PANDA,,PROPAGANDA IN FOCUSイベルメクチンプロパガンダ・全体主義世界健康評議会(WCH)・WHO民主主義・自由

耳をつんざくような沈黙 | 検閲、中傷、強要によるプロパガンダ
DEAFENING SILENCES: PROPAGANDA THROUGH CENSORSHIP, SMEARING AND COERCION

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.pandata.org/deafening-silences-propaganda-through-censorship-smearing-and-coercion/

2022年9月19日

プロパガンダ・キャンペーンの最も重要な部分は、ある種の声や主張、議論が決して日の目を見ないようにするか、さもなければ「フリンジ」あるいは「オルタナティブ」なサークルに収まるようにすることである、というケースがある。


by Dr Piers Robinson

「Propaganda in Focus」にも掲載されている。

COVIDの発生以来、世界各国の当局は、いわゆる「ロックダウン」、強制マスク、複数回の「ワクチン」接種の義務付けなど、極めて異常な政策を実施しようとしている。これらの政策の多くは、呼吸器系ウイルスに対処するために長年にわたって確立され、十分に実証された公衆衛生アプローチに反しており、ロックダウン、コミュニティ・マスク着用、「ワクチン」接種を含むこれらの措置の科学的正当性は、ますます精査されるようになっている。同時に、これらの極端な政策が世界中の人々にもたらす壊滅的な結果、いわゆる「巻き添え被害」(戦時中の民間人犠牲者に対する軍の婉曲表現)は、十分に立証されつつある。現在までのところ、接種に関する無作為化比較試験は全体的な正味の利益を示していない。一方、受動的な報告から蓄積された証拠は、接種が重大な レベルの害を もたらす可能性があることを示している。このような極端で、結局は非常に破壊的な政策を売り込む中心的な部分は、プロパガンダの使用に関わってきた。

プロパガンダについて研究したり書いたりする際の問題の一つは、多くの人がそれを民主主義国家とは無縁のものだと考えていることである。しかし、20世紀のプロパガンダ技術の発展における中心人物と考えられているエドワード・バーネイズが説明し、宣伝したように、「大衆の組織的習慣や意見を意識的かつ知的に操作することは民主主義社会における重要な要素である」のである。少なくともある程度までは、このプロパガンダに対する信念は、人間は究極的には利己的で、エゴイスティックで、権力欲が強く、快楽主義的な存在であり、指導とインセンティブを必要とするという仮定や信念に基づいている。したがって、与えられた社会にある程度の構造、秩序、目的を与えるために、プロパガンダが権力者によって必要とされるということになる。これに対して、人間は究極的には善良で、お互いに、また自然界に対してよく気がつき、条件が許せば偉大なことができると仮定すれば、利己的で強力な行為者から生まれるプロパガンダは、人間をよりよい本能から遠ざけようとする人間の心の中の寄生虫に等しい。これに、権力を持つ者が自らを真実と道徳の決定者として定義する傾向を加えることができるかもしれない。

支配的で特権的な集団の道徳的態度は、普遍的な自己欺瞞と偽善によって特徴づけられている。自分たちの特別な利益を一般的な利益や普遍的な価値と無意識的・意識的に同一視している[…]」。[中略)特権階級の知性は通常、普遍的価値が自分たちの持つ特別な特権から生まれ、一般的利益がそれに奉仕するという理論のために、まやかしの証明を考案する作業に費やされる。

プロパガンダの正当性に関してどのような立場をとるにせよ、また今日、私たちは通常、これらの技術を「広報」や「戦略的コミュニケーション」といった婉曲的な表現を使って別の名前で呼んでいるが、操作の技術が現代の自由民主主義に不可欠な要素であることは事実である。

ナラティブ(物語)の推進

COVID-19の場合、プロパガンダは前例のない規模で民主主義諸国全体に展開された。COVID-19イベントで採用された異例で押しつけがましい措置へのコンプライアンスを得るために、「恐怖レベル」を高めるようにデザインされた操作されたメッセージから強制に至るまで、多くの形態の非合意の説得が採用されてきた。実際、ごく初期に、行動科学者がイギリス政府の緊急時科学諮問グループ (SAGE)に助言を提供していたことが明るみに出た。UKColumnは、このグループが「Scientific Pandemic Influenza group on Behaviour (SPI-B)」と名付けられ、2020年2月13日に(再)召集されたことを報じている。このグループが作成したある文書では、説得、インセンティブ、強制を含む「社会的距離の取り方の遵守を高めるための選択肢」が確認されている。「説得」の項では、「自己満足に浸っている人々の間で、個人的な脅威のレベルを認識させるためには、強烈な感情的メッセージを用いて増加させる必要がある」と述べられている。この文書では、「個人的な脅威の感覚を高めるためのメディア」の利用についても言及している。イギリスの文脈で使われたこれらの「行動科学」的な操作の多くは、ローラ・ドスワースの影響力のある著作『State of Fear』に記録されている。一方、ゲイリー・シドレー博士は、大衆を意図的に操作することに対する責任を認めようとしない権力者の驚くべき姿勢について書いている。コリン・アレクサンダー博士は、しばらくの間、英国の公共圏におけるプロパガンダを追跡調査してきた。

より広く、Iain Davisが述べているように、これらのアプローチは世界レベルで並行して行われている。Davisによれば、2020年2月、世界保健機関 (WHO)「健康のための行動的洞察と科学に関する技術諮問グループ (TAG)」を設立した。「このグループは、Cass Sunstein教授が議長を務め、世界銀行、世界経済フォーラム、ビル&メリンダゲイツ財団の行動変化の専門家がメンバーになっている。英国のSusan Michie教授もTAGの参加者である」。以来、Susan Michieが議長に就任している。

耳をつんざくような静寂を創り出す

COVID-19イベントのプロパガンダの一側面は、公式の物語を積極的に推進することであるが、それと同様に重要なのは、当局に疑問を呈する人々を弾圧し、検閲することである。実際、プロパガンダ・キャンペーンの最も重要な部分は、ある種の声や主張、議論が決して日の目を見ないようにするか、さもなければ「フリンジ」あるいは「オルタナティブ」なサークルに収まるようにすることである、という言い方ができるかもしれない。

議論や意見を抑制するこのプロセスの一部には、「誤情報」や「偽情報」というレッテルを貼られつつあるものを管理するという表面的には善意の試みが含まれている。エリザベス・ウッドワースは、2020年のCOVID-19開催に先立って、いわゆるトラステッド・ニュース・イニシアティブ (TNI)が出現し、主流/レガシーのメディアの連合体が「誤情報」や「偏向」に対抗するためのネットワークを構築したことを記録している。彼女は、当時のBBCのトニー・ホール局長の言葉を引用している。

「先月、私は BBC で Trusted News Summitを密室で開催し、グローバルな技術プラットフォームと出版社を集めた。その目的は、誤情報と偏向の増加に対処するために、今すぐ私たちが一緒にできる実用的な一連の行動に到達することだった。..私は、その (BBC)独自のリーチと信頼できる声を利用して、道を切り開き、ニュースの誠実さのためのグローバルな同盟を作ることを決意している。私たちは、世界中で自由と民主主義を促進するために、さらに多くのことをする用意がある。

ウッドワースによれば、2020年までにTNIは「ツイッター、マイクロソフト、AP通信、フランス通信社、ロイター、ロイター通信研究所」を取り込み、予想通り「有害なコロナウイルス偽情報」に取り組む役割を採用したのだという。

少なくとも英国では、COVID-19コミュニケーション戦略の一環として、第77旅団が活動しており、軍の関与も見られる。第77旅団の活動には、情報戦と「対敵情報活動の支援」があり、これには「指定された任務を支援するためのデジタルおよび広範なメディアコンテンツの作成と普及」が含まれる。

国会議員であり、下院国防特別委員会の委員長でもあるトビアス・エルウッドは、驚くことに第77旅団の予備役である。国会での書面質問に対する答弁で、「陸軍第77旅団の隊員」が「現在、内閣府の英国政府のRapid Response Unitを支援し、COVID-19に関する偽情報対策に取り組んでいる」ことが確認された。Rapid Response Unit自体は、代表のFiona Bartoschによれば、「誤情報」「偽情報」に対抗し、「事実に基づく公的議論を取り戻す」ために、2018年に設立されたものである。

WHOも同じように「誤情報」「偽情報」について注意を促している。「Let’s flatten the infodemic curve」と題したリリースでは、「ファクトチェッカー」や「レガシーメディア」を参考にするようアドバイスしている。「疑問がある場合は、国際事実確認ネットワークなどの信頼できる事実確認機関や、AP通信ロイターなどの誤情報の否定に焦点を当てたグローバルなニュースアウトレットに相談してほしい」と述べている。WHOは、ソーシャルメディアや「ビッグテック」との関わりを詳しく説明している。

WHOは、Facebook、Twitter、LinkedIn、TikTok、Twitch、Snapchat、Pinterest、Google、Viber、WhatsApp、YouTubeなど50以上のデジタル企業やソーシャルメディアプラットフォームと密接に連携し、人々がCOVID-19に関連する情報を検索したときに、同機関や他の公式ソースからの科学的根拠に基づく健康メッセージが最初に表示されるようにしている。WHOはまた、COVID-19に関する誤った情報への認識を高め、個人がオンラインで虚偽または誤解を招く内容を報告するよう促すデジタルキャンペーンで英国政府と連携している。さらに、WHOは、WhatsApp、Facebook Messenger、Viberで利用できるWHO Health Alertチャットボットなど、公衆衛生メッセージを増幅するツールを作成し、個人がCOVID-19から自身や他人を守る方法に関する最新のニュースや情報を提供していると述べている。

検閲と「間違った考え」の抑圧という制度的な文化

これらの動きは、PANDAの活動を通じて、いずれ記録されるであろう他の動きとともに、議論の抑圧という意味で大きな結果をもたらしたと思われる。この2年半の出来事を予備的に調べてみると、この抑圧は少なくとも3つの異なる方法で行われていることがわかる。コンテンツの削除やデプラットフォームによる直接的な検閲、COVID-19のシナリオに批判的な疑問を呈する者を中傷・脅迫するための敵対報道の後援、生活や雇用への脅威を伴う強制的なアプローチである。それぞれについて順を追って説明する。

検閲とデプラットフォーム

英国では、規制機関であるOFCOMが放送局にガイドラインを出すなど、国家がバックアップする形で検閲への正式な取り組みが早くから行われていた。Dodsworth (p.31)によれば、放送局は「有害かもしれないウイルスに関連した健康上の主張、有害かもしれない医療上のアドバイス、ウイルスやそれに関する公共政策に関連した番組の正確さや重大な誤解を招くもの」に注意するよう指示された (Dodsworth p. 31)。この方針の一つの現れと考えられるのが、オックスフォード大学のスネトラ・グプタ教授に出された注目すべき指示である。2020年10月14日、彼女はBBCニュースに出演し、イングランド北部で課されたロックダウンについて話した。その際、プロデューサーの一人が、放送直前に、隔離やその他の異例の措置を回避する代替政策を定めた著名な科学者の署名入り文書「グレートバリントン宣言」に言及しないよう彼女に指示したとれる。

COVID-19イベントのほぼ初日から、ソーシャルメディア全体で、テックジャイアント(「ビッグテック」)は検閲の戦略に進んでサインアップしていた。2020年4月には、YouTubeのCEOであるスーザン・ウォジッキが、世界保健機関」の勧告に反するものは削除するよう行動すると宣言したことが報じられた。注目すべきは、スタンフォード大学のジョン・イオアニディス博士や英国人医師カロル・シコラ教授のインタビューがYouTubeから削除された一方で、2021年8月にフェイスマスクの有効性を問う米国上院議員ランド・ポールのスピーチがYouTubeから削除されたことだ。COVID-19接種に使われたMRnA技術の一部を発明し、公式の政策や物語に対する批判が目立つようになったロバート・マローン博士も、Twitterから削除された。ソーシャルメディアプラットフォームにおける議論の取り締まりの大部分は、ある投稿が何らかの形で「コミュニティ基準」に違反しているという警告を発することであり、LinkedInのように、当局と異なる内容は検閲につながる可能性があると述べているものもある。Dr David Thunderが記録しているように、Linkedinの「誤情報」に関するポリシーの正確な文言は以下の通りである。「主要な国際保健機関や公衆衛生当局の指導と直接的に矛盾する内容を共有してはならない」とサンダーは指摘する。

これは実際には何を意味するのだろうか?それは、一部の選ばれた人が、「公衆衛生当局」や「主要な国際保健機関」に指名されたというだけで、一般市民や他の科学者からの強固な批判からリンクトインによって保護されるということだ。

さらに、学術雑誌に関しても検閲や学術的議論の抑制が報告されており、いわゆる科学的コンセンサスに反する記事や研究は不当に削除されたりブロックされたりしているようだ。例えば、ピーター・マカロー博士の報告によると、COVID-19に関連して査読され出版された論文に対する不当な検閲があり、一方、より広い意味では、イベルメクチン試験に関してTess Lawrie 博士が正当な研究成果の不当な弾圧を報告している。これらはすべて、学術的なプロセスそのものが、邪悪な検閲や支配の対象となっていることを示すものであり、憂慮すべきものである。

検閲は衰えることなく続いており、激化している可能性すらある。検閲の規模や範囲を明らかにするためには、詳細かつ体系的な調査を行う必要があるが、2020年以前と比較すると、そのレベルは前例がなく、検閲の正常化、または日常化を示していることは、現在では十分に明らかである。

中傷による人格攻撃

議論の抑圧は、公式な検閲だけでなく、権力に挑戦する人々の評判を破壊しようとする間接的な戦術によっても達成される。おそらくあまり理解されていないが、人格攻撃という戦術は近年、より一般的になってきているようで、現代のプロパガンダと私たちの「民主的」風景の重要な特徴となっているようである。大まかに言えば、中傷キャンペーンは実質的な合理的議論を避け、その代わりに議論している人物を誹謗中傷するように作られている。中傷キャンペーンの特徴は、人種差別に対する懸念(正当なもの)や、侮蔑的で傾向的なレッテルの展開など、アイデンティティ政治的な感覚を用いることである。たとえば、COVID-19の政策に疑問を呈する人々は、極右やファシストと呼ばれることがあり、公式の物語に疑問を呈する人々を表現するために「陰謀論者」という蔑称が頻繁に使われている。

中傷キャンペーンは、反対意見に挑戦するための卑怯で評判の悪いアプローチとして正当化され、オブザーバーや被害者でさえ、自分たちが標的にされていることを十分に認識しないまま過ぎていくことが多い。中傷を指示したり可能にする側には発覚を避ける理由があり、中傷を実行する側、つまりジャーナリストは、ヒット作品を正当な批判として弁護することになる。しかし、COVID-19の場合、少なくとも一つの高度な中傷キャンペーンが確認されている。2020年秋のグレートバリントン宣言 (GBD)の発表時、著者らは、上述のBBCによるSunetra Gupta教授へのインタビュー中に宣言に言及しないような指示など、敵対的メディアの注目ストームを知るのみであった。しかし、少なくとも敵対的な報道の一部は、ジャーナリストによる単なる自然発生的な反応ではなく、高官によって開始されたものであった。GBDが発表されたとき、アンソニー・ファウチと国立衛生研究所長のフランシス・コリンズが、GBDを速やかに閉鎖する必要性について議論している様子が、リークされた電子メールに示されていた。コリンズは、この「3人のフリンジ疫学者からの提案…多くの注目を集めているようだ。..その前提の迅速かつ破壊的な公表による討伐が必要だ」とメールに書いている。文明的で堅牢な科学的議論ではなく、中傷キャンペーンが続いた。

その他、証明されてはいないが、指示された中傷キャンペーンの特徴を持つ顕著な例として、米国の人気ポッドキャスター、ジョー・ローガンに対する度重なる攻撃がある。ヨーロッパ圏では、COVID-19の政策を早くから批判してきたBhakdi教授が、反ユダヤ主義者として繰り返し非難され、現在ドイツ当局から憎悪扇動者として起訴されている。これらの攻撃でなされた非難は、どれも理にかなっていないように思われる。例えば、ローガン氏はイベルメクチンの使用を推進したことで非難され、多くのジャーナリストはそれを「馬の駆虫剤」と誤解を招くような言い方をした。バクディの仕事と成果の大部分は、COVID-19政策に関するもので、ユダヤ教に関連する問題への言及は、相対的に言って、せいぜいごくわずかしかない。たとえば、イギリスに拠点を置く独立系メディアOffGuardianはそのツイートが「安全ではない」可能性があり、「実害につながりかねない暴力的または誤解を招く内容」を含むことを示唆する包括的な警告の対象になっている。このようなレッテル貼りは、間違いなく、中傷的なものである。

強制力

不都合な意見の抑圧は、情報の領域、すなわち人の声の検閲や同族攻撃だけでなく、現実の「物質的」世界での強制的な行為によっても行われる。これは、物質的なインセンティブを提供したり、あるいは、誰かの物質的な状況を枯渇させると脅すことで、人々が自分の意見を言うのを抑止する状況を作り出すことである。簡単に言えば、収入を失うという脅しである。COVID-19の場合、強制の役割は、物語に挑戦する人々が経験した雇用への脅威を通して見ることができる。

例えば、カナダのウェスタン大学では、ジュリー・ポネス教授が「ワクチン」接種の義務化に伴い、COVID-19の接種を拒否したために教授職を追われ、カリフォルニア大学アーバイン校医学部教授で医療倫理プログラム責任者のアーロン・ケリアーティ博士も同様の運命に見舞われている。また、マーティン・クルドフ教授のように、学問の自由に関して組織的なサポートがないことを理由に挙げる学者もいる。

強制的な指令の性質は、大学において「反体制的な」研究者に、自分の信念や意見に反して従うか、さもなければポストを去るように強いるという点で特に悪質である。もちろん、懲罰的な効果は学会全体でより広く感じられる。ポストを失った少数の人々は、他の人々に対して自分の信念や行動を再考するよう警告する役割を果たすのである。特に、若い研究者や博士課程を修了した研究者は、学術的キャリアという目標を実現するためには、支配的なシナリオに従うことが唯一の現実的な選択肢であることを理解するようになる。

反体制的な科学者を貶めることは、その主題と問題が立ち入り禁止であることを明確に警告し、中傷の例は、そのような問題を議論することで起こりうる不愉快な結果を強調するものである。強制は、検閲された問題について話し、その結果生じる中傷に耐えるというリスクを冒す可能性を持つ人々に対する最後のハードストップとして機能する:仕事と収入の損失は、単に負担が大きすぎる。全体として、検閲と強制を可能にする当局の役割は、大まかに言って、意見や議論を抑圧することが常態化する文化を制度化することになる。

民主主義と合理的議論への危険性 オンライン害悪立法とディス/ミスインフォメーションの「ファクトチェッカー

このような状況は、合理的な議論と民主主義に悪影響を及ぼすことは明らかである。ジョン・スチュアート・ミルは、意見の表明を封じることは、真実であることが判明するかもしれない議論を聞いたり、誤った意見を改良したり否定したりする機会を私たち全員から奪うことになると説明した。これには、ミルが指摘するように、非常に正当な理由がある。

第1に、権威によって抑圧しようとする意見が真実である可能性がある。しかし、彼らは無謬ではない。…議論を封じることは、無謬性の仮定である。

そして

間違えば、真実の明確な認識と活発な印象を失う

誤りとの衝突によって生じる

ほぼ同じ大きな利益を得る

科学的・学術的研究は、疑問や批評に対してオープンであることが要求され、終身在職権などの概念の背後には、学者には(一部の人にとって)議論を呼び、不快にさえ見えるような意見を発表することが許されなければならないという学会の中核的根拠がある。

もちろん、暴力の扇動など、表現の自由には十分に議論され確立された限界があるが、私たちは許容される言論の限界にある通常の議論や論争の領域について話しているのではない。むしろ、ロックダウン、マスク、「予防接種」など、人々が自分に直接影響を与える政策について疑問や懸念を提起する権利について、さらに、信頼できる専門家が公共の場でそのような疑問を提起する権利について話している。そのような人々に対する検閲、中傷、強制が容認されるようになったことは、私たちの民主主義がどれほど権威主義の奈落の底に落ちてしまったかを明確に示すものである。

そして、イギリス、 ヨーロッパカナダを含むいわゆる「オンライン有害法案」の推進によって、事態はさらに悪化する可能性がある。英国では、提案された法案は合法だが「有害」な言論というカテゴリーを創設するものである。

罰則の脅威の下で、この法律は、一般的な言説や公共政策の問題を含むオンライン上の議論の大部分を検閲することをオンライン仲介者に強いることになる。有害なコンテンツの定義は、すべて国務長官が行い、国務長官には、この法律を通して多くの行政権が与えられている。

リバティは、このような開発の潜在的な危険性をさらに説明した。

私たちは、OSBに規定された「合法だが有害な」カテゴリーは、法律による規定が不十分であり、個人の表現の自由とプライバシーの権利を不当に侵害する危険性があることを懸念している。特に、オンライン上の危害を「身体的・心理的危害」と広く定義している点が気になる(187項)。これは極めて低い閾値であり、無数の種類の危害を包含し、その範囲はECHRとHRAが提供する第10条の規定をはるかに超えていると私たちは考えている。

また、Sumption卿が英国のネット被害法案案について指摘しているように。

「この法案の真の悪弊は、その規定が定義や特定が可能なものに限定されていないことだ。この法案では、合法だが『有害』な言論という新しいカテゴリーを作り出している。対象となる物質の範囲はほぼ無限であり、唯一の制限は、ある人々に『害』を及ぼす可能性があるということだ。残念ながら、これはたいした制限ではない。この法案では、「害」は成層圏のような曖昧さを持つ循環言語で定義されている。つまり、「身体的または心理的な危害」である。これだけでは十分でないかのように、『害』は、インターネット上で遭遇した、あるいは誰かがそれについて話したという理由で、誰かが自分にとって有害な行動をとる可能性を高めるようなものにも及んでいる」。

このような法整備は、いわゆる「ファクトチェック」団体や、「誤情報」「偽情報」、さらには「不正情報」と定義されるものを排除するためのアルゴリズムと連動して行われると思われる。後者の2つは、それぞれ、誤解を与えたり損害を与えたりするために流される誤った情報と、損害を与えたり誤解を与えたりするために文脈を無視して使われる正確な情報として定義されている。これらの用語は非常に曖昧であるため、当局は公共の場における真剣な議論や批判を事実上すべて規制することができるようになる。ここに、先に述べた誤情報・偽情報チェック産業の継続的な発展と定着が見られる。COVID-19の開催期間中、国連は広報団体Purposeと協力して、「人々によって拡散されるウイルス」と表現される「COVID-19誤情報の惨劇の拡大に立ち向かう」活動を開始した。パーパスは、「検証を通じて、国連ブランドだけでなく、ブラジルのカートゥーンネットワークからインドのフリップカートまで、オンラインとオフラインでオーディエンスをつなぐ人気ブランドを活用している」と述べている。UNESCOも同様に、いわゆる「陰謀論」についての教育を推進している。驚くべきことに、包括性とコミュニティ主導の意思決定に関するレトリックとは明らかに矛盾しているが、WHOは実際に「誤った情報」を広める人々について報告するよう求めている。このように、選挙で選ばれたわけでもない国際機関が、民主主義社会における言論の自由の抑圧を積極的に提唱している。

何が真実で何が偽りかを決定することを任務とする組織は、ミルが示唆するようにアイデアや議論がオープンにされるのとは対照的に、偽/誤情報と害の間のリンクをすでに作り出している。例えば、国策シンクタンクである戦略対話研究所は、COVID-19の対応に疑問を呈する異質な団体を「陰謀と過激派の狭間」と題する出版物で攻撃した。「Long-COVIDの脅威?」同研究所はこうツイートしている。

本日、私たちは世界の反ロックダウン運動に関する新しい報告シリーズを開始する。COVID規制が、私たちが「ハイブリッド脅威」と呼ぶ陰謀・過激派運動における活動家の幅広い教会を結集させたことを検証するこの論文から始まる。

強制的な手段という点では、最近カリフォルニア州で、「虚偽の情報」を流した医師を「非専門家としての行為」で告発し、免許を取り消すことを可能にする法案が通過したことは、当局がいかに攻撃的になっているかを示す憂慮すべき兆候である。

それは、真実が事実確認者と当局によって定義され、いかなる逸脱も確実に罰せられるような強制的な枠組みが法律によって提供される世界へと移行することを意味している。これは開かれた議論、客観的な学問、表現の自由といった基本原則とは全く相容れないものであり、民主主義とは相容れないものである。

民主主義の終焉?

西側民主主義諸国における検閲、中傷、強制については、何も新しいことはない。以前から、たとえば西側の外交政策に疑問を呈する人々はそのような戦術にさらされてきたし、より広範な9・11対テロ戦争では、公式の物語とその旗の下で行われた好戦的な戦争を支えるために、検閲、中傷、強制の幅広い事例が生み出された。実際、外交政策と戦争の領域では、プロパガンダの普及とそれに伴う反対意見の疎外は、これらの分野の研究者にはよく知られている。そして2022年の今日、私たちは ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジが米国への強制送還と残りの人生を刑務所で過ごすことになるという、強制の際立った例を目の当たりにしている。彼の罪は、9.11戦争、特にイラクとアフガニスタンにおける戦争に関する正確な情報を明らかにしたことである。西側諸国の当局が、アサンジ氏を強力な見せしめにしようとしていることを疑う理由はほとんどない。政府が違法な侵略戦争を行ったときに、疑問を呈することの代償として、他の人々への警告である。

COVID-19で新たに起こったことは、こうした抑圧戦略の広がりと、民主主義国におけるプロパガンダの存在に対する人々の認識がますます大きくなっていることの組み合わせである。その広がりは、以前は外交政策問題を研究する比較的無名の反体制的な社会科学者が多かったのに対し、今では多くの医学者が議論を抑圧する側に立たされていることからもうかがい知ることができる。世間一般の認識という点では、医学界の著名な研究者を検閲しようとすることで、何が起こっているのかをより多くの国民に知らせることができる。そしてもちろん、反体制派の科学者たちが、ロックダウンは機能しない、「予防接種」は害を及ぼす、などの事実によって正当性を証明されるのを急速に見るにつれ、COVID-19の公式対応が、権力に対して真実を語る専門家を黙らせるために作られた猛烈なプロパガンダキャンペーンによって支えられているという基本事実に気づく人が増えるのである。また、主流メディアやレガシーメディアに対する信頼が急激に低下している一方で、新しい独立系メディアのプラットフォームを探し、PANDAや HARTといった組織に、COVID-19関連の問題やより広範な問題について信頼できる情報を求める人が増えていることも事実であるようだ。

言論の自由を再定義するためのさらなる立法措置、何がそうで、何がそうでないかを定義するスポンサー付きファクトチェッカーのネットワーク、反体制的な声の検閲、中傷、強制に注がれる資源はすべて、西洋社会を再編しようとする幅広い動きであるとする一部のアナリストと並行している。表現の自由の終焉を皮切りに、民主主義のあらゆる形が終焉することが、確かに目標かもしれない。表現の自由の強固で妥協のない擁護がかつてないほど重要になった。

巻末資料

  1. Colin Alexanderによるプロパガンダの正当性に関するコメント、David Bell、Maryam Ebadi、Gary Sidley、David Thunderによるその他のコメントとフィードバックに感謝する。
  2. ニーバー、R., (1932), Moral Man and Immoral Society:倫理と政治の研究.New York:Charles Scriber’s Sons.

著者について

ピアーズ・ロビンソン博士

ピアーズ・ロビンソン博士は、プロパガンダ研究機構の共同ディレクターであり、シェフィールド大学の政治・社会・政治ジャーナリズムの議長/教授(2016-2019)、国際政治の上級講師(マンチェスター大学2010-2016)、政治的コミュニケーションの講師(リバプール大学1999-2005)であった。プロパガンダ、メディア、国際政治、紛争に関する研究・執筆を行う。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました