PANDA,,PROPAGANDA IN FOCUSワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ

意見書 ランセット誌に見る医療ファシズム
MEDICAL FASCISM IN THE LANCET

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.pandata.org/medical-fascism-in-the-lancet/

2022年8月28日

デビッド・ベル博士とドミニ・ゴードンによる

医療倫理とは、医療過誤や、健康管理を任せた人間の利己主義から社会を守るためのものである。したがって、著名な人が著名な雑誌で、医療倫理の概念と人権規範を引き裂くことは不愉快である。そのために、広範な証拠を無視し、自らの出典を誤魔化すようなことをすれば、なおさらである。

医療ファシズムを推進する記事

2022年7月8日、The Lancetに「Viewpoint」論文がオンライン掲載された。米国におけるCOVID-19ワクチンの接種率向上におけるワクチン接種義務の有効性。この論文は、ワクチン接種の義務化には賛否両論あることを認めた上で、主に、医療製品の摂取を強制し、拒否の選択肢を減らすことで、製品の摂取率が上がると結論づけている。さらに、このような義務化を実施する最良の方法は、雇用主や教育機関が雇用の安定と教育を受ける権利を脅かすことであると結論づけている。

強制力の行使は、公衆衛生の確立された倫理や道徳に反するものであり、反健康的であると言えるかもしれない。この場合、記事は「成人におけるCOVID-19ワクチンの安全性に関する現在の証拠は、義務化を支持するのに十分である」と述べ、それを正当化している。しかし、この主張を裏付ける証拠はほとんどなく、それに反する 証拠はすべて無視している。彼らはどうやら、働いて家族を養うことや、正式な教育を受けることは、人権ではなく、与えられるか奪われるかのものだと考えているようだ。

Lancet誌はかつて、厳格な査読方針を持つ信頼できる雑誌であった。しかし、この論文では、かつての水準を落とし、そのようなアプローチを正当化するための厳密なエビデンスベースを主張することなく、医療ファシズム(権威へのコンプライアンスを達成するための強制、脅し、分裂)を推進しているようにみえる。このことは、このようなアプローチを主流の公衆衛生において正常化しようとする試みを示唆している。

過去の経験は、公衆衛生というファサードの裏にあるファシズムがどこにつながるかを教えてくれている。

米国の優生学時代の有色人種や低所得者層を対象とした不妊手術キャンペーンから、1930年代と1940年代のヨーロッパにおける ナチズム下の同様のプログラムの延長線上には、こうしたアプローチの正常化に大きく依存するものがあった。ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生学部やその他の機関の指導的な公衆衛生学者たちは、環境よりも集団を衛生化するという公衆衛生のアプローチを支持し、健康の「専門家」が価値の低い人々の権利と医療管理を決定する階層化された社会という考えを推奨した。

1913年までに、多くの州で優生学的不妊手術法が制定された、あるいは制定されようとしていた。フランシス・A・カウントウェイ医学図書館内のボストン医学図書館

エビデンスの違和感を回避する

このLancet論文の著者は、学者や医療コンサルタントから著名な政治家の娘まで、まるで前例がなかったかのように、医療における人権を書き直そうとしている。彼らの主張する集団予防接種の強制は、政府、雇用者、学校のいずれが発行したものであれ、「ワクチンの義務化」はすべて権利の喪失を伴うものであることを認識している。非伝染性ワクチンによる集団予防接種を医学的に正当化するための真剣な試みはなされていない。この論文は、一般に力の一形態と考えられている強制力が、人間に他の方法では行わないことを行わせるという前提に焦点を合わせている。

社会への正常な参加を失うという痛みを伴う健康上の選択を仲間から禁止することは、ワクチン接種の増加に影響を与える。このことは、考える人間にとってはほとんど驚くべきことではないが、Lancet誌に発表するには十分重要であることは明らかである。

この記事は、宗教的・個人的信念に基づく免除の権利が取り除かれたり、免除のための厳しい要件が設けられた場合に、より高いコンプライアンスを示す、国立学校入学のためのワクチン義務化の証拠にリンクしている。倫理的な疑問はさておき、著者らの感染を阻止する小児用予防接種と、感染への 影響が 少なく、感染を促進する可能性すらあるCOVID-19ワクチンとの間には、明らかに類似性がないことが無視されている。論文で言及されている唯一の成人用義務化ワクチンであるインフルエンザワクチンは、引用された文献では「(義務化)ワクチンが循環株によく適合していた場合」肺炎を2.5%しか減少させていない。

ワクチン非接種者の解雇について、著者らはその手法に納得しているようであるが、その結果については認めていない。米国の少数の大企業がワクチン不注意を理由に何百人もの労働者を解雇している」という著者の見解は、「マネー」誌の記事を引用したもので、実際にはもっと悲惨な状況を描き、「大辞職」と特徴づけている。著者はまた、ニューヨーク市(9000人以上が解雇または休職)、米国防総省 (DoD、3400人が解雇)、カイザー・パーマネンテ(2200人が解雇)などの大企業による大量解雇、英国の介護施設部門から失われた数万人のスタッフについて知っているはずだ。国や社会を越えて外挿し、実際に信頼できるデータを提供することは、著者やLancet編集者にとってあまりに居心地が悪かったのだろう。

高い有効性と安全性は、義務付けられた製品にとって当然の前提条件である(しかし、それだけでは不十分である)。この安全性の全領域は、次のように述べることで対処されている。「成人におけるCOVID-19ワクチンの安全性に関する現在のエビデンスは、義務化を支持するのに十分である」とし、ワクチン接種後1~3週間と3~6週間を比較した1件の研究で、心筋梗塞、虫垂炎、脳卒中が低レベルであることを明らかにしていることを裏付けている。「成人への広範な投与は、アクティブサーベイランス研究からの証拠を含む、ワクチンの安全性を支持する大規模な証拠ベースを迅速に生成した」という主張は、著者とLancetがまさにこの目的のために設定されたVAERSとEudravigilanceデータベースを知らないことを示唆している。心筋炎月経 不順、あるいはFDA緊急登録の根拠となったファイザー社の無作為化対照試験におけるワクチン接種群の過剰な全死因死亡率および重篤な転帰に関する成長データについては言及されていない。Lancet誌の査読者は、これらの情報源を知らなかったのだろうか?

ワクチンの有効性に関する唯一の言及は、COVID-19の人工呼吸患者の転帰についてであり、ファイザーが免疫抑制と関連し得ることを認めている前回の投与後14日までの期間を無視している。Fenton らは 、ワクチン接種後の最初の14日間をワクチン未接種と分類することは、ワクチン有効性データに重大な影響を及ぼすと指摘している。

現実のぎこちなさを無視する

ワクチン未接種者の感染後免疫は、義務化の議論にとって脅威である。著者らは、「自然感染によって生じる免疫には個人差があり、感染歴のある人はワクチン接種の恩恵を受けることを示す証拠がある」と軽率な発言をしている。新しい変異株は、過去の感染が適切であるという根拠をさらに弱めるものである。ここでは、ケンタッキー州の研究とカタールの研究という2つの文献が使われている。カタールの研究では、「再感染による入院や死亡に対する既往感染の防御は、変異型に関係なく強固なようだ」とし、一方ケンタッキーの研究では、Covidの再感染はワクチン接種後すぐの2カ月間、他のもっと長い期間の研究で示されたこの防御が薄れ、その後逆転する前に、ワクチンによって減少していたことがわかった。

感染免疫の相対的有効性に関する膨大な エビデンスは無視されている。著者が参考文献を読まず、感染後免疫の衰えや膨大な文献を知らないか、強制的な医療行為に対して有効性の実証を重要視していないかのどちらかであろう。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました