ストレス、瞑想、そしてアルツハイマー病予防 証拠のあるところ (キルタンクリヤ)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ストレス・マネジメント 瞑想・呼吸

Stress, Meditation, and Alzheimer’s Disease Prevention: Where The Evidence Stands

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4923750/

要旨

瞑想は5,000年以上前からあると考えられているが、それに関する科学的研究は乳児期にある。ストレスの広範な負の生化学的影響を緩和することは、表面的にはアルツハイマー病予防の対象として議論されているが、より決定的に重要なものである可能性がある。

この論文では、アルツハイマー病に寄与する可能性のある要因としてのライフスタイルとストレス、および神経変性の軽減とアルツハイマー病予防のための認知機能と幸福に対する瞑想の影響について概説する。

このレビューでは、主観的な認知機能の低下、軽度の認知機能障害、ストレスの多い介護者を対象とした研究において、記憶力の改善に成功しているキルタン・クリヤ(KK)に焦点を当てている。

キルタンクリヤはまた、睡眠を改善し、うつ病を減少させ、不安を減らし、ダウンして炎症性遺伝子を規制し、免疫系の遺伝子をアップレギュレートし、インスリンやブドウ糖調節遺伝子を改善し、最大の記録では43%のテロメラーゼを増加させることが示されている。

キルタンクリヤはまた最大の認知機能の維持およびアルツハイマー病の予防のために重要な精神的な幸福と精神的な健康を維持し改善する。

また、キルタンクリヤは、高齢者でも簡単に学び、実践することができる。

本レビューの前提として、瞑想一般、特にキルタンクリヤは、食生活の改善、運動、精神的刺激、社会化などの他のモダリティとともに、アルツハイマー病予防プログラムの一環として有益である可能性がある。

キーワード

アルツハイマー病、ライフスタイル、瞑想、物忘れ改善、予防、ストレス、精神的幸福、危険因子の減少、キルタンクリア、Kirtan Kriya

ライフスタイルとアルツハイマー病の予防法

今は、アルツハイマー病予防の分野において極めて重要な時期である。アルツハイマー病の予防や治療のための薬剤の探索が続く中 [1]、脳の健康レベルを高め、進行中の変性を止め、神経細胞の損傷を修復し、アルツハイマー病につながる可能性のある認知障害を予防するための低コストのライフスタイル対策が、アルツハイマー病予防の議論の最前線にある。新たな研究では、ライフスタイルの選択がアルツハイマー病予防になると、違いをもたらす可能性があることを示唆している[2, 3]。ライフスタイルの修正に関する最近の研究、The Finnish Geriatric Intervention Study To Prevent Cognitive Impairment and Disability (The FINGER Study)では、いくつかのライフスタイルと血管リスク因子を標的とした2年間のマルチドメイン介入の効果が同時に研究された。FINGER試験には60~77歳の1,260人が参加した。2014年に終了した最初の研究は、7年間の追跡調査期間を延長して継続される。FINGERでは、栄養介入、身体運動、認知トレーニング、社会活動を併用することで、認知能力全般に有意な有益な効果が得られることが示された。この研究は、高齢でリスクのある人の間で統合的な医療プログラムを用いて認知機能の低下を予防し、それによってアルツハイマー病を遅らせたり予防したりすることが可能であることを示唆した最初の大規模無作為化比較試験であった[4-6]。

このレビューではまず、今日一般的な生活習慣因子である慢性ストレスに焦点を当てる。ストレスは、コルチゾールとの関連を介して、海馬や脳内の他の場所の細胞に神経毒性のある損傷を引き起こし、アルツハイマー病リスクを増加させる可能性がある。それに加えて、ストレスは、炎症、カルシウムの制御異常、高血圧、糖尿病/インスリン抵抗性、うつ病、不安、身体活動の低下、睡眠不足、喫煙を含む心血管疾患などのアルツハイマー病のための複数の危険因子との因果関係を持っている[7,8]。アルツハイマー病の診断を受けていない7,184人と比較して、アルツハイマー病の高齢者1,796人を対象とした最近の研究では、不安、不眠、ベンゾジアゼピンの使用、およびアルツハイマー病との直接的な関連性が強調された[9]。これまでに、これらの薬剤の多くはアルツハイマー病促進遺伝子をオンにすることが示されていた[10]。

瞑想がどのようにストレスとコルチゾールレベルを減少させ、健康と認知の複数の側面を改善するように作用するかを検討する。この議論の基本に加えて、この記事では、肯定的に脳と記憶機能、細胞の健康、遺伝子発現、および幸福に影響を与えるKirtan Kriya(キルタンクリヤ)と呼ばれる単純な、12分間の瞑想テクニックに関する研究について議論する。さらに、キルタンクリヤは主観的認知機能低下(SCD)や軽度認知障害(MCI)を持つ被験者の記憶喪失を逆転させる可能性がある。これらの疾患はいずれも認知症に進行する可能性がある[11-13]。

ストレス、老化、神経死

ストレス研究の第一人者であるRobert Sapolsky Ph.D.によると、ストレッサーは生理学的には恒常性を乱す外界からの摂動として定義することができる[14]。身体的なものに加えて、ストレスは心理的または感情的なものであることもあり、心理的ストレスの可能性と病原性を無視することはできず、それがアルツハイマー病発症のリスクを高める可能性がある[15]。

現代のストレス研究は、前世紀にウォルター・B・キャノンの研究[16]から始まったと考えられており、後にセリエの一般適応症候群[17]の第一段階として認識されるようになった。この研究により、急性ストレスは実際に認知力を高めるが、慢性的に活性化された場合には、これらと同じ反応が非常に有害であることをサポルスキーらが理解するようになった[14][4-6]。

さらに、加齢はストレスを処理する能力が低下する時期であり、慢性的なストレスが治療されていないと、認知機能の低下を含む老化の退行性の側面の多くが加速される。対照的に、瞑想はストレス反応の多くの側面を相殺し、ストレス過負荷と組み合わされた加齢による荒廃から脳を特に保護する可能性がある[11, 18, 19]。

ストレスは、CRFやACTHなどの視床下部や下垂体刺激信号に反応して副腎からコルチゾールというホルモンが放出されることで海馬細胞を傷つける可能性がある。このような損傷は、記憶や情動を司る極めて重要な脳構造の機能障害や萎縮につながる可能性がある[20, 21]。さらに、副腎からのコルチゾール分泌を制御する特定のニューロンの破壊のために、海馬細胞の喪失が劇的に悪化する[14]。

フィードバック阻害のこの損失は、持続的な毒性コルチゾールレベルにつながる可能性があり、したがって、NMDA受容体を活性化することによって海馬細胞のさらなる傷害または死を引き起こし、これは、過剰な細胞外カルシウムイオンが現在開いているチャネルを通過することを可能にする可能性があり、著しく過剰なカルシウムイオンで細胞の内部を浸水させる。この過剰な細胞内カルシウムは、細胞質傷害、ミトコンドリア損傷、重度の酸化ストレス、および場合によっては炎症を引き起こし、最終的には著しい認知機能の低下につながる可能性がある[22]。現在の研究では、慢性的なストレスの覚醒はNF-κB系を含む複数の炎症性メディエーターを活性化し、特に海馬において広範囲の脳の炎症を引き起こすことも示されている[8, 23-25]。これらの中枢性炎症の障害は、アルツハイマー病の特徴であることが示されている[26]。

慢性ストレスの悪影響は相当なものである。認知機能の低下や記憶力の低下を超えて、ストレスはまた、不安から抑うつ、様々な異常行動や無意識の自虐的強迫行為に至るまで、多くの神経行動現象に影響を与える。これらの行動の中には、早期認知機能低下やアルツハイマー病につながるものもある[27]。重要なことに、ルピアンは、脳にダメージを与えるのは単に孤立したストレスのエピソードではないと主張している。むしろ、それはアルツハイマー病にリンクされており、海馬依存性の選択的注意と明示的な短期記憶喪失、SCD、MCI、およびアルツハイマー病の混乱を含む感情と認知機能障害を促進する生涯にわたって、特に中年以降のコルチゾール暴露の大きさである[18, 28, 29]。

更なる証拠は、より高いレベルの仕事関連のストレスを報告し、ストレスを受けやすい性格を持ち、虐待、トラウマ、ネグレクトなどの幼児期のストレスに耐え、および/または中年期のストレスにも苦しんでいる人々の記憶性能の低下とアルツハイマー病のより大きなリスクとリンクしている。女性に特化した研究では、報告された追加のストレッサーごとに、後にアルツハイマー病を発症するリスクが20%増加した[30-33]。

Wilsonによる研究では、苦痛の傾向(90%)で高得点を取った被験者は、苦痛の傾向が低い被験者(10%)よりもアルツハイマー病発症のリスクが2倍高く、心理的苦痛への脆弱性の増加がアルツハイマー病の危険因子である可能性を示唆している。

ボランティアの2つの固定経口コルチゾール(40mg/dと160mg/dの分割投与で概日リズムに近似した投与量)と健常者のマッチドグループ(n = 51)の4日間の無作為化二重盲検プラセボ対照比較では、コルチゾールの高用量またはストレス用量を投与された被験者の言語的、宣言的、短期記憶の可逆的な障害が示された[34]。さらに、Wangは、仕事のコントロールの低さと高い仕事の緊張によって明らかになる職場での心理的ストレスが、他の危険因子とは無関係に、晩年のアルツハイマー病のリスクの増加と関連していることを示した[35]。慢性的なストレスは、視床下部-下垂体-副腎軸の調節障害につながる前帯状皮質のサイズの減少を含む複数の脳解剖学的異常と関連しており、おそらく慢性的なストレスの影響に対する脆弱性が増加している[36]。

最後に、EpelとBlackburnによる最近のストレス研究では、ストレスが遺伝的健康に顕著な悪影響を及ぼし、テロメアの長さを維持する酵素であるテロメラーゼのレベルを低下させることが示されている(DNAの保護キャップ)。より短いテロメアは、炎症、老化の加速、およびアルツハイマー病と関連している[37,38]。さらに、幼少期に虐待を受けた人ではテロメアが短くなっている[39,40]。

アルツハイマー病予防医学としての瞑想

1949年、スイスの生理学者であるWalter Hess博士は、猫の視床下部にある2つのセンターの記述により、ノーベル医学生理学賞を受賞した [41]。そのうちの1つはエルゴトロフィーセンターと呼ばれ、電気的に刺激を与えると、交感神経ストレス反応の典型的な生理学的特徴である血圧上昇、脈拍の増加、呼吸速度の高速化、酸素消費量の増加(MVO2の増加)をもたらした。彼が視床下部の付加的な点を実証したとき、彼は新境地を切り開いたが、それは刺激されたときに、ストレス反応の正反対を引き起こした。彼はそれを栄養中枢と呼び、副交感神経の活性化、リラクゼーション、眠気、活動からの撤退と関連していた。トロフォトロフィーシステムはストレスの過負荷から保護し、回復と再生を可能にする[42]。この二分法は、ストレスの有害な影響を軽減するための生来の自然な方法が存在することを示唆している。

約20年後、ハーバート・ベンソン(Herbert Benson, MD)は、栄養栄養センターの生理学的基盤をさらに解明した。覚醒、睡眠、夢、そして第四の状態:最初に彼は “4つの状態 “と呼ばれるものを説明した。最初の3つの状態と第4の状態の間の違いは、最初の3つは自然に起こるのに対し、第4の「「弛緩反応」(RR)の誘発」とベンソンが呼ぶ状態に入るには特定のアクションが必要である [43]。

  1. 快適さ:椅子や床の上に気楽に座る。.静かさ: 人に邪魔されない場所に一人でいる、例、テキスト、電子メール、携帯電話など、リラクゼーション応答を引き出すよう。
  2. ツール:言葉、思考、呼吸、音、に焦点をあてるまたは短い祈り。
  3. 態度:他の思考があなたの心に入ってしまう場合、それらすべてを排除することのできる自分のツールに、1日2回、10-20分間、再集中する。

瞑想によって心を空白にすることは事実上不可能である。むしろ、それは、これらの4つのステップ、特に最後のツール[43,44]に従うことによって生成される覚醒した、低代謝状態である。最近では、ベンソンは「弛緩反応」を引き出すために必要な2つのステップに彼の元のアプローチを変更した:彼らは選択した技術の練習中に心に来るときに単語、音や動きと日常の思考の受動的な無視の繰り返し。研究の40年を通じて、ベンソンらは、「弛緩反応」が影響を与えるゲノム、構造、物理的、心理的、機能的な成果[45-52]を示している。

顕著に研究されている他の瞑想技術は、そのツールとして秘密の、サイレント、所定の音やマントラを使用しているマハリシマヘシヨギが教えるように超越瞑想法(TM)およびマインドフルネス瞑想やマインドフルネスベースのストレス軽減(MBSR)ツールとして呼吸に焦点を当てた仏教のアプローチが含まれている。

レビューする

  1. 「弛緩反応」:自分でツールを選択する。行う時間はテクニックにもよるが、一般的には1日2回20分程度である。
  2. 超越瞑想: 個別化されたサイレント(無音)が処方される。1日2回20分。
  3. MBSR: 呼吸に焦点をあてる。一回40分まで

これらの瞑想法を取り巻く研究の議論に続いて、ヨギ・バジャン、博士、クンダリーニとホワイトタントリックヨガのマスターによって教えられているように、キルタンクリヤは、レビューされている。キルタンクリヤには、その正確な行い方にユニークな特徴がある。それに加えて、キルタンクリヤは複数の健康的有益性のメリットを得るため、12分のセッションを1日1回だけ行う。

「弛緩反応」

「弛緩反応」の誘発は、使用される技術とは関係なく、複数の一般的な認知健康上の利点を持っていることが証明されている。高血圧を減少させることから、心臓病を改善し、インスリン抵抗性はアルツハイマー病 [19,44-47,53-55]の危険因子であるかもしれず、インスリン経路遺伝子のアップレギュレーションを含む遺伝子発現を最大化するため認知症を防ぐのに役立つ可能性がある。

長期的な「弛緩反応」実践者、19の健康なコントロール、および20の新しい瞑想者のBhasinの8週間のゲノム研究では、「弛緩反応」によって誘発される生理的変化の基礎となる分子機構が解明され、慢性的なストレスによって誘導される転写変化とは反対である遺伝子発現の違いを誘導することが示された。このように、「弛緩反応」の実践は、エネルギー代謝とミトコンドリア機能に関連する遺伝子の発現を高め、ミトコンドリアのエネルギー産生と回復力を向上させることができた。この仕事の意義は、ミトコンドリアのエネルギー機能不全はまた、アルツハイマー病の開発[56]の関連因果関係因子であると仮定されているという事実にある。

超越瞑想

ストレスとは対照的に、超越瞑想から始まる瞑想の研究は、コルチゾールレベル[57,58]を低下させることが示されている。また、超越瞑想プログラムは、上記の「弛緩反応」とは異なり、複数の利点を持っていることが示されている。画期的な研究では、それはグループとして、長期的な超越瞑想プログラムの参加者は、生理学的な年齢が12歳[59]若かえったことが示された。

超越瞑想の技術に関する350以上の査読付きの研究研究は、160以上の科学雑誌に掲載されている。最近の研究では、超越瞑想を練習している人々では心臓病死亡の48%の減少があった、さらに研究では、高血圧への効果を確認され、高度の不安[60]が減少した。これらの危険因子を減らすことは、認知症やアルツハイマー病の予防に役立つかもしれない。超越瞑想はまた、大学生の脳機能とストレス反応性を改善するだけでなく、心理的機能[61]を向上させることが示されている。これまでのところ、超越瞑想の研究はSCD、MCI、またはアルツハイマー病と診断された患者で実施されていない。

MBSR

マインドフルネス瞑想は、温情的非判断的な姿勢で、現在の瞬間の経験に対する意識の発達を伴うと言われている[62]。

MBSRトレーニングは、各2時間半の8つのグループミーティングと、コースの第6週目に1日(6.5時間)で構成されている。トレーニングはまた、実践者が身体的ストレスの領域を特定しようとする視覚化されたボディスキャン、簡単なストレッチ、および瞑想を組み込んでいる。MBSRは通常、呼吸を意識することから始まり、その後、音、視覚、味覚、思考、感情などのさまざまな感覚の知覚を含むように発展していく [62,63]。参加者には、自宅で実践できる45分間のガイド付きマインドフルネスエクササイズが収録された音声録音も提供される。一般的には1日40分が必要であるが、ある研究では、被験者の参加時間は1日平均27分であった。この特定の研究では、脳の構造、特に海馬に変化が見られた[63]。MBSRはまた、睡眠、気分、ストレス、疲労に影響を与えることも示されている[64]。

MCIの14人の被験者を対象としたMBSRパイロット研究では、認知症への進行予防に関して興味深い結果が得られた。画像検査では、MCIを持つ成人の海馬の萎縮が減少し、後帯状皮質と両側の内側前頭前野との間の機能的結合が増加していることが示されたが、記憶検査では結論は出なかった。被験者は1日30分間の瞑想を行い、上記のMBSRの他の側面も利用した[65]。

「Shamatha Project」と呼ばれるMBSRの研究では、30人の被験者が1日6時間のマインドフルネス瞑想をリトリートで3ヶ月間実践し、マッチした30人のウェイティングリストの対照群と比較した。その結果、DNA保護酵素テロメラーゼの増加が示された。しかし、唾液コルチゾールの測定値に変化はなかった [66]。この結果は、集中力、抑うつ、不安、心理的幸福感についても肯定的であった [67]。この研究は、記憶の不定愁訴のない人を対象に行われた。

最近のMBSR研究では、Pallerは37人の被験者が参加したプロジェクトで、認知機能低下の患者とその介護者に有益性があることを示した。患者17名と介護者20名の計37名が参加したプロジェクトで、認知機能低下の患者とその介護者に利益があることを示した。研究後の分析では、生活の質の評価の向上、抑うつ症状の減少、主観的な睡眠の質の改善が示された。認知に関する知見は有意ではなかった [68]。一方、キルタンクリヤを利用した研究では、ストレスを感じている認知症の介護者でMini-Mental Status ExaminationとTrail Making Bのスコアが改善したことが示されている[69]。

地域に根ざした高齢者における記憶の心配のない認知と感情に対するMBSRの効果については、Kaszniak [70]によって広範囲にレビューされている。

キルタンクリヤ 瞑想

以上の4つのステップに加えて、キルタンクリヤは、以下の5つの具体的なアクションを活用している。

  1. 呼吸:キルタンクリヤでは、呼吸は自然に吸うことが許される。
  2. 姿勢:椅子か床の上で楽にして坐ってよい。
  3. 音:キルタンクリヤは非常に特定の音が処方される。
  4. 手の位置と指の動き:キルタンクリヤ は順序に従って特定の指先の動きをする。
  5. 集中の焦点:キルタンクリヤ は独特の集中を利用する。

キルタンクリヤは、適切な監督のもとで、記憶喪失や障害の程度の異なる年齢の人でも行うことができる。さらに、メリットは、非常に最初の練習段階[71,72]から得られる。キルタンクリヤの最も有意義な点は、音源を使用して1日一回12分のセッションを行うだけであり、他のトレーニングセッション、セミナー、繰り返しの練習、追加の練習、または費用を必要としない。

キルタンクリヤ は意識的な意識を従事させ、活動化させる多面的な、多感覚の練習である。それは重要な解剖学的な脳領域への脳血流を増加し、以下に説明するように、介護者と認知機能の低下[69,71-74]を持つ人々の両方で、他の多くの利点を持っている。

【メディテーションの王道】キルタンクリヤ

音源(mp3ダウンロード)

アップルストア 11分バージョン

アップルストア 30分バージョン

姿勢

施術者は、足を床に平らにして椅子に楽に座ることができる。姿勢の本質は、自然なカーブで背骨を真っ直ぐにして快適に座る。

呼吸

瞑想を始めたら自然に呼吸をするだけでよい。

目は閉じている。

キルタンクリヤ は Saa, Taa, Naa, Maa という音を使っている。これらの音が歌われる曲は、おなじみの童謡 “Mary had a Little Lamb(メリーさんの羊) “の最初の4音である。つまり、音符は “Mar-y had a “である。

図1を参照してほしい。歌うときには、顎はリラックスした状態のままにしておこう。

図1 キルタンクリヤ:指の動きと音楽

satanama 11 minutos, Kirtan Kriya

指の動き

手を膝の上に置いた状態で、親指を他の4本の指のそれぞれに順番に触れていく。両手は同時に同じ動きをする。図1に示す。Saaでは、各手の人差し指を親指に、Taaでは、中指を親指に、Naaでは、薬指を親指に、Maaでは、小指を親指にタッチする。

親指から人差し指、中指、薬指、小指へ、という順序は常に前方向であり、決して後戻りはしない。

Kirtan Kriya 12 Minutes: Chair-Seated Guided Meditation (Kundalini Yoga & Meditation)

ビジュアライゼーション

音は頭のてっぺんから降りてきて、額の真ん中から中央に出てきて、大文字の「L」のように鼻と並んでいるように視覚化されている。この動作は、ほうきのように掃き掃除をしていると考えてよいであろう。図2参照。

図3 前頭葉の変化

シーケンス

Saa Taa Naa Maaという音を利用しながら、両手の指を使った動きを行う。同時に、音が頭頂部から額の真ん中を通ってL字型に流れるように視覚化されている。

外部の考えが侵入してしまうときは、音と視覚に自分を集中させる。

  1. . 2分間、大きな声で歌う。
  2.  次の2分間 ささやき声で歌うステージ
  3.  次の4分間 声を出さず自分の心に向けて言う。
  4.  その後2分間 再びささやく
  5.  最後の2分間 声を出して歌いこの一連の順序が終わる。

これで12分間の瞑想が完了する。アラームではなく、デジタル時計やタイマー、時計などを使っても良いであろう。

このエクササイズを終えるには、鼻から非常に深く吸い込んで、手を頭の上に伸ばし、次に鼻から息を吐きながら、それらをゆっくりとはく動きで下に持って来る。目を開けて活動を再開する前に、いくつかの深い鼻呼吸をしてほしい。

Krtan Kriya Meditation Timer

キルタンクリヤの脳と思考への影響

キルタンクリヤは活動的な瞑想であり、機能する可能性のあるいくつかのメカニズムがある。それを練習することは、アセチルコリン、ノルエピネフリン、グルタミン酸、および、おそらくGABAなどの重要な神経伝達物質を増加させることによって、脳のシナプスを安定化させる可能性がある[75-77]。先行研究がシナプス機能障害がアルツハイマー病の特異的な特徴であることを示唆しているため、これは重要である。説得力のあるデータは、シナプスの変化がその病因において重要な役割を果たしているという仮説を支持しており、おそらくこの病気の特徴である深遠な認知障害に直接寄与していると考えられている[78, 79]。

大脳皮質ホムンクルスによると、運動感覚野、舌、発声器、および指先の密な神経終末の解剖学的分割の表現は、高度な表現と関連している[73]。

したがって、施術者が音に合わせて指先を使うと、SPECTスキャンで見られるように、脳の特定の領域が活性化される。KhalsaとNewbergは、キルタンクリヤの練習中に脳の血流が有意に変化することを示した[71, 80]。血流が増加した脳のこのような活性化は、有益な効果を持っているか、または神経変性に対する保護を提供する可能性がある[81]。

図3に示すように、前頭葉では脳血流が増加している[80]。

図2 L 濃度の形態

図4に見られるように、後帯状回(PCG)も活性化されている[80]。PCGは他の重要な解剖学的領域と密接に関連しており、脳内で最も代謝が活発な領域の1つであり、多くの種類の記憶や感情機能にとって決定的に重要であるため、これは関連している[82]。PCGにおける脳血流の減少と代謝低下は、アルツハイマー病の初期徴候であり、臨床診断が明らかになる前に頻繁に存在し、神経変性に対するこの構造の特別な脆弱性を示しているさらに、アルツハイマー病の初期には、PCGと海馬の間の接続が障害されている [82]。したがって、PCGの定期的な活性化は、時間の経過とともにアルツハイマー病のリスクの低下につながるかもしれないと考えることが妥当である可能性がある。


図4 後帯状回の変化

図5に示すのは、キルタンクリヤ[80]に乗せた被験者の脳の前後の写真である。左側の脳は小さく、脳の上部にくぼみがある。これらのくぼみは血流不足を意味する。スキャン後の脳は、血流が増加した左右対称の脳を示しており、潜在的に機能低下が改善されていることを示している。

図5 脳血流の改善

記憶障害のある被験者を対象に瞑想を検討した最初の研究では、ニューバーグ[71]がキルタンクリヤの認知機能と脳血流に対するポジティブな効果を報告している。実験グループは 1 日 12 分間 キルタンクリヤ を練習し、比較グループは同量の時間音楽を聴いた。実験参加者15名の年齢は52歳から77歳(平均64歳、s.d.8)であった。7人はSCDを持っていた、5人はMCIを持っていた、と3人はアルツハイマー病を持っていた。しかし、アルツハイマー病を持つそれらのうちの1つは、キルタンクリヤを実行するための指示に従うことができないことが判明し、このデータは、結果にさらに含まれなかった。このようにして、14名の参加者が最終的な実験群を構成し、そのうちの2名はアルツハイマー病を有していた。

実験グループの参加者は、スキャンされ、その後、キルタンクリヤ瞑想を実行する方法を個別に指示された。参加者はその後、研究者によって監督されている間、12分間キルタンクリヤを実行し、再スキャンされた。参加者にはテクニックCDが渡され、毎日12分間、自宅で8週間練習するように指示された。

比較群はSCDの3人とMCIの2人で、年齢は56歳から79歳(平均65歳、s.d.10)であった。比較群では、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲2曲を含む12分間の長さのCDを毎日聴いた。

8週間の自宅での練習後、参加者はキルタンクリヤの練習前と練習後に再スキャンを受けた。また、神経心理学的テストも実施した。テストは、言語流暢性テスト、動物の命名、および分割された注意のテスト、トレイルメイキング、パートB.主観的に、実験参加者はまた、彼らの全体的なメモリ機能の改善を報告した上でスコアの有意な改善を示した。これは、SCDを持つ人々はMCIと後でアルツハイマー病 [12]への進行のための高いリスクであることをReisbergの調査結果を考えると、重要である。

ニューバーグ[71, 72]の図 6 のスキャンに見られるように、キルタンクリヤ の練習は、前頭前皮質、前頭葉(図 3 の上にも見られる前帯状回の活性化に差を生 み出し、被験者はそれを初めて練習したときと、より顕著に、1 日 12 分間 キルタンクリヤ を 8 週間続けた後の両方で差が生じた。

図6 前頭前野(PFC)と前帯状回における脳血流の増加

前帯状回とストレス調節との関連性に関するMacLullich[36]の知見が示すように、この活動の増加は視床下部-下垂体-副腎軸の機能を改善する可能性がある。興味深いのは、最近のスーパーエイジャーの研究では、最適な記憶機能を維持している高齢者は、より大きな前帯状回と大脳皮質を持っていたことが明らかにされたことである最後に、前頭前野の活動の低下はMCIと関連しているため、前頭前野の強化は特に重要である[71, 72]。

スキャンの結果に加えて、POMSテストを利用して、キルタンクリヤが記憶喪失の被験者の気分、エネルギー、情緒的な幸福感を高めることが示された [69, 71, 72]。これは、上で議論したように、他の瞑想の技術は、同じ効果を生み出すために大規模な訓練と長い瞑想期間を必要とするので、重要である。

キルタンクリヤの付加的な利点

上記の研究以外にも、キルタンクリヤに関する追加の研究では、加齢に伴って脳の容積が減少することが示されており[71, 72]、これは瞑想に関する他の観察[84]と一致している。さらに、ストレスを感じている37人の家族の認知症介護者を対象にした研究では、精神的健康、認知、免疫細胞テロメラーゼ活性に対するキルタンクリヤの効果が調べられた。実験グループは1日12分間キルタンクリヤを8週間実践し、対照グループはリラクゼーション音楽を聴いた[69]。その結果、キルタンクリヤ群は対照群と比較して、抑うつ症状のレベルが有意に低く、精神衛生、幸福感、記憶力の改善が大きかったことが明らかになった。さらに、キルタンクリヤ群では、リラクゼーション群の3.7%に対し、テロメラーゼ活性が43%と過去最大の改善を示したこれらの知見は、ストレス誘発性の細胞老化の改善を示唆している。

この研究はまた、陽性免疫機能に関連する19の遺伝子のアップレギュレーションと、プロ炎症性サイトカインなどの炎症に関連する49の遺伝子のダウンレギュレーション[85]というポジティブなエピジェネティック効果を示しており、潜在的にアルツハイマー病リスクの低下を示唆している。さらに、9名の被験者を無作為に割り付け、ベースラインと介入後にFDG-ペットスキャンを実施し、これらのスキャン結果を分析した結果、キルタンクリヤは後頭皮質を含む脳全体を活性化することが確認された[86]。

最後に、キルタンクリヤは睡眠を改善する。睡眠衛生状態の悪さはアルツハイマー病の危険因子であるため、これは重要である[87]。最近の研究では、キルタンクリヤを実践したアルツハイマー病患者とその介護者は、より少ないストレスとより良い睡眠を報告したことを示した。この研究では、キルタンクリヤで心理的なウェルビーイングが改善されたことも報告されている[8, 23]。

スピリチュアルフィットネス:アルツハイマー病予防の新しい次元

瞑想のよく知られており、極めて重要な利点は、サイコ・スピリチュアルな幸福度の高いレベルの育成である。受容、独立性、および社会化だけでなく、生活の中で意味と目的を発見し、精神的なフィットネスのすべての部分は、MCIとアルツハイマー病 [88,89]の開発のためのリスクを減らすことができる。さらに、上記で述べたスピリチュアルフィットネスの側面の一つである、人生に意味を持つことは、それ自体でアルツハイマー病リスクを減少させることが示されている[90]。心理的な幸福度が高いとテロメア長も増加し、後帯状回におけるアミロイド斑とタウのもつれの沈着と逆に関連している[91]。さらに、予備的研究では、その起源にかかわらず、精神性の感覚を持つことは、リスクを低減し、アルツハイマー病の進行を遅らせる[92]。このような意識と認知のレベルの高さは、アルツハイマー病予防の重要なフロンティアであり、さらに追求されるべき次元である。

結論

脳は定期的な瞑想の練習に好意的に反応するようである。瞑想は5000年以上古いと考えられているが、それに関する科学的研究は、その乳児期にある。ストレスの広範な負の生化学的影響を緩和することは、アルツハイマー病の予防と治療のほとんど議論されていないターゲットである。この論文では、ライフスタイルとアルツハイマー病予防、ストレス、神経変性疾患、および認知と幸福の瞑想の印象的な効果を検討している。瞑想の複数の形態について議論し、SCDやMCIの人々やストレスの多い介護者の研究で成功裏に採用されているキルタンクリヤに焦点を当てている。研究はキルタンクリヤが記憶を高め、睡眠を改善することによってアルツハイマー病の危険を減らすことを示唆し、減少する不況を、増加する福利、アップレギュレーションの免疫系の遺伝子、改善する。インシュリン、グルコースの新陳代謝およびテロメラーゼを43%増加させ、炎症性遺伝子の調整を減少させる。これまでに記録された最も大きい。さらに、ニューバーグはキルタンクリヤ [71,72]の研究において記憶損失の逆転の客観的な証拠を発見した。キルタンクリヤはまた精神的な健康の側面の数を改善する。すべての認知機能[93]の維持のために重要な。キルタンクリヤは、したがって、アルツハイマー病 [94]のための複数の危険因子を低減する。

最も注目すべきは、キルタンクリヤは、これらの結果が観察可能であるために必要な時間の量は1日わずか12分であり、CDを使用して自己指導型のトレーニングプログラムであるという事実である。これらの研究に基づいて、キルタンクリヤは安全で、手頃な価格で、すべての年齢層で学ぶことが容易な、即効性のある、そして食事療法、運動、精神的な刺激、社会活動などの他の潜在的に有益なモダリティと一緒に、右のようなアルツハイマー病予防プログラムの一部として含めるために考慮されるべきである副作用のない瞑想の練習である。キルタンクリヤはまた完全な生活様式の修正プログラムが非現実的である人のための独立した療法として利用されるかもしれない。最後に、キルタンクリヤは理論的には薬理学的治療と組み合わせることができ、それによって薬剤の予防または治療上の利点を増加させることができる。さらなる研究は現在進行中であり、記憶、睡眠、気分、幸福感、ストレスなどの結果や観察結果は、SCDやMCIの被験者を対象とした大規模な研究で検証されている。

関連動画

Kirtan Kriya Meditation
https://youtu.be/NNwAz2BRsak