アンチウォードットコムロシア・ウクライナ戦争

ロシアは勝てない/すでに負けたというシナリオが数カ月間、全会一致だったが、今は静かに衰退している
For Months a Narrative that Russia Can’t Win/Already Lost Was Unanimous, Now Quietly Erodes

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

original.antiwar.com/andy_corbley/2022/06/06/for-months-a-narrative-that-russia-cant-win-already-lost-was-unanimous-now-quietly-erodes/

by Andy Corbley 投稿日: 2022年06月07日

Newsmaxのインタビューで、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、最近100日目を過ぎた戦争の厳しい状況を描いている。毎日60-100人の兵士が犠牲になっており、別のインタビューでは、ロシア軍が国の東部と南部の20%を支配していると述べた。

これらの数字は、西側諸国の退役あるいは現役の軍関係者、国際安全保障レポート、専門家アナリストがこぞって受け取ってきたシナリオと食い違っている。彼らは数ヶ月前から、ロシアは「勝てない」あるいは「すでに負けている」と見てきた。

開戦からわずか4日後の2月28日、欧米の主要メディアやシンクタンクは、勝てない/すでに負けたというシナリオを立ち上げ、ほぼ現在に至るまで続けている。

大ヒットした『サピエンス:人類史』の著者ユヴァル・ハラリは、『ガーディアン』紙に「開戦から1週間足らずで、プーチンが歴史的敗北に向かっている可能性が高まっている」と書き、ウクライナ侵攻の目的は安全保障ではなく、「ロシア帝国再建の夢」であると主張して、その口火を切ったのであった。

3月15日、新保守主義の作家で、滑稽なほどタカ派の外交問題評議会の上級研究員であるマックス・ブートは、ワシントンポストに「プーチンはウクライナの戦争に勝てない」と題する論説を寄稿している。その中で彼は、この国で進展がないと思われていることを分析し、敗北するか、ロシア連邦の軍事、経済、士気を破壊するような悲惨な長期戦に突入するかのどちらかだと結論づけた。

その後、ロシアのキエフ包囲網はキエフの制圧に失敗し、またしても勝てない/すでに負けているというシナリオの波が押し寄せた。

国家安全保障担当のロバート・バーンズ記者はAP通信に、キエフ攻略の失敗は「時代の敗北」だと書き、同じく帝国系シンクタンク、アメリカン・エンタープライズ研究所の軍事史家、フレデリック・ケーガンの「驚くべきこと」という言葉も引用した。ケイガンは、現在の戦争につながる緊張の高まりを始めた2014年中のウクライナでのクーデターに大きな責任を負う人物の弟である。

BBCは5月8日、ロンドンの安全保障・外交政策シンクタンクであるロイヤル・ユナイテッド・サービス研究所の元所長で、防衛アナリストのマイケル・クラーク氏の見解を掲載した。その中でクラーク氏は、プーチンの選択肢は「異なる種類の敗北」しかないと述べ、この紛争を「ロシアがいかなる意味でも勝利できないもの」と表現して論説の冒頭を飾った。

これらの例は、ウクライナにおけるロシアの克服しがたい苦難と不可避の特別軍事作戦の崩壊に関するメディアの叙述という海の4滴に過ぎない。

しかし、NATO加盟国の優れた思想家や戦略家がみな、ロシアの崩壊は避けられないと確信しているのに、なぜ戦争は続き、ますます、キエフにとっては惨事、モスクワにとっては理想の結果に向かっているように見えるのだろうか。

ゴールポストの移動

近代に戦争があった限り、最初の戦場は言語である。具体的には、勝利条件の言語である。

ケーガン、クラーク、ブート、そしてその他の人たちは、その分析において大きな間違いを犯した。彼らは、ウクライナにおけるプーチンの目標を、彼らが想像するプーチンの目標に置き換えたのである。つまり、ロシアの勝利条件は、クレムリンの戦略家ではなく、西側の安全保障専門家たちのコンセンサスによって設定されたのである。

この戦争の結果について、ある人物の見解を考えてみよう。元大佐のダグラス・マクレガーは、七三一部隊の戦いのアメリカ人英雄だが、古保守主義者やリバタリアン系のメディアのさまざまな番組に出演して、まったく逆のことを述べている。すでに負けていたのはゼレンスキーであり、プーチンではなかった。

彼の理由は?ウクライナの飛行場を破壊し、キエフを囲むのは、ウクライナの反撃を無力化するためであり、ウクライナを陸地に封じ込め、ドンバスを奪取するという実際の目的を遂行するための待機行動であった。今日、欧米の大多数の予測とは異なり、マクレガー氏の予測は現実のものとなりつつある。制裁体制はロシアの戦闘能力を損なわず、通貨市場も破壊していない。

ウクライナ軍の東部と南部での活動能力は、都市内部の守備隊による少数の反撃に制限され、オデッサ以外のアゾフ海と黒海の沿岸のウクライナの土地はすべてロシアの支配下にある。ルーブルは侵攻前より高くなり、欧州のエネルギー企業の多くがロシアのガスを買い続けており、ロシアの石油はアフリカやアジアで買い手がつき、制裁に参加するところはほとんどない。

前途洋々

アルジャジーラの一面には、ギリシャの安全保障と国際金融のチームによる戦争についての保守的な評価が掲載されている。

マクレガーはケーブルニューススポットで言い足りなかったことを、スコット・ホートン・ショーなどのインタビューで補足している。ウクライナ東部は西部よりはるかに平坦だ。連邦軍がドンバスを支配することで、400キロ近い平坦な緩衝地帯ができ、そこにNATO軍が侵入すれば空爆される可能性がある。

この国をシーレーンから遮断することは、基本的な大戦略であり、ロシアの貿易船が今後数年間に向かうであろう東方への通行を確保することにもなる。マクラーゲンは、オデッサの戦いが迫っており、そこで領土の大きな変更というエンドゲームが起こると考えている。

勝てない/すでに負けたというシナリオは、ロシアの目的に対する誤解から生じたものであり、既成の目的がすべて達成されないまま戦争が続いているため、西側の専門家も態度を変えざるを得なくなっている。

5月下旬、大西洋理事会は、交渉による和平を求めるドイツ、イタリア、フランスの指導者たちの試みを宥和政策と断じた。作家のデニス・ソルティス氏はこの中で、「現在の侵略は文化的に定着した脚本に合致する」「NATOの東方拡大とは関係がなく、むしろ『帝国的本能』によるものだ」と主張している。

興味深いことに、ソルティス氏は、宥和政策はロシア自身にとって恐ろしいことだと言う。なぜなら、それは指導者たちが無能であることを明らかにするのではなく、むしろ彼らに報酬を与えることになるからである。ここには、ロシアはすでに負けただけでなく、それを証明するために戦争を続けるべきだという「勝てない/すでに負けた」シナリオの進化を垣間見ることができる。

欧米の一部の指導者、特にバルト諸国と米国が、ウクライナの停戦要求を積極的に阻止していることは、現在広く報道されている。このようにメディアやシンクタンクが主導して、ロシアの無能さ、経済破綻、差し迫った破壊を確信することで、戦闘終結に向けた国民の大きな反発の可能性は減退したのだろうか。

ニューヨーク・タイムズ紙の最近の報道は悲惨で、ロシアは負けていないし、この戦争がすぐに終わるわけでもないという理解に徐々に変化が生じていることに注意を喚起している。

米バージニア州アーリントンの研究機関、海軍分析センターのロシア研究部長マイケル・コフマン氏は、タイムズ紙の電話インタビューで、「これは領土が入れ替わる戦争であり、紛争に論理的な停止点はなく、膠着状態もない」と語っている。

記者のアンドリュー・クレイマーは、初期に欧米メディアの祝砲に志願者が殺到した全国的に動員された民兵組織「領土防衛隊」が、最近、法律により、出身県や都市を越えて戦うことが義務付けられ、母親たちの抗議を呼んでいると詳述している。

このような声が変わるまで、何週間かかるかわからない。自分が間違っていたと認めるのは難しいが、それが戦争の継続につながるかもしれないと思うと、もっと難しいだろう。

 

アンドリュー・コーブリー 独立系ニュースサイト「ワールド・アット・ラージ」の創設者兼編集者。Antiwar radioとScott Horton Showの熱心なリスナーでもある。World at Largeの許可を得て転載している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました