人口減少、不妊の原因男性、mRNAワクチン、副作用遺伝子治療男性
COVID-19 RNA-注射は男性不妊に影響するのか?最新の事実と展望ドイツからの新しい研究!

強調オフ

ワクチン 生殖への影響

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

pure-fertility.com/en/impfnebenwirkung-unfruchtbarkeit-neue-deutsche-studie/

Do COVID-19 RNA-Injections Affect Male Fertility? Latest Facts and Perspective. New study from Germany!

2020年代後半に新規mRNAワクチンが登場して以来、mRNAワクチンの結果としてのワクチンの副作用に関する研究、公的データベースからのデータレビュー、医院やIVFクリニックからの逸話的証拠や報告が多数発表されており、健康な生殖能力に対する膨大な潜在リスクが示唆されている。妊娠合併症のデータとその毒性学的原因については、すでに当ブログで詳しく取り上げている。また、ワクチンの副作用が男性の生殖能力に及ぼす毒性学的リスクについても、これまでに発表された文献をもとに詳しく報告している。

ドイツから、「Do COVID-19 RNA-Injections Affect Male Fertility?Latest Facts and Perspective. “がドイツから本日2023年1月27日に発表された。1、データ状況の概要がわかりやすく説明されている。

Graphic on the topic of New Study Do COVID-19 RNA Injections Affect Male Fertility Latest Facts and Perspective Pure Fertility

ドイツ発の研究1「Do COVID-19 RNA Injections Affect Male Fertility?最新の事実と展望」(ドイツ発)は、コビッドワクチンの男性生殖能力への影響として、ワクチン接種の副作用に関するデータを詳細に紹介している。著者は、ギーセン大学バイオメディカル研究センターで分子アンドロロジー分野の研究を行うドイツの分子生物学者Klaus Steger教授・博士と、品質管理とデータ解析の専門家であるWerner Bergholz教授・博士である。

コビッドワクチンによる男性生殖器疾患の発生に関する様々なデータベースを分析し、またコビッドワクチンが精子の質や生殖補助医療の成功率に及ぼす影響について調査した既往の研究についても分析した。分子生物学的な背景を総合的に分析し、mRNA技術のワクチン接種による男性生殖器への副作用がもたらす実際の長期的なリスクについて詳述している。

さらに、使用されているmRNAは、よく言われるような「単純なmRNA」ではなく、いわゆる「modRNA(修飾RNA)」であり、体内で全く異なる作用を及ぼすことが指摘された…

要約すると、精液サンプルの事前・事後分析に関する既報の研究では、研究デザイン、特にワクチン接種の副作用を測定すべき測定期間に大きな欠陥があることが示されている。データベース解析(英国イエローカード、米国VAERS、deStatis)では、勃起不全(ED)と心不全の明らかな関連性、ワクチン接種キャンペーン開始後ちょうど9カ月で生殖能力が著しく低下することが示されており、これは二次性不妊(生殖管の併発疾患による不妊)である可能性も指摘されている。また、使用されたmRNAは、よく言われるような「単純なmRNA」ではなく、いわゆる「modRNA」(modified RNA)であり、体内での作用が全く異なるため、必然的にこれまで気づかなかったリスクがあることも指摘された。

1.ワクチン接種の副作用としての出生数の減少? deStatisデータベース

2022年初頭、ヨーロッパをはじめ世界的に生児数の大幅な減少が確認された。特に、ドイツではワクチン接種キャンペーン開始からちょうど9カ月後に生児出生数の減少も始まっており、著者はこう結論付けている。「しかし、ワクチン接種と出生数の統計は、少なくとも10%の誤差の範囲内で正確であると考えられる。したがって、今回発表されたワクチン接種と9カ月遅れの生児出生率の急激な低下との一致は、統計学的に確かなものと考えられる。」1この意味での正確な相関は、スイスでも、カントンのワクチン接種率によって導き出すことができる。これについては、こちらで報告した。

Graph on the topic of live births in Europe and Germany as a result of the Pure Fertility vaccine side effect.

図1:ドイツの月別統計では、該当年齢層へのワクチン接種と出生数の急激な減少との間にちょうど9カ月のタイムラグがあることがわかる。他のほとんどのヨーロッパ諸国でも同様の相関が見られる。Bergholz & Steger,20231から引用。

1.1 相関性か因果性か?

図2は、これまでに判明している様々な影響因子の関係を因果関係図にしたものである。注射が出生数の急激な減少の主な原因であることは、現時点では確実には推論できない。図2には書かれていない、未知の要因があるものと思われる。封鎖、マスク着用、COVID-19検査、社会的距離、「強制ワクチン接種」など、家族、職業、政府の介入による社会的・心理的ストレスに関する関連情報がデータベースから欠落しているのだ。それでも著者らは、「列挙した各要因は、程度の差こそあれ、家族計画や自然妊娠の統計に寄与していると考えられるが、調査したすべてのヨーロッパ諸国における2022年1月時点での生児数の急激かつ顕著で独特な減少を説明できるものは、それ自体には存在しない」と結論付けている。1

Graph on Model Cause Effect of Live Births in Europe and Germany by Vaccination Side Effects Pure Fertility

図2:2022年上半期に調査した欧州各国の出生数減少の原因として考えられるものを、網羅的とは言わないが、まとめた因果関係図である。ED:勃起不全、OAT:oligoAsthenoTeratozoospermia(乏精子症)。Bergholz & Steger,20231より引用。

出生数の変化については、女性が圧倒的な役割を果たしていると考えなければならないが、どんな場合でも男性の役割を無視してはならない。

…ワクチン接種と9カ月遅れの出生率の急激な低下の間の偶然の一致は、統計的に正しいと考えられる。

生児数の減少の事情を調べたドイツ連邦人口研究所の研究の著者らは、将来の経済発展に対する不安や恐怖が、親が子どもを持ちたいという気持ちを先延ばしにした最も有力な理由であると結論付けた。2Bergholz & Stegerは、この主張には証拠が示されていないことを正しく指摘した。これに対して、コクーニング効果と呼ばれる、閉鎖やホームオフィスの時期により家族的な生活状況が、親が子どもを持つ決断にプラスの影響を及ぼした可能性さえある1。

2.男性生殖器におけるワクチンの副作用:英国イエローカードデータベースからの男性不妊症の間接的証拠。

報告されている生殖器に影響を及ぼす有害事象の発生率は、男性では女性に比べて約100倍低くなっている。しかし、報告された有害事象のそれぞれが、男性の生殖能力に大きな影響を与えることが予想される。最も多く報告されているワクチンの副作用は、勃起不全、精巣痛、陰嚢痛の3つで、最も多く投与されているBioNTech注射剤の各種ワクチンの副作用の絶対発生頻度は下図に示す通りである。

Male Reproductive Tract Adverse Drug Reaction Yellow Card Reporting System Pure Fertility Graphic

図3:報告された副作用の統計データA:英国イエローカード報告制度における男性生殖器に関する副作用の報告頻度。報告された副作用のほとんどは、男性パートナーに関する限り、カップルの生殖能力に直接または間接的に影響を及ぼすと予想される。Bergholz & Steger,20231より引用。

100万回の投与量に対して、不妊関連ワクチン接種の有害事象が、製造元のモデルナ社で有意に多く記載されていることは驚くべきことである。これは、BioNTech/ファイザー社(BNT162b2,30μg RNA/dose)と比較して、モデルナ社(mRNA-1273,100μg RNA/dose)の注射剤のmRNAの含有割合が著しく多いためではないだろうか?

図4:英国で使用されている主な3つの男性生殖器用注射剤の副作用報告頻度の比較。Bergholz & Steger,20231より引用。

2.1 ワクチン接種の副作用である心不全と勃起不全の発生に密接な相関:1つの原因-2つの効果?

特に興味深いのは、心不全の発生率と勃起不全の発生率の間に密接な相関関係が、英国の報告システムにおいて調査した3つのメーカー(BioNTech、モデルナ、AstraZeneca)すべてについて導き出せるという事実である。さらに詳細に検討すると、この関係は、勃起障害と心不全という共通の病態生理学的基盤に由来するというのが、著者らの結論のようだ。つまり、血栓に関連した小毛細血管の内皮機能不全が、両疾患パターンの発生頻度の密接な関連性を説明することができるのである。

Graphic on correlation heart failure and erectile dysfunction vaccine side effect Pure Fertility.

図5:英国で報告された心不全の件数。英国のイエローカード制度では、2つの副作用が同一人物で同時に発生したかどうかを分析することができない。この疑問に答えるため、VAERSデータベースを調べた。このデータベースには、個々の症例に最大5つの副作用が記載されているからだ。EDの報告では、心不全が2番目の症状として報告されたものはなく、純粋にどちらか一方の症状であることがわかる。イギリスのイエローカードと同様、EDの発生と心不全は比例している。Bergholz & Steger,20231から引用した。

この文脈では、モデルナ注射剤では心不全よりも勃起不全の発生頻度が高く、他のメーカーではそうなっていないことも興味深い点である。製品に含まれるmRNAの割合が著しく高いこと、あるいは他の脂質ナノ粒子が使用されていることも、ここに関与している可能性があるのでは?

要約すると、利用可能なデータを背景に、生殖機能に関連する副作用の可能性を妥当に分析する場合、前臨床動物実験が表面を削るに過ぎないのは全く理解できないと結論付けているのだ。私たちはすでに、生殖毒性に関する「除外試験」が行われた(行われなかった)背景と、毒性脂質ナノ粒子の生体内分布に関するデータについて報告したが、これは前臨床試験の資料とファイザーの市販後試験から、男女の両方について明らかに浮かび上がってきたものである。

3.ワクチン接種の副作用でコビッド注入後の精子の質が低下?

精子の質を調査する研究は、主に精子提供者を対象として、これまでにいくつか発表されている。進行性の精子運動性を調査した研究はごく少数であった。全体として、著者らは、精子の質への影響に関する利用可能な研究の質と信頼性は、中程度から低レベルであると結論づけている。とりわけ、対照群の不足と、精子数の減少を観察した唯一の研究3– 3カ月以上の適切な観察期間が選択されていることである。精子濃度は-15.4%、総運動精子数は-22.1%の減少が観察されたが、「ブースト」した被験者は原因不明の理由で対象外であった。

要約すると、著者らは、利用可能なデータに照らして、前臨床動物試験が、不妊関連副作用の可能性の有効な分析に関しては、表面を削るだけというのは、全く理解不能であると結論付けている。

しかし、Bergholz & Steger1が個人的に問い合わせたところ、「ブースターは最終結果に影響を与える可能性のある追加介入であり、クリーンな方法論を得るために除外された」ことが判明した。前述のドイツ連邦人口研究所の研究2と同様に、コビッドワクチンの結果として精子の質の低下を観察した唯一の研究において、著者らは説得力のあるデータ根拠なしに、裏付けのない結論に至っているのである。「ワクチンはmRNAを含み、生きたウイルスではないので、ワクチンが精子のパラメーターに影響を与えることはないだろう」RNAベースの注射の関連成分は、ウイルスのmRNAではなく、脂質ナノ粒子によって送達されるmodRNAであることに注意する必要がある(後述)。

すでに発表され、Bergholz & Stegerも分析した精子の品質障害に関する研究のレビューは、ワクチン接種の男性生殖能力への副作用の記事でも見ることができる。

4.注入されたmodRNAの雄性生殖細胞への遺伝子組み込みによる遺伝?

(ウイルス性)RNAをDNAに書き換える可能性についての包括的な解説は、例えば逆転写酵素があればそれが可能であることを明確に示している(ウイルス性RNAの統合はヒトゲノムの約8%を占める)。4は可能である。しかし、それ以上に重要なのは、逆転写酵素が存在しなくても、RNAをDNAに書き戻すことができるという事実である。内因性(=細胞内)の逆転写酵素として働き、ヒトゲノムの約17%を占める、いわゆるLINE-1エレメントの存在により、5、RNAのDNAへの組み込みが可能になるのだ。これらの事実と、この経路がSARS-CoV-2のウイルス性RNAや「接種した」mRNAの逆転写に有効であることが証明されたが、公的な報道ではいまだに巧みに無視されている1。

特に、注入されるRNAが単なるmRNAではなく、modRNAと呼ばれるものであることを背景に、スパイクプロテインの内因性産生のための遺伝情報が継承される可能性があるという事情が重要になる」

「DNAに書き換えたワクチン由来のRNAが、本当に生殖細胞のゲノムに組み込まれることが判明すれば、子孫にスパイクプロテインを遺伝させ生産する確率も高くなる。外来RNAをDNAに書き換える精子や、このDNAをパッケージ化して受精後に卵子に送り届けることができるプラスミドには、高レベルのLINE1が見いだされている。その結果、プラスミドは胚の中で増殖する」1

投与されたRNAは精巣にも運ばれ、そこから男性の生殖細胞に組み込まれる可能性があることは、ファイザー社の社内研究からも、また、すでに報告した脂質ナノ粒子の特性に関する既報からも推察されるところである。スパイクプロテインを体内で生産するための遺伝情報が受け継がれる可能性があるという事実は、注入されるRNAが単なるmRNAではなく、いわゆるmodRNAであるという事実を考慮すると、特に重要であると思われる。

4.1modRNAとは何か、また現在および長期の生殖能力を損なうワクチン被害の評価にどの程度関係するのか?

RNAベースの注射の活性剤は、ウイルスタンパク質を合成するための情報を持つ単なるmRNA分子ではなく、翻訳効果や寿命のために特別に設計されたmodRNAで、生物学的障壁を回避して心臓や脳、そしておそらく生殖細胞を含むすべての細胞にアクセスできるようにLNPにカプセル化されている。

RNAは遺伝子発現の制御に関与しているため、細胞には不要なmRNAをシャットダウンする仕組みがあるが、modRNAではこうした保護機構が働かないため、注射された被験者(世界の人口の70%)の体内で、スパイクプロテインの生成がいつ全く停止するのかという疑問も生じる。

図6:Biontech/Pfizer(BNT162b2)およびモデルナ(mRNA-1273)が提供するRNAベースのCOVID-19ワクチン技術の動作原理の概要である。ORF:オープンリーディングフレーム。Bergholz & Steger,20231から引用。

「播種した」RNAはウイルスRNAを模倣したものではなく、ヒトの細胞装置によるリボソーム翻訳(RNA情報の読み取りと細胞内でのウイルススパイクプロテインの合成)を促進するために「ヒト化」されたものである。上記のように、注入されたmodRNAが雄の生殖細胞(配偶子)のゲノムへの組み込みにつながることが確認されれば、結果として、その子孫も自分の体内でスパイクプロテインを発現させることができるようになる。

結論

著者らは、要するに、生殖器官のスパイクプロテインが生殖細胞の発生や精液の質に影響を与える可能性はいくつか考えられると結論付けている。現在までのところ、COVID-19ワクチン後の精液の質の悪化が報告されているが、それが一時的なものなのか、それとも永続的なものなのか、誰にもわからない。

Bergholz &Steger1は、科学と医学が政治的な物語から自らを解放することを力強く訴えている。

医学は現実を直視する必要があり、傷ついた信用を回復するために、理性と証拠に基づく事実に立ち戻らなければならないのである。被験者数を増やし、追跡調査期間を長くすることに加え、今後の研究では、得られた結果に関連するワクチンの種類とバッチ番号の両方に関する情報を公表すべきである。なぜなら、異なるバッチ間で大きなばらつきがあり、少数のバッチが重度の副作用の大部分を引き起こしているという証拠が存在するからだ。健康への悪影響の可能性に関する学際的な議論は、許可されるだけでなく、奨励されなければならない。

“医学は現実を確認する必要があり、傷ついた信用を回復するために理性と証拠に基づく事実に立ち戻らなければならない。”

この特殊な状況において、科学者と医師は特に、「RNAベースのワクチン」の有効成分は、私たちの細胞内に何百万回も見られるような単なるmRNA分子ではなく、長寿のために設計されたmodRNAで、私たちのどの細胞にも入り込んでウイルス性タンパク質を作り出すことができることを認識する必要があるのである。

しかし、もともと健康な心臓や脳の細胞が、ウイルス性タンパク質を合成し始め、この細胞を「味方」から「敵」に変え、結果として免疫系に攻撃されるようになるメリットは何なのだろうか?

大切なことがひと目でわかる

  • 注入されたRNAは単なるmRNAではなく、modRNAと呼ばれるもので、体内での作用が全く異なる。
  • 精液サンプルの事前・事後分析に関する既報の研究では、研究デザインに大きな欠陥があることが示されている。
  • データベース解析では、調査したすべてのメーカーにおいて、勃起不全と心不全の間に強い関連性があることが示されている。
  • ワクチン接種キャンペーン開始からちょうど9カ月後に「原因不明」の著しい生殖能力低下が発生。
  • ワクチン接種と9カ月遅れの出生率低下との間の一致は、統計的に確実と考えられる。
  • 生殖器に影響を及ぼす有害事象の報告頻度は、女性より男性の方が約100倍低くなっている。
  • モデルナは、生殖機能に関連するワクチンの副作用が有意に多く記載されている。
  • 接種したRNAが生殖細胞にゲノム統合されると、高い確率でスパイクプロテインが継承され、生産されるようになる。
  • 医学は現実を直視し、理性と証拠に基づく事実に立ち戻る必要がある…。
この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker