なんてこった!ファイザーがコビッドを変異させた!!
『コンタギオン』と『イディオクラシー』が融合した映画脚本。

強調オフ

サーシャ・ラティポワワクチン- 製薬会社、CDC、FDA、DoD

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

sashalatypova.substack.com/p/omg-pfizer-is-mutating-covid

OMG! Pfizer is MUTATING COVID!!!
Movie script where “Contagion” meets “Idiocracy”.

Sasha Latypovaサーシャ・ラティポワ

早速の投稿である。Project Veritasが公開した、「ファイザーの研究開発担当上級幹部」がファイザーが計画しているコビッドウイルスの「有向進化」について主張している「爆弾発言」ビデオについて、コメントを求められた。

プロジェクト・ベリタス

ブレイキングファイザーが 新しいワクチンのためにCOVID-19ウイルスの「変異」を探索中 「これは誰にも言わないでほしい…リスクがある…変異させたこのウイルスが何かを作らないように非常にコントロールしなければならない…正直言って、武漢で始まったウイルスと同じやり方である」#DirectedEvolution(ダイレクトエボリューション)

12:30 AM ∙ 2023年1月26日

まず、この人について。この人が誰なのか、今、ファイザーで働いているかどうかを検証している人がいる。とりあえずファイザーに勤めていると仮定しよう。彼の肩書きは、R&Dオペレーションとサイエンティフィック・プランニングのディレクターである。この分野は科学分野ではないことを理解しておいてほしい。彼は研究室で働くわけではない。彼は、紙を押し、パワーポイントやその他のドキュメントを作り、ベンダーと話をする。ファイザーはすべての科学的および臨床試験業務をアウトソーシングしている。ファイザー社内の誰も製品に関連することはしない。責任を回避するため、そして請負業者に詐欺行為を代行させるため(そうすれば、幹部は常にもっともらしい否認権を持つことができる)である。

おまけにこいつは知性がない。酔っ払ってはいるが、IQも明らかに平均的である。ファイザー社が過去10年ほどの間に大量に採用したのはまさにこのタイプで、一方で、薬の設計や開発の仕方を知っている知的で経験豊かな人々を排除した。なぜなら、彼らは都合の悪い質問をしすぎ、「コビッド反応」という名目で大量殺人を実行することに簡単に惑わされないだろうからだ。

もちろんこいつはモラルがない。

彼は「突然変異を起こすウイルス」あるいは「指向性進化」について話しており、ピーター・ダザックとラルフ・バリックがNIHに提案するのと同じ方法でそれを説明している-同じ用語、同じ実験デザインとアイデア、そしてこの同じ脚本が何十年も存在している。どうして私が知っているか分かるだろうか?私は1970年にソビエト連邦で出版された生物化学兵器に関する本を持っているが、2018年にNIHが出版したものも持っている。同じようなこと、同じような概念を繰り返している。ファイザーの男はおそらくBARDA/DARPAのメモから脚本を得たのだろう。BARDAは今日の医薬品研究開発の50%に資金を提供している。しかし、それは物語である。人為的にウイルスを死滅させ、同時に感染力を高めるという、彼らがほのめかすような「ウイルスの突然変異」を実験室で行う方法はない。これは非常に特殊な目的を持ったプロパガンダのおとぎ話なのである。真剣な顔でこれを繰り返す人(「彼ら」の側でも「私たち」の側でも)は、非常に心配になるはずだ。

確かに、科学者はDNA/RNAのスープで実験したり、ペトリ皿で物を育てたりすることができる。コンピューター上で突然変異をデザインし、調合したものを作ろうとすることもできる。しかし、それらは「研究室から漏れて」「世界に感染」する「ウイルス」なのだろうか?その証拠に、アメリカや欧米には1000ものバイオラボがあり、ウイルスと戯れているが、これらの活動からパンデミックや伝染病が発生したことはない。断言するが、基本的なSOPを守れるアカデミックなラボは一つもなかったし、もし「危険なウイルス漏れ」なんてものがあれば、常に発生しているはずだ。もし、そのようなことが本当にあり、私たちが常にそれを抱えていたとしたら、それは私たちがすでにそれに対して十分に適応しているということだ。病気の局所的な集積が検出されているが、それは実際の「漏洩」ではなく「展開テスト」である可能性が高い。それらは毎回自己消火している。

このような研究所からは常にマウスが脱走している。マウスのパンデミックはどこにあるのだろうか?

これは、2013年に遡る、いくつかの大胆な脱走劇の物語である。脱走者たちは、超凶悪な「人工」組換えSARS COVウイルスを持っていたのである。がーん!少なくとも1人はほうきで捕らえられたが、他の者はラルフ・バリックの秘密のバイオセキュリティーレベル・インフィニティ研究所から自由になることができた。幸運を祈る、勇敢な小さな魂たちよ…

続きを読む

このビデオに登場する人物は、ウイルスを動物間で循環させるという、昔からある手法の話をしているが、ウイルスはこの方法でしか減衰しないので、何の成果もないことが分かっている。しかし、それは不可能だ。ファイザー社は「ワクチン」の前臨床試験でSARS-Cov-2をサルに感染させることができなかったのは有名な話である。この研究では、動物から動物への感染は試みず(うまくいかないことが分かっているから)、動物を直接鼻や口に噴霧して、通常は肺に液体が入る程度の量で、特にマウスなどの小さな種には肺炎を起こさせる。

マウスといえば、最近の悪名高いボストン大学の研究、つまり80%の殺人コビッドを作り出すために「ウイルスを変異させた」研究を覚えているだろうか? 他のマウスから感染したマウスはなく、死んだマウスの8/10は研究者によって安楽死させられた、なぜなら(彼らは死ぬつもりだったのか?) そう、これだ。これは、この酔っぱらいが、スクープを取ったと思っている目を見開いたProject Veritasの記者に与えているのと同じゴミ科学クリックベイト記事だったのだ

BARDA/DARPAから直輸入されたもう一つの路線は、「突然変異の予測」と「予防的なワクチン開発」についてである。まったくナンセンスだ。博士号を持つサイコパスが、末端まで騙されやすい国民と、「パンデミック対策」のために何兆ドルもの資金を承認する政治家に押し付けているのだ。ここに本題がある。これは単なる愚かで科学的に無能なお喋りではない。実は、この世界的犯罪の犯人にとって最も重要なことを推進するために、非常によく考えられた軍国主義のプロパガンダ物語なのである。

犯人は、何としても、「研究室でウイルスを変異させる」ことで何か恐ろしい結果が得られ、それが「流出」することを信じてもらう必要があるのだ。誰でも、たとえ自宅のガレージにいる博士号取得者でも、それが可能だということだ。敵はそれをやっていて、今にも超怖いバグを「発表」しそうだ。ただし、政府が「予測ワクチン」を備蓄して、中国で新しい怖いウイルスが検出されたら数日で配備できるような準備をしていなければ、だが。あるいはトンンブクトゥ(マリ共和国)で。

イタリアの海辺の町で、店先の窓ガラスが全部割れて、交換してもまた割れて、最後にはどの店にも親切な人が訪れて、店主に「保護」を売って、毎月保護費を払っていれば、窓ガラスは大丈夫という話を知っているだろうか? 誰が窓ガラスを割ったか知っているだろうか?

これは同じ話だが、ウイルスの帽子をかぶった操り人形で語られている。この物語の作者がイタリアの兄弟よりも賢いことを除けば、彼らはプロパガンダと巧みに配置された化学物質によって、恐ろしいウイルスがリリース(またはリーク)されることを皆に納得させ、それから政府の「保護」を売り込むのである。今回は、この段階で、彼らは本当の殺戮をしようとしている。怖い突然変異の予測進化ウイルスが本当に研究所から流出した(そして前回のように市場でコウモリから飛び降りなかった)ことにして、世界的パニックを画策する準備をしているのだ。彼らはすでに、人々が路上で死んでいるビデオ映像やその他の宣伝用プロパガンダをすべて準備している。彼らはそれをどこか離れた場所で発表し、ジョンズ・ホプキンスのウイルス追跡装置はオーバードライブになり、世界中が真っ赤に染まるだろう。そして数日のうちに「命を救うワクチン!」を手に入れ、完全なパニックのもとで義務化、隔離、注射などを進め、自分たちが殺したのはすべて恐ろしい変異したウイルスのせいだと言い張るだろう。

絶対に騙されないでほしい

確かなことは分からないが、Project Veritasはここで自分たちの冗談のネタにされたのではないかと強く思っている。彼らは、この「極秘」情報を「リーク」した国防機関に踊らされ(それは彼らの公開文書やウェブサイト上に貼り付けられているので、それを読めばいいだけだ!)、Project Veritasはそれをまんまと信じ込んでしまったのである。

追記ここでインタビューに答えている人が本当にファイザーで働いていて、このビデオで言っていることを本当に信じているかどうかは、あまり問題ではない。私は彼がそうであり、そうであることを確信している。そこがポイントだ。ある種の知的軽さと、機能しない道徳心を持った人々を雇いさえすれば(現在の大学システムはこの製品を生み出すのに完璧に仕上がっている)、確信を持って望むセリフを繰り返すように仕向けるのは簡単だ。)

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker