認知症の人とその介護者のためのマインドフルネストレーニング 根拠、現在の研究、今後の方向性

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Mindfulness Training for People With Dementia and Their Caregivers: Rationale, Current Research, and Future Directions

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6008507/

要旨

世界人口の高齢化が進み、認知症の有病率が上昇している。2050年には60歳以上の人が人口の4分の1を占めると予測されている。それに伴い、認知症の人の数も増えている。残念ながら、認知症には治療法がない。改善の見込みがないまま症状が進行することは、患者にとっても介護者にとっても対処が難しい。介護者と患者の双方の幸福をサポートするためには、新たなエビデンスに基づいた戦略が必要である。マインドフルネスのトレーニングは、さまざまな精神衛生状態の心理的な幸福を改善することが示されている体と心の介入である。

マインドフルネス、現在の瞬間の経験への非判断的な注意は、標準的な8週間のトレーニングで開発することができるスキルである。研究では、マインドフルネスに基づく介入が認知症の人や介護者に利益をもたらすという、予備的ではあるが有望な結果が示されている。

本レビューの目的は、(a)認知症患者やその介護者のためのマインドフルネスに関する研究を概観することで、認知症ケアの文脈でのマインドフルネスの応用の根拠を示し、(b)認知症の文脈でのマインドフルネスに関する今後のプロジェクトへの示唆を与え、今後の研究への提言を行うことである。

略語
  • MBI マインドフルネスに基づく介入
  • MBSR マインドフルネスに基づくストレス軽減
  • MBCT マインドフルネスに基づく認知療法

序論

世界人口の高齢化が進み、認知症の有病率が上昇している。2050年までには、60歳以上の人が世界人口のほぼ4分の1を占めると予想されている(Prince er al)。 認知症を発症する人は、主に記憶の喪失を懸念しているが、コミュニケーションの困難さ、コントロールの喪失、自律性の喪失も経験している。非公式の介護者は認知症の人のケアにおいて重要な役割を担っている(de Vugt and Verhey, 2013)。認知症の人の非公式介護者は、介護を提供することがストレスになることを経験し、身体的に弱い高齢者や非介護者よりも高いレベルの心理的苦痛を示している(Pinquart and Sörensen, 2003)。認知症と診断された瞬間から、認知症の本人も介護者もストレスと不確実性に満ちた時期を迎えることになる。

現在の認知症の人と介護者を支援するための介入は、二人のグループではなく、どちらか一方のグループに焦点を当てていることが多い(Schulz et al 2007)。介護者と認知症の人の両方の幸福をサポートするためには、新しい戦略が必要である。マインドフルネストレーニングは、健康な集団と臨床集団の両方で心理的な幸福度を改善することが示されている介入である(Fjorback et al 2011; Hempel et al 2014; Khoury et al 2015)。マインドフルネスに基づく介入(MBI)は、特に高齢者や介護者の幸福度を高めることを示唆しており、経験的な支持が高まっている。

本レビューの目的は、(a)認知症の人やその介護者に対するマインドフルネスに関する研究の概要を示すことで、認知症ケアの文脈でのマインドフルネストレーニングの適用の根拠を示し、(b)認知症の文脈でのマインドフルネスに関する今後のプロジェクトへの示唆を与え、今後の研究への提言を行うことである。

マインドフルネスに基づく介入。一般的な概要

マインドフルネスの要素を含む介入は多岐にわたっているが(例:アクセプタンス&コミットメント療法本レビューでは、最大のエビデンスベースを持つ2つのプログラム、マインドフルネスに基づくストレス軽減(MBSR)とマインドフルネスに基づく認知療法(MBCT)に焦点を当てている。これらのグループベースのプログラムは、健康な集団や精神障害や身体障害を持つ人々を対象に研究されており、十分な効果が示されている(Chiesa and Serretti, 2009; Hofmann et al 2010; Hempel et al 2014)。

これらの標準化されたプログラムの主な特徴は、マインドフルネスの育成である。マインドフルネスは、母集団に分布する特性であると同時に、マインドフルネス瞑想を実践することで鍛えられるスキルでもある(Brown and Ryan, 2003)。標準的なプログラムは、週8回のグループミーティング(各2~2.5時間)に加えて、第6週に1日のクラスを行い、1日約45分の宿題を出すというものである。プログラムには、ボディスキャン、ハタヨガ、座位瞑想、歩行瞑想などの瞑想的なエクササイズが組み込まれている(Kabat-Zinn, 1990; Segal er al)。 どんなスキルでもそうであるように、参加者がマインドフルネスを開発し続けることができ、将来の困難な状況でそれを使用する可能性があるように、プログラムが終了した後も練習を続けることが重要である。

マインドフルネスと老化

MBIと加齢に関する最近の研究では、認知的、感情的、心理的な領域で肯定的な効果が示されている。マインドフル瞑想が注意力、記憶力、実行機能、処理速度、一般認知を改善する可能性があるという予備的な証拠がある(Gard et al 2014年;Marciniak et al 2014)。さらに、研究では、瞑想が脳の構造と機能、特に注意制御、自己認識、感情調節に関与する領域に影響を与えることが示されている(Luders, 2014; Boccia et al 2015; Tang et al 2015)。より体系的な研究が必要であるが、予備的な結果は、瞑想が加齢に伴う認知機能の低下を軽減する可能性があることを示している(Kurth et al 2017)。これらの結論は、横断的研究(例えば、瞑想者と対照者を比較する)と、瞑想トレーニングの期間と種類の違いによる縦断的研究の両方から導き出されている。

マインドフルネスが健康的な老化を促進するメカニズムはいくつか提案されている。これらには、注意力のコントロールの強化、神経機能の維持、心理的な幸福度の向上、全身の炎症の減少などが含まれる(Larouche et al 2014; Fountain-Zaragoza and Prakash、2017)。

マインドフルネスから意味への理論(Mindfulness-to-Meaning-Theory)は、マインドフルネスが心理的幸福感を高めるメカニズムを提案している(Garland et al 2015b)。マインドフルネスの実践を通して、参加者は、ストレスの多いライフイベントの解釈に影響を与える現在-瞬間の意識の非判断的な状態を開発する。このように発達した意識の幅、精神的柔軟性、苦しい思考や感情を真実ではなく、過ぎ去る出来事として捉える能力は、ストレスの多い出来事のネガティブな影響を軽減する。肯定的な再評価を促進することは、拡張-形成理論(broaden-and-build-Theory)(Fredrickson, 1998)で規定されているように、肯定的な心理的プロセスの上昇スパイラルを活性化させ、心理的な幸福感を高める(Garland er al)。 状態のマインドフルネスと再評価が互いに強化しあう上昇スパイラルの支持は、自己回帰的潜行軌跡モデルを用いた研究(Garland et al 2017)など、いくつかの研究で見出されている。また、別の研究では、状態のマインドフルネスとポジティブな感情がお互いに高め合う上昇スパイラルを示した(Gotink et al 2016)。

さらに、ストレスの軽減はテロメラーゼ活性の増加、血圧の低下、心拍数の低下をもたらす可能性がある(Innes and Selfe, 2014)。さらに、最近のレビューでは、マインドフルネス瞑想が認知的予備力を高め、加齢に伴う認知機能の低下を緩和する可能性があることが示唆されている(Malinowski and Shalamanova, 2017)。

これらのメカニズムは、おそらく認知症発症のリスクを軽減し、神経変性のプロセスを遅らせる一般的な経路として提案されている。MBIを有する高齢者の認知機能の改善に関する研究は決定的なものではないが(Berk et al 2016)限界がないわけではないが、MBIが高齢者の心理的幸福感を高めるという予備的な証拠がある(Geiger et al 2016)。この支持の大部分は、比較群を持たない実現可能性のある研究から得られている。これらの研究では、疼痛、注意力、睡眠、気分の上昇、グローバルな生活の質(Morone et al 2008)情緒的な幸福(Splevins et al 2009)不安、反芻的思考、睡眠問題、抑うつ症状(Foulk et al 2014)情緒的苦痛(Young and Baime、2010)に関する有益性が報告されている。高齢化領域の2つのランダム化比較試験(RCT)のうちの1つでは、MBSR参加者の孤独感が待機者群よりも大きく減少したことが報告された(Creswell et al 2012)。他のRCTでは、MBSR群と教育群の両方で障害、疼痛の重症度、心理的機能の改善が報告されている(Morone er al)。

以下のセクションでは、介護者のためのMBI(「マインドフルネスと介護者」のセクション)と患者と介護者の二人一組(「介護者と患者の二人一組のためのマインドフルネス」のセクションを参照)に関する研究のレビューを提供する。その後のセクションでは、認知症の人のためのMBIに関する研究のレビューと認知症の人が関与する研究に焦点を当てている(セクション「認知症の人のためのマインドフルネス」を参照認知症の人の介護者(セクション「認知症の人の介護者のためのマインドフルネス」を参照認知症の人と介護者の二人一組のためのマインドフルネス(セクション「二人一組のためのマインドフルネス(認知症と介護者が一緒に)」を参照)。研究は、PubMed、Web of Science、PsychINFOで以下の検索語を用いて検索した。”(マインドフルネス OR MBCT OR MBSR)” AND “(認知症 OR アルツハイマー OR 認知機能低下 OR MCI OR 介護者)” 軽度認知障害(MCI)と主観的認知機能低下(主観的認知機能低下)についての研究は、これらの状態の人は認知症を発症するリスクが高いため、対象とした。質的研究と量的研究の両方を対象とし、研究には標準的なMBIを含める必要があった。さらに、調査対象論文の参照リストから関連性のある研究を追加した。

マインドフルネスと介護者

インフォーマルな介護者を支援するためのMBIに関する研究は、実現可能性と精神衛生上の潜在的な利益を示唆している(Jaffray et al 2016; Li et al 2016)。ほとんどの研究では、末期患者(例えば、進行期がん患者)から慢性疾患(例えば、糖尿病)まで、さまざまな疾患の介護者を対象とした非対照試験が行われた。

認知機能またはその他の機能障害を有する高齢者の介護者を対象とした非対照パイロット研究では、調整されたMBSRプログラム(90分間のセッションを短くしたもの)を受け、抑うつ症状の改善は見られたが、マインドフルネスの改善は見られなかった(Epstein-Lubow et al 2011)。慢性疾患を持つ患者の介護者を対象とした1つのRCTでは、積極的なコントロールと比較して、主要アウトカムであるうつ病の改善が示された(Hou et al 2014)。さらに、不安、自己効力感、マインドフルネスの改善が認められた。しかし、ストレス、生活の質、自己憐憫の効果は認められなかった。

介護者と患者の二人一組のためのマインドフルネス

介護者と患者の生活は密接に関連しており、MBIはこれらの(共有された)生活体験を判断せずに存在することを目的としているため、介入を患者と介護者の両方のシステムに適用することで、トレーニングの有益な効果を高めることができるかもしれない。介護者と患者が一緒にMBIに参加するように募集した非対照研究がいくつかある。1つの試験前および試験後のデザイン研究では、21人の患者と介護者の二人一組がMBSRトレーニングを完了し、介護者と患者の両方が気分、ストレス、マインドフルネスの改善を示した(Birnie et al 2010a)。がん患者の介護者を対象とした適応MBSR(6週間:3回の対面セッション、3回のオーディオテープセッション)を用いたパイロット研究では、26の二人一組が含まれ、患者のストレスと不安の改善が報告されたが、介護者には有意な変化は認められなかった(Lengacher et al 2012)。混合法研究では、肺がん患者19人とパートナー16人を対象とした(van den Hurk et al 2015)。パートナーの間で介護者の負担は減少した。しかし、参加者全員の精神的苦痛には有意な変化は認められなかった。半構造化インタビューの質的分析から、MBSRトレーニングは、患者とパートナーの両方が自分の考え、感情、身体感覚をより自覚し、より多くの洞察を得るプロセスを開始したことが示された。さらに、参加者は、パートナーと一緒に参加することが有益であったと報告した。また、パートナーと一緒に参加することで、お互いに励まし合い、より良い相互理解につながったとの報告があった。

マインドフルネスと認知症

認知症の人のためのマインドフルネス

MCIや主観的認知機能低下(SCD)を持つ人を対象とした研究では、MBIの効果を調べている。MCIを持つ人のアルツハイマー病への転化率は年間5~17%と高く(Cheng et al 2017)、主観的認知機能低下を持つ人の約60%が15年間でアルツハイマー病を発症し続ける(Reisberg et al 2008)ことから、これは認知症研究に有益である。

MCIまたは主観的な記憶の訴えを持つ人を対象とした研究では、MBIの効果が検討されてきた。1つのパイロット研究は、MCIの14人を対象とした無作為化試験であり、マインドフルネス条件の人々の認知、生活の質、幸福度の改善傾向が見られた(Wells et al 2013)。MCIの22人を対象としたRCTでは、MBI群の参加者は対照群に比べて記憶力の低下が少なく、抑うつ症状の減少が大きいことが示された(Larouche et al 2016)。

MCIに関するこれらの研究の他に、主観的認知機能低下を持つ人を対象とした研究が3件ある。1つのパイロット研究では、主観的認知機能低下を持つ34人の高齢者を対象とし、心配事の重症度の改善が示された(Lenze et al 2014)。主観的認知機能低下患者を対象としたMBSRに関する別の研究では、主観的認知機能低下を持つ14名の高齢者と持たない22名の高齢者を対象としたRCTが行われた(Smart et al 2016)。主観的認知機能低下の参加者は、認知的不満の減少と記憶の自己効力感の増加を報告した。MBSR参加者全員で注意制御が改善された。最近、主観的認知機能低下を持つ中高年を対象としたフィージビリティ混合法研究では、MBSR後の参加者は記憶の不満について心配することが少なくなったと報告されている(Berk et al 2017)。さらに、ストレス障害と主観的な神経認知問題を持つ高齢者を対象としたRCTでは、MBSRと健康教育を比較し、主要なアウトカムは記憶と認知コントロールであった(Wetherell et al 2017)。MBSRを受けた参加者は、記憶力の改善が大きかったが、認知コントロールの改善は見られなかった。さらに、MBSR群は心配、抑うつ、不安の尺度で改善し、ベースラインのコルチゾール値が高い人ではコルチゾール値が低下した。

これらの研究は、主観的認知機能低下やMCIを持つ高齢者を対象としたMBSRの実行可能性と、記憶力の改善に関する予備的な証拠を示しているが、MBIが認知機能の低下に影響を与えるかどうかを調査するためには、より多くの研究が必要である。そのような研究が開発され始めている。最近、MCI患者を対象としたマインドフルネスのプロトコル混合方法縦断研究が発表された。この研究では、カスタマイズされたMBIがMCIを持つ人の日常生活活動における認知機能、メンタルヘルス、マインドフルネス、機能的能力を改善するかどうかを、1年間の追跡調査で調査する(Wong et al 2016)。

認知症の人の介護者のためのマインドフルネス

最近のシステマティックレビューでは、認知症の人の介護者はストレスの上昇を示し、注意力や実行機能のパフォーマンスが低下していることが報告されている(Allen et al 2017)。さらに、認知症の人の介護者は、不安や抑うつのレベルの上昇を示している(Baumgarten et al 1994年;Mahoney et al 2005)。研究では、認知症の人の介護は他の介護に比べて特にストレスがかかることが報告されている(Ory et al 1999; Kim and Schulz, 2008)。

3つのRCTでは、認知症の人の介護者におけるMBIの効果が調査されている(Oken er al)。 ある研究では、31人の介護者を、適応型MBCT(90分のセッション、7週間)と、教育とレスパイトのみの2つの対照群に分けた(Oken et al 2010)。MBCTと教育は、レスパイトのみの群と比較して、介護者ストレスの一次アウトカムを改善した。副次的なアウトカムである認知とマインドフルネスには効果は認められなかった。別の研究では、78人の認知症介護者をMBSR群と対照群に無作為に割り付けた(Whitebird et al 2012)。MBSR群の介護者は、全体的なメンタルヘルス、ストレス、抑うつ状態の改善がみられた。どちらの介入も不安、社会的支援、負担を改善した。別のRCTでは、認知症の人の家族介護者38人をMBSR群と標準的な社会的支援対照条件に無作為に割り付けた(Brown er al)。 MBSR群の介護者は、積極的な対照群に比べて知覚ストレスのレベルが低いと報告したが、3ヵ月後の追跡調査ではそうではなかった。

二人一組のためのマインドフルネス(認知症と介護者の共同作業

これまでに、認知症の人とその介護者の両方を対象にMBIを調査した研究は2件のみである。1つの研究では、認知機能低下が進行している人(n = 17,大半が認知症)とその介護者20人を対象にMBSRを調整した(Paller et al 2014)。この研究では、生活の質と抑うつ症状の改善が示されたが、患者と介護者の認知機能については有意な所見は得られなかった。別のパイロット研究では、12名の認知症患者と8名の介護者が標準的なMBSRを受けていた(Leader et al 2013)。インタビューと観察の結果、認知症の参加者の中にはマインドフルネスを学ぶことができ、生活の質の向上を経験した人もいた。介護者の評価は、生活にうまく対処するのに役立っているという点で非常に肯定的であった。両群とも介入後に生活の質の向上を示したが、3ヵ月後のフォローアップでは維持されなかった。

これらの研究は、認知症の人とその介護者を一緒にMBIに参加させることが可能であり、有益である可能性があることを示している。大半の研究ではこれらのグループを分離しているが、介護者と認知症の人の幸福度は互いに影響し合うため、文脈の中で考慮されるべきである。ある研究では、横断的分析と縦断的分析の両方を用いて、認知症患者1222人の苦しみの役割と介護者の幸福度を調査した(Schulz et al 2008)。この研究では、横断的分析と縦断的分析の両方で、認知症患者の認知された苦しみが介護者の抑うつと負担に寄与していることが示された。重要なことは、これは認知的・身体的障害、記憶の問題、破壊的行動、介護に費やす時間の影響をコントロールした後のことであった。

今後の方向性と考察

現在の研究では、認知症の人とその介護者を対象としたMBIの理論的根拠が支持されているが、RCTは少数しか実施されておらず、より多くの研究が必要である(表11参照)。今後の研究にはいくつかの推奨事項がある。

表1 介護者と患者の二人一組を対象としたMBI研究、および主観的認知機能低下、MCI、または認知症の人を対象としたMBI研究の概要

原文参照


まず、より方法論的に厳密な試験(アクティブコントロールを伴うRCT)が推奨される。アクティブコントロールは、ドードーバード評決;すべての心理療法が等しく有効であるという強力な証拠を考えると、特に重要な要素である(Luborsky et al 2006;Cuijpers and Pim、2017)。しかし、同じメカニズムで効果が実現されているわけではない。マインドフルネス介入は複雑なプロセスであるため、研究プロジェクトでは、認知症の人と介護者という複雑な環境でマインドフルネスを適用することへの洞察を深めるために、試験の結果だけでなく、効果がどのようにして実現されるのかというメカニズムにも取り組むべきである。また、長期的な効果についてはあまり知られていないため、フォローアップ測定を行うことが推奨される。さらに、MBIのアクティブ・コントロールは、特にマインドフルネス・トレーニングに関連した「コミュニティ」の非特異的効果をコントロールする必要がある。つまり、アクティブ・コントロールの条件は、個人的な接触、他の人と一緒にいること、そして “コミュニティ “の感覚を同じ程度提供する必要がある。

第二に、認知症の人やその介護者にとって、どのような調整が必要なのか、またどのような調整が必要なのかは不明である。いくつかの研究では、MBSRやMBCTのプロトコルを認知症の人や介護者の文脈に合わせて調整することが頻繁に行われているが、具体的な調整の効果や根拠は不明である。例えば、多くの研究では、標準的なMBSRまたはMBCTプロトコルを調整して、セッションの持続時間を短くしたり(例えば、Ernst et al 2008年宿題の持続時間を短くしたり(例えば、Mallya and Fiocco、2015年サイレントデイを含まないようにしたり(例えば、Paller et al 2014)している。別の研究では、8回のセッションを8ヶ月間に分散させることで期間を延長した(Zellner Keller et al 2014)。しかし、ある研究では、心配性症状と自覚的認知機能障害を有する高齢者を対象に、12週間の延長MBSRと8週間のMBSRを比較したところ、MBSRの期間の違いによる効果の差は認められなかった(Lenze et al 2014)。別の研究では、4週間のMBSRで1hセッションを短くした場合、介護者の負担が改善されたことが示された(Hoppes et al 2012)。異なる調整と異なるアウトカム指標では、どの要素が重要なのかを見極めるのは難しい。さらに、MBSRやMBCTプロトコルに大きな適応を持つ他のプログラムが認知症の人のために開発され(Chan et al 2017)パイロット研究ではケアホームでの実現可能性が示された(Churcher Clarke et al 2017)。他のより長い形態では、マインドフルネス、認知刺激療法、進行性筋弛緩に基づく週3回のセッションを含む2年間のアルツハイマー病患者の認知に関するベネフィットが示された(Quintana-Hernández et al 2015)。

一般的な調整ではなく、トレーニング群内での調整の必要性を駆り立てる大きな個人間差があるかもしれない。したがって、トレーナーと参加者の両方から、ある程度の柔軟性を持ってトレーニングにアプローチすることが有用かもしれない。また、「ワンサイズ・フィット・オール」のアプローチはないかもしれない。このことを念頭に置いて、今後の研究では、どのような変更が有益なのかを調査すべきである。例えば、家庭での実践をサポートするための実践的な戦略や、個人に合わせた教材の選択などを検討すべきである。おそらく、思いやりや自己憐憫に特化したエクササイズを増やすことは、貴重な付加価値があるだろう。しかし、これは理想的には3群RCT(MBIに思いやりを追加した場合と追加しない場合、アクティブコントロール)で調査されるべきである。MBIの構成要素を調べることは、認知症の人やその介護者だけでなく、最近では話題になっている。最近では、MBIの本質的な特徴やMBIの教師についても述べられている(Crane er al)。 しかし、セッションでの最適な練習時間や宿題に費やす時間については触れられていない。練習時間の量はプログラムのポジティブな成果とは関係がないように思われるので、家庭での練習を調査することは、宿題のための異なるガイドライン(すなわち、より少ない時間)につながる可能性がある(Dobkin and Zhao, 2011)。これらの研究や他の研究では、練習時間を測定しているが、自己申告に頼っている。しかし、6週間のMBCTベースのプログラムにおいて、客観的な電子的測定を用いて同様の結果が得られており、練習へのアドヒアランス(練習時間の長さ、頻度、選択した瞑想の種類)はアウトカムと関連していないことが示されている(Ribeiro et al 2017)。最近、8週間のMBIと4週間のMBIを直接比較した最初の研究では、マインドフルネスとポジティブ感情において対照群と比較して改善が見られたが、4週間のMBIと8週間のMBIの間では改善は見られなかった(Demarzo et al 2017)。このように、短縮型MBIは標準的なMBIと似たようなものかもしれない。プログラムの長さと実践に関するこれらの研究は、プログラムの調整に関する今後の研究の指針になるかもしれない。より短いプログラムや短いセッションも同様に効果的かもしれないし、より多くの人が利用できるようになるかもしれない。特に、認知症の介護者にとっては、時間的な投資が大きな障害となる可能性があり、短いプログラムの方が参加の可能性が高くなるかもしれない。

第三に、今後の研究では、認知症の人と介護者が一緒にMBIに参加することが望ましいかどうかを調査する可能性がある。実現可能と思われるが(例えば、Paller et al 2014)介護者は、自分自身に注意を払い、自分自身のニーズに集中するように誘われると、葛藤を感じるかもしれず、十分な恩恵を受けることができない。例えば、肺がんに直面している夫婦を対象としたMBSRを用いた研究では、参加者のうち数人が、パートナーの幸福について心配したり、気が散ったりしていると感じていることが示されている(van den Hurk et al 2015)。さらに、介護者は不安を話し合うことに消極的であるかもしれない。おそらく、特定の時間に二人が別れることを可能にするプログラムが調査されているのではないだろうか。

第四に、今後の研究では、MBIの効果をより深く理解するために、以下のようなアウトカム指標を検討すべきである。おそらく、認知だけでなく、ポジティブな健康などの他の側面にも焦点を当てた方が、より実りあるものになるだろう(Huber et al 2016)。介護者と認知症の人との関係における思いやりの影響を測定することは、MBIが思いやりを向上させ、ひいては夫婦の機能を向上させる可能性があるので、調査することができる。肺がん患者とそのパートナーを対象としたある二重性研究では、セルフコンパッションのレベルが低い人ほど、より多くのセルフコンパッション(自愛)が心理的苦痛の軽減に関連していることが示された(Shellekens et al 2017)。残念ながら、思いやりはほとんどの研究で測定されていなかった。しかし、研究では、瞑想後のセルフコンパッションの増加が自己報告され、精神衛生に影響を与えることが示されている(Birnie et al 2010b)。認知症の人や介護者の自己憐憫の増加は、不安を緩衝するのに役立ち、幸福度の向上と関連しているので、特に価値があるかもしれない(Neff et al 2007)。そのため、他者へのケアを提供するための個人的な資源を高めることができるかもしれない。さらに、瞑想は温情的反応を高め、その結果、人の苦しみを和らげるように作用する(Condon et al 2013; Lim et al 2015)。介護者の思いやりが高まることで、認知症の人をサポートできる可能性がある。介護者の管理戦略やMBIの影響を測定することも、今後の研究にとって興味深いことかもしれない。MBIは受容性を高めると考えられているため、介護者のスタイルにも影響を与える可能性がある。今後の研究では、研修プログラムをより興味深いものにするために、費用対効果を調査することが考えられる(例えば、健康保険を介して)。今後の研究のもう一つの重要な方向性は、時間、財政、個人的な信念などの参加の障壁を克服するための戦略を特定し、理解し、開発することである。

認知症は加齢に伴う疾患であるため、今回のレビューでは高齢者に焦点を当てているが、トレーニングの本質的な調整は特に年齢に左右されるものではない。つまり、早期に発症した認知症の人にもMBIは適していると考えられる。この分野の研究で大きな関心事は、瞑想の形態が多いことである。本レビューではMBSR/MBCTに焦点を当てているが、マインドフルネスの要素を持つ他のプログラムも開発・研究されている。潜在的なメカニズムを調査し、調整の理由を慎重に検討することが重要である。

おわりに

まとめると、現在の研究では、認知症の人とその介護者を対象としたMBIの理論的根拠を支持し、二人一組で可能であることを示し、認知症の人のウェルビーイングの改善を予備的に支持することが示されている。認知症の人と介護者への介入を適用する際には、認知症の人と介護者の幸福度を文脈と二人一組がどのようにお互いに影響し合っているかを考慮しなければならない。MBIは、認知症とともに生活する文脈に伴う将来の課題に夫婦ともに使えるスキルを提供し、回復力と自律性を高めることができるかもしれない。しかし、特にどのような調整が有益で必要なのか、ポジティブな健康に関連するアウトカム指標の使用については、より多くの研究が必要である。