未来の食糧としての食用昆虫:チャンスと課題
Edible insects as future food: chances and challenges

昆虫食環境危機・災害

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2772566921000033

Edible insects as future food: chances and challenges

September 2021

概要

昆虫の消費(entomophagy)は、健康上の理由だけでなく、環境や経済的な利点から、近年世界的に注目されている。環境的に持続可能な食料安全保障の実現は、現在、世界的に最大の課題の一つである。タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミン、食物繊維を多く含む幅広い食用昆虫種は、食糧難に対処する上で重要な役割を果たすことができる。昆虫食の利点としては、昆虫の飼料変換効率が高いこと、有機物のサイドストリームで飼育するため、廃棄物の付加価値が高く、環境汚染が少ないことが挙げられる。畜産に比べ、昆虫は温室効果ガスやアンモニアの排出が比較的少なく、土地や水の使用量もかなり少なくて済む。食用昆虫の栄養価は、鳥類や哺乳類に由来する食品と同等か、場合によってはそれよりも優れているようだ。昆虫の養殖は、持続可能な食糧生産につながる可能性がある。食用昆虫は高カロリーで栄養価が高いため、その消費は世界の飢餓を減らす可能性がある。食用昆虫は、高品質なタンパク質やさまざまな微量栄養素を含み、環境面や経済面でもメリットがあることから、世界的に将来の主要な食料となる可能性を秘めている。しかし、多くの欧米諸国では、消費者の受け入れ態勢が、昆虫を食料源として採用する上での大きな障害となっている。

キーワード

食用昆虫 食料安全保障 環境の持続可能性 食の安全 消費者受容性

1.はじめに

農業、森林、水生生態系に存在する昆虫は、地球上の重要なバイオマス資源である[1]。昆虫の消費(昆虫食)は、人類の歴史[2,3]と先史時代[4,5,6] から続いており、世界の多くの地域で食用昆虫が人間の食事に含まれ続けている。昆虫の定期的な摂取は、世界で20億人以上の伝統的な食生活の一部を形成していると推定されている[7]。バッタやイナゴなど一部の食用昆虫種は、摂取前に脚や羽を取り除く必要があるが、多くの食用昆虫種は丸ごと摂取することができ、粉末やペーストに加工することも可能である。現在、サハラ以南のアフリカ、東南アジア、中南米、オーストラリアでは、さまざまな昆虫が食用にされている。アフリカでは、昆虫は重要な食料源であり、主食(米など)が不足したときや、雨季に狩猟や魚の入手が難しくなったときに、食料安全保障を提供する[8,9]。例えば、中央アフリカ共和国では、雨季にイモムシが重要なタンパク質源となっている[10,11]。メキシコでは100種以上、世界では1900種以上の食用昆虫が食べられていると報告されている。一般的に消費されている昆虫は、鞘翅目(甲虫)(31%)、鱗翅目(芋虫)(18%)、膜翅目(アリ、ハチ、ハチ)(14%)、直翅目(バッタ、イナゴ、コオロギ)(13%)である。Hemiptera(セミ、ヨコバイ、オオタバコ、尺取虫、カメムシ)(10%)、Isoptera(シロアリ)(3%)、Odonata(トンボ)(3%)、Diptera(ハエ)(2%)である[12]。

肥沃な三日月地帯(北東アフリカと西アジア)での農業の発展は、多種多様な動植物の家畜化をもたらし、家畜化された大型哺乳類は、これらの地域とヨーロッパで動物性食品、羊毛、皮革の主要供給者となった[13].昆虫は同じ利益を提供することができず、その季節性のために不確実な主食であった。このことが、食料源としての昆虫への関心を低下させる一因となったかもしれない[14]。さらに、農業は昆虫を食糧生産に対する脅威と認識させる結果となったかもしれない。ほとんどの西洋諸国では、昆虫食は否定的な認識と嫌悪感を伴うものである[15,16]。そのため、昆虫を食べることは、ヨーロッパや北アメリカの食文化では決して取り入れられていない。これらの地域では昆虫は食卓から姿を消し、ニッチな食品分野で目新しいスナックとしてのみ販売されている。昆虫食に対する否定的な態度は、農業や栄養学の研究において昆虫を軽視する結果にもなっている。

昆虫食は、最近、世界的に社会的な注目を浴びている。食用昆虫は、高品質なタンパク質、ビタミン、ミネラルが含まれているため[17,18,19]、経済的・環境的なメリットもあり、世界の未来の主要食糧になる可能性を秘めている[21,22]。食用昆虫は、世界の食料安全保障を達成するための戦略の一部となる可能性がある[23]。本視点では、栄養価、食料安全保障、環境持続性、食品安全、消費者受容性の観点から昆虫食の機会と課題について議論する。

2.食用昆虫の栄養価

昆虫はタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含み、栄養価の高い食品源である[24]。食用昆虫の栄養価は種によって異なり、非常に多様である。同じグループの昆虫種であっても、食性、変態段階、生息地、環境条件により栄養価が異なる場合がある。

一人当たりのタンパク質消費量は、低所得地域の約56g/日から高所得地域の96g/日まで、世界的に幅がある。さらに、高所得国では動物性タンパク質がタンパク質摂取量の約65%を占めているのに対し、低所得国では肉から得られるタンパク質はわずか15%に過ぎない[25,26]。食用昆虫種は、人間にとって消化率の高い貴重なタンパク質源となり得る[27]。昆虫食によるタンパク質の摂取量が増えれば、人間の食生活の栄養的な質を大幅に向上させることができるかもしれない[28]。乾燥昆虫質中の平均的なタンパク質含有量は35%(シロアリ)から61%(コオロギ、バッタ、イナゴ)の間で変化し、後者の種の一部では77%にもなることが分かっている[20]。昆虫のタンパク質含有量は、主に食餌の種類と変態の段階に依存し、一般的に豚肉や牛肉と同様の範囲にある(40-75 g/100 g乾燥重量)[29]。ほとんどの食用昆虫種は、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン、スレオニン、リジンに関して推奨アミノ酸含有量を満たしている[30]。

昆虫に含まれる各種脂質の量は、種や食性、変態段階によって異なる[31,32]。昆虫の総脂肪量は2%から62%と報告されている[33]。食用昆虫の脂肪酸プロファイルは一般的に動物性油脂と類似しているようだが[34]、昆虫は特に不飽和脂肪酸を多く含み、そのレベルは総脂肪酸量の75%にも及ぶ[20,35,36,37]。ミールワームのオメガ3多価不飽和脂肪酸およびその他のいくつかの脂肪酸の組成は、魚に見られるものと同等であり、豚や牛のものよりも高い。陸生昆虫は、水生昆虫よりも多量の長鎖多価不飽和脂肪酸を含むことが示されている[38]オメガ6/オメガ3脂肪酸の比率は、食事によって影響を受ける可能性がある[39]

食用昆虫のビタミン含有量については、限られた情報しか得られていない。いくつかの種はビタミンB複合体(リボフラビン、パントテン酸、ビオチン)を比較的多く含むことが示されているが[20,40]、ビタミンCの濃度は低い[20]。バッタのビタミンBの濃度は発生段階において一定であり、ビタミンA、C、D、Eの濃度は発生段階において増加することが分かっている[41]

食用昆虫の種類によって、ミネラルの含有量に大きなばらつきがあることが判明している。昆虫はカルシウム、ナトリウム、カリウムが少ない一方で、コオロギやイナゴには高いマグネシウムが含まれており[20]コオロギの粉末はマグネシウム、亜鉛、銅が豊富であることが分かっている[42]。コオロギとシロアリには高濃度の鉄と亜鉛が含まれている[43]。バッタやミールワームの銅、マグネシウム、マンガン、亜鉛の濃度は牛肉のそれよりも高い[44]

多くの昆虫の外骨格はキチンから構成されており、かなりの量の繊維を提供している。キチン含有量は乾燥重量の約10%を占め[7,27]、昆虫種や発育段階によって異なる[45]。精製されたキチンは約90%の食物繊維を含み[46]、ヒトも消化することができる[47]。キチンおよびその脱アシル化体であるキトサンは共に、心臓血管および大腸の健康、自然および適応免疫反応、コレステロールの減少および創傷治癒に有益な効果をもたらす可能性がある[484950]。

3.食料安全保障

国連食糧農業機関(FAO)[51]は、世界人口は2050年までに90億人以上に増加すると予測しており、およそ100%の食糧増産が必要とされている[27].人類の人口増加は、食料需要を促進する一方で、この食料を生産するのに必要な利用可能な土地資源の減少を伴い、これは、地球温暖化によってさらに悪化すると考えられる。気候変動は、農業に利用可能な土地を減少させるため、食料不安[52,53]を悪化させ、低所得国は、栄養不良と貧困の増加など最悪の結果を被る可能性が高い。これは、高所得国と低所得国の間の食料安全保障の格差を拡大させるだろう。したがって、社会経済的条件と食料へのアクセスを改善することが世界的に必要とされるであろう[52]

食料安全保障は、食料が入手可能で、安価で、均等に分配され、安全に消費されるときに存在する。近年、食料安全保障は世界的に向上しているが、サハラ以南のアフリカを含む多くの国々では、悪天候や動物性たんぱく質の価格上昇による食料不足と栄養不足が依然として一般的である[54,55]。この地域では、人口が非常に急速に増加することが予想されるため[51]、食料安全保障の達成は依然として大きな目標である。2013年、国連食糧農業機関は、「世界の食糧不安に対処するのに役立つ未踏の栄養源」として昆虫の普及を開始した[54]。

食用昆虫は、人間の健康と福祉に必要なタンパク質、ビタミン、ミネラルを供給できるため、栄養失調や食糧不安に苦しむ人々がいる地理的な地域において、貴重な食糧源を提供できることが示唆されてい[7]。したがって、昆虫生産部門の確立は、食料不安の問題に対する政策的解決策を提供することができる[19,56,57]。

現在、食用昆虫の多くは、野生で収穫されている。しかし、従来の食肉の一部を食用昆虫に置き換えることは、野生の昆虫の個体数に大きな負担をかけることになる。そのため、食用昆虫の生産は、家内工業的な規模か、大規模な工業的なレベルへと移行する必要がある。大栄養素と微量栄養素の高栄養源としての昆虫の養殖は、比較的新しい概念であり、持続可能な食料生産手段を提供することが示唆されている[22]。昆虫を食用にする例として、ラオス、タイ、ベトナムなど熱帯の東南アジア諸国では、裏庭の小屋でコオロギを飼育している[7]。温帯では、大量のコオロギ、バッタ、ミールワームの昆虫養殖が、主に家族経営の企業によって行われている。これらの昆虫の多くはペットフード用に生産されており、人間が消費するための生産量は少ない[7].食用昆虫を大量に高品質で飼育するには、昆虫の生産を従来の家畜の肉生産と経済的に競合させるための自動化プロセスの開発が必要である。工業規模の生産に最も適した昆虫種として、イエバエ,カイコ,イエローミールワーム,クロソージバエが提案されている[7]。

昆虫食は、生理的な必要量を満たすだけでなく、健康維持に必要な食品の品質や栄養価の面でも、世界の食糧難の問題に対する有効な解決策となり得る。昆虫養殖の潜在的な社会経済的利益、特に貧困層の食糧安全保障の強化については、今後の研究によって確認される必要がある。昆虫養殖を成功させるためには、食用昆虫種の生物学、生態学、生息地の保全、食餌条件、飼育条件の管理についてさらなる調査が必要である。さらに、食用昆虫とその製品の投資、生産(小規模から産業規模まで)、取引をより確実にするために、人間の栄養源としての昆虫を管理する法的枠組みや規制が必要である。

4.経済的利益と環境の持続可能性

食用昆虫は、他の動物よりも持続可能で環境に優しい栄養源と思われるため、経済的・環境的な利益を提供できる可能性がある[21,22,58]。

増加する世界人口を養うためには、食料生産の大幅な増加が必要となる[27]。この開発は、エネルギー、水、土地、海といった限られた天然資源に大きな負担をかけることになる。食糧生産が現状のままであれば、森林破壊、環境悪化、温室効果ガス排出量の大幅な増大が予想される。特に、家畜の飼育は、世界の農地利用の約70%を占めているため、これらの環境問題の一因となる[59]。家畜や魚を生産する大規模な施設では、膨大な環境コストが発生する[60,61]。例えば、糞尿は病原体、重金属、その他の毒素で地下水と地表水の両方を汚染する可能性があり、糞尿の散布は生態系に酸性化の影響を与えるアンモニアの大量排出につながる可能性がある[61,62]。動物生産の増加は、追加の飼料と耕作地を必要とし、さらなる森林破壊につながる可能性がある[63]

4.1.飼料から食肉への変換

食用昆虫の生産による環境面での利点は、昆虫の高い飼料変換効率に関連している。昆虫は、哺乳類よりもはるかに効率よく植物性タンパク質を昆虫性タンパク質に変換することができる[64]。例えば、コオロギは体重が1kg 増えるごとに2kg 未満の飼料しか必要としないことが判明している[65]。一方、体重を1kg 増加させるために一般的に必要とされる飼料の量(飼料-肉変換率)は、鶏肉で、2.5 kg、豚肉で、5 kg、牛肉で最大 10 kg である[66]。これらの数字を可食重量で調整すると、昆虫を摂取する利点がさらに大きくなることがわかる[19]。コオロギの最大80%が食べられ、消化されると推定されているが、それぞれの値は鶏と豚の55%、牛の40%のみである[67]。したがって、コオロギの飼料から肉への変換率は、鶏の約2倍、豚や牛の4〜12倍となる。

4.2.有機側流での昆虫飼育

持続可能性という点では、食用昆虫の利点は、糞尿,堆肥,し尿などの各種生物廃棄物などの有機サイドストリームで飼育できるため、環境汚染の低減に役立つことである。また、昆虫の飼料を有機サイドストリームで代用することで、昆虫飼育の収益性を高めることができる[68]

4.3.温室効果ガス・アンモニア排出量

昆虫は、豚や牛に比べて、温室効果ガスやアンモニアの排出量が少ないと報告されている。家畜の飼育は、温室効果ガス排出量の18%を占めていると推定されており、これは運輸部門よりも高い割合を占めている[63]。家畜の飼育によって発生するメタンと亜酸化窒素は、二酸化炭素よりもかなり高い地球温暖化係数を有している[69]。コオロギ、イナゴ、ミールワームの幼虫などの食用昆虫の養殖に関する温室効果ガス排出量は、牛や牛肉と比較して約100分の1であることが分かっている[70]。また、家畜の糞尿(アンモニア)などの廃棄物は、硝化や土壌の酸性化を引き起こし、環境汚染の一因となっている[71]。アンモニアの排出量に関しては、コオロギ、イナゴ、ミールワームの幼虫も豚と比較して10倍の差があり、良好な結果が得られている[70]。

4.4.水使用量

昆虫の飼育は、牛の飼育に比べ、土地も水も大幅に少なくて済む。土地の生産性は、水に決定的に依存している。2025年までに、約18億人が水の絶対量が不足している地域に住むと推定されている[72]。水供給への需要がますます高まることで、世界中の生物多様性、農業生産高、食料生産が脅かされることになる。世界では、淡水の約70%が農業に利用されている[73]。特に食肉生産は、大量の水を必要とする。1kgの肉の生産に必要な水量の推定値は、鶏肉で2300L、豚肉で3500L、牛肉で22000〜43000Lである[73,74]。1 kgの食用昆虫の生産に必要な水量の推定値は入手できないが、かなり低いと考えられている[7]。

4.5.人獣共通感染症

人獣共通感染症をヒトや家畜に感染させるリスクは、鳥類や哺乳類よりも昆虫の方が低いかもしれない。多種多様な野生および家畜の種が、病原性ウイルス、バクテリアまたは寄生虫のリザーバーとなり得る[75]。集中的な家畜生産は、人獣共通感染症(例:鳥インフルエンザ、口蹄疫)による動物の大規模な損失を引き起こし、抗菌剤耐性などの他の多くの健康問題にも関与していることが知られている。食用昆虫を集中的に飼育する大規模な施設は、他の動物の生産で観察されるのと同じ圧力にさらされる可能性がある[76]。新型コロナウイルス感染症のケースに見られるように、動物原性感染症は、経済的および政治的に重大な結果をもたらすパンデミックを引き起こす可能性がある。昆虫とヒトの間には分類学上の距離があるため、人獣共通感染症のリスクは低いと考えられている。しかし、昆虫が有害な病原体の供給源となり、ヒトに病気を感染させるリスクについては、十分に検討されていない。したがって、昆虫が野生動物、家畜およびヒトに人獣共通感染症を伝播する潜在的なリスクについて、さらなる研究が必要である。

4.6.持続可能な昆虫生産のための問題点

最近まで、食用昆虫は自然界から収穫できる無尽蔵の資源であると考えられていた[77]。しかし、食用昆虫の個体群の中には人為的な要因で絶滅の危機に瀕しているものもある[78]。人間による昆虫の採集は他の捕食者との直接的な競合を引き起こし、その結果、個体群の生存能力を損なう可能性がある[79]。様々な食用昆虫種は他の昆虫種や鳥類、魚類、両生類、爬虫類、哺乳類の宿主や餌となっている。昆虫種の数が減少すると、他の昆虫の個体群や生態系機能に悪影響を及ぼす可能性がある。食用昆虫の採集は、受粉、堆肥化、害虫駆除などいくつかの必須生態系サービスの提供を脅かす可能性があり[80]、特に商業化された採集が持続可能な管理に十分な注意を払わない場合、その可能性がある。採集された昆虫の数が再生能力を超える乱獲[81,82]や、経験の浅い採集者による持続不可能な採集方法[78,79] は昆虫食の実践に対する大きな課題となっている。さらに、森林伐採、森林劣化、農業活動による汚染や生息地の損傷は、食用昆虫の個体数に悪影響を及ぼす[78,81,82]。気候変動が熱帯の昆虫個体群に与える影響は不明である。昆虫個体群のモニタリング,管理,保全に関する詳細な提案がなされている[84]。特に食用昆虫の管理は、将来の価値と可能性が最も高い種に焦点を当てる必要がある[85]。

持続可能な食料源として食用昆虫を利用し、販売するには、人間の食生活の一部として、従来の食品やタンパク質源に少なくとも部分的に取って代わり、同時に野生個体群と環境を保護するために、十分に大規模な昆虫養殖が必要となる[7]。さまざまな基質での昆虫飼育や昆虫加工方法の現実が、予期せぬ環境コストを伴うかどうかは、まだわからない。食用昆虫の生産規模拡大に伴うエネルギー需要、飼料、加工、輸送の影響が、従来の食料源よりも持続可能だろうかどうかは、今のところ不明である。昆虫のマーケティングを気候、資源、健康の課題に対する万能薬として語ることは、誤解を招く恐れがある。持続可能性は、誤って生物の性質と見なされるかもしれないが、むしろ大量生産と単一栽培に基づく生産システムの性質かもしれない。既存の破壊的な食糧システムを、昆虫由来の食品についても同様に有害な生産方法に置き換えてはならない。したがって、食用昆虫の大規模養殖と収穫が環境に与える影響と持続可能性を評価し、伝統的な家畜飼育や農法と比較できるようにするために、さらなる研究が必要である。

5.食の安全に関する問題

食用昆虫の食品としての利用は世界的に関心が高まっており、欧米諸国でも若干の増加が見られることから、食品安全上の問題や昆虫摂取による潜在的な危険性が懸念されるようになっている[86,87]。食品生産における昆虫の使用に関連する食品安全性の知識は限られており[88]、このことが欧米諸国における人間の食生活への昆虫の使用導入・促進の障害となる可能性が高い[89]。他の動物性および植物性食品と同様に、食用昆虫は化学的および生物学的危険性だけでなく、アレルゲンなど、人間の健康に対する様々なリスク要因と関連している可能性がある[90]。食用昆虫における汚染物質の有病率および濃度は、昆虫種、収穫段階、使用される飼料基材および生産方法によって影響を受ける[89,91]。特に、食用昆虫の食品安全性を向上させるためには、ハザードフリーの飼料基材を使用することが不可欠である。

5.1.アレルゲン

様々な食品に含まれるアレルゲンは、有害な免疫反応やアレルギーを誘発し、敏感な個人には深刻な結果をもたらす可能性がある[92]。タンパク質を含むあらゆる食品がアレルギー反応を引き起こす可能性があり[93]、アルギニンキナーゼ、α-アミラーゼ、トロポミオシンなど食用昆虫に含まれる一部のタンパク質は、アレルゲンと考えられている[90]。食用昆虫のような新規食品の潜在的なアレルゲン性を決定することは重要である[94,95]。かなりの割合の人々が、コオロギやミールワームなど、ある種の食用昆虫に対してアレルギー反応を起こす危険性があることが分かっている[96]。昆虫摂取後の副作用の報告数は限られている[95,97,98,99,101]。中国では食品に対する致命的な反応のほぼ5分の1が昆虫の摂取に起因すると報告されており[100]、ラオスでは昆虫を摂取した人の7.6%がアレルギー反応を示すことが判明している[97]。昆虫を原料とする食品がヒトにアレルギー反応を引き起こす可能性について、また消費者の健康を守るために、より広範な研究が必要である。

5.2.農薬

野生昆虫は農薬で汚染された作物や植物を食べることがあるため、野生で収穫された食用昆虫に由来する食品は残留農薬が存在しやすい[102103104105]。例えば、東アフリカ諸国におけるイナゴの大発生に対抗するための広域農薬の最近の大規模な空中および地上散布は、環境と人間の健康に重大な悪影響を及ぼす可能性がある[106]。タイでは、農薬に汚染された昆虫が、昆虫を摂取した人々に食中毒を引き起こしたことがある[14]。しかし、食用昆虫の養殖は、農薬を使用しない昆虫を生産することができる。

5.3.病原性微生物

食用昆虫が汚染される程度は、昆虫の種、採集方法(野生か家畜か)、衛生習慣、昆虫調理に使用される加工・処理手順によって異なる[20]昆虫の摂取に関連した病原性微生物による食中毒や中毒が報告されている[107]タイの研究では、食用昆虫にバチルス、クロストリジウム、ブドウ球菌、レプトコッカス、ビブリオを含む様々な潜在的病原性細菌の存在が報告されており[108]、一方、ウガンダでは食中毒に寄与しうるバチルス、カンピロバクター、クロストリジウム、ナイセリア、シュードモナス、ブドウ球菌が生の食用バッタから発見されている[109](※1)。食用昆虫から発見されたその他の病原性細菌には、Micrococcuss、Salmonella、Shigellaなどがある[109,110,111]。病原性微生物に関しては、食用昆虫が野生で収穫された場合[112]、管理された農業条件で飼育された昆虫と比較して、食品安全がより大きな懸念となるようだ[20]。これらの知見は、微生物感染のリスクを排除し、消費者の健康を守るためには、生産、加工、保存、取り扱いなど、食用昆虫のフードチェーン全体に沿った効果的な管理策と衛生習慣が必要であることを示している。

5.4.マイコトキシン

マイコトキシンは、多くの植物病原性カビが産生する二次代謝産物である。マイコトキシンは、人間の健康に急性および慢性的な悪影響を及ぼす重要な食品汚染物質である[113].マイコトキシンは、食用昆虫が飼育されている飼料の基質の汚染に由来する場合がある。食用昆虫からは様々なマイコトキシンが検出されており[89,114,115,116,117]、中でもアフラトキシンは発がん性物質として証明されており、最大の健康被害をもたらしている[118]。アフラトキシンへの暴露は、子供の成長障害をもたらすことも示されている[119]

5.5.抗栄養素化合物

抗栄養素化合物は、マクロ栄養素や微量栄養素の摂取、消化、吸収、利用を阻害し、消費者に健康への悪影響を及ぼす可能性のある食品中の自然発生物質である[120]いくつかの食用昆虫種は、アルカロイド、サポニン、タンニン、シュウ酸塩、フィチン酸塩およびヒドロシアニドを含むそのような抗栄養素を含むことが報告されている[121122123124]。特定の昆虫種に存在する抗栄養素の種類とその除去方法について、より深い理解が必要である。

5.6.重金属

鉛、カドミウム、水銀、ヒ素などの重金属を低レベルで暴露すると、動物と人間の両方に毒性[125]と健康への悪影響[126]を引き起こすことが知られている。食用昆虫においても重金属の蓄積の可能性が報告されているが[89,91,127,128,129]、この点に関する昆虫の食品安全性については限られた情報しか得られていない。ヒ素とカドミウムは、それぞれイエローミールワームの幼虫とブラックソルジャーフライに蓄積することが示されている[89]。重金属汚染は、食用昆虫の生産をコントロールすることで軽減できるかもしれない。

5.7.寄生虫

寄生性食中毒の感染に食用昆虫が関与している可能性が示唆されている[130]。例えば、Dicrocoelium dendriticumは、アリの摂取によりヒトに感染することが示されている[93]。しかし、昆虫食動物における寄生虫に関連する食品安全性の問題については、より詳細な分析が不足している。野生で収穫された昆虫の食性は制御されていないため、養殖昆虫よりも寄生虫病をヒトに感染させる可能性が高いと考えられる。このため、さらなる調査が必要である。

要約すると、多種多様な汚染物質が食用昆虫の食品安全に影響を及ぼす可能性があるが、人間の健康に対するこれらのリスクは、昆虫の養殖と生産をコントロールすることで対処することができる。食用昆虫の加工と保存には、伝統的な食品に適用されるのと同じ食品安全規制を適用する必要がある。

6.食用昆虫の消費者受容性

昆虫食には多くの利点があるが、欧米諸国では食用昆虫を利用した食生活を採用する上で、消費者の受容性が依然として大きな障害となっている。昆虫は世界の多くの地域で一般的に食べられているが、多くの欧米諸国では昆虫の消費は嫌悪感をもって見られ、不安定なライフスタイルや原始的な行動と関連付けられている[15,131,132]。さらに、食用昆虫は西洋の食文化において重要な位置を占めてこなかったため、消費者は昆虫を栄養源として受け入れることに抵抗があるかもしれない。嫌悪感は、人々が食品を拒絶する際に大きな役割を果たす[133]。食物に関連する嫌悪感や昆虫摂取の受容・拒絶の起源は、文化的に決定された食習慣に根ざしている[134,135]。

人々が食べる食品は主に習慣やファッションの問題であり、昆虫食への嫌悪感は偏見に起因すると考えられる[136]。昆虫食が欧米の食習慣の一部になりうるかどうかは、食用昆虫の入手可能性と、昆虫に対する否定的な態度に取り組むための学習にかかっている。昆虫が食べられることを人々に納得させ、その結果,消費者の選択に影響を与え、食料源としての昆虫に好意的な見方をさせるために、さまざまなアプローチが用いられている[7]。動物園や博物館での教育的な展示、昆虫を味わうことのできる食品として紹介する教育的な講演と昆虫食体験の組み合わせ(「虫宴」)[137,138]、バーやレストランでの昆虫スナックやメニューなどの食文化活動、食べられる昆虫料理本など[139,140]などがある。実験的な経験から、食用昆虫に対する嫌悪感を克服するための虫宴の有効性が確認されている[7]

昆虫食に対する考え方は、世界各地で異なっている。そのため、昆虫食の普及には異なるコミュニケーション戦略が必要である。食料安全保障が脆弱な地域では、経済的・栄養的な理由から食用昆虫を必須食品として普及させる必要がある。昆虫の消費が定着している地域では、西洋の食生活の影響に対抗するために、食用昆虫を貴重な食料源として保存・普及させる必要がある。高所得国では、食用昆虫および昆虫由来製品の消費を促進するための戦略として、偏見や嫌悪感を克服する必要がある。特に、食用昆虫の食品安全性を確保することは、欧米諸国での認識を改め、消費者の受け入れを促進するのに役立つと思われる。食用昆虫を健康な未来の食としてより説得力のある形で効率的に普及させるためには、昆虫の栄養価や昆虫食の環境面での利点についてさらなる情報が必要である。

7.今後の方向性

食用昆虫は、世界的に増加する人口の栄養ニーズを満たすための代替的かつ持続可能な手段を提供するようだ[18,141]。しかし、食用昆虫の可能性を利用して食料安全保障を向上させるには、いくつかの課題に取り組む必要がある。様々な昆虫種の栄養価や健康上のメリットをより詳細に調査し、健康的な食料源として促進するための基礎を提供する必要がある。昆虫の飼育、収穫、生産が環境に与える影響と持続可能性について、より大きな環境破壊を引き起こすと考えられている伝統的な農業や家畜の飼育と比較できるようにするために、調査する必要がある。昆虫採集と養殖が低所得者層の食糧安全保障の改善にもたらす潜在的な社会経済的利益については、さらに解明が必要である。昆虫は、どの程度不快感や痛みを感じるかは不明だが、動物福祉の問題はほとんどないように思われる[142]。食用昆虫の分野で行われている学際的な研究の例として、ケニアのナイロビにある汎アフリカ昆虫生理学・生態学国際センター(ICIPE)がある。ICIPEは科学研究機関であり、熱帯地域に住む人々の食糧安全保障と健康状態の改善を主な任務としている。ICIPEは、昆虫管理のための新しい戦略とツールを開発し、適用可能で効果的、無公害で昆虫の生物多様性を保護し、資源が限られたコミュニティにとって手頃で、文化的、社会的に受け入れられるものを適応させている[143]。さらに、昆虫製品の生産と取引に関して、必要な投資とビジネス構造を確保するために、国内と国際レベルの包括的な法的枠組みが必要である。

8.まとめ

世界的な人口増加、動物性タンパク質の需要増加とコスト上昇、世界の一部地域での食糧不安、環境圧力の高まりなどから、食用昆虫を人間の食糧源として利用することは、世界的に関心の高い課題として浮上している。環境的に持続可能な食糧安全保障を達成することは、現在、世界最大の課題の一つである。利用可能な証拠は、食糧不安に対処する上で昆虫食が重要な役割を果たすことを実証している。食用昆虫は、高品質のタンパク質、微量栄養素、生物活性物質、食物繊維を含む食品を提供することができる。食用昆虫の栄養的品質は、鳥類や哺乳類に基づく食品と同等か、時にはそれよりも優れているようである。食用昆虫は豚や牛と比較して、成長速度が速く、飼料から食品への変換効率が高く、土地や水の必要量が少なく、温室効果ガスやアンモニアの排出量も少ない。このように、昆虫食は農業資源を保護し、動物性食品による生態系への影響を軽減する可能性がある。これらの利点は、食用昆虫が低所得国だけでなく、高資源環境においても魅力的な将来の食糧源となることを示唆している。昆虫の養殖と昆虫食の商業化に関する体系的な研究は、まだ始まったばかりである。このような研究の主な目的は、栄養価が高く、アレルギー性や毒性を持たない昆虫ベースの食品を選択し、生産することである。また、大規模な昆虫飼育の生態学的・経済的持続可能性を探る研究も必要である。さらに、食料源としての昆虫を管理する規制や標準化の枠組みは、低所得国にも高所得国にもほとんど存在しないため、昆虫の養殖と加工を工業規模で開発する際の障壁となり得る。食用昆虫の汚染を防ぎ、消費者の健康を守るために効果的な衛生習慣を確保するための適切な食品安全対策が導入される必要がある。最後に、昆虫食を世界規模で展開するには、従来のタンパク源に代わる食用昆虫に対する消費者の需要が高まり、受け入れられるようになることが必要である。

利害関係者の申告

著者らは、利益相反がないことを宣言する。特に、私たちの研究に不適切な影響(バイアス)を与える可能性のある他の人々や組織との金銭的、個人的な関係はない。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました