Orr et al 「ナチュラルキラー(NK)細胞の教育と耐性」 | NK細胞を教育・訓練して、出現した「自己」パターンを認識させるのは、自然免疫系の生得的抗体(Abs)である…
高親和性で特異性の高い、非中和のCOVIDワクチン誘導抗体は、ウイルスとの結合において自然免疫に勝り、NK細胞を訓練することができない。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ

子どものワクチン自然免疫

自然免疫系を教育する機会を子供に与えることは、非常に重要であり、母体の抗体がなくなると同時に、子どもは自然免疫によって積極的に免疫を獲得しなければならない。

これに歯止めをかけるためには、世界中の小児科医の協力が必要なので、彼らを教育していかなければならない。私たちの健康な子供たちにこのような注射を止めるために、トランプ大統領に参加してもらう必要がある。それは必要とされるものではない。FDAとCDCとNIHとモデルナとPfizerは、COVID感染による深刻な結果のリスクが統計的にゼロであるのに、私たちの子供たちにワクチンを接種しようとするこの無理強いで、ここにIMOの犯罪的なステップを踏み出した。

子どもの自然免疫系の抗体(あらかじめ活性化された状態で持ってくるもの)は、子どもが現在直面しているウイルスを滅菌(排除)するための訓練と実践、自然免疫系が将来、自然抗体がなくなったときに他のウイルスを認識するための訓練、そして重要なことは、子どもの「非自己」成分から「自己」を見分けるための訓練をする狭い機会を持っていることだ。幼児期の子供の自然免疫系は、「自己を模倣する」パターンから自己を最適に認識するように訓練されなければならない。ニュアンスは違うが、重要なことだ。自然免疫系のナチュラルキラー(NK)細胞は、この区別をするように訓練されなければならない。この訓練は、母親の抗体が弱くなったらすぐに始めなければならない。

これには自然免疫系のNK細胞の訓練が必要で、この「訓練」の時期を過ぎると不可逆的に、子どもは自己免疫反応や病理学的な影響を受けやすくなる。NK細胞が自然免疫系によって訓練されないと、子供は、(他の糖化ウイルスによる)様々な感染症や、癌の危険にさらされることになる。NK細胞は、細胞溶解性または細胞傷害性であり、ウイルス感染細胞や異常な変化した細胞を殺すものである。

このコビッドワクチンを接種すると、生来の抗体と生きたウイルスの結合部位との結合が阻害され、子どもは死の道を歩むことになる。他にどう言えばいいのかわからない。もしコビッドワクチンを接種するのであれば、その前に弱毒性生ワクチン(麻疹、おたふくかぜなど)を接種しておくことも重要だ。少なくとも、感染した場合に宿主細胞の表面パターンが類似している他のグリコシル化ウイルスに対して、自然免疫系に「訓練」と「教育」の機会を与えることになる。しかし、私たちは、あなたの子供、あなたの健康な子供に、これらのコビッドワクチンを接種しないようにお願いする。

「ナチュラルキラー(NK)細胞は  感染細胞や形質転換 細胞の直接 細胞 溶解や強力な免疫メディエーターの 分泌により、特定の感染症や悪性腫瘍に対する免疫反応において重要な 役割を担っている。 NK細胞は、自己の分子を認識する活性化受容体を多数発現している。 自己細胞表面の主要組織適合性複合体 (MHC)クラスI タンパク質を 認識する抑制性受容体に拘束されなければ 、NK細胞は正常で健康な細胞を殺傷することが可能である。 すべてのNK細胞が自己MHCクラスIに対する抑制性受容体を発現しているわけではない。したがって、NK細胞による自己免疫を防ぐためには、他の寛容機構が必要である」。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker