アンチウォードットコムロシア、プーチン

私たちが耳を傾けてさえいれば ミハイル・ゴルバチョフ
If Only We’d Listened: Mikhail Gorbachev

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

original.antiwar.com/ted_snider/2022/08/31/if-only-wed-listened-mikhail-gorbachev/

テッド・スナイダー著 投稿日時2022年9月1日

西側の歴史が自分たちの歌を歌うとき、ソ連に勝利して冷戦を終結させるという物語が語られる。しかし、決してそんなことはなく、出来事は逆であった。

8月30日に亡くなったミハイル・ゴルバチョフ氏は、冷戦の終結を交渉した後、ほぼ無血でソビエト連邦の内部崩壊を操縦した先見の明のある人物であった。

ゴルバチョフは、西欧の教義的な物語に反して、勝者も敗者もない冷戦の終結を交渉した。冷戦が終わった時、ゴルバチョフは、われわれは皆、冷戦に勝ったのだと言った。それは、ゴルバチョフの面目を保つためだけの歴史観ではなかった。レーガン大統領は、「勝者と敗者の話はするな」とメモに書いている。また、ゴルバチョフがワルシャワ条約機構諸国に対して、ペレストロイカの再建主義的改革を強制し、ソ連軍はもはや彼らの共産主義体制を守ることはないと告げたとき、ジョージ・H・W・ブッシュは、これらの国が共産党政権を代替することを選択しても米国は勝利を主張しないことを約束したという。

冷戦の終結を交渉したゴルバチョフは、自力でソ連邦の崩壊を実現させた。この変革期に駐ロシア米国大使を務めたジャック・F・マトロック・ジュニアは、『超大国の幻想』の中で、「アメリカやヨーロッパなど、ソ連以外の政府からの圧力は(ソ連崩壊とは)何の関係もない」と述べている。ロシア研究者のリチャード・サクワは、ゴルバチョフが「ソ連圏の自主的な崩壊」をもたらしたと言う。

ゴルバチョフは、世界のパラダイムを変える機会を提供した歴史上稀有な人物である。冷戦時代のブロックと同盟の世界に終止符を打ち、同盟も線引きもない世界を誕生させようとした先見性のある人物であった。ゴルバチョフが目指したのは、同盟を超えた世界である。ワルシャワ条約とNATOの同盟世界に属していたソ連を、対等なパートナーからなる変革された国際社会に参加できるロシアに置き換えようとした。

しかし、ゴルバチョフには、政治の世界で成功するために必要なものが欠けていた。彼のビジョンを実現するための政治的な洞察力が欠けていた。政治家と役人の世界では、ゴルバチョフは敗北したのだ。ベーカー国務長官のような政治家とやりあうシニシズムもない。ベーカーは、NATOを1インチも東に動かさないと約束しながら、同時にNATOをロシアの国境まで大きく移動させることを計画していた。

ゴルバチョフは、結局、自分の目標を何一つ実現することができなかった。彼は新しい世界を提示したが、われわれは古い世界を維持することを選んだ。

ゴルバチョフは先見の明があったが、現実の世界で自分の青写真を構築することになると、少し迷ってしまったようだ。彼を利用し、操り、欺くのではなく、私たちは彼を助け、彼と組むことができたはずだ。そうすれば、世界はもう少し良くなっていたかもしれない。


テッド・スナイダーは 哲学の修士号を持ち、米国の外交政策と歴史のパターンの分析について執筆している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました