PANDA:政策レビュー コビッドワクチン
失敗した実験

強調オフ

PANDA,PROPAGANDA IN FOCUSワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Policy Review: Covid Vaccines

pandauncut.substack.com/p/policy-review-covid-vaccines

2023/11/28

「コビッドワクチン」と呼ばれる製品に関するPANDAのスタンスについて定期的に寄せられる質問に答えるため、2022年末、私たちは当時の考えをまとめた文書を発表した。

これはここに掲載されている。

この1年で私たちが学んだことは、その文書に書かれたことのほぼすべての面を再考させるものだった。


そう、私たちは今でも、ワクチン接種を「失敗した実験」と表現したタイトルを支持している。

しかし、私たちはさらに踏み込んでいる。

これらの製品の認可の基礎となった第III相臨床試験のプロトコルは、臨床的に無関係なエンドポイントを指定し、(主に)重篤な疾病のリスクがほとんどない健康で若い被験者を対象として実施された。その結果、その効果を測定することはできなかった。

さらに、多くの人が不正とみなすような、結果を歪曲させるための行為の証拠が急速に蓄積されつつある。いずれにせよ、結果を批判的に分析しても、全死因の転帰を考慮した場合の有益性とは一致しない。

導入後に行われたいわゆる。「実世界(リアルワールド)」研究は、明らかな交絡因子だらけで、さまざまな統計的トリック(以前は評判の良かった学術雑誌では完全に無視されていた)が使われており、その結果にはかなりの偏りがある。

したがって、公衆衛生当局者、政治家、メディアによってなされた安全性と有効性に関する主張は、根拠もメリットもないものであった。

主張されている利点は、ワクチン接種の多い集団における総死亡率や罹患率の大幅な増加を示唆する集団レベルのデータとは明らかに矛盾している。

安全性に関しても、毎週新たなデータや潜在的な生物学的危害のメカニズムが発表され、これらの不十分で複雑な治療薬は、当初主張されていたよりもかなり危険であることが示唆されている。この文章では、安全性に関する知識の現状を要約することを意図しているわけではない。

上記のことは、たとえ人口のどの層においてもワクチンに対する正当な必要性が実際にあったとしても、十分に懸念すべきことである。しかし、高齢者やその他の「弱者」の場合には(暫定的にではあるが)容認していたその前提さえも、現在では否定せざるを得ない。というのも、私たちのさらなる調査によって、「パンデミック」と称されるものに関して以下のような結論が導き出されたからだ。

すでに存在する呼吸器感染症の原因に「リスク付加的」な病原体の致死的パンデミックは存在しなかった。このことは、「新型」とみなされるものが流行していたかどうか、「それ」が実験室由来か人獣共通感染症由来か、「それ」が中国由来かその他の地域由来かにかかわらず、当てはまる。

いずれにせよ、「それ」が何であれ、緊急事態が宣言される数ヶ月前にいくつかの大陸で広く広まっていたことにより、様々なテストが狂った速度とコストで開発され、展開され、「陽性」になったことを示す証拠が十分にあるが、武漢で主張された症例を除いて、どこにも過剰な死亡率や異常な臨床症例のクラスターの報告は明らかになっていない。

したがって帰無仮説は、緊急事態宣言そのものと、それに伴う医療と社会的ケアの激変が、責任者たちが新型ウイルスのせいにしようとしているあらゆる被害を引き起こしたということになる。

いかなる病原体の蔓延も、恐怖、パニック、医療ディストピアの蔓延とは対照的に、致命的な疾病の蔓延に直結するという説得力のある証拠はない。

もし検査が受けられず、医師が呼吸器感染症の患者をその症状に応じて個別に治療し続けていたなら(数十年来の慣行に従って)、「緊急事態」が起こる前に起こっていたこと(つまり、特筆すべきことは何も起こらなかった)がその後も続いていたため、異常事態に気づくことはなかったと思われる。

言い換えれば、私たちが何もしなければ、「パンデミック」という言葉の合理的な定義に従えば、2020年のパンデミックが歴史の教科書に載ることはなかっただろう。

以上のことから、「ワクチン」と呼ばれる製品を含め、新規の治療薬を展開する必要性も正当性もなかったことになる。

「パンデミックへの対応としてワクチンが必要だったのか」と問うのではなく、「ワクチンのためにパンデミックが必要だったのか」と問うべきなのだ。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker