データと非人間性
データセットの背後にある人間の物語に耳を傾けないことがもたらす悲劇を検証する

強調オフ

ワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ中西部の医師医療の偽情報・検閲・汚職

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Data and Dehumanization

www.midwesterndoctor.com/p/the-tragic-consequences-of-dismissing

2023/12/05

この2週間、私はこのシリーズをまとめ、政府が科学者の警告にもかかわらず、安全でない実験的なワクチンの上市を急ぎ、その後、被害が積み重なるにつれて、メディアがその実態を暴露し、政府がワクチンを撤回せざるを得なくなるまで、何もしてこなかったことを明らかにした。 これは、「保健当局」が、たとえそうすることが彼らの憲章(公共の利益を守り、命を救うこと)に直接違反することになっても、傷害が起きている証拠を隠蔽するためにできることは何でもするという長年の前例が実際に存在することを示すために行われた。

このようなことは繰り返し起こってきた(しばしば悲惨な結果を招いた)ので、政府は「緊急用」ワクチンを急いで市場に出すことの賢明さを考え直すきっかけになると思うだろう。 しかし、その代わりに彼らが学んだ「教訓」は、起こっていることをメディアが暴露しないようにすることがいかに重要かということだった。 この25年間で、私たちはさまざまな変化を経験した:

  • 製薬業界がマスメディアの主要な広告主となり、製薬ネットワークに金銭的な恐喝を業界やその製品に批判的な報道を放送しないようにする。
    注:これは他のメディアプラットフォームにも当てはまる。
  • 製品が「安全で効果的」であると主張するために使用されるデータへの一般大衆のアクセスを制限する理由を次から次へと考え出し、その代わりに、その宣言を鵜呑みにすることを期待させる。 これは、データが私たちの救いであると見なされていることと密接に関係しているが、なぜ私たちが既存の物語を支持するデータしか見ないのか、誰も疑問に思わないのだ。
  • このような悪行を暴こうとした内部告発者への保護を徐々に取り除いていく。
    注:この戦術は軍が先駆者である。 例えば、ベトナム戦争は、アナリストのダニエル・エルズバーグが ペンタゴン・ペーパーズをリークしたことでほぼ終結した (この件でエルズバーグは刑事責任を問われたが、最終的には何の影響も受けなかった)。数十年後、ウィキリークスが同じことをしたとき、リークした本人(マニング)と情報を公開したジャーナリスト(アサンジ)の両方が刑務所に送られ、アサンジは現在も服役中である。 同様に、もう一人の著名なリーク者であるエドワード・スノーデンは、公共の利益のために重要だと思われる情報を暴露した後、投獄されることから身を守るためにロシアに逃げなければならなかった。

しかし、内部告発者になることはかなり困難であるにもかかわらず(例えば、ほとんどの場合、生活と家族を失う)、それでも人々はそれを行う。 以下の短いクリップは、正しいことをするために莫大なリスクを引き受ける少数派が常に存在する理由を説明する最良の説明のひとつ:

注:この記事でピーター・ゲッチェの話を取り上げたのは、バリー・ヤングの行動に重要な背景を与えてくれるからだ。

バリー・ヤング

バリー・ヤングは困難な状況に陥っていた。 彼は請け負った仕事の関係で、コロナワクチンが人々を殺していることを明確に証明するデータベースにアクセスすることができた。 その結果、彼は沈黙を守り、直接的にその死に加担するか、それともデータを公表して厳しく罰せられるか、という決断を迫られた。

彼は最終的にデータをリークすることを選び、リークに伴うインタビューに答えた。 そのインタビューを見た後、かなり多くの重要なポイントに触れていることに気づいたので、それらのポイントを強調した8分バージョンに編集し、トリミングした。

このインタビューは11月28日に放送され、11月30日にスティーブ・キルシュがデータを公開した。 その2日後(12月2日)、警察はバリーの自宅を包囲し、彼を逮捕した。 昨日(12月3日)、彼は正式に法廷に召喚さ れ、不正な目的でコンピューター・システムにアクセスした罪で起訴された。
注:実刑判決の可能性に加え、バリー・ヤングが永久に再雇用されないブラックリストに載ることもほぼ確実である。

注:前のビデオに登場した、ヤングがこのニュースを伝える手助けをしたジャーナリストは身を隠している。 弁護団への支援に関心のある方は、こちらで詳細をご覧ください。

これらすべてに対して、NZ政府は唯一の選択肢を選んだ。 バリーのデータを検閲し(この時点で本質的に無駄である)、彼の結論を信用させず(彼には分析する資格がないと主張することによって)、ワクチンの安全性を倍増させ、国民を怖がらせてワクチンを接種させないようにするために誰かを攻撃し、偽情報と陰謀論者の蔓延を嘆くために全力を尽くした:

アパ(NZの国民保健サービスのCEO)は、コビッド19の患者が多い時期に、ワクチンに関する誤った情報は特に問題だと述べた。

「そのため、コビッドブースターを受ける資格のあるニュージーランド人に、コビッドブースターを受けるよう働きかけ続けたいと考えています」

注:このような回答は、それ自体が反証であり(症例数が多いということは、国民のほとんどがすでに接種したワクチンが効いていないということである)、国民がワクチン接種の意欲をほとんど失っている(ニュージーランドを。含め、世界中で接種率がどんどん下がっていることからも明らかであることを考えると、賞味期限は限られていると私は感じている

同様に、この物語でも被害者を見つけるようにした:

起訴された男は、専門家からなる小さなチームで働いていたが、今回の事件で「信じられないほど打ちのめされた」という。

注:「打ちのめされた」人々は、バリーと同じデータを見たにもかかわらず、何もしなかった。

もうひとつの印象的な言葉は、政府が国民に害を及ぼしていることを示すデータを故意に無視するという選択をしたことを、不注意にも浮き彫りにしている:

「ニュージーランド国民は、適切な治療を受けるために自分の健康情報をテ・ホワトゥ・オラ(NZの公的医療サービス)に提供しています。それが別の目的で使用され、その目的が煩わしいものであれば、それはもちろん懸念すべきことです」と野党のアイーシャ・ヴェラル保健担当スポークスマンは述べた。

しかし、私の目から見て最も重要な言葉はこれだ:

データは「大量のワクチン関連情報」であり、匿名化されているようだとアパ氏は述べた。分析は継続中だが、今のところ薬価番号や個人を特定できる情報は流出していないと思われる。

世界中の政府がCOVID予防接種のデータ公開を避けるために使う最も一般的な言い訳のひとつは、人々の医療プライバシーを侵害したくないというものである。
注:この声明が不誠実であることを最もよく表しているのは、ハイテク企業が何百万もの医療記録をデータマイニングする白紙委任状をしばしば与えられているという事実である。

データが研究者に公開される前に、バリーは各人にランダムな医療記録番号を与え、データセットの残りの各フィールドの順序をランダムにすることによって、データを匿名化するようにした。 これにより、データベースの統計(ワクチン接種から死亡までの平均時間、各年齢層の平均死亡率、死亡時期など)は維持されたが、個々の項目が特定の人物にリンクされることはなくなった。

これにより、彼(あるいはデータを使用する他の誰か)は医療プライバシーを危険にさらしているという非難から守られ、同時にこれらのデータセットは匿名化できないという政府の長年の主張を否定することができた。 同時に、無作為化によっていくつかの「ありえない」事象(例えば、コロナワクチンの「初回」接種を2つの異なるワクチンで2回受けるなど)が生じたため、当初は多くの人々を混乱させた。

注:このニュースが報じられる前の1週間、私は匿名化されたデータベースが実際に元のデータベースに存在する重要な統計を維持していることを検証するのに多くの時間を費やした。 今日、ノーマン・フェントン(このような問題を評価する資格は私よりもある)も同様に、このアプローチの有効性を肯定する声明を発表した。

非人間化

人間の中には悪を望む悪意ある存在もいるが、私はほとんどの人が他人を傷つけたがっているとは思わない。 むしろ、私は「悪」の主な原因は2つあると考えるようになった:

1. 間違っているとわかっていることに反対する勇気がない。 その結果、何か悪いことが起きている証拠を見ることに故意に目をつぶる(そうすることで、起きていることに加担しているという心理的不快感が軽減されるため)。

注:このような理由から、私は、たとえ自分には変える力がないとわかっていても、間違っていると思うことには決して目をつぶらないようにしている。 例えば、私は工場畜産が動物に対して行っていることは恐ろしく残酷だと感じているので、少なくとも「目を見開いておく」ために、工場畜産の肉を食べることはない。

2. 被害者を生きている一人の人間として見なくなった。

非人間化とは、憎しみの文脈で一般的に認識されるもので、ある集団が他の集団を憎むと、その集団は人間以下であり、それゆえ非人道的な扱い(例えば、殺害)を容認できるとみなすことが多い。 しかし、私は、単に人々の人間的な処理能力が過負荷になったときにも起こることだと考えている。

さまざまな研究から、(ほとんどの)人間が他人の人生に立ち会う能力は限られており、その上限は150人程度であることが示唆されている。このため、人間のさまざまな制度は、その中に何人の人間がいるかによって、その運用が大きく異なってくる。例えば、村のような小さな社会(誰もが他の誰とも顔見知り)では民主主義がうまく機能するが、大きな社会(誰もが他の誰とも顔見知りであることがもはや不可能な社会)では抽象的な枠組みが必然的に生まれ、それが人間同士のつながりや統合の代わりとなる。

注:私は、自分の周囲で起きていることや、自分の行動によって人々がどのような影響を受けるかを、より広い視野でとらえることができる能力を持つ人がいると信じている。歴史的に、このような人々は最高のリーダーとして知られてきた。残念なことに、現代では、政治的なプロセスによってこのような資質が選ばれることはなくなり、また、多くの人々の苦しみを目撃する能力を養う精神的な修行が、社会の中で広く奨励されることもなくなったため、指導者にこのような資質が見られることはほとんどない。

その最も一般的な結果のひとつは、人々が権力者になると、彼らが仕える人々が人間から抽象的な概念にすり替わってしまうことだ。その結果、個人よりも集団に有利な政策が選択され、集団的メンタリティや「大衆形成」(これはかなり社会病質的である可能性がある)がそのリーダーシップを引き継ぐことが多い。 その結果、あからさまに悪ではない者が、明らかに社会病質的な政策の実施を合理化できるようになる。

例えば、ワクチンの安全性運動に対する最も有名な批判者の一人が最近、このメンタリティを象徴するようなツイートをした:

ニルヴァーナの誤謬( 100%効くものはないのだから、100%以下の効能しかないものは、それを否定する正当な理由にはならない)は、表面的には同意できる。 しかし、非常に安全で効果のない治療法(例えば、ゴルスキーのキャリアは患者に化学療法を施すことに基づいていた)を合理化し、全体的な結果が「より良い」ものであるため、付随的な損害は許容されるという見方にすぐに使われるようになる。 例えば、最近話題になった WHOのワクチン傷害に関する報告書を考えてみよう :

集団レベルでは、このような小さなリスクは、集団への予防接種の普及による利益と釣り合うと考えられる。しかし、これは、他の集団に提供される利益に対して、個人が時として大きな負担を負うことを意味する。

データと非人間性

バリーのインタビューを見ていて、この話全体で最も気になったことのひとつは、人間ひとりひとりが(特に甚大な苦しみを味わっている人々が)単なる抽象的なデータポイントに過ぎなくなっているという事実だった。

注:私がかなり若い頃から、行動統計(例えば、何人の人が製品を買うと予想できるか、宣伝キャンペーンに影響されるか、ワクチンを接種すると予想できるか)について常に気になっていたことのひとつは、これらの予測が、システム内の個々の人間が自由意志を持つことを否定していることである(彼らの行動は事実上、既存の統計によって事前に決定されているため)。年月が経つにつれて、この問題はますます大きくなっている。というのも、テック業界のほとんどが、一般大衆の行動をコントロールするために予測アルゴリズムを使用するように変化しているからだ。

この非人間化は、ニュージーランドのデータに限ったことではない。 むしろ、私は何十年もの間、何か非常に間違ったことが起こっていることを示すデータセットに次から次へと出会ってきた。 数字の背後にある人間は、最適な結果を得るために方程式の変数のように扱われなければならない抽象的な資質となり、そのような人間に現れる問題は、管理者たちによって合理化され、すぐに視界からも心からも消えてしまうのだ。

彼の名誉のために言っておくと、バリーはデータを非人間的、知的なものにするのではなく、目の前の人間性に立ち会う能力を維持し、彼が目にした数字が何を表しているのかを知ることに苛まれた稀有な人物の一人である。 これが、私が彼のインタビューを切り抜いてこの記事で紹介した重要な理由である(彼は繰り返しこの点を強調していたからだ)。

イヴァン・イリイチ

イヴァン・イリイチ (1926-2002)は、社会におけるさまざまな悪を認識し、正確に それらが何をもたらすかを生涯を通じて、そして死後も予測した才能豊かな博学者であった。 イリイチの中心的な信念のひとつは、ますます技術的に高度化する社会の円滑な機能を維持するために必要な複雑さは、世界の社会主義政府があらゆる技術的手段を駆使して社会の各側面をますます細かく管理しようとする結果になるというものだった。イリイチは、これらの(今では笑い話になるくらい原始的な)技術主義的独裁政権は、根本的に不可能な仕事を果たそうとしており、このことを認識できなかったために、かえって社会に対する支配をますます強めることでその失敗に対応しようとしていると主張した。

イリイチは、人間を強制的に従わせるために利用される、無数の操作的な制度や精巧な支配のメカニズムに断固反対した。イリイチは、制度が作り出そうとする現実は人間の本質とは正反対のものだと考えた。より分権化されたモデルにその代わりにイリイチは、理想的な政府の形態は、 社会の各メンバーが本来持っている能力を支援・奨励し、各メンバーが成功するために必要なツールを提供する、従うものだと考えた (多くの理想主義者がそうであるように、私はインターネットがそのためのプラットフォームであると信じている)。 この論文は、世界中の根本的に異なる社会の構成員が、ひとたびそれが許されれば、いかにうまく協力し、革新し、大成功を収めることができたかというイリイチの観察に基づいている。

多くの点で、私たちはまさにイリイチが予言した世界にいるのだと実感している。 私たちの生活のあらゆる面を「データで」管理しようとする現在の動きは、シリコンバレーが先導している。 逆に、(批判的に考えるなどして)独自に行動しようとする人は、”科学を信じろ“と言われ、積極的に蔑ろにされている。

致命的なエラー

私たちの社会が高度化したことの大きな問題のひとつは、物事が相互につながっているために、ミスが波及して大惨事につながる可能性が非常に高まっていることだ( 例えば、ボーイング社が最近、 コスト削減のためのAIシステムを新型機737-MAXに密かに搭載することを決定したが、これは「飛行機を安定させる」ためにパイロットをオーバーライドするもので、その代わりに誤作動を起こして飛行機を地面に墜落させるケースが多数あった)。

このような失態を何度も見てみると、同じパターンが浮かび上がってくる。外部のオブザーバーが簡単に問題を発見し、修正できたはずなのに、責任者たちは国民を巻き込むのではなく、自分たちの審議に他人が関与すること(あるいは自分たちが扱っている情報を見ること)を禁じたのだ。

この断固とした拒否は、権力を渇望することで生じる本質的な神経症から来ていると私は信じている。 そのような世界に身を置くまでは理解しがたいが、リーダー、特に根底に不安を抱えたリーダー(無能な人間をどんどん権威ある地位に任命しているため、ますます一般的になっている)は、常にできる限りのことをコントロールしたがるものだ。

翻って、COVID-19ワクチンの大失敗は(COVID-19の安全かつ効果的な治療法の失敗とともに)、現在のシステムの重大な問題を例証していると言える。 私たちの指導者たちが、それがいかに破滅的なものであろうと、「誤った決断」を下した場合、その決断を終わらせたり、さらなる決断がなされるのを防いだりするための真のフィードバック・システムは存在しない
注:もうひとつの例は、マスメディアの腐敗が進むのと連動して、政治システムがどのように変化してきたかである。 現政権は、以前なら国家的なスキャンダルになりかねないような数々の大失態を犯してきたが、どのケースでも全国メディアからお咎めを受けず、それゆえ失態を犯し続けることが許されてきた。

最大の悪

よく聞かれる質問に、「歴史上最も邪悪な人物は誰か?」というものがある。

私はホロコーストに縁があるため(私の家族の多くがホロコーストで亡くなっている)、人々は通常、私が「ヒトラー」と答えることを期待する。

しかし、年月が経つにつれて、単に悪であることや大量虐殺をすることよりも、もっと悪いことがあることに気づくようになった。そのような場合でも、個人がどこまでやるかを制約するものはある。むしろ、最大の悪は、自分の行動の結果をまったく考えない非道徳的な個人が実際に犯すものだと私は主張したい。

この記事をまとめながら、私が触れたテーマの多く(例えば、イリイチの悪夢がビッグ・テックによって産み落とされたこと)が、私が歴史上最大の怪物と考える人物を誕生させた原因であることに気づいた。彼は抽象的なアイデア(その実現に関わる人間を無視したもの)への執着を通じて、歴史上のどの人間よりも多くの苦しみの責任を負うことになったのだ。

この記事の最後では、彼が何をしたのか、なぜそんなことをしたのか、そして、多くの点で、彼の治世を通じて見られた残酷で破滅的な災害をもたらしたのとまったく同じ過ちを、私たちの社会が今、いかに繰り返しているかを論じたい。どちらのケースでも、責任者たちは自分たちのアイデアの利点に固執し、それに反することを主張するいかなる証拠にも心を閉ざしたのである。
注:その性質上、このトピックは私がしばらく議論を行ったり来たりしていたものである。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー