在のWHOに対する批判を組織化する手助けをしている。

WHOは、パンデミックに関する新しい国際文書を信頼性をもって策定するために必要な国民の信頼を欠いているのである。 こちらを参照

このような条約を作れば、国、州、地方政府から司法権が剥奪されることになる。選挙で選ばれた政府は、公共の利益のために民主的な手段で地域の医療政策を策定する権利を譲り渡すことになる。

提案されているような条約は、トルドー、マクRon Johnson 、ドラギなどのようなポストナショナルな先入観を助長するものである。

トルドーはカナダのトラック運転手を侮蔑的に扱うことで、カナダの労働者からの陳情に耳を傾ける気が全くないことを示した。トルドーのポストナショナリズムは、議会とその付属機関の有効性と信頼性を損なうと同時に、世界経済フォーラムのような企業主義的なロビー団体の役割を高めている。

*

読者のみなさんへ:上または下のシェアボタンをクリックしてほしい。Instagram、Twitter、Facebookでフォローしてほしい。グローバル・リサーチの記事は、自由に再投稿・共有できる。

アンソニー・ホール博士は、アメリカン・ヘラルド・トリビューン紙の編集長。現在、カナダ・アルバータ州のレスブリッジ大学教授(グローバリゼーション研究)。1982年以来、カナダの大学で教鞭をとっている。最近、McGill-Queen’s University Pressで “The Bowl with One Spoon 」という2巻の大きな出版プロジェクトを終了した。

また、Global Researchにも定期的に寄稿している。

この記事のオリジナルソースはGlobal Researchである。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました