COVID-19戦略政策・公衆衛生(感染症)

SARS-CoV-2の緩和ではなく根絶が健康、経済、市民的自由にとって最良の結果をもたらす THE LANCET

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

SARS-CoV-2 elimination, not mitigation, creates best outcomes for health, the economy, and civil liberties

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)00978-8/fulltext

異なる目的間のトレードオフは、政治的意思決定の中核をなすものである。パンデミックへの対応を評価する際には、公衆衛生、経済成長、民主主義の連帯、市民的自由などが重要な要素となる。COVID-19への対応においては、これらの目的が相反する必要はないという証拠が次々と示されている。一貫して根絶を目指している国、つまりSARS-CoV-2を制御し、地域社会での感染をできるだけ早く止めるために最大限の行動をとる国は、緩和を選択している国、つまり医療システムに負担をかけないように段階的に感染者数を減らすための行動をとる国よりも、一般的に良い結果を出している1。

本研究では、根絶または緩和を目指す経済協力開発機構(OECD)加盟国を対象に、パンデミック発生後12カ月間のCOVID-19による死亡者数、国内総生産(GDP)成長率、封鎖措置の厳格さを比較した(図)2, 3, 4)。根絶を選択したOECD諸国(オーストラリア、アイスランド、日本、ニュージーランド、韓国)の人口100万人あたりのCOVID-19死亡者数は、緩和を選択した他のOECD諸国に比べて約25分の1となっている(図)。死亡率は、その国の広範な疾病負担を表す指標である。例えば、意思決定者は、SARS-CoV-2感染後の長期的な病的状態を示す証拠が増えていることも考慮する必要がある5。

図 COVID-19 SARS-CoV-2の根絶と緩和を選択したOECD諸国の死亡者数、GDP成長率、封鎖措置の厳しさ

Figure thumbnail gr1

また、国の経済的パフォーマンスとの関係では、根絶が緩和よりも望ましいというコンセンサスが高まっている6。ある研究では、最小の経済的コストで根絶を達成するための最適な基本再生産数を数値化している7。この目的のために、根絶または緩和を選択したOECD諸国の2019年に関する週次のGDP成長率を考えてみよう(図)。平均して、またほぼすべての期間において、GDP成長率は根絶が緩和よりも優れている。GDP成長率は、根絶を選択した5カ国では2021年初頭にパンデミック前の水準に戻ったが、その他のOECD32カ国では成長率がまだマイナスである。

健康面や経済面でのメリットがあるにもかかわらず、根絶戦略は市民の自由を制限すると批判されている。この指標は、封じ込め・閉鎖政策の8つの指標、保健システム政策の8つの指標、広報キャンペーンの1つの指標を組み合わせて、主に人々の行動を制限する隔離スタイルの政策の厳しさを測るものである2。重要なのは、根絶は、市民の自由を最も早く回復させるための市民の連帯的なアプローチであると考えられていることだ。
SARS-CoV-2を根絶するために、住民の強い支持を得て迅速な行動を選択した国は、緩和を目指した国に比べて、経済を守り、市民的自由の制限を最小限に抑えることができるという証拠がある。今後は、COVID-19ワクチンの大量接種が通常の生活に戻るための鍵となるが、COVID-19ワクチンだけに頼ってパンデミックを抑制することは、その展開や普及にばらつきがあること、免疫力に期限があること、新たなSARS-CoV-2亜種が出現する可能性があることなどから、危険を伴う8,9。天然痘の撲滅には、ワクチン接種、コミュニケーションと市民参加、検査・追跡・隔離対策など、数十年にわたる協調的な取り組みが必要であった10。ワクチン接種キャンペーンが終了した後も、このような公衆衛生対策をある程度維持しなければ、新たな感染の波によって罹患率や死亡率が増加する可能性がある11。SARS-CoV-2の新種の拡散が懸念される中、多くの科学者がSARS-CoV-2を根絶するための協調的な国際戦略を求めている12, 13, 14, 15。さらに、米国国務省は2021年4月、COVID-19を阻止することがバイデン・ハリス政権の最優先事項であると宣言し、「世界的に終わらせるまで、このパンデミックは国内では終わらない」と強調している16。

国家的な行動だけでは不十分であり、パンデミックを終息させるための明確なグローバルプランが必要である。ウイルスと共存することを選択した国は、他の国、特にCOVID-19ワクチンへのアクセスが少ない国に脅威を与える可能性が高い。ロックダウンの時期、期間、深刻度の不確実性は、企業が投資を控え、消費者心理が悪化することで、経済成長を阻害する。世界の貿易と旅行は引き続き影響を受けるであろう。政治の優柔不断さや党派的な政策決定は、政府への信頼を低下させる。一方、根絶を選択した国は、ほぼ通常の状態に戻ると思われる。経済を再開し、グリーンゾーン間の移動を許可し18,ワクチン接種キャンペーンなどで他国を支援することができる。政府のCOVID-19対応の違いによる影響は、パンデミックの終息を超えて長期にわたる。SARS-CoV-2の撲滅を目指す国々が早期に得た経済的・政治的利益は、長期的にはおそらく報われるだろう。

IKは、Global Preparedness Monitoring Boardのメンバー。JVLは、Lancet COVID-19 Commission Public Health Taskforceのメンバーである。DSは、スコットランドCOVID-19諮問グループおよび英国内閣府COVID-19諮問グループのメンバーである。SVはTeam Halo(London School of Hygiene & Tropical Medicine、国連、Gavi(the Vaccine Alliance))のメンバーである。その他の著者は、競合する利害関係を表明していない。

良かった記事に「いいね」  していただけると嬉しいです。
今後の記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングは こちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、掲載画像、添付リンクは原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました